[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





13029.第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのE 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月12日(金) 23時55分
Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 600, 147KB Original Size: 800 x 600, 157KB

最初の休憩は大きなスーパーマーケットでしたが、10分ほどの休憩にも座り込んで靴を脱ぎ、足を乾燥させる彼女たち。
突然にどアップのハリコですが、両足にシッカリとテーピングは韓国からご参加の李さんの足(左)でして、「親指の根元の傷は韓国で、かかとの傷は一昨日の岡崎−豊橋で出来ちゃったの」って言うのが、那須塩原からご参加のキムさん(真ん中)です。
カメラを向けると、ソウルからの歩行総距離とその苦闘を隠して無邪気な笑顔でワタクシに応えて頂ける女性たちですが、並大抵でないゴールまで残すところ10日ほどです。



13030.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月13日(土) 0時10分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 163KB

トイレ休憩を終えて再スタートですが、日本側総責任者の遠藤さんと台湾から参加の彼がジャンケンをしている理由は、どちらが昇り旗を持つかということ、ただ歩くだけでも大変な通信使ウオークで、互いの志気を鼓舞すべき旗たちを交代で掲げる隊員たちの日々なのです。
東海道の二川から遠州に掛けて多い垣根としての槇の木、群馬同様に強風が名物の遠州で大火になった時の防護策として植えられた火に強い槇の木の壁、そこのご主人が通信使のミンナに「ちょっと寄って休憩を」って、お接待のお誘いなのデス。



13031.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月13日(土) 0時19分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 162KB

ワタクシ情報なので拙いですが、この後に寄る浜松市役所表敬訪問を耳にして「通り道だからお茶とお菓子の一服を」って、ハングルの手作り歓迎幕を用意して迎えて頂いた、正に「民間外交」を実践のお宅で、デイリーの我々も冷たいお茶を頂いて休憩となったひと時です。



13032.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月13日(土) 0時37分
Original Size: 800 x 599, 158KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 599, 149KB

お庭で一服の我がママと愛知岩倉の荻原さん(左ハリコ)ですが、ココがもう限界という朝一番の電車に乗ってギリギリ間に合った朝八時集合の弁天島駅、飲んでいるのはノンアルコールのビール風味ドリンクです。
惜しむらくも別れ難い思いを抱いて、お接待のお宅のご主人に感謝のペナントを贈呈してお別れをして歩を進めますが、足を停めていては先に進めぬ朝鮮通信使ウオークなのデス。



13034.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのI
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月13日(土) 0時52分
Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 599, 163KB

歩いている我がママがワタクシに「誰かがパパの帽子をかぶりたいって、言っているわよ」って話でしたが、それはカン・フォーガプさんでして、パパママお揃いの△帽子に興味津々だったそうです。
互いの帽子を交換でしたが、日差しを遮り頭頂部へも風を通す日本の「優れモノ」をかぶって俄然元気!、この後は常に昇り旗を掲げて先頭を歩くカンさんなのでした。
誰ぞが「もしかしたらアレは、もうパパには戻らないかも」って言われたけど果たして・・・



13035.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月13日(土) 1時16分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 152KB

静岡ウ協や掛川ウ協の要職の方々がお骨折りを頂いて表敬訪問となった浜松市役所ですが、迎えてくれたのは何度も出会っている浜松市のゆるキャラ家康くんと、初めてお会いした女城主・直虎ちゃんとハイタッチです。
NHK大河ドラマに取り上げられて一層に盛り上がる直虎ですが、まさかウナギを杖にしているとは・・・ハカマが鍵盤の家康くん同様に流石に浜松を代表するキャラクターなのデス。


13023.第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月12日(金) 19時54分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 600, 143KB

皆さま コンバンわ〜
昨夜は天竜川温泉に浸かって深夜1時の閉館までくつろぎ車中に戻って爆睡、本日も袋井にある天然温泉「遠州・和の湯」にて歩いた汗を流して、ビール片手にパソコン君の前なのデス。

さてさて 表記の通り5/12(金曜)はマイカーを駅前の駐車場に置き、JR天竜川駅から本日のスタートとなる弁天島駅へと戻るパパママですが、乗った電車が浜松駅止まり。
平日という事で通勤通学の乗降客が多くアナウンスも聞き逃して乗り換えにもたつくパパママですが、浜松から豊橋方面への電車に乗りながら「この電車は天竜川に行きますか?」って、誤って本日ウオークのゴール駅を聞く始末、親切な乗客の皆さまから「いえこの電車は逆方向ですよ」って教えてもらい降りるものの、電車の行先表示は豊橋行き??
答えた相手が間違っているんだろうと何度か車両を変えて別の人に聞くも同じ答え??
再度乗車口を変えて乗ったら目の前の女性がウオーカーでして、相手から「朝鮮通信使に行くんですか?」って聞かれ、「弁天島に行くんですよネ」って、そうそう我々の行く目的地が弁天島であることを改めて認識。

とんだドタバタながらも無事にJR弁天島駅に着いた7時半でしたが、本隊の金井カメラマンらも駅へと来られ、パパママに正しい下車駅を教えてくれた天竜川町の名和さん(左ハリコ)も交えて本日の出会い記念の1枚目なのです。
そして韓国隊の名札がベストに隠れて名前が昨日から分からながらもお顔はよく知っている彼(真ん中ハリコ)がハングルの本を見せてくれました。



13024.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月12日(金) 19時56分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 600, 152KB

開いたページにパパママと彼が写った写真が何枚かでしたが、前回第5次の時に鳴海から名古屋に戻る電車で一緒に記念写真を撮った事を鮮明に思い出したワタクシなのです。
弁天島駅の直ぐ目の前のホテルに宿泊だった本隊の方々も駅前へと集合でしたが、宣会長や嶋さん(右ハリコ)とも朝のご挨拶なのデス。



13025.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  その@
名前:諏訪のアリババ    日付:2017年5月12日(金) 19時52分
やっと登場でしたか・・私は、この後 静岡〜の区間隊参加です。差し入れを含めて2日間
お疲れ様でした。ハリコの先生は、金テホ先生で奥様のヘギョンさんとは、faceBookの友達
です。今日のアップは、早かったですね!先ほど、Facebookでママ、パパが参加の詳細がアップ
されていました。ゆとりの時間を満喫されていると思いますが、またどこかで・・


13026.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月13日(土) 6時12分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 148KB

アリババさ〜ん コンバンわ〜
キム・テホ先生のお名前を教えて頂き有難うございます!!感謝・感謝!

朝8時にスタートという事で出発式が始まりましたが、第五次と同じ韓国の方々が正史・副史・従事官(右)を務めておられることを知った今朝でして、台湾から参加の方(真ん中)の紹介や、埼玉の牛尾さん(右)が、スマホデビューのパパママにフェースブックというものの扱い方を教えて頂けました・・・でも、難しいんだよネ〜



13027.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月12日(金) 23時24分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 600, 160KB

レストランで夕食をしていて閑話休題。。。

本日のコース先導はスレッドNO13024の右ハリコの左端に写る袋井の服部さんですが、弁天島駅を出て先ずは舞浜漁港へと入り、旧東海道への道を進みます。
海岸を離れて間ナシですが、広い駐車スペースの奥に鉄骨造りの構造物でしたが、東日本大震災の経験が各地に備えさせる防災タワーだけど、歩く東海道のすぐ横のウインドーには可愛い鯉のぼりが飾られていました。
あれから6年、このような可愛い飾りを見て、「幼かったあの子が」って思い胸を痛める人が今も居ることを思う時、誰が「東北で良かった」などと言えるのでしょうか!!



13028.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第43日目「弁天島駅〜天竜川駅」に参加の一歩たち  そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月12日(金) 21時17分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 154KB

東海道の賑わいを思い返せるような街道筋風景には常夜灯がアチコチでして、脇本陣や松並木も。
我がママが笑っていたけど、巨木の傾きを支えようとしているのか?刺す又のような鉄骨が松を守っている東海道なのです。


13022.昨日レポートの誤り訂正デス。 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月12日(金) 6時24分
オッハーさまでございます。
第44日目とカキコしましたが、正しくは第42日目でした。

でわでわ 今から第43日目、弁天島駅から天竜川駅へと行ってきます。

13016.初回から丸11年 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月11日(木) 18時21分
Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 153KB

皆さま まだ早いかもだけど コンバンわ〜
爽やかながらも突然の天候異変や黄砂などに見舞われた今年のGWですが、孫たちの来襲やパパママの結婚記念日が有ったりと、賑々しくも慌ただしい日々を経て、やっと参加が叶った豊橋から弁天島への5/11(木曜)です。

本隊の皆さまから「美味しい」って言って頂けて毎回届ける「麩饅頭」ですが、昨日水曜日は和菓子屋の定休日、今朝も開店一番に予約をして用意して頂き、それを引き取ってマイカーを走らせること約2時間、国道1号線沿いを歩く一行を発見の12時前なのでした。
慌てて路肩にマイカーを停めて迎える我がママとワタクシですが、先頭には日本のコース責任者を受け持たれる千葉の柳田さんが居られ(真ん中ハリコ)再会の韓国の方々も大勢、日本側責任者の遠藤隊長や本部隊の嶋さん(右)と2年振りの握手ですが、押し寄せて握る手と手でカメラのシャッターも押せぬいっ時となってしまいました。



13017.Re: 初回から丸11年 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月11日(木) 18時34分
Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 147KB

第一次から通信使正史を務める韓国体育振興会の宣会長(左)とも再会が叶いましたが、朝8時に豊橋駅をスタートした隊列はまだ昼食前、スタートから約16キロ、途中休憩となる「おんやど白須賀」で一服休憩という事でマイカーで先回りデス。
そして改めて再会を喜ぶパパママと皆さまですが、高先生(真ん中)や、お顔はシッカリと覚えている日本語が上手な・・・お名前はなんて仰ったか・・・でも会えて嬉しい白須賀宿です。



13018.Re: 初回から丸11年 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月11日(木) 18時45分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 600, 156KB

お馴染みの昇り旗たちですが、歩く隊列の前後に配置して本部隊員の志気を高めるこれら、過去五回のソウルから東京にも色あせず、もしかしたら作り変えているのかと思うほどキレイな昇り旗たちです。
そんな旗たちも一服休憩となる白須賀宿での20分ほど、改めて再会を祝うパパママと皆さまですが、ご自身のブログで本ウオークの日々の様子を画像と共に発信は、元朝日新聞記者、金井カメラマン(真ん中ハリコ)ですが、本日は支援車のドライバーもご担当という何とも忙しい彼です。



13019.Re: 初回から丸11年 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月11日(木) 19時0分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 599, 163KB

トイレ休憩を兼ねた20分ほどでしたが、一気に気温が上がって30度に近い本日ながらも、浜松に近付いてか名物の強風に助けられて進む薫風の5月、我がママもココから歩き、ワタクシも一緒に歩きたかったけど、それではマイカーが置き去りになってしまう。。。
愛知や岐阜の歩友も大勢応援ウオークの本日ですが、次に目指すは昼食休憩場所となる新井の関所で知られる新井宿へとデス。
ワタクシはマイカーでミンナを追い越しては車を停めて写真をパチリだけど、やっぱ自分の足で移動がイイよネ〜



13020.Re: 初回から丸11年 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月11日(木) 19時9分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 154KB

三氏先導として道を清める役目だという清道旗(チョンドキ)を前に、お揃いの帽子をかぶりお揃いのベストを着た本隊ですが、我々にはその苦難の想像も付かぬソウルからの44日、何を思って進める右左の足とその心なのでしょうか。



13021.Re: 初回から丸11年 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのゴール
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月11日(木) 19時28分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 161KB

豊橋を出てから約6時間、やっと昼食にあり付ける午後2時過ぎですが、前回までと同じ新井駅前のレストランで昼食休憩(通信使ウオークに対応のため、臨時休業の表示が・・・)となりました。
午後3時に休憩を済ませて再スタート、マイカーを走らせていても窓に強風を感じましたが、太平洋から浜名湖へと吹き抜ける強風に煽られながらの残り3キロ、午後3時45分に無事に全員がJR弁天島駅にゴールとなりました。
愛知・岐阜から参加の応援ウオークの方々は本日、愛知県から静岡県に入るのを見届けてフィニッシュとなるそうですが、岐阜の伊藤金八さんや、愛知岩倉の荻原さんも彦根からの連日参加、通信使ウオークの宣会長からお礼のペナントの贈呈を受けてフィニッシュとなりました。

本日は車で移動の為ほとんど皆さまとの会話もナシ、明日からご一緒ウオークとなりますが、どのようなレポートが出来ますでしょうか??

ではでは また明日ネ〜


13006.碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのC 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 5時47分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 144KB

皆さま オッハーさまでございます。
二人してガラケーと称される携帯電話を使用中の現在したが、周囲の方々もどんどんとスマホというものに替えられているのを見たり、ガラケー生産中止の情報を耳にするに、清水の舞台を覚悟してスマホデビューに至った昨日のパパママなのでした。
電話番号は従来通りで、持つ機器がスマートフォンにチェンジなのですが、指を画面に当ててシュッとスライドさせると何やら解らぬボタン(もしかしてコレがアプリって言うんかい?)が山ほどいっぱいに並び、どれが無料でどれが有料やら、恐ろしくてタッチも出来ませぬ。。。
購入支援に息子の助けを得て手にしたものの、オマケに着いて来た孫たち3人が昨夜から我が家にお泊り、色々とジジババに教えてくれるけど我がママ曰く「1+1が分かってないんだから、掛け算を教えないでよ!」って、横でオレも「ごもっともデス」で更けた孫たちとの夜なのでした。

さてさて そんな事で停滞のレポートを、孫たちが起きぬ間にササッと。
相川橋を渡ると直ぐに左折となる中山道と直進の美濃路の追分、朝鮮通信使ウオークは美濃路を通って東海道へとですが、我々は中山道・赤坂宿へと向かいます。
最近は他のウオークやテニスの試合と重なり、久々再会の左ハリコは我がママの隣から安城の竹下さん、赤いハットは西尾の服部さん、そして碧南の井上さんともお久し振りですが、鏡のように水が張られた水田の道を森宴会部長の先導で進みます。



13007.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 5時58分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 159KB

最初に寄ったのは美濃国分寺跡ですが、下見歩きレポートで由緒等はご紹介ですので割愛、その奥に建つ現国分寺にお参りもして、半そででも寒さを感じぬ爽やか空気の田園の中を歩きます。



13008.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 6時47分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 598, 159KB Original Size: 800 x 600, 157KB

国分寺跡を出て青墓宿に残る「照手姫水汲みの井戸」へとですが、絶世の美女であったことが災いをして、婿入りした小栗判官を父親に毒殺されたり、不憫な身を村君太夫に助けられるもその母親の嫉妬から売り飛ばされて諸国を流転など、身売りに身売りを重ねて行き着いたのがここ青墓宿の万屋なのでした。ベベン・ベンベン。
遊女として働かせようとする主人の命令を小栗への貞節を守って断る照手姫、結果として与えられた罰は一人で馬100頭の世話や16人分の飯の用意など、しかも水汲みには「コレを使え」と与えられたのが何と笊(ざる)、その水汲み井戸がコチラなのである。バン・バン
苦渋の3年を過ごすも、毒殺と思われた小栗判官は熊野の湯で蘇り、朝廷に仕えて美濃国を納める役人となり照手姫と再会、二人は末永く幸せに暮らしたそうな。めでたし。めでたし。

照手姫のお墓も現存するという青墓宿を抜けて昼飯大塚古墳へとですが、下見時は前方後円墳の全容が見える側から行けたものの、本番では後円部分側から入ったので見た目はただの丸山、しかも昼食休憩と決めていた牡丹が満開のお茶屋屋敷跡は、庭園内での飲食禁止が当日判明、参加の皆さまの期待を裏切って失礼となりました。



13009.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 6時54分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 156KB

お茶屋屋敷跡の咲く牡丹の花たちをササッと眺めて、本陣跡公園へと移動して昼食休憩となりましたが、「こんないい天気、飲んで食えればどこでも良い!」って温かいお言葉も頂き、隣の清水家で100円でお接待の本格コーヒーや抹茶を頂き、午後のスタートとなった1時過ぎです。



13010.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 8時8分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 600, 153KB

養老鉄道・東赤坂駅でショートコース9キロのゴールとしましたが残すところ後4キロ、大半の方が大垣駅を目指したけど、森ご夫妻が2日前に再下見をして見つけたというこの路地、森ママ(左)の横幅が何とか通れる道幅でアリマす。
そして出たのが大垣北小学校でしたが、三河万歳コンビの山田さんと松岡さん(真ん中ハリコ)も「どえりゃあ、いいコースじゃん」って仰り、朝お会いした垂井の伊藤さん(右)もお祭り準備を終えて、赤坂宿から大垣駅までをご一緒ウオークとなっています。



13011.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 7時13分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 148KB

大垣北公園からアクアウオークという大垣駅に隣接の巨大ショッピングモールの横を抜けて午後2時45分、予定時刻通りに13キロを無事に完歩となりました。



13012.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 7時17分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 161KB

下見からお世話になった垂井の伊藤さんにもご挨拶をして全員が解散となりましたが、初夏の長い日差しに水都大垣が作り出す銘菓水饅頭を求めて大垣市内を散策の方も多数なのでした。
ではでは これにてネ〜


13003.碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月2日(火) 8時21分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 153KB Original Size: 800 x 601, 161KB

皆さま オッハーさまでございます。
流れ込んだ寒気によって天気が一転、落雷発生も有ったGW連休前半の東日本ですが、4/29〜30に開催のウオーキングフェスタ東京の小金井公園は「リンクのお部屋」のお友達情報によると影響もなく無事に過ごせた二日間のようです。

パパママはと申しますと表記ウオークへとで、年初から決まっていた本ウオークのスタッフの端くれとして高蔵寺の森ご夫妻と共に2月に下見歩きも済ませて迎えた4/30(日曜)でアリマした。
三河地域からはJR東海道線で1時間半近くを要する岐阜県垂井町へでして集合は朝10時、本日から始まるお祭り準備に忙しい地元垂井の伊藤さん(左)も合間をぬって駆け付けてくれましたが、国東半島ウオークに出掛けられていた阿羅漢さん(真ん中)や、奥様の敦子さん(右)もご参加の本日です。



13004.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月2日(火) 8時33分
Original Size: 800 x 599, 159KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 160KB

集合予定10時の10分前に到着する電車で参加者全員が集まった垂井駅前ですが、出発式が始まり海口事務局長の司会で森ママ(真ん中)が本日のコース説明をされます。
西川ご夫妻と一緒に国東半島ウオークに出掛けられていた森ご夫妻ですが、帰宅翌日となる2日前に本ウオークの再下見を行ったという森宴会部長(右)が本日の旗手先導であります。



13005.Re: 碧海幡豆ウ協4月第二例会「垂井宿から赤坂宿探訪ウオーク」に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月2日(火) 8時43分
Original Size: 800 x 599, 147KB Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 162KB

6日後に朝鮮通信使ウオークの一行も通る垂井宿ですが、相川にはお馴染みのこいのぼりが水上を風に泳ぎ、伊吹山の残雪も消えそうなこの風景を、韓国から参加の方々もご覧になられるでしょうか。


13000.第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのK 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月28日(金) 11時18分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 601, 161KB Original Size: 800 x 600, 155KB

皆さま 遅ればせながらもオッハーさまでございます。
世の中はゴールデンウイークの話題も賑やかな4月も残り僅かですが、朝から射す太陽が眩しいほどの快晴の我が愛知小牧、太陽に誘われて出た庭へとですが、思わず咲く花にカメラを向けて写真を撮ったワタクシです。
その写真は「ママの何でも落書き帳」に我がママがアップしていますので、宜しかったらそちらをご訪問して下さい。

さてさて レポートの続きです。
昨日は一緒に歩けなかった篠っチとでしたが、正規20キログループでスタートをして追い付いて来た彼と同歩の本日です。
松岡城址から油断をすると足を滑らせて転倒しそうな崖のような急斜面を下って一息、元善光寺を経て麻積の里へとですが、コチラの検印係はおチビたち(真ん中ハリコ)、検印用の地図を差し出す誰に対しても「どこから来たんですか〜」って聞いていたけど、その答えのへの反応はナシ・・・日本全国の都道府県名と位置関係を、ホントに分っているのかや??
コチラでも湯茶お菓子など様々のお接待が頂けましたが、各所で真心のこもった気遣いに本当に感謝の「飯田やまびこマーチ」なのデス。



13001.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのL
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月28日(金) 11時48分
Original Size: 800 x 601, 154KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 156KB

左ハリコですが、昨日は舟下りコースに行かれたカッパの堀さん(ママの右)でして互いに前後しながらも同歩の本日、途中からご一緒ウオークとなったのは埼玉の坂本君(右端)、以前にも彼を紹介したけど日本初の「道の駅巡り」全国制覇の快挙者でして、今は全国のダムを巡って認定カードの収集や、各自治体発行のマンホールカードの収集など、各種日本一を目指しての日々だそうです。
ちなみに、亀之承が過ごした松源寺や松岡城が有る高森町のマンホールは市田柿を図案化したもので、飯田市はもちろんリンゴが図案化されています。



13002.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのM
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月28日(金) 12時17分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 599, 148KB

元善光寺手前で10・20・30キロコースが合流となり、我々20キロ組を追い越して行く30キロ組も居ましたがトップグループは歩くというよりジョギング状態、まともに歩いているグループの先頭は板坂さん(左ハリコ)らなのでした。
そしてその先ではスタートを見送ってくれていた福岡の森ワンコファミリーが10キロコースを歩いているのに追い付きましたが、ウオークを知って出会ったのが15年以上も前なのです。
当初は「クス」と「コマ」の二匹を連れて大会に参加されていましたが、現在はクスコマペアから生まれた三つ子「カコ」「カブ」「キララ」を含めて参加、全国各地の大会に正式エントリーをしていて、マーチングリーグなどの参加実績も我々の比ではナイ、大先輩ウォーカーのワンコたちと森ご夫妻なのデス。



13013.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのN
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 7時38分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 157KB

天竜川の河岸段丘が作り上げたという級坂があちこちの飯田市内ですが、篠っチが教えてくれるには、街を見下ろすように北に見えるのが風越山(かざこし)、本日コース最初の登り坂の上の高校は飯田風越(ふうえつ)高校といい、あの坂は三年間の通学で女子高生の足も太くなる事から別名「大根坂」と呼ばれているのだそうです。
そんな事を教えてくれた篠っチと一緒に無事にゴール(左)となった11時前ですが、同歩の岩村カッパの堀さんや埼玉の坂本君(真ん中)、そして会場に居られた群馬の伊藤さん90歳(右)とも、次の再会を約束してお別れとなりました。



13014.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月4日(木) 7時58分
Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 157KB

駐車場に戻る際にもゴールを目指す大勢と出会いましたが、地元飯田の井口さん(左)とも中川村や須坂でもお会いしていて、お顔を見ると互いにご挨拶をする仲、ウオーキングをすることで大勢のお友達が全国にいっぱいとなる、本当に嬉しいことです。

ずいぶんと早い時間に帰路ですが、本日も「物見湯産手形」を持って花桃や桜が満開の昼神温泉で入浴、1300円で購入の手形を見せて既に3ヵ所1800円分の入泉料が無料となった今回の旅でして、以降1年間まだ9ヵ所もの信州の温泉を無料で楽しめるのデス。
ではでは 次回はどこかナ〜♪


12995.第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのF 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月27日(木) 6時53分
Original Size: 800 x 601, 159KB Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 158KB

皆さま オッハーさまでございます。
世の中の半数以上がスマホというものに変わったと言い、ほとんど生産も中止になったというガラケーですが、二人して未だにガラパゴスと称される二つ折りの携帯電話を使用の我が家です。
でも現機種を使用して丸4年、乗り換えも検討して初めてSBやauにも足を運んだ雨の昨日でしたが、アンドロイドにハイレゾやデザリングなど、弁舌爽やかな美しい女性を眺めながら旧式パソコンのようにフリーズ(固まる)するパパママなのでアリマした・・・ムムム、悩むナ〜

さてさて レポートの続きです。
東京の黒木さん(左)らとも同歩となって過去4回と変わらぬ2日目コースの前半でしたが、山田体育館というところでコレまた毎年変わらぬ盛大な湯茶総菜のお接待が有り、テレサやMEIちゃんと一緒に歩いた時などは変化を求めて黒田人形浄瑠璃伝承館のある10キロコースに移動したりもだったけど、新コースの今年だとの情報にそのまま熊出没注意の看板や山中に捕獲用の檻が点在する座光寺地区へとです。



12996.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月27日(木) 7時35分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 164KB

昨日会場で出会った地元飯田の5年前は中学生だった篠っチが追い付いて来ましたが、同歩となって向かうは今年の大河ドラマ「女城主直虎」を許嫁とする亀之承(井伊直政の父親)が幼少期から12年を過ごしたという市田郷・松源寺なのです。



12997.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月27日(木) 9時21分
Original Size: 800 x 599, 159KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 162KB

家康の家臣として徳川四天王と呼ばれる大大名となった井伊直政ですが、天文13年(1544年)今川義元に父が謀殺されその際に家来らの助けによって難を逃れたその子亀之承(直政の父・9歳の時)だったが、当地で過ごすこと12年、成人となり家臣の娘「しの」と結婚、生まれたのが井伊家再興の祖となる直政(幼名・虎松)なのである・・・ヘベン・ベンベン。
一方、大河ドラマの主、女城主直虎といいますと井伊家一族の直系、突然に消えた婚約者亀之承を慕って出家「次郎法師」と名を改めて尼としての日々を過ごしたが、成人をした二人が再会を果たすも、戦国の世に亀之承も今川家に謀殺され、父・祖父も戦死、井伊家を継ぐべく男系が絶たれてしまい、御家断絶の危機に立ち上がり「直虎」を名乗って女城主となり、遺児直政の後見人となって受難の井伊家復興に尽力したのである。。あぁ、こりゃこりゃ。

本堂では住職が歴史の脚光に晴れがましい笑顔でウォーカーを出迎えてくれましたが、山門前の桜も満開で我々を出迎えてくれました。



12998.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月27日(木) 9時37分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 155KB

松源寺を真っ直ぐ南へ進むと「一の堀」「二の堀」と五層のお堀で囲まれた松岡城址へとですが、突然のように南面が断崖となっていて、これも正面下を流れる天竜川が作り上げた段丘地形だというのです。
平安時代からこの地を治めていた豪族松岡氏の居城で、家臣から武術を習った亀之承の12年間だそうです。



12999.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月27日(木) 12時28分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 159KB

水堀や高い石垣で囲まれた平地の城や、傾斜に堅固な石垣を巡らした山城とも異なり、緩やかな山側を「五郭の曲輪」と説明があったけど五重に堀を作って囲い、正面は断崖絶壁という初めて見る城跡でしたが、天然の地形を利用した見事な要塞となっている松岡城址です。
大河ドラマに取り上げられて脚光を浴びて急きょ再整備をしたのか、南側の断崖は木々が切り取られ雑草も刈り取って、飯田市街が一望出来るようになっていました。
お陰で素晴らしいロケーションと吹き上げる風が心地よい、歴史探訪ウオークとなっている本日の20キロコースですが、知らぬ事を知って大満足のまだ9時過ぎなのデス。


12989.第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月26日(水) 10時1分
Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 161KB

皆さま オッハーさまでございます。
遠吠えの如くに相手国を口撃し合い、互いのこれ見よがしな軍事行動により一触即の緊迫状況となっている米朝関係ですが、まかり間違う事が無きようにと祈る東アジア情勢です。

さてさて 表記二日目レポートです。
4/23(日曜)は朝7時に同時スタートとなる30・20キロ両コースですが、6時半から始まったオールジャパンや関東甲信マーチングリーグ表彰でして、オッパーさん(左)もKKML50回達成で舞台に上り、愛知一宮の鈴木ご夫妻(真ん中ハリコ)や横浜の岩下さん(右)など、日ウ協・堀野会長から賞状を受け取る見知った方々の栄を讃えようとステージ下に大勢のカメラマンたちデス。



12990.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月26日(水) 10時22分
Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 599, 146KB Original Size: 800 x 601, 152KB

回を重ねて参加の皆さまからは「一日は降られる飯田」ってよく聞きましたが、パパママが参加した第27回大会以降は全く雨ナシでして、好天を祝う大会関係者の祝辞に続いて地元中学生(左)による「エイエイ・オー」の檄発声に合せて、突き上げる拳の参加者たちなのです。
先ほど受賞の一宮の鈴木さん(右)ら20キロ組に見送られ、先ずは30キロ組からのスタートですが、参加される方々の写真を撮りたくって30キロ組の先頭に交じって検印を受けたワタクシなのデス。



12991.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月26日(水) 10時53分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 599, 159KB

2日目のゴール後は帰路を急ぐ遠方からの参加者たちですが、その事情も有ってか先頭グループには札幌の平井さん(左)が居られ、函館の泉さん(真ん中)や、兵庫の一井さんご夫妻やカッパの堀さん(右)もです。



12992.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月26日(水) 11時18分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 600, 151KB

スタート直後は団子状態のウオーカーたちですが、我がママの横にVサインの通行人その1さんが居られその後ろにはパパママより立派な△帽子がのみが写る上田の石井ご夫妻(左ハリコ)もです。
本日は天竜川の北側を東方向へとですが、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那谷はどちらに向かっても登り坂、最初は歩き難いほどの混雑でしたが徐々にバラけて、東京の中村さん(真ん中)が我々を追い越して行き、福井の松原ご夫妻や中津川の青木さん(右)もアッという間に背中を見せて先へ先へとデス。



12993.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月26日(水) 11時53分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 599, 150KB Original Size: 800 x 599, 162KB

もし正規に20キロ組の列でスタートしたなら絶対にコース上で出会えぬ健脚の方々ですが、30キロ組の先頭に交じったお陰で後ろから追い抜かれざまに皆さまと出会える嬉しさだけど、菜の花や桜が満開となっている南垂傾斜の柏原地区へとです。
まだスタートから30分ほどですが、真ん中ハリコの右端は八ヶ岳の小林さんだし、我がママとカッパさんの間の後ろは東京の山木さん、そしてスレッドNO12987に書き込みを頂いた金沢の浅井さんも更に後ろからなのでした。
でも同歩はわずかに1〜2分、理由は登りが苦手な我がママの足取りとその表情から皆さまも分かりますでしょう〜♪



12994.Re: 第31回「飯田やまびこマーチ」2日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月26日(水) 12時4分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 599, 162KB

以前から快速コンビの東京の富良野っちさんと康兵衛さんも追い付いて来られましたが、どれ位歩くスピードが違うかというと、左ハリコの写真を撮って次のシャッター(真ん中)を押すまで僅かに1〜2秒、アッと言う間も無く背中が消えて行くお二人だけど、貴重なツーショットでアリマした。
流れる天竜川や河岸段丘の伊那谷がドンドンと下になって行きます。


12987.飯田W 返信  引用 
名前:金沢の浅井    日付:2017年4月25日(火) 21時48分
Original Size: 750 x 562, 223KB Original Size: 750 x 562, 188KB

HPの写真掲載ありがとうございます。
天候に恵まれた飯田W、今回は3回目。この大会、途中の接待は格別メニューで飽食気分で歩きました。
会場までは車。ルートは、富山、岐阜高山、下呂等々、桜は金沢は葉桜ですが、ルートの各所では桜満開。
春爛漫気分で会場に入りました。
参加されている皆さんの明るい笑顔にこちらも元気をもらいました。
当日撮った素敵なお二人さんと愛知の澤田さんの写真を送ります。
次回は、東京フェスターを楽しみにしています。それではまた・・・



12988.Re: 飯田W
名前:竹樋パパ    日付:2017年4月26日(水) 7時9分
金沢の浅井さん オッハーさまでございます。

素敵な写真ハリコとカキコを頂き有難うございました。
今年の天候のお陰で長く楽しめる桜ですが、名も無きながらも威風堂々の古木が多い奥飛騨の満開桜を堪能されての飯田入りとの事、現風景を想像して植えられた先人たちのお陰でしょうか。
信州飯田も好天にも恵まれて楽しいウオーキングとなった「やまびこマーチ」でしたが、浅井さんともお会い出来て嬉しい二日間でした。

来週はローカルウオークで東京には行けませんが、また何処かで ネ〜


13015.Re: 飯田W
名前:澤田    日付:2017年5月8日(月) 21時21分
浅井さん
写真ありがとうございます。
6月は加賀百万石に行きますからね。
金沢のホテルってボッタクリですよね。
あの100万石祭りの間はどのホテルも普段の3倍以上です。
最初で最後の金沢になるかもしれません。
http://harasoft.web2.jp/


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb