[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
象気功<効果体験談>掲示板
象気功を読んでなにか良い効果があったり、人生や運命が変わった等の体験をしたという方はこちらに体験談を書き込んでください。尚、雑談・質問等は「雑談掲示板」にどうぞ。また、URLの書き込み、サイトの宣伝等はご遠慮ください。誹謗中傷、暴言、性的な内容等、あたしの気に障る書き込みは予告なく削除いたします。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
E-mail
内容
 



273.(untitled)  
名前:R    日付:2015/10/18(日) 23:10
もし頸から来てる緊張性頭痛なら私と同じで単に力が入ってしまっているだけかもしれません。私の場合は意識でコントロールする類の功法はどうしても力が入ってしまいますね。会陰メソッドのどこかに書いてありましたがやっぱり会陰メソッドは脱力とは両立出来ないのでしょうかねえ。

269.(untitled)  
名前:読者さん    日付:2015/10/18(日) 10:49
今回は自分にとって非常にタイムリーな記事でした。最近、尾骶骨と会陰の氣の穴を締めながら站樁功をしても頭痛が無くなり「どこか新たに氣漏れしているのか?」と気になっていましたが、狭窄していた氣道が開通した可能性があるのですね。氣の穴を円として捉え縮小し、それを円錐状に引き上げるとさらに圧力が増すので、最近はそうしてます。私の場合、現状は会陰を締めると詰まり気味の右の鼻の穴がぽこっと開くくらいと、わずかに頭が圧迫されるかな?程度であまり変化は感じないので、站樁功でほぼ体調は改善されていたようです。会陰メソッドの究極の秘伝が楽しみです。

267.(untitled)  
名前:アロンソ    日付:2015/10/17(土) 17:32
会陰と尾てい骨を締めると気が昇るのですが、さらに百会を締めると今度は気が降りてきます。再び会陰と尾てい骨を締めると気は上昇します。また百会を締めるとまた降ります。結局胸の辺りに気がおさまるような気がします。

266.(untitled)  
名前:たんちゃり    日付:2015/10/13(火) 22:47
そしたらいいところで首の天柱あたり(耳の後ろの辺)が猛烈に痛くなったのですが、どなたかこの辺りをうまく流すコツや真言はないですか?

265.(untitled)  
名前:たんちゃり    日付:2015/10/13(火) 22:44
站椿功に会陰メソッドを組み合わせたらとたんに気がわいてきました。

264.(untitled)  
名前:A    日付:2015/10/12(月) 10:54
読者さん、Rさんありがとうございました。とても参考になりました。肩だいぶよくなってきたのですがあとはふくらはぎの力が抜けません。重心等変えてみてもゆるまないので苦戦しております。

263.(untitled)  
名前:ヒロ    日付:2015/10/12(月) 10:19
站椿功を行っていると息苦しくなるのですが、何か解決方法はあるのしょうか。深い呼吸をしても、酸素が追い付いていないような感覚なのですが。

261.(untitled)  
名前:    日付:2015/10/11(日) 12:27
読者さんのレスが納得出来たので書き込みます。腹の力で手を支えるというのは昇降練気でもカイゴウ功でも手を前に持って行く時に起こります。私の場合は手を前に出した時に手の重さの分だけ前方に倒れそうになる力が発生しますが、そこで身体の力を抜いて倒れない様に耐えると腹の奥を引き締めて身体を固定する力が働きます。この時はウェストは閉まっていないので表面の力は抜けていると思います。私の課題は会陰メソッドで力まない事です。微かに力が入ってしまい半日くらいで肩こり頭痛が来てしまいます。私も原因不明の炎症疾患持ちなので何とか会陰メソッドを習得したい所です。

260.(untitled)  
名前:読者さん    日付:2015/10/9(金) 22:26
私も昇降練氣でつまずいたので、色々試行錯誤しました。会陰メソッドで氣の穴を締めるのもコツの一つですが、私の場合、スワイショウなどをやっているとどんどん肩が緩んで手の氣感が一層鋭くなっていきました。肩に力が入ると、氣の感覚を奪います。黄性腎先生の放鬆功をやっていると、肩の感覚が無くなり、丹田が肩となって、そこから腕が生えているような感覚を掴むことができます。・手を振ると、肩を使わなくても腹の力だけで手を振ることができることに気づきます。・手を振ってる時は肩は緩んでいます。手を前に振った時に静止すると、一瞬、腹の力で手を支える感覚があります。これをコンマ秒から数秒間持続させるまで出来るようにします。肩を緩めて手を前に出すと、腕から手にかけて宙に浮いてるようになります。こうなると腹が肩の代わりとなって、丹田から手を支え、動かすことができます。また、股が緩むと、太腿と膝も緩み、下半身は足裏の接地感だけが残ります。

259.(untitled)  
名前:A    日付:2015/10/9(金) 1:37
タントウコウではすぐに玉が大きくなってパンパンになるのですが昇降練氣は全然ダメです。開合功も磁石みたいな感覚がすぐにでるのですが……何がいけないか試行錯誤中です。

258.(untitled)  
名前:    日付:2015/10/7(水) 13:45
会陰メソッドを意識していると臍の下のいわゆる臍下丹田の辺りの腹圧が僅かに増す様な…?気のせいかも知れませんが。昔、象気功で紹介されていた腹圧トレーニングを思い出しました。

257.(untitled)  
名前:読者さん    日付:2015/10/7(水) 6:55
最近は気功法で鉄扉感覚を維持していくと、どうしても頭が偏差気味になります。なので加減しながらやっていますが、以前、開合功でアナハータに鉄扉感覚で氣を送り込んでいたら、心臓から左手にかけて激痛が走り、あまりの痛みに飛び上がりました。私のような素人は、急げばロクなことがないので、ぼちぼちやっていくしかないですね。

256.(untitled)  
名前:R    日付:2015/10/6(火) 18:56
相変わらず読者さんは進んでいますね。私が肩や喉の力を抜いて苦しいと感じるのはその呼吸に慣れていないからなんでしょうね。普段から余計な緊張が無い人にとっては当たり前の呼吸なんでしょう。

255.(untitled)  
名前:読者さん    日付:2015/10/6(火) 11:13
息を限界まで吐くと、胸と背中の緊張が解けて肩が緩むのは、横隔膜が緩むからだろうか?と思ってましたが、R様の書き込みを読んで少し納得しました。横隔膜が緩むと骨盤基底筋が締まり内臓を押し上げるらしいので、会陰にも影響ありそうです。普通だと恒常性が働いて身体を緩めるのは難しいですが、自律訓練法をしていると、意識が澄んでいるので緩んだ状態が楽だと身体が理解すると、好循環のフィードバックが働いてすぐにクセがつきます。私のオリジナルですが、スワイショウは手を振る弛緩メソッドですが、足でも出来ないか?と思い、社交ダンスのスイング・ステップと四股を組み合わせたものを実践してますが、大腰筋への負荷はかなり感じます。やり方は、足を前に蹴るように振り、後ろに振ります。後ろに振った時、膝を軽く曲げ、横に振ります。そこで一瞬静止し、上げた方の足を四股を踏む様な要領で着地します。やってみればわかると思いますが、片足立ちの状態で前・後・横と足を振ると、身体が倒れそうになるので、バランス感覚が養われます。なれると何でもないですが、段階が進み足の裏で氣を感じるようになると、足で氣を掻き分け、踏み潰すという感じになります。

254.(untitled)  
名前:    日付:2015/10/5(月) 13:11
タントウコウについてです。息が苦しくなる感覚が解らなかったのですが、ある時肩の力が一段階抜けた途端に息が苦しくなりました。良く体術やスポーツでは肩で息をするなと言われますが今までいかに肩で呼吸していたか実感しました。だから呼吸補助筋がガチガチで常に僧坊筋も力んでるんだなと。この呼吸法に慣れて胸郭が人並みに広がる様になった時どんな変化があるのか楽しみです。解剖すると横隔膜と大腰筋は繋がっているのですが大腰筋のテンションの掛け方が何となくわかって来た事と関連があるかも知れませんね。

253.(untitled)  
名前:A    日付:2015/10/1(木) 13:19
私も臭いに敏感になりました。音にも敏感になったきがします。各器官が活発になった結果でしょうか。

252.(untitled)  
名前:もも    日付:2015/9/30(水) 1:30
会陰メソッドをやっているとき嗅覚が突然鋭くなっていままで気づかなかったいろいろなにおいに敏感になります。不思議です。

251.(untitled)  
名前:びくんびくんっ    日付:2015/9/29(火) 6:56
会陰をしめると一月くらいで、胃腸の調子が良くなり、めちゃくちゃお腹がすきやすくなりました。

250.(untitled)  
名前:読者さん    日付:2015/9/27(日) 22:17
丁寧に解説してくださり、ありがとうございます。なぜかはわかりませんが、印堂のあたりからモヤモヤをかなり強く感じます。昇降練氣中、上半身部分にいくほど手が軽くなり、印堂を閉じると一気に氣圧が高まるという経験がありました。眠ると全身の氣の穴が開くとのことなので、アルコールを摂取すると、全身の血行が良くなり身体が緩むので、全身の氣の穴も開くのかどうか、その状態で氣圧は高まるのかどうか実験してみました。結果は前回の書き込みの通りでした。詳細については後日解説してくださるとのことなので、楽しみにしております。

249.(untitled)  
名前:読者さん    日付:2015/9/26(土) 22:45
アルコールと氣の穴について。ビール350mlを1本飲み、站樁功を行うと、膨張はするのですが圧力がうまくかかりません。そこで、百会から順に会陰までチャクラを締めていくと、グン!グン!と圧力がかかり出しました。尾骶骨、命門、他に膝にもあるようです。アルコールによって毛細血管が開きくと同時に氣の穴も拡張するのでしょうか。また、「氣の壁を薄くする」とは、全身の氣の穴が拡張している状態のことをいうのでしょうか?


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb