[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





12824.第25回「薩摩最南端・いぶすき菜の花マーチ」初日に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 10時54分
Original Size: 640 x 479, 146KB Original Size: 640 x 480, 163KB Original Size: 640 x 480, 137KB

ママの「ご飯が出来たわよ〜」って言葉にレポートの合間にご飯を食べたり、ゴミ捨ての日の本日なのでブラごみや可燃ごみ等と分別もして捨てに行ったりの朝、やっと手掛けられる表記レポートへとです。

さてさて沖縄生活?に馴染んだ体も前日桜島の強風と冷雨にビシッと引き締まり、キチンと目覚めて向かう鹿児島中央駅ですが、6時27分発山川行きという電車に乗るウオーカーたちも居られ一安心、そして乗車した車内では何年振り出会いでしょうか?
神戸の高木さんも居られ、耳が不自由な彼と紙で筆談や今回ワタクシが持参のタブレットパソコンで、昨年札幌で出会った高木さんの友人だという大阪の杉浦さんたちの写真もお見せしたりしていましたが、既に彼らからその出会いのことも伝わったいたという高木さんです。
久々に尽きぬ会話でしたが、暗かった外も7時を廻って桜島が浮かぶ鹿児島湾から陽が昇り、既に40キロ組はスタートしたようです。



12825.Re: 第25回「薩摩最南端・いぶすき菜の花マーチ」初日に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 11時12分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 139KB

指宿駅からの専用送迎バスで会場となる「フラワーパークかごしま」に着いたのが8時20分、広い会場のごった返す受付で手続きもして出発式の行われる中央部へとですが、見知った方々が大勢居るのにビックリです。
どなたも久々ですが、先ずは東京のやまおさんや小川さん(真ん中)、そして福井の松岡ご夫妻との出会いです。



12826.Re: 第25回「薩摩最南端・いぶすき菜の花マーチ」初日に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 11時23分
Original Size: 800 x 601, 155KB Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 600, 159KB

札幌の酒井さんや横浜の中村よっちゃんら長老たちに広島の麻生さん(左)や、真ん中ハリコは福岡のほら誰だっけ?!って喉まで名前が出掛かっているのにナ〜 (´∩`;)
そして忘れえぬ愛知組は岡崎の間瀬さんや橋本姫とも超久々って、原因はワタクシたちなのデス。。。



12827.Re: 第25回「薩摩最南端・いぶすき菜の花マーチ」初日に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 11時35分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 159KB

パパママがウオークを始めた頃の愛知ウ協の重鎮福田女史(左)も居られたりと、全国各地からの参加者を見てこの大会が如何に大きな大会であるのかを実感ですが、レポートが進まずハリコを割愛の皆さまには失礼様でした。
出会った多くの方と出会い記念もですが、日本マーチングや九州マーチングなどの申請にも走り、既に体操も始まりましたがスタート時間の9時が近付いたようです。



12829.Re: 第25回「薩摩最南端・いぶすき菜の花マーチ」初日に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 11時49分
Original Size: 800 x 599, 139KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 599, 149KB

誰が何のご挨拶をしたのか檄も何方なのか判らずでしたが、9時スタートの25キロ組が歩き出した混雑の中を見送り組には、中村よっちゃんや鶴おじさんたち、そして福岡のクスコマワンコ森ご夫妻も手を振って居られ、大会を盛り上げて頂けていました。



12830.Re: 第25回「薩摩最南端・いぶすき菜の花マーチ」初日に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 11時59分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 601, 162KB

檄を終えて先ずはフラワーパーク内を巡って会場を後にするようですが、東京の大山さんたち(真ん中)が居られたり、佐賀の伊香賀さんたち(右ハリコ)が居られたり、歩き出してからも見知った方が更に大勢居られる事に気付くパパママでして、楽しい一日を予感なのです。



12831.Re: 第25回「薩摩最南端・いぶすき菜の花マーチ」初日に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 12時10分
Original Size: 800 x 598, 162KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 163KB

初めて目にした美しい形の開聞岳をバックに園内には今年の干支である鳥を描いた大きな花壇もですが、まだ登り切らぬ太陽に向かって歩を進める朝、現在は山口に住むというマッチーご夫妻や、先週久米島でもご一緒した東京の康兵衛さんともご一緒となっているスタート直後です。



さあぁ 本日午後もテニスへと出掛けますので、一旦はパソコン君を離れますが
我がママはまたもソファーで居眠っています。

オーイ!お昼を食べて着替えて出掛けるヨ〜


12817.菜の花W 返信  引用 
名前:金沢の浅井    日付:2017年1月27日(金) 8時53分
Original Size: 928 x 1237, 361KB

お早うございます。
返信ありがとうございます。
ご夫妻の仲良し写真を送付します。
今後ともよろしく・・・



12823.Re: 菜の花W
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 10時12分
金沢の浅井さん オッハーさまでございます。
我々のツーショットを上手にハリコ頂き、ありがとうございました。
コチラこそ、今後ともよろしくネ〜♪

12813.第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのG 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 7時58分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 154KB

皆さま オッハーさまでございます。

テニスに夢中になる日々が続いていて久々に歩きましたが、コートを動き回っていたので「楽に歩けるだろう」って勝手に思っていたら、歩く筋肉とテニスで使う筋肉が全く異なる事を実感の今回で、足がエライのナンの。
久米島から指宿の歩きを通して、ようよう以前のように歩くことが楽になった今回で、何事も偏ってはイケマセンな〜
昨日は2週間振りに握ったラケットだったけど、旅行中にウオークレポートが遅れ出したのは、始まった全豪オープンでの錦織の所為でもアリマする。

さてさて 鹿児島港と桜島港を15分で行き来するこの桜島フェリーですが、お聞きすると前後にスクリューが付いていて船を方向転換する事なく、常にお客様が桜島を眺められる方向に椅子を向けたままの往復だそうで、深夜は流石に便数は減るというけど24時間休む事無く人や車を運ぶのだそうです。
向かう桜島の山頂部を覆っていた雲が取れて素敵なロケーションですが、寒さも忘れて夢中になってカメラを向ける展望デッキの我々に、アッという間に下船案内なのデス。



12814.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 8時9分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 149KB

下船したのが午後3時15分でしたがそのまま即スタート、桜島では緩いながらも登り坂が続き温まった体にカッパが不要となったのも一時、錦江湾から吹き付ける強風と波飛沫が我々を襲い再度カッパを羽織ったミンナです。



12815.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 8時31分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 156KB

噴火によって地底から噴出した溶岩隗が山腹を覆い、溶岩流が海に流れ出て固まったその風景に火山島を実感ですが、「日本の遊歩百選」に選ばれたという整備された「桜島溶岩なぎさ遊歩道」を歩かせて戴きます。
でも歩き易いんだけど、ハリコを見ても判るかもだけど超強風の海岸沿いでして、松林の中に入った時は風が妨げられてホッとします。



12816.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 8時43分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 135KB

日歩の「歩きたくなる道500選」にも選ばれている奇岩怪石の連続ですが、怪獣が岩の上から我々に飛び掛って来そう(左ハリコ)なのや、たぬき岩(真ん中ハリコ)と命名されていたのはワニが空を見上げているように見え、巨人(右ハリコ)が歩く我々を見下ろしているようなのと、想像力によって色々に見える黒い岩のシルエットです。
でも鹿児島市内もそうだったけど、コースリーダーの歩行スピードが速くって、足を止めて居られぬ桜島なのデス。



12818.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのK
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 9時9分
Original Size: 800 x 599, 134KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 601, 156KB

「オオッ、アッチも人に見えるじゃん」って、近くに寄って見ると完全に彫刻された人の顔でしたが、説明版によると2004年夏に長渕剛が行った桜島オールナイトコンサートを記念するもので、75000人が集まったというそのパネル写真は、まるで海に流れる火山流のようで今も若い熱気が伝わって来ます。
東京の黒木さんたち(右ハリコ)とのスナップですが、桜島の山をバックにして傾いた太陽に照らされて、ミンナの顔も輝き燃えるようデス。



12819.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのL
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 9時35分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 150KB

赤水展望広場でお汁粉の接待を頂きましたが、強風で何気にお椀をテーブルに置くと中身諸共風に飛ばされるほどの中、甘く温かいお汁粉を味わって暫しです。
帰路は烏島(からすじま)展望所を通って県道224号線沿いとなったけど、完全に雨雲に覆われた桜島でして、強風に見舞われた我がママも煽られる△帽子をカッパの中に避難させるほど、そして冷たい雨に打たれて凍えるほどの帰り道となりました。
港に戻って暖かいフェリー内に乗船してホッと一息の我々でしたが、完全にその雄姿を消しそうな桜島を離れた午後6時前です。



12820.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのM
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 9時48分
Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 599, 156KB

愛知と比べると日没の遅い鹿児島でしたが、市内を巡って天文館通りへとだけど、これまたドンドンと先導リーダーの足は止まらず。
一緒に歩く地元スタッフが教えてくれるにはどデカい石灯籠の建つココが鹿児島の中心街だそうで、古いお洒落な建物は山形屋というデパートだそうです。



12821.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのN
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 9時57分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 533 x 640, 119KB Original Size: 640 x 480, 138KB

鹿児島に新婚旅行に来たという竜馬とおりょうの像も建ち、我がママは間に入っておりょうさんに寄り添い、全国に名高い白くまアイスが鹿児島発祥とは初めて知った今回で、ココがそのお店なのです。



12822.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 10時8分
Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 640 x 480, 156KB Original Size: 800 x 599, 159KB

鹿児島市内や桜島を歩いて12キロのせっかくウオークでしたが、日没となった天文館公園に午後6時15分にゴールフィニッシュとなりました。
当初案内は5時ゴールでしたが、午後6時に点灯だという「ミリオネーション2017」を参加者に見せたくて、この時間となった本日のようで、解散後はバスで指宿に向かう皆さまと別れて、暫し天文館の夜を楽しんでホテルに戻ったパパママです。

楽しくて尽きぬ思い出たちをハリコしてたら、レポートが長くなっちゃったけど

でわでわ 1/20(金曜)レポートはコレにてネ〜


12811.菜の花W 返信  引用 
名前:金沢の浅井    日付:2017年1月26日(木) 11時30分
今日は・・・

先日は指宿「菜の花W」の参加、お疲れさまと言うよりも大変楽しまれたことがHPの拝読から察し、読む方も楽しくなります。
指宿の前には久米島の行かれ、更にチラ海水族館等々、楽しい旅でしたね・・

私も久米島Wは昨年行ったのですが、大型寒波到来で楽しみとしていたフェリーから大海原の思いは欠航で体験出来なく。
やむなく、フライトで島に行きましたが、ウォークの方も強雨風からコースは短縮、帰りのフライトも相当遅れての那覇帰りでしたことを思い出します。

今回の指宿は、中部セントラから来たのですが、今回も寒気団からの強風影響で1時間遅れのフライトで指宿は最終電車で指宿は深夜に入りました。
大会は大きなハプニングもな楽しめました。当地の観覧は、HPで読む番所鼻、山川の砂風呂は工事中で入れずとなりのたまてばこ温泉に入りましたが露天風呂は疲れを癒す良い温泉でした。

HPの知覧特攻平和会館は行ってはいないのですが、評判は良く聞き一度は行ってみたいところです。
ところで指宿で撮った、お二人さんの写真を添付で送信と思いやうまくいきません。
簡単な手続きであればご指導よろしく・・

それではまた、これからも楽しんで下さい。再会を楽しみにしています。



12812.Re: 菜の花W
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月27日(金) 7時14分
Original Size: 800 x 600, 237KB Original Size: 800 x 600, 244KB

金沢の浅井さん コンバンわ〜

久米島でも指宿でも出発式などで昨年の大変だった天候の事が話題になっておりましたが、我々が過ごした各地の今年は幸いに不順ながらも、歩くに支障のない程度で何よりでした。
初めて訪れた各地ですが、久米島博物館でも先の太平洋戦争末期の展示記述があったり、沖縄はもちろん、指宿ウオークのコース途中にもその戦跡地が有り、日本が敗戦となる70余年前の真実を目にして、敗戦末期にタイムスリップしたような今回の沖縄や鹿児島の旅でした。
しかも更にその後、広島・長崎の悲劇を重ねて、ようよう白旗を揚げる決断に至った日本の過去を振り返って、感慨深い13日間となりました。

当掲示板は添付写真の容量に制限が有り、最大で500キロバイトです。
1枚なら上限500KBまで添付ハリコ出来ますが、2〜3枚の場合は全ての合計が500KB以内となり、私が3枚添付ハリコする場合は1枚を166KBに画像容量を圧縮してアップしています。
ご存知かもですが、「縮専」や「Syuku_kaku」という無料ソフトが有って、これを使うと簡単に画像サイズの変更や容量の圧縮が出来ます。

でわでわ 次回はどちらで出会えますでしょうか?? こちらこそ楽しみに!!


12805.第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのB 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月26日(木) 6時46分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 149KB

皆さま オッハーさまでございます。

楽しいながらも飛行機での移動を繰り返して様々を過ごした13日間、緊張の弛緩と帰宅した安心からか、頭は冴えているものの肩や体に重さやだるさを感じている現在で、気が付けばうたた寝をしていた昨日です。
快晴ながらも庭に霜柱が立ちバケツの水が凍りついているマイナス1度の愛知小牧の朝、ついついち体が縮こまっちゃうけど、コレも一因かな??
さあぁ 本日からテニスも再開して体を動かして 普段の生活に戻らなくっちゃ!!

さてさて だから途中で止まっていた1/20(金曜)レポートの続きだヨ〜ン♪
午後1時に鹿児島中央駅近くのライオン広場に集合だというので時間前に寄った「維新ふるさと館」へとですが、西郷隆盛や大久保利通、大山巌や東郷平八郎と幕末から明治に掛けての日本の歴史に名を連ねる人々が、幾つかの「郷中」と呼ばれる町屋で教育を受け、互いの切磋琢磨や郷中同士の競い合いをさせて後の偉人を世に排出させた島津藩だそうです。
ところで、1月20日の日付の入った看板の前の我がママだけど、本日が誕生日でアリマスる。。。オメデトウ。。。



12806.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月26日(木) 6時57分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 151KB

せっかくウオークでは巡らぬ市内を歩いて定刻となり集合場所へとですが、ナナ・ナント尾張旭の竹内ご夫妻(左)が居られたり、九州マーチングリーグ達成の赤い帽子をかぶった福岡の田中さんやカーボィハットトレードマークの大阪の宇野さん(真ん中)が居て、今東京から到着したという黒木さん(右ハリコ)とも再会が出来た鹿児島市内でデス。



12807.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月26日(木) 7時11分
Original Size: 800 x 598, 159KB Original Size: 800 x 599, 150KB Original Size: 800 x 599, 141KB

そうそう 晴天なのに雨具姿のパパママや皆さまですが、12時頃から突然に荒れた天気となり、台風並みの強風が吹き荒れ瞬間ながらも雨も降る始末、集まったライオン公園のグランド側に顔を向けると砂が当たって痛く目も開けられぬ程でした。
しかし、こんな程度でヘコタレぬウオーカーたちでしてストレッチや檄もして、イザ行かん!鹿児島遺産の散歩道とシンボル桜島へとなのデス。



12809.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月26日(木) 7時42分
Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 598, 163KB Original Size: 800 x 600, 160KB

種子島への鉄砲伝来に遅れること暫しの1549年、「イスパニアの宣教師フランシスコ・ザビエルは鹿児島・祇園之洲に上陸」って記された記念像が立つザビエル公園を横目に素通り、「あちこっちにザビエル記念堂なんが有るじゃっど、鹿児島が日本でいっど(最初)じゃった〜」って説明を受けながらも足は止まらず、立派な大鳥居は照国神社で、「それが西郷どんじゃっど」って、パパママ二人の写真を撮ってもらっていたらアンカーも先に行っちゃう。
鶴丸城御楼門はブルーシートで覆われて改修中だそうだけどコレもスイスイ、篤姫の話もナシです。



12810.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月26日(木) 7時56分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 163KB

やっと足を止めたかと思ったら長く伸びてしまった最後尾待ちでしたが、先週も久米島でご一緒をした朝鮮通信使ウオークの柳田さんも本ウオークにご参加です。
全員がまとまって桜島フェリーに乗船ですが、この時間は10分から15分間隔で出る船だそうで、ナンと24時間休みナシで市内と桜島を結んでいて、四千人を超える島民や観光客を運ぶのだそうです。


今から朝食を食べてテニスに行く本日ですので、レポートの続きは帰ってからネ〜


12799.パパママの長期ウオーク旅行12日目、ママと2人しての鹿児島探訪の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月25日(水) 22時19分
Original Size: 800 x 602, 157KB Original Size: 800 x 581, 142KB Original Size: 800 x 598, 138KB

使い慣れた自宅のパソコン君を前に膨大な写真を整理しながら振り返る13日間ですが、容易に作業の出来るレポートから着手なのデス。

思い返すにウオーキング2大会はもちろんだけど、自分たちがまだ生を受けていなかった今から70余年前の事実を再確認する「鎮魂の旅」となった沖縄・鹿児島での今回です。
いぶすき菜の花マーチを終えて1/23(月曜)はレンタカーを借りての一日ですが、大寒気団がすっぽりと本土を覆い、南九州市といいながらも薩摩半島山間部に位置する知覧町への道中は路肩に白い雪が残る気温3度の朝、鹿児島に行ったら是非ともと思っていた「知覧特攻平和会館」へとです。



12800.Re: パパママの長期ウオーク旅行12日目、ママと2人しての鹿児島探訪の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月25日(水) 22時13分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 598, 161KB Original Size: 800 x 598, 155KB

1941.12.7、日本軍のハワイ真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争ですが、小国日本が無謀に拡大した戦勝域に対し、体制を立て直して制圧奪還を続けたアメリカ軍の3年余、日本陥落の前線基地とすべく沖縄に兵力を集中して壊滅作戦に出たのが、日本が敗戦となる年の春3月でした。
本土決戦を「1日でも先に延ばそう」との日本軍の抵抗は、米軍戦史に「ありったけの地獄を集めた」と記されるほど壮絶悲惨な戦いとなり、日米合わせて20万人以上の命が失われたといいます。
ここ知覧は沖縄戦特攻基地として、片方に250キロ爆弾、反対側に同様の片道燃料を積んで、人類史上類がないという爆装した飛行機もろともに沖縄を取り囲む敵艦に体当りをするという、自爆機の操縦桿を握った若者が旅立った場所なのです。

皇国と勝利を信じてと言いつつ、戦局の厳しさを肌身に実感していたであろう若者たちが、自身の気持ちを昇華させて散り往く直前の思いを、父母縁者に遺書や辞世の句として残したものを、遺族の皆さまのご協力に寄って永遠の平和を願いながら陳列展示されている「特攻平和会館」なのです。
町には帝国陸軍の指定食堂として、命を散らす日を待つ若い特攻隊員たちから「知覧のおかあさん」と慕われたという鳥濱トメさんの食堂も残り、戦後は訪れた生き残った隊員や多くの遺族の為にと隣に開いた冨屋旅館もです。



12801.Re: パパママの長期ウオーク旅行12日目、ママと2人しての鹿児島探訪の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月26日(木) 5時35分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 600, 151KB

このような天気ながらも多くの方々が訪れる「知覧特攻平和会館」でしたが、当時の記録映像や写真、特攻隊員の遺品や親族に宛てた遺書、海中から引き揚げたという特攻機の残骸などの展示や、語り部による講話もお聞きして気が付けは3時間を経過、静まり返った館内のあちこちから鼻をすする音が聞こえます。
武士道にも通じる皇国の士として、出撃の直前に残したという辞世の句や遺書たち、幼ささえも感じる若者の笑顔の最期となった写真を眺めて、我がママが「本心の気持ちだったのかしら?」ってオレに聞いたけど、どれも軍国と戦争という暗黒の時代が醸成した若者たちの悲劇なのです。

             花と散り 九段に還るを 夢に見つ
                           敵艦屠らん 我は往くなり   〇〇少尉(23歳)

天皇陛下も参拝をするという靖国神社に祀られる事を夢見て、迫撃砲の弾が無数に舞う中空を敵艦に向かうその時、死して二階級の特進、大尉となる彼は最後にどのような言葉を残したのでしょうか。
館内は撮影禁止でしたが、講話でお聞きして記憶に残った辞世の一句を皆さまにも紹介です。
        

目まぐるしく変わる天気でしたが、続いて行ったのは観光パンフレットに日本最大と書かれていて「是非とも!」って車を走らせた清水岩屋公園へとです。
中部地方でも岩壁に彫られた仏像などを見た事が有りますが、勝手に最大と言うからには「大きさ」だろうと思っていたら、岩壁も汚れて何処に彫って有るのか気付き難いその細い線画の摩崖仏たちでして、目を凝らさぬと分からぬほどで「日本最大」は700年以上前に彫刻されたという200個を超える摩崖仏たちの数だそうです。
みぞれ天気が雪に変わり「パパ〜 寒いわ〜」って、道路の積雪を恐れて早々に退散のパパママなのです。



12802.Re: パパママの長期ウオーク旅行12日目、ママと2人しての鹿児島探訪の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月25日(水) 15時52分
Original Size: 800 x 600, 145KB Original Size: 800 x 598, 154KB Original Size: 800 x 598, 149KB

山間部から枕崎海岸へと出て反時計回りのように指宿方面を目指していた午後2時、番所鼻自然公園というところにやって来ました。
知識もなく立ち寄ったココですが、江戸時代に徒歩で全国を巡って日本地図を完成させたかの有名なウオークの神様、伊能忠孝が番所鼻から望む東シナ海に浮かぶ開聞岳と岩礁の曲線美を見て「けだし天下の絶景なり!」と称賛したという場所なのだそうです。
そこに有った「吉鐘・番所の鐘」ですが、鐘を鳴らす回数で「幸運・健康・恋愛成就夫婦円満・子宝・安産」って、ナンでも来い!の幸せの鐘を2人して打ち鳴らしましたが、もしかしたら伊能ウオークの皆さまも歩かれましたでしょうか?



12803.Re: パパママの長期ウオーク旅行12日目、ママと2人しての鹿児島探訪の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月25日(水) 15時58分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 155KB

朝から変化の激しい天気で風も強い一日でしたが、折角来たのだから「もう一度体験を!」って岩場に打ち付ける波音が怖いほどの海岸沿いに建つ山川砂蒸し温泉へとですが、砂の中に埋められたまま頭を起こして海を眺めると、その波飛沫がパパママの目線以上の高さで散るのが見えて怖いのナンの、今が満潮だそうです。
でも、前日同様に心地の良い岩盤浴のようで、熱かったり寒かったりの調整もスコップを持った係員が丁寧に対応してくれて、気が付けば本日も40分ほどです。
ウオーク仲間の方々からは「熱くて15分も入ってられないヨ」って話が多かったけど、もしかしたらその砂蒸し温泉はわざと熱くして客を追い出す細工で、早く次の客に交代するようと、売上を考えた商売上の意図なのでは・・・?!?



12804.Re: パパママの長期ウオーク旅行12日目、ママと2人しての鹿児島探訪の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月25日(水) 16時4分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 156KB

午前中を特攻会館で過ごしたので慌ただしい午後となりましたが、海岸線をドライブしたり砂蒸し温泉にも入ったり、陽も傾き周囲の山並みが色濃くなる中を開聞岳に別れを告げ鹿児島湾に浮かぶ桜島を眺めながら、風は強かったけど雪の心配も無く無事に戻った鹿児島市内へとです。
連日の楽しみに家を忘れてしまっていた2週間ですが、家が恋しくなっているのも本心「さあぁ、明日は我が家だネ♪」って、やっと帰れる愛知小牧へとです。

でわでわ 帰宅日前日の鹿児島を コレにてネ〜


12798.無事に帰宅した昨日です! 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月25日(水) 8時33分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 800 x 599, 136KB

皆さま オッハーさまでございます。

第一声が「やっぱり我が家だよネ〜」って、独立した子供たちや近所の皆さまに守られていて心配はしなかったものの、パパママ二人して初経験となる13日間の長期旅行から全日程を無事に過ごして帰宅した昨日午後でした。
鹿児島空港で薩摩揚の試食をしたりお土産を買足したりもして機上となりましたが、見下ろす地上の山々は木々に雪が積もる風景でして、鈴鹿山系から流れ込む雪がチラつく中部国際空港セントレアに到着、帰宅が午後2時でしたが、蓄積した疲労からかリビングで即爆睡となってしまい目覚めたのが夜11時、夢遊病者のようにそのままお布団に移動してまたまた爆沈となって目覚めましたが、今朝の気温がマイナス2度「ウッ・寒ぶ〜」って愛知小牧でして、2週間振りに我が家での朝を迎えました。

さあぁ 前半は頑張って翌朝アップの日々のレポートでしたが、後半の溜まったレポートは自宅からジックリとアップしますネ〜


12797.パパママの長期ウオーク旅行12日目、本日の鹿児島は雪かも! (◎_◎;)  返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月23日(月) 7時25分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

皆さま オッハーさまでごわす。
スッポリと大寒気団に覆われた北海道から九州のようで、天気予報を見る全国各地に雪ダルマの絵が並ぶ本日でココ鹿児島にもす!
昨日は沖縄の暖気と本州から降りた寒気がぶつかり合った鹿児島地方でして強風の1日でしたが、雨も風も全て受け入れて歩く事を楽しむ仲間が全国各地からです。
本格レポートは帰宅後として昨日の数枚をハリコですが、いつもクスコマたちワンコ親子を連れて参加する福岡の森ご夫妻(左ハリコ)や、鶴おじさんたち(真ん中)とも記念のパチリだけど、横浜の中村よっちゃんの隣の毛皮の方が誰かと思ったら、よっちゃんの奥さまだそうです。
そして顔だけで分かり難いかもだけど、砂蒸し温泉初体験のパパママですが、真ん中がパパ、右端の顔がママだヨ〜ン♪

本日は初めての鹿児島県をフリーで過ごすパパママですが、レンタカーで知覧から枕崎方面に行こうと思うけど、どのようなお天気となるのでしょうか?

でわでわネ〜


12795.パパママの長期ウオーク旅行11日目の朝ですが、本日も晴天なり!!  返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月22日(日) 6時59分
Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 166KB Original Size: 1024 x 799, 162KB

皆さま オッハーさまでごわんす。

家を出てから11日目、久米島・沖縄本島とウオーク旅行をして鹿児島入りしたパパママ、20度超の沖縄地方の暖かさに改めて驚いている現在ですが、最高気温が11度だという本日の指宿デス。
連日のイベントに嬉々としてはしゃぎ過ぎてお疲れモードもピークに達し、昨日は菜の花マーチの初日25キロを歩きゴール後はレセプション、昨夜は旅館に入って「温泉→黒豚しゃぶしゃぶの夕食→温泉」で即バタンキュー
今朝も既に温泉に入って来ましたが、レポートに向かう時間が作れぬ昨日来なのです。

大勢の方々との出会い再会が有った昨日の、サワリのみをハリコなのデス。

ではでは 本日も指宿の第2日目を歩き、砂蒸し温泉も入っちゃうからネ〜♪


止まったせっかくウオークのレポートは明日以降にネ〜


12793.第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月21日(土) 5時25分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 165KB

皆さま オッハーさまでごわす。
今回の旅の不思議ですが、地元の天気予報を見ては「ああぁ、明日は雨だネ〜」って覚悟しても、朝起きると不思議と雲りだったり、終いには青空が広がり太陽が顔を出したりと、本日はどんな天気となるかな??

さてさて昨日、1/20(金曜)午後1時に、鹿児島中央駅から歩いて10分ほどのライオンズ広場というところが集合場所でしたが、定刻まで鹿児島の街を本日が誕生日のママと二人して散策です。
すると駅前広場で物産展でして、鹿児島のアレコレを試食させてもらったりもしてたら、先週久米島で出会った東京の浜田ご夫妻や、ナナ・ナント超久々の出会いだけれど、赤い上着の広島の麻生さんとも出会えた鹿児島の街です。



12794.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月21日(土) 5時35分
Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 599, 156KB

街を走る可愛いバスには西郷どんと篤姫が描かれ、ママの趣味の一つの郵便局巡りだけど、〇〇回目の誕生日は鹿児島中央郵便局へとデス。
そしてまたまたウオーカーとの再会だけど、コレまた広島の山岡さんと出会えたけど、指宿にも来られていたあさひさんが引き合わせてくれたかもの広島のお二人とデス。


12785.パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのD 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 21時32分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 156KB

皆さま こんばんわでごわす。
本日は午前中はフリータイムという事で鹿児島市内を散策し、午後はせっかくウオークに参加の一日ですが、先ずは残った昨日ウオークのレポートとします。

1/19(木曜)朝から出掛けた沖縄本島南部地域へとですが、圧倒的勢力で海上を埋め尽くす米軍艦や上陸軍兵によって本島中央部から北部が制圧され、最後に残った南部地域でアメリカ軍による掃討戦が繰り広げられたという敗戦末期、ひめゆり記念館に記録された生存者たちの生々しい証言に胸を重くしたまま、次に向かったのは県営平和公園へとです。
平和公園内に建つ「県平和記念資料館」ですが、課外授業の一環か県内中学校の子らがいっぱいでして「何処から?」「エッ、夫婦?」「いいね!」って、お揃い服のジジババに興味津々のようで色々と質問攻めだったけど、「沖縄を楽しんでネ〜」って、ひめゆり女学生と似た年齢の子らにエールをもらったパパママなのでした。



12786.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 22時49分
Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 163KB

館内は撮影禁止ですのでその内容は自身の目と耳そして脳裏に刻みますが、展示室を出たところにあった壁の一文を皆さまにも紹介です。
そして入館時に頂いたパンフレットに記載の一文、沖縄県民の思いを我がHPに引用して転記させて頂き、皆さまにもお伝えさせて頂きます。

     1945年3月末、史上まれにみる激烈な戦火がこの島々に襲ってきました。
     90日におよぶ鉄の暴風は島々の山容を変え、文化遺産のほとんどを破壊し、20数万の尊い人命を奪い去りました。
     沖縄戦は日本に於ける唯一の県民を総動員した地上戦であり、アジア・太平洋戦争で最大規模の戦闘でありました。

     沖縄戦の何よりの特徴は、軍人よりも一般住民の戦死者がはるかに上まわっていることにあり
     その数は10数万におよびました。
     ある者は砲弾で吹き飛ばされ、ある者は追い詰められて自ら命を絶たされ、ある者は飢えとマラリアで倒れ
     また、敗走する自国軍隊の犠牲にされる者もありました。
     私たち沖縄県民は、想像を絶する極限状態の中で戦争の不条理と残酷さを身をもって体験しました。

     この戦争の体験こそ、とりもなおさず戦後沖縄の人々が、米国の軍事支配の重圧に抗しつつ
     つちかってきた沖縄のこころの原点であります。

     ”沖縄のこころ”とは、人間の尊厳を何よりも重く見て、戦争につながる一切の行為を否定し
     平和を求め、人間性の発露である文化をこよなく愛する心であります。

     私たちは、戦争の犠牲になった多くの霊を弔い、沖縄戦の歴史的教訓を正しく次代に伝え
     全世界の人びとに私たちのこころを訴え、もって恒久平和の樹立に寄与するため
     ここに県民個々の戦争体験を結集して、沖縄県平和祈念資料館を設立いたします。

                  
戦後の米軍指導で作られた安保法制を現在の世界情勢に合うようにと、自民主導の国会で既に改正の一部ですが、ハリコや転記の一文に対してどのように感じる議員達なのでしょうか。
日本軍人同様に「生きて虜囚の辱めを受けるなかれ」と教えられた住民が崖から飛び込んだり、ガマに立て籠って降参の選択をせずに命を失ったこの場所、今は緑の木々と青い海と空、失われた命の清浄が成す現在の風景でしょうか。



12787.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 22時49分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 161KB

一日程度では足りぬ膨大な事実記録を展示する「ひめゆり記念館」や「沖縄県平和記念資料館」ですが、膨大で重厚な事実記録に胸が押し潰されそうになる思いの4時間ほど、既に昼食時間もとっくに過ぎて気付いた空腹、逃げるようしてやって来た「おきなわワールド」という観光施設へとです。

先に有った鍾乳洞を軸にして沖縄観光の施設を新たに作ったようですが、先ずは玉泉洞に入る事としました。



12790.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 23時15分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 161KB

1キロ近く有ったかもですが、歩く途中には大空間が現れたり地下水が川のように流れる場所が有ったり、もしかしたら先の沖縄戦でも「避難壕になったのでは?」って、曲折や段差の有る薄暗闇を30分ほどです。
鍾乳洞を出た先は、南洋の植物や果実の生る植物園が有ったり、沖縄の農村を模したというエリアが有ったり、まだまだ先が続きます。



12791.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 23時28分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

沖縄の田舎に迷い込んだような集落を散策したり、沖縄の祭りで踊られるというエイサーという舞踊を見たり一緒に踊ったりもして、コチラもじっくりと巡るには一日掛りとなりそうな所で鹿児島行き航空便の時間までで過ごしました。



12792.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 23時43分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 159KB

沖縄ワールドを出て向かうはレンタカーの返却ですが、ママが要望の郵便局に途中で寄って普通預金もして、出発便まで那覇空港で過ごした沖縄最終日。
日も暮れて夜のフライトでしたが、1時間20分ほどで着いた鹿児島空港を出た時の寒いのナンノ!沖縄に馴染んだパパママの体は震え上がっちゃうほどの久々の体感なのでした。

ではでは 明日も早いのでもう寝るけど
本日のレポートは1日遅れとなっちゃうかも・・・トホホ


12778.パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 9時53分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 163KB

皆さま オッハーさまでごわす。って鹿児島市からデス。
真夏日(25度以上)になるかもという昨日(1/19・木曜)の沖縄諸島でしたが、距離にして約700キロを北上移動して飛行機を降りた夜の気温が10度だそうで、肌に寒さを感じた鹿児島の夜でした。

さてさて 爆睡から目覚めて、昨日レポートを発信です。
夜の飛行機まで「もう1日、沖縄を楽しもう!」って、雨予報だったけど意外やイガイ。
目覚めた時は窓ガラスを叩くような雨だったのに、朝食を終えて昨日同様にレンタカーを借りに行った朝8時頃には、青空が見えてきた那覇市内でした。
本日は「沖縄本島の南部を巡ろう」って、先ずは琉球ガラス村へとです。



12780.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 9時54分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

販売するその製品を作る工場を自由に見学が出来て、買い物はもちろん、写真撮影禁止ながらもガラスアートの前に置かれた値札表を見てビックリしたけど、ゼロを数え間違うような価格だという作品がズラリと並んだガラス美術館も見学です。
展示された大作たちに「へえぇ〜コレが100万円だって!」とか「ママ〜、こっちは300万だってよ」って言ってたら、ママ曰く「値段に驚かないで、作品に驚きなさい」って、「美しいものを 美しいと思える あなたの心が美しい」と相田光男さんも言ってたけど、ごもともなのデス。。。



12782.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 9時54分
Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 158KB

沖縄に来たら「絶対に行かなくっちゃ!」って、今から70余年前の日本の現実を決して忘れたり目を背けてはいけない、その現場となる「ひめゆりの塔」へとです。
献花の花を手に向かう記念碑前へとですが、思い出すのはパパママが結婚をした1975年の夏、皇太子夫妻だった現天皇と皇后様が慰霊のために立ったこの場所、中の壕に隠れていた男が火炎瓶や石をお二人に投げつけ献花台に当たって炎上、いわゆる「ひめゆりの塔事件」です。
敗戦を目前にして多くの命が失われた沖縄ですが、その事実を語るという隣接のひめゆり記念館へとです。



12784.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 20時28分
Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 165KB

気が付けば2時間以上も館内でしたが、当時は十代の乙女たち、ひめゆり挺身隊の生き残りとしてこの場に立ち語り部となって、忌まわしく辛く苦しかったその事実を後世の方々に知らせるべく努めた彼女たちも今は歳を重ねて・・・
何も知らぬまま戦場に動員された彼女たちが何を思って生き、何を思って死んでいったのか、沖縄線最終の戦場になったこの場所での事実を未来永劫、後世に伝えるべくリニューアルされたというひめゆり記念館です。
自然が作ったガマという地下穴を野戦病院として使い、その中で働かされた彼女たちが、兵士の汚物や治療で切断した手足などの部位を穴に捨てたという場所も、我々が歩くこの周囲なのです。

動画や写真や読み切れぬ文章が語る様々を、まだまだ見聞きしたかった思いも強かったけど、息苦しさに体も心も潰されそうで辛くなり館外に出てしまいました。
この地を離れる前に再度碑に向かって黙祷ですが、献花台の花がずいぶんと増えており、今も大勢の人が訪れるこの地です。



ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb