[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
脳性麻痺・ジストニア・痙縮の「手術」治療

名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



331.バクロフェン髄腔内投与治療 返信  引用 
名前:たいら    日付:2005年11月8日(火) 13時32分
脳性麻痺や脊髄障害などによる重症の痙縮(筋肉の硬直や痙攣)の治療として、バクロフェン髄腔内投与治療(ITB)というものがありますが、この資料を整えましたので、ご覧いただければ幸いです。私のHP  http://homepage3.nifty.com/ttaira/ からたどれますので、よろしくお願いいたします。
61.215.213.172.available
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)

328.書痙の書道部部長です 返信  引用 
名前:東京理科大学書道部    日付:2005年11月8日(火) 0時46分
東京理科大学書道部で部長をやっているものです。突然の書き込み、失礼します。
小学生の時から書痙となり、今も大学での講義ノートや勉強には苦労している毎日です。小さいころから書道はなぜか大好きで、現在の大学の書道部まで、ずっと続けています。理科大書道部の部長として、書痙の書道部員として、「書道をもっと身近に、もっと楽しく」を目標に活動してきました。屋外で書道展をやったり、らくがき書道展(去年の写真がウェブサイトにあります)を開催して、ユニークに展示会を行いました。下記に今年の理大祭書道展の案内を書き込みさせていただきました。ご来場いただけましたら、そして「書くって面白い」と思ってくださったら幸いです。

第二回 理大祭書道展
11/20(日)〜23日(水)10〜20時(23日は14時まで)
第二回 らくがき書道展
11/23(水)理大祭最終日 14〜20時
東京理科大学神楽坂キャンパス 8号館4階 842教室
http://www.ed.kagu.tus.ac.jp/shodo/
pdd3a10.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.7.10) Gecko/20050717 Firefox/1.0.6

321.書痙について 返信  引用 
名前:43歳男性書痙    日付:2005年11月5日(土) 12時10分
はじめまして。43歳の男性です。5ヶ月くらいからキーボードを打つ時 右手が動きにくくなりました。2ヶ月位前からは 鉛筆、箸、印鑑を持った時も指(特に人差し指)が反り返り、うまく使えなくなりました。近くの病院で脳のMRIや首のレントゲンをとって貰いましたが、異常無しと言われていました。読売新聞の記事をみてまさに書痙だと思い、今週 大企業付属病院で見ていただいてそう診断されました。ただ治療はそこではできないので、鍼や磁気を薦められました。
@治療法は手術、鍼、磁気の3種類しかないのでしょうか?
A関西ではどの病院のどの先生が一番のご専門でしょうか?
B右手を使うと悪化するといわれたのですが、そう思われますか?(今は、左を使っていますが、それでも右指が立ってきます)
C年内に マレーシアに転勤になる予定ですが、そちらでも治療は受けられるでしょうか?それとも初期に日本で治療すべきでしょうか?
お忙しいところ申し訳ございませんが、アドバイスをいただけると有り難いです。
YahooBB220033160120.bbtec.net
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705)



323.Re: 書痙について
名前:たいら    日付:2005年11月6日(日) 8時54分
1 日本では、手術、鍼、磁気のうち、後二者は、本当の有効性が医学的に証明されていませ。これ以外に科学的に証明された有効な治療はないとおもいます。海外ではボツリヌス注射が一般的です。

2 関西の状況はわかりませんが、神経内科で聞いてみるのがよいと思います。

3 どんどん悪化するというものではないと考えますが、そう思います

4 マレーシアの医療事情はわかりませんが、まず期待できるものはないと思います。日本での治療も、安全で確実かつ有効なものはなく、試行錯誤という現実です。 61.215.213.172.available Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)


335.書痙について
名前:43歳男性書痙    日付:2005年11月12日(土) 10時33分
平先生
お忙しいのにもかかわらず、すぐにお返事を頂きありがとうございます。
私の書けいは、まだ比較的軽いもの かつ 初期段階かな?と、思っておりますが、この程度の書けいでも 手術を受けるほうがベターでしょうか?それとも 鍼や薬(MABやアーテン)で対応したほうがいいのでしょうか?
先生のご経験から アドバイスをいただけるとありがたいです。 YahooBB220033160105.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705)


336.Re: 書痙について
名前:たいら    日付:2005年11月12日(土) 17時55分
手術を早期に選択するか、他の治療を試みるかは、それぞれの方々の社会的背景によって異なると想います。手術自体は、可能性は低いですが危険を伴うこと、どの程度社会生活上困っているか、などさまざまな要素を考えて行うべきです。これまで手術を受けられた大半の方々は、ありとあらえる他の治療を受けてこられ、それらが奏功せず手術を決断されました。これと同じ経緯をとるか、早期に手術を英断するかは、最終的にはご本人とご家族の意思によるものと思います。 61.215.213.171.available Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)

320.SDRと感覚鈍磨 返信  引用 
名前:伸之輔パパ    日付:2005年11月2日(水) 21時55分
9月にSDRを受けました4歳児の父です。
SDRは脊髄神経の一部を切断することから感覚が落ちる、鈍くなるというイメージを持たれる方も多いと思います。しかし、実際手術を受けてみて、その後整形外科医、PT、OTに一通り診てもらいましたが、どの先生も感覚が鈍くなっているということはないという所見です。
実際足の裏をくすぐってみたり、つついたりして反応を見ても少なくとも日常生活のレベルでは術前と全く変わらないという感じがしています。厳密には多少の影響はあるかと思いますが、所謂「鈍くなった」ということは全くないと言ってよいのではないでしょうか。
eatkyo563039.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)

318.お願いします。 返信  引用 
名前:学生    日付:2005年11月2日(水) 18時54分

 平先生、眼瞼痙攣はどのようにして治したら完治するのですか。

5年近く、左側の眼瞼痙攣(片側顔面痙攣ではありませんでした、最近メージュ症候群だと診断されました)に悩まされ、様々な治療法(薬、ブロック注射、針、眼輪筋の手術、ボトックス、など)をしてきました。前向きに考えるようにはしてきますが、頬、口元ひきつり、首、肩もひどく凝るし、顔はゆがんでいくし、悪化していく一方です。死にたいくらい辛いです。平先生の治療法では治りませんか。
eatkyo414105.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)



319.Re: お願いします。
名前:たいら    日付:2005年11月2日(水) 20時12分
メージュ症候群は、最初は両眼の症状だけのこともありますが、顔面の他の部位や首などにも異常な筋収縮が出てくる場合があります。やはり全身性のジストニアと同様に、顔面のジストニアとして、大脳基底核という部分の機能的異常によって起きると考えられています。ボツリヌス治療が眼瞼痙攣の基本治療ですが、他部位にひろがった完全型メージュ症候群では、脳深部刺激(DBS)の治療が適切だと思います。外来受診をしていただくことをお勧めいたします。 emina.twmu.ac.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)


322.Re: お願いします。
名前:学生    日付:2005年11月5日(土) 23時59分
大変お忙しいところ本当に有難うございました。脳神経外科でも私のような症状を診ていただけることを聞いて安心しました。受診を検討してみたいと思います。 eatkyo414105.adsl.ppp.infoweb.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)

313.質問です。 返信  引用 
名前:TT    日付:2005年11月1日(火) 17時20分
私は痙性斜頸で手術を受けようと思っています。DBSの手術を受けた人は、どのような所に行ったり出来ないのですか?後、携帯電話とかは使えるのですか?スポーツは出来るのですか?教えてください。
f036002.mctv.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)



314.Re: 質問です。
名前:たいら    日付:2005年11月1日(火) 17時50分
匿名の質問ですので、どこで手術を受けられるのかはわかりませんが、直接主治医に相談する内容だと思いますが、いかがでしょうか。

下記も参考になるかと思います。

http://www.medtronic.co.jp/nro/tremor_deep-brain-stimulation.html emina.twmu.ac.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)


316.Re: 質問です。
名前:TT    日付:2005年11月2日(水) 15時38分
返答ありがとうございます。続いて質問ですが、痙性斜頸でDBSを受けた方は沢山いるのですか?DBS以外の手術もあるのですか? f036002.mctv.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)


317.Re: 質問です。
名前:たいら    日付:2005年11月2日(水) 16時8分
斜頚のタイプにもよりますが、世界中でもっとも広く数多く行われているのは選択的末梢神経遮断術というもので、効果や安全性も確立されています。DBSに関しては、まだ世界中でも数は非常に限られ、効くかどうかをさまざまな脳外科医がさぐっている段階と言えます。DBSを受けられるのであれば、このあたりの内容はきちんと主治医が説明されているはずだと思うのですが いかがでしょうか。 emina.twmu.ac.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)

307.脳性麻痺の子供 返信  引用 
名前:yuuko    日付:2005年10月30日(日) 9時17分
3歳6ヶ月の脳性麻痺の子供がいます。今年から左右の寝返りとずりばい(肩の緊張が強く、片手ごとの崩れます)をするようになりました。股関節も亜脱臼で、主治医に遅くとも5-6才までに手術を勧められています。体は側湾があります。後根手術はつかまり立ちぐらいの人に有効だと聞きました。何とか我が子を少しでも発達してくれる為に今できることをしたい。と思っています。先生のお言葉で手術をしたから歩けるということではない。とありますが、我が子ぐらいの発達で手術をされて、効果のあった方は、いらっしゃられないでしょうか?もし、手術をしても、ずりばいまでしかできないようであれば、大手術にはリスクもあるとおもいますのであきらめます。また、私は関西に住んでいますが、入院から退院までどれくらいかかりますでしょうか?また、関西でも先生が信頼できるような方はおられますでしょうか?お忙しいところ申し訳ありませんが、ご返答をよろしくお願いいたします。脳性麻痺は、今できることがゆくゆくできなくなる。と聞いてから、本当になんとかしてやりたい。の気持ちでいっぱいです。
zaqd37ccc7f.zaq.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)



308.Re: 脳性麻痺の子供
名前:たいら    日付:2005年10月30日(日) 12時27分
やはり、実際に診察させていただかないと、結論的なことは言えませんが、後根手術を考慮するか、側弯や腕の痙縮まで考慮して髄腔内バクロフェン治療を考慮するか、微妙な状態だと思います。年齢からはこれらの外科治療を計画していくには丁度よい時期かと思います。゜これらは全く大手術というわけではなく、ご本人のからだへの負担は、長い目でみれば微々たるものだと思います。手術自体は技術的にはどこでもできるわけではないという点では難しいのですが、生命の危険とか御本人への負担という点では、けっして綱渡り的なものではなく、比較的軽い手術と考えるのが適切だと思います。一度都合をつけて、話を聞くためだけにでも外来受診されてはいかがでしょうか。外来受診の際には03-3353-8138で予約していただければ幸いです。なお、お子様の手術には育成医療という制度があり金銭的な負担も非常に小額ですむと思います。 61.215.213.173.available Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)


311.少し質問を加えさせていただきました
名前:ゆうこ    日付:2005年10月31日(月) 21時18分
早々にお返事ありがとうございました。
いろいろ悩んでいるより、先生に子供を診ていただきたいと思います。
ただ、地元の先生方は手術に反対されているので、紹介状をいあtだくのに時間がかかりそうです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、質問を追加させていただきます。

@術後に、はさみ足がすっかり無くなっていても、数年後に少しずつ重なるようになられた方がおられますが、どうしてなのでしょうか?異常な神経はふえていくものなのでしょうか?再発はよくあることなのでしょうか?

A入院期間を教えてください。

どうぞよろしくお願いいたします zaqd37cc4a2.zaq.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)


312.Re: 脳性麻痺の子供
名前:たいら    日付:2005年10月31日(月) 22時34分
やはり、実際に診察させていただき、可能性と限界、到達目標などを含めて、詳しく相談させていただくのがよいと思います。よろしくお願いいたします。 m815f36d0.tmodns.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; Lunascape 3.1.0)


315.Re: 脳性麻痺の子供
名前:ゆうこ    日付:2005年11月1日(火) 21時12分
何度もありがとうございました。 zaqd37ccb6d.zaq.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)

304.教えてください。 返信  引用 
名前:K.K    日付:2005年10月28日(金) 18時26分
40代女性です。20歳の頃、交通事故で頭蓋骨骨折、右目失明、外傷性てんかんなどの診断を受けました。4年後、出産し子供を抱くようになってから左手がスムーズに動かないことに気づき、整形外科を受診しましたが「お子さんを抱っこしなくなれば自然に治りますよ」と言われました。その後気にならない程度にはなったのですが、8年後、仕事を始めてから、また症状が気になるようになりました。歩き方もおかしくなり(以前も指摘されたことはあったのですが、右目が見えないせいだと考えていました)、整形外科や脳外科を受診しましたが、「わからない」「脳外科的には異常は無い」とのことでそのまま放置していました。今年になってさらに症状が悪化したように思い、整形外科、脳外科を受診しましたが前回と同じ答えで、事故との関連性を問うと「後遺症は何年もたってから出るものじゃない」と言われました。神経内科受診を勧められ、大学病院の神経内科のジストニア外来を受診したところ、「交通事故の後遺症左上下肢ジストニア」と診断されました。私も事故の後遺症だと考えていましたが、整形外科や脳外科で言われた「後遺症は何年もたってから出るものじゃない」という言葉がひっかかっています。事故後暫くは症状が軽く私が気づかなかっただけなのかもしれませんが…。セカンドピニヨンの必要性があるのでしょうか。今の症状は、左の上腕の筋肉に異常に力が入ってしまい、無理に動かそうとすると振るえ痛みがありスムーズに動かせないのと、立っていると無意識に左足指に力が入りハンマー指のようになってしまうというものです。アドバイス頂けますでしょうか。よろしくお願い致します。
YahooBB221091004043.bbtec.net
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)



305.Re: 教えてください。
名前:たいら    日付:2005年10月29日(土) 6時34分
頭部外傷後20年ほどしての発症で、セカンドオピニオンをということですが、外傷によるものとしての後遺症としての補償が絡んできてのことなのか、ただ原因をはっきりさせたいということなのか、セカンドオピニオンの目的は何でしょうか。一般に頭部外傷後にジストニアや震えが出る場合がありますが、受傷後早期にでるものと、1年以上経過して出てくる場合がありますが、後者は、外傷によるものなのか、原因不明のジストニアが外傷とまったく関係なく出てきたのか、なかなか区別はできません。海外の文献も見渡しましたが、外傷後のジストニアの定義が一定していないのが現状ではないかと思います。まずセカンドオピニオンといっても、十分な知識を備えている医師は非常に限られると思いますし、外傷によるものでも、そうでない自然発生の場合でも、治療方法に大きな差はないと思いますが、いかがでしょうか。 61.215.213.172.available Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)


306.Re: 教えてください。
名前:K.K    日付:2005年10月29日(土) 22時3分
お忙しいのに早速お返事いただきましてありがとうございました。20年近く、何なのか分からなかった症状を、簡単な検査(膝蓋腱反射など)であっさりジストニアと言われたので、他の病気の可能性は考えなくていいのかしら…と少し疑問に思ったものですからお聞きしてみました。でも専門医の診断ですから素直に受け入れなくてはいけませんね。突発性の情報は沢山あるのに症候性のはなかなか見つからず、心細かったのですが、治療法も大きな差がないということを教えて頂けたので助かりました。内服は副作用の方が大変そうなので、とりあえず経過観察しようと思います。本当にありがとうございました。 YahooBB221091004043.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)


309.Re: 教えてください。
名前:たいら    日付:2005年10月30日(日) 12時54分
ジストニアを含めて、多くの神経や脳の病気では、詳しいレントゲンやMRI検査でも異常はみられません。また、「ハンマーでの膝蓋腱反射などの診察」は、一般の方々からは「簡単な」と思われるかも知れませんが、その奥には非常に深い経験と知識でしかみいだせない「高度な医者の技量」が必須です。どこでもわからないといわれたのは、MRIなどの検査で異常なしという表層的な判断だと思いますし、「簡単」そうに見える「診察」でジストニアと判断された先生に、私は深く敬服します。検査一辺倒の医療より、職人芸的な医者の診察自体が本当は非常に大切な場面が少なくないことをご理解いただければと思います。ただ、検査は病院の金銭的収入に直結しますが、医者の技量はこのように評価されない(低技能の検査漬け医療のほうが経済的に成り立つような)、現実がさまざまな場面で医療をゆがめているのではないでしょうか。 61.215.213.173.available Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.1.0)


310.Re: 教えてください。
名前:K.K    日付:2005年10月30日(日) 15時10分
たいら先生のおっしゃること、よくわかりました。本当にその通りだと納得できました。実は夕べから、診断をして下さった先生が私の質問をごらんになったら深く傷つくだろうなと考えていました。良い先生なので執拗に聞いて嫌われたくないという気持ちもあったのですが、かえて失礼なことをしてしまったと反省しています。たいら先生にはいろいろ教えて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。寒くなりましたので、くれぐれもお体ご自愛ください。 YahooBB221091004043.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)


912.Re: 教えてください。
名前:山田俊夫    日付:2009年9月9日(水) 9時13分
> 40代女性です。20歳の頃、交通事故で頭蓋骨骨折、右目失明、外傷性てんかんなどの診断を受けました。4年後、出産し子供を抱くようになってから左手がスムーズに動かないことに気づき、整形外科を受診しましたが「お子さんを抱っこしなくなれば自然に治りますよ」と言われました。その後気にならない程度にはなったのですが、8年後、仕事を始めてから、また症状が気になるようになりました。歩き方もおかしくなり(以前も指摘されたことはあったのですが、右目が見えないせいだと考えていました)、整形外科や脳外科を受診しましたが、「わからない」「脳外科的には異常は無い」とのことでそのまま放置していました。今年になってさらに症状が悪化したように思い、整形外科、脳外科を受診しましたが前回と同じ答えで、事故との関連性を問うと「後遺症は何年もたってから出るものじゃない」と言われました。神経内科受診を勧められ、大学病院の神経内科のジストニア外来を受診したところ、「交通事故の後遺症左上下肢ジストニア」と診断されました。私も事故の後遺症だと考えていましたが、整形外科や脳外科で言われた「後遺症は何年もたってから出るものじゃない」という言葉がひっかかっています。事故後暫くは症状が軽く私が気づかなかっただけなのかもしれませんが…。セカンドピニヨンの必要性があるのでしょうか。今の症状は、左の上腕の筋肉に異常に力が入ってしまい、無理に動かそうとすると振るえ痛みがありスムーズに動かせないのと、立っていると無意識に左足指に力が入りハンマー指のようになってしまうというものです。アドバイス頂けますでしょうか。よろしくお願い致します。 basil.aitai.ne.jp (211.1.219.239) Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)

303.(untitled) 返信  引用 
名前:書痙です    日付:2005年10月25日(火) 17時19分
書痙の人いますか?私もそうです
できる仕事おしえてください
dk220.opt2.point.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)

297.SDR(選択的脊髄後根遮断術)体験記 返信  引用 
名前:伸之輔パパ    日付:2005年10月3日(月) 22時19分
平先生。この度はSDRのオペありがとうございました。ネット検索でこのHPに辿りつかれる方も多いと思いますが、少しでも参考になればと
思いSDRを実際に受けてみた感想を患者の側から少し書かせていただきたいと思います。(専門的なことは誤解があってはいけませんので平
先生の診断を受けられて個別に御確認下さい。)

術前はオペ日の一週間前に入院し、麻酔科、小児科等いくつかの検査がありました。MRI等は特になく、子供への負担は全くありませんでした。(子供の状態によって違うようです)

オペは全身麻酔の為に入室してから、オペ後麻酔が切れて意識が戻って出てくる迄5時間程度でした。

さすがに傷口は痛むようでしたが、4、5日で痛みは落ち着きました。傷口は6cm程です。驚いたのはオペから一週間後にはリハビリ(P
T)が始まり、8日目にはもう風呂に入りました。
その後はリハビリを続けて退院という流れでした。

よく何故SDRをやろうと思ったのかと聞かれますが、私達がSDRを決意したのは主に次の理由からです。
(1)脳性麻痺児は痙性の為成人後に状態が悪くなることがよくあるとのことで、痙性を根本的に弱める手術は長期的にも有効と考えたから。
(2)私の子供は片手介助で歩ける程度に動けたので、整形外科的手術の場合、数週間に渡ってギブスで足を固定し動けなくなることが大きな
ストレスになるが、SDRはその負担がない。

リスクについては次のように考えました。
(1)SDRは切断術や遮断術という名前から神経を切ってしまうというイメージがあるが、決して全部切るのではない為、感覚への影響は少ない
と考えた。実際足の反射刺激を定量的に測ったところ術前と術後では差がなかった。むしろ痙性が取れたことで、反射が速くなった。
(2)排尿障害は対象の神経を触らないのでまず問題ない。

術後の効果は、下半身の痙性は格段に改善され、はさみ足はなくなり、また踵が浮いていたのがペタンと着くようになりました。
上半身、特に肩にも痙性があったが、それも弱くなりました。

今後リハビリを続けて、自力歩行への可能性を大いに期待できると感じています。

SDRは大変な手術だというイメージがありますが(実際大変な手術だと思いますが)術後の回復を見ると意外にも負担の少ない手術だと思い
ました。

また、術前の説明で分かったのですが、平先生によるSDRは海外等で行われているSDRより切開する量が少なくて済むのです。話には聞いて
いましたが理由を聞いてなるほどと納得しました。

また、平先生に初めて診断していただいたのは子供が2歳ちょっとの時でした。その時いろんな先生から外科医はすぐに切りたがるからとい
う理由で診察に行くというだけでもかなり反対されました。
しかし、平先生からは適切な時期と判断されるまでゴーサインは出ず、結局4歳ちょっとで手術するまで2年間様子を見ました。

とはいえやはり手術には漠然とした不安があったのは事実です。しかし終わってみれば心配することは何もありませんでした。

脳性麻痺に対する脳外科的治療に対して旧来の考えの先生方から反対されることがよくあると思いますが安心してまずは平先生の診断を受け
てみられることをお薦めします。もし反対されてもSDRを理解してくれる整形外科医やPTを探せば見つかるもので、そういう努力も必要と思
います。
eatkyo085033.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)



298.Re: SDR(選択的脊髄後根遮断術)体験記
名前:たいら    日付:2005年10月3日(月) 23時0分
詳しいコメントをいただき誠にありがとうございます。

本日、読売新聞の連載記事「医療ルネッサンス」の記者の方とがインタビューに来られ、ジストニアをとりまく諸問題、外科治療などがとりあげられることになりました。当院で治療を受けられた方々の体験談も出る予定です。今月末とのことです。

また、今後、脳性麻痺や脊髄損傷を含む痙縮の治療に関して、バクロフェンの髄腔内投与や選択的脊髄後根遮断(SDR)などの外科治療の、日本の現状とグローバルスタンダード(国際的な標準)について、も読売新聞紙上でとりあげていただくことになりました。

このような治療が決して「キワモノ」でなく、本当に有用で必要なものであることが、少しずつでも正しく認められていってほしいと思っております。 YahooBB219018224042.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.0.1)


299.Re: SDR(選択的脊髄後根遮断術)体験記
名前:伸之輔パパ    日付:2005年10月4日(火) 19時50分
BBS書き込みの後早速何人かの方からメールをいただきました。SDRへの関心の高さの表れだと思います。
このBBS御覧になってご質問等があれば直接メールしていただいても問題ありません。私はSDRの盲目的信者ではありませんので(笑)SDRを無責任に薦めることもしませんし、整形外科的治療を否定するものでもありません。SDRの症例の一つとして事実をお話ししたいと思います。 eatkyo085033.adsl.ppp.infoweb.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)

292.痙性斜頸の手術 返信  引用 
名前:TK    日付:2005年9月24日(土) 20時54分
私、現在34歳の男です。首の痙性斜頸です。私は現在も治療中で、ボトックスも治療も、こうたいが出来ているようで、その次にB型の治験を受け、その治療も上手くいかずに、後は手術を受けると言う事を考えています。やはり素人の私は手術は怖いです。私の場合のどのような名前の手術方があるのですか?私はこの病気になり2年半になります。たぶん、そちらの病院に伺う予定です。その前に少しアドバイスをお願い致します。
f036002.mctv.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)



293.Re: 痙性斜頸の手術
名前:たいら    日付:2005年9月25日(日) 22時52分
痙性斜頸といってもさまざまで、やはり症状を拝見しなければ、どのような手術が適切かは判断困難です。http://homepage3.nifty.com/ttaira/dystonia.pdfを参考なしていただければと思いますが、詳細は受診されたときにご説明したいと思います。 YahooBB219018224042.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.0.0)


296.Re: 痙性斜頸の手術
名前:TK    日付:2005年9月26日(月) 14時16分
返信ありがとうございました。 f036002.mctv.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)

288.足指のジストニア 返信  引用 
名前:RR    日付:2005年9月21日(水) 11時23分
40歳女です、よろしくお願いします。2年前パーキンソンと診断され現在マドパー2錠とエフピー4分の1錠を一日に飲んでいます。右手右足の姿勢時震顫が主症状で右手を使うと右足がチカラが入り足指が内に曲がって痛いです。安静時は振るえも無く楽です。右手首にあった固縮はとれています。エフピーやドーパミン作動薬を増やしていくと足指にジストニアがでます。マドパーを増やすしかないでしょうか?外科的な治療は有効でしょうか?
歩行はカートを押すと普通にでき、一人では不安定です。
ntcwest004016.west.dup.ppp.infoweb.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)



290.Re: 足指のジストニア
名前:たいら    日付:2005年9月21日(水) 12時43分
比較的若年で震えが中心ということ、薬を増量するとジストニアが出現するということ、この薬の量は決して多い量ではないということなどから判断して、外科的治療を考慮されてもよいと思います。歩行が一人では不安定というのがパ−キンソン病の症状のひとつで姿勢反射の障害というものであれば、マドパー増量でも手術でも劇的な変化は望めないかもしれません。 emina.twmu.ac.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.0.0)


291.Re: 足指のジストニア
名前:RR    日付:2005年9月21日(水) 17時15分
お返事有難うございました。歩行は手を後ろに組みぶらぶらゆっくりなら歩けますが、まっすぐ普通に歩こうとすると右足を引きずり半歩ずつになりふらつきます。思春期から片頭痛、立ちくらみ、便秘に悩み、疲れがたまると右腕や右ふくらはぎが固くなったりしました。マドパーはやめてみて効き目がわかるという具合です。他の病気の可能性があるでしょうか?手術は具体的にはどういった手術が適するのでしょうか?よろしくお願いいたします。 ntcwest007193.west.dup.ppp.infoweb.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)


294.Re: 足指のジストニア
名前:たいら    日付:2005年9月25日(日) 22時53分
やはり、症状を診させていただかないと、詳しい専門的判断はできません。よろしくお願いします。 YahooBB219018224042.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.0.0)


295.Re: 足指のジストニア
名前:RR    日付:2005年9月26日(月) 7時38分
お忙しい中、お返事有難うございました。なかなか病気を受け入れられないでいますが、あきらめないでいきたいと思います。 ntcwest016250.west.dup.ppp.infoweb.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)

285.違いはどこから(ジストニアについて) 返信  引用 
名前:H.M    日付:2005年9月17日(土) 22時26分
眼瞼痙攣・斜頸などジストニアには様々な症状がありますが、部分的に症状が定まる場合と分節性などあちこちに症状が飛火してしまう場合がありますが、これは主に何が違ってそうなるのでしょうか?お分かりになる範囲でお答えいただければ嬉しいです。
OFSfb-09p2-29.ppp11.odn.ad.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)



286.Re: 違いはどこから(ジストニアについて)
名前:たいら    日付:2005年9月18日(日) 9時59分
ジストニアの原因がわかっていないように、なぜ症状が異なるのかもわかっていません。一般的には、小児発症では全身性に移行しやすく、高齢者では局所にとどまる傾向がありますが、全例に当てはまるわけでもありません。わかっていないことのほうが多いのが現実です。 YahooBB219018224042.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 3.0.0)


287.Re: 違いはどこから(ジストニアについて)
名前:H.M    日付:2005年9月19日(月) 20時56分
返信ありがとうございました。 OFSfb-03p2-188.ppp11.odn.ad.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)

277.経頭蓋磁気刺激法のついて 返信  引用 
名前:さくらこ    日付:2005年9月11日(日) 0時30分
 6月に先生に受診させてもらったものです。2歳の脳性麻痺で尖足で歩く娘を連れて行きましたらもう少し後でもとのことでした。あれからますますつま先で歩くので大変心配です。現在療育園に通ってptを受けていますが独歩ができると卒園で、普通の保育園を薦められています。転びやすいので気になります。それと、経頭蓋磁気刺激法が麻痺によいと聞き、真実をお教え願いませんでしょうか。
YahooBB220034063110.bbtec.net
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)



278.Re: 経頭蓋磁気刺激法のついて
名前:たいら    日付:2005年9月11日(日) 9時25分
ご心配はよくわかりますが、脳性麻痺の性質上、症状は8-10才ごろまで徐々に進行します。この年齢リハビリテ−ションを続けることが大切で、手術を考えるとしても3-4才となります。経頭蓋磁気刺激に関しては、科学的に効果が証明され確立されたものではありませんので、どのような症状に関しても一般医療の域には達していません。また、小児に対する発達途上にある脳への安全性は確立されていません。私としては、さまざまな情報に翻弄されることなく、毎日の生活での地道にリハビリテ−ションを継続していくことがもっとも大切だと思います。 P222013035035.ppp.prin.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 2.0.3)


279.Re: 経頭蓋磁気刺激法のついて
名前:さくらこ    日付:2005年9月11日(日) 20時33分
 お返事ありがとうございました。訓練をまいにちかかさずしているのに足の状態がひどくなってきているのが大変つらいです。来年は療育園の卒園を言われており、在宅でいろいろなリハビリをするか、保育園にいれるか悩んでいます。 実は、来春に南多摩整形外科で股関節の手術を予約しています。画期的な手術とは思えませんが、すこしでも子供が楽になるのではと期待しています。本来脳からの過剰反応なので神経を手術するほうが適しているかとおもいますが、、、。この子にとってどうしていってあげるべきか毎日考えてます。創風社の千田先生にも相談しました。脳外科的のいいところ、整形外科のいいところをとって手術に望んでくださいとのこと。股関節の痙性を取り除き、それでも変わらなければ後根手術をなんて、安易な考えでしょうか。 YahooBB220034063110.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)


280.Re: 経頭蓋磁気刺激法のついて
名前:たいら    日付:2005年9月11日(日) 22時44分
{尖足で歩く}という場合に、問題は膝から下の痙縮が主と思いますが、股関節の手術ではこれが緩和されないのではないでしょうか。私としてはやはり3-4才での後根遮断手術をお勧めします。南多摩整形外科の松尾先生は長年このような問題に取り組んでこられたことで尊敬に値しますが、国際的に普遍的に認められているわけではなく、一方で最近はHPで海外でも広く安全性やや長期効果が確立されているさまざまな神経外科治療を主観的推測だけで批判されています。私を含めてこの領域での治療に携わっている者にとっては、リタイアを直前にした断末魔の理不尽な叫びのようにしか聞こえません。難しい議論になりますが医学的には彼の主張は後根遮断とポリオを同一視するなど非科学的感情論が中心で、批判する時間や労力の点から多くの専門家が黙って無視しているといっても過言ではありません。このようなことから、患者様方をさらに混乱させていることを大変遺憾に思っています。私は現在手術を受けるお子様達が成人するまで責任をもって診させていただくことができますが、彼には残された時間が短すぎるとも思います。病気の治療には、さまざまなものに次々とあせってすがらず、じっとじっと我慢して適切な時期を待つという努力も必要なことが少なくありません。吹雪の中であせって飛び出せば遭難します。不安や心配をこらえてじっと機会を待つのも、最終的によい結果を達成するために必要な過程だと思いますが、いかがでしょうか。 AIRHFLC08007.ppp.infoweb.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 2.0.3)


281.Re: 経頭蓋磁気刺激法のついて
名前:さくらこ    日付:2005年9月12日(月) 9時52分
 お返事ありがとうございます。先生の考えに共感いたしました。また、3歳に受診するつもりです。永くお世話をかけるかと思いますが、何卒よろしくおねがいいいたします。 YahooBB220034063110.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)


282.Re: 経頭蓋磁気刺激法のついて
名前:さくらこ    日付:2005年9月14日(水) 20時44分
 先生のご意見ありがとうございました。質問があります。
1、3歳から4歳の手術が望ましいとのことですが3,4歳は心身ともに変化のある時期かとおもいます。どのような判断なのでしょうか。4月に3歳になる娘を先生に受診のお願いをして、手術になると予約などでいっぱいなのでしょうか。3歳になったらすぐにでも手術をお願いしたいです。
2、手術後のリハビリは貴院でお願いできるのでしょうか。お願いできるのなら期間はどれくらいでしょうか。
 先生の手術を受けた方のお話を聞くことができました。自分を抑圧していたものがぽろんととれたとのことでした。その言葉を聞いて、内面の向上に繋がることに確信しました。お忙しい方なのに返事即答の姿勢、本当に尊敬します。何卒よろしくおねがいします。 YahooBB220034063110.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)


283.Re: 経頭蓋磁気刺激法のついて
名前:たいら    日付:2005年9月15日(木) 16時49分
「心身に変化がある時期」というのは非常にあいまいな表現で、3-4歳゛なくとも小児期は常に心身に変化があります。3-4歳というのはこれまでの多くの経験でもっとも効果が期待できる年齢であること、脳性麻痺としてある程度症状が出揃う時期であること、まだ起立歩行が十分確立されておらず、その後の訓練がしやすいこと、などの理由によります。当院でのリハビリテ−ションは評価・指導が中心で、その後は地元でリハビリテ−ションを続けていただき、定期的に経過をみながらアドバイスをしていくということが中心となります。術後数日からリハビリテ−ションをはじめます。手術は一般に2-3ヶ月待ちであることをご理解ください。 emina.twmu.ac.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; Lunascape 2.1.3)


284.Re: 経頭蓋磁気刺激法のついて
名前:さくらこ    日付:2005年9月15日(木) 20時20分
お返事ありがとうございました。いつも心つよいお言葉をいただき本当に感銘しています。手術まで、体力づくりとリハビリに力を注いでいきたいです。 YahooBB220034063110.bbtec.net Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)


ページ: |< << 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb