[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
小説の感想等掲示板
ようこそ、いらっしゃいませ。
当掲示板は、小説や体験談のご感想、サイトへのご意見・雑談、
エッチに関するご相談、そのほか何でもご自由にお書きください。
ただし、他人への誹謗中傷行為、営利目的の書込みは禁止です。
フェイスブック・ミクシィ等SNSへの誘導・勧誘・案内は一切禁止です。
HTML文字はレベル3程度であれば使用可能です。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



964.『もえもえ マーメイド・ママレード』 読ませていただいています 返信  引用 
名前:とっきーさっきー    日付:2015/5/24(日) 15:53
Shyさん、こんにちわ。
愉しませてもらっている『もえもえ マーメイド・ママレード』も、折り返し地点ですね。
ちょっと前半の感想を書き込ませてくださいね。

女子高生♪ 巨乳♪ 水着♪ スイミングスクール♪ 
第1話に目を通して、私の期待値はマックスレベルです♪♪
実際に男性諸氏で、この単語に下半身が疼かないのは、男ではありません(笑)

まあ、それは冗談ですが、早くも第2話にしてエッチシーンの気配がプンプンと漂っていますよね。
小道具は水着の下に付けるサポーター。
舞台がスイミングスクールだけに、これだけで否が応にも興奮させられます。
そして第3話、第4話と心憎いまでの視姦表現で、ヒロインのもえもえさんの身体を愉しませてくれます。
ですがこれは、第5話から開始される本格的な羞恥シーンのための前座のようなものでしょう。

瑞々しい18才の肢体を前にして、初めは眩しそうに見つめていた生徒(男性サラリーマン)達が、次第に男の本能を露わにしていくところが素晴らしいです。
スタイル抜群な美少女が、女性の象徴の部分をチラ見せしているのですから無理もありませんが。

羞恥小説が大好きな私には、文句のつけようがない展開に大満足です。
果たして第7話以降、もえもえさんにどんな展開が待ち受けているのでしょうか?
ワクワクしながら、後半も愉しみたいと思います。

Shyさん、このたびも素晴らしい作品を読ませていただき、ありがとうございます。
http://stu6589.blog.fc2.com/



965.Re: 『もえもえ マーメイド・ママレード』 読ませていただいています
名前:Shy    日付:2015/5/24(日) 23:11
とっきーさっきーさん、こんばんは〜
いつも素敵なご感想ありがとうございます!
『もえもえ マーメイド・ママレード』はかなり前の作品なのですが、今回お色直しをして掲載させていただいております。
執筆した頃のもえもえちゃんは登場するヒロインのような高校生ではありませんでしたが、とても愛くるしく明朗な女子大生でした。
小柄で、目と胸が大きくて、でも細い子で。ですから容姿はほとんど小説そのままなんですよ。
きっと今でも美学を覗いてくださっていると思います。

>女子高生♪ 巨乳♪ 水着♪ スイミングスクール♪ 
>第1話に目を通して、私の期待値はマックスレベルです♪♪
>実際に男性諸氏で、この単語に下半身が疼かないのは、男ではありません(笑)

仰るとおりだと思います。
もちろん世間には、人妻好き、熟女好き、20〜30代の女性好き、ロリコン好き、等、
男性の好みは千差万別ですが、いつの時代も上記の人気は不動でしょうね。
まあ実行さえしなければ問題ないわけで。妄想だけであれば自由ですからね(笑)

>小道具は水着の下に付けるサポーター。

一般的なパンティの場合、女性と付き合ってさえいればいつでも拝見できるわけで、特に珍しくもないのですが、
スポーツ用のサポーターや水着下のアンダーショーツ等は、いくら付き合っている女性であっても
基本的に見せてくれないものでしょうから、余計にそそるものがあるんですね。
かといって見知らぬ人のそれらには全く興味はありませんが(笑)

>羞恥小説が大好きな私には、文句のつけようがない展開に大満足です。

この後も羞恥シーンのオンパレードですので、とっきーさっきーさんにとってはおそらくストライク作品だと思います。
掲載後、ご感想のお礼として、必ず「羞恥の風」さんに投稿させていただきますね。

それにしても、とっきーさっきーさんのご感想、実にきめ細かく丁寧で、筆者冥利に尽きると言うものです。
深く深く感謝いたします。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm


966.Re: 『もえもえ マーメイド・ママレード』 読ませていただいています
名前:とっきーさっきー    日付:2015/5/25(月) 20:52
Shyさん、こんばんわ。
丁重なお返事、恐れ入ります。

もえもえさんご本人の容姿をお伺いして、益々感情移入してしまいました。
『愛らしい』という表現はいいですね。
ツンとすました近寄りがたい美人ではなく、クラスメイトとして胸を焦がすような身近な女の子といった感じで。
それだけに、今後も羞恥シーンのオンパレードとは、とっきーさっきー感激です。

アンダーショーツ。水着を着ける女性にとっては必需品ですが、確かにShyさんの言う通り、男性がそれを目にすることはありませんよね。
それだけに、そのアイテムが性欲を助長させるんですね。
小説を作るうえで、とっても参考になりました。勉強になります。

掲載後は、ご投稿の件。
ぜひぜひ、こちらからもお願いします。
作品を愉しめたうえに、こんなに嬉しいことはありません。
もしかしたら私のサイトも、もえもえさんが覗いているかもしれません。
その時は張り切らせてもらいます(笑)

Shyさん、ありがとうございます。

とっきーさっきー
http://stu6589.blog.fc2.com/


967.Re: もえもえちゃん&アンダーショーツ
名前:Shy    日付:2015/5/26(火) 23:29
とっきーさっきーさん、こんにちは〜
仰るとおりですね。もえもえちゃんは堅苦しいところはなくすごくフランクな子なので
その表現はぴったりだと思いますよ。

アンダーショーツをテーマにした小説って読んだことが無いし、それら専門の画像サイトと言うのも聞いたことがありません。(詳しく調べたらあるのかも知れないけど)
だからあくまでマニアックなものだと思いますし、場合によればヘンタイ扱いされるかも知れませんね(笑)
さらに変な話になりますが、たまに女性が自身の使用済み下着を売っている掲示板とかあるじゃないですか。
あれって買う側の男性は知らない女性の下着を買う訳ですよね?
僕はその男性の気持ちがどうしても理解できないんです。
知らない女性の下着を欲しいと思うものでしょうかね?
アンダーショーツだって同じで、好きな子の物だから見たくなるわけなんですね。
でも「誰の物でも構わない、とにかく女性下着が好きだ」って人が世間にいることは理解しているし、批判するものでもありません。
どんな嗜好であっても人に迷惑さえ掛けなければ全然自由だと思います。

>もしかしたら私のサイトも、もえもえさんが覗いているかもしれません。
>その時は張り切らせてもらいます(笑)

そうですね。美学小説のヒロインさんは100%実在の人なので、親しいサイトさんを訪問している可能性は十分あると思います。
大いに張り切っていただいてよろしいかと思います(笑)

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

960.『ありさピンクのシーツ』 読ませていただきました 返信  引用 
名前:とっきーさっきー    日付:2015/4/10(金) 22:49
Shyさん、こんばんわ
『ありさピンクのシーツ』愉しませていただきました。
感想を書き込ませてくださいね。

ショートショートということですが、作品全体から感じられるのは、ありささんの意地らしいくらいの乙女心でしょうか。

彼がやって来るのを待ちわびながら、真新しい薄ピンク色のシーツを広げるありささんの手の動き息遣いまで感じ取れる気がします。

『そう、このピンクの狭い海で彼とふたりで泳ぐの。』
前半のこの表現ですが、狭い海だからこそ肌と肌が触れ合っていられるんですよね。

ありささんの自室のベッドですから、ダブルではなくシングルベッドなのでしょう。
1人用のベッドを男女二人で身体を寄せ合いながら一夜を明かす。
「決して離したりしないよ、お互いに……」
その想いがひしひしと伝わってきます。

そして後半、ありささんが真新しいシーツへ交換する意図が見え隠れします。
彼を想ってする秘め事の名残を消すために……切ないですね。思わず抱きしめたくなります。

ですが反面、男心としては、ありささんの匂いが沁み込んだシーツで愛を確かめ合いたい。
変態とっきーさっきーは、ありささんが残したシーツのシワを、二人の愛で更に深く刻みたい気もしたりします。
重ねて言います。とっきーさっきーは、変態ですから(笑)

それにしても、この作品は、比喩も含めて美しい文章ですよね。
官能小説というより、官能詩と表現したくなります。

Shyさん、このたびも素晴らしい作品を読ませていただき、ありがとうございました。

http://stu6589.blog.fc2.com/



961.Re: ありさちゃんからの視点
名前:Shy    日付:2015/4/12(日) 11:13
とっきーさっきーさん、おはようございます。
感想ありがとうございます。

『ありさピンクのシーツ』はありさちゃんの目線から書いた作品です。
「男性の目線から」「女性の目線から」「第三者の目線から」
とっきーさっきーさんはいずれの人称から書くのが一番好きですか?
この作品の場合、女性の目線から書くことで、少しでも女性の気持ちを表現できたらと考え書いたわけですが、
その辺を十分汲み取ってくださっているようで、すごく嬉しく思います。

>『そう、このピンクの狭い海で彼とふたりで泳ぐの。』
>前半のこの表現ですが、狭い海だからこそ肌と肌が触れ合っていられるんですよね。

実はこの作品を書いた日に、たまたまFM放送で井上陽水さんの『リバーサイドホテル』が流れ、
「ベッドの中で魚になったあと 川に浮かんだプールでひと泳ぎ」というフレーズがあって、
それからヒントを得て書いた文章なんですよ(笑)

>ですが反面、男心としては、ありささんの匂いが沁み込んだシーツで愛を確かめ合いたい。

全くその通りですね。男の側からすれば愛しい女性であれば
その人の香りすら逃すのが惜しい気持ちになりますよね。
あまり過剰だと変質者と言われるかも知れないけど(笑)

>変態とっきーさっきーは、ありささんが残したシーツのシワを、二人の愛で更に深く刻みたい気もしたりします。
>重ねて言います。とっきーさっきーは、変態ですから(笑)

でもそれを変態と言うのでしょうか。
変態と言う単語には陰湿でネガティブな印象がありますが、
とっきーさっきーさんには決してそんなイメージがありません。

>それにしても、この作品は、比喩も含めて美しい文章ですよね。
>官能小説というより、官能詩と表現したくなります。

ちょっとほめ過ぎかと(汗)
でも大変嬉しいです。今後の励みになります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

***************************

とっきーさっきーさんのHPはこちら

http://stu6589.blog.fc2.com/


962.Re: 『ありさピンクのシーツ』 読ませていただきました
名前:とっきーさっきー    日付:2015/4/12(日) 22:46
Shyさん、またまた書き込ませていただきます。

>『そう、このピンクの狭い海で彼とふたりで泳ぐの。』
井上陽水さんの曲がヒントだったんですね。なるほど、あの方の歌詞は独特の表現法が多いですよね。

でも、さすがはShyさんです。
私でしたら、ぼぉっとメロディを聞き流しているところですが、それを小説作りに生かされるとは。
見習いたいところですが、私にはたぶん無理です(笑)


>とっきーさっきーさんはいずれの人称から書くのが一番好きですか?

私の場合は、一人称ですね。
主役目線でしたら、男性でも女性でもOKです(笑)

以前に三人称で小説を書き始めて、途中で挫折したことがありまして……
というのも、視線を真ん中に置いたのは良かったのですが、欲張って男性と女性の双方の感情を書き込んでしまい、自分でも何を書いているのか分からないほどストーリーを迷走させてしまいました。
後で考えれば、男性か女性、どちらかに寄り添えばよかったんですね。
Shyさんや、他のサイト様の作品をじっくりと閲覧させていただいて、後になって気付きました。

Shyさんのように、一人称と三人称のどちらでも作品を生み出せる文章力は、本当にすごい能力だと思います。
私もShyさんを見習って、徐々にですが三人称の小説を作り始めてはいるのですが、う〜ん、筆が進みませんねぇ。
ヒロインが、「一人称で作ったら」って誘惑して煩いんです(笑)
私が登場させるヒロインは、意外と嫉妬深いのかも(笑)

以上、とっきーさっきーの独り言でした。

http://stu6589.blog.fc2.com/


963.Re: 一人称と三人称
名前:Shy    日付:2015/4/13(月) 23:0
とっきーさっきーさん、こんばんは〜

>井上陽水さん

そうですね、確かに個性あふれていますね。僕はあの方を詩人として尊敬しています。
執筆合間の骨休めにコーヒーを飲みながらポップな曲をさらりと聴き流すのですが、
たまに耳にしっかりと残るんですよね(笑)

>私の場合は、一人称ですね。

確かにとっきーさっきーさんの作品を何本か拝読した限りでは、三人称よりも一人称が多い印象がありますね。
読み手にとって一人称は三人称よりも感情移入しやすいように思います。

>主役目線でしたら、男性でも女性でもOKです(笑)

なるほど、確かにそのどちらも登場しますね。

>欲張って男性と女性の双方の感情を書き込んでしまい、

でも書き手からすれば、あえてそうしたい時ってありますよね。
でも、読み手の視点から観れば、せっかく主人公に感情移入しながら読んで感情が「100」になっているのに、
途中で主人公が変わってしまうと、せっかく盛り上がった感情が「0」に戻されてしまう、
クルマでいえばニュートラルに戻ってしまうってことがあるわけですね。
だから体験談とは違って小説って書くのが難しいんですね。

三人称にチャレンジ中ですか。楽しみにしております。

>ヒロインが、「一人称で作ったら」って誘惑して煩いんです(笑)

ははははは〜!さすが、とっきーさっきーさん、その辺が上手いですね♪

>私が登場させるヒロインは、意外と嫉妬深いのかも(笑)

う〜ん、それともとっきーさっきーさんが愛するヒロインは、
他の女性よりも自己顕示欲が強いのかも知れませんね(笑)


***************************

とっきーさっきーさんのHPはこちら

http://stu6589.blog.fc2.com/

958.『猥褻教官(改)』 読ませていただきました 返信  引用 
名前:とっきーさっきー    日付:2015/4/2(木) 20:10
Shyさん、こんばんわ〜
『猥褻教官(改)』 愉しませていただきました。
一言、感想を書き込ませてくださいね。

今回のストーリーは、自動車学校が舞台ですよね。
というか、教習車の車内というところでしょうか。

書き出しの……
『車内は立派な個室である。
自動車教習所の教官、『免許取得』を熱望する者に対しては絶対的な力を誇っている』

素晴らしいですね、この表現。
この2行だけで、女の子が大変なことになるエッチな妄想が膨らんでしまいますから。
そして読み進めていくと案の定、19才の女子大生ヒロインのメルモさんが、じわじわと俊太教官が用意した凌辱の蜘蛛の巣に引っ掛かり……
ムフフのお約束の展開ですよね。

それにしても、エッチシーンに出てくるフロントホックのブラジャー。
確かにあのブラでしたら、男も外しやすいですね。
今度私も、凌辱系の小説では使ってみようかな?

それと、ハンドルを使った背面座位。
メルモさんが苦悶の表情でハンドルに掴まって、下から俊太教官に突き上げられている姿は、凌辱感満点です。
せっかくのカーセックスですから、使えるアイテムは利用するShyさんの発想に脱帽です。

ですがこのストーリー、最後に面白い展開が待ち受けていますよね。

>「こんな狭いところより、もっと広いところで乗りたいかも」
思わず、色んなことを想像してしまいました。

Shyさん、このたびも素晴らしい作品を読ませていただき、ありがとうございました。
http://stu6589.blog.fc2.com/



959.Re: ご感想ありがとうございます
名前:Shy    日付:2015/4/3(金) 15:16
とっきーさっきーさん、こんにちは〜
早々と拙作をお読みいただき、ありがとうございます。

かなり昔のことになりますが、自動車学校に通っていたとき、
同様に通ったいた一人の女性と仲良しになったのでなったのですが、
その女性が言うには、
「〇〇教官って女性にすごくやさしくて親切なんだけど、
教習時に太ももとか触って来て困っているんです」
今ならセクハラ云々ってことになるのでしょうが、当時はまだそんな風潮はありませんでした。
その時の話を少し誇大にして、綴ってみたのが今回の話という訳なんです。

確かに教習所において教官は絶大な力を持っていますよね。
だからといって職権乱用はダメなんですが、こんなことって起きそうな予感ってありますよね。
まあ男性側からの一種の羨望というか妄想なのかも知れませんが(笑)

フロントホックって女性自身も外しやすいけど、外す仕草にあまり色気はないですね。
やっぱり背中に手を回す動作の方が色気があるように思うのですが、いかがですか?(笑)

カーセックスしているってばれにくい体位は背面座位だと思います。
通常の座位であれば女性がハンドルを背にするので、誤ってクラクションを鳴らしてしまう惧れがありますね(汗)
鳴ってしまうと注目の的になってしまって、カーセックスどころじゃないですよね。
この話、何だかお色気小話に使えそうですね(爆)

>ですがこのストーリー、最後に面白い展開が待ち受けていますよね。
>>「こんな狭いところより、もっと広いところで乗りたいかも」
>>思わず、色んなことを想像してしまいました。

この二人、後日、狭苦しい車内じゃなくて大海のような大きなベッドでゆっくりと愉しんだ…
そんなオチを用意しておいたのですが、気づいていただき感謝感謝です。

貴重なご感想、ありがとうございました!

****************************************************************************************

皆様、とっきーさっきーさんは素敵な小説サイトを運営されています。
ぜひ一度お越しください。


http://stu6589.blog.fc2.com/

956.『一夜の漁火(改)』 読ませていただきました。 返信  引用 
名前:とっきーさっきー    日付:2015/3/2(月) 19:54
Shyさん、こんばんわ。
『一夜の漁火(改)』完結してしまいましたね。
一言感想を書かせてください。

この作品で私が一番注目したいのは、居酒屋でのきょうこさんと車野原さんの会話のシーンでしょうか。
実はエッチシーンを取り上げようと思ったのですが、二人の出会いを描いた居酒屋の対面でのセリフがリアルすぎます。
あの会話のやり取りは、私にはとてもマネ出来ません。
生き生きとしていて、まるでテレビドラマの脚本のように素晴らしいです。

傷心旅行といった感のある、きょうこさんの触れ合い欲しさからでしょうか?
彼女の方から車野原さんに声を掛けながら、いつのまにか会話の主導権は車野原さんに移っていく。

何気ない北の漁港の食の話題に始まって、次第にきょうこさん本人の話題がテーマに。
その中で色白な肌とかモデルのような体型とか。
ちょっぴり色を持たせておいて、その後のホテルでの展開につなげていく。
計算されていますよね。

それと題名もシャレていますよね。
読み終えて、改めてしっくりいく題名だなと。
ただのエッチ小説というより、大人のための官能小説といった雰囲気がします。

あまり書くとネタバレになってしまうので控えますが、エッチシーンの指への愛撫。
こうして描けば、官能的ですよね。
思いも付かなかったシーンなので、参考にさせてくださいね。

文章も美しく、Shyさんの豊富な知識からくる多彩な語彙に感動させられました。
わずか5話で終わるのが惜しい良作だと思います。
(ですが一夜のふれあい。これで充分なのでしょうね)


Shyさん、このたびも素晴らしい作品を読ませていただき、ありがとうございました。

http://stu6589.blog.fc2.com/



957.Re: ゆきずりの恋
名前:Shy    日付:2015/3/3(火) 18:37
とっきーさっきーさん、こんにちは〜
執筆が大変なのに、こうして足を運んでくださって感謝します。

>『一夜の漁火(改)』

貴重な感想、誠にありがとうございます。
そしていっぱいお褒めいただき、嬉しいやら照れくさいやら(笑)
恋愛小説ではなく官能小説の場合、出会いのシーンってさらりと流される方も多いですからね。
でも実際の話、ゆきずりと恋って、出会いから始まり、ベッドシーンがあって、そして別れがあります。(稀にハッピーエンドもありますが)
そんな中でついベッドシーンに至るまでのいきさつとか心情なんかを描きたくなるんですよね(笑)
自分ならこういう時、どんな会話をするだろうなあ…などと想いを馳せながら。
題名まで褒めていただき、感謝感謝です(照)

指や耳、それに背中への愛撫は僕自身得意(好き)なので、ところどころ登場します(笑)

この話、一番苦労したのが実は方言なんです(笑)
ぶっちゃけてお話しますと、この話の舞台は津軽なんです。
でも津軽弁は詳しくないので、たまたま知人に青森出身の人がいて彼に教えを乞うた訳ですが、
何でもその人は南部弁地域の人で津軽弁と少し違うって聞きました。
完璧じゃないでしょうがある程度合っていると思っています^^;

三寒四温の時節柄、どうかご自愛ください。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

951.昨日はいかがお過ごしでしたか? 返信  引用 
名前:真理子    日付:2015/2/15(日) 8:14
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

大切なあなたに伝えたいことがある。

あなたに伝えたいことと、

あなたが私に伝えたいことが同じだったらいいなぁ。

いつもの公園で、いつもと同じ時間に、きっとあなたは待ってる筈。

今日こそきっと伝える。

勇気を出して……。

「ハッピーバレンタイン」



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

という事で、たまには真理子様のご登場で〜す!

Shyさん、昨日はいかがお過ごしでしたか?
チョコを食べ過ぎて今日はお腹の調子が悪いとか?
今年私は、ワインにちょこっとチョコが付いたものを配りました。
手作りじゃないの?って?
そんなの面倒臭いですよ〜、時間ないし。
まぁ〜無事バレンタインも終わり、ほっとしてる今日この頃です。

真理子

http://mclub.sexy-mariko.com/



953.Re: なしなし〜
名前:Shy    日付:2015/2/16(月) 17:26
真理子さん、こんにちは〜
ほんと、掲示板久しぶりだね!

素敵な詩だね。
お互い伝えたい気持ちが一致して同時に告白することって、実際には少ないかもね。
でも男と女ってテレパシーが働くのか、たまにピピッとくる場合ってあるよね。

14日?なしなし!何にも無しだよ〜(笑)
真理子さんはチョコ配り大変だったみたいだね。
でもその分ホワイトデーの期待が大きいのでは?
真理子さんの場合、義理チョコのお返しで貰って嬉しいものってどういう商品?
やっぱりチョコかマシュマロ(笑)などのお菓子?それとも口紅や化粧ポーチなどアイテム?

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm


954.Re: 昨日はいかがお過ごしでしたか?
名前:真理子    日付:2015/2/17(火) 20:45
Shyさん、こんばんわ〜

いゃ〜、口紅や化粧ポーチは勿論嬉しいかも知れませんが、拘りのあるものなので、なかなか使えないかも。
去年は、靴下、ハンドクリーム、お弁当箱とか貰いましたよ。
靴下は派手なキャラクターもので、とても印象的でしたよ。
意外と男性って、首から上に使うものはくれませんよね。
多分、気を使ってるのだと思います。
貰って嬉しいのは、やはり食べ物かな?
有名なケーキ屋さんのケーキとか…、素直に嬉しいですよ。(笑)
それにしても皆さん堅い人ばかりで、100%の人がお返しをくれるのは頭が下がる思いです。

真理子

http://mclub.sexy-mariko.com/


955.Re: 人柄と魅力
名前:Shy    日付:2015/2/19(木) 23:25
真理子さん、こんばんは〜

確かに口紅や化粧ポーチの場合、その女性の好みがあるから、義理返しには向かないかもね。
口紅って「ピンク」と言っても、黄み寄りのピンクもあれば、青み寄りのピンクもあるから、
微妙に顔の印象も変わるから、結構難しいかも知れないね。
靴下と言うのは一番無難かも知れないね。仮に苦手な色や柄でも部屋着で履けばいいし。
そうか、やっぱり食べ物が一番安全かな?
ケーキの嫌いな女性ってそんなにいないから。
チョコレートや焼き菓子もありだね。
真理子さんへの返しが100%と言うのは、君の人柄と魅力がそうさせるんじゃないかな^^

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

950.『もえもえ 妄想会議』 読ませていただきました。 返信  引用 
名前:とっきーさっきー    日付:2015/2/13(金) 18:44
Shyさん、こんばんわ。
『もえもえ 妄想会議』を拝見させていただいたので、一言書き込みさせてくださいね。

このお話、時間にすれば20ほどの出来事でしょうか。
どこの企業でもありそうな無意味な社内会議が舞台ですが、末席から眺めている女性社員目線というのが面白いですよね。

所々で車山課長の仕事絡みの真面目なセリフが飛び出し、それをエッチな妄想で包み込んでいく、もえもえさんの小悪魔のような瞳。
その、もえもえさんの性格を表しているのが、
『やや右より、大きめ、それが課長への印象。』でしょうか。

一度目を通してスルーして。
もう一度読み返して、三度目で納得して、思わずニヤリとしてしまいました。

淡々と進む会議と、次第にエッチな妄想を膨らませていくもえもえさん。
この対比が、素晴らしいですよね。
そして、何かが起きる予感を匂わして、ラストですから。
この続きは、閲覧者様の妄想で、ということでしょうか(笑)

Shyさん、このたびも素晴らしい作品を読ませていただき、ありがとうございました。

とっきーさっきー
http://stu6589.blog.fc2.com/

http://stu6589.blog.fc2.com/



952.Re: ご感想感謝
名前:Shy    日付:2015/2/16(月) 17:7
とっきーさっきーさん、こんにちは〜
鋭い(笑)ご感想、ありがとうございます。

事業の方針など聞かされてもまだまだよく解らない新人女子社員。
無味乾燥とした時間を乗り切るため、彼女はいささか悪戯っぽい気持ちで過ごそうとしたのかも知れません。
あるいは彼女にとって車山課長が憧れのタイプであり、探究心から妄想を膨らませたのかも知れません。
ラブシーンの一つもなく心理描写ばかりですが、楽しんでいただけて嬉しく思います。

この先恋として発展するのでしょうか?それとも何も起こらないままか。
全てを描き切らず結末は読者の皆様に想像していただく……それがショートショートの特徴かも知れませんね。
すごく無責任な感じはしますが(笑)

因みに、もえもえちゃんは以前この掲示板にも遊びに来られた実在のショートカットの可愛い女の子です。

こうして感想に訪れていただけること、書き手として大変励みになります。
とっきーさっきーさんも同じ書き手なので、よく分かっておられるでしょうが。
お忙しい中ご来訪すごく嬉しく思います。

これからもどうぞよろしく!

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

948.『甘い汁』 読ませていただきました 返信  引用 
名前:とっきーさっきー    日付:2015/1/24(土) 15:5
Shyさん、こんにちわ〜
『甘い汁』 ありがたく拝読させていただきました。

女の身体をつけ狙う悪徳プロデューサーと、芸能界で生き残りを駆ける新人タレントの上嶋美穂さん。
短編らしく登場人物はこの二人だけですが、それだけにリアルな会話が生き生きとしていますよね。

特に、阿久夢が美穂さんを愛撫しながら囁くシーンは、そのリアルさが色濃く出ていると思います。
「美穂ちゃん、いくら素晴らしい鉱石であってもね・・・」
「はい・・・」
「発掘しなければ人の目に止まらないんだ」

仕事を選んで身体を差し出すのか? それとも、仕事を捨てて男を拒否するのか?
美穂さんの心が揺れ動いていますよね。
でも次第に……心と身体は男の方へと……

ゆっくりと傾いていく彼女の心情が、センスのいいセリフで表現されていて、さすがShyさんですね。

このたびは、素晴らしい作品を読ませていただき感謝します。

とっきーさっきー

http://stu6589.blog.fc2.com/



949.Re: ご感想ありがとうございます
名前:Shy    日付:2015/1/26(月) 22:27
とっきーさっきーさん、こんばんは〜
『甘い汁』へのご感想ありがとうございます。

実はこの話、以前知人の女性が実際に遭遇した話を少し誇張して書いた作品なんです。
セミ・ノンフィクションと言うのでしょうか。
美穂さんと言うヒロインさんはキリ番のゲッターさんであって、現実の当事者ではありません。
こんなこと言うと芸能界の方々からお叱りを受けるかも知れませんが、
このような職権乱用と言うかパワハラのような話は結構多いように聞いています。

>仕事を選んで身体を差し出すのか? それとも、仕事を捨てて男を拒否するのか?
>美穂さんの心が揺れ動いていますよね。

そうですね。有名になりたいし、お金も欲しいし、揺れ動いてもやむを得ないのでしょうね。
純粋な恋愛だけに身を委ねて欲しいと願うのは、綺麗事過ぎるのでしょうか。

女性の心を巧みに描かれるとっきーさっきーさんだから、
視点もやっぱり鋭いですね(笑)
あなたの言葉は今後の励みになります。本当にありがとうございました。

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm

http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb