[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
男女共同参画を納税者の視点で考える掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1794.犬でも育てれば?  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/29(月) 13:5
ニュー速+から日経BPの記事です。
結局、日本の女性も課長止まりではなく、役員・社長にしろ、という主張らしい。
記事の途中はちょっと面白いですが、所詮は日経。

役員になって犬でも育てれば?って感じかな。

▼引用開始▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【論説】 「働く男の本音、"女は甘えてるんじゃない?"…日本の女性活用、米とはどう違うか」…日系BP★3(141)

・女性のトップや役員が相次いで誕生し、有名企業が軒並み「女性活躍推進室」や「ダイバー
シティー推進部門」を設けるなど、日本のワーキングウーマンには追い風が吹いている。取材先では
社長から中間管理職まで口を揃えて「優秀な女性を活用できない企業に未来はない」と話す。
ところが仕事を離れ、名刺も録音もない環境で話してみると、女性に対する辛辣な言葉が噴出する。
「彼女が昇進できないのは、女だからじゃなくて仕事ができないからだよ」「法律だって整ってるし、
もう女性差別なんてないんじゃない?」「“やりがいのある仕事”なんて、贅沢言うなよ。男は、やりがいが
なくても辞められないんだから」「女はいいよな。早く帰る口実があって。俺もたまには帰りたいよ」…。
常識人の彼らは、公にこんなことを言えば糾弾されることを知っている。だから決して大声では
言わないが、心の中で「女はずるい」と思っているに違いない。こういう感情がある限り、差別は
見えない形で残るだろう。同時に、そこには語られざる真実が含まれている。今のまま、建前論に
基づいて女性活用を進めたら、いずれ大きな壁につき当たるかもしれない。
そこで様々な文献を基にいま一度ワーキングウーマンを取り巻く環境を見直してみたい。筆者は
昨年夏より、米ミシガン大学「The Center for the Education of Women」客員研究員として、男女の
キャリアについて調査をしている。女性の社会進出が進んでいる米国の研究や数値を見ることで
日本の現状を再確認し、何が問題になっているのか考えていこうと思う。
女性の経済的地位を語る時、とかく日本は遅れているという批判を聞くことが多い。しかし例えば
公的育児支援制度に関しては、米国の方が貧弱であったりする。また、女性の家事負担の重さを
見ると、日本だけでなく米国も同じ問題を抱えていることも見えてくる。
昨年11月に、世界経済フォーラムが「ジェンダーギャップ指数リポート」を発表した。
健康・教育・経済・政治の4分野に関して、世界115カ国における男女間格差を国別に算出し、
差が小さい順にランキングしているものだ。ここで、日本は79位だった。

1793.(untitled)  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/29(月) 13:5
大学進学率など高等教育を受ける人の割合に男女差が大きいため教育分野での順位が低く(59位)、
大臣・国会議員・知事の女性割合が低いため政治分野の順位が下がり(83位)、男女で労働力率や
賃金の差が大きく、専門職・管理職の女性割合が極端に低いため、経済分野の順位を下げている(83位)。
経済分野の順位付け基準をさらに詳しく見てみると、役員や管理職に占める女性の割合を基に
したランキングでは、日本は87位となっている。
これを裏づけるデータがある。日本で、女性は労働力人口の41.2%を占めているが、管理的業務に
就く人の女性割合はわずか9.7%。職位が上がるに従って女性割合は減っていき、係長11%、課長5%、
部長2.7%となる。一方米国では、管理的業務に就く人に占める女性の割合は1974年時点で既に
33.75%だった。大雑把にいえば、日本企業で女性課長を探すよりも、米国の大企業で女性役員を
探す方がたやすいということになる。
しかし管理職に女性が多いからといって、米国企業が「女性に優しい」わけではない。
金融業界で働く女性56人にインタビューした『Competing Devotions』には、日本と同様、
仕事熱心で休日出勤を厭わず、人生のすべてを会社に捧げる女性たちが登場する。
厳しい競争の中で働き続けて昇進しようと思ったら、私生活は諦めざるを得ない。この本に登場する
役員レベルにまで昇進した女性のうち3分の2は子供がいない。一方でこの本の著者は、育児のために
金融の仕事を辞めた女性25人にも話を聞いている。
子供を持った彼女たちが、私生活を諦めて働き続けるかつての同僚に向ける目は冷たい。
「…“ガラスの天井”を破るのが人生の目的なら、それもいいんじゃない? その後で[子供をつくるには
もう遅いから]犬でも育てれば」(p.81、[]は筆者)。
米国のワーキングウーマンも、仕事と家庭の両立に苦労しているのは日本と同じだ。しかし、
日本の女性が「課長になれるか」という壁に直面するのに対し、米国女性の直面する壁は
「役員・社長になれるか」。ここに日米女性の経済的地位の差が表れている。(以上、抜粋)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲引用終了▲

http://www.2chsearch.info/?b=newsplus&d=1170029209

1792.無戸籍その他諸々・・・  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/28(日) 14:25
●羅漢同盟 様

ご無沙汰です。本年も宜しくお願い致します。さてお返事遅くなりましたが・・・


> 無戸籍騒動の裏側には婚姻制度の破壊と離婚の増大化、相続の煩雑化が見え隠れしますね。

すいません不勉強で。この件、無戸籍で子供のパスポートがとれない、などといいう騒動があったという程度しか記憶がありません。
ただまともな人間なら戸籍が社会生活にとっていかに重要かは認識しているはずですので、子供を無戸籍のままにしている、というのはそれだけで社会人失格と言わざるを得ません。まぁ社会のいろんな制度を壊そうとしている左翼なら当然の行動かもしれませんが。


以前、イランのこんな映画をみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ぼくは歩いてゆく (1998年 / イラン )

9歳の少年ファルハード。両親が出生届けを出さなかったため、戸籍も身分証も持っていない。だから、学校に通うこともできず、働き口を見つけても断られてばかり。それでも家計を助けるため働かなくてはならない。ファルハードは仕事を求めて街中を歩き回る。身分証を取るため、たった一人で役所へと向かう。ちゃんとした仕事を手に入れることができる日を、そしていつか学校で勉強できる日を夢見て……。主人公の少年の実体験を基に描いたドラマ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.discas.net より

イランという国は身分証がないと何にもできないんですよね。それで少年がメチャクチャ苦労するんです。親はぐうたらなヤク中で問題を解決する能力がありません。こんな親を持つと子供が可哀想。

戸籍がないと苦労するのはイランでも日本でも同じはずなんですけどね。戸籍謄本がなければ運転免許もとれないですし。住民票とかはどうなるんだろう。そもそも学校は入れるのか・・・・?



フェミナチの過去ログもみました。

▼引用開始▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
[50508] 戸籍なくてもパスポートよこせ? 投稿者:JOJO 投稿日:2007/01/09(Tue) 20:16:21 No.50508

> 支援グループ「民法と戸籍を考える女たちの連絡会」によると、女子生徒は、母親が前夫の
> 暴力のために家を出た後、1990年に別の男性との間に誕生。92年に離婚が成立したが、
> 出生届を提出すると民法上、前夫の子とされ、前夫との親子関係を否認する手続きを取れば
> 現在の居住地などが前夫に知られる恐れがあるため、戸籍を作れない状態が続いている。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲引用終了▲

そもそも支援グループは自分たちの政治主張に沿ってストーリーをつくっているのだろうから、DV被害女性というのをクローズアップしたいのでしょうね。こんな支援グループではなくまともな法律相談をうければ、違った解決方法があるのかもしれません。あまりよくわかりませんが。




> 不思議なのは誰も民法733条を指摘していないんです。

民法733条とは「女性は離婚後、6ヶ月は結婚できない」という条文があるもののようですね。
検索したら、次のページがヒットしました。

   教えて!goo  民法改正についての疑問。
   http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2290705

そのなかで、ANo.5のwalkingdicさんの回答がなかなか詳しいです。こんな事が書いています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
生物学的な父親と法律上認める父親は一致しない、典型例はAID(Artificial Insemination of Donor=非配偶者間人工授精)で実父と認定することなどある
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ふーん、そーなのかー・・・・
walkingdicさんの回答によれば、733条は嫡出推定の話(第772条第2項など)とも絡むので、そう単純ではないようです。



> 保守の言葉を吐いて左翼シフトしてしまった、中曽根大勲位と酷似した感じが……

あぁ大勲位。あれが保守の大物政治家としてメディアに出るのだから頭痛いですね。
wikiによれば、現在は東アジア共同体評議会会長だとか。うさんくさそうだな。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2290705

1791.無戸籍騒動の裏側  
名前:羅漢同盟    日付:2007/1/26(金) 18:0
お久しぶりです。管理人様。
遅ればせながら本年も宜しくお願いします。


無戸籍騒動の裏側には婚姻制度の破壊と離婚の増大化、相続の煩雑化が見え隠れしますね。

「戸籍制度の破壊」とは今回の騒動についてはちょっとすっとんきな感じが

不思議なのは誰も民法733条を指摘していないんです。

無知なのか故意なのか知りませんけど。

これは怖いですよ。

左翼どもの出す、新民法案はまじめに生きる家族が被害を蒙るようなものになりかねませんね。

安倍さんも民法や刑法の改正に乗り出すといってますから、左翼がのっかかってやりかねませんね。

保守の言葉を吐いて左翼シフトしてしまった、中曽根大勲位と酷似した感じが……
http://03.members.goo.ne.jp/home/isawo90/diary/a/278.html

1790.フェミそのまんま・・・かよ  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/26(金) 13:0
今話題の宮崎県知事。たまたま政策が書いているのを見つけたので、この板関係をご紹介。

そのまんま日記
http://www.zunou.jp/higashi/diary2.cgi
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
B女性のための改革
・ 女性の社会的地位の向上のため、ジェンダーエンパワーメント測定に着目し改善、啓発事業を推進
・ 女性の視点を県政に反映するために、女性のための相談サポートシステム(DV等の防止)の設置
・ お母さんと子供のための4対策
@ 3歳以降の医療費を補助する子育て支援幼児入院医療費助成事業の県内拡充
A 幼保一元化の推進に備えるための県内モデル事業の成果を整理し、認知を促進
B 共働きやシングルペアレント家庭の支援等のための学童保育体制の拡充
C お父さんの育児休暇促進等、その他子育て支援の強化
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うーん、だめだこりゃ。周りにいる人がダメなんだろうね。

http://www.zunou.jp/higashi/diary2.cgi

1789.公立の多様性は・・・・ついていけないなぁ  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/21(日) 16:45
●小人閑居 様

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

>  中高一貫の私立校に通った者として言わせてもらうと、私立校には「そこそこ勉強ができて家も裕福な、進路も大学進学を目指す子どもしか来ないため視野が狭くなる」というデメリットがあることは認めざるを得ません。

まぁ何でもメリット・デメリットありますから。親になった立場からすると、中高一貫の私立の授業料を出せる親はたいしたものだなぁと思います。


> 公立校の「多種多様な子ども」

先日放送された、《もうひとつの「14才の母 」》という番組をみました。妊娠・出産した女子中学生の話です。

NNNドキュメント07 2007年1月7日(日)
http://www.ntv.co.jp/document/

公立に行けば、こういったレベルの多様さがあるのですよね・・・・
「援交やめたいけどやめられない・・・」「中学生はHしてはだめなの?」「コンドームが破れちゃった・・妊娠するかも・・・・」なんてことを13〜14歳の女子が医師に携帯メールで相談してくるわけですよ。挙げ句の果てに、妊娠して、中絶したり、子供を産んでたりする現実があるのです。まぁ女の子達はやはり何かと家庭に問題がある子が多いようで・・・・なかには、離婚して母親が娘を一人で育てて、結構厳しく躾して、学校の成績もよかったのに中学生の娘から「妊娠した」と言われた、というケースもありました。家庭の暖かさに飢えていたのかもしれません。


> 当時は「管理教育」が問題になっていたころで、たしかに当時の中学校の校則や体罰にはバカバカしいものが多々あったことは事実です。

確かに中学生だと丸刈りには反発したくなりますよね。大人になるといやでも禿頭になる人もいるわけですから、あえて丸刈りにしなくても・・・と思うのも仕方のないことかも。
ただ制服が無くなり服装自由になってる今の中高生のだらしなさをみると、一見不要と思えるような規制でもあったほうがよいのではないかと思います。
ただ内申書は無くした方がよいですね。きっと。

1788.公立か私立か  
名前:小人閑居    日付:2007/1/20(土) 20:53
 今年ここに書き込むのは初めてですね。よろしくお願いします。

 いささか旧聞に属しますが、16日付の朝日夕刊に「中学受験5万人」という記事があります。これは要するに、ゆとり教育への不安や、私立校の「受け皿」が広がっていることから、中学受験の受験者が増え、首都圏の1都3県では小学6年生の6人に1人が受験するというのが大まかな記事の内容です。
 はっきり言って、生徒が私立に流れているのは、親方日の丸の体質にどっぷりつかって放漫経営を続けてきた会社と、特色を出すように経営努力を続けている会社のどちらが選ばれるかを考えればわかるでしょう。
 この記事には、苅谷剛彦・東京大大学院教授(教育社会学)のコメントが載っています。

(引用開始)
 ゆとり教育は、「総合の時間」の導入など、理想は高かったが条件整備が遅れ、ねらい通りに進まなかった。公立校への信頼がゆらぎ、公立の教育システムから逃れる対象として私立志向が高まった。ただ、多種多様な子どもがいる公立中学と違い、私立中学は、学力の点でも、家庭的背景の点でも、均質的な固まりが作られる。中学生から均質の集団で育ち、多様な人にもまれる機会も狭められる。偏差値の高い大学を経て、官公庁や大企業に就職し、社会を動かす地位につく可能性も高いだけに、「階層」の再生産や社会の分断につながるおそれがある。
(引用終り)

 中高一貫の私立校に通った者として言わせてもらうと、私立校には「そこそこ勉強ができて家も裕福な、進路も大学進学を目指す子どもしか来ないため視野が狭くなる」というデメリットがあることは認めざるを得ません。しかし公立校の「多種多様な子ども」の中には、不良やいじめっ子もいるということ、「多種多様な子ども」をまとめるためには締め付けも厳しくなることを覚悟しなければなりませんが。
 ちなみに、小生が中学を受験した20年ばかり前には、小生の地元の公立中学には、男子は頭を丸刈りにしなければならないという校則があり、それがいやなので小生はわざわざ受験をして頭髪規制のない私立中学に行きました。今はどうか知りませんが、当時は「管理教育」が問題になっていたころで、たしかに当時の中学校の校則や体罰にはバカバカしいものが多々あったことは事実です。

1787.給料を巡るいろんな状況  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/19(金) 10:12
●NAO 様

こちらこそ本年も宜しくお願いします。

>講談社は元々給料がいいので有名

そういえば、会社の場合、労働分配率が高いかどうかでも給料は左右されますよね。同じ粗利益でも従業員に分配するか、株主に分配するか、会社に内部留保するか。個人の優秀さとは別次元で決まる話です。

>また個人の才能ですべてが決まるような芸術分野でも、その時代にまったく評価されな
>かった人間は多いのですから、たいていの場合収入なんてその時の状況によって左右さ
>れるのでしょう。

私もそう思います。私は転職したのですが、私個人は何も変わっていないのに給料は上がりました(まぁ前のが安すぎてようやく人並みになったところですが)。これも個人の優秀さとは別次元の話。

>それとも、このふみさんという投稿者は、並々ならぬ自信の持ち主な
>んでしょうかね?

また投稿してもらいたいですぅ。

1786.今年もよろしく  
名前:NAO    日付:2007/1/18(木) 7:0
管理人さま、こちらではこれが今年最初の書き込みです。今年もよろしく。さて、マスコミの給与の高さですが、ホントこれはビックリですね。以前、雑誌で公開されて話題を呼んだことがあったのが、講談社が発行する某女性誌の給与明細。27歳にして年収が1千万円超えるそうです。講談社は元々給料がいいので有名ですが、この女性誌の場合は、やはり広告料がすごいんですよね。単純に給与が高い→その人の能力が高いという図式なら、この雑誌の編集者は大企業の研究者や同年代の公務員よりも優秀ということになります。

また個人の才能ですべてが決まるような芸術分野でも、その時代にまったく評価されなかった人間は多いのですから、たいていの場合収入なんてその時の状況によって左右されるのでしょう。それとも、このふみさんという投稿者は、並々ならぬ自信の持ち主なんでしょうかね?

1785.後から読み返してみると  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/17(水) 17:39
投稿1784はちょっときつい表現が数カ所ありますね・・・失敬失敬。
ま、少し論争っぽくなれば面白いかもしれません。
ふみ様、是非もう一度投稿してね(はぁと)

1784.で、この人は男女共同参画は賛成なのか?  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/17(水) 13:12
おぉ、なんか面白い投稿がきましたね。はじめから喧嘩腰なので挨拶抜きで。

>資本主義社会では能力に応じて稼ぎは決まるのであって、必要だから支給されるのでは
>ないですよ。中年なら子供がいるからたくさん必要だとか、何的外れなこといってるん
>ですか。必要性に応じて支給されるのは共産主義ですよ。

子供の数で給料を決めろ・・・なんて一言も書いていないと思いますけどね。

>マスコミの中枢にいるような優秀な人なら中年が威張っていてもいいんですけど、

なんで「マスコミ=優秀」という思いこみが発生するんだろうね。
きっとふみさんは普段文章を書く仕事ではないのでしょう。だから漢字をたくさん使っている新聞記事をみると「この記事を書いた記者は優秀だぁ!」と思うのかな。


>給料が安いのは能力が低いからでしょ。テレビ局の人に嫉妬するような書き込みもあり
>ましたが、彼らは優秀だから給料が高いんです。

テレビ局や新聞社の社員の給料が高いのは新規参入が著しく困難な業界であることと、広告を出すときに最もマスを相手にする媒体なので広告料収入が大きいからですよ。だが最近はネットの登場でその独占的な座も揺らいでいる。
個人が優秀だから給料が高い訳ではないでしょう。
朝日新聞を読んで記者が優秀と思う奴はどうかしている。「言葉の力」に洗脳されているよ。

>他の人が出来ないような仕事をするからですよ。

そうそう、新規参入できないんだから他の人ができるわけがない。

>誰でもできる単純労働し貸してない人の給料が安いのは当然。需要と供給に
>よって価格が決まるのをお忘れですか?

そうそう、新聞やテレビ局を広告媒体としてみると、供給が非常に少ないくせに需要はやたらと多い。だから価格(広告収入・・・めぐりめぐって記者などの給料)が高いわけだよ。

わかる?

1783.反共同参画派こそ共産主義!!  
名前:ふみ    日付:2007/1/17(水) 0:45
嫉妬を煽ってどうするんですか。
過去ログみましたが、何か勘違いしてませんか?
資本主義社会では能力に応じて稼ぎは決まるのであって、必要だから支給されるのではないですよ。中年なら子供がいるからたくさん必要だとか、何的外れなこといってるんですか。必要性に応じて支給されるのは共産主義ですよ。

子供の学習権は無償の義務教育や学費免除等で対応すればいいことです。それに、それは国家のいわばセーフティーネットとしての仕事であって会社の仕事ではありません。なぜ必要だから高い給料がもらえるとか言う理屈になるんですか? そんな賃金体系を敷いて来たから無能なおっさんが威張り腐り、優秀な若者は活躍の場を失うという馬鹿馬鹿しい状況になってきたんですよ。マスコミの中枢にいるような優秀な人なら中年が威張っていてもいいんですけど、日本は年功序列だから無能なおっさんが威張り腐る風潮がありましたからね。そういう悪習がぶっ壊れてよかったです。

給料が安いのは能力が低いからでしょ。テレビ局の人に嫉妬するような書き込みもありましたが、彼らは優秀だから給料が高いんです。他の人が出来ないような仕事をするからですよ。誰でもできる単純労働し貸してない人の給料が安いのは当然。需要と供給によって価格が決まるのをお忘れですか?

1782.いやはやマスコミってすごい給料ですね  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/16(火) 13:7
オマイラ、どの口で「格差」なんて言うんだ!


zakzakより
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

朝日支局長、巨額給与1900万円…赤裸々情報流出
(前略)
中でも驚くべきは「現在の年収約1900万円」。現在、支局長は40代後半だが、55歳まで上昇するという。

 ピークの年収は「2100万円」。その後、「年約175万円減少する」と記載されているが、60歳で定年退職すると「3000万円(見込み額)」。さらに退職後は企業年金などで「700−1000万円」の年収があるという。新聞他社と比較しても、さすがアサヒ、かなりの厚遇だ。
(後略)

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_01/t2007011510.html

1781.日経プロパガンダ番組  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/13(土) 15:6


先月録画していたものをようやくみました。「ガイアの夜明け」・・・・いつもは新しい企業活動などを紹介していておもしろいんですけどねぇ。これは酷かった。フェミプロパガンダ番組でした。能書きは番組ホームページで。

日経スペシャル「ガイアの夜明け」 12月12日放送 第242回
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview061212.html

この番組の後半で紹介されていた保育園にびっくり! また大阪か!って感じです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大阪市東淀川区の豊新聖愛園では朝7時から深夜3時まで20時間保育を実施。番組ではある母子を取材。

母子家庭で、母親はイベントやキャンペーンに人を派遣する会社「ハッピースマイル」を仲間とともに起業。大阪の中心街に小規模なオフィスあり。仕事で携帯電話が手放せず、有能な?忙しそうなイメージを演出。ただ裕福な感じではない。

子供は6歳の女の子。送りは翌朝11時半頃。迎えは深夜1時すぎ。
熱を出していても、母親が迎えに来るのは深夜0時すぎ。これでも「早めに迎えにきたつもり」なんだとか。

深夜まで預けられる子供たちは多く、0歳児もいる。お風呂も晩ご飯も保育園ですませる。「保育士や仲間たちと一緒に大家族のような生活」と園長。なんかいいイメージを演出。子供たちは8時半にいったん寝て、お迎えを待つ・・・・たいていの子供は眠ったまま家に帰る。6歳の女の子はいったん起きて歩いて帰っていった・・・・母と娘の一緒のひととき、だとか。


豊新聖愛園
http://www.rokoukan.or.jp/housin/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そこまでして女が働くことが大事なことなのか! 日経は日本を滅ぼす気だろうか。
いったいいつになったら気づくんだろうか。

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview061212.html

1780.いじめ問題  
名前:管理人(食品力士)    日付:2007/1/10(水) 20:18
でユニークなことを書いているブログがありました。
やっぱりバウチャー制度が良さそうだなぁ。



アンカテ(Uncategorizable Blog)
2007-01-08
「いじめの社会理論」書評

http://d.hatena.ne.jp/essa/20070108/p1

ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb