[ 携帯用URL ]
新 竹樋パパママのウオーキング日記
 
パパママが1998年にウオーキングというものを始めてから幾星霜、丸21年を経過
以降2004年にホームページを開設して記録発信をするも力量不足で途中頓挫。
残した本掲示板を新たな情報源として、2019年以降のウオーキング記録を発信して参ります。
拙い内容になろうと思いますがよろしくお付き合いをお願い申します。
尚、過去にホームページ上に発信の旧データは保管していますので、閲覧ご要望には応えられます。
懐かしい思い出記録をお届け出来ますよ。 2018年12月19日 竹樋パパ 記

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


ご覧のどなたも投稿が可能です。
添付写真の容量制限(合計500KBまで)が有りますのでご注意お願いします。



13841.第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月25日(金) 6時52分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 599, 150KB

皆さま オッハーさまでございます。
15日間の旅の疲れからか久々のテニス練習のせいか、普段以上に爆睡を繰り返している帰宅後ですが、ようよう生活リズムが日常に戻って来た感の今朝、黄砂のせいか朝陽が薄ぼんやりだけど日中は最高気温更新の晴天だという愛知小牧からです。

表記タイトル 二日目レポートを始めます。
初日ウオークの終了後、参加副賞として頂いた北アルプス展望美術館無料券を持って、池田町からの風景画が飾られる常設展や「ピクトリアルキルトの世界」という深田公子さんのキルト作品展を見て金熊温泉・明日香荘へとです。
閉館まで温泉を楽しみ駐車場をお借りしての車中泊、朝目覚めてコンビニに移動してトイレや朝食(ポットにお湯)も手に入れて、次の目的地を繰り返している今回の旅です。

5/20(日曜)朝5時半、昨日以上に好天の本日でして、地元の方が教えてくれるに裏立山と言われる白馬岳を最高峰にする白峰連山、朝の田んぼの水面に写る見事な雄姿を眺めながらの朝食ですが、贅沢の極みなのデス。



13842.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月25日(金) 7時23分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 599, 150KB

一旦は帰宅された貯金おじさんこと降旗さんや山形村の笠原さん、そして気軽に親しく話をして今更名前を聞けぬ地元の女性(左ハリコ)と今朝の出会い記念の一枚をパチリでしたが、本日は岐阜のカッパの堀さんも駒ヶ根のHALさんもご都合が有ってお休み、本大会は一日のみの参加も可能なシステム(参加費)になっています。
朝の出発式では昨日以上に胸を張って「本当に素晴らしい展望でしょう」って甕町長(真ん中ハリコ)ですが、抜けるような青空にクッキリと姿を現した北アルプスの山々を、参加者たちに見てもらえる本日の天気を誇らしげです。



13843.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月25日(金) 10時44分
Original Size: 800 x 599, 159KB Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 155KB

本日も三体のユルキャラたちに見送られて定刻スタートの朝9時10分、拳を突き上げる我がママの横は栃木のだっぺおじさんこと須賀さん(真ん中ハリコ)もご一緒に、15キロ組が揃ってスタートです。



13844.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月25日(金) 7時44分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 146KB

どこからでも見える展望風景とウオーカーの姿が写真映えしてシャッターを切り続けるワタクシでしたが、歩き始めてわずか3キロほど、鵜山集落センターへとです。
センターの方が山の名前を教えてくれるけど覚えようと必死ながらも、あまりの早さに右の耳から左の耳をスルリと抜けて記憶に留まらず、でも北アルプス手前の濃い緑の信濃富士とも言われる有明山だけは覚えられました。



13845.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月25日(金) 7時52分
Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 599, 128KB

鵜山集落センターで早速に湯茶接待の本日ですが、地元で作ってるという豆腐ベースのスイーツや地域の方々手作りの漬物総菜のお接待、みんなから聞かれるためか黒板にその名前もですが、減塩対策により長寿県ともいわれる長野県の漬物たち、どれも本当に美味しいのです。



13846.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月25日(金) 8時10分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 158KB

わさわさと風に煽られてもう直ぐ麦秋を迎える麦畑、植えられたばかりの早苗が風に揺れる水田、北アルプスからの吹き降りる涼風に心地よいウオークの池田町ですが、広い田園から点在の集落の中へと変化に富んだロケーションの中を歩きます。


13831.第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのE 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 6時37分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 159KB

皆さま オッハーさまでございます。
平日はテニスに夢中の日々ですが、試合等で親しくなってあちこちのグループ練習に参加させて頂く現在、特に水曜日は午後に3時間、夜も若者に混じってダブルヘッダーと過酷日の昨日でアリマした。
しかし、久々練習と長期旅行の疲労からか、午後練習を終えて帰宅、シャワーを浴びてソファーにちょっと横になったらつもりが大爆睡、目が覚めたのは5時間後、もちろん欠席の夜練でしたデス・・・トホホのホ

さてさて その後も普段通りに爆睡、スッキリと目覚めましたのでレポートの続きです。
ワイン葡萄畑から北アルプス展望の絶好ポジションに建つ高台の北アルプス展望美術館を通り、秋のイチョウの紅葉が美しいという長福寺にも寄り、時々はガイド付7キロ組とも交差ですが、新緑の中を歩く我々を道祖神も見守ってくれています。



13832.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 6時48分
Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 599, 163KB

桜の花が終わってサクランボの実が生る並木を歩いたり、今が盛りの田植え風景を眺めたりですが、この田んぼの水面に北アルプスの山並みが鏡のように映ったり、赤い夕景が映ったり、我々が歩く池田町の風景を多くの画家や写真家が作品に残してるそのど真ん中を堪能の本日です。



13833.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 7時11分
Original Size: 800 x 599, 146KB Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 157KB

進んだ先は「堀之内かかし村」へとですが、地域の方々渾身の手作りかかし達がホルンを吹いて参加者を迎えてくれ、今年は選挙の年のようで掲示板も立っていたけど、このポスターの一枚一枚が面白過ぎる!
そしてコース途中でも有った湯茶接待ですが、お昼のお弁当も準備して頂いている本ウオークでして、先着のミンナがどっかりと腰を下ろしています。



13835.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 7時46分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 599, 156KB

大会パンフレットの持参物に「お椀・箸・シート」って記載ですが、昼食休憩場所に地元の方々が食事を用意して待っていてくれて、我々は器と箸の準備だけで良いというのです。
目の前に広がる田んぼで実った甘い米むすび、具沢山の豚汁、アスパラやショウガの若芽の油揚げなど池田町の家庭料理も色々で、この白むすびにこれまた何種類かの手作り味噌を塗ってパクリ、爽やかな空気の中、どっかりと腰を下ろして愛情いっぱいの温かい料理に大満足の暫しです。
徐々に北アルプスの上に乗った雲も薄くなって来ましたが、案山子たちと一緒に大休止のいっ時、朝から準備に大わらわであったろう、地元の皆さま 美味しいお昼、ご馳走様でした。



13836.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 8時0分
Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 599, 139KB

どれが案山子で誰が本物か分からぬほど上手な案山子たちに分かれて更に北上、大町方面にどんどんと近付きますが北アルプスの雲が取れて白い山並みが顔を出す午後デス。
みんなしてお腹を満たし、山々を指差して感嘆の声を上げながらのウオーク、前日の雨予報は何処へ行ったやら、なんと贅沢な本日でしょうか!?



13837.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 9時18分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 161KB

てるてる坊主の歌を作詞した浅原六朗生誕の池田町ですが、HALさんのポールには可愛いテルテル坊主です。
晴れたから〜 金の鈴あげよう〜♪ って歌いながら、大町に入って神明造り日本唯一の国宝である仁科神明宮へとですが、社殿の金色の大きな鈴を鳴らして、神様に本日のこの良き日に感謝。
同歩のみんなして、本殿を前に記念の一枚もデス。



13838.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのK
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 8時22分
Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 151KB

歩く先々の薫風の中の自然にカメラを向けるワタクシですが、リンゴの実が最初は上を向いていることを初めて知り、立派なネギ坊主は次の年の種を育てていると、歩く皆さんが教えてくれます。
観歩・感歩・歓歩ですが、弾む足がどんどんとコースの先へ先へと勝手に動く池田町です。



13839.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのL
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 8時28分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 599, 162KB

本殿を立て替えて真新しい池田八幡神社へとですが、見事な木彫りの彫刻本殿、屋根の柱を担いでいる鬼神の姿を皆さまも分かりますでしょうか?
こちらでも同歩のみんなと「来たぞ記念」の一枚をです。



13840.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月24日(木) 8時38分
Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 159KB

どっかりの昼食休憩やあちこちで寄り道もして22キロを5時間半、道の駅池田に戻った午後2時半でしたが、予想外の好天に望外の一日を過ごすことが出来ました。

ではでは これにて
今からテニス練習に行きますので、二日目レポートはまた後でネ〜


13826.第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月23日(水) 7時35分
Original Size: 800 x 600, 147KB Original Size: 800 x 599, 143KB Original Size: 800 x 600, 143KB

皆さま オッハーさまでございます。
5/19(土曜)旅立ちから13日目、目覚めた時は分厚い雲に覆われ雨降りの北信濃地方でしたが、中野市「ほんぽこの湯」から池田町へと2時間ほどを移動の朝でした。
走行中に雲間が割れて青空が見えて来ましたが、ラジオからの雄物川決壊のニュースにビックリ、我々も角館から男鹿半島に向かうときに通った今回旅行でしたので、あの大仙市川沿いの何処だったのか?他人事ではありません。

岩村カッパの堀さんに誘われて初めて参加して、町の方々の温かさを肌に実感し、そのおもてなし振りにも感激、以来何回くらいの参加となるのでしょうか?
道の駅池田を会場にして開催の表記ウオークですが、先ずは出会えること間違いナシの、お母様の実家がここ池田町だという長野の貯金おじさんこと降旗さんとカッパの堀さん、赤い服は親しくなったここ池田の有川さん(左ハリコ)ですが、出会い記念の1枚目デス。
そうそう、我がママが手にしているのは「お焼き」と地元の方が言う、切干し大根が詰まった焼き饅頭を、今朝の受付で参加賞に頂いたものです。
ここから見える北アルプスの風景に魅せられて、土砂降りだったという埼玉を今朝3時に出たという山木さん(真ん中ハリコ)や、3月開催の須坂の百瀬さん(右ハリコ)や本ウオーク進行担当の片瀬さんとも再会の朝です。



13827.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月23日(水) 7時48分
Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 159KB

出発式での甕(もたい)町長の第一声が「いやゃあ〜、こんな天気になるなんて!」って、本行事の事も有ってか早起きをした今朝はまだ雨音が賑やかだったそうで、誰もが雨中ウオークを覚悟の前夜来。
まだ北アルプスの山々は厚い雲に覆われていますが、頭上からの燦々の日差しが眩しいほどで、訃報の西城秀樹さんを偲びつつも「ひでき・感激!」って大声を出したくなるような朝なのデス。
町長を含めて赤い服の方々が居並ぶ出発式ですが、皆さまはここ池田町のガイドマスターといい、一部コースはこの方々の案内で町を散策となります。



13828.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月23日(水) 8時20分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 135KB

東西に6.2Km、南北に11.8Kmの小さな池田町ですが、信州では町を「ちょう」とは読まず「まち」が鉄則、こんな小さな「いけだまち」ながらも、ブラックホールの如くに深淵なる世界が広がっているのです。
本大会共催の長野朝日放送のゆるキャラ「りんご丸」(左ハリコ)も登場で、豚とりんごを合体した5チャンネルの「ご」も引っ掛けたネーミングだそう、そして誰もが知っている「てるてる坊主の歌」を作詞の浅原六朗の生誕の池田町ということで、てるみん・ふーみんも参加者たちの中へとです。
長野県内のウオークで親しくなった駒ヶ根のHALさん(真ん中ハリコ)と一緒に記念のパチリをですが、全員で激をしてスタートとなった9時10分デス。



13829.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月23日(水) 8時34分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 600, 157KB

初日は、展望パノラマロングコース22キロと14キロ組はフリーウオーク、7キロ組はガイドマスターの説明を聞きながら一緒に町を巡り、新たに設定の池田美味コースは手打ち蕎麦を味わえお土産まで頂けるという6キロだそうです。
蕎麦も魅力的だったけど、「やっぱり歩かにゃ!」って、我々やカッパの堀さんはゆるキャラたちに見送られてロングコースへと進みます。



13830.Re: 第11回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月23日(水) 8時45分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 147KB Original Size: 800 x 600, 141KB

従来からアレンジされたコース設定の今回で、向かうは西垂れ傾斜のワイン用ブドウ畑へとですが、池田町の日照と一日の寒暖、そして水捌けの良いこの傾斜がワイン葡萄生産に絶妙の地だそうです。
まだ可愛いぶどうの赤ちゃんですが、生産農家の方の愛情によってすくすくと育っていて、将来は「この地にワイナリー建設も!」って夢も有るそうです。



ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb