[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
よろず掲示板
★ようこそ! よろず掲示坂へ ★どうぞ、ご自由に、お気軽に書き込んで下さいね。尚、管理者の方で、投稿記事が不適切であると判断したものについては、予告なしに削除することがあります。が、

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



764.今日もご一緒に 返信  引用 
名前:mitu    日付:2016/12/19(月) 21:48
 zyunさん 昌子さん 今日も本山先生のエリアでご一緒になりました。

★ 木洩れ日の埴輪百体木の実降る 仲尾昌子(本村 蛮選)

 なかなかしっとりした良い句ですね。僕にはこのような句が詠めません。埴輪百体といいますと平和台公園の埴輪苑でしょうか?
やはり私とは年期の差を感じます。

★ 夕星のきらりと尖る冬に入る 岡本光司(本村 蛮選)

 これは冬の寒空を詠んだものですが、これは本村先生が下五を「冬の空」としていたのを添削されて冬に入るとされて拾って戴きました。
夕星と冬の空が同じ天空を詠んで重なるのを直して下さったのだと思い感謝してます。
 
 私は昌子さんが一緒に続けましょうと仰ってくれてそれが励みになっております。どうか今後とも宮日俳壇ご一緒させてください。zyunさんそういうことで宜しくお願いします。



765.Re: 今日もご一緒に
名前:昌子    日付:2016/12/20(火) 12:4
★ 木漏れ日の埴輪百体木の実降る   昌子

仰る通り、平和台公園に、吟行した時を思いながら、詠みました。平凡な句です。

★ 夕星のきらりと尖る冬に入る

ふつう、きらりと光ると、するところを、「尖る」とされたと詠まれたところに、感心しました。
夕星、ゆうずつとも呼んで、私も好きな言葉です。
冬空は、月も、星も、澄んで、冷たく、本当に、尖っているようですね!良い句だと思います。

寒さに向って…お互いに、身体に気をつけて…俳句に励みましょう!!

762.久々にご一緒に肩を並べて 返信  引用 
名前:mitu    日付:2016/12/13(火) 11:32
 zyunさん、昌子さん お早うございます。宮日俳壇久々に肩を並べて嬉しくなりました。

★ もやもやをみなかき回す葛湯かな 仲尾昌子(本村 蛮選)

 もやもやとする心情を持つことがままありますね。それを巧く季語に
絡ませて詠まれました流石です。


★ 十二月八日眼鏡のくもり拭く 岡本光司(本村 蛮、布施伊夜子選)

 私の場合は12月8日いまでも開戦の大本営発表がラジオを通して流れてきた衝撃は
忘れることができません。

★ 烏賊と煮る大根うまし母想ふ 岡本光司 (福富健男 選)

 いつも大根の季節になると烏賊と甘辛く煮た母の手料理、想い出します。



763.Re: 久々にご一緒に肩を並べて
名前:昌子    日付:2016/12/15(木) 17:13
烏賊と大根。、甘く煮つけるのが、大好きで、今、小さい柔らかな烏賊が、
出ていて、よく、作ります。美味しいですね!
優しかったお母さんを思い出されて…さすがに、上手い句ですね。

私も、もう、何だか、俳句に飽きて?あまり、熱心でなくなっていましたが…光司さんに刺激されて・・・頑張ろう!と、思います。
有難うございます。

大袈裟ですが、命ある限り…頑張りましょう!!

759.昌子さん感謝!! 返信  引用 
名前:mitu    日付:2016/11/6(日) 21:7
 今日は、受付のところまでお迎えくださり有難うございました。
和子さんにもお引き合わせくださり感謝してます。
 表彰式が終わり昌子さんにお礼申し上げようと探しましたが、
見あたらず、ご挨拶せぬまま懇親会の場に移りましたが、運よ
く移る直前に受付の近くで和子さんに会い、偶然そこに本村先
生も居らっしゃってご紹介頂きお礼を申し上げることが出来ま
した。お陰様で宮日俳壇でお世話になってる先生方にはご挨拶
出来て安堵いたしました。本山先生にはまた、昌子さんからも
私が大変喜んでいたとお伝えください。
 昌子さんには本当にお世話になり嬉しく思っています。
ご主人にもくれぐれも宜しくお伝えください。



761.Re: 昌子さん感謝!!
名前:昌子    日付:2016/11/7(月) 16:20
最後まで、お付き合い出来なくて、本当に、すみませんでした。
和子さんが、先生にお引き合わせくださったようで、安心しました。

これから、光司さんのご活躍の時です。主人と、月曜日の新聞を楽しみにしております。
来年は、文学賞にも、挑戦されると、楽しみが増えますよ。是非!

もう、私は、下降線…です。今年の県大会の俳句も、全滅で…悲しいです。
光司さんの俳句を励みに、頑張ります!!

757.歌の窓おめでとうございます。 返信  引用 
名前:mitu    日付:2016/11/1(火) 13:26
 Zyunさん、昌子さん 歌の窓にまた掲載されて本当におめでとうございます。

★ 晩秋の水うつくしき簗場かな 仲尾昌子

 まさに水澄む秋、鮎の簗場で美しい澄み切った秋の水を詠まれてさすがです。
どうしても簗場となれば、つい、食欲の秋鮎のほうに目が向きます。
 本村先生が述べておられる通りです。

 私でしたらさしずめ鮎に目を奪われ、「錆鮎の妙なる色香酒旨し」となるところです。
本村先生仰る「流水を見つめかすかな水音に聞き入って時の経つのも忘れてたたずむ」
 素晴らしい情景さすがです。おめでとうございました。



758.Re: 歌の窓おめでとうございます。
名前:mitu    日付:2016/11/1(火) 13:34
9月25日の宮日に掲載されていたのを見過ごしておりました。ごめんなさい。


760.Re: 歌の窓おめでとうございます。
名前:昌子    日付:2016/11/7(月) 16:9
久し振りの「歌の窓」です。一昨年、主人と、川水流の簗に行ったときのものです。
鮎を美味しく頂いた後、水際まで行き、美しく澄みきった水に、感動しました。
余り上出来とは、思いませんが…嬉しいです。


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb