[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
与三郎倶楽部写真館

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



3868.山陰・山陽の旅・・ つづき・・  
名前:いっちゃん    日付:2017年4月12日(水) 9時5分
Original Size: 529 x 800, 100KB Original Size: 800 x 529, 95KB Original Size: 800 x 529, 99KB

出雲大社からは一般道を走る。特産のブドウで作られた島根ワイナリーでは試飲のワインは呑み放題・・田園風景の中にこの地方特有の
築地松(ついじまつ)の家が見える。強い季節風を防ぐために松を植えてある、松の高さは二階の屋根ほどの高さがあり、きちんと手入れ
されて石州瓦の明るい茶色とマッチしている。この地方では「築地松の家に嫁に行け」と言う言葉があるそうだ・・
車窓には宍道湖が見えてきた。「まがたま伝承館」に立寄る・・皇室関連、テレビ・映画に使う、勾玉をすべて引き受けているとの事だった。

画像 : 島根ワイナリー  築地松の家  出雲まがたま伝承館にて
http://promenade2.web5.jp/index.html



3869.Re: 山陰・山陽の旅・・ つづき・・
名前:いっちゃん    日付:2017年4月12日(水) 9時6分
Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 99KB

江戸時代に気づかれた城で別名・千鳥城と呼ばれている。現存天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本の桜名所
100選、都市景観100選に選ばれている。堀尾吉晴により、築城開始から5年の歳月をかけ、慶長16年(1611年)に完成した。
日本で5番目の国宝の天守で、天守までの道のりも石垣の家紋のようなマークを見つけながら歩くと楽しめる。天守からは、松江の町並み
が一望できる。天守の階段は急である。天守そのものが国宝(改修・改造ができない)だからと諦めもつくかな。
夕食はフリー・・今日は60歳代最後の誕生日・・裕美さんとふたりでお祝いをしました。九の坂は無事に越えてよね・・酒の旨さをしみじみと・・

画像 : 松江城
http://promenade2.web5.jp/index.html



3870.Re: 山陰・山陽の旅・・ つづき・・
名前:いっちゃん    日付:2017年4月12日(水) 9時7分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 98KB

4月11日(火) 倉敷(ホテル)〜姫路城〜倉敷〜岡山空港(帰着)
春に三日の晴れ間なし・・倉敷は夜半から雨が降り続いている。雨のスタートとなり雨降りの一日・・添乗員さんからの提案があり、姫路城は
混雑するので、朝一の見学をして倉敷に戻り倉敷の街並み散策と言う行程になった。山陽道を姫路に向かう。
桜満開の姫路城は観光客で混雑していた。雨でもツアー客は予定通りの行動をするためだ・・天守閣までの階段は数珠繋ぎ。一時は入場
規制もされていた。混雑のため予定通りの時間で歩けず、見所の百間廊下・西の丸は見ることができなかった。

画像 : 姫路城
http://promenade2.web5.jp/index.html



3871.Re: 山陰・山陽の旅・・ つづき・・
名前:いっちゃん    日付:2017年4月12日(水) 20時57分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 98KB

午後は倉敷に戻り美観地区を自由散策・・倉敷はウオーキングで2度ほど歩いているので、10日の夕刻と11日の午後(雨降りの美観地区)
裕美さんを案内しながら歩いた。備前焼の花瓶が欲しいと言っていたので、備前焼のお店を中心に見て歩いた。
今年のお花見は松江城・姫路城、倉敷で満開の桜を楽しみました。

画像 : 倉敷美観地区

詳細はMyHomePage「personaltrip」に後日、掲載します。
      ↓
http://promenade2.web5.jp/index.html



「3868.山陰・山陽の旅・・ つづき・・」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb