[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Message from Almond
Appleへ戻る
Message from Almond
since 2002.2.3

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
Message from Almond part2はこちら



3716.えんやさんへ  
名前:たんぽぽ    日付:2007年1月15日(月) 22時35分
とは言いましたが、Lドーパは麻薬常用者がパーキンソンー病と同じような症状を起こしたことがヒントに開発された薬ですから、中毒になる可能性が全くないことはないと思っています。たまに薬を飲むのが遅れた時などオフの苦しさはテレビなどで見る中毒患者の薬を求める姿とどう違うのかなと思うこともあります。だからこそ、薬の量が多すぎないに心がけたいのです

3714.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:えんや    日付:2007年1月15日(月) 21時49分
以前、主治医から「食事を摂ることと同じ」と言われたことがあります。
 私はカバサールが合わなくて、ドミンから飲み始めました。それを飲んで、顔の筋肉が緩んでいくのをはっきり感じたとき、薬の威力とコレなしでは生きては行くことができないんだと思いました。その時に自分が薬物中毒になったのと同じ・・・と感じてしまいました。どこからも知識を得られない無知なころ思ったことを書いてしまいました。
 たんぽぽさんのおっしゃるとおりですね。ごめんなさい。訂正させて下さい。

3713.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:たんぽぽ    日付:2007年1月15日(月) 17時28分
ちょっと書き方がおかしいのですね。       パーキンソン病の患者は薬に依存しているということはあると思いますが中毒ではないと思います。依存というのも適当ではないかも解りませんが、自分の体で作ることが出来なくなったものを人工的に作り薬と飲む。ほかの病気にもありますよね。たとえば糖尿病、甲状腺の病気など。薬がだんだん効かなくなって量が増えたり副作用もきつかったり、いろいろ困る事もありますが、中毒ではないと思います。生きて行くために必要なものですよね。

3712.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:たんぽぽ    日付:2007年1月15日(月) 15時0分
えんやさんはご自分が薬物中毒だと今からもう思っておられるのですか?たぶん私よりお若いと思います。私はなるだけ必要量以上に飲まずに体に必要な量だけを飲むことを考えています。薬物中毒にはなっていないと思います。

3705.私たちの願い  
名前:えんや    日付:2007年1月14日(日) 0時31分
 難病は数々あれど、パーキンソン病は研究が進んでいる方だという。
実際、薬さえない人たちのコトを思わないわけではないけれど、薬物中毒と大して変わらぬ状態である。
 治療(なおる)の可能性の道が開けることが願いだ。

3704.「治験」とゾニサミド  
名前:あーもんど    日付:2007年1月14日(日) 0時9分
先日、治験はできるならしたくないと書いた。
どうしたものか、面識のある神経内科医に尋ねてみた。
答えは明快。
「どの薬の治験でも、したくないものをする必要はない」

そうでした。
正直に言おう。
「こないだはそう言ったけど、やはり心配になった」と。

基本的に具合のいい時に新しい薬剤(治験であってもなくても)使うべきではないと思うと、その医師は書いてきた。
いつもSophiaが言っていることだ。

この医師が言うには、ゾニサミドの治験では(うまくいけば)offの時間が短くなり少し具合がよくなるかもしれないとのこと。

どうやらゾニサミドは単独でのむのではなくLドーパ、アゴニストと併用して、(うまくいけば)薬効時間を延ばしたり、状態をもう少しよくするような薬であるらしい。   

3702.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:えんや    日付:2007年1月13日(土) 13時30分
この記事、私も読んだけれど、つまり、L-ドーパと併用するってことなんでしょうね。おそらく・・・。
 「今ある薬で十分コントロールできなかった患者もゾニサミドでかなり症状がよくなり、効果の持続時間も伸びてきている。」とありますので。あーもんどさん、どうもありがとうございました。

3701.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:あーもんど    日付:2007年1月13日(土) 12時54分
えんやさんの答えにならないかもしれませんが、毎日新聞の記事だそうです。
______________________________

パーキンソン病>てんかん薬が症状改善に有効 臨床試験で
>
> 1月3日19時0分配信 毎日新聞
>
> てんかんの発作を抑える薬の一種が、パーキンソン病患者の震えや手足のこわばりなど
> の症状改善に有効なことが、国立精神・神経センター武蔵病院の村田美穂第2病棟部長ら
> の大規模臨床試験で分かった。効果も持続しやすいうえ、副作用も少なく、パーキンソン病の新たな治療法の一つとして注目される。2日付の米医学誌「ニューロロジー」に掲載された。 村田部長は2000年、けいれん発作を起こしたパーキンソン病患者んかん薬「ゾニサミド」を投与。その結果、偶然パーキンソン病の症状も改善したことから研究を始めた。
> 臨床試験では、患者347人(発症後平均8.6年)を、1日当たりゾニサミドを25、50、100ミリグラム飲むグループと偽薬の4グループに分け経過をみた。いずれも一般的なパーキンソン病の薬も併用した。
> 12週間後に、パーキンソン病の重症度を測る国際基準のうち運動能力を調べる14項目の点数を比較。試験開始時の全患者の平均は23.5点で、偽薬のグループは平均2ポイント改善したのに対し。ゾニサミドの患者は、25ミリグラムで6.3ポイント▽50ミリグラムで5.8ポイント▽100ミリグラムで4.6ポイント、それぞれ改善した。
> 薬が切れて症状が悪化する時間は、偽薬と既存の薬だけの患者は投与前とほとんど変わらなかったが、50ミリグラムでは1日当たり1.3時間、100ミリグラムだと1.6時間短くなり、効果が持続することが分かった。
> パーキンソン病は、脳内物質のドーパミンが不足し、手が震えたり体が動きにくくなったりする病気。ゾニサミドはドーパミンの合成を増やすことが分かっており、村田部長は「今ある薬で十分コントロールできなかった患者もゾニサミドでかなり症状がよくなり、効果の持続時間も伸びてきている。てんかん薬として安全性も確認されており、パーキン
> ソン病にも適応が拡大すれば、患者にとって朗報だろう」と話している。【大場あい】


______________________________
つまりLドーパのようでもアゴニストのようでもない薬ということでしょう。
>

3700.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:えんや    日付:2007年1月13日(土) 12時11分
 この薬がL−ドーパの代役を果たすのでしょうか?その辺りがわかりません。使うとしたらどのように使われる薬なのか教えてください。

  アゴニストみたいな使われ方なのか?それとも単独で使用するもの なのか知りたいです

3691.治験について  
名前:あーもんど    日付:2007年1月6日(土) 21時5分
脱線するけど、先日も書いたように私は主治医からゾニサミドの治験参加を勧められている。
私は今まで治験に参加したことはないが、患者が治験に加わる必要性はわかる。
新しい薬の開発に協力するのは患者自身のためだとも思う。

しかし本当のことを言って、今保っている私の状態は、すごくよくはないにしても、犠牲にするには貴重すぎるものかもしれないと思う。
一度体調を崩すと、元に戻すのは時間がかかるし、ひょっとしたら戻らないことだってありうる。

これはちょっと悩む。
実は前回の診察日、主治医からこの話があったとき、私はどうしたことか「イエス」と答えてしまったのだ。
そういえば、前に一度やはり治験の話があって、治験コーディネータの話を聞いた段階で断ったことがある。
また断らなくてはと思うと気が重い。

3690.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:えんや    日付:2007年1月6日(土) 16時36分
私は長い間精神科で診察を受けていたのですが、薬が変わるたび、コレを飲んだらどうなるのかと身構えたものです。がたっと具合悪くなることは何度も経験しました。
 この薬についても、怖い思いをした患者さんの体験を読み、自分が飲んだらどうなるのか試したいようなしたくないような・・・。

3689.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:seiken    日付:2007年1月6日(土) 1時38分
この薬は、村田美穂先生が発見された薬でしたね。
てんかんの治療中のパーキンソン病患者に飲ませていたところ、癲癇と共にパーキンソン症状の改善に著効が見られた、と言うことから、パーキンソン患者への治験により、はっきり改善が認められる患者と、反応のない患者に分かれるようです。
私の知っている患者ではっきり改善の見られた人が2名ありますが、二人ともジスキネチアの改善が顕著です。

私も主治医に勧められて飲んでみましたが、寝付きが極端に悪く、身体の向きを変えても身の置き所がないような全身のむずがゆい感覚に襲われ5日間で中止しました。

癲癇では300mgから500mg飲むようですが、パーキンソン病で効き目のあった人は、最初に50mg飲んだとたんに効き目があり100mgではっきりと効果が出たようです。それ以上は実用がないほど聞いているそうです。

彼は「こんなに効き目のある薬に始めて出会った」と言い回っています。この記事にご当人の目が触れたら、ご自身で感想を書いていただけますでしょうか。

3685.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:えんや    日付:2007年1月4日(木) 20時53分
今日の毎日新聞(日刊)にこの効果についての記事があります。
 この薬について以前たんぽぽさんから投稿もありますね。
いろんな面があると思いますので、どんなことでも・・・。

3684.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:K@Y    日付:2007年1月4日(木) 21時20分
↓この記事かな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070103-00000024-mai-soci
毎日新聞(3日)
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070104k0000m040017000c.html
毎日新聞(4日)
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070104ddm003040020000c.html

我が支部が昨年末に催した医療講習会でも講師から紹介されていました。

その時にも思ったんですが、臨床現場で個々の患者が知り得る情報量には大きな差がありますね。主治医のキャラクターにも因るんでしょうけどね。

3683.Re: てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:あーもんど    日付:2007年1月4日(木) 19時16分
この薬のことは下記URLにもあるとおり、だいぶ前からパーキンソン病への効果が言われています。
商品名エクセグラン、今回のニュースはアメリカの雑誌に発表されたため。
私の主治医から今年2月から治験に参加してくれないかと言われているので、また治験をすることになったのでしょう。
みなさんのなかにも治験に参加したり既にのんでいる方もいると思います。

http://members.jcom.home.ne.jp/almond41/kari/iryou_kaihatu.html

3682.てんかん薬「ゾニサミド」  
名前:えんや    日付:2007年1月4日(木) 18時46分
 情報を集めましょう!

「3682.てんかん薬「ゾニサミド」」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!


弁護士による障害者の労働相談

障害年金電話相談 0120-956-119


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb