[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





13731.飯田W 返信  引用 
名前:金沢:浅井    日付:2018年4月30日(月) 10時53分
Original Size: 300 x 400, 82KB Original Size: 300 x 225, 62KB Original Size: 300 x 225, 59KB

今日は・・・
今回の飯田Wは快晴の中の爽快ウォーク。
気持ちもさわやか楽しい2日間でした。
会場には車での参加。帰路は下呂温泉経由で白川、九頭竜など名所を回りながら金沢には7時過ぎに入りました。
車は自由行動が出来るので利点多いと思いながら帰りました。
帰りのルートで撮った写真を送ります。はなもも街道は初めて走るコースで快適なコースでした。
楽しい思い出ありがとうございました。
またの再会を楽しみしています・・・39



13732.Re: 飯田W
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月1日(火) 5時9分
浅井さん オッハーさまでございます。
お会い出来ると思っていましたが、嬉しい出会いと、写真ハリコに感謝申し上げます。

暑いほど見事な快晴の飯田やまびこマーチの2日間、連日の長距離快走お疲れさまでした。
我が愛知小牧からは高速道路を使うと100キロ1時間半も掛からぬ飯田市ですが、我々も浅井さん同様に阿智村(昼神温泉)から花桃が咲き誇る清内路峠を眺めて越えて、19号線にての岐路でした。
次回、金沢に向かう当たっては、浅井さんが走られた下呂・白川・九頭竜のコースをマイカーで辿ってみたいものです。
ではでは またの再会を・・・4649
 

13729.お疲れさまでした 返信  引用 
名前:でこ    日付:2018年4月14日(土) 16時5分
思いがけず福島でお会いできびっくりしました。主人にとって5年ぶりの福島のツ−デ−参加、私は初参加でした。桃、桜、梅3つの花が一度に見られ感激しました。福島の斎藤さんは主人の友達で柳沼さんも知り合いです。柳沼さんは大病から回復され1日目は10k歩かれてたようです。東京の黒木さんとは昨年の鎌倉で初めてお会いしました。またどこかでお会いした時にはよろしくお願いします。。



13730.Re: お疲れさまでした
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月15日(日) 5時12分
Original Size: 800 x 599, 143KB Original Size: 800 x 601, 161KB Original Size: 800 x 600, 160KB

でこさん オッハーさまでございます。
清水の舞台から飛び降りるが如くに決死の覚悟で出掛けるパパママの全国ウオーク大会ですが、まさかと思うような方々が当り前のように会場に居られ、不思議ささえ感じる各地大会です。
今回もでこさんご夫妻と同歩となり、福島の様々をご主人に教えて戴き、ウオークレポートの参考にさせて頂きました。
そして柳沼さん情報を有難うございました。
斎藤さんに聞けば良かったものを、スタート前の「ご挨拶と檄」や「コース先導」に多忙な斎藤さんと、ついついご本人との会話ばかりで柳沼さんのことを失念でアリマした。

この掲示板を黒木さんも見て居られますので、でこさんの事も必ず伝わります。
ウオーキングによって人と人が出合い触れ合い、友達の輪が広がる、なんて素晴らしい事でしょうか!!
またの再会を楽しみに!!

ではでは 我が家の本日はテニスの試合、肩ひじの力を抜いて頑張らなくっちゃ!


13721.第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのD 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 7時59分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 600, 162KB

皆さま オッハーさまでございます。
新小学校一年生と新中学校一年生の孫がお泊りの昨夜からですが、共に新しい環境の話題に嬉々として遅くまで賑やかで、ミンナして寝坊の朝を迎えた本日です。

さてさて レポートの続きです。
コース先導の斎藤さんの雄姿を撮りたくって先頭集団へとですが、斎藤さん曰く「来年で最後だという熱田伊勢ウオークに仲間と共に参加することに決めたよ」って、震災後も中断させることの無かった「伊勢路に来年も行きます」ってお話でした。
歩く道は阿武隈川支流となる荒川堤防ですが、吾妻連峰の水量豊富な雪解け水が音を立てて流れ、その水温の冷たさに顔に当たる風が顔にひんやりですが、春風と相まって桜のトンネルを各地のウォーカーと共に心地の良いウオーキングです。



13722.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 8時22分
Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 152KB

1時間前にスタートした30キロ組は吾妻小富士に現れる雪形、雪ウサギがくっきりと目の前に見える荒川大暗渠砂防堰堤(だいあんきょさぼうえんてい)まで進み、堰堤を渡って対岸堤防を戻るコース、20キロ組はその手前の橋を渡って「運動公園巨石広場」から戻るコース、そして10キロ組は更に手前で橋を渡り全コースが休憩をする吾妻学習センターへとデス。
パパママは第一日目を30キロで頑張ったので本日は10キロコースへとですが、歩く我がママの靴の色が前日と異なることにお気付きでしょうか?
実は30キロコースの途中で靴底のラバーが剥がれてしまい、ウオークスピードが落ちた一因でもあったようで、ゴール後に買い替えたばかりの新しい靴だったので、20キロコースを断念だったのです。



13723.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 8時38分
Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 800 x 600, 137KB

吾妻学習センターに到着が歩き始めて1時間半ほど10時前でしたが、コチラでお接待だという豚汁サービスのスタッフの軽ワゴン車の到着とほぼ同時、今からガスコンロを下ろして参加者に提供の準備だそうです。
パパママ同様に20キロ組と同時にスタートをして10キロコースに移動の方もチラホラ、準備の間を館内で待たせて頂きました。
たまたま隣の席になった栃木の森山さんですが、「あんたらの事は知ってるよ」ってお声を掛けて頂けました。
彼も車中泊の全国区ウォーカーだそうで、また何処かでお会い出来た時の為にお名前とお顔をインプット・インプット・・・でも、大勢過ぎるウォーカーに記憶容量が足りない我が頭脳なのでアリマす。



13724.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 8時44分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 600, 162KB

参加者の皆さまと雑談をして暫し、窓の外を見て用意の出来たのを知り早速に行列の後尾へとですが、香ばしいネギの風味が美味しい本日の豚汁で、熱々出来立てにミンナして「ああぁ〜・美味い!」の大合唱でありました。



13725.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 9時11分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 599, 159KB Original Size: 800 x 600, 156KB

7時半にスタートをして20キロコースに進まれたという東京の中村さんと山口の海津さん(左ハリコ)とも合流でしたが、同じ道を共に歩くだけで互いに旧知の深い仲の如くのお二人、どなたが手入れをされているのか新緑の季節の花々がきれいに咲く緑道を進み、今度は青森組の方々とお会いして暫し同歩です。
彼女らも全国各地を歩かれているそうですが、また何処かで再会が叶いそうな予感なのデス。



13726.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 9時30分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 599, 146KB Original Size: 800 x 600, 154KB

コース途中で、お釈迦様の花飾りが道端に置かれ甘茶を掛けるとお接待っていう場所が有りましたが、本日は4月8日でお釈迦様の誕生日なのでありました。
パパは雑学知識を披露で、若いお接待の子らに「オシャカになった」の語源を知ってるかい?って聞いたけど・・・答えは笑顔ながらも???
キューポラの街で知られる埼玉川口の鋳物職人の隠語で、鋳物が不良品になった場合に「火が強かった」っていうのを、火が強か→しがつようか→4月8日・・・だから不良品が出来ると「お釈迦になった」なのでアリマすデス。
なんて会話も楽しんで甘茶も頂き歩いていたら新幹線の姿も見える福島駅に戻って参りました。



13727.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 9時54分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 155KB

駅前広場や駅前通りは「駅前通りリニューアル完成記念」のバルーンアーチでしたが、花時計もその一つか見事に咲き誇り、出店も出て賑やかな人通りとなっていました。



13728.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月14日(土) 10時2分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 154KB

スタートから3時間、のんびりと歩いて実踏12キロ、11時半に無事にゴールとなった2日目吾妻唐川コースでしたが、本日も大勢のコース上に立つスタッフに支えられて楽しい半日ほどのウオーキングでありました。
ゴールでは日歩・畑会長にもご挨拶をして帰路となりましたが、まだ残雪の残る長野県・野沢温泉で物見湯産手形を利用して逗留し、月曜日は昼神温泉を楽しんで無事の帰宅となりました。

ではでは これにてネ〜


13717.第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月13日(金) 11時28分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 601, 160KB

皆さま おコンニチわ〜
3月の2週間近い連続晴天と異常な暖かさによって完全に散った愛知小牧の桜ですが、天気のことわざに有る「春に三日の晴れ無し」のリズムがようよう戻って来たのか今週末は雨予想、部屋の掃除やお布団干しなどで主夫業に忙しかった午前中です。

さてさて 4/8(日曜)、花桃が露天風呂の庭に美しい飯坂温泉から戻って会場入りですが、2日目最初の出会いは全国を闊歩する地元福島の草野さんや愛知の足立さんら(左ハリコ)、そして昨日は20キロコースを歩いていたという埼玉の鈴木さんと福岡の田中さん(真ん中ハリコ)、更にはマッチーご夫妻と福岡のみっちゃんご夫妻(右ハリコ)とも朝の出会いです。
初日はコース上やゴール後会場などで顔を合わす機会が多いけど、本日は各々がコース上に出るとそのままの事も多く、今後予定の情報交換やまたの再会を約束しての記念のパチリたちデス。



13718.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月13日(金) 11時40分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 146KB

昨日は出会えなかった愛知の熊沢君(左ハリコ)から声が掛かり、横浜の鷹木ご夫妻や道の駅完全踏破日本一番の埼玉の坂本君(真ん中ハリコ)とも出会え、そしてナナナント、愛知の橋本姫と娘さん(右ハリコ)とも何年振りの出会いでしょうか!ワーオ!
そんなに広くない会場ながらも、互いの歩くコースによってスタート時間も異なり、ゴールも異なる。
参加者名簿に名前を連ねていながら、出会えぬ方のナンと多いことでしょうか?!・・・でも会えて良かったネ〜♪〜



13719.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月13日(金) 11時57分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 599, 156KB

一昨日に訪れた福島第二原発を囲む帰宅困難地域指定の大熊町と双葉町でしたが、「その大熊が僕の自宅なんです」って、あの日から7年余、今は郡山に避難していると仰るのは斎藤さん(左ハリコ)、熱田伊勢ウオークの10年を福島組のお一人として連続参加、「よく来てくれたね」って嬉しい出会いです。
でも同様に親しい斎藤さんのお仲間、柳沼さんも名簿には名前が有るのに2日間とも出会えず・・・きっとコース上でスタッフとして頑張っておられるのだと思います。
その斎藤さんが壇上で、自身の現状を参加者に伝え「福島を忘れないで下さい! 応援して下さい!」って、全員でこぶしを突き上げて、エイ・エイ・オー



13720.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」2日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月13日(金) 12時22分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 599, 144KB Original Size: 800 x 600, 159KB

その斎藤さんがコース先導をしてスタートとなった20キロ組の朝8時半、福島県庁内を通って阿武隈川を経て支流となる荒川へとですが、東北新幹線の車窓から見える土手に「ありがとう ふくしまへ」と、国民の大多数が行った義援支援に対して感謝の言葉です。

ではでは またまた午後はテニス練習ですので、残りはまた後で ネ〜


13713.第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのH 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月12日(木) 11時20分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 601, 131KB Original Size: 800 x 600, 155KB

皆さま おコンニチわ〜
昨年来、我がママと二人して完全フリーとなって、ウオーキングを兼ねて出掛ける全国各地ですが、様々のニュースにその見知った風景や街並みが映り、一段と身近に感じることの多い昨今です。
スレッドが前ページに下がったNO13643に皆さまにも紹介しましたが、今年2月に出掛けた大分県耶馬溪町、絶壁のような樹林の山肌に巨大な奇岩が立ち並び、紅葉の秋がもっとも美しいという当地。
しかし昨年の異常豪雨により土砂崩れが各所で発生、蛇行する山国川に土石流が流れ込んで橋を壊し、決壊堤防からの汚泥が住宅や田畑を洗い流した風景が随所に目立った耶馬渓、「復旧の予算も人手も足りなくて・・・」ってお話でしたが、追い打ちを掛けた今回事故に胸が痛みます。
被災者の早い発見を祈ります。

さてさて レポートの続きです。
歩きながら眺める東北の背骨「奥羽山脈」の一翼となる白銀の吾妻連峰でしたが、何人もの地元の方々が「ほら〜、あれが雪ウサギ」って、山を指さして教えてくれるコース上です。
しかし何度山の形に目を凝らしても「アレが耳で、体や尻尾も」って言うけれど・・・???
当地に単身赴任をしていたというデコさんのご主人が改めて説明してくれるに、「あの富士山みたいな形の山の残雪が見えますでしょう。その右側の雪形がウサギというかキツネみたいに似てるでしょう」って、ハハーン!なるほど!なのデス。
皆さまも真ん中ハリコの写真を見て、判りますでしょうか?
当たり前に知っている地元の方々の雑な説明に悩ましい半日ほどでしたが、便秘が治った様にスッキリとなりました。



13714.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月12日(木) 12時5分
Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 162KB

これまたデコさんのご主人が教えてくれましたが、花見山は阿部さんという個人所有の山だそうです。
頂いた資料によると昭和10年ころ阿部伊勢次郎という方が、下火となった養蚕業から花卉(かき)農家へと転身、自身が所有の山を開墾して、華道に使う花木生産へと乗り出したそうで、この見事な花々を地域の方々にも近くで楽しんでもらおうと無料開放をしているそうです。
以来家業を受け継いで息子から孫へと至っている三代目の現在だそうですが、白い雪柳と黄色いレンギョウ、赤い木瓜にピンクの梅や桜、一段と色鮮やかな花桃などと、色とりどりの花が真っ盛りに、まるで桃源郷の様相です。



13715.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月12日(木) 12時23分
Original Size: 800 x 599, 153KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 156KB

花見山への往復でしたが、10キロ組や20キロ組とも交差する賑やかな行き来、20キロコースアンカーの方々とも記念のパチリをして、一路ゴールへとです。



13716.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月12日(木) 12時35分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 145KB Original Size: 800 x 600, 153KB

我々にしたら超久々に長距離ウオークとなった実踏31キロでしたがゴールが午後1時半、各所で足を止めて花々を楽しんだり軽食で過ごしたり、上々の快速ウオークとなった福島での初日。
道中でも給水やキャンディなど温かいお接待でしたが、戻った会場でもオニギリや美味しい豚汁のサービスで大休止、20キロを歩いたという同じ愛知の竹内ご夫妻(右ハリコ)にもご挨拶をして、会場から約20分の飯坂温泉で初日の疲れを癒した第1日目なのでした。

ではでは 今からテニス練習ですので、二日目レポートは明日ネ〜


13704.第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 8時20分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 599, 151KB

皆さま オッハーさまでございます。
愛知県からマイカーで600キロ余、人生初の宮崎県行きに次いでこれまた人生初の福島県へと出掛けた6日間でしたが、長野・新潟・福島と露天風呂に桜の花びらが浮かぶ温泉巡りの各地でもありました。
帰宅後の疲労と来週の試合に向けてのテニス練習で、ウオークレポートが今朝になってしまいましたが、早速に始めます。

傘マークの週末予報でしたが、金曜夜に降り出した雨も明け方には前線が通過、開催の4/7(土曜)福島駅から直ぐの「街なか広場」に到着時は、地面は濡れていたものの傘は不要なお天気でした。
早速に会場同着となった京都のデコさんや江戸カッパさんご夫妻(右ハリコ)と出会い記念デス。



13705.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 8時44分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 599, 157KB

3.11大震災から7年、太平洋岸から50キロ以上内陸の福島市市内も大揺れだったでしょうが、痕跡も無く東北の大都会の雰囲気。
場所を移動して今年から開催だという市内中心地「街なか広場」には、サブテーマに「花も実もある、ふくしま路」とありましたが、第20回記念大会に集まった全国各地のウォーカーたちで、埼玉の稲葉さんや熊本の野澤さん(左ハリコ)、そして稲葉さんの奥さまのお竜さんと東京の中村さん(真ん中ハリコ)、パパママ掲示板を毎日チェックして更新の少ない事に「テニスばかりに夢中にならずにナ」ってこれまた東京の黒木さん(右ハリコ)とも久々の再会なのデス。



13706.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 8時52分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 599, 150KB Original Size: 800 x 599, 145KB

開会式では日歩・畑会長が「今なお完全復興までの道のりが険しく安心で幸せな生活に戻れぬ方々が多い中、本大会の開催に敬意を表し、地元の方々との絆を深めたい」ってご挨拶でしたが、朝鮮通信使を歩く千葉の柳田さんや福岡の田中さん(右ハリコ)ともお会い出来ました。



13707.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 9時2分
Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 599, 147KB Original Size: 800 x 600, 151KB

大きな体で隠れているけど背中のリュックにカラフルな風車がトレードマークの福岡のトミーさん(左ハリコ)が居られたり、ナナナント今回ウオーク参加の為に下関の家を出たのが10日前だというマッチーご夫妻(真ん中ハリコ)とも出会え、兵庫の板坂さんらを先頭に朝7時半、30キロコースのイザスタートなのであります。



13709.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 9時56分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 157KB

本日コースは会場を出て北東方向、阿武隈川上流へと向かう30キロ組ですが、朝一番は岩谷観音の建つ信夫山公園へとです。
ワタクシはこれを「のぶおやま」って読んだら地元の方が訂正で、正しくは「しのぶさん」と言い、戦前から昭和30年代に活躍の地元福島が生んだ名力士が付けた四股名でもあるそうです。
その信夫山が現役時代、もろ差しの練習として脇を締めて腰をやや落としてケツを振って歩いていたそうで、これを周りは「信夫山ウォーキング」と呼んでいたそうです。
地元の方からそんな話を聞きながら歩いていたら、スタコラサッサと我々を追い抜いていくチビっ子とお祖父ちゃんの二人連れ、東京から参加の小学3年生なのデス。



13710.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 10時23分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 601, 159KB

前日に寄った滝桜の三春町も、この地方特有の「梅・桜・桃」の花が同時に一機に咲く三つの春に由来して三春町だそうですが、福島市内も同様で、阿武隈川堤防から見渡せる幾つもの春たちです。
って、思っていたら隣接する伊達市に入っていた30キロコースで、伊達市の名勝地の一つだという「高子沼」が折り返し地点でアリマした。



13711.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 10時41分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 149KB Original Size: 800 x 600, 143KB

桜吹雪の道を黒木さんたちとも暫し同歩でしたが我がママは超久々の30キロにややペースダウン、やはり前後して歩いていた小学三年生にも追い越されてしまう、「じょーもぴあ宮畑」手前なのでした。
もし30キロコースじゃ無かったら館内に入って見たかったけど、縄文時代の高床式住居跡に隣接の展示施設には、日本に唯一だというリアルに体操座りの形をした土偶が発見されたという高畑遺跡なのでしたデス。



13712.Re: 第20回「ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月11日(水) 10時59分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 599, 153KB

ペースダウンの我がママに「遅いよ」って言うと、「いいの、足を動かしているんだから!」って返事だけど、確かにごもっとも。
道中の各所にスタッフがウォーカーの道案内に立たれ、CPでも笑顔の出迎えでしたが、江戸ガッパご夫妻とも前後しながら「もちずり学習センター」CPまでほぼ20キロを歩いてまだ4時間弱、20キロ組とも合流となりました。


13700.休眠打破!目指せ「福島吾妻荒川・花見山2DW」へ向かう三日目 その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月6日(金) 15時56分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 599, 153KB Original Size: 800 x 599, 153KB

皆さま おコンニチわ〜

ただ今、南相馬にある温泉施設「はらまちユッサ」から発信ですが、既に石鹸要らずだという強アルカリ性の湯につかってスベスベとなった肌で、休憩室からです。
今朝は宿泊ホテルで近隣観光情報を得て早速に向かった三春町へとですが、地元の方が言うには「岐阜の淡墨桜もみたけっど、アッチは年寄りで、なんと言ったって日本一はここだぁ〜」という、急に満開となった「三春滝桜」へとです。
観光客の足をぶっちぎって、例年にない異常な早さで満開となった今年だそうで、普段は駐車場まで3時間も掛るという山道を、渋滞もなくスンナリと駐車場への本日。
駐車料金を兼ねた観桜券300円を払って初めて見る枝垂れの「三春滝桜」ですが、東北ながらも今年の強い日差しを浴びて一気に満開となった今年だそうです。



13701.Re: 休眠打破!目指せ「福島吾妻荒川・花見山2DW」へ向かう三日目 そのA
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月6日(金) 16時27分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 138KB

淡墨桜を年寄りと言いながらも樹齢千年という三春滝桜ですが、花のこの時期だけでなく東北の春夏秋冬を幾世数重ねたことか、7年前の3.11をどのように記憶しているのでしょうか?
例年は4月中旬から後半が見ごろとのパンフレットでしたが、マグネットシートで動く矢印の本日は「満開」を示していました。



13702.Re: 休眠打破!目指せ「福島吾妻荒川・花見山2DW」へ向かう三日目 そのB
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月6日(金) 16時50分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 153KB

福島県南の山間部にある会津や三春町から一路太平洋側へとですが、福島第一原発周辺町村へ向かうもののアチコチで進入規制が有り、一旦は南の富岡町から大熊・双葉・そして浪江へとです。
バリケードで規制された町全体への流入道路のほとんどにガードマンが立ち、黒い大きな袋が山積みのところも随所に、政府や東電が隠し続けたメルトダウンによって汚染されたこの地域へは今も立ち入る事を拒絶しているあれから7年です。



13703.Re: 休眠打破!目指せ「福島吾妻荒川・花見山2DW」へ向かう三日目 そのC
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月6日(金) 17時29分
Original Size: 800 x 599, 145KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 155KB

目に見えぬ放射能汚染によって逃げ惑う未情報の人々にどれほどの被災があったのか、人体実験の如くに証明を確実にし得ぬ現在、当時の政府の稚拙さに腹わたが煮え繰り返る思いだが、振り返って戻せぬ現実です。
写真は割愛ですが、トラックとしか交差せぬ規制解除の浪江町から海岸線を走り南相馬へとで、海を見られぬ巨大堤防、そして海と暮らす街が有ったであろう、今は土盛りをされた平らなだけの野っ原、各所に有った浸水境界を示す表示なのでした。

つい先日も3.11を前後しての各種報道でしたが、汚染地域に通じる全ての道で侵入を防御する警備員のすごい数、防波堤や壊滅地域の再建工事に携わる土建関係の人やダンプカー、直接に目で見て知った様々の現実の半日ほどでした。


13696.休眠打破!目指せ「福島吾妻荒川・花見山2DW」へ その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月5日(木) 21時37分
Original Size: 800 x 452, 139KB Original Size: 800 x 452, 144KB Original Size: 800 x 449, 152KB

皆さま おコンバンわ〜

万物「物事の陰陽はスパイラルの如し」と言いますが、政治も自然も人の心も森羅万象の全てが、どちらかに偏り過ぎると必ず反動の如くに逆に振れる。
テニスにのめり込み過ぎて、ふと思い直してハタと振り返るウオーキングの喜びですが、早速に行動の4/4(水曜)早朝、散り急ぐ桜街道を19号線で長野からナウマンゾウの野尻湖へと、そして黒姫から妙高高原を抜けて人生初の新潟県へとデス。



13697.Re: 休眠打破!目指せ「福島吾妻荒川・花見山2DW」へ そのA
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月5日(木) 22時1分
Original Size: 800 x 449, 164KB Original Size: 800 x 450, 135KB Original Size: 800 x 449, 136KB

ウオーキングの友に教えて頂き、ウオーク旅行の事前に「温泉博士」という630円の雑誌を購入、この雑誌に掲載の全国各地100ヵ所以上の温泉を本誌提示で無料で入泉出来るという優れもの。
妙高「神の山温泉」で朝を迎えて、早速に2日目ドライブの開始、佐渡が見えるという日本海側へと出て恋人岬へとですが、前夜の雨に空気が洗われ佐渡島の島影が肉眼では捕らえられたものの、残念ながら写真(真ん中ハリコ)では青空と同化して・・・
でも気持ちの良い日本海風景なのデス。



13698.Re: 休眠打破!目指せ「福島吾妻荒川・花見山2DW」へ そのB
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月5日(木) 22時53分
Original Size: 800 x 450, 158KB Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 800 x 449, 161KB

7機の原発を有し「世界最大の発電能力」と評された柏崎刈羽原発ですが、福島原発事故を受けて休止。
昨年暮れに「新基準をクリアする」との審査認定により、福島事故原発と同等の沸騰水型ながらもの新基準合格を受けて再稼働とのこと、原発を眺めて暫し、日本海から太平洋側へと山を越えて向かう福島方面へとです。

その道中、津川町には樹齢1400年という公式一位認定「日本最大」の杉の巨木がが有り、根本近くで六本に枝が分かれて天空を目指す雄々しい姿に感激、また山あいに夜火の列が何度も見られたことから「狐の嫁入り」と信じられて、今では5月に地元の人たちが狐に扮して行列をする祭りを行うというで知られる新潟・加賀町なのです。


13695.今年はどのような気候となりますでしょうか? 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年4月3日(火) 10時15分
Original Size: 1024 x 579, 159KB Original Size: 1024 x 579, 162KB Original Size: 1024 x 579, 159KB

皆さま オッハーさまでございます。
今冬はいっ時も気の休まる暇のない大寒波の連日でしたので、3月初旬頃は「今年の桜は遅いかも」って言ってたのが、一転のバカ陽気に一気に開花から満開に。
記録的な陽気が続き4月を迎えてすでに散り始め、「入学式までもつだろうか?」って心配の声も多い愛知小牧の今朝です。

桜という木は、前年の夏から秋に花芽準備がなされ、その花芽が厳しい冬を過ごすことにより開花誘発となる仕組みで、この寒気経過後の開花の事を「休眠打破」と呼ぶのだそうです。
春の気温や日照が開花条件かと思ったら、花芽が冬の一定期間低温環境となることが重要なポイントで、温暖化が進むと南国地域では春になっても開花せぬようになるとのこと、寒い冬が見事な春風景の絶対条件だとのことです。

平日のテニスと週末のウオーキングと言いながら、名古屋や三河やはたまた岐阜へと、週末もテニスの試合に出掛ける昨今の我が家。
しかし連日練習の絶好調にルンルン気分で試合に出掛け、各地のツワモノ相手にケチョンケチョンに負けて、悔し涙で反省しきりの帰路の毎回。
結果としてどんどんとテニスにのめり込んでいる現在、4月も近隣各地での試合はもちろん、長野への遠征試合のお誘いも。

何とかして「休眠打破」をしたい混合ペア部門ですが、ウオーキングも「休眠打破」歩きに行かなくっちゃ!!


13694.ママとの17年間、ダンク君 本当にありがとう。 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月16日(金) 11時53分
Original Size: 800 x 452, 146KB Original Size: 800 x 452, 153KB Original Size: 800 x 452, 149KB

皆さま コンニチわ〜

二人して完全リタイアの現在ですが、普段のテニス練習や週末のウオーキングなど、ほとんどが何時も二人して一緒の行動の我が家。
わがママの足として軽自動車ながらもターボ車で普通車に負けぬ快適加速、しかも総走行距離は66000キロ(年間4000キロも走らず)と何の不満も不具合もなく、でも気が付けば17年間を経過。
まだ学生だった息子が休日に使ったり、孫たちが生まれてからは頻繁に乗せて出掛けたり。
主はママの通勤車ながらも、家族にとっても様々の思い出が詰まった愛車との17年間。

二台所有の我が家でしたが、どちらか一台は自宅で留守番という現状と、軽自動車ながらも保険や税金、そして車検などの維持費を考えると・・・
車検月を迎えて家内会議の結果、断腸の思いながらも廃車をすることにしました。

長きに渡り我がママの足となってくれていたダンク君と涙のお別れをした昨日です。
ほんとうに、本当にありがとう(感謝と涙)


13693.7年目の3.11を経て 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月12日(月) 9時16分
  「もう」なのか「まだ」なのか、あれから7年

   先週来特集を組んで取り上げられた被災者の日々や、福島原発の現状などの各種報道。

   その視点によって重苦しく感じたり、明るい希望を感じたり。

   発災日そして翌日以降、福島原発の爆発や都内計画停電など

   様々を思い返して、振り返った自身の7年前でしたが

   何時来ても、いつ起こっても不思議ではないと言われる東南海大地震

   今一度の備え、再点検の必要を感じた昨日です。

13691.先週土曜日は、孫の生活発表会 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月9日(金) 11時56分
Original Size: 480 x 323, 145KB Original Size: 480 x 323, 129KB Original Size: 480 x 323, 134KB

皆さま コンニチわ〜
前夜にも「ジイジもバアバも明日は来てね」って電話でしたが、孫の幼稚園の生活発表会に出掛けた端午の節句の3月3日(先週土曜日)でした。
初孫の入園から弟や妹も同じ幼稚園に通った事で、ナナ・ナント、同園の運動会同様に我が家の年中行事と化した生活発表会参観。
丸8年、9回目となった今年でしたが、ジイジの仕事は運動会同様に座席取りの毎年です。
出演回数の多い年長児となった末孫の演技が見やすい2階席最前列を確保するために、開演2時間前から並びましたが、運動会同様に本年を以て最終と思うとホッと致します。



13692.Re: 先週土曜日は、孫の生活発表会
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月9日(金) 12時4分
Original Size: 480 x 323, 108KB Original Size: 480 x 323, 112KB Original Size: 480 x 323, 114KB

まだオムツが取れたて間なしのチビたちを「如何にしたら、こんな風に躾けて教え込むのか?」と不思議なほど、3歳児から5歳の年長児までが広い舞台上で、踊りやミュージカルや楽器演奏などに昼食休憩を挟んで約4時間。
今年は中学生になる初孫がビデオカメラマンをやってくれてジックリと拝観の一日でしたが、来年からは行く事のなくなる我が家、ちょっぴりの寂しさを感じながら帰路となったけど、懐かしい思い出となりますでしょうか?!


13682.第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのC 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 11時7分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 159KB

皆さま 本日も遅ればせながらオッハーさまでございます。
昨日内部清掃を実施の我がパソコン君ですが、残念ながら改善の兆しもなく、以前より頻繁にエラー停止を繰り返している現在、カバーを外すため調べていたら既に7年余の愛用。
少々の不具合は我慢して、上手に優しくお付き合いをしていこうと思います。

さてさて そんな理由もあって遅延レポートですが、我がウオーキング日記の続きを開始です。
会場を出て同歩の方々ですが、今回は会えなかった東京の黒木さんのお友達、ママの横に千葉の河合さんや、後ろには栃木の尾島さん(左ハリコ)も、愛知の井上さんと東京の中村さん(真ん中ハリコ)も同歩だし、板坂さんを追って先頭を歩いたお陰で金沢の浅井さん(右ハリコ)とも瞬時の同歩、もちろんアッという間にピューンと我々の視界から先に行かれましたがね。



13683.Re: 第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 11時14分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 161KB

最初に寄った梅林が立ち並ぶ緑ヶ丘公園で本日最初のお接待ですが、パック飲料やお菓子を頂き、30キロ組と別れて20キロコースへと進む我々です。



13684.Re: 第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 11時30分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 160KB

歩き始めて1時間半ほど、我々の本日を思ってか朝から降雨の予定だったものをグッと我慢していてくれた雨雲からとうとう降り出した雨だったけど、30分も行かずに名古屋コーチンを育てているという「地鶏の里」へとです。
こちらではスタッフが半熟ゆで卵の皮をむいてくれ、目の前で一口パクリとすると醤油を掛けてくれるサービス、更にはバナナやお菓子もでしたが、続いて行った「名水ホタル館」でもトン汁サービス、お腹の休まる暇のない絶景ウオークの連日なのデス。



13685.Re: 第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 11時43分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 158KB

地元高校調理部の子らが作ったトン汁や、写真を撮る間もなく胃袋の中に直行のアユの塩焼きなど、お代わりを進められてももう食べられぬほどなのデス。
同歩の熊本の野澤さんが教えてくれたけど、九州の大会でのお接待は特別に豪勢で、歩いたコースより食べた記憶が心に残る各地大会なのだそうです。
強くなる雨もご機嫌気分で何のその、いっぱいのお礼を言って歩を進めますが、我がママの顔が一段と丸くなっていると思うのはオレだけでしょうか?



13686.Re: 第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 12時1分
Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 152KB

小林市にはミネラルウオーターのメーカーが幾つも有り、水素水・千寿の水、天然アルカリイオンの湧恵水、天然シリカのドクターウオーター、生駒名水など、これらがウオーク中や会場でも参加者に配られて水筒不要の二日間。
全国名水百選にも入っているという「出の山湧水地」のチョウザメ水族館へとです。
流石にキャビアの接待は有りませんでしたが、美味しい自然水で喉を潤していたら、埼玉の鈴木ご夫妻と栃木の金田さん(真ん中ハリコ)と合流、前後して三方五湖の松岡ご夫妻や鳥取の江谷さん(右ハリコ)とも記念のパチリです。



13687.Re: 第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 12時31分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 155KB

北海道と間違えそうな真っ直ぐの農道の左右に黒々とした広大な農地、宮崎牧場を通って「霧島岑神社」へとですが、本日は雨雲の中ながら天孫降臨の高千穂の峰の神々を祀っている。
元々は霧島連山・高千穂山中に建立鎮座だったというが、度重なる噴火による社殿消失で現在の地に移築、日本書紀に由来が記されている由緒ある斎宮なのである。
奥深い参道を進むと本殿でしたが、地元の方々手作りの総菜がいっぱいで、参拝のお礼だという素敵な手作りカバーのポケットティッシュを頂けましたデス。
心の籠ったおもてなし・・・温かい雨の小林市です。



13688.Re: 第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 12時35分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 151KB

埴輪のような石堀りの仁王様にもお礼を言って目指すゴールでしたが、知らぬ間に雨も上がってほぼ4時間、20キロを歩いてゴールとなった二日目です。



13689.Re: 第20回宮崎ツーデーマーチ「こばやし霧島連山絶景ウオーク」2日目に参加の一歩たち その完
名前:竹樋パパ    日付:2018年3月8日(木) 12時43分
Original Size: 800 x 600, 147KB Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 600, 159KB

我々がゴールして間無しに板坂さんや浅井さん(左ハリコ)もゴールをされましたが、お汁粉の接待を頂き一服をしてフィニッシュとなった二日目、鳥取の江谷さんの奥さまは今冬の豪雪に雪に滑って骨折をしたけど10キロを完歩してゴール、皆さまとの再会を祈って会場を後にしました。
パパママはマイカー移動で熊本県水俣に近い御立岬温泉センターへとですが、無料で入泉の「温泉博士」を今回旅行でも大活用でした。

ではでは コレにてネ〜



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb