[ 携帯用URL ]
新 竹樋パパママのウオーキング日記
 
パパママが1998年にウオーキングというものを始めてから幾星霜
以降2004年にホームページを開設して記録発信をするも力量不足で途中頓挫。
残した本掲示板を新たな情報源として、2019年以降のウオーキング記録を発信して参ります。
拙い内容になろうと思いますがよろしくお付き合いをお願い申します。
尚、過去にホームページ上に発信の旧データは保管していますので、閲覧ご要望には応えられます。
懐かしい思い出記録をお届け出来ますよ。 2018年12月19日 竹樋パパ 記

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





14175.第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 10時27分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 138KB Original Size: 800 x 600, 146KB

皆さま オッハーさまでございます。
近年の気候変動ですが、明日は名古屋市内に住む孫の運動会、残暑厳しい9月末開催だったものを、涼を求めて5月末開催に変更したけど、変わらぬ厳しい暑さに、初めて昼食休憩の無い半日スケジュールとなった今年から(市内2/3の小学校が半日開催に変更)だそうです。
お陰で母親は早朝に起きる苦心のお弁当作りから解放、親も子も喜ぶ今年からだそうですが、明日が楽しみのジジババでアリマす。

さてさて 遅くなったけど5/19(日曜日)レポートの開始です。
参加景品で頂いた海南市内「きのくに温泉」入浴割引券を利用した前夜でしたが、スッキリと目覚めて会場入り、昨日は気が付かなかった福岡の難波ご夫妻や兵庫の中西さんと山ちゃん(左ハリコ)と出会い、これまた初日に気付かなかった札幌の照井さんや平井さん(右ハリコ)とも記念のパチリなのデス。



14176.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 10時44分
Original Size: 800 x 599, 162KB Original Size: 800 x 599, 159KB Original Size: 800 x 599, 154KB

2日目出発式では近畿マーチングリーグやオールジャパンの表彰式も有り、2021年にアジア初しかも関西エリアで開催だという「生涯スポーツ国際大会」のマスコット「スフラ」も登壇です。
京都ツーデーにも来ていて「ピンクのキツネではなくて、桜の妖精なんです」ってギャグを持ちネタにして、当会場内でも参加者を笑わせていたけど、全員で「檄」もしてスタートとなった9時前です。



14177.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 10時55分
Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 599, 150KB

体育館内会場から野外へとですが、昨日に続いて亀川中学・吹奏楽部の子供たちが力強く演奏する、あるこう! 歩こ〜 わたしは元気〜♪と、一緒に歌える「となりのトトロ」の挿入歌「散歩」に送られて、本日はどんな接待でしょうか?
イヤイヤ、どんな道でしょうか(^^;)



14178.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 11時8分
Original Size: 800 x 599, 159KB Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 599, 148KB

昨日と逆方向へと進む2日目ですが、軽便鉄道廃線跡も和歌山市方面に向かって最初は亀池公園でのお接待、各種ジュースやお茶とコーヒーは冷温希望に自在に対応、「キャンディなどもポケットに」って、正に愛情満載のオモテナシです。



14179.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 11時29分
Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 599, 149KB Original Size: 800 x 600, 153KB

どのような方々がこのウオーク大会を計画したのか、歩く道々に参加者の安全を守る方々が居て、海南各地の自治会や婦人会の皆さまによる地域を挙げての歓迎とお接待、今度は亀の川を上流へと進んだ南野上公民館へとやって来ました。



14181.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 11時43分
Original Size: 800 x 599, 162KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 599, 150KB

女性会の方々の手作りなのか、見た目は白いだけだけどヤマモモのシロップが掛かったかき氷を頂き、キーンとした頭を和らげるため、まだ温かみの残る「特製柿入り餅」をパクリ。
これが柔らかくて風味も美味しく、頭の痛みも口の中の冷たさも解消、同歩だった愛知豊田の涼風清歩さん同様に「どうぞお代わりを」って声に甘えて、2杯目のかき氷もペロリと頂き、感謝の極みなのデス。



14182.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 11時48分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 599, 151KB

小一時間も歩かぬうちに次々と出会う笑顔たちですが、17キロと25キロ組の分岐を経て、今度は大勢の子供たちが我々を迎えてくれます。
そして手渡してくれた可愛い団扇のプレゼント、可愛い笑顔のその製造主たちと記念のパチリもデス。



14183.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 12時1分
Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 599, 140KB Original Size: 800 x 599, 140KB

案内をしてくれた地図検印の中野上公民館では、「休んで行って下さい」って子供たちに誘われて足を止めて一服ですが、今度はお味噌汁のお接待です。
曇り空に助けられている本日ながらも、汗ばむコース上に足を止めて頂く味噌汁の美味しいこと、この上無し、絶妙なタイミングで塩分補給をさせて頂きました。
こちらでも子供たちとお礼のパチリですが、感謝以外のなにもなしデス。



14184.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 12時11分
Original Size: 800 x 599, 153KB Original Size: 800 x 599, 149KB Original Size: 800 x 600, 152KB

中野上公民館を出て直ぐに25キロ組と再合流の17キロコースでしたが、更に進んだ先では反対側から来る大勢の子供たちやその親たち。
聞くと、11キロ組や6キロコースに参加のチビっ子たちだとの事で、対向する大行列のスピードは、トトロの挿入歌のように「散歩」なのです。



14185.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 12時22分
Original Size: 800 x 599, 146KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 599, 150KB

全コースの参加者が通るJA海南営農生活センターでは生ジュースのお接待、どっかりと休憩をするちびっ子たちで大賑わい、パパママも冷たい濃厚オレンジジュースを頂いて歩を進めましたが、続々とJA海南に向かう子らです。
この大行列にどれほどのオレンジが用意されているのか、ママは「冷たいオレンジジュースが待っているわヨ〜」って子供たちに声援だけど、既にゴールに向かう子らとも一緒になりました。



14186.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」2日目に参加の一歩たち その完
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 12時32分
Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 599, 145KB Original Size: 800 x 599, 142KB

9時前にスタートをして17キロを完歩、ゴールしたのが12時過ぎでしたが、途中で追い抜かれた板坂さんとゴール記念のパチリだけど、オールジャパン和歌山県印をゲットした二日間でした。
パパママは初参加でしたが、回を重ねる毎に参加者が増えるという本大会、皆さまも本レポートを見て理由はお判りでしょうが、全コース上をどれほどの方々が歓迎の対応をして頂けたことやら、感謝などという言葉では足りぬ両日なのでした。

ではでは これにてネ〜


14173.(untitled) 返信  引用 
名前:でこ    日付:2019年5月23日(木) 9時32分
お疲れさまでした。毎回、熊野古道のアツプダウンに苦戦しながら、おもてなしを堪能し楽しく歩いてた海南です。近畿マ−チングのパスポ−トも和歌山は5回押印が終わり昨年今年と一人で三方五湖に参加しました。今年は前泊し40kのおにぎり葛饅頭etc.楽しみました。東京の黒木さんたちも一緒でした。今年の三方は強風追い風向かい風に悩まされ大変でした。6月は夫婦でにいがた湊まち歴史ウオ−クに参加予定です。またどこかでお会いできるの楽しみにしています。



14174.Re: 足跡を残して頂き感謝デス!
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月24日(金) 9時54分
デコさん オッハーさまでございます。

お返事が遅れましたが、デコさんのブログを拝見して三方五湖の様子を知りました。
初参加の「きのくに海南」でしたが、同歩となったデコさんのご主人から道のことやお接待の様子などをリサーチ、お蔭で楽しんで歩けた2日間となりました。
次回は新潟でご一緒出来ますでしょうか?

ではでは ネ〜

14156.第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 9時18分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 599, 147KB

皆さま オッハーさまでございます。
串本から尾鷲の紀伊半島海岸風景を眺めながら、一斉工事により日中全面通行止めの紀勢道を諦めて国道42号線で帰宅した5/20(月曜)夕刻でしたが、昨日は過ぎ去った未明の大嵐も収まって一過の晴天、汚れたマイカーの洗車や旅行中の衣類の洗濯に忙しかった昨日です。
そして最高気温が30度超の真夏日になるかもという愛知小牧の今朝、お布団も干して主夫業も一段落、レポートを開始デス。

5/18(土曜日)は表記ウオークへと初参加ですが、京都のデコさんのご主人や愛知の熊沢君(真ん中ハリコ)と出会え、埼玉の鈴木ご夫妻(右ハリコ)ともお会い出来ました。



14157.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 9時25分
Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 599, 143KB Original Size: 800 x 600, 152KB

体育館の中だという受付を済ませましたが、館内では札幌の平井さん(左ハリコ)や、パパママ同様に△帽子の長野の石井ご夫妻(真ん中ハリコ)、更には青森の下斗米さんと一週間前に朝鮮通信使友情ウオークを一緒に歩いた静岡の渡辺さん(右ハリコ)とも出会えました。



14160.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 9時53分
Original Size: 800 x 599, 144KB Original Size: 800 x 599, 141KB Original Size: 800 x 599, 150KB

パパママは初参加でしたが、周りを見ると見知った顔も大勢で、しかもお聞きすると複数回参加のリピーターの方々がすごく多いという本大会だそうです。
和歌山市の南側に隣接し2005年の市町村合併で更に大きくなったという海南市を四期連続で首長として主導の神出市長のご挨拶でしたが、「熊野古道を含む山坂の道と、ボランティア600人態勢で参加者を歓迎する、海南市の「オモテナシ」を堪能して下さい。」ってご挨拶は、どのようなコースなのでしょうか?
パパママは最長24キロコースにエントリーですが、全員でストレッチや「檄」もしてイザ・スタートの9時前です。



14161.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 10時3分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 599, 158KB Original Size: 800 x 599, 154KB

亀川中学・太鼓演奏部の子らの元気な打音に送られて会場を後にしますが、スタート時に同歩の札幌の平井さんはマーチングリーグに60回以上も参加だといい、重なって開催の三方五湖2DMからコチラに変更して参加の本日だそうです。



14162.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 10時21分
Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 600, 158KB

既に四回目だというデコさんのご主人が教えてくれますが、海南と和歌山市を結ぶ軽便鉄道廃線跡だという遊歩道を進み、熊野古道の山道へと向かいます。
途中には「鈴木屋敷跡」と「藤白神社」を通りましたが、源義経の側近七人衆の一人だった鈴木三郎重家がこの地に屋敷を構え、以来彼を祖として、現在は全国二位の苗字にまで広まった鈴木姓の発祥地だというのデス。
しかし、その屋敷が朽ちかけて廃墟同然だそうで、「全国の鈴木さ〜ん 助けて〜」って募金を募り、修復を目指しているんだそうデス。



14164.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 10時44分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 599, 157KB

下から丁石が並ぶ2キロほど、藤白坂と呼ばれる標高差250mほどをゼーハー・ゼーハ−と息を切らせ、誰もが無言ながらに悪戦苦闘のいっ時でアリマした。



14166.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 10時54分
Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 149KB Original Size: 800 x 599, 150KB

峠に入る手前の藤白神社でもお茶と梅干しの接待でしたが、峠の頂上部となる地蔵峰寺の前では輪切りのミカンが添えられたオレンジジュースのお接待、息を切らし汗を流して疲れ切った体にナンという「愛」でしょうか。
たっぷりのビタミンCを活力として進められる、正に「歩っとウオーク」なのです。



14167.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 11時24分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 599, 147KB

青森の下斗米さんと会話でしたが、道産子のワタクシが子供のころの思い出で、お正月が近くなると荒縄で縛られた大きな木箱が届き、中身はクッション代わりのもみ殻に覆われた青森りんごでしたデス。
食べ進んで数が少なくなると、もみ殻の中に埋まったリンゴを手で探すのですが、セーターを袖まくりして探す腕にチクチクするもみ殻の感触と、探し当てて手に触れたリンゴの感触を今も懐かしく思い出します。
そして小さな木箱の有田みかん、くぎ抜きを使って蓋を取り、先ずは全てを箱から出して空気に皮を触れさせて、もう一度箱に戻す作業をしていた母親、これによりミカンの腐敗とその連鎖を防いでいたのです。
お互いに60年に近い前の思い出ですが、「この山々で採れたみかんだったんだネ〜」ってシミジミ・・・下った禅福院さんの境内では、冷えた夏ミカンのしろっぷ漬けのお接待です。



14168.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 11時35分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 138KB

コースの随所にスタッフが道案内だし、数キロ毎に細かなお接待が続き、リュックに入れたお茶もオニギリも活躍の場が無し、コース半ばの塩津小学校では「しらす丼」のお接待です。
デコさんのご主人が教えてくれましたが、最初のころは倍ほども有る大きな器に山盛りだったそうだけど、回を重ねて大勢過ぎる参加者に行き渡らず、現在の器になったそうだけど十分に美味しくて、お茶やおしぼりも付く至れり尽くせりの本ウオークなのです。



14169.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 11時42分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 599, 148KB

絶えず登りか下りを歩いている本日コースでしたが、辛い登り道もコースマップに書かれたその先の接待ポイントに励まされて、「ナンだ坂、こんな坂」。
ニンジンを前に吊らされた馬の如くに、文句も言わずにエッチラ・オッチラ、そして欲しいタイミングで期待以上のボリュウムのかき氷、超ウレシイ〜ヨ〜ン♪



14170.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 11時52分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 151KB

スタート会場から東へ東へと向かうワンウエイの本日24キロコース、一旦は山手の熊野古道から太平洋が一望の海岸線に出て、極楽鳥の花が咲きヤシの木が立つロケーションを大崎港へとですが、終日の曇り空に暑さに悩まされることも無くコースも終盤の大崎港へとです。



14171.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち そのK
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 12時5分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 163KB

いったい幾つのお接待を受けたのか?数えられぬほど各所でお接待も、更に元気大崎「かざまち」というところでは地元のお母さんたちの手作りだというカツオの照り焼きと寒天も、ココで販売のヒジキをお土産に購入させて頂きました。



14172.Re: 第8回「きのくに海南歩っとウオーク」初日に参加の一歩たち その完
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月22日(水) 12時18分
Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 156KB

海南市下津町の市民交流センターに24キロを歩いてゴールが午後2時でしたが、体感疲労はアップダウンの連続にそれ以上だったかもだけど、随所でのお接待に全てを帳消しの気持ちの良い完歩。
スタート会場まで車で送って頂き、12時過ぎに会場に戻ったという兵庫の板坂さんと、終始同歩の通信使Wで一緒だった静岡の渡辺さんと記念のパチリをしてフィニッシュとなった初日です。

ではでは コレにてネ〜


14155.ウオーキングと温泉巡り 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月20日(月) 4時24分
Original Size: 800 x 599, 133KB Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 600, 139KB

皆さま まだ未明ながらもオッハーさまでございます。

この週末は和歌山県海南市を歩いた2日間でしたが、初日は熊野古道の信じられぬ超アップダウンに苦しめられたけど、行く先々で地域の方々の温かい「オモテナシ」お接待に感激をして歩いた連日でアリマした。
ゴール後は南紀白浜に近いすさみ町へと移動をして、暮れ行く太平洋を眺めつつ温泉を楽しみ、今朝も朝7時からの入浴時間を待っている車中泊から発信の夜明け前です。
本日は串本から尾鷲方面へとですが、現在の天気は雨予想ながらも乾いた風の外気で、どんな1日となるでしょうか。


14153.オールジャパンウオーキング「和歌山県」へとデス! 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月18日(土) 7時4分
Original Size: 800 x 600, 121KB Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 599, 163KB

皆さま オッハーさまでございます。
楽しかった朝鮮通信使友情ウオークの四日間でしたが、親しくなった皆さまとの再会や、まだ歩いたことのない大井川以降の旧東海道箱根越えも魅力的で悩んだけど、当初予定通り5/17(金曜)早朝に自宅を出て、奈良から和歌山県へと郵便局巡りもデス。

全国各地に様々の郵便局ですが、廃局になったところも有ったりして探すのに苦労のところもあり、またそれが探検のようで楽しく、ママの始めた趣味ながらワタクシもハマっている現在です。
そして珍しい郵便局を皆さまにも紹介だけど和歌山県有田町の「花園簡易郵便局」、奥まった行き止まりの私道を歩いて行くと、農家の庭の片隅にナンと可愛い郵便局でしょうか?



14154.Re: オールジャパンウオーキング「和歌山県」へとデス!
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月18日(土) 7時13分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 159KB

行ってから戻るまでやや長めの時間だったけど局員の方と会話が弾んだのか、なんとウチワまでゲットして戻って来ました。
その後は有田町内の清水温泉に逗留、今朝目覚めて日本の棚田百選にも選ばれているという、蛇行する川の州のようなところに作られた面白い形の棚田「あらぎ島」という名前の田んぼ風景をたのしんで、海南市のウオーク会場から発信の現在です。

ではでは ウオークレポートをお楽しみに


14145.第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月16日(木) 22時41分
Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 600, 155KB

皆さま おこんばんわ〜
テニス疲れで爆睡から目覚めた今ですが、残した2日前のレポートをさせて頂きます。

5/14(火曜日)島田の温泉駐車場で、車の屋根を叩く雨音で目覚めたのが早朝5時頃だったろうか?
本日パパママがフィニッシュをしようと思っている金谷駅へと移動をして、スタート場所となるJR掛川駅へと通勤通学で混雑する電車に乗って20分ほど、降りた掛川駅に元気な皆さまが迎えてくれました。



14146.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月16日(木) 23時0分
Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 599, 151KB

掛川市長も前回同様に駆け付けてくれた出発式でしたが「厳しい日韓関係だからこそ意義ある皆さまの行為で、我々も皆さまを応援します」って、温かい言葉で歓送迎のご挨拶。
理解ある沿線自治体の方々の声援が、ソウルからの長距離を歩き通す本部隊員に元気を与え、今日の日の前進力となるのだと思います。



14147.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月16日(木) 23時10分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 599, 151KB

スタート時、拳を突き上げて互いの健闘を鼓舞し合う本部隊員たちですが、この長距離を連日の方々。
自分がもしこの中の一人になったなら、この元気で居られる自信はあるだろうか?・・・只々感心するのみです。



14148.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月16日(木) 23時20分
Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 151KB

本日は「掛川歩こう会」の方がコース先導でしたが、パパママがウオークを知った20年前も全国に長距離ハイスピードで名を馳せたウオーク団体、今は高齢化によりその勢いも衰えたというが、掛川駅から事任神社まで6キロほどを一時間のペースで先導をする方々。
何時落ちるのかと思っていた雨が降って来た事任(ことのまま)神社でアリマした。



14149.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月16日(木) 23時30分
Original Size: 800 x 599, 153KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 599, 160KB

上空では雷が鳴り大きな雨粒が落ちる天気となりましたが、この日坂宿から金谷宿へと進む小夜の中山のアップダウンが、全行程の中で一番キツイと評する方々もいる難所。
そこを超えようとする通信使ウオークの方々にこの土砂降り雨、写真を撮る余裕もないほどの峠越えです。



14150.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月16日(木) 23時59分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 599, 149KB

同歩の嶋さん(左ハリコ)の話によると、この朝鮮通信使友情ウオークをスタートさせた12年前の初回スタート時は、その後も続けるという計画は無かったそうで、ソウルから苦難の歩を続けてこの辺りに来た頃に、日韓両国の隊員たちの気持ちの中に「続けてみようか」という思いが湧いてきたという。
過去にはハングル文字の旗を掲げて歩くこの隊列に、ヘイトスピーチ(人種、出身国、宗教、性別、容姿、障害など、自分から主体的に変えることが困難な事柄について、個人または集団に対する攻撃)でトラブルも有ったというが、第7次までの12年間、自分たちで壁を突き破って歩いた皆さまでしょうか。



14151.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月17日(金) 0時8分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 599, 158KB Original Size: 800 x 599, 151KB

道路も川のように水が流れ、滑る石畳の石に足を踏ん張って一歩一歩、雨が身も心も洗ってくれて正に「歩禅」の世界と化す茶畑ウオークの午前中でした。



14152.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第44日目に参加の一歩たち その完
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月17日(金) 0時22分
Original Size: 800 x 599, 146KB Original Size: 800 x 599, 144KB Original Size: 800 x 600, 162KB

前回同様に昼食休憩となった金谷市街のショッピングモールでフィニッシュとしたパパママですが、見送る隊員たちはこの先の大井川を超えて島田から藤枝宿へとまだ15キロほどです。
パパママにとっては「越すに越されぬ大井川」となりましたが、何時かはこの先の道中も一緒に歩きたいものです。

本隊を見送ってマイカーで帰宅した5/14(火曜)でしたが、夜に届いた嶋さんからのメールによると、昼食休憩後もゴールまで変わらぬハイスピードだったそうで、配慮の無さ過ぎるそのスピードに怒り心頭だったとのこと。

ではでは パパママは明日朝から別のウオーキングへと向かいますデス。


14136.第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 8時38分
Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 800 x 600, 150KB

皆さま オッハーさまでございます。
自宅から発信の今朝ですが、早朝から洗濯機を回したり濡れた靴や合羽を干したり忙しい主夫業の合い間をぬってレポートです。
そして訂正ですが、豊橋〜弁天島が第41日 弁天島〜天竜川が42日目でした。

先ずは一昨日、第43日目 JR天竜川駅〜掛川駅25キロを発信です。
5/13(月曜日)第一次から7次となる今回まで、東日本大震災で釜山終了だった第3次は有ったけど、ソウルから東京までを完歩し続けている両国の責任者を務める韓国の宣さんと日本の遠藤さん(左ハリコ)と朝の出会い記念をパチリ、駅近くの空き地を使って出発式ですが、ロシアから参加のウラジミールさんが第43日目のスピーチです。



14137.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 9時20分
Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 599, 131KB Original Size: 800 x 600, 163KB

諏訪湖を源流として、アルプスウオークの中川村やりんごマーチの飯田などを流れる215キロの天竜川ですが、信州の山々に落ちた大雨が遠州灘へと来るころには、大量の土砂を伴って狂奔蛇行する水流と化し、想像を絶する大洪水となったというこの地域、家も橋も田畑の作物も全てを奪うこの川を人々は「暴れ天竜」と呼んでいた。
この地域の小学生はみんな知っているという「金原明善」氏、私財を投げ打って治水堤防の大工事をし、あげくはその原因地となる信州の山々の整備植林までしたという明治初期の方だそうで、旧東海道に面する住居前も通ったけど、写真を撮り忘れてしまいました。
21世紀の朝鮮通信使は、約1キロに延びる橋を通って越える天竜川なのです。



14138.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 9時35分
Original Size: 800 x 599, 162KB Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 152KB

見附宿でトイレ休憩の一枚ですが、垂井から連日参加だったという愛知岩倉の荻原さん(左ハリコ左端)が、一日置いて新幹線で応援参加の本日です。
親しくなったママの横(真ん中ハリコ)の張さん(中国ではチョーと言うけどハングルではチャンさんと呼びます)から、甘夏みかんを頂きましたが、三日目ともなると言葉はしゃべれずとも気も心が通じるお友達となるのデス。



14139.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 10時47分
Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 599, 162KB

両国の仲間が集って歩く親善外交の日々ですが、コース上各地自治体への訪問もで、駅前にジュビロ磐田のマスコットが飾られる岩田市役所にご挨拶です。
当時の韓国大統領が竹島に上陸をして関係悪化となった2012年でしたが、それ以上に冷えている現在の外交関係、その事を互いに認識しながらも気遣っての歓迎ご挨拶や答礼だけど、民間交流に徹する両国朝鮮通信使の方々です。



14140.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 11時16分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 599, 159KB

どのようなご縁か本日は行く先々でお接待ですが、袋井市ではメロンや通行手形のお接待もあり、何度も足を止めていて本部隊の方々との会話も弾みます。
ロシアのウラジミールさん(左ハリコ)と片言英語でお話して分かったけど、パパママの中間となる1954年生まれだそうで、ロシアウオーキング協会の会長を務めているのだそうです。
そして同歩の金承南(キムヨンナム)さんは、大阪在住だそうだけど本隊員の中で最高齢の85歳、しかし今もフルマラソンに出られたり、水泳などのスポーツもで、若い隊員よりも姿勢良く矍鑠として歩かれています。
更にはオゾン層を研究する気象学博士で南極観測隊にも参加したという牧野さん、ウオーク中の天気も彼に聞くミンナだそうです。



14141.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 11時27分
Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 599, 140KB Original Size: 800 x 599, 139KB

袋井市役所にも表敬訪問ですが、市長をはじめ幹部職員が列席をして立派なセレモニーでしたが、第二次に参加をして現在は袋井市の市会議員をしているという竹野さんとのご縁も有る同市だそうです。



14142.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 11時47分
Original Size: 800 x 599, 146KB Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 600, 154KB

丁寧なセレモニーに市役所ホールをお借りして昼食休憩となった午後2時前、荻原さんの前には大学で先生をしているという白教授(左・真ん中ハリコ)でしたが、日本語が解らぬという白さんを前に荻原さんが自動翻訳機を持ち出して会話。
しかしこの翻訳機がなかなかのポンコツで会話が成立せずに、ハングルベテランの静岡の中西さんに応援を依頼、20回以上も日本のウオークにご参加だそうです。
さあぁ、お腹を満たして袋井市役所を再スタートですが、時刻は午後2時半です。



14143.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 12時22分
Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 599, 154KB Original Size: 800 x 599, 145KB

表敬訪問や各所のお接待などもあり何度も足を止めた前半でしたが、食後はパチンコ屋の駐車場隅で腰を下ろす程度、ヘミジャさん(真ん中ハリコ)と並んで休憩のママです。
上空に黒い雲も現れて時折りは冷たい空気となるものの、お天気博士の牧野さんが隊旗を持ち上げて風向きを調べ空を見上げて「大丈夫!」、やや足早になりながら掛川駅を目指します。



14144.Re: 第7次「21世紀の朝鮮通信使 ソウル−東京友情ウオーク」第43日目に参加の一歩たち その完
名前:竹樋パパ    日付:2019年5月15日(水) 12時38分
Original Size: 800 x 599, 145KB Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 599, 155KB

掛川駅ゴールが午後5時でしたが、計画書では42日目と本日の両日ともに25キロと有り、しかし実踏の本日は30キロなのデス。
昨日の実踏が20キロだったために合計は50キロと一緒だけど、何か余分に疲れたと思うのはまだ人間が出来ていない証拠でしょうか?

パパママは島田の温泉施設【蓬莱の湯】で閉館0時まで過ごし、OKを頂いた駐車場で車中泊となった第43日夜でした。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb