[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
与三郎倶楽部写真館

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



3895.房総往還下見 那古船形〜館山・・  
名前:いっちゃん    日付:2017年5月5日(金) 6時54分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

5月4日(木) 房総往還の下見に出かけた。昨年4月にスタート、今年の7月に館山にゴールとなる。残っているのが「金谷〜保田」「船形〜館山」
「館山〜ゴール城山(館山城)」である。
ゴールについては別途、考える事として、ゴールデンウィークの混雑を見て金谷〜にするか船形〜にするかに決めることとした。
木更津から乗車・・やっと座れる程の混雑だった。君津で快速電車待ち、君津からはほとんどが座れない混雑となった。
金谷で多くの人達が降りた・・ロープウェイの混雑が嫌なので、下見は船形からとした。今日も保田からの富士山を車窓から見ることができた。

画像 : 那古船形大福寺 崖観音  房総往還 木の根道隧道(明治時代に開通)  船形陣屋跡(石垣)



3896.Re: 房総往還下見 那古船形〜館山・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月5日(金) 6時57分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 599, 99KB

富浦では冨山(とみさん)に登るのであろうか、登山スタイルの人たちが下りた。那古船形では数人が下車・・ローカル線のひなびた風景である。
国道に出てバスの駐車場所を確認しながら、駅から10分ほどで大福寺(崖観音)に着く。団体客で混雑していて、崖上の本殿もたくさんのお参り
をする人でゆっくりとお参りは出来なかった。
明治に開通した木の根街道隧道を歩き、忍足佐内の記念碑にお参りをする。元の道を戻り頼朝縁の長勝寺にお参り、船形陣屋跡から道標を見な
がら国道に出てしばらく歩き、那古寺にお参りする。古い歴史のある立派なお寺である。御朱印をいただきながら、ご住職と話をする。
坂東33番札所の「結願寺」・・ご朱印帳にはその人の想いが残っていると言う。「気を付けて・安全でいい旅を・・」の言葉に送られてお寺を出る。

画像 : 道標(川名地区)  那古寺本堂  鶴ケ谷八幡宮 一の鳥居



3897.Re: 房総往還下見 那古船形〜館山・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月5日(金) 7時0分
Original Size: 800 x 599, 98KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

那古寺から鶴谷八幡宮までは約3Km・・歩道のない国道を歩く。海岸側にバイパスがあるので、交通量は少ない。途中「デカンショ節発祥の地」
の記念碑があるぐらいで、特に見るものは無い。館山の町の入口にあたるところに大きな一の鳥居と長い参道の鶴谷神社がある。
前回来た時はお祭りの時で賑わっていたが、参拝する人も少なく静かであった。拝殿の軒天井の龍の彫刻(100態)はいつ見ても見応えがある。
午後1時を過ぎて「昼食を・・」と思ったのだが、近くの飲食店はどこも長い列が続いていたので昼食はパスした。
ここからは「ちば文化的景観」「マキのつらなり」の道を歩く。素晴らしい街並みである。館山を治めていた長尾藩の共同墓地もこの通りにある。
館山駅に着き、生ビールと鯨の刺身でひとり反省会・・下見は素晴らしいウオーキングイベントを再認識をする。

画像 : 鶴谷神社拝殿 格天井  鶴谷八幡宮(狛犬と槇の木)  「マキのつらなり」地区



「3895.房総往還下見 那古船形〜館山・・」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb