[ 携帯用URL ]
掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



204.(untitled) 返信  引用 
名前:コデーラ    日付:2012/3/3(土) 22:9
ライアーゲームを観てきましたが、「十数年ぶり」に映画館で映画を観てきました。
私は終始口が空いたままでした(序盤:設定の違いに戸惑う、中盤:フラグだということは理解できましたがどう使われるのかさっぱり・・・、終盤:過不足に問題はなかったのか…?)。

そして、なんでもない(?)話が最後の大オチに使われるとは思わず、最終的な感想は「さすが国産映画」といった感じでした。


最後に、全く関係ない話ですが、
「セイコーマート」という北海道だけのコンビニで、オリジナル製品のカレーヌードルを買ったところ見事に「やられ」ました。
※製品に問題があるわけではなく、「その発想はなかった」というネタです。

蓋を開けたところ、「茶色いブロック」が1個入っていました。
どう見てもカレールーです本当に(ry



205.Re: (untitled)
名前:くろひ・DAI    日付:2012/3/6(火) 17:42
おお、見てこられたんですね!
私は見に行くつもりはないので、テレビ放送を待つばかりです。

コデーラさんの感想を見ますと、原作とは違った作りになっているというかんじですかね。

カレールーとはw
味はよかったんですかね? 普通のカレーヌードルよりカレーっぽいとか、そんなことはあるのでしょうか。 


206.Re: (untitled)
名前:コデーラ    日付:2012/3/6(火) 22:38
映画版で「これならここに書いても問題無さそう」な点を3つ書きます。(私の判断ですが)

1.CMにもある通り会場が「無人リゾート島」から「廃墟」に変更
2.初回でいきなり5人落ちるルール等、結構違う
3.これだけ違っても「投票不参加」といった作戦は(場合によっては形を変えて?)登場(私は原作の全戦略を覚えていませんが)


カレールーについては、少し塩辛いようにも感じました。(きれいに溶けきらなかったせいもあり?)

198.(untitled) 返信  引用 
名前:reo    日付:2012/2/19(日) 18:43
初めまして。
いつも楽しく見させていただいております。
突然ですが、SSのほうはアップしないのでしょうか?



201.Re: (untitled)
名前:DAI・くろひ    日付:2012/2/21(火) 22:24
reo様初めまして、くろひと申します。

申し訳ありません。
日曜日あたりに、第2ラウンドと第3ラウンドAのSSver.をうpいたします。


202.Re: (untitled)
名前:コデーラ    日付:2012/2/22(水) 12:32
「ついで」という感じですみませんが、『殺人予告メール編』もお願いできますか?


203.Re: (untitled)
名前:DAI・くろひ    日付:2012/2/26(日) 23:35
すいません、今日はちょいとりかかれないので、
今度時間があるときにうpします。
申し訳ありません。

192.(untitled) 返信  引用 
名前:ハガネール    日付:2012/2/17(金) 21:22
こんにちは、はじめまして。いつも楽しく見させていただいてます、
ハガネールです。
突然で申し訳ないのですが、毎回調子に乗った一般人が損をするって言う流れで少しワンパターンでつまらないです。まったく警戒してなかった、つまらない一般人が実は切れ者でみんなを一気に蹴落として大勝するという話を作れませんかね?もちろん普通の一般人を活躍させるのはむずかしいと思いますが…。



194.Re: (untitled)
名前:DAI・くろひ    日付:2012/2/18(土) 9:59

ハガネール様初めまして、くろひと申します。

ご意見ありがとうございます。
それに関しましてはもちろん作ることはできますが、
3つの理由からそれを実行することはできない状態です。

1.「けいおん」ライアーであること
   あくまでけいおんが主軸であるので、一般人を迂闊に勝たせるわけにはいきません。
   今回ダークホースとして純にしたのは、一応ワンパターン化を防ぐためでした。

2.一般人はあまりに無名であること
   本家の原作ライアーを読んだ方は多くはないと思われるので、
   それらを活躍させるのに少し抵抗があります

3.立ち絵がない
   実はこれが最も大きい理由です。
   澪など主人公格のキャラは、立ち絵が20くらいあるのに対し、
   一般人キャラは1か2程度となっており、表情に乏しい状態です。
   これでは、感情表現が難しくなるので、活躍させるのが難しいのです。
   文章なら表現可能ですが、立ち絵との整合性がとれません。

以上の理由から、ハガネールさんのおっしゃる方向には持っていけない状態です。申し訳ありません。
ただ、そのような批判要望的な意見は非常に参考になるので、もしまた何かあればおねがいいたします。


196.Re: (untitled)
名前:コデーラ    日付:2012/2/18(土) 21:39
ハガネールさんの投稿から、「他会場のハイライト」が観てみたくなりました。
例えば、4−1の
0:40あたりの「ラブクライシス残ったのは2人だけ」
1:55あたりで恵が「プレイヤーどうしの結託がまるで無い」
2ラウンドでレスターはどんな行動をした?
(もしかしたら既にあるかもしれませんが)

というようなものを、「誰が何をした」と言った感じにして「さわちゃんの解説付き」で観てみたいです。
これは逆に言うと、「誰が何をした」だけになるので立ち絵が最低1枚で住むと言うこともできます。

そして、4−1の10:22に対してのツッコミです。
私の基準(元は『生徒会役員共』)ですが、
「↓澪ヘッド」「律のデコ↓」などのような方がしっくりきます。
『生徒会役員共』で「このへんに○○」という場合は、見切れなどで完全に見えない状態の時に書かれます。
私の言っていることは『【生徒会役員共】 この辺にスズヘッド特集 + α』(sm12391308)この動画にあります。ただし、元がアレなので非常に下ネタが多いので注意です。


200.Re: (untitled)
名前:DAI・くろひ    日付:2012/2/21(火) 22:21
コデーラ様ありがとうございます。

ハイライトに関しては、結論から言うとやりません。
理由は2つです。

1.モブの動きを詳しく書くと動画のテンポが落ちる

2.同じゲームを違う戦いで書くのは非常に難しい
  1.にも関係しますが、同じゲームで同じ戦い方をしている場面を書くのは冗長です。

特に2.ですね。同じ第3ラウンドでも違うゲームを行っているのはそのためです。


役員共はふわっとしか知らないので、雰囲気だけで使ってしまいました。
申し訳ないです。

195.(untitled) 返信  引用 
名前:ハガネール    日付:2012/2/18(土) 14:10
ではこういうのはどうでしょうか。その一般人はゲームに参加をしたが、学校側の人物たちが訓練を受けている、もしくはグルになって最初から出した賞金は自分たちで回収するつもりで、到底一般人である自分は勝ち目がないと考え、自分のかわりにこの計画に参加してなさそうな学校側の参加者に勝ち上がらせ動かしているというのは?どこかのラウンドでお金のためにMカードをお金に換金した人のような、言い方は
悪いですけどモブキャラ指示を出し、勝たせるというのは。これならその一般人の代わりにそのキャラに行動や作戦の説明をさせることができてその一般人にたくさん出番を出させなくてすむし、立ち絵がないならあえて黒幕はいたけど最後の最後まで名前も絵も登場させずに謎を残したままにしたり、みんなが結局誰だったのだろうと考えているところに秋山のシルエットだけ登場させる、みたいな感じにするなんてのはどうでしょうか。やっぱり同じ人ばっか活躍してるとつまらなくなってきますし、全部謎をあからさまにするより謎を残したりしたほうが気になって見たくなるとおもうんですよね。どうでしょうか。



199.Re: (untitled)
名前:DAI・くろひ    日付:2012/2/21(火) 22:17

ハガネール様、ありがとうございます。

そのパターンに関しては、私も考えています。
どこかでやるかもしれませんが……今のところは未定ですね。

>全部謎をあからさまにするより謎を残したり

ただし、これに関してはライアーゲームの中ではやらないと思います。
私の別シリーズの「世にも奇妙な〜」の方ではやっているのですが、
ライアーは全て明らかにすべきだと思っています。
もしライアーでそれをやったら続編フラグだと思ってくださいw

191.動画作成3 返信  引用 
名前:コデーラ    日付:2012/2/14(火) 21:38
モブに偽カードを渡すのは、「まさか本当にやるとは」と思って観ていました。
ライアーゲームの原作漫画をこの土日で1〜6,10,インヴィテーションを買いました。飛んでいるのは、「とりあえずあった分」です。次に買うなら11以降を優先したいですが…。

また新ゲーム案です。
今回は昔からの定番らしい?「戦艦ゲーム」と呼ばれたりするものです。(多分、呼び方は色いろあると思います。父親(昭和20年代の生まれ)から教わった遊びです。)これを多人数対応にして、Mカードの要素も入れてみました。

1.8x8のフィールドに自分の船を置きます。そして、8方向のうち1方向に弾を撃ちます。射程距離は1マスです。発射宣言は座標で示します。(場所を知らせないまま逃げまわるのを防ぐためです。)
2.ゲームが始まったら[撃つ・動く・待機]を選び、動く場合は4方向で、これも1マスしか動けません。
3.船の修理は2回出来て、(HPが3あるということです)相手に1ダメージでMカードを1枚獲得です。また、相手を完全に沈めた(HPを0にした)場合、Mカードを2枚獲得です。
4.完全に沈んだ船は「幽霊船」となり、引き続きゲームに参加します。性能は変わらず、引き続き1ゲーム中に[撃つ・動く・待機]のどれか1つだけですが、弾が当たっても何も起こらず移動や待機はディーラーから発表がありません(沈没直後を除く)。弾が当たった時のみ「幽霊船から被弾しました」とだけ発表されます。幽霊船が複数いる場合も誰から攻撃されたかはわかりません。
5.沈んだ直後にも、順位ボーナスのカードが貰えます。最下位が無し、次が1枚、その次が2枚…で、8人の場合は1位が7枚です。

補足説明です。(主に多人数向けに変えた、「同時処理」等についてです。)
1.船を置いて撃つ場合、全員が置き終わってから撃つということになります。また、この時に弾が当たった場合も通常の1ダメージとして扱われます。
2.ゲームが始まると、撃つ宣言をした全員が撃ってから移動します。その際、船同士が同じマスにいても何も起こりません。
3.船を2人以上で同時に沈めた場合は、そこに攻撃した全員に2枚のカードが渡されます。(HPが1の船を2人以上で、HPが2の船を3人以上で沈めた場合などがあたります)
4.沈没直後の攻撃は有効で、カードも貰えます。沈没直後に移動した場合のみ、ディーラーからの発表があります。(通常の発表後、沈んだことを伝えられます)
5.1ゲームで同時に沈んだ場合は、多い方に枚数が合わせられます。8人中最後の3人が同時に沈んだ場合は3人に7枚のカードが渡されます。

試しプレイのメンバーとグループ
唯・憂・和・1 澪・梓・紬・2
1と2がモブです。

このルールで試しプレイをしてみたら(私がディーラーとなってそれぞれを動かしました)、8人を2グループ、裏切り無しで逃げまわることがなければたったの8ゲームで終わりました。はじめの1手(1ゲーム目より前の配置)にいきなり当たる事や、同時攻撃による大量獲得、「とにかく運が悪い人」(1発撃った場合は可能性が8マスのため)など珍しいことも起きるようにしてみたためです。
すべてが終わってからカード所持数を計算し、ラウンド通過に必要な枚数は8〜9枚程度になりました。
※各グループの合計所持数は30枚前後(リーダーが一括で回収後配布)で、モブ2人が今回も騙されたという結果を想定しています。

就 活 頑 張 っ て く だ さ い !



193.Re: 動画作成3
名前:DAI・くろひ    日付:2012/2/18(土) 9:53

コデーラさんいつもありがとうございます。

シミュレーションゲームのような感覚ですね、面白そうです。
それにしても、それをMカードを用いてアレンジされるとは、参考になります。

実際にやってみたとはすごいw
8ゲームで終わるとは意外ですね、枚数もそんなにいくとは・・・。

就活頑張ります、4月には決めて、動画の更新ペースを早めに戻したいですね。


197.Re: 動画作成3
名前:コデーラ    日付:2012/2/18(土) 22:33
この「戦艦ゲーム」ですが、似たようなものが海外にもあります。この海外版も多人数化できないものかと考えましたが、結局私では無理でした。

以下、海外版のルールです。
・船のサイズが1x1,2x2,2x3,2x5とあり、それぞれをフィールドに配置する(船は縦横どちらでも可)
・各船は隣あわせても良い
・各船は「動かず」自分も相手もフィールドのどこを攻撃しても良い(自分のまわり1マスと言う制限はありません)
・船はすべてのマスを撃たれないと沈まない
・相手の船を全部沈めたら勝ち

こんなルールです。
日本版で書き忘れていたルールですが、「自分の隣に弾が落ちた」ときもそのような発表があります。これは、海外版にも言えることです。

海外版が使えなかった理由は、やはり「船が動かない」ことです。
そして、相手を騙す手段が意外と少ないことです。

例えば、
□□□□□□□□   □□□□□□□□
□■■■■■□□ を □■■■■■■□ のように
□■■■■■□□   □■■□■■■□
□□□□□□□□   □□□□□□□□

2x2,1x1,2x3で
2x5にようで少し違う配置を作り、相手には2x5だと思わせることもできますが、それ以上の作戦は難しいと思います。

また、多人数化しても「自分以外全員のフィールドでそれぞれ同じ位置に落とす」のか、「誰のフィールドにはどこに落とす」という2つの方法が考えられ、どちらにしてもややこしくなってしまいます。

この「海外版」は、元々『モータートゥーン・グランプリ2』に収録されているゲームです。


話が前後してしまいますが、
日本版のアレンジルールでは元々「ポイント」制で進めていく予定でした。そして、「Mカードがあるなら」という事からMカードを配る方式に変更しました。
もしこれが1期のような対戦方法でもポイントに置き換えるだけで問題なくゲームが進行します。私がやってみた場合では、2人が同点でゲームが終了しました。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb