[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
保険掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



595.生保「逆ざや」を懸念…低金利で運用悪化  
名前:事務局    日付:2012年6月26日(火) 14時50分
生保「逆ざや」を懸念…低金利で運用悪化


 生命保険会社の多くが、2013年4月から終身保険などの新規契約分の保険料を値上げする方向になった背景には、超低金利が長引き、各社の運用環境が悪化していることがある。保険料の引き上げは顧客の“生保離れ”を加速させる恐れもあり、各社とも厳しい判断を迫られそうだ。

 生保会社は、契約者から受け取った保険料を保険金の支払いに充てるほか、将来の支払いに備えて「責任準備金」として積み立て、国債や株式などに投資して運用している。保険業法は、運用益を含む積立額を標準利率に基づいて決めるように定めており、保険料の設定にも影響する。

 現在、生保各社は年1・5%の標準利率を目安に、主力の終身保険の予定利率を1・65%前後に設定している。10年物国債の利回りは0・82%周辺で推移しており、運用利回りが予定利率を下回る「逆ざや」が膨らむ可能性が強まっている。

 ただ、標準利率が下がっても、保険料値上げによる販売減を懸念し、経費削減を進めることで保険料や保障額を現状のまま据え置く動きが出ることも予想される。各社の経営体力の格差を反映し、生保業界の「横並び」が一段と崩れる可能性もある。

(2012年6月24日 読売新聞)

「595.生保「逆ざや」を懸念…低金利で運用悪化」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb