[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
種まきおばさんのBBS

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





466.いよいよ師走ですが・・・ 返信  引用 
名前:    日付:2006年11月29日(水) 20時19分
Original Size: 460 x 376, 125KB

たねまき様・皆様
 いよいよ師走ですが、元気ですか〜〜〜(ここ、アントニオ猪木調)!!寒くなってきて、ちょっとネタ切れではないかと皆さんお思いでしょうが、何の何の、冬には冬の楽しみがあるのです。枯葉をひっくり返したり、草の根元をがさがさやったり。
 今日は、蝶の卵を紹介しましょう。森の宝石「ゼフィルス」の仲間。ミズイロオナガシジミの卵です。ちょっと平べったくしたコンペイトウのようでしょう? ナラガシワの冬芽でみつけました。神戸市内の雑木林でも、見つけられますよ。6月、蝶になるのを夢見て、長い冬を眠って過ごします。



467.Re: いよいよ師走ですが・・・
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月30日(木) 19時50分
Original Size: 640 x 480, 53KB

Kさまこんばんは。
それにしても暖かい11月でしたね。おかげで今年は皇帝ダリアが長く楽しめていますのよ。
チョウの季節はもう終わったかと思っていましたら、ちあきさんの報告にもありましたが、うちにもまだホシホウジャクが来ています。成虫のまま越冬はできないのでしょうね?動きが鈍くなった?のかすぐそばで写真を撮らせてくれました。11月28日午後撮影。

このギザギザの卵が、あの美しいゼフィルスになるのですか。卵の形もいろいろあるようですがまさに芸術的!
Kさまはいつも虫眼鏡をお持ちなのでしょうか。視力が優れていらっしゃるのかも?こんなに小さいものから「何になる」とおわかりになるなんてやっぱりスゴイ!(@@)。
冬山でも楽しみが尽きないのですね。(~。~)

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/



468.Re: いよいよ師走ですが・・・
名前:ちあき    日付:2006年11月30日(木) 19時59分
kさま、お久しぶりの蝶(卵)の写真ですね〜〜(^_^)
「ミズイロオナガシジミ」という蝶はどんな蝶??と思って、ネット検索しましたら、とても綺麗な蝶ですね。まだ、見たことがないです。でも、コナラの葉が穴あきで食べられていることがあり、(ヤママユガは綺麗に全部食べますね)どんな虫が食べているのか?ちょっと見かけた変な形をした幼虫がこのミズイロオナガシジミの幼虫に似ていたように思います。蛹も変な格好をしていますね。とても、あのような綺麗な蝶になるとは予想出来ません。私は、カタバミを見たら、ヤマトシジミの卵が見つからないかと思ったり、ユキヤナギやヨモギも通りがかりに見かけると観察を少ししてみますが、全く蛹や幼虫を見ることが出来ません。小さなシジミチョウがクヌギやコナラの硬い葉を?と思いましたが春になって出る新芽を食べるんですね。卵は全く雨風に曝された環境にあるようですが、丈夫な殻で守られているんですね。

ところで、種まきさんからお預かりしているモンキ君とナガサキ君の冬越し蛹は茶色でしたが、最後に蛹になったモンキ君はもう葉っぱは取ってしまってますが、この子は蛹の色は変化することなくまだ鮮やかな緑色をしていますよ。

455.ホシホウジャクも健在で飛んでます 返信  引用 
名前:ちあき    日付:2006年11月19日(日) 22時18分
Original Size: 514 x 395, 72KB Original Size: 459 x 343, 79KB

種まきさん、kさま・・・こんなに雨や寒くなる(予報ではそう言ってましたね)なら、あの羽化したツマグロヒョウモンの♀を放して良かったのか? どこか暖かい所を探して雨宿りしてるでしょうかね。でも、公園の花壇に放してやった時、花の蜜をすぐに吸っていて幸せそうに見えましたから、たとえ1日の命であったとしても、自然の中で死ぬ方が蝶の気持ちになったら・・・まだ、残ったカルピスウォーターを飲んでやや後悔というか複雑な気持ちです。。(サクラソウやジュリアンを雨の時に放せないことを想定して買ったので・・・)
蝶は幼虫で冬越しをするものが多いとkさまが言われてましたが、蛾なんかはどうしてるんでしょうね。前に私が見たセスジスズメガの幼虫は土の中でサナギになるらしいですが、まだ、ホウジャクなど成虫で飛んでいるのもいるし・・・虫の世界はよく分からないです。
このホシホウジャク(たぶん)は6時ごろ暗くなってから歩道を歩いていると飛んでいるのを見てストロボで2〜3枚撮っただけですが、まあまあ撮れてました。暗いけど、蛾は花のにおいで分かるんでしょうか。



456.Re: ホシホウジャクも健在で飛んでます
名前:ちあき    日付:2006年11月19日(日) 22時43分
kさま、今日の神戸新聞に「ウスイロヒョウモンモドキの保護」が特集記事されていて読みました。氷河時代(200万年前から2万年前)に大陸と陸続きに日本へ分布を広げていった・・・そんな寒い頃から蝶がいたんですね。(@@)! 「ウスイロヒョウモンモドキは草原の蝶だからオミナエシなどの葉を食べて生き残った、兵庫県では鉢伏山にだけ生息、絶滅寸前のところを地元の方と蝶研究者で保護活動して個体数が回復してきている」、と記事にありました。kさまもこの蝶の保護活動をされているんですね〜<(_ _)>  70年代にどんどん姿を消した、とありました。私の子供のころは神戸ですが、鶴甲のあたりも草原で花もいっぱい、蝶や虫はたくさんいまして、遊びに不自由せず、それが当たり前と思ってました。六甲山も禿げ山から回復するのに100年かかったんですよね。
しかし、ウスイロヒョウモンモドキも幼虫(毛虫)の群がった姿は私はニガテです(>_<) kさま、すみません。


457.Re: ホシホウジャクも健在で飛んでます
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月20日(月) 11時59分
ちあきさん、助けてあげたチョウはきっとしあわせですよ。自然の花のなかに放してあげたのですから。カルピスウォーターで元気になって、花の蜜も飲めたことですし。でも1日でも長く生きて欲しい、私もそう願っています。
ホウジャクがきれいに撮れましたね。そう、これは夕方によく来ます。なんでだろうと思っていました。ブンブン羽の音がするのですぐにわかります。でもこれもそろそろいなくなるのでしょうか。

ちあきさんの書き込みを見て、昨日の新聞を見ました。大きく載っていましたね。「ふるさと 知の紀行」。絶滅の危機に直面し、研究者、地元、それに県も協力して守るための努力がなされていることを知りました。もちろんKさまも大事な働きをなさっているでしょう。頭が下がる思いです。
それにしてもチョウマニアが「見かけたのは全部採った。写真なんかとれないよ」と「勝ち誇ったように言った」というくだりには怒りを感じました。  

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/


461.Re: ホシホウジャクも健在で飛んでます
名前:    日付:2006年11月20日(月) 22時4分
Original Size: 2048 x 1536, 94KB Original Size: 2048 x 1536, 99KB

 皆様
 ウスイロヒョウモンモドキの保護活動は、2002年のシーズンから本格化しました。最初は、生息地でもほとんど姿を見ない状態。集まった10人ほどの有志は、「地元中心」「できることから」と始めました。もちろん、「守る会」のメンバーにも様々な考え方がありますが、「我々の世代で、絶対に絶滅させない」を結集点にしていたと思います。
 まだ法律的根拠が薄弱だったので、地権者の方にお願いして「採集目的の立ち入りを拒否」してもらいました。採集自粛をお願いするため、朝5時前から生息地に立った人もいました。生息地の気象観測をするために、ポケットマネーで観測装置一式!を山上に設置した人もいます。ある人は、虫屋のネットワークを通じて採集自粛を宣伝しました。その結果、最初は横行していた採集者も、時をおって減り、ウスイロヒョウモンモドキは急速に増加を始めています。
 今や、発生期に生息地に立つと、数十頭が舞う姿を見られるようになりました。山上で休んでいると、汗を吸おうと何頭もがシャツにとまることも珍しくなくなりました。生息範囲も広がり、この秋には、地元の方が育てたオミナエシ1000株の植え付けがおこなわれました。
 しかし、前途洋々に見える状況も、決して安心できるものではありません。いくら生息数が増えても、ほぼ1か所しかない現状では、もしも蝶に病気が発生したり(もちろん、虫だって病気になります)、地滑りなどの大きな災害に襲われたりすると、一気に絶滅に近づく恐れもあるのです。
 これからは、かつての生息地を復活させてゆくことが、大きな課題になるでしょう。ともあれ、自然公園法の改定で保護のための法的根拠ができたことは、嬉しい出来事でした。



462.Re: ホシホウジャクも健在で飛んでます
名前:    日付:2006年11月20日(月) 22時13分
 ついでにもひとつ書かせてください。

 蝶も含め、昆虫採集というのは、とても素晴らしい趣味だと思います。昆虫は人間が網で採集したくらいで、絶滅したりはしませんし、その美しさや形の面白さ、習性の不思議さは、どれほど探求しても尽きることはないでしょう。

 ただ、悲しいことに、近年の環境破壊で追いつめられている昆虫が増えています。採集者個々には悪意はなくても、狭められた生息地に、採集者が集中しやすくなってくれば、採集が絶滅の引き金になる可能性も高まります。。特殊な環境に住むものほど、この影響を受けやすいのはもちろんです。
 これからの採集者は、法を守るのは無論ですが、これまでの採集者よりもいっそう、「絶滅させない」ことへの積極的な行動や意識が大切になると思います。できれば子供の頃から、そうした感性を身につけてほしいものです。


463.Re: ホシホウジャクも健在で飛んでます
名前:ちあき    日付:2006年11月21日(火) 9時32分
kさま、私は3つぐらいまでは蟻を見ては泣き、昆虫がこわくてたまらない女の子でした。それを兄がモンシロチョウなんかの無難な青虫を手に載せて「これが綺麗な蝶になるんやで〜」と言って、そのうち虫がなんともなくなりました。兄は昆虫採集をして丁寧に標本を作っていました。標本があると、確かに細かい部分の違いが分かり、図鑑を見て名前を一生懸命に調べてました。「ファーブル昆虫記」を読み出してからか兄は昆虫の生態に関心を持ち、家にはオタマジャクシ、ゲンゴロウ、タガメ、ヤゴ、ドジョウ、イシガメ・・・ちょっとしたミニ水族館状態でした。ヤゴからトンボに羽化するところや青虫から蝶への羽化なんか観察していて、たぶん私もその影響を受けたと思います。大事に育てたのに途中で死んでしまうこともあり、小さな命でも「死」ということが悲しいことを子供ながら覚えたと思います。
今年は都会でもたくさんの蝶を見まして、なかなか蝶もしぶとく生きているなあ、と感心しましたが、排気ガスの世界では良い環境とはいえないですね。私は植木鉢のサンショウとスダチぐらいですが、アゲハが卵を産みに来れる場所を作ってやるのがささやかな保護でしょうか。ヤマトシジミのために、これからはカタバミも抜かずにおこうと思います。


465.Re: ホシホウジャクも健在で飛んでます
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月21日(火) 9時57分
Kさま
よいお話をありがとうございます。

“「我々の世代で、絶対に絶滅させない」を結集点にしていたと思います。”

そんなKさまたちの強い思いと活動の積み重ねが今回のウスイロヒョウモンモドキの特別地域での採集を規制する「指定動物」につながったのですね。法的根拠ができてほんとうによかったと思います。
これからも、「絶滅させないことへの積極的な行動や意識」 を私たちは肝に銘じることが大切であることがよくわかりました。

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/

458.相楽園の菊花展を見てきました 返信  引用 
名前:ちあき    日付:2006年11月20日(月) 19時1分
Original Size: 478 x 359, 94KB Original Size: 419 x 315, 60KB Original Size: 437 x 341, 67KB

種まきさんやみなさんもいろいろな場所で菊花展を見に行かれたようですね。神戸の相楽園の菊花展は23日まで。これは、ツマグリヒョウモンを放した日(17日)に行ってきましたが、もう菊も痛みかけてました。
モミジも赤く色づいているのは少しだけでした。



459.Re: 相楽園の菊花展を見てきました
名前:ちあき    日付:2006年11月20日(月) 19時6分
Original Size: 478 x 359, 65KB Original Size: 532 x 396, 91KB Original Size: 441 x 322, 80KB

紅葉はあまり綺麗ではありませんでしたが・・・
園内を歩いて、逆方向から見た時に池に木々や空が綺麗に写っていました。



460.Re: 相楽園の菊花展を見てきました
名前:ちあき    日付:2006年11月20日(月) 19時10分
Original Size: 492 x 369, 68KB Original Size: 410 x 546, 64KB Original Size: 467 x 350, 83KB

それで、池に写った風景を中心に撮影して見ました〜
真ん中の写真は、すべて池に写った風景なんですよ。風がそんなに吹いてなくて、うまく撮れました。
3枚目は園内で咲いていたノジギクです。



464.Re: 相楽園の菊花展を見てきました
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月21日(火) 9時36分
ちあきさん
菊花展の写真、秋を感じますねえ。丹精込めた作品ですね。
さてさてさらに感心したのは池にうつった景色です。これはすばらしい!
空と雲と木々。こういうことにも着目して今度写真を撮ってみたいと思いました。

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/

446.冬越しサナギになるはずのチョウが・・・・・・ 返信  引用 
名前:ちあき    日付:2006年11月16日(木) 22時30分
Original Size: 452 x 324, 48KB Original Size: 424 x 319, 32KB Original Size: 425 x 297, 34KB

種まきさん、私はもう随分長いこと加西のフラワーセンターに行っていないので(^^;)、今度行くことがあれば、是非ブラックスワンを見たいと思います。
ところで、もう寒くなってチョウも冬越しサナギになっているはずが、まだチラホラ飛んでいる成虫を見ます。そして、今日ですが、出かけようとしてマンションの出口にある花壇(というほどのものではないですが)に植えてあるツツジに、なんと、ヒメアカタテハが羽化してました! マンションの出入り口なので夜は街灯が点くのです。それで、どうも羽化してしまったようです。水やりしてる時は、このサナギには全く気づきませんでした。分かっていたら、保護してやったら来年の春、暖かくなってから羽化したでしょうに・・・
かわいそうなことをしました。(ツツジにサナギを見たことがなかったので仕方がないと言えばそうなのですが)
まだ、羽化直後で柔らかい羽が風にあおられていたので、あまり風のあたらない所に移しました。出かける用事が無ければ、羽が飛べるようになるまで部屋に置いてやっても良かったのですが、時間もなくたぶん飛んで行くだろう・・・と思って夕方6時頃に帰ってきましたら、まだ同じ場所にいました。花が今は何にもないから、一日飲まず喰わずの状態だったはずです。
夜はもう寒いし、たぶんお腹が空いているかな?と思い、保護して、以前にkさまに教えて頂いたカルピスウォーターを買ってきて飲ませてやると、やはりグビグビ飲んでました。羽も広げたりしてかなり元気になりました。そして、今は・・・もうお休みしてます・・・
まだヒメアカタテハが来る花壇があるので、明日にでもそこへ放してやろうかと思います。(明日、天気が良ければいいですが)
種まきさんからお預かりの、モンキ君やナガサキ君のサナギは元気ですよ。朝、おはよう!と声をかけると体を揺すります。(寝てるのを起こしてるかも・・・ですが)



447.Re: 冬越しサナギになるはずのチョウが・・・・・・
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月17日(金) 20時9分
おやおや そんなところで羽化したのですか。
街灯で日がまだ長いと勘違いしたのでしょうかね。
同じようなことが皇帝ダリアでもあるのですよ。こちらは秋、日が短くなって花芽が出来ますが(短日性)、街灯のそばだといつまで経っても花芽ができないと言われています。文明の利器が自然を狂わしてしまっているのでしょう。
このチョウ、もう寒くなって、あとどれだけ生きられるのでしょうか?ちょっとかわいそう。
でもちあきさんのお家に入れてもらって、カルピスウォーターですか。
おいしそうに飲んでいますねえ(^・^)
元気になって無事飛び立ちましたか?

”種まきさんからお預かりの、モンキ君やナガサキ君のサナギは元気ですよ。朝、おはよう!と声をかけると体を揺すります。(寝てるのを起こしてるかも・・・ですが)”

うふふ(~。~)

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/


448.Re: 冬越しサナギになるはずのチョウが・・・・・・
名前:    日付:2006年11月17日(金) 21時0分
たねまき様、ちあき様、皆様
 今晩は。実にお久しぶりです。さぼってるわけではないんですよ。このところ、2週間も泊まりがけで出張したり、とにかく超多忙(蝶多忙ではありません)で、ちょっとふらふらなんです。
 でも、まだチョウたちは頑張ってますねえ。
 ちあきさんの蝶は、ツマグロヒョウモンの♀です。確かにヒメアカ君に似てますね。きっと幼虫は、花壇のパンジーか何かを食べていたのでしょう。
 実はツマグロ君もヒメアカ君も、決まった冬越しの姿を持っていません。寒さがつのると、成虫は死んでしまうようです。蛹も、アゲハやモンシロチョウなどのように「冬越し機能」はありませんから、今頃羽化することもあると思います。暖かい季節にどんどん北へ広がって、冬が来るとみんな死んでしまうというようなことをくり返しています(多分)。
 どちらの幼虫も、成虫よりは寒さに強いらしくて、霜が降りるようになっても、元気でいるところを見つけられます。兵庫県南部では、幼虫が冬を越せるようです。
 ヨモギを見つけたら、葉っぱがぼんぼりのようになっているのがないかどうか、探してみてください。その中に、ヒメアカ君の幼虫が隠れています。ただ、ヒメアカ君の幼虫は毛虫ですから、毛虫嫌いの人は開けてみない方がいいかも・・。


449.Re: 冬越しサナギになるはずのチョウが・・・・・・
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月17日(金) 22時6分
Original Size: 800 x 600, 68KB

わぁ〜Kさま、お久しぶりです。
よくおいで下さいました。

(蝶多忙ではありません)だなんて、座布団3枚!

ところでKさま、オーストラリアで珍しいチョウにあえるかと期待していたのですが、これはさっぱりでした。
花はたくさん咲いていましたが。
苦し紛れにこんな写真を撮って来ました。チョウになるか、蛾になるか?たぶん蛾でしょうか?
毛虫の嫌いな方は拡大しないでね。m(__)m

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/



450.Re: ツマグロヒョウモン♀でしたね・・・・(^^;)
名前:ちあき    日付:2006年11月17日(金) 22時49分
Original Size: 480 x 357, 53KB Original Size: 627 x 480, 86KB Original Size: 417 x 318, 65KB

kさま、お久しぶりです。蝶多忙でなくて残念です。最新の写真が見たかったです〜〜
確かに、羽化したての時はやや青みがかっていて、その色が頭にあり、夜部屋で写真を撮った時、色が朝見た感じと違う?と思ったりもしたのですが、全くヒメアカタテハだと思い込んでしまいました。みなさま、失礼致しました。<(_ _)>
しかし、夏の盛りに見た大きさとは全く違って小さかったです。今朝、部屋の中で日光浴をさせたら、羽を動かして飛ぶ練習をしたので放しても大丈夫!と思い・・・公園の花壇に放しました。早速花の蜜を吸ってました。もし・・・今日、明日が寒くて雨でも降ったら・・・と考えてカルピスウォーターばかりでは、と思い、昨夕方にサクラソウやジュリアンの苗を買って来たのです。でも、今日は、お天気良くて公園に放すことが出来ました。(^o^) 私はナミアゲハばかり育てていたので、冬越しサナギになるものが多いと思ってました。やはり、kさまに教えて頂くことが多くて勉強になります。
ツマグロヒョウモンの♀ですが、羽化したて(翌朝ですが)は、羽の色がなんとも言えないほど銀色に光るところもあり、写真では分かりにくいですが、とても綺麗な羽の色でしたよ!

種まきさんのオーストラリアで見られた幼虫・・・リュウキユウムラサキかと思ったのですが、トゲの色など違ってました。アオタテハモドキかな?とも思いましたが、私の図鑑では幼虫の写真は言葉で色の説明が多くて写真がほとんど載っていないので分かりません。
kさまは、お分かりですか??



453.この毛虫は・・
名前:    日付:2006年11月18日(土) 20時1分
 皆様
 これは・・・わかりません・・・。
 なんでわからないかというと、勉強してないからです。スミマセン。オーストラリアというのは、哺乳動物にもけったいなのがたくさんいますが、昆虫もそうなんですよね。日本の対蹠地というか、日本では発展していないグループが大発展していたり。砂漠が多い乾燥地ということも、大きな違いですし。
 もちろん、東南アジアと共通する蝶もいるのですが。
 
 多分、この毛虫君は蛾だと思うんですけど。え?なんでかって? 日本なら蛾は蝶の20倍も種類が多いんです。地球全体では、蛾はもっと多い。ですから、わけのワカラン毛虫や芋虫を見たら、「蛾」と言っておけば95%以上の確率で当たりなのです。  ふっふっふっ


454.Re: 冬越しサナギになるはずのチョウが・・・・・・
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月18日(土) 22時17分
Original Size: 640 x 534, 104KB Original Size: 602 x 650, 55KB

Kさま お返事ありがとうございます。

“多分、この毛虫君は蛾だと思うんですけど。え?なんでかって? 日本なら蛾は蝶の20倍も種類が多いんです。地球全体では、蛾はもっと多い。ですから、わけのワカラン毛虫や芋虫を見たら、「蛾」と言っておけば95%以上の確率で当たりなのです。  ふっふっふっ ”

あ はっはっはっ (^・^)

厳密に言いますと白いチョウ・・たぶんモンシロチョウが飛んでいるのを4回、褐色のものがぱっと飛び立ったのが1回。見たのはそれが全てなんです。この写真は「ああ、モンシロチョウだ〜」とあんまり真剣に撮らなかったのでよい写真ではありません。羽もひろげていないし。でも姿を収めた唯一のものですから見てくださいね。場所は大陸の西南のアルバニーという街から1時間ほど(バス)で北上したスターリングレンジ国立公園です。
ついでに人面虫!見れば見るほど人の顔にみえます。おほほ(~。~)

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/


451.アンネのバラに蕾が出来ました!! 返信  引用 
名前:ちあき    日付:2006年11月17日(金) 23時27分
Original Size: 463 x 322, 30KB Original Size: 378 x 472, 56KB Original Size: 453 x 351, 38KB

種まきさん、浜風さん、みなさま・・・ついこの間、新芽が伸びてきたのをこのBBSにて報告しましたが、今朝、水やりする時に先端に出来た蕾を見つけました。危うく、もう小さなアブラムシがやってきてました。(^^;) もう背丈は30pほどになってますが、咲いたとしても花はまだ小さいんでしょうね。でも、楽しみです。支柱を立てやららねばなりませんね。花が無事咲いたら、また報告しますね。
3枚目の写真は、暖かいせいか、今ごろサンショウにたくさん新芽が出て葉が青々していて、花芽?なんかもついてます。もう、アゲハは来ないのに・・・・



452.Re: アンネのバラに蕾が出来ました!!
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月18日(土) 10時53分
わ〜 すごいすごい!
それは楽しみですね。
あわてて今うちのアンネシスターズ?を見に行きましたが、まだつぼみはありませんでした。また葉っぱを何かに食べられているみたいです。
咲いたらすぐに見せてくださいね。♪

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/

444.北海道で見たハクチョウとタンチョウです 返信  引用 
名前:ちあき    日付:2006年11月16日(木) 9時18分
Original Size: 554 x 390, 44KB Original Size: 462 x 348, 58KB Original Size: 443 x 336, 62KB

種まきさん、オーストラリアの旅が完結!珍しいお花や景色を見せて頂き有り難うございました。m(_ _)m
急に(例年なら普通)寒くなって神戸の最高気温は15℃ぐらい、ですが大山はこの間初冠雪があり、北海道では知床が最高でも5℃、札幌は雪と天気予報してました。(昨日は千島列島で地震がありましたね。)

オーストラリアのモンガー湖での「ブッラクスワン」初めて見ました。黒いのに嘴が赤くて、とても優雅です。西オーストラリアの州鳥なんですね。植民してきたイギリス(でしたよね?)人がこのブッラクスワンを食べたりして激減したのを保護されるようになり、今はたくさん増えたんですね。留鳥なんですね。「白鳥の湖」では、黒い白鳥は悪役なんですが、黒=悪、というイメージはよくないですね。赤ちゃんまで黒いんですね。かわいいです。ブッラクスワンとてもステキです!

写真は、私が北海道の屈斜路湖で見た「オオハクチョウ」(たぶん)とケージで保護飼育されている日本の天然記念物のタンチョウです。タンチョウは、日本最大の鳥だそうです。明治時代の乱獲で10羽近くまで絶滅寸前のところを餌付けで個体数を増やすのに成功して今日本国内では1000羽近くいるそうですよ。釧路湿原に生息している姿がたくさん見られますが、私が行った時は吹雪で何も見えない状況でした。2年前の1000円札の裏には、この釧路湿原で撮影されたタンチョウが描かれてました。今の1000円札の裏は富士山と桜ですが、タンチョウは残して欲しかったです。
佐渡の朱鷺は、最後の2羽(キンとミドリ)がまだ健在のときに佐渡まで見に行きましたが、モニターでしか見れませんでした。最後の7羽になって捕獲されたんですが、そういうことになる前になんとかならなかったのか?とてもかわいそうに思いました。7羽の朱鷺たちは最後まで自然の中で生涯を終わりたかったと思います。
兵庫県では、純血ではないけれど、コウノトリが100羽以上繁殖に成功してますが、どこまで自然の中で暮らせていけるのでしょうか?餌付けで飼育されたから放鳥してもエサ場に戻ってきてますね。しかし、あそこまで繁殖するとは、たぶん誰も予想していなかったのではないでしょうか?飼育されている人達、周囲の環境整備をされている方々の苦労が大変だと思います。これからも。
「自然を回復すること」は、みんなで考えなければなりませんね。少しでも自分達で出来ることから・・・・
(神戸花ネットの掲示板が廃止されたんですね。心ない人のために残念です)<(_ _)>



445.Re: フラワーセンターのブラックスワン
名前:種まきおばさん    日付:2006年11月16日(木) 20時55分
Original Size: 640 x 480, 60KB

ちあきさん、みなさん、こんばんは。
モンガー湖のブラックスワンの写真、見えにくくてすみませんでした。旅の最後の日にはもう私のカメラはメモリーがなく・・・頼みの夫のカメラはご覧の通り露出オーバーでどうにもなりませんワ。あれでもフォトショップで補正したのですがね。
ここのスワンは人慣れしていて人が近づくと寄ってきます。
ブラックスワンは加西のフラワーセンターの池でも見たように思います。ちがったかな?
それにしてもちあきさんは植物だけでなく自然のなかのチョウや虫、鳥など大変よく観察されていますね。写真記録もバッチリで、すぐにでてくるところがすばらしい。
PCのファイルもきっちり整理ができているのでしょう。ちあきさんのファイルは玉手箱!

う〜〜こちらはやっとのことで画像を見つけました。
フラワーセンターのブラックスワンです。

花ネット神戸のBBSはあまりにもいたずら書き込みが続いたため、ああいうことになりました。でもHPが一方通行にならないほうがいいですよね。対策を考えたいと思います。

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/hiroto/myweb/



ページ: |< << 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb