[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トールクラブひまわりの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



172.今日のアサヒドットコムニュースから 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/3/5(月) 0:2
こういう話はいいですね。読んだだけで、心があったかくなります。。食べにいかなくてもいいみたい。。(笑)ビジネスだから、利益があがる、採算がとれる、というのは一番大事なんでしょうけど、それでも、人が生きていくためのinitegrity, dignityに満ち溢れていたら、エネルギーをもらいますよね。お金では買えないエネルギーを。。こういうお店が増え、長続きすることを心から願ってます。


経営者もスタッフも聴覚に障害があり、手話と筆談で接客する。そんなカフェが東京・本郷にオープンした。個性を生かして働きながら、将来に向けて力を蓄える――。目指すのは、そんな場だ。

 「熱いので気をつけてください」「おいしいです。ありがとう」。どこの飲食店でも聞こえてきそうな会話だが、この店では、客席わきの壁に掲げたホワイトボードでの筆談や手話でやり取りする。店長の柳匡裕(まさひろ)さん(39)をはじめ、フルタイムで働く4人は全員、聴覚に障害がある。

 東京都文京区本郷5丁目にある店の名は「ソーシャルカフェ サイン・ウィズ・ミー」。「一緒に手話で話そう」という意味を込めた。お客さんの約8割は近隣の学生やサラリーマンで、スタッフに聴覚障害があるとは知らずに訪れる人がほとんどだ。メーンはスープで、具だくさんのポトフやビーフシチューなど約10種類を1杯610円から提供。コーヒーやケーキもあり、地元で定着しつつある。



174.Re: 今日のアサヒドットコムニュースから
名前:たかこ    日付:2012/3/7(水) 5:44
今日、職場でミーティングがありました。で、そのときにふと気づいたのですが、こちらでは、マイノリティのお店を支援しよう、みたいな動きがあります。職場が、マイノリティーたとえば、アジア系の人がやってるクリーニングのお店だとか、障害者の仕事?のリストを作り、みんなで、かれらのビジネスを支援しましょう、というわけです。
日本でも、たとえば区役所がそういうリストを作って、住民に配ったりしているのでしょうか。
乙武氏みたいに、自分で自分を”かたわ呼ばわり”しなければ、障害者に目を向けてもらえない、といった論法ではなく(まだ言っている。。しつこ〜〜〜い笑)、”障害”が自然と周囲の社会に溶け込んでいくような形になっていけばいいですよね。。

170.障碍の字について 返信  引用 
名前:しま    日付:2012/3/3(土) 16:52
障碍の字についてちょっと知っていたので書き込みます。

実は障碍が正しいのです。碍は礙の略字なので、本当は障礙なんです。

礙は石を前にして人がたちつくすさまから、さまたげる、さえぎるの意味を現す(「漢語林」)という字の意味があります。当用漢字表には採用されなかったので、代用として害の字を用いたという経緯があります。でも害の字は、障害物競走、害虫、損害、被害、などマイナスのイメージが強いことから、最近は本来の障碍(障礙)を使ったり、障がい、しょうがい、と表記しよう、とする動きが当事者(障害者)、行政などに出てきています。

「礙」の辞書検索です。
http://dic.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E7%A4%99
ウィキペディアの障害のページです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3
ある方のblogですが、分かりややすいです。
http://blog.goo.ne.jp/dance-fuji/e/6eb1f3d2ddfe3b05597911e3e2fd6ce4

あと、甲府の入園拒否のニュース。驚きますね。しかしたかこさんと同様に、申し立て者の、啓蒙を希望、というのにもまた感服しました。すぐポスターを作ったのも今回は早い対応ですね。



171.Re: 障碍の字について
名前:たかこ    日付:2012/3/4(日) 1:58
しまさん

はじめまして。
詳しいご説明、ありがとうございます。
言葉というのはむずかしいですね。
私としては、漢字が大変なので、しょうがい、か、もしくはもっと違う表現を考えてもいいのではないか、とか思ったりします。(すみません、私は部外者で、かつ勉強していないので、これからぼつぼつします)
たとえば英語でも、handicap は使われず、今はdisabled、もしくはdisabilityになっているのでは。。。英語がわからないので、詳しいことは勉強しなければなりません。でも、できない、ということはマイナスではない、というのが共通コンセプトだと思います。
障の字は、マイナスではないのですか。

こういう言葉の問題になってくると、たとえば私は、”平等”はやめてほしい、と思ってます。(笑)人間、横一直線の平らな水平線か地平線のイメージで、みんな等しいなんて、とんでもないと。(笑)私が好きなのは、”対等”です。形ー見た目はそれぞれ違っても、同じ土俵に立って向き合える、という意味で、とらえています。小さな人も大きな人も、しょうがいのある人もない人も、同じ土俵に立って向き合い、認め合う。。それを、現実は、大きな人と小さな人を横に並べて、背比べをさせて、部外者がふ〜〜〜んと言いながらながめる、みたいなことを私は経験してきました。その中には教師もいました。(怒)確か本の中に書きました。(笑)equalの訳は、平等ではなく、対等だ!!が私論です。。で、こうなってくると、福沢諭吉、でてこ〜〜い、となります。(笑)
これからもいろいろ教えてください。

167.今日のニュースからーやっぱりダメだね。。(怒) 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/3/3(土) 9:42
福島県からの避難者が東京電力福島第1原発事故による風評被害を受けたとして、甲府地方法務局に救済を申し立てていたことが分かった。福島から避難してきたことを理由に、人権を侵害されていた。同法務局が2日発表した。

 同法務局によると、申し立てた避難者は、自分の子供が住宅近くの公園で遊ぶのを自粛するように、近隣住民から言われた。更に、保育園に子供の入園を希望したところ、原発に対する不安の声が他の保護者から出た場合に保育園として対応できないことなどを理由に、入園を拒否されたという。

 同法務局は、避難者が相手への接触・調査を希望せず、地域への啓発を強く希望したことから、風評に基づく偏見や差別をしないよう呼びかけるポスターを掲示。

***避難者が相手への接触・調査を希望せず、地域への啓発を強く希望
の部分ですね、私の心を打ったのは。。。相手に接触したり、調査することで、問題を個人の領域に矮小化したくなかったのでしょうねえ。。地域への啓発とは、すばらしいな、と思いました。。ほれほれ、こういうときに、”絆”だの”思いを伝える”といういったきれい事は出てこないの???”絆”を言いながら、やっぱり偏見と差別だ。やっぱりまだまだ日本はダメです!!!(怒)  

165.ニュースレター 返信  引用 
名前:ハッピー    日付:2012/3/3(土) 1:26
こんばんは☆
大変ご無沙汰しています(*´-`*)ゞ 
たかこさん、ニュースレターをありがとうございました!
 
オフ会についていろいろと企画して私にも声をかけてくださったにも関わらず、アクシデントが重なり結局参加できず、、無念でしたー。でも忘年会の様子がきけて嬉しくなりました。人と人との素敵なつながりが感じられますね。
 
…今にして思えば、わたし一人で子供を連れて出かけるのはやっぱり体力的にちょっとムリだったかもです(泣) ふだんでも息があがって5分も抱いていられないんですよねー(笑) 
なかなか健常な方のようにはいきませんが、自分なりに元気に楽しく子育てやっています♪ 
それから、近況を勝手に報告(笑)
たかこさんにはお話済みですけど、昨年からいろいろバタバタで大変でした。 私の実母が病に倒れてしまったり(先週また心不全状態になり入院中)、さらにはダンナが今年の5月で失業することになったりで、もうえらいこっちゃです(T▽T)
大大大ピンチですけど、笑って過ごしてます(笑) ニュースレターの多佳子さんの言葉にもあったけど、今はお腹に力をいれて我慢!ですねー。 がんばります!!

それよりも!
ニュースレターの中で、たかこさんが学生時代のサイン帳を紹介されてましたけど、私も同じことありましたよーーーー。
実は以前に私もこの掲示板でその話題を振ろうと思ってサイン帳を探したことがあったんですけど、結婚するときに処分したのか?、見つからなかったんですよねー。

私のは、小学校卒業時に同じクラスのある男子に書いてもらったもので→→ 
ただ一言、「 背が高くていいね 」。 それ以外白紙!!ってのがありました。 卒業のお別れだから何か一言を求めてるってのに、わけがわからん。 小6のすることとは言え、悲しかったですね。書いてもらうんじゃなかった…って思った記憶があります。 その他、「中学入ったらもっと太ろうね」みたいなのもいくつかあったなぁ。。 まぁこれは毎年の年賀状にもみんなからよく書かれていたことでしたが>< おもちをいっぱい食べて太ろうね、とか。

続いて、中学卒業時に家庭科担当の教師に書いてもらったメッセージは→→ 
「 ハッピーさんへ。私はずっとハッピーさんが羨ましかったですよ。それは、あなたの "背" です。あなたは嫌かもしれないけれど、私にとっては憧れです。 ××××(以下シメの文は忘れた;) 」
いま思い出しても本当に腹立たしい。。。あまりに衝撃的で原本がなくても覚えてます(笑) 彼女はとても小柄な先生だったんですよね。 あなたは嫌かもしれないけど…と思ってるくせにそれを書いてよこす神経がわかりません。 教師からの言葉だから余計に傷つきました。 大人でも先生でも、何もわかってないんだ……って。

サイン帳にこういう言葉をもらった仲間って、きっと日本中にいっぱいいるんでしょうね。。。。


それでは、また顔を出しに参ります!
他の皆さんの書き込みを少ししか読んでないのですが、やっぱりここにくると大きなどっしりしたエネルギーを感じます。 身近な人たちが1ミリも共感してくれないことを、こんなにも分かち合える仲間って、ほんとに有り難い存在です。 ここに来るたびに再認識しています。



168.Re: ニュースレター
名前:たかこ    日付:2012/3/3(土) 10:38
ハッピーさん

こんにちわ。
子育て、大変でも、楽しんでいらっしゃるようで何よりです。
早く、お会いできる日が来ますように。
ハッピーさんも、サイン帖ではいやな思い出があるとのこと。。今でも、やってるのかなあ。。。
あれって、どこか、プりクラの写真の数を競ってるだけ、みたいな感覚があったような。。。(笑)
後ろを振り向かない、という立場からは、ああいうのを書いてもらう、というのは逆方向ですね。おセンチになってるだけ。。。おセンチ、意味なし!!!”絆”の連発と同じ。。(笑)福島から来た子供は、公園で遊ぶな、なんて、何が”絆”だ!!! きれい事、言うな、サイン帖廃止!!!(笑)
またいつかゆっくりとお話、できますように。。

162.見た目問題 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/3/1(木) 22:13
ともさん

いろいろ教えてくださってありがとうございます。
確かに私たちの問題は、見た目問題です。見た目に暴言問題ですね。すべての人をありのままに受け入れる、という気持があれば、大きいね、だの、スポーツは何をしてたの、とか、思い込みからごたごた言う人はいなくなるだろう、とか思うんですけどね。そうですか、まだまだ知られてないですか。じゃあ、がんばらなくちゃ。。(笑)
ともさんの問題は、いろいろ自助グループがあるとのこと、よかったです。当事者同士のempowermentが一番大事です。「ひまわりの会」もそうです。自分は一人じゃないんだ、と。連帯意識が何か行動につながれば、社会を変えられると思うんですけどね。これからもよろしくお願いいたします。
そうそう、連帯と書いて、ふと思いました。連帯という言葉と、今、日本ではやっている”絆”だの、”思いを伝える”という言葉とどう違うのかなあ。。連帯しよう、とは言いませんね。。”絆”はうんざりするほど聞いたけど。連帯は、一種の運動体を想像させるけど、”絆”はおセンチなだけ、という感覚が私にはします。”絆”なんかでごまかされません、連帯しましょう!!!(笑)
ともさんも、何か暴言とかでいやな思いをしたら、ここで紹介してくださいね。



166.Re: 見た目問題
名前:たかこ    日付:2012/3/3(土) 5:55
哲学カフェをのぞきました。

@「愛」よりも「お金」が大事!
A「見た目問題」は結婚・離婚に関係なし!

なかなか面白そうですね。本音をばっちり出してもいい場所ということでしょうか。
これは、東京で行われてるのですか。
こういう場があるというのが、力強いですよね。
ともさん、よかったですね。

気持ち悪がられるとのことー
それは、わたしの問題ではない、あんたの問題だ、と心の中で言い返すことで、乗り切れそうですか。

私なんか、日本へ行くたびに、なにやら変な扱いされるときがありますけど。。。相変わらず、人にはじろじろ見られますよ、今回は、着ていったコートがド派手だったのかも。。友達にそういわれました。。見回してみると、日本の人が着てるコートは黒ばっかり。。駅でも電車の中でも、こっちが気分悪くなりました。。笑 ちなみに、私のはほぼ全身をカバーする赤でした。。笑、じろじろうさんくさそうにされるたびに、心の中で、it is not my problem, it is YOUR problem と言い返してます。(笑)

問題は、暴言として、気持ちが外に出たときですよね、私たちがどう対処したらいいのか、長い長いあいだ悩んできたのは。。。ともさんも、いっしょに考えていっていただければうれしいです。

158.はじめまして 返信  引用 
名前:とも    日付:2012/2/29(水) 17:42
当事者しか書き込みができないかお聞きしたいのですが。私は、発達障碍者、ACなどです。さまざまなマイノリティの問題を考えながら過ごしています。よろしくお願いします。



159.Re: はじめまして
名前:たかこ    日付:2012/3/1(木) 5:52
ともさん

はじめまして。
正直言って、発達障害とはどういうものか、まったく勉強してません。(悲)またよかったら、いろいろ教えてください。
確かに、背の高い女性たちの会ですけれど、問題の根っこはおなじところにある、と考えてます。社会の意識を変えていこう、というスタンスさえ共有できるのなら、お互い、いえすべての人にとって、建設的な場になればいいな、と考えますよ。
乙武氏的、自分だけが障害者問題の代表、みたいな上から目線のアプローチには絶対反対ですから。。(まだ言ってる。。笑 だいたい、あの人だけがメディアでちやほやされるみたいな構造自体が間違ってますから、そこの部分を撃つには、数は力を追求しなければ。。笑) 


160.Re: はじめまして
名前:たかこ    日付:2012/3/1(木) 5:54
発達障碍者、AC

すみません。漢字が違いますね。障碍となっている理由から、教えてくださいませ。ACって何ですか。無知でごめんなさい。

157.ご報告 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/29(水) 8:36
と題して、今回、日本で見たことを書いたのですが。。。
掲載されたりされなかったり。。。私のコンピュータは、ウィルスに毒されているのでしょうか。(悲) 
関空で、私より背の高い若い女性が、ANAだかの地上職員をしていて、素敵な制服を着ていたことなどを書きました。お客様を見下ろすことになってもいい時代になったみたいでよかった、という内容だったのですが。。。

156.ご報告 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/28(火) 21:15
昨晩、日本から帰ってきました。今回びっくりしたことー
関空に、確かANAだったでしょうか、地上職員の女性に私より背が高い人がいました。ちゃんと制服を着てました。(笑)特注だったかもですが、昔、言われたような、接客業はお客を見下ろしてはいけない、みたいな言説が、いよいよ過去のものになりつつあるのでは、と実感しました。とにかく背の高さにびっくりして(笑)、顔は見ませんでしたが、航空会社の人ですから、美人に違いありません???(笑)あと、サンフランシスコに降り立ったとき、これまた私と同じぐらいの背の高さの、こっちは私同様のおばさんが(笑)、いました。大きい女性を二人も見て、すごくうれしくなったので、ご報告です。(笑) 

152.こんばんは。 返信  引用 
名前:じゃんぼ    日付:2012/2/11(土) 20:33
愚痴について
はい。私の中に、愚痴は言うべきでないもの、愚痴を言うことは恥ずかしい、あるいは見苦しいものという潜在意識があります。愚痴なんて、聞きたい人はいないし、聞いたら気分よくないし、・・・という意識です。「愚痴は言ってもしょうがない」ということです。そうやってしつけられてきたからか、黙って何とか自分で苦境を切り抜ける努力をするという精神が宿っています。でも今まで、苦しいときは、心を許せる人たちに話を聞いてもらいずいぶん助けられたのも事実ですが。はき出しているうちに、自分で方向性が見えたりひらめいたり、整理できたりするのも事実ですね。
ただ、私が書いた「愚痴」とは、多佳子さんの言うような、「そこから問題を整理して、そこから建設的な解決策を見いだす」ことにまでつながっていかない、ただ、ぐだぐだと言いっぱなしにしているだけのもの、そういうとらえ方で、愚痴と書きました。といことは、つまり、私の中で、問題が整理できておらず、解決策も考えられてなかったからです。もしかして、解決していくぞという意欲も薄かった??だとしたら、反省ですね。


ご近所の青年について
ステレオタイプにものを見ないだけの分別(この言葉も、最近使われてないような・・・懐かしさを覚えます。)、知性があると言うこと。少し、安心しました。多佳子さんの言うように和(一面的な和ですが)を前面に出す集団の論理は、確かに強く存在すると思います。これは、何も学校だけでなく、あらゆるところに。それに異議を唱えると、変わってると言われてしまうような無言の圧力?

ハッと思った言葉は、「脅し」です。これだ!私が、いつも嫌な気分になり心底同調することができなかったのは!叱る、あるいは指導するとき、その手法が脅しの手法ということが多くあるのです。指導する側がそれを認識しているかどうかは別として、よく見られますね。ここで詳しい例は述べませんが、いわゆる力で指導するとこうなることが多いです。
先日、外国(ヨーロッパ)で子育てをしている友人と話をしたのですが、そのときに、大人が子供に対するときの接し方の違いが、話題の一つとなりました。なかなか興味深いものがありました。知っている(違いについて)つもりだったのに、へ〜っと思うこともあったりして、おもしろかったです。
彼女とお子さんの体験(病院や保育園、その他)をいろいろ聞いていて、次のように感じました。
日本では、小さい子供を大げさにちやほやする反面、「子供には理屈で言ってもわからない」という意識も強く、有無を言わさず(親に話すことはあっても、子供自身への説明はせず)対処するのでは?ということです。
だから、逆に、あなたはどう思うの?と考え方を問われることも少ない?これが、幼いときだけでなく、小学校中学校にも、つながっている?つまり、子供は、あくまで子供であって、一人の人格としてとらえる意識が薄い?これは、言語の違いにも現れていますよね。例えば、英語の you,I (誰に対しても)に対して、日本語は、相手と自分の関係によってものすごく変化をします。
ものすごく大きな文化的なものが、様々な現象になってあらわれているわけだから、変革していくことは、大仕事です。まずは、思ったら発信していくしかない?

十人十色について
>昔の方が寛容だった?
これは、子供への教育という点で、私がすごく感じていたことです。
世間一般には、多様な考えが存在するようになり、価値観も広がってきている感がありますが、子供たちに親が求めるものは、すごく狭くなっています。勉強ができること=優等生。いったん、うちに帰れば、昔は、近所の人や親から、勉強のことばかり言われることは少なかったし、子供を認めたりほめてやったりするときに、もっと幅が広かったと思うのです。かつての方が、子供がのびのびしていられたような気がします。今は、一つの理想型があって、一人一人違うのにも関わらず、それに到達させることがいいことと考えている大人(親?)が、多い気がする。あるいは、そうさせないといけないという感覚。

ことわざ   おもしろそうですね。 使われなくなってきた言葉も、よくよく考えてみると、結構多い気がする。

マハリナさんの少年について
もしかしたら、愛情に飢えているかも??マハリナさんにかまって欲しいかもしれません。まず、遊んでやって、かわいがってみたら?で、関係ができたら、いろいろ指導できる??
その子を見てないし、何とも言えませんが、ふと、そんなことを思いました。

では、また。



153.Re: こんばんは。
名前:たかこ    日付:2012/2/11(土) 23:28
じゃんぼさん、おはようございます。

先生たちの”脅し”の例をあげてくださいよ。知りたいです。(笑)
生徒に、”お前が学校を背負ってるんだ”以外に、どんなのがあるのでしょうか。
考えてみれば、勉強しなさい、じゃないとお父さんみたいになるよ、と母親が言うとしたら、これも一種の”脅し”ですよね。

”脅し”と現実直視のリアリズムとの違いは何かーほんとうに子供のことを思っている”心”があるかどうか、それとも脅す側のエゴが前面に出るか、かなあ。。生徒に学校の体面とやらを背負わせるのは、完全に言う人間のエゴが出てますよね。お前、おかしなことをして、俺に迷惑かけるなよ、わかってるやろな、みたいな。。(島田紳助だ。。笑)

マハリナさんの学級には、普通学級は無理、と評価が出ている子供さんがいるそうなんですよ。親が、普通学級に入れてくれ、と願うと、普通学級に入れざるをえないみたいな環境があるのでしょうか。これなどは、親が学校を”脅している”? で、体面を気にする学校は、わかりました、と”脅し”に屈する? で、私なんかは思うのですよ、その子供さん以外の子供たちの学ぶ権利はどうなるんだ、と。もし、その子供さんが学級をかき乱しているのなら。。

価値の多様性だとか、これまた美辞麗句の立派な漢語が並びますけど、本質的には、じゃんぼさんがおっしゃってるように、心はすごく狭まってる感じがします。結局は、学校を”脅す”モンスターペアレントみたいな、言いたい放題が”人権”といったこれまた美辞麗句でごまかされてるみたいな感じ。。で、そのごまかし自体に、価値の多様性とかという立派な標語がかけられているみたい。。。

ものすごく大きな文化的なものが、様々な現象になってあらわれているわけだから、変革していくことは、大仕事です。まずは、思ったら発信していくしかない?

はい。そのためのコンピュータ世界だと思います。いろんな国の政府批判の大きなデモなどは、コンピュータの力が大きいんですよね。個人情報の流出、個人批判など恐ろしい世界ですけど、エゴを出さぬようにしてうまく使えば、ものすごい力をもってる世界だと思います。
背の高い女の悩みで始まったトールクラブですけど、いじめ撲滅をめざして、つながっていこうとすれば、もっと輪が広がるかも。。(笑)自分たちで発信していくしかないです。学校はあてにできません。(怒笑)


155.Re: こんばんは。
名前:たかこ    日付:2012/2/12(日) 1:17
解決していくぞという意欲

これだと思います、何事も、突き抜けられるのは。

私が職場の白人女上司を訴えてから、ちょうど3年が経ちましたが、今、職場のトレーニングセッションのリストを見ていると、あの当時、私のカウンセラーだった人が、職場でのダイナミズムをどう切り抜け、チームワークを作っていくか、とか、いい上司とはどんな上司か、とかいろんなトレーニングをやってます。で、もちろん、私のケースも、もちろん手を加えて、紹介されてるでしょう。だって、上司のdiscrimination, harrassment, bullying, favoritismとか、私が並べたてたのが全部並んでますから。。(笑)

で、思うに、愚痴も含めて、ありとあらゆる情報を集めて、そこから問題の解決策を練っていく、というのは、私たちの生きてる証なんじゃないか、とか私は思ってるんですよね。ところが、このあいだ、ちょこっと取材した日本人から聞いたのは、日本って、行政がまず枠組みを作って、行政がOKを出さないと、絶対に物事って動かないそうなんです。それって、完全に、公務員以外の、普通の人をバカにしてる発想だと思います。お上が偉いんだ、みたいな。。。だから、お上の言うことは黙ってきいておこうという人は絶対にいるわけで、お上をバックに従えてるから、そういう人はすごく偉そうな態度で、脅しに出るー、で普通の人は、怖くなって、愚痴で終わる。。。この悪循環の心理は、今度の東電の事故なんかで、断ち切られたらいいな、とか、こっちから思ってますけど、やっぱり無理かなあ。。。(悲)

とにかく、問題を解決しようと、一人一人の人が、自分の頭で考えて、何か行動に移す、というのは、私たちが息をして、生きてる証なんだ、お上なんか吹っ飛ばせ、ですよ!!!(笑)

151.十人十色 返信  引用 
名前:たかこ    日付:2012/2/10(金) 14:3
ときどき思ってます、いつか、言わなくなった諺を考えるみたいなことをしてみたいな、と。で、この「十人十色」も、その一つです。昔は、こういう言葉があったんですよね。みんなそれぞれに違う、という意味ですよね。。。(もしかして、私の解釈間違ってるかも。。笑)そういう言葉があったということは、昔のほうが、今よりはるかに、他に対して寛容だった??? 

150.あとで、また 返信  引用 
名前:じゃんぼ    日付:2012/2/9(木) 9:47
多佳子さんの書き込みを読んでて、「ハッ!」と、思うことがありました。今から出かけるので、また夜にでも書き込みます。では、では。


ページ: |< << 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb