[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





11941.陣中見舞い 返信  引用 
名前:勝手にサポート隊    日付:2015年7月3日(金) 19時7分
Original Size: 192 x 320, 17KB Original Size: 192 x 320, 18KB

当別は午前中は太陽さんニコニコ顔でしたが、午後は半袖では寒かったです。
カメラが壊れて、携帯で撮りました。



11943.Re: 陣中見舞い
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月4日(土) 8時35分
勝手にサポート隊さま、早速に当別の様子をお知らせ頂き有難うございました。
梅雨前線が九州地方に留まっていますが、どのような影響なのか関東・東海も時折局地的豪雨となっている今年、高温多湿の日々が続いている愛知小牧です。
北海道の天気を特別に気にしている我が家ですが、ハリコの携帯画像を見て、テーブルの上を賑やかすお赤飯にお惣菜のあれこれ、勝手にサポート隊さまがご持参されたのでしょうか。

ご一報を有難うございました。
またの近況を楽しみにしております。


11947.Re: 陣中見舞い
名前:竹樋さんチのママ    日付:2015年7月4日(土) 11時33分
Original Size: 800 x 600, 158KB

オオ〜!懐かしの西川ご夫妻♪
県内に居ない、となると随分長いことお会いしていない気になります。
明日は、第一日曜で例会が行われます。
何時もたくさんのお昼を用意してくださり、私たちは楽をしていましたが明日のお昼のシートは少しばかり寂しくなりますね。
そうそう、改めて思いますが、敦子さんはサウスポーなんですよね。
写真は、春の通信使の時にお昼の用意をしてくださった時のものです。

勝手にサポート隊サマ、お元気そうなお二人様子をお知らせくださりありがとうございました(o^^o)


11938.碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのK 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月2日(木) 5時56分
Original Size: 1024 x 768, 153KB Original Size: 1024 x 768, 158KB Original Size: 1024 x 767, 157KB

皆さま オッハーさまでございます。
今週は寝不足の日々が続くかと思っていましが、錦織圭の棄権欠場が決まって熟睡の朝、愛知小牧は既に太陽が登っているけど気温19度、確実に日の出が1時間は早い北海道・当別の空や気温はどんな様子でしょうか?

さてさて レポートを仕上げます。
小沢茶屋を出て、三角形の2辺となる阿木川大橋と阿木川ダム天路を外して、阿木川湖南岸側を歩いた今回、距離も短くなるし、緑陰が続くし、噴火口から白い煙が立ち昇る御嶽山もクッキリと素晴らしい眺望です。



11939.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのL
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月2日(木) 6時20分
Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 767, 161KB Original Size: 1024 x 768, 160KB

前回下見では下から上へと、汗だくとなって20分も掛かった100m400段の階段を、足元に気を付けながら下って10分掛からず、「こうも違うか!」って体力も一切不要。
旧道に出て、西行ゆかりの水場で冷たい水で顔を洗い歩を進めますが、炎夏の当日も多くの緑陰が優しく皆さまの歩行を助けてくれると思われます。



11940.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月2日(木) 6時48分
Original Size: 1024 x 768, 159KB Original Size: 1024 x 768, 155KB Original Size: 1024 x 768, 163KB

秋を思わせるような爽やかな風が吹く中、東野の田園から眺める笠置山ですが、皆さまも写真(左ハリコ)をダブルクリックすると大きな画で見られますので、この山の稜線をじっくりとご覧下さい。
右側から、冠を頭にした穏やかな顔、そして胸元に手を組んで天を仰ぐように臥せている観音様のように見えませんか?

阿木川公園へと出て公園内で最後のトイレ休憩としましたが、小沢茶屋から6キロ1時間20分を要しました。
更に1キロ半、阿木川遊歩道を進んで、午後4時過ぎに総距離19キロを歩いて恵那駅でゴールフィニッシュとなりました。
初回下見では、恵那駅・標高300mから岩村城址・717mまで終始登り一方、平地と思って歩いていたところもチョットづつの登り道、今回はコレが全く逆で歩行負担もかなり軽減され、時間も大幅短縮となりました。

本レポートをまとめながら、コレで正式コースの最終決定をしました。
高蔵寺の森ご夫妻、岩村カッパの堀さん、そして我がママ、下見協力を有難うございました。
当日のお手伝いもよろしくお願いしますネ〜



11942.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのK
名前:岐阜の河童    日付:2015年7月3日(金) 20時42分
Original Size: 640 x 480, 82KB Original Size: 640 x 480, 81KB Original Size: 640 x 480, 83KB

コース決定したようですね。当日天候に恵まれる事を願っています。昨日、町内会議で夏祭り準備の打合せがあり、仮装行列、出し飾り、行灯など何にするか相談しました。来週から準備、毎日、出し飾りを作ります。下見ウォーキング終了後、多治見市内の炉端焼き居酒屋に行き母ちゃんにご馳走してもらいました。椎茸の塩辛焼き、アナゴの天ぷら、マグロのカマ焼き。



11944.再下見ご協力を有難うございました。
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月4日(土) 8時42分
カッパの堀さん オッハーさまでございます。
コースを逆にして、同じ道なのにこうも様子が違うのかと思うほど快適ウオークとなり、本当に再下見を実施して良かったと思いました。
本番でもお手数をお掛けしますが、ご協力をよろしくお願い申します。

ところで美味しい料理のこのお店、今度教えてもらおうかナ〜♪


11946.Re: 何といっても主婦は上げ膳、据え膳♪
名前:竹樋さんチのママ    日付:2015年7月4日(土) 11時15分
岐阜のカッパさん、コンニチは。
ドレも自宅ではなかんかできないものばかりです。
穴子の一本の天ぷら・・カマ・・味は想像できますね。
椎茸の塩辛焼き、確かに塩辛が乗っかっていいますがどんな味なのか、コレは足を運ぶしかありません。
アルコール無しでは考えられないメニューです。

11934.碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのI 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月1日(水) 7時50分
Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 161KB Original Size: 1024 x 768, 162KB

皆さま オッハーさまでございます。
昨日で水無月の6月が終わりましたが、勝手に「雨が降り続き天から水が無くなっちゃう」って六月の名前かと思っていたら、「無(な)」は助詞の「の」と同様で「水の月」、田に水を引く月という事で「水無月」だそうです。
そして7月、七夕の短冊に願いを込めて筆を取る「文月」となりました。
そうそう NO11929の真ん中ハリコの花の名前、勝手に「少女」とか「乙女」をイメージする名前と思っていたら、「ユキノシタって言うんですよ」ってメールが我がママに届きましたが、これまた「雪の下」は「雪の精」だから可愛い女の子って、勝手な自分解釈で間違いだらけのワタクシの駄文たち、半分は信じても半分は疑ってネ〜♪

家事の合間にウインブルドンを見たり自身がコートを走り回ったりしてたら、ママ掲示板やカッパの堀さんが先にその先をアップで遅れをとったワタクシレポート。
今朝は朝からテニスだから、帰ってから、必ずフィニッシュさせますネ〜
って、出来るところまで、今のウチに・・・
富田会館を12:50分に出て、富田地区から旧道に入り「虹の中橋」を渡って、メディックさんも心配してくれているけど今でも雑草に覆われた阿木川ダムに消えかけた旧道を追います。(ホンの10mほどだけどね)



11936.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月1日(水) 8時6分
Original Size: 1024 x 769, 161KB Original Size: 1024 x 768, 159KB Original Size: 1024 x 768, 151KB

富田会館を出て次のトイレ休憩となるドライブイン「小沢茶屋」へと6キロ弱ながら下り一方の道々に1時間チョイで到着、阿木川ダムの湖面が広がるロケーションも楽しめます。
そうそう、最初はショート組は「岩村城址を外して富田会館で合流、以降は一緒に!」って思っていたけど、カッパの堀さんがカキコの通り、下見参加者の総意で「岩村城址に一緒に行き、富田会館で別れて岩村に戻る10キロと致します。
そうしないとロングとショートの差が少なくなっちゃうからネ〜


11932.下見同行 返信  引用 
名前:岐阜の河童    日付:2015年6月30日(火) 21時3分
Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 640 x 480, 81KB Original Size: 640 x 480, 78KB

 再度下見ご苦労様でした。逆コースは楽々でしたね。岩村城下町を散策希望者の方は昼食後散策し岩村駅から乗車し恵那駅へ。今後コースリーダーが色々検討し本番に備えて下さい。



11933.Re: 下見同行
名前:竹樋さんチのママ    日付:2015年6月30日(火) 22時32分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 792 x 800, 160KB

岐阜の河童さん、コンバンは。
気持ち良さそうな風の吹いてる画像のハリコありがとうございます。
2度に渡りお世話になりましたm( __ __ )m
当日もお願いをする事が多々ありそうです。
どうぞよろしくお願いいたします。

当日もあんまり暑くならないといいのですが・・・。



11937.Re: 下見同行
名前:竹樋パパ    日付:2015年7月1日(水) 8時8分
カッパの堀さん オッハーさまでございます。

2度に渡る下見ご協力を有難うございました。
当日もショートコースの案内をお願いしますので、よろしくお願いしますネ〜

11927.碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのD 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月30日(火) 9時32分
Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 163KB

皆さま オッハーさまでございます。
昨夜、イヤイヤ夜中の2時半まで目を凝らして見ていた錦織圭のウインブルドン・フルセット勝ち、流石に早い時間には起きられず今から始めるレポートの続きです。

さてさて 岩村駅から緩やかな登り道の町並みを1.5キロほどを歩いて、岩村城・太鼓楼から登城口へとですが、更に1キロの石畳を登って頂上本丸城址へと駅から2.5キロです。
途中・途中に山頂への残距離表示もあり、しっかりとした石畳の石を一歩一歩踏み締めて体重を次の石へと持ち上げる。
飲んだ水が汗となって吹き出し、荒く乱れた呼吸が体内の空気を否応なく全取っ替えする、でも高い木立が太陽を遮ってくれ、木立の中を吹き通る風が流れる汗を拭う、家に居ては味わえぬこの心地良さはなんだろうか。



11928.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月30日(火) 9時56分
Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 1024 x 768, 158KB

頼朝の家臣・加藤景康築城の1185年から今まで830年、鎌倉時代から戦国・江戸期を経て明治政府の廃城令による解城、そして現在に至るまで長い歴史を持つ岩村城ですが、物言わぬ石垣たちが我々に往時を語ってくれます。
駅から山頂まで2.5キロ50分、数日前の暴風雨のお陰か遠くの山並みの稜線も見事にクッキリ、登り甲斐のある標高717m、でも岩村駅が既に500m超の場所ですので200mほどの登りでアリマした。



11929.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月30日(火) 10時11分
Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 767, 160KB Original Size: 1024 x 768, 162KB

前回下見では恵那駅から延々と登り坂が続きましたが、今回はその逆となり楽々のスタスタで、途中では野苺を口に入れたり路端の花を眺めたりもです。
ところで皆さま、真ん中ハリコのこの花の名前をご存知でしょうか?
以前に「少女」とか「乙女」に似たような名前を教えてもらった記憶が有るけど・・・これってなんだっけ??



11930.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月30日(火) 10時29分
Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 154KB Original Size: 1024 x 768, 158KB

登城坂を登って裏山から林道を下山するコースでしたが、日本百名城に選ばれ三大山城の一つともなっているという岩村城址は遠来ナンバーの車が何台も、夏休み最終となる本番日も広がって歩かぬよう注意が必要なようです。
下山して向かうは富田地区へとですが、本日も昼食は「茅の宿とみだ」を利用させて頂きましたが、ご参加の皆さまにもリュックを軽くして来て頂き、地元食材を使った美味しい田舎料理を味わって欲しいものです。
コース本番では、近くの富田会館(スタートから6km)を借用して昼食休憩(12:00〜12:50)と致します。



11931.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月30日(火) 10時47分
Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 154KB Original Size: 1024 x 768, 158KB

その富田会館がコチラですが、雨の場合も予想して堀さんを通して地元世話役の吉村さんに和室2部屋を1時間お借りするお願いをしました。
そして午後スタートの富田地区ですが、何気なく前回下見では平らだと思って歩いていた道々のほとんどが前下がり、どんどんと歩がアップする森宴会部長のその先には明知鉄道の可愛い車両です。


11923.碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月29日(月) 6時59分
Original Size: 1024 x 764, 161KB Original Size: 1024 x 768, 156KB Original Size: 1024 x 768, 160KB

皆さま オッハーさまでございます。

6月最終週末となる6/28(日曜)は、梅雨末期の大雨かと思いきゃ「あにはからんや」秋を思わせるような乾いた涼風の一日となり、絶好のウオーク日和となりましたが、表記の通り出掛けた東濃へとです。
ところで「意外にも」って意味で使うこの「あにはからんや」、正しくは「豈図らんや」と漢字で書く、ワタクシは若い頃に耳から先に聞いたこの「あにはからんや」を「兄謀らんや」と勝手に思い、「兄弟といえども、予想し得ぬ事が起きる・・・意外なり」って自己解釈をしていました。

さてさて 2週間前に出掛けたレポートに重なるような本掲示板ですが、スタートの恵那駅標高300mから岩村城址717mまで400m以上の標高差、距離に対して掛かる歩行時間や疲労度を体感して、8月最終週といえどもまだ真夏、更に厳しさが有るであろう事を推測して逆コースを歩いてみる事にした本日です。
しかも例会実施日と同様の行動をしようと、JR中央線・恵那着(9:20)の電車に乗りましたが、恵那駅に着いて腕時計を見ると26分、乗換えの明知鉄道は9:28分発の為、焦って走った恵那駅内ホームだったけど、明知鉄道の駅員に聞くと「待っていてあげるから大丈夫・大丈夫〜」って言われ、正規にJR恵那駅をマナカカードで出て、明知鉄道・恵那駅側へ移動して切符(岩村行き480円)を買ってワッサカサ。
飛び乗った可愛いコレですが、車内は座席満杯のお客様たち。
お聞きすると、途中駅である「極楽」行きの今時には珍しい硬券切符を手に持った、岡山からのツアーだそうで、「あしたもいい日になりますように」って手を合わせて立つ地蔵様が迎える極楽駅で大勢が下車。



11924.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月29日(月) 7時16分
Original Size: 1024 x 768, 159KB Original Size: 1024 x 767, 160KB Original Size: 1024 x 768, 153KB

我々は極楽のそのひとつ先「岩村駅」に9:58着でしたが、前回同様高蔵寺の森ご夫妻と岩村在住の堀さんが本日下見メンバーです。
そして真ん中の法被のお爺ちゃん、偶然に堀さんと会話となり堀さんのお父さんと親しい方だった事を知った今だそうだけど、実はパパママは2回目の出会いで、堀さんより先に知っていた大工の爺ちゃん。
若い頃に我が家の近く、小牧下末で家を建てたことも有ったという会話をした、この4月のパパママなのでした。

さあぁ駅前をスタートですが、来る度に見知った方々が増える岩村、和菓子の「両楽」やうどんの「みつば」、我がママが「なかなかお店に寄られなくて」って言ったら「岩村に来てくれるだけで嬉しいワ」って町が、訪れる人々を笑顔で迎えてくれます。



11925.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月29日(月) 7時44分
Original Size: 1024 x 768, 153KB Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 155KB

駅を出て岩村町内を真っ直ぐに抜け向かう岩村城址へとですが、10時を過ぎたばかりながらも朝から大勢散策の観光客が。
ガイド嬢も1オクターブ高い声を張り上げて、「あっちは女城主の酒蔵よ」「こっちはカステラの松浦軒よ」って、「オイオイ、一緒について行くじゃナイ」って岩村醸造に入ろうとする森宴会部長や我がママへ声を荒げるワタクシなのデス。
ちょっと目を離すと困ったもんじゃ。。。



11926.Re: 碧海幡豆ウ協「岩村〜恵那・旧道ウオーク」の再下見に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月29日(月) 7時55分
Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 158KB Original Size: 1024 x 768, 147KB

でも、ジックリと眺める街並みについつい足が止まるあれこれ、森ご夫妻が眺めるそれをアップでみな様にも紹介ですが、野に咲く自然を切り取って飾る一般家庭の玄関前なのです。
  
なんども何度も紹介ながら、一斎語録の最高峰かと思えて自身の胸に常に繰り返す一文、「青天白日は 常に我に在り」を再度皆さまに。。。ココの竹筒にも小紫陽花の花が。


11914.碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのI 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月17日(水) 7時29分
Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 768, 166KB

皆さま オッハーさまでございます。
梅雨の真っ只中、厚い曇り空が広がる愛知小牧の今朝ですが、日中の温度上昇にこれが蓋となって高温多湿となる連日、蒸し蒸しの中でテニスコートを走り回り、汗だくとなって2リットルの麦茶を空っぽにして帰る日々のワタクシです。

さてさて レポートの続きですが、旧暦の端午の節句となる6/20まで鯉のぼりを飾って地域の子供たちの成長を祝うという富田地区だそうですが、カッパの堀さんを介してこのイベントに居られた地区役員の方に、当日の昼食場所やトイレ借用のため「富田会館」利用の仮予約をお願させて頂きました。
そしてランチを始めた「茅の宿とみだ」の室内で、朴葉寿司の昼食を頂き(そのランチ写真はmorimamaのブログをご覧下さい)再スタートが12時45分でしたが、前の田んぼの中には石田さんらが立てたという100匹の泳ぐ鯉のぼりたちです。



11915.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月17日(水) 8時37分
Original Size: 1024 x 768, 168KB Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 768, 164KB

鯉のぼりが泳ぐ富田地区を出て岩村城址へと裏山側からですが、標高差は頂上城址717mまで約200mで、途中で息継ぎをしながら3キロほどを丁度1時間でした。
ワタクシのここ半年ほどを振り返っても、テレサと登った10月、メモリアルウオークの11月、岐阜例会の4月、そして今回となんと4回にもなる本コース。



11916.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのK
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月17日(水) 8時58分
Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 169KB Original Size: 1024 x 768, 167KB

森ママはフーフーで「1回経験したらもう十分」って仰っていましたが、鎌倉期の源氏家臣・加藤景廉によって築城以来、明治政府の廃城令による明治6年の解城まで約700年。
山中に延々と今も整った形で残る苔生す石垣たちを眺めて、登って見るに値する岩村城の物言わぬ遺構たちなのです。



11917.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのL
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月17日(水) 9時10分
Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 1024 x 768, 168KB Original Size: 1024 x 768, 163KB

下山後はカッパの堀さんに教えて頂き、個人が7年掛かりでここまで育てたという、今が一番の見頃だという花菖蒲園へとですが、それはそれは見事にきれいで地元では前日のテレビでも紹介が有ったそうです。
例会本番では見ることが出来ず残念ですが、まだまだ蕾もたくさんだった5/14(日曜)。
多くの拝観者でしたが、まだ1週間以上はこの状態とのことで、近くの方は足を伸ばされては如何でしょうか。



11918.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月17日(水) 10時20分
Original Size: 1024 x 768, 161KB Original Size: 1024 x 768, 154KB Original Size: 1024 x 768, 166KB

岩村町内に戻って堀さんの万歩計によるとちょうど20キロ、時刻は2時半となっていました。
なんの行事も無い本日ながら、関西からや豊橋からのミステリーバスツアーの人たちなどと大勢の観光客で賑わう町内で、中山道の宿場町にも似た城下町の岩村。
時代が停止したかのような風情の中、町全体が歴史のアートのようで、酒蔵有り・カステラ屋有り・漬物屋有り・かんから餅屋有り、電車の時間も気にせずに飲んで食べて眺めて気が付くと3時半。
カッパの堀さんに恵那駅まで送って頂き帰路となった下見ウオークでアリマした。

本番実施日は8月30日(日曜)
行きの交通 JR中央線 名古屋(8:16)→金山(8:20)→恵那(9:20)

※三河方面からは、JR東海道線で青春18切符又は青空フリー切符を使用して、金山駅で乗換え
 もしくは名鉄金山駅からJR中央線に乗換え


下見は朝8時にスタートでしたが、本番当日時間を想定して、コース詳細を今から考えたいと思います。
でわでわ これにてネ〜



11919.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのI
名前:諏訪のアリババ    日付:2015年6月18日(木) 16時56分
お馴染みの岩村・・・いつ見ても素晴らしいエリアですね!飯田W以来ですが、テニス三昧ですか!カッパの堀さんも加わって楽しめたと思います。朝鮮通信使の写真、孫・張さん夫妻に渡しておきました。(このHPからのもの)ところで、この関連の放送が22日(月)NHKBS1で朝7時〜50分まで、Nキャッチであるようです。それでは、また次の機会にね〜・・


11920.遠藤さんは生出演だってヨ〜♪
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月19日(金) 6時32分
Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 160KB

諏訪のアリババさん オッハーさまでございます。

テレビ放送の件は、金井さんからもメールで情報を頂き、月曜を待っているところです。
しかも、遠藤さんが生出演だとの情報も追伸で頂きました。
日韓国交回復から50周年の今年、どのような視点から「朝鮮通信使友情ウオーク」の10年を捉えるのか、楽しみにしています。

写真ハリコは垂井から一宮レポートで未使用のものです。
左ハリコは金井カメラマンと我がママ、真ん中ハリコは私が撮った(NO11845を参照)遠藤さんと押川さんのヒゲ二色を見て、柳田さんもカメラを向けた一枚、そして一宮ゴールを迎えてくれたヒゲ無しのアリババさんとの再会デス。
あれから40日ほど、遠い昔に感じるのはワタクシだけでしょうか。。。   

でわでわ 今度は一宮かな? また何処かで ネ〜♪



11921.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのI
名前:通行人その1    日付:2015年6月20日(土) 1時37分
岩村といえばもう二十数年前毎週のように通ってました。
建設中の阿木川ダムを毎週のように見ていました。
阿木川ダムが完成し貯水を始める前に湖底コンサートもありました。

うちの別荘が中津川にありまして子どもが小さい頃は春から秋の週末は別荘暮らしでした。
カブトムシやクワガタムシもブンブン飛んで来ました。
今では春に水道の開栓、秋に水道管の水落としに行くくらいですが・・・。

8月30日は楽しみにしてます。
http://harasoft.web2.jp/


11922.へえぇ〜 中津川に別荘ってイイな〜♪
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月20日(土) 7時35分
Original Size: 1024 x 768, 152KB Original Size: 1024 x 768, 152KB Original Size: 1024 x 768, 153KB

通行人その1さん オッハーさまでございます。

岩村の堀さんとのご縁もあって、第二のふる里のような東濃地域、何処に行っても素晴らしい自然と景観に溢れています。
でもワタクシがこの地を知った時は、既に満水の阿木川湖でアリマした。
ゴール後に寄った女城主の岩村醸造は、試飲の大行列でしたが、旨かったデス。

岩村出生の佐藤一斎語録が飾られる町内ですが、その一文を紹介です。

             人は冨貴に於いては 即ち其の志を溺らし
                            貧賎に於いては 即ち其の志を堅うす

冨貴を酩酊と読み替え、貧賎を素面(しらふ)と読み替えて、なるほどと納得をするワタクシでアリマした。
でわでわ 当日をお楽しみに。    


11910.碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのE 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月16日(火) 7時4分
Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 157KB Original Size: 1024 x 768, 158KB

皆さま オッハーさまでございます。

好むと好まざるとに関わらず痛ましい事件事故がニュースに上る毎日、しかしどのチャンネルも朝夕のニュースがバラエティ番組と間違えるかのような内容になって久しく、真剣に見ているこちらがアホらしいほど。
地域の様々な事件事故が、その後の経過を含めて事細かに報道されていたあの姿勢がなぜに消えたのか、ニュース番組を見ながら苦々しく思っているのはオレだけだろうか。。。

一歳に満たぬ幼児の命が消えたという前日、その若い母親は今も未発見で捜索中という話に言葉もない我がママでしたが、ワタクシもカメラを控えて警察・消防方々の捜査の様子を見ながら渡った三本の橋の先は、トイレ完備の道の駅のような「小沢茶屋」へとスタートから2時間10分、7.5キロで到着なのデス。



11911.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月16日(火) 7時46分
Original Size: 1024 x 767, 160KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 162KB

ダムが出来て湖水に消えた恵那から岩村の旧道が、新しくなった県道257線小沢山トンネルの手前で名残となって現れる。
現在は車も通れぬ道ながら、雑草に覆われた道をかき分け阿木川湖に注ぐ岩村川を吊り橋で渡ってつながる旧道へ。
何度か歩く中で教えてもらったけど、岩が崩れてタクシーが岩村川に押し流されて運転手が亡くなったという場所があり、その後はその場所で夜中にタクシーに乗った女性が、運転手が振り返るとシートが濡れて消えてしまったというホントのような話に転じて、週刊誌を賑わせたこともあるとか。
本番ウオークでもミンナに紹介しようと思うけど、暑気払いとなりますでしょうか?!



11912.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月16日(火) 8時17分
Original Size: 1024 x 768, 155KB Original Size: 1024 x 769, 160KB Original Size: 1024 x 768, 156KB

日本一の農村景観風景と評される岩村富田地区へと入りましたが、周辺地域から比べるとやや遅い昭和40年頃に「ほ場整備」されたという富田地区、基本の長さを100mとして10mで仕切ったらそれは一反・10アールとなる。
これは田んぼの管理をされていた農家の方に教えてもらったのですが、この方の農地は一枚が100m×36mのものも有り3.6反と地区の中でも広いほうで、その寸法の違いは傾斜する土地の勾配によるもので、急傾斜は仕切り寸法が細かく一枚が小さくなり、緩やかな傾斜地や平らな所は広い田んぼなんだと。
そして八十八回の手間を掛けて育てるという米作も機械化がどんどんと進み、苗を植える時に同時に肥料も与えるそうで、機械の出入口部分は今も手植えのため肥料も「手で与えていたところだ」って教えて頂きました。
アザミが咲く田んぼ道を歩きながら、日々是勉強でげすナ〜。。。



11913.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月16日(火) 9時1分
Original Size: 1024 x 769, 157KB Original Size: 1024 x 768, 161KB Original Size: 1024 x 768, 164KB

恵那駅を出て4時間、小沢茶屋のトイレ休憩から1時間半ほど、本日は「NO11901スレッド」に書き込みをして頂いた石田さんから教えてもらって着いた「茅の宿とみだ」へと、恵那駅からほぼ4時間、13キロで12時ピッタンコでありました。
本日は地区の鯉のぼりイベントをやっているとお聞きしましたが、庭では金魚ならぬ「鯉すくい」や「鯉のぼりのお絵かき」や五平餅の昼食なども。
10年前に笠置山ウオーキングを紹介して頂いて親しくなった石田さんと超久々の再会でしたが、何年振りだったでしょうか。
ご縁がいっぱいの、東濃地域とパパママです。


11908.下見ウォーク 返信  引用 
名前:岐阜の河童    日付:2015年6月15日(月) 22時6分
Original Size: 640 x 480, 77KB Original Size: 640 x 480, 77KB Original Size: 640 x 480, 81KB

  昨日は、お疲れ様でした。下見を参考にコース設定お願いします。



11909.Re: 下見ウォーク
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月16日(火) 6時15分
カッパの堀さん オッハーさまでございます。

こちらこそご協力を頂き有難うございました。
実施日はまだまだ真夏の残暑厳しい8/30(日曜)ですので、今現在もコース設定に悩みながら、掲示板でのウオークレポートをまとめて最終案をどうするか決めたいと思っています。
何の行事もないあの日なのに、何台もの観光バスで町が大賑わいの岩村を眺めて、我が事のように嬉しい気持ちでいっぱいになったのはナゼだろうか!
ミステリーツアーの方々で売り切れ、かんから屋の餅を危うく食べ損なうところがギリギリセーフで、でも明知鉄道に間に合わず恵那駅まで送って頂き有難うございました。
何時行ってもお世話になりっぱなし、今度は夏祭りかな? また次回も甘えますネ〜♪

11903.碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月15日(月) 6時26分
Original Size: 1024 x 768, 155KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 162KB

皆さま オッハーさまでございます。
朝は四時を前に夜が明け午後7時半になって街灯が灯る愛知小牧の6月半ば、あと1週間で夏至を迎えますが、太陽や月が巡る季節と共に人生を過ごし生きる我々です。

さてさて 昨日6/14(日曜)は碧海幡豆ウ協が8月の第五日曜日となる30日に実施予定の「恵那-岩村旧道ウオーク(阿木川ダムを通って)」の下見ウオークに行って参りました。
メンバーは左ハリコの通り、カメラマンのワタクシと我がママ、岩村のカッパの堀さん、そして高蔵寺の森ご夫妻、総勢5名です。
本日の予定は阿木川を上流へと登って、阿木川ダムから岩村富田地区へと進み、裏山から岩村城址に登り、下って岩村駅への距離は20キロ。
堀さんの岩村からの電車都合もあって集合が8時前でしたが、トイレなども済ませて早速に中山道を横切るように阿木川沿いの堤防下遊歩道へとです。
後ろには2週間前に登った我が家のナンジャモンジヤ君も立つ笠置山が見えますが、阿木川公園の飛び石を使って対岸へとだけど、場所によっては置き石の距離と強い水流にちょっと怖いところも、でも子供に返ってピョンピョンなのデス。



11904.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月15日(月) 6時40分
Original Size: 1024 x 768, 161KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 770, 160KB

中洲を挟んで二ヶ所の飛び石を無事に渡ったけど、人生の様々を知って危険予知が出来る大人ほど「オッカナ・ビックリ」のヘッピリ腰となり、竦む足が上手に飛べぬ不安を更に増させる。
進んだ先は東野地区の早苗が植わる田園地帯へとですが、足を止めて見入る水路にアマガエルの子どもがワンサカ、オタマジャクシから一斉に成長したのだろうか、千の単位で有ろうかと思う二センチに満たぬ赤ちゃんカエルが延々の水路沿い、これは農薬の害のない証で、森宴会部長は手に乗せて子供のようでした。



11905.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月15日(月) 7時0分
Original Size: 1024 x 768, 159KB Original Size: 1024 x 768, 158KB Original Size: 1024 x 768, 164KB

この時期特有の風景ですが、早苗が植わる鏡のような田んぼに空や周囲の風景が写り、その上を渡る吹く風が涼風となって、歩く我々の汗を拭う。
村の境界には石塔が置かれており、出る旅人の無事を祈り、通る旅人の安全や魔物の出入りを見張るという。
子供の頃によく見た記憶がありますが、欄干の低いコンクリートの橋は何年頃に作られたものであろうか、大井宿と岩村を結ぶ旧道に今も残る風景を、現代のウオーカーにも味わって貰いたい。



11906.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月15日(月) 7時53分
Original Size: 1024 x 768, 161KB Original Size: 1024 x 768, 161KB Original Size: 1024 x 768, 163KB

阿木川ダムの完成が今から25年前、その大事業が中津川と恵那の市境であったこの地域に生活をしていた人々の家や土地、そして旧道をも呑み込んでの現在だそうですが、以前は堀さんも車を止めて喉を潤したという旧道沿いの「西行ゆかりの水」という湧水場へと到着がスタートから1時間10分、トイレはないけど暫しの休憩となり、実施日となる8/30(日)には喉を潤しタオルを濡らして顔を洗う事も出来ますでしようか。
さあぁ、ホッとしたのもつかの間、高低ほぼ100mを延々と続く四百段ほどの階段を登ってダム天路を目指しますが、体中の水分が抜けてしまうのではと思うほどの発汗と、喘ぎ乱れる呼吸です。



11907.Re: 碧海幡豆ウ協「恵那-岩村旧道ウオーク」の下見に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月15日(月) 8時13分
Original Size: 1024 x 766, 162KB Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 768, 141KB

大きな石を勾配にひき詰めてダム湖の水圧に耐えるというロックフィル構造の阿木川ダム、登り切って眺める阿木川湖ですが、悲しいことに前日、生後四ヶ月という赤ちゃんの水死体が上がり、持ち主と思われる残された車内の遺書から母親も入水した可能性が有るとのことで、大勢の警察消防の方々が陸上・水上にでした。
ダム横のダム防災資料館に到着が、スタートから1時間35分後、6キロを歩いて初めてとなるトイレ休憩となりました。


11897.平成27年度「笠置山なんじゃもんじゃウォーキング」に参加の一歩たち そのL 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月6日(土) 7時17分
Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 154KB Original Size: 1024 x 768, 154KB

皆さま オッハーさまでございます。
昨日は強い雨が降り続いた愛知小牧でしたが、日の出とともに上がった雨で陽も射して来た現在、長良川ツーデーや堺に金沢など近県でも多くのウオーキングイベントの週末、上手に梅雨空を避けて開催されるようです。
我が家も行く気満々だったけど、孫たちの授業参観の本日、娘から「今だけなんだから見に来てね」って言われたら、行かぬ訳には参りませぬ。。。

さてさて そんな事で残っていたレポートをササッと。
食後の下山は物見岩から望郷の森コースへとですが、身軽なチビ達どんどんと急傾斜を走り降り、我々大人はと言いますと重い体重に膝を傷めぬよう一歩一歩。
着いた「物見岩」の上でもはしゃぐチビたちにハラハラドキドキ、だってこの岩場の下はそのまま20m近い垂直の壁になっているのです。
大人は声を荒げて注意だけど、「サビオを持っているから大丈夫」ってガキ、落ちたらそんなものでは済まぬ絶壁ながら、見渡す先には恵那山やロックフィルの阿木川ダム、下に蛇行の木曽川や恵那市内も一望です。



11898.Re: 平成27年度「笠置山なんじゃもんじゃウォーキング」に参加の一歩たち そのM
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月6日(土) 7時30分
Original Size: 1024 x 768, 152KB Original Size: 1024 x 767, 159KB Original Size: 1024 x 769, 146KB

大自然の中に咲く可愛い草花が足元のアチコチにですが、ピンクが可愛いアザミ、真っ白いのは白いカーテンを被って遊ぶ子供の様子が元なのか幽霊草とも呼ばれるというギンリョウソウ、右ハリコは紫陽花の原種に近いという紫小アジサイだそうです。
そしてもちろん写真はナイけど、アカハラやマムシや2mの青大将と、ワタクシが一人では絶対に来られぬ細長い生き物たちとも出会う、笠置山の自然を満喫です。



11900.Re: 平成27年度「笠置山なんじゃもんじゃウォーキング」に参加の一歩たち その下山
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月6日(土) 7時47分
Original Size: 1024 x 767, 160KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 161KB

パパママのナンジャモンジャ君の立つ高根駐車場から登って来た登山道を下山するコース、足掛け10年目、勝手知ったる道々となり、自力で下山の孫たちに新たな一年の成長を感じながら笠置コミ二ティセンターに戻ることが出来ました。
我々が最後のゴール者だったようですが、時計を見ると午後4時、お待ち頂いたスタッフの皆様にお礼を言って、撮った一枚はMEIちゃんがパチリ。
企画運営の恵那観光協会笠置支部や地域の方々のお陰で、我が家の恒例行事を無事に終えることが出来て、スタッフの皆さま、本当にお世話になり有難うございました。

でわでわ コレにて ネ〜



11901.Re: 平成27年度「笠置山なんじゃもんじゃウォーキング」に参加の一歩たち そのL
名前:えなし 石田    日付:2015年6月7日(日) 21時54分
Original Size: 400 x 240, 58KB Original Size: 400 x 240, 53KB

パパママお久しぶりです。
恵那市の石田です。
10周年おめでとうございます。
ついこの間のような気がしましたが、もう10年経つんですね!
市木のひとつばたごも、パパママを祝って咲いてくれたんだと思います。
これからも元気で、20年、30年と続けて参加してくださいね。
私、恵那市岩村町富田に在住で、この富田地区は農村景観日本一
の地域として有名です。
今年地元の若者で、こいのぼり100匹を揚げました。
6月20日(旧暦の端午の節句)まで農村景観日本一地区内にある茅の宿とみだ前に揚っているので時間がありましたら、見に来てください。
また6月14日日曜日には、同じ場所で鯉のぼりイベントを開催しますので
よかったら来てください。



11902.偶然か、はたまた必然か!
名前:竹樋パパ    日付:2015年6月9日(火) 6時37分
石田さん オッハーさまでございます。
ちょうどその日、6/14(日)は、ウオーキングのコース下見として富田も通る予定にしています。
当日は朝恵那市駅前を出発して、阿木川ダムを上がって旧道に入り、富田から岩村城址へ向かう予定です。
鯉のぼりイベントの日と重なる事は意図していませんでしたが、石田さんのお顔を見られることも楽しみにしていますので、初出会いから足掛け10年目となる再会を期待します。
でわでわ 日曜日に ネ〜


ページ: |< << 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb