[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トールクラブひまわりの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



162.見た目問題 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/3/1(木) 22:13
ともさん

いろいろ教えてくださってありがとうございます。
確かに私たちの問題は、見た目問題です。見た目に暴言問題ですね。すべての人をありのままに受け入れる、という気持があれば、大きいね、だの、スポーツは何をしてたの、とか、思い込みからごたごた言う人はいなくなるだろう、とか思うんですけどね。そうですか、まだまだ知られてないですか。じゃあ、がんばらなくちゃ。。(笑)
ともさんの問題は、いろいろ自助グループがあるとのこと、よかったです。当事者同士のempowermentが一番大事です。「ひまわりの会」もそうです。自分は一人じゃないんだ、と。連帯意識が何か行動につながれば、社会を変えられると思うんですけどね。これからもよろしくお願いいたします。
そうそう、連帯と書いて、ふと思いました。連帯という言葉と、今、日本ではやっている”絆”だの、”思いを伝える”という言葉とどう違うのかなあ。。連帯しよう、とは言いませんね。。”絆”はうんざりするほど聞いたけど。連帯は、一種の運動体を想像させるけど、”絆”はおセンチなだけ、という感覚が私にはします。”絆”なんかでごまかされません、連帯しましょう!!!(笑)
ともさんも、何か暴言とかでいやな思いをしたら、ここで紹介してくださいね。



166.Re: 見た目問題
名前:たかこ    日付:2012/3/3(土) 5:55
哲学カフェをのぞきました。

@「愛」よりも「お金」が大事!
A「見た目問題」は結婚・離婚に関係なし!

なかなか面白そうですね。本音をばっちり出してもいい場所ということでしょうか。
これは、東京で行われてるのですか。
こういう場があるというのが、力強いですよね。
ともさん、よかったですね。

気持ち悪がられるとのことー
それは、わたしの問題ではない、あんたの問題だ、と心の中で言い返すことで、乗り切れそうですか。

私なんか、日本へ行くたびに、なにやら変な扱いされるときがありますけど。。。相変わらず、人にはじろじろ見られますよ、今回は、着ていったコートがド派手だったのかも。。友達にそういわれました。。見回してみると、日本の人が着てるコートは黒ばっかり。。駅でも電車の中でも、こっちが気分悪くなりました。。笑 ちなみに、私のはほぼ全身をカバーする赤でした。。笑、じろじろうさんくさそうにされるたびに、心の中で、it is not my problem, it is YOUR problem と言い返してます。(笑)

問題は、暴言として、気持ちが外に出たときですよね、私たちがどう対処したらいいのか、長い長いあいだ悩んできたのは。。。ともさんも、いっしょに考えていっていただければうれしいです。

158.はじめまして 返信  引用 
名前:とも    日付:2012/2/29(水) 17:42
当事者しか書き込みができないかお聞きしたいのですが。私は、発達障碍者、ACなどです。さまざまなマイノリティの問題を考えながら過ごしています。よろしくお願いします。



159.Re: はじめまして
名前:たかこ    日付:2012/3/1(木) 5:52
ともさん

はじめまして。
正直言って、発達障害とはどういうものか、まったく勉強してません。(悲)またよかったら、いろいろ教えてください。
確かに、背の高い女性たちの会ですけれど、問題の根っこはおなじところにある、と考えてます。社会の意識を変えていこう、というスタンスさえ共有できるのなら、お互い、いえすべての人にとって、建設的な場になればいいな、と考えますよ。
乙武氏的、自分だけが障害者問題の代表、みたいな上から目線のアプローチには絶対反対ですから。。(まだ言ってる。。笑 だいたい、あの人だけがメディアでちやほやされるみたいな構造自体が間違ってますから、そこの部分を撃つには、数は力を追求しなければ。。笑) 


160.Re: はじめまして
名前:たかこ    日付:2012/3/1(木) 5:54
発達障碍者、AC

すみません。漢字が違いますね。障碍となっている理由から、教えてくださいませ。ACって何ですか。無知でごめんなさい。

157.ご報告 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/29(水) 8:36
と題して、今回、日本で見たことを書いたのですが。。。
掲載されたりされなかったり。。。私のコンピュータは、ウィルスに毒されているのでしょうか。(悲) 
関空で、私より背の高い若い女性が、ANAだかの地上職員をしていて、素敵な制服を着ていたことなどを書きました。お客様を見下ろすことになってもいい時代になったみたいでよかった、という内容だったのですが。。。

156.ご報告 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/28(火) 21:15
昨晩、日本から帰ってきました。今回びっくりしたことー
関空に、確かANAだったでしょうか、地上職員の女性に私より背が高い人がいました。ちゃんと制服を着てました。(笑)特注だったかもですが、昔、言われたような、接客業はお客を見下ろしてはいけない、みたいな言説が、いよいよ過去のものになりつつあるのでは、と実感しました。とにかく背の高さにびっくりして(笑)、顔は見ませんでしたが、航空会社の人ですから、美人に違いありません???(笑)あと、サンフランシスコに降り立ったとき、これまた私と同じぐらいの背の高さの、こっちは私同様のおばさんが(笑)、いました。大きい女性を二人も見て、すごくうれしくなったので、ご報告です。(笑) 

152.こんばんは。 返信  引用 
名前:じゃんぼ    日付:2012/2/11(土) 20:33
愚痴について
はい。私の中に、愚痴は言うべきでないもの、愚痴を言うことは恥ずかしい、あるいは見苦しいものという潜在意識があります。愚痴なんて、聞きたい人はいないし、聞いたら気分よくないし、・・・という意識です。「愚痴は言ってもしょうがない」ということです。そうやってしつけられてきたからか、黙って何とか自分で苦境を切り抜ける努力をするという精神が宿っています。でも今まで、苦しいときは、心を許せる人たちに話を聞いてもらいずいぶん助けられたのも事実ですが。はき出しているうちに、自分で方向性が見えたりひらめいたり、整理できたりするのも事実ですね。
ただ、私が書いた「愚痴」とは、多佳子さんの言うような、「そこから問題を整理して、そこから建設的な解決策を見いだす」ことにまでつながっていかない、ただ、ぐだぐだと言いっぱなしにしているだけのもの、そういうとらえ方で、愚痴と書きました。といことは、つまり、私の中で、問題が整理できておらず、解決策も考えられてなかったからです。もしかして、解決していくぞという意欲も薄かった??だとしたら、反省ですね。


ご近所の青年について
ステレオタイプにものを見ないだけの分別(この言葉も、最近使われてないような・・・懐かしさを覚えます。)、知性があると言うこと。少し、安心しました。多佳子さんの言うように和(一面的な和ですが)を前面に出す集団の論理は、確かに強く存在すると思います。これは、何も学校だけでなく、あらゆるところに。それに異議を唱えると、変わってると言われてしまうような無言の圧力?

ハッと思った言葉は、「脅し」です。これだ!私が、いつも嫌な気分になり心底同調することができなかったのは!叱る、あるいは指導するとき、その手法が脅しの手法ということが多くあるのです。指導する側がそれを認識しているかどうかは別として、よく見られますね。ここで詳しい例は述べませんが、いわゆる力で指導するとこうなることが多いです。
先日、外国(ヨーロッパ)で子育てをしている友人と話をしたのですが、そのときに、大人が子供に対するときの接し方の違いが、話題の一つとなりました。なかなか興味深いものがありました。知っている(違いについて)つもりだったのに、へ〜っと思うこともあったりして、おもしろかったです。
彼女とお子さんの体験(病院や保育園、その他)をいろいろ聞いていて、次のように感じました。
日本では、小さい子供を大げさにちやほやする反面、「子供には理屈で言ってもわからない」という意識も強く、有無を言わさず(親に話すことはあっても、子供自身への説明はせず)対処するのでは?ということです。
だから、逆に、あなたはどう思うの?と考え方を問われることも少ない?これが、幼いときだけでなく、小学校中学校にも、つながっている?つまり、子供は、あくまで子供であって、一人の人格としてとらえる意識が薄い?これは、言語の違いにも現れていますよね。例えば、英語の you,I (誰に対しても)に対して、日本語は、相手と自分の関係によってものすごく変化をします。
ものすごく大きな文化的なものが、様々な現象になってあらわれているわけだから、変革していくことは、大仕事です。まずは、思ったら発信していくしかない?

十人十色について
>昔の方が寛容だった?
これは、子供への教育という点で、私がすごく感じていたことです。
世間一般には、多様な考えが存在するようになり、価値観も広がってきている感がありますが、子供たちに親が求めるものは、すごく狭くなっています。勉強ができること=優等生。いったん、うちに帰れば、昔は、近所の人や親から、勉強のことばかり言われることは少なかったし、子供を認めたりほめてやったりするときに、もっと幅が広かったと思うのです。かつての方が、子供がのびのびしていられたような気がします。今は、一つの理想型があって、一人一人違うのにも関わらず、それに到達させることがいいことと考えている大人(親?)が、多い気がする。あるいは、そうさせないといけないという感覚。

ことわざ   おもしろそうですね。 使われなくなってきた言葉も、よくよく考えてみると、結構多い気がする。

マハリナさんの少年について
もしかしたら、愛情に飢えているかも??マハリナさんにかまって欲しいかもしれません。まず、遊んでやって、かわいがってみたら?で、関係ができたら、いろいろ指導できる??
その子を見てないし、何とも言えませんが、ふと、そんなことを思いました。

では、また。



153.Re: こんばんは。
名前:たかこ    日付:2012/2/11(土) 23:28
じゃんぼさん、おはようございます。

先生たちの”脅し”の例をあげてくださいよ。知りたいです。(笑)
生徒に、”お前が学校を背負ってるんだ”以外に、どんなのがあるのでしょうか。
考えてみれば、勉強しなさい、じゃないとお父さんみたいになるよ、と母親が言うとしたら、これも一種の”脅し”ですよね。

”脅し”と現実直視のリアリズムとの違いは何かーほんとうに子供のことを思っている”心”があるかどうか、それとも脅す側のエゴが前面に出るか、かなあ。。生徒に学校の体面とやらを背負わせるのは、完全に言う人間のエゴが出てますよね。お前、おかしなことをして、俺に迷惑かけるなよ、わかってるやろな、みたいな。。(島田紳助だ。。笑)

マハリナさんの学級には、普通学級は無理、と評価が出ている子供さんがいるそうなんですよ。親が、普通学級に入れてくれ、と願うと、普通学級に入れざるをえないみたいな環境があるのでしょうか。これなどは、親が学校を”脅している”? で、体面を気にする学校は、わかりました、と”脅し”に屈する? で、私なんかは思うのですよ、その子供さん以外の子供たちの学ぶ権利はどうなるんだ、と。もし、その子供さんが学級をかき乱しているのなら。。

価値の多様性だとか、これまた美辞麗句の立派な漢語が並びますけど、本質的には、じゃんぼさんがおっしゃってるように、心はすごく狭まってる感じがします。結局は、学校を”脅す”モンスターペアレントみたいな、言いたい放題が”人権”といったこれまた美辞麗句でごまかされてるみたいな感じ。。で、そのごまかし自体に、価値の多様性とかという立派な標語がかけられているみたい。。。

ものすごく大きな文化的なものが、様々な現象になってあらわれているわけだから、変革していくことは、大仕事です。まずは、思ったら発信していくしかない?

はい。そのためのコンピュータ世界だと思います。いろんな国の政府批判の大きなデモなどは、コンピュータの力が大きいんですよね。個人情報の流出、個人批判など恐ろしい世界ですけど、エゴを出さぬようにしてうまく使えば、ものすごい力をもってる世界だと思います。
背の高い女の悩みで始まったトールクラブですけど、いじめ撲滅をめざして、つながっていこうとすれば、もっと輪が広がるかも。。(笑)自分たちで発信していくしかないです。学校はあてにできません。(怒笑)


155.Re: こんばんは。
名前:たかこ    日付:2012/2/12(日) 1:17
解決していくぞという意欲

これだと思います、何事も、突き抜けられるのは。

私が職場の白人女上司を訴えてから、ちょうど3年が経ちましたが、今、職場のトレーニングセッションのリストを見ていると、あの当時、私のカウンセラーだった人が、職場でのダイナミズムをどう切り抜け、チームワークを作っていくか、とか、いい上司とはどんな上司か、とかいろんなトレーニングをやってます。で、もちろん、私のケースも、もちろん手を加えて、紹介されてるでしょう。だって、上司のdiscrimination, harrassment, bullying, favoritismとか、私が並べたてたのが全部並んでますから。。(笑)

で、思うに、愚痴も含めて、ありとあらゆる情報を集めて、そこから問題の解決策を練っていく、というのは、私たちの生きてる証なんじゃないか、とか私は思ってるんですよね。ところが、このあいだ、ちょこっと取材した日本人から聞いたのは、日本って、行政がまず枠組みを作って、行政がOKを出さないと、絶対に物事って動かないそうなんです。それって、完全に、公務員以外の、普通の人をバカにしてる発想だと思います。お上が偉いんだ、みたいな。。。だから、お上の言うことは黙ってきいておこうという人は絶対にいるわけで、お上をバックに従えてるから、そういう人はすごく偉そうな態度で、脅しに出るー、で普通の人は、怖くなって、愚痴で終わる。。。この悪循環の心理は、今度の東電の事故なんかで、断ち切られたらいいな、とか、こっちから思ってますけど、やっぱり無理かなあ。。。(悲)

とにかく、問題を解決しようと、一人一人の人が、自分の頭で考えて、何か行動に移す、というのは、私たちが息をして、生きてる証なんだ、お上なんか吹っ飛ばせ、ですよ!!!(笑)

151.十人十色 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/10(金) 14:3
ときどき思ってます、いつか、言わなくなった諺を考えるみたいなことをしてみたいな、と。で、この「十人十色」も、その一つです。昔は、こういう言葉があったんですよね。みんなそれぞれに違う、という意味ですよね。。。(もしかして、私の解釈間違ってるかも。。笑)そういう言葉があったということは、昔のほうが、今よりはるかに、他に対して寛容だった??? 

150.あとで、また 返信  引用 
名前:じゃんぼ    日付:2012/2/9(木) 9:47
多佳子さんの書き込みを読んでて、「ハッ!」と、思うことがありました。今から出かけるので、また夜にでも書き込みます。では、では。

147.もう一つ 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/9(木) 5:34
お前は、この学校を背負ってる。お前の行動を見て、○○中の生徒は、って言われるんだぞ」というような指導をよくする人がいるんです。ちなみに、私はこういう言い方は、大嫌いでした。あなたは、あなただ、そんなこととは関係なく、こうするべきでしょ!って、いう思いでした。

私も、じゃんぼさんに同意します。でも、日本人の集団論理からすると、そういう指導が一番”楽”なんでしょうなあ。。それに実際のところ、負け組、勝ち組と人をグループ化し、レッテルをはることに何の疑問も抱かないところでは、たった一人の生徒の行状で中学校にレッテルを貼るなど、簡単簡単???(笑)

アメリカの学校でも、確かに暴力やら銃乱射事件などがあって、ニュース種になると大変です。私の大学も銃乱射事件があって、日本から私に問い合わせがあるほどの国際ニュースになったものだから、大学幹部は、大学のイメージが悪くなるとめちゃ心配したと思います。今でも、それはあると思います。ただ、そういう心配は、トップー管理職がすることですから、管理職の心配を、下っ端の個個の学生なりに転化して、「そういうことをしたらだめだ」みたいなプレッシャーを上からかけることはありません。日本では、上の人間が下にプレッシャーをかけるのなら、やはり管理職の危機管理システムの欠如みたいなものなのでは。。下の人間に責任を押しつけてるわけですから。
世の中、いろんな人間がいるわけですから、摩擦やらけんか、暴力、殺人事件は起こるものとして、管理職は、そういうことが起こった場合はどうするかをきっちり決めておき、起きたときは迅速に動いて、被害を最小限に抑えるということをするべきでしょう。アメリカの組織構造はそうなってると思います。トップダウンの完全に三角形です。日本にはそれがないんですよね。じゃんぼさんが書いておられるのは、下っ端にプレッシャーをかけることで、管理職がその責任を果たそうとしないから???。で、何かが起きたら、ただひたすら謝るだけですけど、何度謝っても、意味はないわけで、起きたあとでは。。。それにしても、日本では、事件があるたびに、管理職がよくぺこぺこ謝りますなあ。。お前が謝っても、何にもならない、とかよく思います。(笑)アメリカでは、謝る管理職なんて見たことがないような。。。(笑)



148.Re: もう一つ
名前:たかこ    日付:2012/2/9(木) 8:51
なあんかいろいろ書きましたけど。。。

結論はやっぱり

いじめ社会を許容してるんですよね。お前一人のせいで、○○中学の評判を落とす可能性がある、というのは、脅しであり、いじめだと思います。
教師は、いじめをなくそうとするのではなく、そういう世間の目といういじめを増幅してるんです。で、生徒が犠牲になったとき、お前は、この学校を背負ってる。お前の行動を見て、○○中の生徒は、って言われるんだぞ、という脅す人間が校長だったりしたら、メディアの前では頭下げるけど、心の中では、お前、俺が校長やってくれてるときにやってくれて、このバカタレが。俺の人生、めちゃくちゃにしやがって。ぐらいに怒っているのでは。。。生徒に心を添わせていないのは確かなのでは。。。

それはそうと、生徒が命を絶ったときに校長やってた人は、その後どうなるのですか。首にはならないのでしょうね。ほとぼりが冷めるまで、どこかに飛ばされて、ごそごそしてる??? 生徒が命を絶ったことが、校長のその後の人生にどういう影響を与えたか、みたいなドキュメンタリーを作ってほしいものです。校長が悲劇から学ぶことがあったのなら、生徒の命は、次の人のために役立った、と考えられるかも。。ぐらいに、思わなければ、親はやってられないですよね。。(悲)

学校を背負っているのは校長なのにね。。一人一人の生徒ではありません。だいたい、校長になるには、教育委員会におべっかを使わなくちゃならないようで、つまりおっしゃっているように、ごますりが上手な人が管理職になるんですよ。で、学校は腐っていく。。。おお、こわこわ〜〜〜知人の息子さんが大急ぎで帰ってきたのは大正解です。。(怒笑) 


149.Re: もう一つ
名前:たかこ    日付:2012/2/9(木) 9:10
ふっと思ったんですけど、

大きいねえ、身長何センチ?

と聞かれたら、う〜〜〜ん、いじめ、じゃないかなあ、
とかいうのはどうでしょうか。

いじめなんですよ、ぐちゃぐちゃプライベートのことを聞くのは。。。そうそう、プライベートですから、と言えばいいんだった。。。(笑)

146.愚痴でいいんですよ 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/9(木) 5:16
マハリナさん、じゃんぼさん、こんにちわ。

いろいろ脳細胞を刺激してくださる書き込み、感謝です。これからもお願いしますね。
とりあえず、わかりやすいところから。。

1 なぜ日本人は?と書けば、また叱られるかもですが、それを承知で書きますね(笑)、なぜ愚痴をこぼすのを嫌うのでしょうか。人間じゃないですか、愚痴が出て当然と思いますよ。だいたいカウンセリングなんて、愚痴をこぼすところなのでは。。。
自分が思うところを全部吐き出して、そこから自分で立ち上がっていく力を見つけるわけですよね。素直に、まっすぐに吐き出すことがもっと奨励されるべきなのでは。。愚痴になりました、って、謝るところがさっぱりわかりません。(笑)この掲示板は愚痴大歓迎ですよ。愚痴だか何だか、とにかく吐き出しましょう。で、そこから客観的に問題を整理して、建設的な解決策を見出せばいいわけで。。。日本の人って、カウンセリングにまで行っても、きれいごとの美辞麗句を並べているかも??? まあ、美辞麗句を並べられるあいだは、カウンセリングは必要ないということになるのでしょうけど。。(笑) 

2 ジェットプログラムの青年ですけど、確かに、日本の高校すべてが同じだとは考えないだけの分別・知性はあると思います。というのは、こちらでは、こういう問題は、たとえば人種差別・ステレオタイプ問題で鍛えられているからです。たとえば、アジア系はみな背が低くてへなちょこーそれこそマハリナさんが言われたように、「こんにゃくだ」みたいなことは言えないわけです。みんな違うわけですから。だから、彼が日本の高校の先生がみな毎日飲みに行くとは考えてないと思います。
ただ、彼が息がつまりそうに感じたのは、日本社会の問題としてパターンがあると思います。

3 それは、”和”という美辞麗句を掲げる集団の論理です。高校じゃなくて、会社の飲み会でも、アメリカから日本に帰ったばかりだった友達は、大変だったと言ってました。飲み会に行って、自分は飲める口じゃないから、もう帰ります、と帰ったら、あとでものすごく怒られたというのです。あんたは、その場の雰囲気を壊したと。。聞いて、こちらは???でしたね。(笑)なぜ途中で抜けさしてもらえないのか。。なぜいつも同僚と同じ行動をとらなくちゃならないのか。。そのあたりだと思います、問題は。。人間が個として認められないということじゃないでしょうか、息がつまりそうになるのは。。私の職場でははっきりしてますよ、職場は仕事をしにくるところなんだから、それだけをやってたらいい、そのあとのことは、したい人がしたらいい、いっしょに飲んでも、途中で帰りたかったら帰ったらいい、それだけです。なぜそういうこちらでは普通のことが、そちらでは通用しないのか、でしょうねえ、きっと。アメリカ人でも、日本にいる限りは、日本人のように振舞え、というプレッシャーが働く??? それじゃ、何のために小学校から英語を教えようなんてことを官僚が考えるのか、わたしゃ、知りたいです。。。(笑)あと、大学が9月入学にするとか。。外見だけ、海の外のように整えても、そこで生きてる人間が、外国人に、日本人と同じように行動せよ、飲めなくても、人が飲んでるそばで我慢して見てろ、みたいなことを突きつけるのなら、いくら9月入学にしても、日本の大学にやってくる外国人はいないでしょう。。で、日本人だけが、国際化だの、グローバリゼーションといった美辞麗句を振り回してるわけです、中が空洞な言葉だけが踊るわけです。
(と書き出したら、きりがないので。。このへんで。。笑)

145.小さい、見えない、のつづきです 返信  引用 
名前:マハリナ    日付:2012/2/8(水) 21:42
たかこさん、じゃんぼさん、いろいろありがとうございます。

早速ですが、小さい、というのはよく思い返せば、地下足袋の会社員だった頃、
エレベーターで一緒になった総務部長が小さくて可愛かったので、
「小さいですね、身長何cmですか?」と聞いてしまった事があった気がします。今回の体脂肪君がはじめてではなかったです。どちらもよくないですが・・・。前者はおいておいて、後者はよくないのは百も承知でやってしまいました。

体脂肪君とのやりとりですが、はじめは教室ではない清掃場所ではじまりました。その時にすでに私は「小さい」と言っています。その後教室に戻っても「体脂肪」と言うのを止めなかったので、教室には担任がいたので、担任に許可をとり、床までみつめて「見えないなあ〜」と言った次第です。この時は担任が体脂肪君に向かって「いい加減にしろ」とか言ってたと思います。
それでこのときは彼は私にからむのは止めましたが、次の日は「こんにゃく」と言ってきました。その次の日は、体重を聞いてきました。
結局「小さい」と言って傷つけたかもしれないと、反省したのは、悩み損で、その方法では彼が相手の外見で相手が嫌がることを言うのを止める指導にはならなかったということが判明しました(予想通りですね)。
今週はこの学級は病休者が多く、学級が閉鎖されてしまい、体脂肪君には会えていないので、どうして「体脂肪」だの「こんにゃく」だのを彼が私に言うのかを質問出来ていません。
また、こんにゃく、と言ってきたのは、休み時間中でした。私を休み時間におにごっこに誘う4名の児童がおり、その子達と恒例のおにごっこを校庭でしていると、割って入って来ようとしたり、おにごっこの最中に、側にある鉄棒に「小さくてぶらさがれないから抱っこして」と言ってきたり、その後、給食指導時に体重を聞いてくるという具合でした。
こんにゃくは無視して、体重は「教えない」で片付けました。おそらくですが、来週また何か言ってくると思うので、なぜ言うのか理由を聞いてみます。理由を聞くことで、じゃんぼさんが書き込んで下さったことにも、報いることが出来るかもしれません。

それから、この学級もこの学校もかなりイケてないです。管理職のトップとその次の人がイケてないので、私には勝ち目はないです。困った事態があっても、この二人に言っても無駄です。この人達が定年するのを待ったほうが早いです。じゃんぼさんがおっしゃってるように、人格者や優秀な教員が校長や教頭になっているわけではないのは、ここの職場で痛感しました。他の教員達もこの二人には呆れてます。二人のおかげで、有り得ない事態がよく起こる職場です。

最後にジェットプログラムの青年の件ですが、私の場合はですが、地下足袋の会社では、技術部門R部の社員達は、忙しくて儲かっているから?なのか、ほとんど毎日のように飲みに行っていました。当然、事務部門にも声が掛かるのですが、飲みの誘いを上手にやんわり断ることは大変だったと思います。
それでもどうしても断れない飲みの誘い、というのもあり、それには参加するようにしていました。私は事務部門だったので、その程度で済みましたが、技術部門の社員はもしかすると、飲みに行かない部員=会社を辞める、につながってたかもしれません。でも別のE部ではそんなに頻繁に飲みに行ってはいませんでした。日本の一つの職場だけを見て、青年がアメリカへ戻ってしまったのは、残念に思いました。

144.(untitled) 返信  引用 
名前:じゃんぼ    日付:2012/2/8(水) 11:11
こんにちは、多佳子さん。
マハリナさん、その後、元気にやっているでしょうか?(ちょっと、心配)

ところで、ジェットブログラムの青年について
彼の勤務していた高校の先生たちって、よほど暇なのか???毎日のみに行く?信じられな〜い・・・私は、高校の現場は全くい知らないのですが、すべての高校がそんな感じとは、とても思えません。もちろん、時には飲み会もあるでしょうが、毎日??毎夜、遅くまで仕事をしている中学の現場からは想像もできない。こんなことで、一人の外国人の日本人観(悪いイメージ)が作られてしまうのは、悲しいですね。この場合、アメリカ人だと「日本の学校は・・・日本人は・・・」と解釈するのか、それとも「自分の勤務したあの学校は・・・」という風に分けて考えるのか、どちらの傾向が強いですか?日本人だと、いかにもわかったふりをして拡大解釈する前者の傾向だと思いますが・・・。だから、「お前は、この学校を背負ってる。お前の行動を見て、○○中の生徒は、って言われるんだぞ」というような指導をよくする人がいるんです。ちなみに、私はこういう言い方は、大嫌いでした。あなたは、あなただ、そんなこととは関係なく、こうするべきでしょ!って、いう思いでした。
でも、このアメリカ青年の感じたことを考えると(前者のようなとらえ方をするのであれば)、ある意味、このような指導も当たっているのかなあ。

ところで、学校や先生が世の中から少し離れていルということは確かにあるでしょうね。
特にこの頃、自分が年を重ねてくると、実感するのが、校長など管理職って、人格者だったり、優秀な教員だからなっているわけではないってことです。中には、たまに、素敵な先生だと尊敬する人もいますが、まれです。以前、教頭が、私に言った前言(校長の意見とは異なっていた)を、直後、校長に対して手のひらを返したように全く反対のことを言ったときは、唖然としました。私の目の前でです。ここまでかって感じ。その後、彼に対する私の信頼は、ゼロとなりました。いわゆるゴマすりですねー。あー、いやだ。でも結局、そういう人が出世している??
学校って、校長の器次第で、すごく違いますね。これも、実感しています。器大きいと、民主的になるし、職員会議でもよく意見が出るし、自分たちで変えていくことができる。やる気も出る・・・。
そうでないと、意見言っても、自分だけ。あとで、ぐちゃぐちゃ言うなら、何で会議で言わないの??
最近の若い先生だと、???と感じることも多いです。これは、何も教員に限ったことではないだろうけど。例を挙げたら、きりがありません。
でも、とにかく、もっと社会的なことに関心を持ってほしい。(だいぶ前に、外国人講師と話をしていて、従軍慰安婦のことになって、そのとき隣にいた男の先生(理科)が、それって何ですか?って。唖然!!別の場面で、別の青年(英語)が、僕は恋愛の話ならできるんだけど・・・ほかの話もできるようになってよ)未来を作る子供たちに接するんだから、その与える影響は計り知れないんだから、いろんな意味で幅のある人間になるように努力すべきです。

もちろん、がんばっている人、すばらしい熱意を持った先生、愛情あふれる人もいますよ。そこんところは、お忘れなく。

あ〜、ここまで書いて、単なる愚痴になってることに気づきました。愚痴です。建設的ではないです。愚痴ですが、削除せず、投稿します。

143.変形性股関節症と学校の先生 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/3(金) 12:33
ためしてガッテンを見ました。
大変です。私が、若いときから、背を低く見せようと、片足のひさをおったりしてましたが、あれは股関節にかなりの負担をかける姿勢で、股関節の痛み、腰痛とか足の痛みとか、いろんなところに出るそうです。
今、私にけっこう腰痛とかがあるのも、若いときからのそんな習性が原因かも。。。(悲)
みなさあん、健康が一番大事です。
誰に何と言われようと、堂々と背筋を伸ばしていましょうねえ。あと、お腹は突き出さないように。もう片足の膝を折るなんて昔話ですけど。。(笑)
おかしな立ちかたをして、のちに自分の健康を損なってもー40代、50代に発症するそうです。。悲、世間のうるさい輩は知らん顔なわけで。。。ばかたらしい。。やっぱり私たちの尊厳と健康を守るために、私たちは声をあげ続けるべきです!!!!(怒)

そうそう、もう一つ。。。日本の文部省がジェットプログラムというのを長いあいだやってます。日本の中学高校に英語の先生を送るプログラムです。それに参加した青年のお母さんに今日会いました。息子さん曰く、日本文化は好きだけど、日本(人)の学校の先生には我慢できないから、3年に契約延長せずに一年で帰ってきた、とのこと。その息子さんが配属された高校の先生たち、毎日、飲みにいくんだって。。で、その息子さんがみなといっしょに行かなかったら、変人だ、とか言って嫌うそうです。学校には、あまり社会変革?のためのロールモデル養成は期待できない感じ???教師そのものがつまらなそう。。(怒悲)


ページ: |< << 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb