[ 携帯用URL ]
新 竹樋パパママのウオーキング日記
 
パパママが1998年にウオーキングというものを始めてから幾星霜
以降2004年にホームページを開設して記録発信をするも力量不足で途中頓挫。
残した本掲示板を新たな情報源として、2019年以降のウオーキング記録を発信して参ります。
拙い内容になろうと思いますがよろしくお付き合いをお願い申します。
尚、過去にホームページ上に発信の旧データは保管していますので、閲覧ご要望には応えられます。
懐かしい思い出記録をお届け出来ますよ。 2018年12月19日 竹樋パパ 記

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





14497.丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 21番へ その1 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 9時32分
Original Size: 800 x 599, 84KB Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 147KB

寒暖や晴雨を繰り返して季節が移ろう3月ですが、新型コロナウイルスのお陰?で、超久々に歩こうと決めた3/1(日曜)に第1日目、一日置いた3/3(火曜日)に第2日目を歩き、冷たい強風も収まり雨が上がった3/6(金曜)、続きとなる21番札所・常楽寺から第三日目です。
早咲きの寒桜が待つ境内とですが、どこかから移動させたのか、大きな丁石が片隅に立っています。



14498.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 21番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 9時33分
Original Size: 599 x 800, 122KB Original Size: 599 x 800, 138KB Original Size: 600 x 800, 106KB

共に境内ながらも、2本並び立つ右側は「20-21・1 新四国廿一番 〇つ常楽寺 二丁 〇〇へ通りぬけちか道」とママに影を作ってもらったりしたものの一部は判読不能、側面には「左 とこなめへ二り 大のへ三り」と刻字。
もう一本も「20-21・2 手 新四国二十一番へ」とあり、龍台院から常楽寺への間に立っていたものが移設されたものと推測する。



14499.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 21番から22番へ その1
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 11時18分
Original Size: 800 x 599, 122KB Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 800 x 600, 80KB

第三日目最初となるお参りであるが、弘法堂の中には「CD先達君」と書かれたカセットデッキが置いてあり、スイッチを入れると渋い声で先導をする住職の般若心経が流れ、木魚を叩くママの音にも合わせての第一声。
腹一杯に息を吸い込み、息が吐き切れるまで経を読み続け、再度一気に空気を吸い込む、自然に腹式呼吸となるがこれがお経の効用か。
弘法堂の前に大きな丁石を兼ねた石柱が立ち、正面に「21-22・1 卍 新四国建石創設紀念」側面には「自是廿二番ヘ廿六町三十間」もう一面には「明治四二年三月建立」とあるから、今から111年前に立ったものです。
CD先達君の主、ご住職にご挨拶をしてイザスタートである



14500.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 21番から22番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 11時56分
Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 600 x 800, 140KB

常楽寺を出て名鉄河和線をくぐり南下の本日ですが、二股となった道の正面にお堂が建ち、その前に「21-22・2 卍 手 新四国 廿二番ヘ拾八町 左 武豊道」とあり、もう一面には「右 檜原道」とあるが、明治期の檜原村、現在の常滑にある地名である。



14501.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 21番から22番へ その3
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 12時10分
Original Size: 800 x 600, 102KB Original Size: 800 x 600, 118KB Original Size: 800 x 600, 116KB

真っ青な青空が眩しいほどですが、半田から丁石の指示に従い二股道を武豊へと南下を続けるも丁石が見当たらず、22番札所・大日寺へと到着です。
その理由は町が発展した頃の事情でか、大日寺の境内に集められていた丁石たちなのです。



14502.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 21番から22番へ その4
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 12時41分
Original Size: 800 x 600, 123KB Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 600 x 800, 145KB

塀の前に6本並べているが、左から順に「21-22・3 卍 手 新四国第廿二番札所」「21-22・4 卍 手 第廿二番弘法道」「21-22・5 手 卍三丁」「21-22・6 卍四丁」「21-22・7 卍六丁」「21-22・8 卍九丁」、常楽寺からの道筋に立って、どれほどの遍路の人たちの案内をして来たのであろうか。

そして弘法堂の前にこれまた珍しく、指差す手に着物の袖までも立体的に彫られた丁石で「21-22・9 弘法大師 新四国廿二番札所 武豊村大日寺」お寺の山門前にでも立てられていたのでしょうか。



14503.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 23番から24番へ その1
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 13時0分
Original Size: 800 x 600, 101KB Original Size: 800 x 600, 117KB Original Size: 800 x 599, 146KB

大日寺を出てジブリ映画に出て来そうな派手な色合いの23番札所・蓮花院まで400mほど、愛歩仲間との巡拝ウオークでは昼食休憩場所として思い出深いお寺です。
山門前に大きな寺院名の石柱ですが「23-24・1 卍 新四国第廿三番札所」とあり、その左下に小さな文字ながらも「第廿四番札所 拾三町」と彫って有り、コレも道案内を兼ねているので丁石としてカウントです。



14504.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第三日目 23番から24番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月15日(日) 13時15分
Original Size: 800 x 600, 124KB Original Size: 800 x 600, 123KB Original Size: 600 x 800, 146KB

蓮花院を出て、一旦はJR武豊線を超えて豊石神社の横を通って24番札所・徳正寺へとですが、T字の角で曲がる方向を教えてくれる丁石「23-24・2 卍 手二丁」です。


14490.丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 番外・海蔵寺から18番へ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 18時51分
Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 128KB Original Size: 800 x 600, 138KB

番外札所・海蔵寺から向かう18番札所であるが海蔵寺の山門に「海-18・1 手 十八番へ八丁三十間」、乙川小学校近くのお堂の横に「海-18・2 卍 七丁廿間」



14491.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 18番から19番へ
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 19時8分
Original Size: 800 x 600, 130KB Original Size: 800 x 600, 101KB Original Size: 800 x 600, 143KB

十八番札所・光照寺山門に咲く寒アヤメにもご挨拶をして、山門入口の丁石「18-19・1 手 是ヨリ十九番へ十三丁」を確認後、ミツカンや酒の国盛で知られる中埜酒造横を通って19番札所へとです。



14493.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 19番から20番へ その1
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 19時27分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 599, 98KB Original Size: 800 x 600, 108KB

19番・光照院境内に「19-20・1 手 卍五丁」が立ち、山門を出て20番へと向かうが、県道脇にやや大きな丁石に立体的な2つの手が左右を示し「19-20・2 卍手手 右二十番 左十九番」と2行に刻まれている。
板塀に塗られたコールタールがかかったか、汚れているものの力強い彫りで判読に問題は無い。



14494.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 19番から20番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 19時38分
Original Size: 800 x 600, 110KB Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 599, 151KB

20番札所・龍台院への途中、何とも弱々しく頼り無い刻字の「19-20・3 卍三丁」の一本であった。



14495.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 54番と番外・東光寺へ その1
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 21時18分
Original Size: 800 x 600, 92KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 599 x 800, 96KB

明治期に野間地区に有った廃院札所の大師像を、ここ亀崎の海潮院に移動して54番札所として受け継いだといい、以来12番札所から一旦は亀崎に向かったという当時だそうですが、立つ丁石は54番札所と番外札所・東光寺の間にある3本を確認です。
自販機に守られるように「54-東・1 手 十二番有脇 十三番板坂 大師道」「54-東・2 手 三弘法 年弘法 大師」



14496.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 54番と番外・東光寺へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 21時24分
Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 89KB Original Size: 800 x 600, 96KB

番外ながらも、弘法大師の一生をカラフルな像にして並べた東光寺さん、「弘法も筆の誤り」の格言の元になったと思われる人形も有ります。
「54-東・3 手 三弘法 年弘法」


14484.丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 16番から番外・海蔵寺へ その1 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 12時35分
Original Size: 800 x 600, 118KB Original Size: 800 x 600, 102KB Original Size: 800 x 600, 133KB

阿久比町から名鉄河和線をくぐり阿久比川を渡って亀崎方面へと西進ですが、一面が巨大な田んぼへと変遷した田んぼを抜けて萩地区へとです。
平泉寺を出て西に曲がる角に「16-海・1 卍廿五丁」、萩地区に入って「16-海・2 卍十七丁」、更に「16-海・3 卍十六丁」 
※記号の最初は札所間を現していますが、番外札所は頭の一文字を使って「海」のみ、16番から海蔵寺の間を示しています。



14485.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 16番から番外・海蔵寺へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 12時52分
Original Size: 800 x 599, 141KB Original Size: 800 x 600, 133KB Original Size: 800 x 600, 124KB

「16-海・4 卍十五丁」の丁石が立ち、道も舗装されていて間違いのないこの先のはずが、今もはっきりと覚えていますが、ママと二人して蜘蛛の巣がいっぱいの竹藪を進んでいくも、人の立ち入りを拒むかのように、倒れた竹が格子状に進路を塞ぎ全く前に進めずの前回。
同様の結果かと思って進むと、ナナ・ナント、ご覧の札が貼られていて\(◎o◎)/!



14486.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 16番から番外・海蔵寺へ その3
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 12時59分
Original Size: 800 x 600, 131KB Original Size: 800 x 600, 131KB Original Size: 800 x 599, 127KB

丁石の存在を気にし探し求めて幾年か、新たに出会えた喜びは今まで以上に感激で、2020年新発見の「16-海・5 卍十 」、この道を開拓して頂いたのはどなたなのでしょうか?あなたに会いたい!!



14487.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 16番から番外・海蔵寺へ その4
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 18時31分
Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 599, 124KB Original Size: 800 x 600, 165KB

通ることが不可能で確証出来なかった大師道が、その丁石の存在によって明らかになる、進んだ先の乙川白川公園前に以前から存在を認識していた、電信柱をちょん切った様な変形丁石の場所に出て来ました。
「16-海・6 創立一百年紀念  手 新四国十八番札所 手    」丸い側面に90度異なる方向に2つの手が彫られ18番札所と、もう一方が判読困難だけど海蔵寺を示すと推測、更には立てられた年号も入っていて「明治四十二年三月」と。
西暦だと1909年で、昨年が開創210年だったことから、間違いなく開創百年に立てられたものです。



14488.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 16番から番外・海蔵寺へ その1
名前:諏訪のアリババ    日付:2020年3月14日(土) 15時28分
「丁石を訪ねて歩く」・・なかなか面白い行脚ですね!興味を持って訪ね歩くのもまたまたいいものです。東京は、桜の開花宣言!のようですが、こちらは季節外れの大雪に見舞われました。(こちら財布の中身がパンデミック?)


14489.Re: 我が人生の集大成
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 18時42分
アリババさん こんばんわ〜
新型コロナウイルスに因る異常世界の日々、毎日のように出掛けていたテニス練習も施設閉鎖によりヒマな事この上無し、以前から取りまとめてみたかった知多四国に居並ぶ丁石の存在でしたが、自身が見つけた全ての丁石を列挙してみようと思っています。
総数がどのぐらいなのか、自分でも楽しみです。

14478.丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 15番から17番へ その1 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 10時57分
Original Size: 800 x 600, 102KB Original Size: 800 x 600, 89KB Original Size: 800 x 600, 94KB

皆さま オッハーさまでございます。
全世界への爆発的拡大(パンデミック)により、只々息を潜めてジッと家庭に籠る事を余儀なくされてしまっている新型コロナウイルスですが、我が家は記録が完全に追い着かぬながらも、「コロナなんぞに振り回されず」三河湾側の大師道を最先端まで進め、長野の温泉で足の疲れを癒しに行っていた昨日までデス。

さてさて 表記レポートを続けて、自身が確認済みの丁石の存在をここに発表です。
札所の位置関係から先に17番札所へ向かいますが、表通りに出る前の山門横に「15-17・3 卍廿一町」とあり、NO14476右ハリコの2本がこの先に立っていたと思われ、更に進むと「15-17・4 卍大師道」「15-17・5 卍十三町」が立っています。
本来は丁寧に刻字が判読可能な丁石の正面の写真も紹介したいけど、レポート写真枚数が膨大となるので割愛ですが、キチンと真正面のアップも全て撮影しています。



14479.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 15番から17番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 11時23分
Original Size: 800 x 600, 168KB Original Size: 800 x 600, 108KB Original Size: 600 x 800, 149KB

大きめの丁石に二行で「15-17・6 卍 手 十六番ヘ九丁  車みち」、そして10mも離れずに更に大きいサイズで「15-17・7 手 十七番札所ヘ七町  次ハ十六番札所道」とこれも二行ですが、先に17番札所・観音寺参拝をとの案内です。



14480.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 15番から17番へ その3
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 11時26分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 103KB Original Size: 800 x 600, 111KB

確実に有ったはずの「卍九丁」が今回は確認が出来なかったが、居並ぶ「15-17・8 卍八町」「15-17・9 卍七町」「15-17・10 卍六町」です。



14481.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 15番から17番へ その4
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 12時10分
Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 599, 135KB Original Size: 800 x 600, 108KB

丸山公園角の「15-17・11 卍四町」、隣り合う中部保育園の園庭から元気な子らが駆けまわる賑やかな声がしていた3月3日雛祭りの日だったけど、学校休校の政府指示も、保育園は除外で普段の平日の午後です。
並ぶ「17-16・1 卍二町」と、二面の各々に札所の方向を示す「17-16・2 手 卍十七番  手 卍十六番」、平成になってから立てられた新しいものです。



14482.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 15番から17番へ その5
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 12時1分
Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 599, 180KB Original Size: 800 x 599, 90KB

高台に位置する尼寺の観音寺さんへとお寺の向きから裏手からの入門ですが、手前に札所を現す石柱が立ち、電信柱を挟んで「15-17・12 卍二町」の15番札所から12本目となる丁石も並んでいます。
お寺の直ぐ裏に立つ二丁(約220m)の丁石から推測すると、ぐるりと廻って正面から入る道が有るのかも・・・



14483.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 17番から16番へ その1
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月14日(土) 12時11分
Original Size: 800 x 600, 134KB Original Size: 800 x 599, 111KB Original Size: 800 x 600, 83KB

もしかしたら下から登って参拝が正しいのかもだけど、17番札所の長い石段を下って16番札所・平泉寺へと「17-16・3 卍壱町」です。


14470.丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 12番から13番へ その1 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 16時3分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 95KB

話し込んだお庫裏さんに手を振って別れ、境内横から本堂の裏手へと出るが、近隣事情によってか?ここに集められた3本、「12-13・1 手 十二ばん」 もう一本は二面に彫ってあり「12-13・2 右十二番有脇道」と、横から眺めて読むに「是ヨリ十三番二十五丁」
もう一本、下になってて重いし全く読めないが明らかに丁石「12-13・3 ???」本数にカウントすることにした。



14471.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 12番から13番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 16時27分
Original Size: 800 x 600, 83KB Original Size: 800 x 599, 142KB Original Size: 800 x 600, 105KB

福住寺真裏の家の石垣に嵌まった「手・大師道」の丁石が新築のブロックに変わって消えていたが、春日神社下に「12-13・4 手 二十五丁」、かみや美術館の垣根の中に「12-13・5 卍二十四丁」は、私のミスで写真が失敗、再撮影と記録を予定します。 
一旦は上下四車線の広い県道沿いを歩きますが、かろうじて残されていた丁石が三本で、その一本が「12-13・6 手 七丁目」です。



14473.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 12番から13番へ その3
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 16時35分
Original Size: 800 x 600, 83KB Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 599, 148KB

「12-13・7 卍六丁目」、そして阿久比板坂の信号を左折する手前に「12-13・8 手 大師 」と、もう一面には「右よこ 」と有りましたが、類推するに尾張横須賀方面を示しているのでしょうか?



14474.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 13番から14番へ その1
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 16時48分
Original Size: 800 x 600, 131KB Original Size: 800 x 600, 124KB Original Size: 599 x 800, 122KB

13番札所。安楽寺の前のに「13-14・1 拾四番へ四丁半」山門前には大きな石柱の正面に「13-14・2 卍新四国第十三番霊場 安楽寺」その側面に「アリワキ 十二番へ 二十五丁二十七間」「フクスミ 十四番へ 四丁半」と2行に刻まれいました。



14476.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 14番から15番へ その1
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 17時21分
Original Size: 800 x 600, 135KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 106KB

14番札所・興昌寺の門前の木の近くに「14-15・1 卍八丁」が立ち、かみや美術館と同様に写真の撮り忘れをしてしまったが、山門に入る橋の袂の「14-15・2 卍十五番札所へ」も未記録となってしまった。
そこから先は15番札所・洞雲院山門まで一本も見つからなかったが、門柱をくぐった横の祠の前に三本立っており「14-15・3 卍一町」「15-17・1 卍十九町」「15-17・2 卍十八町」と有ったが、近隣田畑の農地改良によって集められたものと思われる。



14477.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 14番から15番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 17時35分
Original Size: 800 x 600, 110KB Original Size: 800 x 600, 121KB Original Size: 800 x 600, 103KB

県道沿いの山門から奥へ奥へと「14-15・4 手 大師道」進み、洞雲院さんへとですが、前回参拝の9年前には既に改築されていた山門や本堂など、まだ真新しさを残したままの境内をお参りです。


14461.丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 11番から12番へ その1 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 12時12分
Original Size: 800 x 600, 117KB Original Size: 800 x 599, 86KB Original Size: 800 x 600, 132KB

11番札所・安徳寺の入口に「11-12・1 卍新四国第拾一番霊場 安徳寺」その側面に「因是ヨリ拾二番へ十五町」
進んだ先、かなり埋まっているが靴先で地面を削ると「11-12・2 卍十四 」が読める。



14462.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 11番から12番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 13時5分
Original Size: 800 x 600, 106KB Original Size: 800 x 599, 138KB Original Size: 800 x 600, 86KB

一旦は国道沿いに出て川を越えて右手へとだが、並んだ3本
左から順に説明だが、一本の一面に二行「11-12・3 是ヨリ向テ左リ 五十四番ヘ行 」
真ん中のは文字の下が埋もれているが、一本の二面に「11-12・4 左かめさ と 右乙川」を判読、かめさは「き」の文字が埋もれて亀崎と書かれていると推測出来て、ここから亀崎の54番や番外東光寺に向かったのであろう。
三本の右側は「11-12・5 卍十二 」 進んだ先には「11-12・6 卍十一丁 」



14464.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 11番から12番へ その3
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 13時6分
Original Size: 800 x 600, 119KB Original Size: 800 x 599, 102KB Original Size: 800 x 600, 102KB

「11-12・7 卍十丁目」 「11-12・8 卍九丁目」 「11-12・9 卍八丁目」



14465.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 11番から12番へ その4
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 13時12分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 599, 94KB

貯水池のフェンスの中に有り、草が茂る夏場は完全に姿が見えないが「11-12・10 卍七丁目」 「11-12・11 四丁目」



14466.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 11番から12番へ その5
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 13時20分
Original Size: 800 x 600, 108KB Original Size: 800 x 600, 133KB Original Size: 800 x 599, 84KB

丁石のところの石川サイクルという自転車屋のおじさんが綺麗に化粧してくれた「11-12・12 卍三丁目」、真っ直ぐに進んで直角に曲がる角に



14467.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 11番から12番へ その6
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 13時32分
Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 600, 147KB Original Size: 800 x 600, 90KB

大半が埋まっているが、一本の2面に「11-12・13 卍一 」と「手 右 」の刻字を判読、おそらく12番札所・福住寺へ一丁の距離を現し、指し示す手と「右」の字は、12番を参拝してから亀崎方面へ向かう人への道しるべとなっているのだろう。

多くの埋まる丁石たちであるが、戦後の道路舗装が盛んになった時代でも路地などは、今ある地面にコールタールを塗って上にアスファルトというような作業をしていて、結果として埋没の丁石が多いのであろう。
まだ抜かれて捨てられるよりマシかも 



14469.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 11番から12番へ その7
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 13時52分
Original Size: 800 x 600, 123KB Original Size: 599 x 800, 135KB Original Size: 800 x 600, 100KB

有脇小学校横の福住寺であるが、山門手前にやや大き目な丁石の正面は卍十二番札所、そして側面にこれまた亀崎方面を指し示す「11-12・14 手 五十四番」の刻字が

こちらのお庫裏さんも記憶に鮮明で、2011年に来た時は88歳だったお婆ちゃんが昨年10月に亡くなり、当時高校生だった娘さんはキウイとじゃが芋の判別もつかぬまま大手スーパーに勤務、しかし今は立派に店長だという。
懐かしい思い出やあれから9年の歳月のことで、酉年のお庫裏さんと20分以上も話し込んだ福住寺さんでした。


14456.丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 10番から11番へ その1 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 9時49分
Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 600 x 800, 124KB Original Size: 800 x 600, 134KB

根拠が判らぬが、ここ2週間がパンデミック(感染症の全国的・世界的な大流行をいう)防止に重要として、全ての国民に「不要不急の外出自粛や、人々が集まる催しを控えよ」との安倍総理だが、検査実績が上がらぬので判らぬだけで、手遅れ蔓延の感を思うのは私だけであろうか?
知多半島に向かう車窓から、マスクを求めて早朝からドラッグストアに並ぶ人々の列が各地で見られたが、店員曰く「コロナよりも人間が怖い」と、笑えぬ話もデス。

さてさて 本日もお遍路り続きをって思ったけど、強風の1日だそうで自宅で丁石の続きをです。
観音寺正面左に大きな札所名の石柱ですが、下に距離表示があるので丁石としてカウント「10-11・1 新四国十番札所 是ヨリ十一番へ十五丁」
右手にも「10-11・2 是ヨリ十一番へ十五丁」



14457.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 10番から11番へ その2
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 9時59分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 92KB Original Size: 800 x 600, 128KB

「10-11・3 卍十四丁」 「10-11・4 弘法大師」 「10-11・5 卍十三丁」 



14458.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 10番から11番へ その3
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 10時17分
Original Size: 800 x 600, 135KB Original Size: 800 x 600, 117KB Original Size: 800 x 599, 99KB

「10-11・6 手 弘法大師」 「10-11・7 卍十丁目」 「10-11・8 卍九丁目」



14460.Re: 丁石を訪ねて歩く「知多四国巡拝」の第二日目 10番から11番へ その4
名前:竹樋パパ    日付:2020年3月5日(木) 10時31分
Original Size: 800 x 600, 116KB Original Size: 800 x 599, 93KB Original Size: 800 x 600, 130KB

「10-11・9 手 八丁目」「10-11・10 卍四丁目」「10-11・11 卍一丁 」



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb