[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
里山倶楽部四国
里山倶楽部四国 掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


山歩きなどの楽しいレポートお待ちしています



864.お元気で活躍されて居られますね 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2016年11月11日(金) 18時41分
Original Size: 800 x 600, 79KB Original Size: 800 x 600, 78KB Original Size: 800 x 600, 80KB

 KYOさん、ご無沙汰して居ます。2013年木の根ふれあいの森以来ですね。あの時は美人の奥様も拝見させて頂きました。
奥様の手料理も美味しく頂きました。つい先日のように思われます。

 先月は鏡平から笠ガ岳迄縦走されて新穂高温泉に降られましたか。笠からの降りは標高差も有り結構足に来たでしょう。
しかし山頂からの眺望は素晴らしいの一言に尽きます。昔、播隆上人が命をかけて山頂を目指したか、分かる様な気がします。

 私も稲美山の会の仲間と15年程前に登り、下山は槍見温泉でした。途中大雨になり、沢の渡渉に苦労しザイルを持参していた
御蔭げ無事下山出来た事を懐かしく思い出します。勿論槍見温泉での露天風呂は素晴らしいものでした。KYOさんも御夫婦で
永くアルプスを楽しんで下さいね。エントツ山さんが剣岳に足を向けたのは、丁度8年に成りますが、彼は本当に日本アルプスに
嵌り込みましたね。そして素晴らしい山行を重ねて我々を驚愕させて呉れています。70代何をするもの度、頑張れです。

 私は右半身が不自由になり、山には登れませんが、好奇心だけは旺盛です。今日は久しぶりに中突堤にあるオリエンタルホテル
寄り、バー兼喫茶室で紅茶とケーキを味わいながら、神戸港の景色を楽しみました。平日に来かかわらず結婚式が多かったです。
KYOさんは此処のホテルには何度も泊まっておられましたね。しかしホテルの喫茶料金が此れほど高いとは思っても見みませんでした。

 今神戸博物館で松方コレクションが開催されて居ます。館内に足を踏み入れると人、人、でその評判の高さに驚きました。流石は
川崎重工の創始者 松方幸次郎の人気は大したものです。ゆっくりと見学を終え、館内にある洒落た喫茶室で時を過ごしました。
ミレー、ピカソ、マチス等、目の保養を楽しみました。後は南京街に足を運び、伊藤グリルでビーフシチュー定食を。


1  中突オリエンタルホテルの高級な紅茶とケーキ
2  松方コレクション展
3  博物館前のポスター  



865.Re: お元気で活躍されて居られますね
名前:高御位山    日付:2016年11月11日(金) 19時26分
Original Size: 800 x 600, 79KB Original Size: 800 x 600, 79KB Original Size: 800 x 600, 80KB


1 館内にて
2 二階展示室上部から
3 二階にある洒落た喫茶室



866.Re: お元気で活躍されて居られますね
名前:kyo    日付:2016年11月12日(土) 20時35分
Original Size: 640 x 480, 87KB Original Size: 640 x 480, 112KB

高御位山さん、今晩は。

お久しぶりです。

元気にお暮らしのようですね。

好奇心が旺盛だということは素晴らしいことだと思います。

神戸市立博物館で開催されている松方コレクションの御紹介ありがとうございます。

普段はルーブル美術館やオルセー美術館に保存されているセザンヌやロートレックなども展示されているのですね。

博物館のホームページで少し拝見しました。

今日は偶々川崎重工やその関連会社の方々のゴルフコンペにお呼びいただき楽しい時間を過ごしました。

ジェットタービン関係の方が多かったようです。

高御位山さんも、当然のことながら笠ヶ岳に登られた事があるのですね。

言われる通り、笠ヶ岳からの360度の眺望は素晴らしい物でした。

特に槍、穂高連峰の眺めは言葉に表せないほどでした。

私も2年前に心不全で倒れてから厳しい登山はできなくなりました。

足も遅くなって標準タイムで歩くことができなくなりましたが、平素里山歩きを続けて毎年二回の日本アルプス遠征はできるだけ長く続けたいと思っています。

最近は、徳島城博物館でのボランティアやその関係の視察旅行などで忙しく山歩き以外での、のんびりした旅行の時間が取れずに慌ただしく過ごしています。

伊藤グリルのビーフシチューも懐かしくもう一度食べたいものだと思っています。


863.高丸山紅葉 返信  引用 
名前:kyo    日付:2016年11月5日(土) 22時14分
Original Size: 640 x 480, 245KB Original Size: 640 x 480, 239KB

高丸山ではブナやモミジの紅葉が今が盛りです。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


859.2016.10.29のHPですが 返信  引用 
名前:晩酌年中無休のT川    日付:2016年10月30日(日) 20時15分
Original Size: 1280 x 960, 389KB

メギ イヌザンショウかも?自信無し
秋空の下、楽しく歩きましょう。



860.Re: 2016.10.29のHPですが
名前:kyo    日付:2016年10月31日(月) 18時53分
Original Size: 640 x 480, 121KB Original Size: 640 x 480, 124KB

T 川さん、何時もありがとうございます。

遊歩道のドウダンツツジの間に生えていたのは、メギのようですね。

何十回も歩いているのにメギの花が咲いているのに気が付きませんでした。

林道の赤い実は、これもイヌザンショウで間違いないようですね。

実や葉の特徴が一致するようです。

ただ何方も棘が見当たらなかったのが不思議です。

また今度確かめてみたいと思います。

今日は高城山に行きましたが天気がスッキリしませんでした。

秋晴れの山を歩いてみたいものです。

また色々お教えください。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


857.笠ヶ岳 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2016年10月27日(木) 20時58分
Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  笠ヶ岳の夜明け      笠ヶ岳     杓子平へ


kyo さん 今晩は

薬師岳の登山記 拝見しました
今回も少しトラブルがあった様ですが無事周回されて実に美しい写真を撮られていますね

年々体力は衰えて行くのですが、歳とともに日本アルプスへの憧憬は益々深まってきますわ

雲ノ平よりは楽だと思えるのですが小池新道の上りや笠新道の下りは堪えましたか 

こちらは夏に薬師岳〜黒部五郎岳〜笠ヶ岳の縦走ツアーに参加しましたが、3日目の双六小屋〜笠ヶ岳山荘の天気が悪くて展望はあまりありませんでした

kyo さんのレポを見ながら秋の色を楽しませて頂きました

あと3〜4年はアルプス行きたいですねえ

エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-8g-yakushi-kasa4.html



858.Re: 笠ヶ岳
名前:kyo    日付:2016年10月28日(金) 9時54分
Original Size: 640 x 426, 114KB Original Size: 640 x 480, 117KB Original Size: 640 x 480, 117KB

エントツ山さん、おはようございます。

相変わらず精力的に活躍されていますね。

エントツ山さんは折立から入山して黒部五郎小舎から一気に笠ヶ岳まで歩かれたのですね。

笠ヶ岳は初めての北アルプスで槍ヶ岳に登った時に、平湯温泉から見えた秀麗な姿に家内が憧れて一度は登りたいと思っていました。

比較的楽だと思われる鏡平から笠ヶ岳を目指しましたが、鏡平までへは整備された道で傾斜も緩く楽チンコースでした。

ところが家内が前夜から一睡もしておらず寝不足で気分が悪くなりました。

綺麗な逆さ槍などが見えて喜んでいたのですが食事が喉を通らなくなり殆ど食べることが出来ませんでした。

それが翌日も後を引いたようです。

お陰で私はユックリと歩くことが出来てジックリと景色を楽しむことが出来ました。

黒部五郎岳や水晶岳その奥に薬師岳や赤牛岳更にその奥には立山、劔。

そして左には槍穂高の山々を見ながらの歩きは最高でした。

エントツ山さんは槍穂高をすべて歩かれているので感慨深いものがあったのではと思います。

笠ヶ岳山頂からの眺めも最高でした。

笠新道は杓子平までは草紅葉が美しく景色も最高でしたが、抜戸岳南鐐を超えてからは大きな岩がゴロゴロしている道が延々と続き嫌になりました。

膝の靭帯を切っている家内はバランスが取りにくく気を付けていてもやはり転倒しました。

でも大した怪我もなく笠ヶ岳を十分に楽しむことが出来て喜んでいます。

2年ほど前までは後10年は北アルプスを楽しめると思っていましたが、今年になって疲れが中々取れないようになりました。

普段できるだけ山歩きを多くして北アルプスを少しでも長く楽しみたいと思っています。

1.鏡平から逆さ槍
2.槍ヶ岳と鏡平山荘
3.杓子平から笹ヶ岳
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


855.雲海のすばらしい天狗岳に感動 返信  引用 
名前:日々野やすらぎ    日付:2016年10月23日(日) 19時46分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 119KB

22日に石鎚に登る予定でしたが、登山口に到着した時には、雨が降っていました。しばらく、様子を見ていましたが、、どうにも雨があがる気がしなかったので、瓶が森の駐車場まで移動し、一日中読書していました
次の日に、なんとか雨があがり、なんとか、登頂できました。
とても、素晴らしい雲海が見られて、2日間で1座しか登れなかったのですが、それなりに満足できました。 
 それにしても、白装束を着た人たちは、雨がひどくても そのまま登って行っていました 「六根清浄、、ぽくぽくぽく、、」と聞こえるのですが、何と言っているのか分かりませんが、 掛け声を発しながら登って行っていました。修業の一つなのでしょうが、すごいなぁ〜と思いました



856.Re: 雲海のすばらしい天狗岳に感動
名前:kyo    日付:2016年10月23日(日) 21時28分
日々野やすらぎさん、今晩は。

お久しぶりです。

素晴らしい雲海ですね。

facebookで見ていました。

天気が悪いとテンションが下がりますね。

信仰で登る方は、条件が厳しいほどご利益があるので頑張ることが出来るのでしょう。

雨の中の山歩きも経験しておくことも必要だと思いますがやはり晴れている方が良いですね。

一日待ったおかげで素晴らしい雲海の天狗岳に登ることが出来て良かったですね。

私は最近やることが多くなって山に行く機会が減っています。

来週はスッキリと晴れたらスーパー林道沿いの紅葉を楽しみに行きたいと思っています。

また山歩きのレポートお届けいただけるのを楽しみにしています。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html

852.至仏山 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2016年10月18日(火) 10時39分
Original Size: 640 x 480, 90KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 90KB

kyoさん おはようございます

笠ヶ岳の素晴らしい風景、楽しく見させていただきました
遠征のお疲れはとれましたでしょうか?

信州までの往復だけでも大変ですが
体調不良の中、ハードな山行は疲れが一気に出ますね
奥さんも熱が下がられたそうで、本当に良かったです

尾瀬までも遠かったです
半分は観光でしたが、お天気に恵まれお山も楽しく歩けました〜♪

写真 木道を歩き、至仏山へ向かいます
    途中、尾瀬ヶ原を見下ろす
    小至仏山へ向かいながら、至仏山を振り返る
http://outdoor.geocities.jp/ymkm1982/



854.Re: 至仏山
名前:kyo    日付:2016年10月18日(火) 15時10分
Original Size: 640 x 480, 84KB Original Size: 900 x 309, 63KB

グランマー啓子さん、今日は。

至仏山や尾瀬ヶ原の写真ありがとうございます。

花々の咲く季節の尾瀬も良いですが、草紅葉の尾瀬もなかなか良いものですね。

北アルプスの中では、新穂高登山口までの距離は短い方(約500`)ですが、殆ど休まずに家からは7時間あまりかかりました。

私は前夜に5時間足らず寝ることが出来ましたが、家内は準備などで殆ど寝ていなかったようです。

車の走行中に寝ればよいのですが、家内は今まで寝たことがありません。

ただでも食が細いのに疲れると余計に食べることが出来なかったようです。

やはり前泊をしなければなあと痛感しました。

それにしても笠ヶ岳からの眺めは最高でした。

6500万年前と古い地層の笠ヶ岳と200万年前に出来たばかりの槍穂高連峰の対比も面白く飛騨山脈そして日本列島の誕生の不思議に触れることが出来た気もします。

これから、四国の秋の山そして冬の山の季節ですね。

家内ともどもじっくりと楽しみたいと思っています。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


851.笠ヶ岳 返信  引用 
名前:ぽとふ    日付:2016年10月18日(火) 7時3分
Original Size: 640 x 480, 48KB Original Size: 640 x 480, 48KB Original Size: 640 x 480, 45KB

kyoさん、お早うございます。
笠ヶ岳のレポート拝見しました。お天気に恵まれ、素晴らしい眺望を楽しまれたこと、なによりです。奥様も体調回復されたのこと、よかったです。
私も細々と山歩きしておりますが、脚力の衰えを随分と感じます。それでも、歩けることを喜びとして、楽しんでいきたいと思ってます。
kyoさんの山歩きレポートも大いに楽しませていただいております。
2014年の10月の下旬に、平湯方面で温泉を楽しみ、新穂高ロープウェイから見た、笠ヶ岳と槍ヶ岳方面の写真を貼らせていただきます。



853.Re: 笠ヶ岳
名前:kyo    日付:2016年10月18日(火) 14時46分
Original Size: 640 x 426, 80KB Original Size: 640 x 480, 66KB

ぽとふさん、今日は。

新穂高ロープウェイから見た、笠ヶ岳と槍ヶ岳方面の写真ありがとうございます。

きれいに晴れていて美しいですね。

私は二度ロープウェイに乗りましたが真っ白なガスに包まれて何も見る事が出来ませんでした。

今年は、9月の天候に恵まれず諦めかけていましたが、10月の三連休過ぎから急に天候が良くなり急遽遠征することになりました。

10月の北アルプスについては経験がなく、天候の急変などが心配でしたが、3日間とも素晴らしい天気で楽しく歩くことが出来ました。

今まで槍ヶ岳は色々な方向から眺めてきましたが、笠ヶ岳からの眺めは特に素晴らしいものでした。

また、今まで歩いてきた北アルプスの山々を一望にすることが出来て感激しました。

健康に気をつけて来年もまた日本アルプスの山々を歩きたいと思っています。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


849.笠ヶ岳 返信  引用 
名前:タキオン    日付:2016年10月17日(月) 16時28分
Original Size: 1024 x 768, 146KB Original Size: 1024 x 768, 148KB Original Size: 1024 x 768, 150KB

アルプス遠征お疲れ様です。
私が傘に登ったのは10年ぐらい前でしょうか?双六小屋から縦走しましたが
道中の事などほとんど記憶になく新鮮な気持ちで楽しめました。
いつもながらに沢山の写真と詳しい説明は素晴らしいです。

奥様はお疲れで胃の調子を悪くされたようですが、私も以前大変なめに会いました。
その時は減量8Kg,帰宅後病院で点滴を受けてもなかなか好転しなかったのですがガスターを
飲んだらすっと治りました。

以降の山行はいつも病院でもらったガスター20を持って行きます。
疲労し、食べられなくなってきてもガスターですぐに回復し食欲も戻りました。
ただ、これは私の場合には効きましたが誰にでも適用は出来ないと思います。
ご参考までに。

ちなみに、ガスター10は一般の薬屋でも買えます。

続きを楽しみにしております。
私の傘新道下りは水切れでとってもえらかったです。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/hisa



850.Re: 笠ヶ岳
名前:kyo    日付:2016年10月17日(月) 20時35分
Original Size: 1024 x 344, 83KB Original Size: 835 x 440, 65KB

タキオンさん、今晩は。

10年前に双六小屋から笠ヶ岳に登られたのですね。

弓折岳から笠ヶ岳までの稜線歩きは地図で見ると平坦で楽々コースのように見えましたが結構アップダウンがあり大変でした。

でも北アルプスの主な山々を見渡すことが出来て楽しく歩くことが出来ました。

笠新道の下りは岩が多くて延々と続く下りに心理的に疲れました。

水はたっぷり持って降りたのですが、殆ど休まずに降りたので飲む暇がなくて大部分残してしまいました。

ガスター10のご紹介ありがとうございます。

家内は、出発前から体調が十分でなくしかも寝不足で体調を崩したのだと思います。

帰ってから38度の熱が出ましたがすぐに良くなりました。

若い時のようには行きませんが体調に気をつけて来年も日本アルプスに行きたいと思っています。

10年前の写真どうもありがとうございました。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


847.やっと平年並みの秋が来ましたね。 返信  引用 
名前:晩酌年中無休のT川    日付:2016年10月11日(火) 16時4分
お久しぶりです。
昨日,私も中津峰山を歩いていました。
HPの「2016.10.10」記事の,  ?  ですが,
キヅタ ナワシログミかな(?)

信州の山に行かれる,とか。楽しいだろうなあ・・・。
飲み水には気をつけて,行ってらっしゃいませ。



848.Re: やっと平年並みの秋が来ましたね。
名前:kyo    日付:2016年10月11日(火) 16時44分
Original Size: 640 x 480, 94KB Original Size: 640 x 480, 63KB Original Size: 640 x 480, 73KB

T川さん、今日は。

昨日は第二駐車場でお車があったので、登っておられるなあと思っていました。

ピンクのアサマリンドウがきれいでしたね。

不明の花をお教えいただきありがとうございます。

キヅタはよく見かけますが、今まで名前を知りませんでした。

木のように見えますね。

ナワシログミはグミの仲間とは思ったのですが、ナワシログミとはわかりませんでした。

アキグミが春に花が咲いて、ナワシログミが秋に花が咲くのですね。

実がなる時期が名前になっているとは知りませんでした。

明日は朝1時に起きて新穂高温泉まで走ります。

山小屋が閉まる寸前ですが、天気が良ければよいのですが、天気の急変で吹雪などにならないことを祈っています。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


844.危うくエンジンクラッシュに 返信  引用 
名前:kyo    日付:2016年10月8日(土) 18時26分
Original Size: 225 x 300, 25KB Original Size: 640 x 480, 101KB

先日燃料を満タンにしてから、大川原高原に行ったあと、100キロほど走ってふと燃料計を見ると半分くらいに減っている。

??

エンジン音も少し高いようだ。

水温計は正常。

念のためにラジエーター水のリザーバータンクを見ると空っぽ。

驚いてラジエーターキャップを点検。

走った後ラジエーターキャップを外すと高温の蒸気が吹き出すが、蒸気が出ない。

見ると負圧弁が完全に壊れていた。

負圧弁が損傷してしまうと、負圧弁は常に開いている状態になる。

冷却水が熱で膨張しても負圧弁からリザーバータンクへと圧力が抜けてしまい加圧することができない。

そのため沸点をあげることができない。

よって加圧できていれば120℃まで沸騰が抑えられたのが、100℃で沸騰することになる。

おまけに水温は100度だから水温計は異常を示さない。

早速オートバックスに行ってキャップを購入。

1180円なり。

クーラント液を1リットル買って入れたが、規定量に達しない。

結局1.5リッターも入ってしまった。

殆ど蒸発してなくなっていたことになる。

危ないところだった。

このまま走り続けると完全にオーバーヒートしてエンジンが焼き付きクラッシュするところだった。

私の車はディーゼルなので少しくらいオーバーヒートしても特に変には感じなかった。

燃料を入れると何とリッター4`しか走っていなかった。

昔は年に何回か点検していたが最近は忘れていた。

キャップのシールには1年に一度は交換しましょうと書いてある。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html



845.Re: 危うくエンジンクラッシュに
名前:ぽとふ    日付:2016年10月9日(日) 19時8分
kyoさん、今晩は。
危ういところでしたね。大事に至らずよかったです。


846.Re: 危うくエンジンクラッシュに
名前:kyo    日付:2016年10月9日(日) 21時4分
ぽとふさん、今晩は。

今週は天気が良さそうなので、山小屋が閉まる前の最後のチャンスに日本アルプスに行こうと予定しています。

高速で、クラッシュしないで良かったと胸をなでおろしています。

基本点検は忘れずにやる必要がありますね。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html

842.サワフタギならサファイヤのように鮮やかなブルーでしょうか? 返信  引用 
名前:kyoさんのファン:男性です。    日付:2016年10月7日(金) 19時34分
高丸山。
三尾の峠をなだらかにまっすぐ少し行くと
大きなサワフタギ!
と私が思う木が一本有ります。
昨日見たら,黒い実でしたが「く***サワフタギ?」でしょうか?
教えてください。
写真とっていません,すみません。



843.Re: サワフタギならサファイヤのように鮮やかなブルーでしょうか?
名前:kyo    日付:2016年10月8日(土) 8時44分
Original Size: 480 x 360, 45KB

kyoさんのファン:男性ですさん、今晩は。

サワフタギやタンナサワフタギはとても綺麗な花が咲きますね。

雲早山や樫戸丸そして大川原高原には沢山咲きます。

以前、樫戸丸にはサワフタギが咲くと聞いて確かめに行きましたが、ブルーの実は見つけることが出来ませんでした。

私がサワフタギの実に出会ったのは伯備大山です。

8合目ぐらいにサファイヤのような実がたくさんあり感動しました。

その時の写真が見つからないのが残念です。

その後、うまく時期が合わず見ていませんが、5年ほど前の9月中旬に写した写真があります。

まだ十分に熟れていませんが少しブルーになっています。

徳島にもサワフタギはあるはずなのでこの時期が見つけるチャンスだと思います。

見つけることが出来たらまたお知らせください。

投稿どうもありがとうございました。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html


840.大麻山 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2016年10月3日(月) 15時26分
Original Size: 640 x 480, 90KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 90KB

kyoさん こんにちは

秋とも思えない蒸し暑さで、すっきりしないお天気が続きますね

昨日は、徳島へお邪魔していました

風格ある阿波一宮大麻比古神社にお参りしてから、大麻山へ
それにしても、朝から蒸し暑かったです
階段道を頑張り、表参道に入って後200mの標識を見たときは
ほっとしたんですが、その200mが長かった!
噴き出る汗を拭いながら20分近くもかかりました

卯辰越からは、珍しい地層や「史跡板東城址」の碑も発見
車でさっと走ったら見過ごしてしまいますねぇ

勢力を保ったまま台風18号が近付いています
お気を付け下さい

写真 山頂まで200mの標識
    77番鉄塔、舫っていて展望はいまいちでした
    タマゴタケ
http://outdoor.geocities.jp/ymkm1982/



841.Re: 大麻山
名前:kyo    日付:2016年10月3日(月) 18時37分
グランマー啓子さん、今晩は。

暑い中、大麻山にようこそいらっしゃいました。

大麻山は神社やお寺を巡リながら登る山として人気があります。

でも延々と続く階段道は暑い時期には堪忍してよとなります。

特に最後の200mの標識からは長く感じられますね。

私は晩秋から早春の涼しい間しか登らないようにしています。

しかし地元では残暑厳しい9月11日に15往復の記録保持者が居て、毎日3〜5往復する方は多いそうです。

すごい人はどこにでもおられますね。

鉄塔からは東讃の海岸線と瀬戸内海が美しいのですが、靄っていて残念でしたね。

卯建峠からの車道は長くて嫌になりますが、和泉砂岩層の砂岩と泥岩の互層はリズミカルな曲線が美しいですね。

坂東城址は標識は見るのですが、城址に行ったことはありません。

鳴門から板野の阿讃山脈山麓は縄文から弥生の遺跡や日本でもかなり古い時代の古墳がたくさんあり、遺跡巡りもまた楽しいと思うのですがまだ実現はできていません。

この秋には笠ヶ岳を予定していたのですが、天候不順で行くことが出来ませんでした。

今週もまた台風で来週がラストチャンスのようです。

また秋が深まれば寒風山や伊予富士にも出かけたいと思っています。

何処かでまたお会い出来ることを楽しみにしています。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html

838.黒部五郎、読売新道へ行ってきました 返信  引用 
名前:タキオン    日付:2016年9月19日(月) 21時42分
Original Size: 1024 x 682, 150KB Original Size: 1024 x 682, 149KB Original Size: 1024 x 682, 150KB

水晶岳       赤牛岳       黒豆の実

kyoさん、ご無沙汰しております。
私も黒部五郎に行ってまいりました。
kyoさんのレポートが大変参考になりました、ありがとうございます。
黒部五郎の後は読売新道でした、お暇な時に私のぺーじもご覧ください。
小屋は全部予約していたので待遇が良かったですよ。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/hisa



839.Re: 黒部五郎、読売新道へ行ってきました
名前:kyo    日付:2016年9月20日(火) 18時53分
タキオンさん、今晩は。

黒部五郎岳から水晶岳そして読売新道のレポートありがとうございます。

早速ブログを拝見させて戴きました。

色々な方との出会いもあり、楽しい山歩きが出来た事と思います。

でも、外国の方と仲良くなれるって素晴らしいですね。

私などは、外人だと思うと体が竦んでしまって話しかける事も出ません。

水晶岳から赤牛岳へそして黒四ダムへの縦走路は行ってみたいけれどロングコースのようですね。

秋の登山シーズンになったのに天候が悪くて出かける事が出来ずに嫌になります。

秋のアルプスにも行きたいと思っていますが、10月になると冬山の気候になる事もあるので何とか今月中に行きたいと思っています。

今日、三俣蓮華岳からの帰りに増水した沢で遭難した方がおられるようですが、去年の鏡平山荘からの下りで登山道があっという間に濁流になった事が思い出されます。

お互い十分に注意して山歩きを楽しみたいですね。

835.834の追伸(別件ながら) 返信  引用 
名前:山と酒の日々    日付:2016年9月12日(月) 15時24分
旗立て手前で撮影されたのは「ヒカゲノカズラ」でしょうか?
ならばシダ植物で”日陰でなく日当り”わ好みます。



837.Re: 834の追伸(別件ながら)
名前:kyo    日付:2016年9月14日(水) 18時45分
Original Size: 800 x 600, 267KB

山と酒の日々さん、再度今晩は。

ヒカゲノガズラでシダ植物ですか。

今まで長年疑問に思って調べていましたが、苔だとばかり思っていたので探し当てる事が出来ませんでした。

長年の疑問が解決して喜んでいます。

ありがとうございます。
http://satoyama.yu-yake.com/index.html



ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb