iPod mini3色アタル!
\1オークション毎日開催

浅井心理相談室
浅井のみが回答する掲示板です。

[HP新規投稿
1798.(untitled) 返信(0)
[KEN]2017/11/4(土) 9:48
俗に言う、他人の不幸は自分の幸せ,他人の不幸は蜜の味とよく言うように、
凄くではありませんが、他人の幸せに辛さを感じることはあります。


前のスレッドにもある、カウンセラーのSNSを発見しました。
自分の海外旅行のことがやたらと掲載されています、それも一年の間に
幾度となく。
カウンセリングの仕事やってんのかなぁと思います。
SNS眺めてて、何かこの人イってしまってるのかなぁという感じです。
こんな、今の収入源は何なのか分からないような人にカウンセリング
受けてたのかと、複雑な気持ちです。プロフィール等は載せられていません。

中一のときのことといい、カウンセラーといい、フラッシュバックもいいとこです。
重複するかと思いますが、当時の心療内科には、3年弱通院しました。
執拗な質問(前のスレッドご覧ください)に、どう答えたらよかったものだろうという思いがよみがえります。
中一のときもカウンセリングに通ったときのことも、変えることはできませんが、もっと上手く生きられなかったものかなぁとか心療内科の
受診のしかたが悪かったのかなあという思いです。

1774.浅井先生 返信(10)
[ヤンタロー]2017/7/16(日) 22:9
お返事をありがとうございます。
幻聴と幻覚とフラッシュバックの区別が難しいことは自分でも調べたんですが、浅井先生の言うことと同じようなことだと読みました。

昨日は家族で東京まで行ってきました。
やはり人混みの中での音がものすごく不快だったり、自分が怒られているようないやな刺激を感じて、かなり苦しい状態でした。
正しい言葉とおかしな言葉が意図しないで浮かんできたんです。たとえば正しい言葉が「静岡(しずおか)」「幻覚(げんかく)」「石川(いしかわ)」・おかしな言葉が「しぞおか」、「げんおぼえる」「げんさとる」、「せきせん」などでした。

◎正しい言葉(「しずおか」など)が浮かんだ後におかしな言葉(「しぞおか」など)がでて、その後に誰かのいやな声を聞くと正しい言葉が浮かぶ状態に切り替えられたり、別の意識とか誰かのいやな声を聞いたのがきっかけでおかしな言葉もでる状態になったりしてつらくなりました。
こういった感じのはさせられ体験だと思います。
例があればそれを教えて下さい。

昨日は、帰りの車の中でも「ばっちーん」という過去に聞いたことが声として聞こえたりしました。
それがある時に空笑が出ると事故ることがあって怒られる気がするし、怖いので笑うのを我慢していました。
サービスエリアでもトイレでおしっこをしている時に、隣の便器のところに家族の人がいないのに一瞬だけいるような感じがしました。
振り返ると誰もいなかったんです。
◎幻聴など声が聞こえるのがひどい時に、空笑がひどくなる例は主治医は聞いた経験があるとおっしゃいました。
幻聴やフラッシュバックの区別がわからない音声が聞こえてきている時に、一瞬だけ誰かがいたような感じがしたり、虫が見えて、見えた場所を振り返ると何も見えなかったという例を知りたいです。

別のことに気を逸らす練習はしていることはあるんですが、耳鳴りとか誰かに怒られてないのに怒られているような刺激を感じる、正しい言葉とおかしな言葉が両方浮かんできて、動揺したりつらい、ほかにも目を閉じていやな感覚を避けて寝るほうが楽だと感じて昼間寝すぎてしまいます。
夜は寝てしまう時と起きていて目がさえて眠れない時とあります。

1788.(untitled) 返信(7)
[KEN]2017/9/25(月) 12:12
平素の余裕のなさとは別個のことです。
かつての苦悩「彼女ができない」「年頃なのに恋人がいたことがない交際したことがない」ということで、心療内科に通院していました。
そのときのカウンセラーに、「ケンさんはなぜそこまで交際ができないということに執着するのでしょうか?」と執拗に問われていました。
当時、自分なりに「こうだから・・・」と考えられることは全て答えていたつもりです。
しかしカウンセラーの対応は、「それだけじゃないと思うんですよね。」でした。通院も3年近くだったため、「もういい加減ここに来てんじゃねぇよ。」ということで、嫌がらせでもしてきてんのかな?と思うぐらいでした。
そして、最近考えても思いめぐらしても仕方ないことですが、なぜか「あんなに執着していたのはなぜたろう。あのカウンセラーにそれ以上執拗に問われることがないぐらいに答えきるには、他何を言えばよかったのだろう。」ということを思い考えるようになりました。
「あれは言ったよな、これは言わなかったかな」という具合にです。
紙に書き出したわけではないです。

これは当時答えたことかそうでないのか定かじゃありませんが、中一のときのクラスのある女の子に、僕は「汚い者扱い」されていました。
そして気がつけば、クラスの女の子の大半(9割ぐらい)が僕を「汚い者扱い」するようになっていました。
今でこそ、胸に手をあてたら「あんな部分があったから汚い者扱いされてたのかなぁ。」と自分の非を認めなくもないのですが、中一のときは無論そう思うことなどなく、「僕ってそんなに汚いのか?じゃあもてないのか?」という発想となりました。思春期で異性にもてたい好かれたいと思うようになる時期の始まりに、そんなことを思い考えてしまいました。
中一のころから当時の心理状態を表現するなら、「異性にもてる好かれる男」なのかどうかは、彼女ができるそして交際できることこそが、その証明なんだ、そんなのない場合は本当にもてるのか好かれるのか怪しいというものだったんじゃないかなと思います。
そしてその汚い者扱いしてきた女の子に一泡ふかせてやるんだという思いがあったんじゃないかと思います。
過去の苦悩の原因すべてとは言いませんが、こういったのがあったんじゃないかなと思います。

そして、以前からフェイスブックでその女の子を発見していました。無論フェイスブック上で友達になることもなくいます。先日、その女の子を含めた中一のときのクラスメイトらしきが写真に載っているのを見て、複雑で不快な気持ちになりました。
過去のことではありますが、フラッシュバックしこの投稿となりました。

[HP新規投稿 前頁 次頁 友達に教える
EZBBS.NET DoChat.NET
記事NO.
削除KEY
パスワード