[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
くらびあっち業務カタログ
業務日記です
              

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



2494.今、あえて 返信  引用 
名前:くらびあっち    日付:2013/11/24(日) 21:38
自分の投稿を振り返ると整音にかんする事が多いなとつくづく思います
以前、ハンマーでなんでも出来ると思っているのか!と攻撃を受けた事がありますが
挑む調律師しか理解出来ない世界がたくさんあると感じます

あえてここで声を大きく
「いいピアノかどうか、いい調律師かどうか、整音で決まる!」

と私は思っています

ピアニストは鍵盤からではなく、ハンマーを通じて、会話している気がしてなりません
その音色から、本体、弦、調律、アクション調整、響き・・・

どんな欧米高級ブランドピアノも
どんな欧米修復名器ピアノも
どんな新設計ピアノも
どんな高級ハンマーヘンドに交換しても
どんな高級ピアノ弦に交換しても

整音が駄目なら、駄目ピアノ、もう一歩なピアノになります

しかしながら、難しい作業です。ほんと難しい。
毎日追い込んで、悩む事もしばしばですが
こんなめんどくさく、魅力的な世界はないのではないでしょうか
いいピアノかどうか、いい作業かどうか、決定権を持つ事へとにかく
何か変更すれば整音まで関係している事実にもっと取り組んで行きたいと思っています


@調律後の整音
ユニゾンがピタっと決まる事で、音圧、音量が上がる
結果、音量が出過ぎたり、ちょうど良かったり、物足りなかったり、と
ハンマー硬度のバラツキがはっきりするので、整音が必要です

A整調の整音
整調寸法を適切に揃えると、ハンマー加速度が揃う事により
ハンマー硬度のバラツキがはっきりするので、整音が必要です
特にレットオフ調整後は必要不可欠

Bハンマー交換
ハンマーを新しく交換すれば、旧ハンマーと音色音量が変わります
新しいハンマーの潜在能力を活かすには、本体の響きと音楽的な融合を目的とした
音色になるよう整音が必要です

C弦の張り替え
新しい弦に張り替えると、倍音が加わり響きが良くなります
当然ながら、その響きと本体が融合するように整音が必要です

Dピアノ設置場所の移動(箱、響き)
ピアノを動かしたり、向きを変える事で、反響が変化し、響き、音量が変わります
部屋であれば、畳から洋間へ移動すれば、音量が上がります
家から家へ、構造により響きが変わります
ホールであれば、狭いピアノ庫で音量が適切であっても、ステージでは変化します
移動後はすべて整音が必要です

E季節、時期での違い(湿度、温度)
夏、暑く、湿度の高い時期は、ピアノ木部、フェルトを膨張させて柔らかくなります
響板も次高音から沈下。
温度30°湿度70%もあれば、音圧が少なくなります
そんな中でも、整音を行う事で最適なバランスで鳴らす事は可能です

そこから冬に突入したとして、寒く乾燥したとします(仮に)
夏場に膨張した箇所は収縮し、緊張が増加、響板圧も復活し音圧は増加します
夏場の音量増加の整音から一転、出過ぎた音量を抑える整音が必要です

F弾けば弾くほど、ハンマー先端は圧縮され硬度があがり、音量があがるので
整音が必要です

Gこれら7つの課題が複雑に入り交じり、整音をさらに難しくしている

2463.ピアノって面白い 返信  引用 
名前:くらびあっち    日付:2013/5/8(水) 22:45
Original Size: 800 x 597, 197KB

横浜のピアニストSさんのG2Eのハンマー交換を2年前に行い、先日の出張でかなり言い感触になったので、その流れをまとめてみました

ABEL 202 hammer

23年8月交換取付  低音は柔らかすぎて音量不足なので硬化剤を使用。中高音は硬すぎながら、
             8月の高音多湿な時期も手伝って針は良く効くが、頂点刺しまで行わないと不快な倍音は取れない。
            低中高音を適正なバランスの音色へ調整する 
            元の純正ハンマーより個々約1g重くなっている影響で音色はダイナミックなパワーがを感じるが、
            その分ナックルに負担がかかり、アフタータッチの抵抗感が増加。
            ナックルの皮革も劣化しているので交換が望ましいが、費用の関係、先への課題
            ハンマーウッドにスクラッチラインを入れてバックストップの強化を狙ったものの、バックチェックの鹿皮が硬化している事もあり、
           シャキッと雑音するが、弾いてみてとそれは感じないので、流してみる。
            スプリングはハンマーの質量が重くなっている影響、弱くなっているので、
            連打、レガートのタッチを屈指しながら適正値まで強く調整

23年11月調整   中高音は恐ろしく硬く変化しており、耳障りな高次倍音の宝庫になっている。
            弾き込みと、前回の余剰水分が乾燥した事も手伝ってか、ハンマーは非常に硬い
            肩はおろか、フェルト組織が破壊される程頂点刺し行っても、不快な倍音は取れない。低音は良好
            正直、このハンマーはこのピアノに向かないと感じた。交換失敗? 

24年5月調整    ややハンマーフェルトが湿気たのか、しっとりとした音質になってきている。不思議ですね。
            肩刺しのみで充分な音質へ調整
            音色が落ち着いた事もあり、鍵盤ウエイト調整を行う
            鍵盤フロント下に調整用の鉛を貼り付ける
           DW56gUW35g→DW50gUW25g

24年11月調整    しっとり感は持続している やんちゃな高次倍音は出ていない

25年5月調整    しっとり感に温もり感も加わり、ハンマーフェルトの弾力が優れているので、弦溝も付きにくい
         肩刺しのみで充分な音質、ナックルを軽くファイリング、テフロン処理にてアフタータッチの感触良好
        ピアニストのYさん「この音、結構好き、どうやったの?」と喜んで頂く。 

ピアノって面白いとつくづく感じる           



2491.Re: ピアノって面白い
名前:くらびあっち    日付:2013/11/23(土) 7:44
さらに続き

25年11月調整

伺うと、持ち主右手が腱鞘炎になりかけてる?

ハンマーがこの夏の熱波で柔らかくなり過ぎており、音がふやけて音圧が減少。
加えてユニゾンも乱れているので、まとまりの無い音になっている。
いわゆる鳴らないピアノ状態を鳴らそうと右手に負担がかかったいた模様。

低音、中音、高音、ハンマーの硬度を上げ最適よりやや硬くする
低音、高音は鈍いので2ラウンド
そこから針刺しで、ちょうど良い音質へ

整調は問題ないのでそのまま。

持ち主 

わぁ〜すごい!気持ちいい〜

喜んで頂く。。

2490.今、削除しましたが 返信  引用 
名前:くらびあっち    日付:2013/11/23(土) 7:21
海外からイタズラな広告投稿をされます
困ったものですね


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb