[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トコトコ日記 掲示板
当サイトをご覧になっての感想や、各コンテンツに関するみなさまの情報・話題・エピソードなど、何でもお気軽にお書き込み下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2596.対横綱、大関戦勝利ランキング 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/4/20(金) 10:15
戦後の全力士対象、現役の力士は平成30年春場所まで。

◎対横綱勝利10傑

1、横綱若乃花43 (初代)
横綱大 鵬43
3、横綱北の湖42
4、大関朝 潮40
5、大関魁 皇37
6、横綱白 鵬36 (現役)
7、横綱朝 潮34 (先代)
横綱若乃花34 (2代目)
横綱三重ノ海34
横綱稀勢の里34 (現役)

数々の記録を打ち立てた白鵬は36に止まっている。永らく続いた一人横綱の影響。大関の朝潮、魁皇が4、5位に顔を出しているのは立派というしかない。魁皇は永らく土俵を務め、下位にいた時代から上位に強かった。朝潮は北の湖に対して12勝がモノを言っている。

◎対大関勝利(100勝以上)

197 白 鵬(現役)
132 魁 皇
129 大 鵬
127 千代の富士
119 日馬富士
108 北の湖
103 稀勢の里(現役)

◎対横綱、大関戦勝利

233白鵬(現役)横綱36、大関197
172大鵬(横綱43、大関129)
169魁皇(大関)横綱37、大関132)
157千代の富士(横綱30、大関127)
151日馬富士(横綱32、大関119)
150北の湖(横綱42、大関108)
137稀勢の里(現役)横綱34、大関103

以下省略
2部門は白鵬断トツ。稀勢の里は3部門に顔を出している。これだけ見ると「名横綱」の部類なのだが。
pw126186096129.7.panda-world.ne.jp (126.186.96.129)



2598.Re: 対横綱、大関戦勝利ランキング
名前:えびすこ    日付:2018/4/20(金) 16:10
ご無沙汰しております。
白鵬は対大関戦200勝まであと3勝。
年内にも届きそうですね。
対戦大関に大関在位の長かった力士が多いためか。
EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)


2599.Re: 対横綱、大関戦勝利ランキング
名前:田口茂    日付:2018/4/21(土) 7:23
追記

戦後32人の横綱の内、対横綱戦で勝ち越した力士はわずか6力士

1大鵬43勝22敗
2北の湖42勝24敗
3白鵬36勝22敗
4千代の山31勝26敗
5北勝海20勝16敗
6双羽黒12勝10敗 pw126186096129.7.panda-world.ne.jp (126.186.96.129)


2600.Re: 対横綱、大関戦勝利ランキング
名前:田口茂    日付:2018/4/21(土) 12:4
訂正

数字の誤りがありました。北の湖の対横綱戦は42勝44敗でした。
北の湖の対横綱輪島戦は20勝19敗。逆に輪島の対横綱北の湖戦は14勝18敗。
通算輪島の23勝21敗。他に優勝決定戦で1勝1敗。

又、千代の富士の対横綱戦も誤りがありました。正確な数字は27勝34敗。対横綱大関勝利は、大関戦の127を合わせて154です。謹んで訂正します。

輪島の対横綱戦

北の湖14勝18敗
北の富士5勝7敗
琴桜4勝1敗
玉の海1敗
三重ノ海3敗
若乃花5勝8敗

計28勝38敗

北の湖の横綱戦(不戦除く)

北の富士2勝4敗
琴桜1勝5敗
隆の里1勝4敗
千代の富士2勝4敗
三重ノ海2勝2敗
若乃花14勝6敗
輪島20勝19敗

計42勝44敗

千代の富士の対横綱戦

旭富士1勝
大乃国8勝2敗
北の湖6勝12敗
隆の里3勝3敗
双羽黒3勝2敗
若乃花5勝9敗
輪島1勝6敗

計27勝34敗 pw126186096129.7.panda-world.ne.jp (126.186.96.129)


2601.Re: 対横綱、大関戦勝利ランキング
名前:トコトコ    日付:2018/4/21(土) 22:48
田口茂さん

たくさんの記録掲載を、有難うございます。
稀勢の里は、横綱昇進が決まった時点では、対横綱戦40勝の記録到達も近いと思っていたのですが、怪我で完全に予定が狂いましたね。

千代の富士の対横綱戦は、三重ノ海3勝1敗が抜けています。
対横綱戦成績は30勝35敗ですね。
昭和55年春場所2日目、千代の富士の対横綱戦初勝利にして初金星の相手が三重ノ海でした。
しかも横綱昇進後の三重ノ海と初の対戦で、通算でも2度目の対戦でした。
千代の富士は新関脇の昭和55年九州場所も、初日三重ノ海を破る殊勲の星でスタートを切っていますが、その翌日限りで三重ノ海は引退しました。

一方、輪島は横綱三重ノ海に3戦3敗。
思えば全勝優勝を懸けた昭和54年名古屋場所千秋楽でも、輪島は三重ノ海(当場所まで大関)に敗れています。
決定戦では勝ちましたが、通算成績では勝ち越すも、43回の対戦中、30回を超えてからの13回の対戦では3勝10敗と、すっかり分が悪くなっていたようですね。
p1768147-ipngn200203osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.45.212.147)


2603.Re: 対横綱、大関戦勝利ランキング
名前:田口茂    日付:2018/4/22(日) 12:32
訂正

対大関戦勝利

白鵬197→192
稀勢の里103→99

対横綱、大関戦勝利

白鵬233→228(横綱36、大関192)
千代の富士 訂正なし
稀勢の里137→133(横綱34、大関99)

「相撲レファランス」で調査したのですが、琴欧州、琴奨菊、把瑠都など大関から陥落した場所を大関として計算してしまいました。
手元の資料では、千代の富士の数字はあってたのですが、確認の為、「相撲レファランス」を見たとき三重ノ海を見落としました。 pw126186096129.7.panda-world.ne.jp (126.186.96.129)


2606.Re: 対横綱、大関戦勝利ランキング
名前:えびすこ    日付:2018/4/23(月) 10:36
白鵬の対大関戦勝利は現時点で192勝。
年内だと200勝はギリギリのペースですね。残り4場所で2勝ずつ・計8勝。
誰かが休場した時点で年内達成は消滅。
「来年中に」と考えても新大関が出ないと難しい?
EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)

2594.訂正 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/4/3(火) 17:57
横綱昇進力士で、最多敗戦は三重ノ海の74と申し上げましたが、これは誤りで、三重ノ海は103戦34勝69敗でした。1位は琴櫻、稀勢の里の72。琴櫻は103戦31勝72敗。稀勢の里は106戦34勝72敗。従って横綱昇進力士の中で、最も横綱と対戦した力士は稀勢の里の106となります。それに稀勢の里はあと一つ横綱に負けると、対横綱戦最多敗戦。単独トップということに。

あと横綱と対戦した人数ですが、高見山の11人が最高。次に出羽錦の10人。9人というのは多数います。
平成に入り朝青龍、白鵬と一人で横綱時代が 長く続き、多数の横綱と対戦した力士は最近ありません。長く土俵を勤めた魁皇でさえも6人に留まっています。旭天鵬は7人。

今回を機会に過去の横綱、大関の対横綱戦、対大関戦の勝敗を調査したいと思います。雑誌をざっと調べたところ、まとまったものがないようなので。
あと三役経験20場所以上。琴錦、安芸乃島、貴闘力、若の里ら限りなく大関に近い強豪関脇も調査します。今までは断片的でした。
pw126186072020.7.panda-world.ne.jp (126.186.72.20)



2595.Re: 訂正
名前:トコトコ    日付:2018/4/5(木) 17:13
田口さん

三重ノ海と琴櫻は共に晩成型の短命横綱ですが、横綱戦勝利数は朝潮(現高砂親方)や魁皇といった大関より少ないのですね。
幕内在位数自体はそこそこ長いので、当然多いと思っていました。
記録を紐解くことで、思い込み故の意外性と遭遇出来るのが面白いです。
いつもながら、多数の記録教示に感謝します。

稀勢の里は、対横綱戦黒星の記録更新ということは、短命横綱路線確定ということか??!!
いずれにせよ、長くはないでしょうが・・・・・・。
横綱白鵬戦や鶴竜戦など、横綱に強いイメージもありますけどね。

出羽錦は10人でしたか。
ただ、当時は同門の横綱とは対戦が無く、また同部屋の横綱もいましたから、現在のように部屋別対戦制だったならば、記録が違っていたのは間違いないでしょうね。
また寺尾も、割を組まれたという意味では隆の里戦もあったのですが、不戦勝に終わったので、実戦での10横綱との対戦は成りませんでした。

横綱戦勝利数だけでいくと、琴錦は15勝(内金星8)、安芸乃島22勝(内金星16)、貴闘力16勝(内金星9)、若の里10勝(内金星2)です。
ほか、目立つところでは、土佐ノ海17勝(内金星11)、出羽の花10勝(内金星2)、巨砲13勝(内金星10)、富士櫻14勝(内金星9)といったところでしょうか?
大関は、確か北天佑が対横綱戦25勝だったような気がしますが、もう一度確認してみます。
対大関戦では、イメージでは魁皇が相当数勝っていますね。
武蔵丸、千代大海、栃東に大量連勝しているし、ライバルと言われた武双山にも分が良かったです。
元々苦手なほうだった琴光喜にも、相手の大関昇進後は結構勝つようになりました。
softbank220033155031.bbtec.net (220.33.155.31)

2587.対横綱戦で、多く負けた力士 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/3/26(月) 10:44
◎横綱昇進力士

三重ノ海74敗。次位は琴櫻と稀勢の里の72敗。
このところ横綱戦がごぶさたの稀勢の里。あと3つ負けると新記録となる。

◎大関昇進力士

魁皇95敗。現役を長く勤めた魁皇がダントツ。

◎関脇止まりの力士

ここも現役を長く続けた旭天鵬の64敗。なお現役の安美錦は52敗にとどまっている。

参考に栃ノ心の対横綱戦を調べてみました。
対朝青龍 幕内0勝2敗。対横綱0勝2敗。
対白鵬 幕内0勝25敗。対横綱0勝25敗。
対日馬富士 幕内6勝23敗。対横綱2勝(◻1)13敗。
対鶴竜 幕内2勝21敗。対横綱1勝9敗。
対稀勢の里 幕内9勝16敗。対横綱1勝0敗。
通算 対横綱戦 4勝(◻1)49敗。金星2

平成27年春、日馬富士に勝ち初金星。実に24回目の挑戦で、横綱戦初勝利をあげました。又、今場所鶴竜に勝ち、対鶴竜戦19連敗でストップ。
来場所大関の足がかりを築きたい栃ノ心ですが、最大の難敵は白鵬。過去25戦全敗。はたして一矢を報いることができるでしょうか。
史上1位の完封記録は北の湖の対栃光29戦全勝。
pw126186072020.7.panda-world.ne.jp (126.186.72.20)



2588.Re: 対横綱戦で、多く負けた力士
名前:えびすこ    日付:2018/3/27(火) 9:26
ちなみに平幕どまりだと誰が対横綱戦最多敗戦記録ですか?
魁皇が対横綱戦95敗。
貴乃花、曙、朝青龍、白鵬。この4人とかなり対戦を重ねたこともありますね。

実は横綱同士の対戦自体が昨年秋場所以降4場所連続でありません。
稀勢の里次第では夏場所も実現は微妙か?
EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)


2589.Re: 対横綱戦で、多く負けた力士
名前:田口茂    日付:2018/3/28(水) 20:38
平幕止まりだと幕内53場所を務めた肥後ノ海の2勝19敗。最高位筆頭。次は幕内51場所を務めた琴龍の3勝18敗。最高位筆頭。
現在幕下に落ちている豊響は幕内51場所。横綱戦は1勝10敗。最高位2枚目。あと平幕止まりで、幕内50場所以上を務めた力士は2人。52場所朝乃若。最高位筆頭。横綱戦0勝10敗。50場所時津海。最高位3枚目。横綱戦0勝6敗。
このように三役に上がれない力士はどうしても横綱戦は少なくなります。

なお横綱同士の対戦ですが、可能性があるのは白鵬ー鶴竜です。稀勢の里は最後まで土俵が務まるか今の所何とも言えません。夏場所も休む可能性があります。 pw126186072020.7.panda-world.ne.jp (126.186.72.20)


2591.Re: 対横綱戦で、多く負けた力士
名前:トコトコ    日付:2018/3/29(木) 17:43
対横綱敗戦記録、興味深く見ていました。
うろ覚えですが、確か高見山が21勝112敗とかそんな数字だったのでは?
平幕優勝した旭天鵬も、全盛期の横綱朝青龍をまさかの吊り出しで破って以降は、横綱戦ひたすら全敗でした。
魁皇は、対横綱戦37勝を記録している一方で、白鵬に絶対的に分が悪かったのが響きましたね。
また、安美錦の対横綱戦黒星が意外と少ないのは、比較的長く横綱を張っていた日馬富士が同部屋だったことが影響しているでしょうね。

かつて平幕優勝2回を記録した琴錦も、最初の内立て続けに横綱戦白星を量産した後、約3年間横綱戦全敗だったと記憶しています。
大関まで上がった把瑠都も、白鵬とは熱戦を繰り返したものの、通算では3勝、朝青龍戦も全敗とあって、横綱戦白星は少なく終わりました。
ほかに大関まで上がりながら横綱戦白星が少ないイメージがあるのは、若嶋津と貴ノ浪ですね。
若嶋津は千代の富士に、貴ノ浪は曙に圧倒的に分が悪く、横綱戦白星は一桁に終わりました。
また、現役中に同部屋横綱や一人横綱の時代があったことも共通しています。
softbank220033155031.bbtec.net (220.33.155.31)


2592.Re: 対横綱戦で、多く負けた力士
名前:田口茂    日付:2018/3/29(木) 21:25
失礼しました。
史上最も多く横綱に負けた力士は、高見山の21勝112敗でした。2位は魁皇の37勝97敗。(魁皇の95敗は誤り) 3位は長谷川の19勝90敗。
なお史上最も横綱と対戦した力士は魁皇の134戦。次位は高見山の133戦。
平成23年技量審査場所千秋楽。魁皇が白鵬を破った1番は、高見山の持つ対横綱133戦を破る新記録だったわけです。記念すべき魁皇の会心の一番でした。テレビ中継なし。翌場所魁皇引退。

魁皇対横綱戦内訳

対曙 6勝25敗
対貴乃花 12勝21敗
対若乃花 2勝4敗
対武蔵丸 7勝8敗
対朝青龍 8勝21敗
対白鵬 2勝18敗
計 37勝97敗

旭天鵬対横綱戦内訳

対貴乃花 2勝(不戦1)2敗
対曙 0勝1敗
対武蔵丸 1勝9敗
対朝青龍 2勝28敗
対白鵬 0勝19敗
対日馬富士 0勝4敗
対鶴竜 0勝1敗
計 5勝(不戦1)64敗

安美錦対横綱戦内訳

対貴乃花 1勝0敗
対武蔵丸 1勝2敗
対朝青龍 6勝(不戦1)13敗
対白鵬 3勝33敗
対鶴竜 1勝4敗
計 12勝(不戦1)52敗

旭天鵬、安美錦のときは一人横綱時代が多く、横綱との対戦は多くありません。 pw126186072020.7.panda-world.ne.jp (126.186.72.20)


2593.Re: 対横綱戦で、多く負けた力士
名前:トコトコ    日付:2018/3/31(土) 11:53
>3位は長谷川の19勝90敗

長谷川は通算7横綱から白星を挙げ、関脇以下力士としては史上最多記録です。
因みに同部屋の後輩弟子である琴錦は6横綱に勝ちましたが、横綱昇進後の武蔵丸に一度も勝てずに終わり、また、横綱大乃国にも初顔の時、九分九厘勝っていながら最後自滅して黒星となりました。
どちらかでも勝っていれば、長谷川の記録に並んでいただけに、惜しまれますね。

>史上最も横綱と対戦した力士は魁皇の134戦。次位は高見山の133戦

最高位関脇で幕内在位97場所の高見山よりも、11年大関を務めて幕内在位107場所の魁皇のほうが、対横綱戦の数が多いのは本来、当たり前だと思います。
それが僅か1回差の更新で終わったということは、魁皇についても一人横綱時代が多かったということになりますね。
高見山は通算11人の横綱と対戦し、出羽錦と並んで史上1位の対戦人数ですが、魁皇は6人。
もし魁皇が、高見山の時代に大関を張っていたならば、どんな凄い記録が誕生していたことか?と想像したことがあります。
p1768147-ipngn200203osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.45.212.147)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb