[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
与三郎倶楽部写真館

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



3901.浜金谷から鋸山経由、保田へ・房総往還下見・・  
名前:いっちゃん    日付:2017年5月9日(火) 22時28分
Original Size: 800 x 599, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB


森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」は2012年にラジオドラマ化され、2014年に吉永小百合主演で「ふしぎな岬の物語』タイトルで映画化された。
千葉県鋸南町の明鐘岬に実在する喫茶店をモチーフに執筆された作品で、映画のロケも同地、明鐘岬を中心に千葉県各所で行われました。
今日は房総往還第13回・浜金谷から保田まで(鋸山経由)で下見をしてきました。何度も歩いているので「省略」もありかと考えたのですが・・
電車の時刻(上り下り共に・・1時間に1往復)に合わせるための時間確認をしてきました。

画像 : 金谷駅ホームから鋸山  金谷神社  金谷神社・備前焼の狛犬
http://promenade2.web5.jp/



3902.Re: 浜金谷から鋸山経由、保田へ・房総往還下見・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月9日(火) 22時28分
Original Size: 800 x 599, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 599, 97KB

昼食は弁当を予定しているので、若干の時間があるので、明鐘岬まで歩き映画のロケ地(喫茶店は営業しています)まで歩いてきました。
歩いて行けるのはここまで・・一泊二日コースも日帰りコースも当日、天気が良ければ「岬の喫茶店でお茶など・・」を考えています。金谷神社から旧道
と国道を歩いて20分です。旧道には房州石を使った基礎・塀があり、歴史を感じられます。金谷神社にはヤマトタケル伝説の人鉄鏡(鉄鏡)があります。
鋸山ロープウェーからの眺望は素晴らしいです・・上総と安房を分けている地です。ここで気候風土が変わります。

画像 : 岬の喫茶店  羅漢像  弘法大師作と言われる大黒様
http://promenade2.web5.jp/



3903.Re: 浜金谷から鋸山経由、保田へ・房総往還下見・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月9日(火) 22時29分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

鋸山は全山、日本寺の敷地(境内) となっています。ここは見所たくさん・・ゆっくり歩いてもらいます。頼朝公お手植えのソテツ、弘法の井戸を見ると
保田の海岸へ出ます。羅漢道の道標のある所は、明鐘岬と富士山、三浦半島が描かれた、広重の「富岳百景保田」「房州保田」の書かれた場所です。
元名海岸には鶴崎神社がある。ここには鋸山の羅漢像を造った大野甚五郎作の「源義経源平合戦の図」の額がある。
元名にはもう一つ・・「どんどん橋(汐留橋)」明治の建築遺産がある。地元のごく普通の生活橋だったが、建築遺産になって自慢の橋となったようだ。
駅までは5分ほど・・駅前の喫茶店で(?)缶ビールを買って帰宅の途へ・・

画像 : 頼朝公お手植えのソテツ  弘法手穿の井戸  明治の土木建築遺産 汐止橋
http://promenade2.web5.jp/



「3901.浜金谷から鋸山経由、保田へ・房総往還下見・・」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb