[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
朱貴之酒肆

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



22.日テレ版水滸伝 返信  引用 
名前:シンシン    日付:2008/1/25(金) 3:3
 たまたまCATVで日テレ版水滸伝の初回を見ました。頑張ってはいますが、一民放で水滸伝を映像化するのは無理がありチープです。伏魔殿から百八星が飛び出るシーンも花火を使っているのが見え見え。登場人物の名前も原作と違うし。日本人には見なれぬ漢字だから「高求」と変えるのは仕方がないけど、「林中」はひどい。
 あえて誉めれば、テレビ番組用に一時間で収まるよう長い原作をうまくアレンジしてあるところ。
 時代考証、映像、物語、キャラのイメージはみな中央電視台版水滸伝に軍配があがります。まあ、あれも活躍しないのに公孫勝が上席にいるのはちと気に食わないんですが。
http://sinsin2006.web.fc2.com/



23.Re: 日テレ版水滸伝
名前:醉蝗@寨主@大阪    日付:2008/1/26(土) 11:31
どうもでっす。
確かに今見るとチープですけど、あれって30年以上前のドラマですし、日本テレビ開局25周年記念番組でしたから、恐らく当時としては結構なコスト掛けて作った斬新なものだったんだろうと思います。
寨主は子供の頃リアルタイムで見ましたが、当時の特撮とかと比べても、ちょっと珍しい作りだったと記憶してます。
公孫勝の道術なんて、今の技術から見れば笑っちゃいますけどね(笑)
でも、今でもあのドラマが最も水滸伝っぽいと思ってるところが一つだけあります。
オープニングの進軍シーンです。
あそこだけは今でも何度見ても楽しいっす。あの雑多感が将に梁山泊(笑)
内容については、中央電子台とは比べ物になりませんな、勿論。
ちなみに、山東電視台の水滸伝は、素朴ですけど中央電子台のものよりも更に原作に近い内容で作られていますよ。


24.Re: 日テレ版水滸伝
名前:シンシン    日付:2008/1/26(土) 21:47
 山東電視台の水滸伝は入手困難だろうな。

>でも、今でもあのドラマが最も水滸伝っぽいと思ってるところが一つだけあります。
>オープニングの進軍シーンです。

 なるほどたしかにあそこはにぎやかでいいですね。それと日テレ版水滸伝について検索していたらエノケンの水滸伝のデータみつけました。少し長いけど引用です。


水滸伝
製作=東宝映画 
1942.07.02 白系
10巻 2,678m 98分 白黒 製作 ................ 
平尾郁次
演出


25.Re: 日テレ版水滸伝
名前:シンシン    日付:2008/1/26(土) 21:53
 変なところで途切れ修正できないので情報源のURLを書きます。

http://www.jmdb.ne.jp/1942/br000660.htm

 発明博士轟天雷! なんだこりゃ。上映時間98分で李達の母親や羅真人まで出すのだからさぞかし原作は破壊されていることでしょう。1942年(昭和17年)の作だから、悪名高き満州映画協会の「花和尚魯智深」(昭和17年)、「豹子頭林冲」(昭和17年)、「燕青と李師師」(昭和18年)とほぼ同じ時期か。
(情報源は山口猛『幻のキネマ 満映』(平凡社)1989年)

 エノケン版も山東電視台版並に入手困難だろうし。満映版はもっと困難というより不可能か(昔、手を尽くして探したけど徒労でした)。
http://sinsin2006.web.fc2.com/


26.Re: 日テレ版水滸伝
名前:醉蝗@寨主@大阪    日付:2008/1/27(日) 0:56
エノケンの水滸伝、持ってますよ(笑)
微妙な水滸伝ではありますが。
エノケンが李逵なんですが、エノケンて小男なんで李逵には見えない。どっちかってーと鼓上蚤って感じですな。
内容がまた説明し難いっつーか何つーか、ミュージカルのようであり、コメディのようであり、シリアスな悲劇のようでもあり...
ちなみに、梁山泊でなく梁山伯だったりしちゃうところが、意図的なのかどーなのか(笑)

19.macについて質問 返信  引用 
名前:日向草雲    日付:2008/1/16(水) 9:55
 水滸伝辞書についてはいつも重宝しています。水滸伝は中国の文学なので漢字を拾いだすのも大変なのですがこの辞書があると水滸伝の文章がスラスラ書けます。ありがたいかぎりです。
 掲示板では『傾城水滸伝』の話題がありますが、これってたしか女水滸伝ですよね。
昔、高校生の時代岩波文庫の南総里見八犬伝を読んだときは目がちかちかして。文語体て嫌いと思ちゃいました。現代語訳があるといいですよね。
ところで『蕩寇志』ですが実は私の友人がだいぶ昔に全訳していて、出版社に持っていったが相手にされず、しかたないので自分で印刷したのがあります。もったいないからネットで公開すべきだと最近言いましたが忙しいのか彼がその気にならないのが残念です。
それで友人が腰をあげる前に翻訳され公開したほうがいいかもしれません。
 ちなみに読んだ感想は登場人物が潔白すぎて不愉快です。しかもみんな梁山泊以上の実力の持ち主ばかりで梁山泊大好き人間には壮快になるか疑問。
これでは梁山泊は単なる山賊として描かれており、退治されてしまうんですな。
 まえおきが長くなってしまいましたが、管理者だんは確かmac利用者でしたよね。
私は最近winからmacに乗り換えたので分からないことがあるので、先輩格に管理者さんに
ご教授ねがいたいのですが。
私は下手な漫画を描いているのですが、漫画に飽き足らずアニメーションを作成せんと3Dソフト買いました。ただいま特訓中なのですが、ここでふとmacのquickTimeは
windowsでは見れないことに気がつきました。macでもwinの動画見られれないものがありますよね。ネットで動画を公開するとしたらどんな形式のファイルで作成したらいいのでしょか。音が入りwindows利用者でも見れる動画形式なのですが。



20.Re: macについて質問
名前:醉蝗@寨主    日付:2008/1/17(木) 13:14
どうもです。
『女水滸伝』は馬琴が書いたものではなく、笠亭仙果の書いたもので別ものになります。
私も読んだことはないのですが、『水滸伝』と『水滸後伝』の関係のようなものらしいです。
前にも書きましたが、現在市販されている本としては、『傾城水滸伝』はないんです。江戸期のベストセラーだと言うのに...
明治の頃、続帝国文庫と言う有名な全集に入ったことがあるのですが、現在では入手不可能で、しかも編集の際にどう言うわけだか内容を書き換えているらしく、馬琴の書いたそのものとは違う内容になっているらしいです。
20年くらい前に、河出書房新社から江戸戯作文庫のシリーズとして2冊までは出たのですが、そこでストップしてしまいました。
私の持っているのは河出のものなので、全部訳しても途中まで、と言うより頭の方だけにしかならないんですわ、悲しいかな。
『蕩寇志』も前述の続帝国文庫に入ったのが最初で最後、以後日本では訳されて出版されていないので、是非upして欲しいですね。
残念ながら、原典を訳せるほど中国語に堪能ではないので、いや語弊があるな、中国語会話すらままならない語学力なので、私が『蕩寇志』を訳すのは無理とは言わないまでも10年程度は掛かること請け合いです(笑)

それはさておき、映像データに関して。
基本的にインターネットで閲覧できるデータはブラウザを介することになるので、プラグインが必要になります。
Macであれ、Windowsであれ、これに変わりはありません。
Windowsで一般的な映像データはMicrosoftWindowsMedia、MacではQuickTimeですが、いずれもWin用Mac用のプラグインがあります。
ですので、基本的にはそれをらのプラグインを入れれば、WinでもMacでも見られるようになります。
逆に言えば、何も入れなくてもWin/Macで見られる映像データは、今のところないと考えた方が良いです。
通常、必要なプラグインが入ってない状態で映像データの貼ってあるページを見ると、プラグインのインストールができるように、リンクが貼られるページが多いです。
実際、私のサイトでも一つだけQuickTimeのデータがありますが、Winでも閲覧可能です。
他にも映像系のフォーマットは色々ありますが、今は何がトレンドなのかな?
と、言うか、ここ数年ムービー系なんて作ってないので、最近の動向にさっぱり疎くてすみません(^_^;;;


21.Re: macについて質問
名前:日向草雲    日付:2008/1/17(木) 23:43
プラグインしてもらえばいいと分かりましたが。そこまでして動画を見てくれるか疑問なので
QUICKTIME版と音無のファイル版を作成してみようと思います。
ご教授ありがとうございました。
そうそう『蕩寇志』ですが自分が翻訳したのなら喜んで公開したいところですが、友人のものなのでそうもいきません。
ちょっと香りだけ。
以下梁山泊と対立する主人公たちのリストです。変換がめんどくさかったので一部ひらがなですが。
「猿臂寨」の頭領
張けい仲(張叔夜)、張伯奮、賀太平、雲天彪、陳希真(メインの人物)、劉広、伝玉、祝永清、陳麗卿(陳希真の娘)、雲竜
劉慧娘、金成英、蓋天錫、ケ宋弼、辛従忠、張応雷、地震てい、風会、荀桓、
楊とうこう、ひつ応元、祝万元、ほう毅、は蘭生、韋楊隠、李宋湯、欒廷玉、
聞達、真祥麟、欧陽寿通、孔厚、王進、唐猛、康しょう、陳念義、徐和、徐槐、
招忻、劉永錫、任森、顔樹徳、張鳴珂、王恭人、徐青娘、李成、荀英、王天覇、
賈夫人、魯招和、梁横、魏輔梁、真大義

16.古文は苦手 返信  引用 
名前:シンシン    日付:2008/1/11(金) 2:12
お久しぶりです。
 古文は現代語訳ですらなかなか読みませんので、『忠臣水滸伝』をゆっくり読んでいます。
 高校の頃は漢文はともかく古文が嫌いでした。動詞の活用の丸暗記をさせられるし、題材も女への愛がさめた男が女の歌を詠むのを聞き愛が戻るという単純なものばかり。

 おまけに一年生の時の担任が古典の教師。生徒の人間性に病的なまでに無関心。ホームルームの時間を古文の授業にしてしまい、クラスのことを話すことは皆無。熱心ではあっても、わめき叩きそして生徒を見下しながら授業をするので、生徒から猛反発。

 二年生の担任も古典の教師。こっちはやる気がなく生徒から質問されても、ゴニョゴニョごまかすだけ。機嫌がいいと居眠りをしても「おい、おきろや」ですむけど、機嫌が悪いとあくびだけでビンタ数発。本人の話では、自分は禅僧で禅寺で厳しい修行をつんだとのことだけど一般人より人間ができてない。この人物が処分も受けずに教師を続けているのが不思議でした。
 これじゃ古文が好きになれるわけがない。後に予備校の教師から「『入試に活用を書け』という問題は出ないので無理に丸暗記することはない」といわれ、眼からうろこの落ちる思いでした。たけど、古文嫌いが板についていたので「古文は捨てた。現代文で点を稼ぐ」と思っていたけれど。

 ですから酔蝗さんの古文読解力はすごいなと思います。

 こんなことを書きつつ、数年前注釈びっしりの『とはずがたり』を根性で読んでみたのは内緒です。あれはすごい内容だった。

http://sinsin2006.web.fc2.com/



17.Re: 古文は苦手
名前:醉蝗@寨主    日付:2008/1/12(土) 12:11
どうもでっす。
いや、寨主の場合はアレですわ。
一応、国文科出身で、古文の教師になれる資格を持ってるんす。

ま、古文で必要なのは、読んで理解できることなんで、文法なんてもんはその道具に過ぎないんですな。

で、以前にも書いたけど、まず直訳した後に現代語として無理のない文章にしないと、ちっとも本来の面白さが伝わらないですよね。
でも、ある意味二度手間になるので結構辛い、と言うか時間が足りない(笑)

幸いと言うべきか、本日只今から半年以上大阪出張になるので、暇な時間は『傾城水滸伝』の現代語に費やしますんで、乞うご期待m(_ _)m


18.Re: 古文は苦手
名前:シンシン    日付:2008/1/14(月) 17:45

>幸いと言うべきか、本日只今から半年以上大阪出張になるので、暇な時間は『傾城水滸伝』の現代語に費やしますんで、乞うご期待m(_ _)m


はい、気長に待ってます。『傾城水滸伝』のあとは『水滸後伝』『蕩寇志』など続編全ての翻訳を希望・・・(+_+)\バキッ。
http://sinsin2006.web.fc2.com/

11.久しぶりに更新っす 返信  引用 
名前:醉蝗@寨主    日付:2007/11/18(日) 16:9
どうもっす。
いやー、腰痛やらインフルエンザやら絢女はんの入試やらで、更新が延び延びになってましたが、やっと更新しました。
また半年も間が開いちゃったので、書籍関係は何か漏れがあっても不思議ではない(笑)
兎にも角にも、今回は書籍情報、特に国会図書館関連が多いっす。



12.Re: 久しぶりに更新っす
名前:醉蝗@寨主    日付:2007/11/18(日) 16:14
あと、『忠臣水滸伝』も追加しました。
ま、我ながら読む人はいないだろうな、と(笑)
1回の更新で原文5ページくらい現代語訳してますが、毎回4〜5時間掛かりますね。
そんだけ掛けても拙い訳文(T^T)
日本語って難しい...


13.Re: 久しぶりに更新っす
名前:醉蝗@寨主    日付:2007/11/18(日) 23:8
しかしあれですわ、同じ江戸期の古文でも、馬琴と京伝では大分違いますな。
当然と言えば当然だけど(笑)
馬琴の文章は歯切れが良くて無駄がないっす。
その点、『忠臣水滸伝』はくどい言い回しが多く、その分歯切れが悪いっす。
訳す際、本当は逐語に近い形で訳した後に、自然な言い回しに丸め直すと読みやすくて無駄のない文章になるのは判ってるけど、余裕がないのでその場で丸めながら訳してるんで駄文になるっす(^_^;
多分、『傾城水滸伝』辺りを訳すとなれば、元の文章が馬琴なだけに比較的そのまま訳してもテンポの良い文章になるような気がします。
所詮文章はリズムなので、言葉を選ぶのは重要なのよね。
ま、その文体がワンパターンだってー意見もあるだろうけど、ついつい読まされちゃうのよね、馬琴の文章って。
喩えがひじょーに悪いけど、馬琴の文章のリズム感をちょいと真似して書いたのが↓の頭の文章、なんとなく言いたいことは判ってもらえるかな?

http://homepage3.nifty.com/suikosai/sonjijou.htm


15.Re: 久しぶりに更新っす
名前:醉蝗@寨主    日付:2008/1/7(月) 22:38
と言う事で、今年一発目の更新は『忠臣水滸伝』の残りを一気にupしちゃいました。
今週から長期出張で半年以上行きっぱなしなので、戻って来るまで更新できそうもないんで。
次は『傾城水滸伝』かなぁ。
向こうで暇な時に訳すって手もあるな。
が、それには持って行かないといけないし...
ちなみに、もし『傾城水滸伝』を現代語訳するとしても、現在底本は河出の2冊しかないので、ほんのとば口までです。

14.あっと、忘れてました... 返信  引用 
名前:醉蝗@寨主    日付:2008/1/1(火) 0:39
今年もよろしくお願いいたします。

旧年中は何かと忙しく、つい喪中の連絡を書き忘れてました...
そんな感じで、相変わらずぐだぐだの弊寨ではございますが、本年も更新に相務める所存でございますので、皆様方には旧年同様の御贔屓を賜りますよう、伏して御願い上げ奉りまするm(_ _)m

                        醉蝗 敬白

9.復帰おめでとうございます 返信  引用 
名前:シンシン    日付:2007/10/4(木) 19:39
 お久しぶりです

 ブログ見ました。『水滸伝』の病○○ってあだなの意味、ずっと『水滸伝の世界』の解説を信じていたんですが。「○○まさり」という意味だとは。
 とはいえ門外漢の悲しさ、こういう説を聞いても「正しそうだ」ぐらいの判断しかできませんが。

 それにしても仕事は大変だったようですね。デスマーチですか? 僕は金がたくさんもらえるならデスマーチでも割りきれるんですけど、たいしてもらえないほうが多いです。おまけにプロジェクト管理の訓練を受けてない人がリーダーなことが多いし。上手く行かないと「自分が努力してるのに上手く行かないのは、下の人間がバカだからだ」とばかりに暴挙にでる人もいたし。
 もっとも僕のほうも喧嘩がうまくなり、「やるべきこは完璧に果たしてる」といえるようにし、渡されたメモ類は証拠として捨てずにとっています。

http://sinsin2006.web.fc2.com/



10.Re: 復帰おめでとうございます
名前:醉蝗@寨主    日付:2007/10/6(土) 20:25
どうもでっす。
やっぱ、中国の、しかもその地方の方ってことで「なるほどなー」って感じですよね。勿論私もそれ以上ではないんですけども(笑)

仕事、と言うより会社がトンデモだったと言うべきですね(笑)
時間そのものは過去の仕事に比べればそれほどでもなかったけど、一歩間違えば詐欺みたいな,,,いや、既に詐欺か(-_-;
片棒担ぐのが嫌で辞めたようなもんですけどね。
寨主自体はPMで十数年やってきていて、CMMIのSEPGなんてこともやってた関係で、計画立てない案件なんてもんは許し難いし、PRJとして成功する筈もないんだけど、そもそもプロセス踏んでPRJを進めること自体、会社として無駄だと思ってるようなとこだったんですわ。
ショボいPMほど、トラブル発生したりすると誰かのせいにしたりしますけど、そもそもPMはPRJに関しては責任者なので、そーゆー台詞を吐いた時点で失格なんすよね(笑)
しかも、そーゆーことをPMが言った、と言うような情報が伝わるのは超早いので、これからトラブルシューティングしようって時期にメンバのモチベーションとPMに対するロイヤリティがどん底まで落ちて、更に傷を広げるってのがありがちパターンですな。
本当はね、PMに一番重要なもんてのは、人間力なんだけどねぇ(^_^;
ま、あまりソノ手のPMは真面目に相手しない方が無難ですが、エビデンスを残すってのは自分を守るためにも良いかも知れませんねぇ(笑)

8.すんません 返信  引用 
名前:醉蝗@寨主    日付:2007/9/27(木) 16:45
ぐおー、掲示板があること忘れてた(汗
つか、それほどこの数ヶ月はわが人生でも多難な時期だったと、笑って許してくだされたし(^_^;
これからは心を入れ替えてきっちりコメントしますです(笑)

7.銀座◎屋にて 返信  引用 
名前:みろ(おろおろ鼠)    日付:2007/8/13(月) 0:15
コンバンハ。
本日、銀座の◎舜臣展のおみやげコーナーにて、真新しい和綴じ本帙入上下巻の水滸伝ナントカ(失念。畫版、だったかな)を見かけました。挿絵だけを集めたもののような(文章なし)……出版元記載なしのような……奥付もないような……で、なんと15000円。買う人いたらスゴイ。
で、まあそれはいいんですが、あれはどの版の絵だっただろうか、と気になりまして、帰宅してから平凡社駒田本の挿絵(=容與堂ですよね?)見たけど「これじゃなーい!」黒い煙は描かれていませんでした。
洪信の場面で石亀が絵の左端にいる、どっかで見かけたような絵なんですが……何しろ版心がキレイにないもので……(これだけで判るわけありませんね。でも醉蝗大兄ならピンときたりして、とつい思いまして)
もしかすると、中国版の[画+簡単な説明つき]の水滸伝(学校のは叢書に入っていました)の画だけだったかもしれません。別に字の部分を切り取ったような形跡はなかったと思いますが。もっとよく見れば良かった。

ところで◎舜臣氏の水滸伝、氏の全集に西遊記と抱き合わせで収録されているものがあるらしいのですが、それも「ものがたり水滸伝」と同じものでしょうか? 氏の水滸伝は読んだことがないのです。
おみやげコーナーに文庫版があったらいいなと思って探していたら例の和綴じにぶつかったという次第。

暑いせいかダラダラ文で失礼しました。
http://f1.aaa.livedoor.jp/~miro/


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb