[ 携帯用URL ]
離れて暮らす親子の面会交流を考える

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



830.(untitled) 返信  引用 
名前:へこみ    日付:2010/8/28(土) 20:45
チャットに行ってみるんべー(群馬弁)
@サッポロクロラベル飲んでます。

826.ちょっと嬉しいこと 返信  引用 
名前:航空総監    日付:2010/8/26(木) 20:55
 皆様今晩は。相変わらず、暑いですね。都知事には、もう少し真剣にヒートアイランド対策をやってくれ、と叫びたいところです。幹線道路のスプリンクラー設置、ビルの屋上の緑化……などを徹底してくれれば、かなり違うと思うんですが。ビルの屋上の緑化が難しいというなら、まずは、都立、区立の学校の校舎、役所のビルなどの屋上をすべて緑化するところから始めればいいと思うんですがね。

 ま、それはそれとしまして。

 今、夏休みですから、毎日、頻繁に子供たちとメールのやり取りをしているんですが、さきほど、「ほー」と思うメールが倅からきました。

<今ママにないしょでメールしてるんだ。あのさママが清原さんの名言集ほしいんだって。パパと僕とのプレゼントにしない?絵文字>

 という内容で。

 なにゆえあって清原なんだ、という疑問はむろん、ありますが(笑)、こういうのって、なんか嬉しいですよね。倅の妻に対する優しさも嬉しいし、妻に隠してこっそり、こういう話を私に持ちかけてくれることも嬉しい。

 まあ、足りない部分はもちろん、多いんですけど、なんとか親子の信頼関係は構築できているのかな、と思いました。

 上記、私事ながらご報告まで。



827.Re: ちょっと嬉しいこと
名前:へこみ    日付:2010/8/27(金) 6:51
お疲れ様です。
息子さんの優しさが良くわかるエピソードですね。
結局、子どもと一緒に暮らすというのは、子どもがいわゆる良い子に育つというのは、別問題なのかもしれませんね。総合的な環境なんだろうな。
しかし、子どもからすると、自己確立には、面会交流は必要ですよね。根無し草にならないために。何といっても父母は自分のルーツですから。たとえダメ親でもダメさを知らないと。
だから、同居親が「実の親と会うと子どもが不安定になる」という主張を真顔でするのは、ある意味すごいなと思います。で、裁判所もそれを認めちゃうんですからW
ウチの奥さんが一緒に暮らしていたときに言っていました。「離婚したらパパはお星様になったと言う」と。そりゃ、自分の第二の人生のためには、その方が都合が良いですわなW

しかし、清原名言集とは、またすごいところ振ってきますね。野村監督じゃないんだW


828.Re: ちょっと嬉しいこと
名前:航空総監    日付:2010/8/27(金) 9:42
 へこみさん、レスありがとうございます。

>子どもからすると、自己確立には、面会交流は必要ですよね。根無し草にな
>らないために。何といっても父母は自分のルーツですから。たとえダメ親で
>もダメさを知らないと。

 これは重要なことだと思いますね。で、私の場合、子供たちに、じいちゃんばあちゃんの話をよく聞かせます。これも、自己ルーツの認識のためですね。うちはもう、私の両親は身まかっておりますんで、彼ら、私から聞く以外に、知りようがありませんから。

 このことには、意外な副産物もありました。私のオヤジは電電公社員だったんですが、戦時中は、戦闘機に乗っておりました。それを伝えてやると、子どもなりに、戦争に関心を持つようになったりするんですね。また、母親は教員でしたから、子供たちにとっても身近な存在で、自分たちの担任の先生を理解するいい機会にもなったようです。

 で、ですね、以下は決して宣伝ではないんですが(笑)、私、「立ち上がる人たち」という連作集に入れた『みにくいアヒルの子』という短編で、父親を知らずに育った子供の、自分のルーツの問題を取り上げたことがあります。

 主人公は中1の女の子。この子は、学校で突然、いじめに遭うようになるわけです。この子は離婚家庭に育っていて、お父さんを知らない。やがてお父さんとの再会の日がくるが、その時には……というような話。

 あ、宣伝ではありませんからね〜(爆)。決して、買って読んでね♪、という話ではありませんからね^^; その点、誤解なきよう(笑)

>だから、同居親が「実の親と会うと子どもが不安定になる」という主張を真
>顔でするのは、ある意味すごいなと思います。で、裁判所もそれを認めちゃ
>うんですからW

 この辺は、<捩れきった論理>というべきでしょうね。「実の親と会うと不安定になる」というのであれば、じゃあ、どうすれば不安定にならなくてすむのか、を考えて、その方向の努力をするべきなのに、そうではなく、実親を排除することで問題を解決しようと言うんだから、これはもう、とんでもない話ですよね。問題解決の方向を間違えている。これをほかの事例に当てはめてみれば、どれほどおかしな論理かが、容易に分かるはずです。

 結局は、親の都合を優先して、子供の利益を制限している、ということにしかならないと思います。

>ウチの奥さんが一緒に暮らしていたときに言っていました。「離婚したらパ
>パはお星様になったと言う」と。そりゃ、自分の第二の人生のためには、そ
>の方が都合が良いですわなW

 つまりまあ、<自分の都合>と、<子供の利益>がゴッチャになる場合が多い、ということですよね。しかし、ま、それでも、別居期間中に頻繁に子供と会ってさえいれば、奥さんのそういう考えも無力化できるわけですから、面接交流がいかに大切か、ということになると思います。

822.ニュース 返信  引用 
名前:航空総監    日付:2010/8/25(水) 16:45
「別居の妻殺害、無罪を主張 中部電社員の被告」
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082501000424.html



823.ニュース2
名前:航空総監    日付:2010/8/25(水) 16:48
「小中学校の教員2万人増計画 35人学級実現へ 文科省」
http://www.asahi.com/politics/update/0824/TKY201008240535.html


824.ニュース3
名前:航空総監    日付:2010/8/25(水) 16:52
「2児放置死、母親を3か月間の鑑定留置」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100825-OYT1T00793.htm


825.ニュース4
名前:航空総監    日付:2010/8/25(水) 16:58
「『心中するつもりで殺した』母親逮捕 町田のホテル5歳児死亡」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100825/crm1008251635015-n1.htm

821.禁煙 返信  引用 
名前:タケ    日付:2010/8/24(火) 10:32
残暑お見舞い。
連日のスーパー残暑の中、いかがお過ごしでしょうか?

わたしは禁煙して1カ月が過ぎました。思っていたほど苦しくありませんが、うわさ通り腹が減ります。わたしは食べるスピードが速く、そして夜は酒を飲みます。最近胃の痛みを感じるようになりました。

でも禁煙するとタバコのにおいに敏感になりますね。職場のふとんがタバコ臭くてたまりません。禁煙を推進する人たちの気持ちがわかります。

819.ニュース 返信  引用 
名前:航空総監    日付:2010/8/20(金) 9:50
「父親を無理に演じて暴走…『母の彼氏』はなぜ虐待する!?」

※事件一覧表もアリ

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100819/dms1008191609026-n2.htm



820.ニュース2
名前:航空総監    日付:2010/8/20(金) 9:56
「虐待通報から『48時間以内』確認を徹底 厚労省が通知」
http://www.asahi.com/national/update/0818/TKY201008180287.html

817.本人尋問終わりました。 返信  引用 
名前:へこみ    日付:2010/8/19(木) 17:26
本日本人尋問でした。
みなさんいろいろありがとうございました。特に隊長には大変お世話になりました。隠し球の証拠も採用してもらいました。
妻の陳述書の面接時「ママがいい」と面接に行きたがらないという部分の反対尋問で「子どもが両親に情愛の念を抱くのは自然であり、それを疎外する要因があるなら取り除くのが母親の務めではないか?」と尋問するときに、つい感情が高ぶって私が泣いてしまいました。
10月が判決ですが、「まあ、いろいろあるけど、破綻してるから離婚」という単純な離婚を認める判決が出ることも十分予想はしています。



818.Re: 本人尋問終わりました。
名前:隊長    日付:2010/8/19(木) 20:24
お疲れでした。書き込みの様子からは、まぁ納得のいく当人尋問だったようで、何よりです。

思うことは多々お有りでしょうが今日のところは、ゆっくり休んでください。

よくやったよ。不利を承知で附帯処分も求めずに臨んだのですから。

ところで、和解勧告は出なかったの?

804.ハーグ条約批准へ 返信  引用 
名前:隊長    日付:2010/8/15(日) 17:19
殆どの新聞で報道されているので皆さん、ご存知のことと思いますがハーグ条約が年内に批准されるようです。

但し、国内法の改正は未定だそうです。

そう共同親権はもとより、面接交渉権の明文化も未定です。

たぶん、やれても面接交渉権の明文化のみでしょう。で、具体的な手続きは今まで通りとなります。

散々、ハーグ条約を批准しないことは先進国として恥だなんだと騒いでいた人たちは早速、国内法が改正されないのならハーグ条約は批准すべきでないと意見表明しています。

アホか?結局、ハーグ条約をだしに使って自分の問題を解決しようとしていただけ。

だから嫌いなんです、ああいったデモやっている人たちが。

姑息極まりないし、今まで言ってたことが、全部、嘘だったってことです。

そんな人たちは、いつまで経っても問題は解決しません。

またハーグ条約批准の流れも止められないし、批准してからどうするか?が問題なんです。

ハーグ条約を批准して、国内法が変わらず、手続きも同じならどんな事態になるのか?

想像すればわかることです。

デモやっている方々、これで目が覚めたでしょ?デモやっている時間を、自分の子供の事を考える時間に、問題を解決する方法を考える時間に変えてください。

そうでなければ、子供が可哀想です。

共同親権、面接交渉が法制化された日のあなた方の子供は、貴方という親を恨んで育った大人になってしまっています。

時間だけは誰にも止められないんです。

デモに参加されるより、一緒に、どうしたらいいか考えましょう。



806.Re: ハーグ条約批准へ
名前:航空総監    日付:2010/8/15(日) 18:24
 お疲れです。

>殆どの新聞で報道されているので皆さん、ご存知のことと思いますがハーグ
>条約が年内に批准されるようです。

 どうもそんな流れのようですね。犯人引渡し条約を結んでない国から、ピンクパンサーを日本に移送した、という出来事もありましたから、これからは、国境を跨げばそれで逃げきれる、という考え方は通用しなくなりそうですね。私は、よいことだと思います。

>但し、国内法の改正は未定だそうです。そう共同親権はもとより、面接交渉
>権の明文化も未定です。

 これ、当然のことのように思いますね。ハーグ条約のキモを見ればわかることなんですが、共同親権とか、面接交渉の問題とは関係のない、国際条約ですからね。

>たぶん、やれても面接交渉権の明文化のみでしょう。で、具体的な手続きは
>今まで通りとなります。

 私は、面接交渉の明文化には反対の立場なんですよ。何故かというと、それをやったところで、隊長が仰るように、手続きは今までと変わらないから、さほどメリットはありませんね。しかし、逆にデメリットは多い。たとえば、離婚後の夫婦に面接交渉権がある、と明記してしまうと、それ以外の人にはないことになる。たとえば、祖父母とか。このあたりが難しいですよね。

>散々、ハーグ条約を批准しないことは先進国として恥だなんだと騒いでいた
>人たちは早速、国内法が改正されないのならハーグ条約は批准すべきでない
>と意見表明しています。
>アホか?結局、ハーグ条約をだしに使って自分の問題を解決しようとしてい
>ただけ。

 この辺りは、すごく哀しいですねえ。

>共同親権、面接交渉が法制化された日のあなた方の子供は、貴方という親を
>恨んで育った大人になってしまっています。

 たとえば、ハーグ条約が批准されれば自分の問題が解決できる、と考えていた人や、共同親権になれば、一発で解決する、と考えている人たちは、そうなった場合、いくら相手方と紛争が続いていて、相手方に拒否感情があっても、行政ないし司法が、強制的に子供と会わせてくれる、と考えているんでしょうかね? 私は、そんなことはありえないと思いますよ。

 逆に、相手も更なる対抗措置をとらなければならなくなるから、紛争が激化するだけだと思います。

 社会運動系の人に抜けているのは、ここの視点ですね。相手との紛争の解決は、あまり目指そうとしない。そうではなく、第三者の強制力によって、相手を押さえつけようとしている。国際条約であったり、法改正であったり……私は、そういう考え方はどうもね。

 しかも、今までさんざん、批准すべきだと、大所高所から、それこそ雲の上のような上から目線で、ハーグ条約批准の大切さを説いていた人たちが、自分の思惑と反したら、直ちに反対の声明をする。なんだかなあ。これでは、どうもね……。

>時間だけは誰にも止められないんです。
>デモに参加されるより、一緒に、どうしたらいいか考えましょう。

 仰るとおりです。子供が子供でいる時間は限られています。そのタイムリミットとの戦いなんですよ。私もいつも、時間がない、時間がない、とそればかり考えていますよ。


809.Re: ハーグ条約批准へ
名前:航空総監    日付:2010/8/15(日) 21:15
 それとねえ、いくらなんでも、日本の新聞の記事を、勝手に英訳してサイトで公開してはいかんよね。著作権というものがあるんだし……。


813.Re: ハーグ条約批准へ
名前:隊長    日付:2010/8/18(水) 16:25
報道表現の意味を知らずに、今度はハーグ条約批准を否定してる人たちへ、こそこそとしてないで、書き込みをして教えて下さいと言えばいいだろうに。

今回の報道は「政府筋より」ですから3人いる官房副長官の誰かか、外務省または法務省の局長がオフレコで記者にしゃべっています。

となれば、役人の現場は聞かされていないでしょうし、聞かされた記者も数少ないはずですよ。ネタ元が共同通信ですから、たぶん、外務省の局長または外務担当の副長官でしょうね。


814.Re: ハーグ条約批准へ
名前:航空総監    日付:2010/8/18(水) 18:19
 なんか、社会運動系のサイトでは、当該記事について、「根拠不明」というタイトルで否定しようとしているところもあるようですね。ちょっと吃驚しています。

 共同が根拠のないニュースを配信することは、まあ、ありえません。これは、社会常識ですよね。自分の狭い範囲の中で色々と当たってみて、記事に確信がもてないからといって、あたかも報道機関が<根拠のない>ガセネタを配信したかのようにブログに書いてしまうのはどうなんでしょうね? 私は、それは自意識の肥大化以外の何者でもないと思います。

 もちろん、メディアリテラシーは大切です。記事の背景とかを考えることも必要。しかし、自分たちの考え方に合わないからと言って、自分の周りの狭い範囲に問い合わせをしてみて、その人たちが知らなかったからといって、<根拠不明の記事>を共同が配信したと騒ぐような姿勢はどうなんでしょう?

 私は共感できません。


815.記事の読み方
名前:航空総監    日付:2010/8/18(水) 18:40
 変なふうに騒ぎが大きくなるのは意味がないから、当該記事について、ちょっと分析してみましょうか。

>政府は14日、国際結婚が破綻(はたん)した夫婦間の子どもの扱いを定め>た「ハーグ条約」を来年にも批准する方針を固めた。

 この部分は読んでそのままです。

>離婚後も子どもが元にいた国の司法制度に基づいて面会交流、子どもの引き
>渡しの可否などを判断できるよう国内の手続き法を整える方向だ。

ここでいう<手続き法>というのは、

1、勝手に連れ帰ってきた子供を元の国に戻す、ということを、なんらかの法律に明記する、ということですね。今は、ハーグ条約を批准しても、子供を元の国に戻す法的根拠がありませんから。なので、その法整備をする、ということ。

2、ただし、申立があれば無条件で返す、ということでは子の安全が担保できないので、<除外条項>も検討する。たとえば、DV被害とか。

3、で、実際にその業務(子供の引渡し)をどこが担当するかの法整備も行う。

 といった辺りですよね。国内における事案に関しては、とうぜん、関係ありません。それはハーグ条約とは無関係のことですから。

>国際結婚、離婚の増加で子どもの親権をめぐるトラブルが後を絶たず、日本
>は欧米各国から早期加盟を求められていた。

 ここは事実関係の指摘。

>政府筋が明らかにした。長期間この問題を放置すれば、日本の国際的な信頼
>低下につながりかねないとの判断だ。

 この<政府筋>というのが、隊長の仰る官房副長官か、法務省ないし外務省の局長級ということになるわけですね。つまり、ネタ元は、これこれですよ、とここで記してるわけです。ちなみに、<政府高官>と書いた場合は、官房長官を指すのが通例です。

 で、ここでちょっと想像してみますとね、記事の下のほうに、わざわざ、

>今年2月には当時の鳩山由紀夫首相が前向きに検討する考えを表明。昨年1
>2月には外務省がこの問題をめぐる「子の親権問題担当室」を設置した。

 と書いてあるわけですよね。となると、ソースはこの辺りだと想像できる。つまり、外務省の担当部局の局長級からのニュースだな、と考えられるわけですよ。あるいは、そこからの意向を受けた、担当官房副長官ですね。

>ただ、国内法整備には時間がかかる見通しで、具体的な時期までは定まって
>いない。

 これはとうぜん、時間がかかる。で何故、わざわざこれを書かせるかというと、条約の批准だけでは、すぐに大きく変わるわけではありませんよ、というアナウンスですよね。

>ハーグ条約は、国際離婚した夫婦の一方が無断で自国に連れ帰った子どもを
>元の国に戻す手続きやルールを規定。子どもの迅速な返還や、面会交流(面
>接交渉)の権利保護の手続きを整備するよう加盟各国に求めている。

 この辺りも、事実関係の指摘。

>日本は離婚後、片方の親が親権者となる単独親権制度を取っており、親によ
>る子どもの「連れ去り」が事実上容認され、夫婦が別れた後の親子の交流に
>関する規定も整備されていない。市民団体などは欧米各国と同じように共同
>親権を認める民法改正を求めているが、今回は見送る方針だ。

 このアナウンスが一番、大きいともいえる。つまりね、ハーグ条約の批准だけでは、日本人の生活等が大きく変わるわけではない。しかし、共同親権等にすると、社会はものすごく混乱するわけですよ。その辺りを心配する人もいるわけです。

 今回は、ハーグ条約は批准しますが、そこまでの大きな国内の変化はありませんから、安心してください、という政府筋のアナウンスですよ。

>ハーグ条約は欧米を中心に80カ国以上が調印しており、主要国(G8)首
>脳会議のメンバーで日本とロシアだけが未加盟となっている。

 これも事実関係の告知ですね。で、社会運動系の人のウソもここでバレるわけです。彼らは、日本だけだ日本だけだ、と騒いでましたからね。実は、ロシアも未加入だったわけです。


816.Re: ハーグ条約批准へ
名前:航空総監    日付:2010/8/18(水) 19:1
 で、最後にもうひとつ書いておきますとね、後追いはあったかもしれないけど、この第一報が載った時に、「朝」「読」には載ってなかったでしょう?

 ということは、共同独自のニュースということですよ。なので共同の加盟社だけが載せたわけです。

 つまり、政府発表とか、記者会見で出てきたニュースではなく、共同の記者が独自の取材の中で、<政府筋>の言葉を引き出したニュース、と考えていいわけですよ。


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb