[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
保険掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



956.日本生命社長…銀行窓販倍増20%に  
名前:事務局    日付:2016年4月2日(土) 21時29分
日本生命保険が、銀行窓口での販売など販路の拡大に乗り出している。「生保レディー」と呼ばれる約5万人の営業職員を中心としたスタイルがどう変わるのか。筒井義信社長に今後の戦略を聞いた。【聞き手・土屋渓】


 −−営業職員以外の販路を拡大する狙いは?

 ◆営業職員が基軸なのは今後も変わらない。一方で、お客様のニーズはどんどん多様化し、銀行窓販や(各社の商品を扱う)保険ショップといった新しい販売チャンネルが伸びてきている。残念ながら当社の代理店マーケットのシェアはまだ低いので、取り組むスピードを上げている。(国内の人口減少を見据え)海外に収益基盤を広げる取り組みは継続するが、国内市場もまだまだ発展する余地がある。

 −−医療や介護、資産運用目的の外貨建て商品など、保険商品が多様化していますが、どう対応しますか?

 ◆(3月に買収手続きが完了予定の)三井生命保険と連携し、お客さんのニーズに合わせて多様な商品を機動的に出していきたい。来年度には銀行窓販向けの新商品を出すつもりだ。(両社合わせて)銀行窓販のシェアを現在の10%から将来的には20%くらいに上げていきたい。今夏にはNTTドコモと提携してドコモショップの店頭で保険販売を始める。店舗数を徐々に広げていきたい。

 −−売上高にあたる保険料収入でトップにこだわるのはなぜですか?

 ◆利益が大事でトップライン(売上高=保険料等収入)は二の次、とは言いたくない。トップラインで他社に後れを取ると、いずれ損益にも悪影響が出るので、危機意識を持っている。世の中の人には企業規模の象徴と受け止められている。お客様もそういう目で見る。職員の意識を高く維持するためにもトップラインでナンバーワンにこだわることは大事だ。今後もこの姿勢は堅持していきたい。

「956.日本生命社長…銀行窓販倍増20%に」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb