[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



303.記憶にとどめて頂きたい 返信  引用 
名前:どんぐり    日付:2011/6/16(木) 22:5
時々伺わせて頂いています。
記憶が失われる前に、興味のある方に聞いて頂きたい話です。
この話を知っている人間は少ないと思います。

場所は福岡県の北野町と言うところです。今では市町村合併で久留米市になっています。
ある大きな農家の本家には座敷童が居るそうです。
ただし、東北地方の座敷童と違うところがいくつかあるそうです。
姿形は子供であると言うところは東北と同じです。
しかしその姿を見ることが出来るのは本家の跡継ぎである長男だけだといいます。
それもその人の一生のうちで一度か二度、見ることが出来るとか。
二度見ることは非常に稀で運が良いと言われるそうです。
ある一室のみに現れ、寝ている枕元にスッと立っているか、天井の梁を逆さまにペタペタ歩くこともあるそうです。

この話はその農家の分家の人から聞きましたが、その人も今は亡くなっており詳しい場所を聞くことが出来ません。
私が話を聞いたのは今から10年ほど前ですから
その農家は今でもあるはずです。

302.えらくご無沙汰です 返信  引用 
名前:隆景    日付:2011/6/14(火) 6:32
地震やら個人的な事で、大変にご無沙汰しておりました。
でも欠かさず読ませて頂いておりました。
「三娘子」
こちらの過去分にも同じような話がありましたね。
そっちはたしか日本で丹後の話だったような、好きなお話だったので、
覚えています。
中国版は、被害を受けそうになった側が一枚上手という感じです。

301.5/13、5/23日付の更新について 返信  引用 
名前:    日付:2011/5/30(月) 23:36
5/13日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「森直之進一件」:
訳出元は一応『半日閑話』です。しかし『半日閑話』の記述ではあまりに事情が分かりにくかったので、同じ巷説を取り上げた『文化秘筆』も参考にしました。少し補足しますと、養父彦太郎と養子直之進とは、そんなに年の差がありません。彦太郎は素行が悪い上に乱心症状もある危ないやつなので、若くして隠居させられ、座敷牢に入れられていたのです。彦太郎の父喜右衛門以下が処罰されたのは、不始末を起こした家の者だからというよりは、乱心者を不用意に座敷牢から出していたことや、脇差を持ち出したのを知りながら取り押さえなかったことなどの責任を問われたもののようです。
「復活猫」:
死んで腐臭を放っていた猫が鮮やかに復活、さすが妖獣です。飼い主も、河に捨てたのがまずかった。山に埋めたらどうなっていたか。

5/23日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「握り殺す男」:
犬神は邪悪な呪いのために使役される恐ろしい動物霊なのですが、この話では、なんだか可愛らしい耳の垂れた子犬のような印象です。
「火傷する女」:
どちらの女も気の毒です。たしかに、怒りや欲望で頭がいっぱいの時というのは、おそろしく無防備で、我知らず危険に身をさらした状態でもあると思います。

吉田茂樹さま;
ムカデに縁がないのは幸いに存じます。
>ムカデの類はキンチョールをぶっかけても平気で困った奴らですね…
噴霧式殺虫剤は効きませんねえ。昆虫じゃないですからね。学生時代に住んだ墓地の裏手の部屋は、たびたびムカデが侵入しました。手を焼いていたところ、教授から「熱湯一滴でイチコロ」と教わり、実行したらその通りでした。隣室の友人はガムテープで退治する戦法を編み出しました。以来連戦連勝でしたが、でも心から遭いたくないやつです。


ページ: |< << 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb