[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トールクラブひまわりの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



283.偏見はね返す前向きな姿勢 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/7/31(水) 4:47
相変わらず古い新聞から
朝日新聞1994年6月9日付「声」の欄より

インドネシアと日本のハーフの人の「声」です。
「私もこどものころは、日本で生まれ育ったにもかかわらず、名前が違うというだけで、”ガイジン、ガイジン”とはやしたてられ、バカ、英語話してみろ、などといったいわれのない言葉の暴力と冷ややかな偏見の視線を浴び続けてきました。。でも時が経つにつれ、うらやましがられたりすてきな名前と言われたりすることも増えました。。。言いたい者には言わせておけばいい。。でも本人が前向きな姿勢でいれば、認めてくれる人が必ず現れるということを私は信じています。今現在、私の中で完全にしこりがとれたわけではありませんが、差別を経験した者にしかわからない思いやりの心や優しさをもてたことを誇りに思っています。」

あああああ。この手の処世術を、何度何度言われたことでしょうか。なんで言われた人間が全部自分が飲み込んで、じっと我慢して、信じて、一体何年を棒に振らねばならないのか。。。人生、短いです。偏見をはね返す前向きの姿勢とは、被差別者が全部自分が飲み込んで、きっと自分のことをわかってくれる人が現れると信じることではありません。前向きとは、被差別者が、差別者に堂々とノーを突きつけることを怖がらないことです。。。
それがわかっていても、なかなかできない現実。。。(悲)
この「声」から20年。(げっ、20年もじっと抱えていた!!笑)
どうでしょうか。日本社会は、堂々とノーを言ったら、受け入れてくれる社会になったでしょうか。



284.Re: 偏見はね返す前向きな姿勢
名前:たかこ    日付:2013/7/31(水) 4:58
こんなのもありました。
こちらの人は、日本人とイタリア人のハーフだそうです。
朝日新聞1994年6月8日付

「。。。娘が友達に手をあげたと、先生から連絡をいただいた際、私はその背景には娘が”ガイジン”と呼ばれて傷ついていることを手紙に書きました。先生は上級生の担任にも指導を呼びかけてくださり、娘を”ガイジン”といじめる子がいると気をつけてしかってくださいます。。(後略)}」で、編集部がつけたタイトルは、「ハーフの娘は明るい人気者」

やっぱり傷ついていることを表に出すことが大事なのでは。というのも、それで物事がどう動くかを見極め、自分の対処法も考えられるから。先生に、傷ついています、と言って、先生が何もしてくれなかったら、そういうところで頼りにならない、では、次の手を考えて、打っていこうとか。。。

282.環境問題 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/7/19(金) 6:41
部屋にたまっている古新聞の記事に目を通していたら、こういう文章にぶつかりました。

1998年5月3日付朝日新聞より
「外見じゃないよ、心だよ」なんて、ウソですよ〜と言い放つ。「私のメーク講座の生徒が「性格ブスは環境が作る」と言ったことがある。周囲の態度って、外見にすごく左右されるんです」
きちんと化粧したら、病院で普段よりていねいに診察してもらえた、店で店員の応対が優しくなった。。。などの経験を、生徒たちから日常的に聞いている。「周囲の姿勢が、人の心に影響しないはずがありませんよね。」(後略)

きれいにしていたら、相手の反応が違う、というのは、人種の力関係が渦巻くアメリカでは、日本より日常的かも、です。私の日本人の知人は、アメリカ人の態度が違うから、と言って、ルイビトンのバッグを持ち歩く人がいます。しかし、これはcompensation (補償)行為と呼ばれます。一種の処世術ですね。個人の処世術を止める必要はありませんが、問題の根本的な解決にはなりません。つまり、ルイビトンをもっているから、と言って、社会の人種差別的構造や態度がなくなるわけではない。。(怒悲)
周囲の環境が人の心に影響する、は、心から同意します。要するに、大きい、大きい、といわれ続ける環境が、人間の気持ちを卑屈にしていくいことは否めないのでは。。。大きいことが問題なのではない、大きい、と他人にいわれ続けることが問題なのだ、環境問題だ、で、これからも自分にできるところから、少しずつがんばっていきたいです。
そうそう、きのうは、確か、背の低い人が大きい人間をうらやましく思う気持ちはよく理解できる、でも、”うらやましい”という気持ちは、ご自分で処理してください、こちらに振り向けないで、とお願いしました。
”うらやましい”という気持ちも、プライベートな問題です。身長何センチ、と聞く人がいたら、それはプライベートな問題ですから、と答えるようにして、大きな枠組みでは環境問題と考えれば、少しは、問題を自分のこととしてとらえたくない人たちからの摩擦と抵抗を押さえることができるかも知れません。。。

279.反論大歓迎 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/7/19(金) 1:49
私の書き込みに対して、以下のような反論が来ました。ありがとうございます。
私の論点は、同じく日本人といっても、アメリカ生活が長くなると、日本人が変わる、ということを言いたかったのですが。。。
いろんな視点は必要だし、反論してくださることに心から感謝です。”戦い”が長くなるとーつまり時間が経つと、”兵隊”も年をとることで、考え方も変わるし、”戦い”そのものも性格を変えていくだろうし。。。それでも、”戦い”続けていくには、新しい血と発想が必要です。そして、”戦い”が長くなるにつれ、問題の本質があぶりだされてくるのではないか、と思います。”戦い”がいっときの感情の爆発にまかせたものではない、という意味で、です。これからもよろしくお願いいたします。
                *

別に日本人の肩を持つわけではないですが、利害が絡むとアメリカ人って簡単に謝りませんし、処世術で動くのはアメリカ人も日本人も基本同じだと思います。

状況やテーマによって対応は違うと思いますが、「身体的な特徴を云々する」というカテゴリでは、移民社会のアメリカでは社会的なマナーに反していると捉える人が多いし、余計な摩擦を避けるためにマナーを守っているということで、それは一種の処世術ではないでしょうか。

移民社会とは、他人との関係が薄い、身内関係が濃い、上下関係よりも個人関係に重きを置く社会です。日本は移民社会ではありません。
どちらかと言えば儒教が色濃く社会の規範やマナーに影響しています。
(明治期や戦時期も教育が基本は儒教だったから)
日本は同一民族、同一言語、同一文化を共有している国家ですから、多民族・多言語・多文化の移民社会とはおのずと違ってきて当たり前だし、どちらが良いとか悪いとかの議論も簡単単純ではないだろうと考えます。

簡単単純といえば、アメリカは移民社会で人口構成が複雑だから、複雑かというとそうでもなさそうです。むしろ歴史が浅くキリスト教社会のアメリカは日本ほど複雑ではないと私は感じます。

それはさておき、日本人がなぜ、「身体的な特徴を云々する」というカテゴリではアメリカと違って社会的なマナーに反していると捉えないのか、ということですが、それは儒教が上下関係のマナーを厳しく教えている事と関係があり、以下の点が当たり前という空気が支配しているからではないかと思います。

@上下関係において下位のものには何を言っても反論が許されない。
つまり上位者(年配者・先輩など)が「大きいね」発言をしても逆らえない。たとえ逆らわれても謝らないという構図です。

A平均(中庸?)を尊ぶ。
つまり平均から外れているものは下位に立つものと見られるので謝らないという構図です。

B礼(マナー)を重んずる。
下位のものが上からの目線で見ることは礼に反する?。
とにかく上からの目線は威圧感があるので、下位の分際でなまいきだと感じる?

とにかく謝らないのは自分が上位だと思っているからではないかと思います。さしたる理由もなく自分を上位に置くーこれが憤る理由なのではないかと思いますが、どうなんでしょう。
姑息って、そういういう言い方はちょっと。。。 (笑)

儒教
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/813928.html

*** 今は、パワハラやらセクハラやらと、力関係にもとづく”いじめ”や言葉の暴力をコントロールするシステムは、一応表面的には、かなり作られ、人々のあいだで納得されてきているのでは。。。上に立つ者だから謝らないという儒教のシステムはわかりますが、私たちに”大きいね”発言をする人は、力関係とは関係ない、私たちと同じレベルに立つ人です。敗戦して、民主主義を”押し付けられた”日本人としては、自らの身体に刻み込まれた儒教精神との矛盾をもっと自己認識して、これからどうするべきなのか、もっと真剣に模索してほしいと考えます。
外から見ていると、一つはっきりしているのは、”いじめ”に対し、やめてくれ、を言わせない”空気”、その”空気”に反する勇気を絞りきって、”やめて”と言っても、わかった、ごめんと素直に謝れない人間は、世界では生きていけない、少なくとも、アメリカでは生きていけないということです。だから、このごろニュースによく取り上げられるのは、今の若者は留学を考えない、海外に出ようとしない、といったトピックです。鶏が先か、卵が先か、の議論になるとは思いますが、謝れない「井の中の蛙」は、井戸から出るな、日本の恥、と思うし、謝れるようになるために、やっぱりより広い世界の標準に触れるべき、と思いますね。(笑)



280.Re: 反論大歓迎
名前:たかこ    日付:2013/7/19(金) 1:55
一つ書き忘れたように思うこと。。

アメリカ人なり、アメリカ生活が長くなった日本人が素直に謝ることが、たとえ、相手を理解した心、気持ちからではなくとも、たとえ口先だけの処世術だとしても、それでいいと思います。それは、人が陰で、身体的特徴をうんぬんすることは誰にも止められないことを表裏をなしていると考えます。
すくなくとも、きのう、私が言い出して、謝ってくれた人たちは、心から謝ってくれたと思います。人間関係の中で、信頼がありますから。


281.Re: 反論大歓迎
名前:たかこ    日付:2013/7/19(金) 2:20
そうそうもう一つ。。。”姑息”ですが。。

これは、私の感覚では、権威主義と関係があります。要するに、儒教が教える?、上の人に従っておけば、悪く言えば、”へつらって”おけば、自分の身は守れる、上の人に”取り入れ”ば、自分も”上の人”になって、そのうち権威・権力を楽しめる、という利己的な発想と行動が”姑息”???その意味で、儒教が奨励する?謝らないのは、典型的”姑息”な行動???
民主主義は、利他のために、自分ひとりで立つことを奨励し、評価すると思います。
そういえば、石川都知事は、このままでは日本は中国の属国になる、とか言ったとニュースで流れていましたが、日本(人)って、敗戦でアメリカの民主主義を”押し付けられた”けど、実際には、大昔に中国から輸入した儒教にも縛られているとなると、日本(人)自体が、現代の米中の目に見えない覇権争いの戦場になっているのでは。。。がんばれ〜〜〜って言っても、勝ちはどこにあるの???(笑悲)

278.とうとう 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/7/18(木) 14:6
実は、こちらで、アメリカ生活が長い日本人女性たちに、けっこう「大きいね、大きいね」「ジャイアント」みたいなことを言われてました。しばらく我慢してたのですが(やっぱり。。悲)、今日、思い切って、切り出すことにしました。で、「実は私はこんな本を書いてるんです」と言って、本を渡しました。そして、大きいとは言われたくないんですよ、言われたくない大きな人はけっこういると思います、と言い、その他もろもろ状況を話しました。そして、日本の人との決定的な違いを感じました。アメリカ生活が長くなると、相手が、いやなんです、というと、すぐに、わかりました、ごめん、すみませんでした、と謝ってくれたんです。この、わかりました、すみませんでした、ですよね。絶対に日本の人が言わないのは。。なんやかんや言い訳をする、悪気がない、うらやましいのよ、挙句の果ては、そんなことで悩むなんて、悩むほうが悪いとか、言われるのは人格が悪いとか、言われた人間を責めるのが日本社会の”常識”の感じです。(怒)今日は、おもいきって言ってよかったです。すぐに、悪かった、と謝ってくれる人には、やはりその人の大きさを感じますね。そういう意味では、悩むほうが悪い式に、すべて処世術でごまかそうとする人は、やっぱり姑息です。日本には、姑息な人が多い。。(怒悲)

277.コミックの世界 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/7/17(水) 20:7
2013年7月17日のアサヒどっとコムのコラムより。。
女子中学生が181センチだそうです。。
               *

6月22日、富士山が世界文化遺産に登録されたことを記念して、今回は「漫画アクション」連載中の『富士山さんは思春期』(オジロマコト)を取り上げてみたい。
 なんて言うと富士山を擬人化したギャグマンガみたいだけど、この富士山は「ふじやま」と読む。人の名前だ。本作は身長181センチの中2女子・富士山さんと、160センチの同級生・上場(かんば)くんの初々しい恋愛を描いたラブコメ。富士山さんの着替えをのぞいて恋に落ちた上場は、衝動的に告白し、あっさり「いいよ」と受け入れられたところから物語は始まる。
 「女の子のほうが大きい中学生カップル」を描いたマンガは、昔から珍しくない。代表的なものに80年代の『Theかぼちゃワイン』(三浦みつる)があるし、70年代の『月とスッポン』(柳沢きみお)もそうだった。意外なところでは『月とスッポン』よりも早い1974年に始まった『硬派銀次郎』(本宮ひろ志)。「硬派」と言いつつ、銀次郎には第1話で彼女ができてしまう。彼女になる高子が銀次郎より20センチ背が高い点は『富士山さんは思春期』と同じだが、改めて確認してみると高子の身長は162センチでしかない。その後、『Theかぼちゃワイン』のエルの170センチを経て、ついに高身長ヒロインは180センチの壁を突破したわけだ!
 文部科学省の学校保健統計調査によると、この40年で中2女子の平均身長はそれほど変わっていない。昭和47(1972)年度の152.6せンチに対し、平成24(2012)年度は155.0センチ。中学生が大きくなったのではなく、あくまで「背の高い女の子」が受け入れられるようになったと見るべきだろう。
 銀次郎たちとちがって、上場の身長が中2男子としては平均的なことも見落とせない。平凡で感情移入しやすい上場の(見上げ気味の)視点から、富士山さんの魅力が描かれる。体格は立派でも、男子にケリを入れる無邪気な中学生に過ぎない富士山さんは、しばしば無防備な行動を取り、健康的なエロスを振りまく。ふたりの関係は学校では内緒、ケータイを持っていないので連絡はメモ、手を握るだけでドキドキ……など、昭和的郷愁にあふれるエバーグリーンな「中学生の恋愛」が胸に染みる。特に夏休みの季節にオススメだ。
    ◇
本宮ひろ志『硬派銀次郎』全8巻(集英社文庫) 1974年開始
オジロマコト『富士山さんは思春期』既刊1巻(双葉社) 2012年開始

274.いじめ 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/7/3(水) 9:38
部屋の掃除を兼ねて、昔の新聞記事を読んでます。1997年4月21日付朝日新聞に、日系ブラジル人三世の中学生へのいじめについての記事がありました。。。「バカ」「ガイジン」「臭い」と、同級生4人が、教室や廊下ですれちがいざまに言う。彼は「バカ」と言い返すが、それ以上は相手にしなかった。。。髪をとかすまねで、髪型をからかわれていたのを見た友人もいる。。。給食当番のとき、おかずを盛り付けようとすると、同級生が皿だけを受け取って自分でよそう。。。「近づきたくて、ちょっかいを出してるのかもしれないよ」。。担任は、「人目をひく彼へのひがみがあったんじゃないか」と思っている。。。「悪口を言うやつは何人かいたけど、そいつらも悪気はなくて、ジョークだと思ってた。。。」「彼は体格がいいので目立ち、ちょっかいをだしたくなる存在だった。でも、相手にせず反論などしなかったので、いじめにつながったと思う。日本人同士のいじめと同じ構図だ。外見とかがほかの子と違う子がいじめの対象になりやすい」。。。
*** もう今から20年近く前の話ですが、今の日本は、少しはよくなりましたか。すれちがいざまに、「バカ」「ガイジン」って、私たちが通った道もやっぱり「いじめ」だったんじゃないでしょうか。記事によると、この生徒は、筆箱やノートをごみ箱に隠されたり、自転車のタイヤの空気が抜かれ、サドルにべっとりとつばがはきかけられたりしてたそうです。。ここを読んで、実は、私も小学生のころ、隣の生徒に、めがねや教科書などを隠されて、次の日に学校に出てくると、机の上においてあったことなどを思い出しました。(悲)

273.介護の現場 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/6/18(火) 22:14
今日のニュースで流れてました。介護現場で、腰痛を訴える介護士が増えてきたので、これからは抱え上げをやめて、リフトを使うように、と。それとも少なくとも、複数人の介護士が抱え上げをするとか。こういうニュースを読むと、また母のことを思い出しました。母の場合は、確か身体の下にバスタオルを敷いて、そのバスタオルを二人の介護士さんが持ち上げて、車椅子に移乗させてましたね。リフトよりいいと思いますが。。私たちのように大きな人間は、普通サイズの人よりやっぱり介護士さんの負担が大きくなるから、やっぱりリフトかなあ。。というか、リフトで何が悪い、と開き直らねばならない??? まあ、人生最後、リフトでも何でももういいや、みたいなあきらめの気持ちが出る???(悲)なんとか、できるだけ楽しい時間をいっぱい持ちたいですよね。。。で、思い出しました。。。ニュースレターを作ろうと思ってるのですが、今、コンピュータを新しいのに換えてます。もう少しお待ちくださいませ。

272.アメリカのクラス 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/6/9(日) 2:58
ビビアンさん、みなさん

こんにちわ。。
私も始めましたよ。エアロビクス? とにかく、派手な音楽といっしょに身体を動かすクラス。。
「万歩計、半分以上は探し物」の生活ですから。。(笑)
で、初めて、アメリカ人のクラスへ行ったわけですが。。(この26年ものあいだ、そういうことをする余裕はありませんでした。。(悲)
そりゃもう、おんなの人ばっかりですが、若い人もいれば高齢者もいる、白人がほとんどですが、黒い人もアジア系も、私以外にもいました。。背の高い人もいれば低い人も、超ぽっちゃりさんもいれば、がりがりの人も。。身体がきれいに動いて、ダンスらしいのは、若いインストラクターだけ。。私なんか、こんな風に腰動かして、ぎっくり腰が心配、という状況でした。。(笑)
結論ーいちいち人の身体のことを言ってる暇なし。。自分の身体をよくしたい、と思って、みんな行くわけですから。。
というわけで、
ビビアンさんのクラスみたいに、小柄なおばさまが、水圧がどうのこうの、と言うなら、水圧が来ないところへ自分で勝手に動けばいいじゃないか、ということになります。。(笑)
グッドラック!!! 
もし、ごちゃごちゃ言ってきたら、you can go wherever you won't feel pressure.. ぐらいで、英語なら言えるんだけど、日本語では言いにくいかな。。。日本語の世界は陰鬱?です。。。(悲)

庭でも、人間社会でも、多様性は必要なんじゃないかな。。。そうじゃないと消えてしまう。。。どこかで、生物学の分野?で、突然変異は、種を保存するために必要だ、みたいなのを読んだことがあります。
生物学はわかりませんが、社会学的?には、多様性があるほうが、寛容な心を培いやすい??? けんかもありますけど。。。(笑)
自分の身体が一番大事。。。お互い、身体動かしてがんばりましょう!!!

271.ぽっちゃり服 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/6/3(月) 8:56
今日の朝7時のニュースで(日本時間です。。笑)、ぽっちゃり服大流行、みたいなニュースが流れてました。お店の店員さんも、ぽっちゃりなので、お客さんも、いろいろ相談にのってもらいやすいとか。高校生のとき、男子に、ぽっちゃりのことを、関取だの、なんだの言われて、おしゃれするのが怖くなった、外出しなかった、みたいなことを言ってました。ありゃ、私とおんなじだ、と思いました。(笑)
でも今は、ぽっちゃり服がいっぱいできて、花柄やピンクの服を着る、と聞いて、ありゃ、これも私と同じだ、と思いました。
ぽっちゃり女性が、アメリカ式に言うと、”市民権”を得たみたいで、ほんとによかったです。
次は、背の高い女性たちかな。。。それとも、もう”市民権”を得ている??? 
少しずつ少しずつ、日本も変わりつつあるようで、ほんとによかったです。
それにしても、アナウンサーです。女のアナウンサーが、自分が着たい服が着れると、すごくうれしくて、気分が晴れる、みたいなことを言うと、男のアナウンサーが、そうなんですかあ、と、まるで、女は宇宙人、といわんばかりの口ぶりでした。やっぱり男と女は違うんでしょうねえ。というか、今の若い男性は、女同様におしゃれをするそうですから、あのアナウンサーが年がいってるだけかも。。(笑)
とにかく、ぽっちゃりさんが、ありのままを認められるようになったようで、ほんとによかったです。

268.小柄な人が多い 返信  引用 
名前:ビビアン    日付:2013/5/27(月) 20:41
皆様こんばんは

最近はじめたアクアビクスとゴスペル教室の事を書きます

私の通っているアクアビクスのクラスは小柄なおば様達がとても多い
平均身長が155cmあるかないかの世界です
中には140cm位の人もいます
そんな中に私(173cm)と私の妹(168cm)が混ざってやっているの
でが、はじめのうちは何も言わなかったおば様達も最近は
『ほんとに大きいわねぇ〜前が見えないわ』とか『あなた達の後ろに
いると水圧が凄くて溺れそう』とか少しづつ言われるようになりました
言う人はいつも決まって同じ人です

これ以上の事を言うようになったら一度きちんと気分が良くない旨を
伝えようと思いますが今のところは笑ってスルーしてます
せっかく勇気を出して通いはじめたので険悪な雰囲気になる事だけは
避けたいので・・・・

あと最近ゴスペル教室にも通いはじめました
こちらも小柄な人が多くて私1人が浮いてる感じですが
まだ体の事に対して何も言われません
このまま言われないで済めば一番いいんだけど時間の問題かな!?
ちなみに先生はアメリカ人の男性です
この先生にもまだ何も体型の事は言われません

しかしどこに行っても小柄な人が多い!
170cm越えの女性にはなかなか出会えませんね。。。。



269.Re: 小柄な人が多い
名前:たかこ    日付:2013/5/28(火) 9:30
ビビアンさん

こんにちわ。
ゴスペルですか。楽しそうですね。
小柄な人が多いとのこと、やっぱり年齢も関係がある???
若い人が多い教室へ行けば、少しは違うかも・・・
がんばってください。そして楽しんでください!!!


270.Re: 小柄な人が多い
名前:たかこ    日付:2013/5/29(水) 13:42
ふと思ったんですけれど、
大きい、大きい、とうるさく言う人、
先生に相談して、先生のほうから、一言、身体のことは言わないようにしましょう、みたいに言ってもらうのはどうでしょうか。
すべて、教育、教育です。。。
がんばりましょう。。。

267.道徳教育 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/5/6(月) 20:54
テレビで、学校6日制といった教育改革に関する討論会をやってました。そこで、道徳教育の評価について、じゃんぼさんと同様、評価ができないという話をしてました。要するに、試験して、その結果を点数であらわすのは適切ではない、という意味だったんですね。しかも、相対評価ーつまりクラスで、5は何人、4は何人と人数が決まっている、という意味でしょうか。それで思ったんですけれど。。。知識量のチェックではなく、なんで作文を書かせて、ちゃんと自分の意見をはっきり書いた人には全員5を出す、みたいなことはできないのかな、とか思いました。今、「心のノート」というのがあって、勉強ができる優秀な子供ほど、苦しいものだそうです、というのは、嘘を書かねばならないからとか。げっ、これって何? と思いました。嘘を書けば、学校でいい評価が与えられる??? 世間に出た処世術を、小学校からやってるのでしょうか。そんなことより、たとえば、「180センチ近い女の人を見たら、あなたは何を感じますか」といったテーマで、本音を書く作文教育をやって、人間とは「みんながマイノリティ」を教えてほしいです。(笑) 

265.昨日の書き込み 返信  引用 
名前:くるみ    日付:2013/5/1(水) 9:22
慌ててタイトルと本文が合ってませんでした(汗)
タイトル「最近思ったこと」 です!

264.勇気を持って伝える 返信  引用 
名前:くるみ    日付:2013/4/30(火) 20:23
その@  Wikipediaで人物を調べると必ず身長が書かれてますよね〜。体重は書かれてないのに…身長を知るとやはりその人を想像しやすいのでしょうか‥?
みんな自分よりナンセンチ高いとか低いとか比べて満足してるのかな?

そのA  Jリーグで155センチのプロサッカー選手が試合に出てました。なんでもプロサッカー選手の中で最も身長が低いとのこと。。解説者が何度も何度も155センチを連呼し、またカメラもずっと追ってました。(んー、人事とは思えない)なぜそこまでこだわるのか? 疑問と不快感しか残らなかったです!あんなに小さくても努力したらプロになれるからみんなも頑張って!!っていいたいんでしょうか?
そのB 「大きいね!!身長何センチ?スポーツやってたの?」お決まりの質問ですが、怒ったり悲しがったりしないで冷静に答える答え方をあれこれ考えてます。
例えば「そうなんですよ。でもそう言われると悲しくなるので言わないでください!なぜなら会うたびに何回も言われて嫌だから。」
と自分の気持ちを正直に伝えることが大事みたいです。かなり勇気がいることですが‥皆さんのご意見も聞かせてくださいm(_ _)m
「心屋仁之助」さんの著書にこのようなことが書かれてします。是非読んでみてください。目からウロコです!



266.Re: 勇気を持って伝える
名前:たかこ    日付:2013/5/3(金) 6:23
くるみさま

こんにちわ。
そうですよね。怒ったり、悲しがったりしないで言う。これが一番大事なのでは、と。母のときも、結局、私の場合、最初に怒りが来たから言えなかったのです。
怒らなかったら、冷静に、「すみません、大きい、大きいとは言わないでやってください。そう言われ続けて、いやな思いをした人生だったと思いますから」と言えたのでは、と今だに思います。
とにかく怒らない。。。短気は損気、と今頃つくづく思います。。(笑)私が年をとったせいもあるでしょうが。。
私の短気のせいで、母の最期を守ってやれなかったことが今だに悔しいです。。。その悔しさを思うと、これからは、怒らないで、もう言わないでください、と冷静に、かつ客観的に言えるような気がします。
みなさああん、言われても、怒らないように!!!自分の怒りのせいで、相手に教える絶好の機会を失わないようにしましょう。
ところで、怒らない、というのは、言われても、怒らずに我慢しましょう、という意味ではまったくないです。
相手に教える機会を失っては元も子もないから、という戦略的意味です!!がんばりましょう。。私も、人生の最後の最後まで言われた母の悔しさ、やめてくれが言えなかった自分自身の悔しさを胸に、がんばります。。。

262.難聴 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2013/4/12(金) 9:9
今日のニュースでは、難聴の人のことが紹介されてました。話者が使うマイクースピーカーの新システムのことです。
難聴の人が、よく聞き取れなかったので、「もう一度言って」とお願いしても、無視されることが多い。そうなると、難聴であることが悪いような気持になって、自分を責めてしまう、難聴の人はなかなか自分が難聴であることを言い出しにくい、と言ってました。
みんなおんなじ問題だな、と思いました。
もしかしたら、生きてる人間、みんなマイノリティかも知れません。そして、みんなが、ほんとの意味で、自由に自己表現できる社会でなければならないですよね。。つまり、難聴といった問題も、病気ではないけれど身体的特徴の問題も。。。
無視されることが増えると、自分が難聴であることが言えなくなる、という部分に、ものすごく共感を覚えました。聞こえない、ということは、言われなければわからないですもんね。
乙武氏みたいになると、人は、はれものにさわるようになるのかも知れないしーだから、彼は普通、を訴える本はよく売れるのかも知れない、けど、言われなかったらわからない、という問題にも、まっすぐに向き合ってもらいたいものです。そして、もちろん、言わなくてもいいことは言うな、にも。。。(笑)


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb