[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トコトコ日記 掲示板
当サイトをご覧になっての感想や、各コンテンツに関するみなさまの情報・話題・エピソードなど、何でもお気軽にお書き込み下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2812.初場所予想番付 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/11/30(金) 19:10
雑誌「相撲」の初場所予想番付では、稀勢の里がよもやの東正横綱になっている。理由は出場したから。トコトコさんも稀勢の里は東正。
横綱は全て0勝だから、それに沿えば、序列は九州場所のままとなる。こういうことは前例がなく、はたしてどうなるか。
関脇ですが、7勝8敗の御嶽海は、西へ回ると見ます。前例がないではありません。記憶にあるのは豪栄道です。小結は妙義龍と玉鷲。

いずれにしろ来年の3横綱は正念場です。それと新大関誕生なるか。
pw126234081215.21.panda-world.ne.jp (126.234.81.215)



2813.Re: 初場所予想番付
名前:トコトコ    日付:2018/12/1(土) 20:42
田口さん

>記憶にあるのは豪栄道です

私は記憶にあるのは栃赤城ですね(←何でそこまで古なる?)。
あ、のち大関栃東も(奇しくも2人とも春日野部屋の流れをくむ力士)。

稀勢の里=東正横綱ですが、確かに星の上から見ると3人とも「全敗格」ですから、九州場所と序列変わらずという発想も、最もだと思います。
ただ、端から全休力士は、休みながら不戦勝というのは有り得ず、土俵入りも務めません。
稀勢の里は、結果は初日から4連敗でしたが、割りが組まれて相撲を取る以上、「勝つ可能性がある状況」にいました。
土俵入りは成績とは無関係ですが、一応「務めを果たした」というように、私自身は捉えました。
もちろん飽くまでも私本意の発想です。
実際はどうなるか分かりません。

関脇ですが、東筆頭で8勝しての昇進という前例も数多くあり、そのため、個人的にはそちらを有利と見ました。
p2509087-ipngn200808osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.17.216.87)


2814.Re: 初場所予想番付
名前:えびすこ    日付:2018/12/1(土) 22:0
かつて横綱が3人以上いながら誰1人勝てなかったことは本当にありますか?
かつ横綱全員が翌場所も現役を続けたケースです。
その時に序列の異動があったかどうかですね。
3横綱全休・4横綱全休だとそのままですが、さすがにそれは記憶にない。

余談ですが初場所番付から「式守伊之助」が復活いたします。
現在の式守勘太夫が第41代・式守伊之助となります。
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2815.Re: 初場所予想番付
名前:田口茂    日付:2018/12/2(日) 9:32
昭和28年5月 東張り出し横綱 千代の山 全休
西張り出し横綱 羽黒山 0勝3敗12休
翌場所の番付は、東張り出しが羽黒山、西張り出しが千代の山。
この例によると、来年初場所の稀勢の里は「東正横綱」ということに。

全休力士と、0勝のまま休場した力士が、同時に出た横綱の例は、他にもありますが、すべて次の場所片方が引退。次の場所も現役だったのは昭和28年5月の千代の山、羽黒山のみ。
となると来年初場所の番付で、稀勢の里が東正横綱になりますと、65年ぶりの珍事ということになります。


豪栄道ですが、関脇時代に平成24年名古屋(7勝7敗1休)、平成25年夏(7勝8敗)、2度も負け越しながら翌場所も関脇に留まっています(東→西)
このとき翌場所小結になった力士は、
平成24年名古屋 東前2 碧山 8勝7敗
東前4 栃ノ心 9勝6敗
25年夏 東前5 松鳳山 8勝7敗
東前8 時天空 10勝5敗
さすがにこの成績では関脇に上げるまでにはいかなったのでしょう。

御嶽海が小結に落とす場合
東前1 妙義龍 8勝7敗
西前2 玉鷲 9勝6敗
どちらを関脇に上げるか難しい。玉鷲には不戦勝が含まれている。御嶽海も不戦勝があり、総合すると妙義龍ですか。
pw126234081215.21.panda-world.ne.jp (126.234.81.215)


2817.Re: 初場所予想番付
名前:えびすこ    日付:2018/12/4(火) 22:53
2横綱の状態で両者勝ち星なしで翌場所そのまま現役継続があったんですね。
3横綱で2横綱全休で唯一出場の「横綱3番手」の稀勢の里が0勝でも東正位になると初めてのケースになりますね。
仮にそうなると「おかしいのでは」との声が少なからず出ることもありますね。
番付編成で「横綱が複数いて出場・休場にかかわらず勝ち数0に終わり、全員がそのまま翌場所も在位する場合は序列を変動しない」との規定が明文化されるかも?
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2818.Re: 初場所予想番付
名前:田口茂    日付:2018/12/5(水) 9:29
昭和28年5月は4横綱です。
当場所の東西の正横綱は皆勤し、休んだのは、その下の張り出し横綱。
現在は「張り出し」というのがないので、わかりにくかったかもしれません。
「張り出し」制度があると、序列がはっきりします。 pw126161064039.11.panda-world.ne.jp (126.161.64.39)

2816.データは西暦 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/12/2(日) 9:51
来年5月から元号が代わるので、これからデータを表示するとき、なるべく全て西暦にしようと思います。
私のような古い相撲ファンは、昭和何年の方がピンとくるのですが、平成何年というのはさっぱり。イメージが湧きません。
昭和までは、戦後の優勝力士をスラスラ言えたものですが、最近は言えません。
それで西暦だと何年前というがピンと来ますが、平成だとすぐに計算できず、さらにまた元号が代わるとなると頭が混乱。
来年から自分の年を計算するのもやっかい(笑い)
大鵬の現役時代は、誰がその場所優勝したのは覚えていた位です。
昭和35年入幕46年引退。これを西暦に直さなければならない。
pw126234081215.21.panda-world.ne.jp (126.234.81.215)

2810.貴景勝 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/11/28(水) 9:7
名前:トコトコ 日付:2018/11/28(水) 7:47
田口さん

貴景勝は、貴乃花親方関連のトラブルの間を縫う様に、三役に昇進し、三役で勝ち越して、初優勝を果たしましたね。
こんな環境で出世・表彰の実績を作り続ける若手も、そうはいないのではないでしょうか?
地元が芦屋で、豊中からも近いので応援していますが、平成最初の横綱や久しぶりの20代横綱は、案外、貴景勝かも知れません。

今の突き押し一本では、横綱はちょっと難しいと思います。大関までは上がるかもしれませんが。
かって北勝海は突き押し一本で大関になりましたが、四つ身を覚えて横綱になりました。
貴景勝は現在175センチ170キロ。
ここで歴代横綱の身長体重を調べてみました。昭和以降で貴景勝より背が低い横綱は、玉錦173センチ、照国173センチ、鏡里175センチ。3人しかいません。
全て四つ相撲です。
体重では、200キロを超えた大乃国、曙、武蔵丸に次いで北の湖と並ぶ170キロです。
北の湖は左差しの達人。貴景勝もこの際四つ身を覚えてほしいですね。
照国の「もろ差し」が参考になるでしょう。

いずれにしろ、現在の3横綱の限界が見えた今、次世代を担ってほしいものですが、貴景勝がまだ関脇になったばかり。来年大いに見守ろうと思います。
pw126186073054.7.panda-world.ne.jp (126.186.73.54)



2811.Re: 貴景勝
名前:田口茂    日付:2018/11/28(水) 9:17
訂正 稀勢の里が176キロ。稀勢の里が史上4番目。北の湖はその次です。 pw126186073054.7.panda-world.ne.jp (126.186.73.54)

2787.九州場所終盤戦 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2018/11/21(水) 9:41
3敗までに7人。
豪栄道以外は初優勝を狙う展開に。
年間最多勝争いはどうやら栃ノ心になりそう。

EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)



2790.Re: 九州場所終盤戦
名前:えびすこ    日付:2018/11/21(水) 23:16
栃ノ心の年間最多勝が確定。現時点で今年は57勝。
残り4日間で3勝しないと年間60勝に届かない。
年間最多勝としてのワーストになった昨年の白鵬の56勝は上回っているが、残り4日間で3勝以下だとワースト2位。
4日間すべて勝ってもワースト3位。
なお、逸ノ城が負け越したため幕内では6場所全て勝ち越しが不在に。
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2793.Re: 九州場所終盤戦
名前:えびすこ    日付:2018/11/23(金) 14:19
今場所はほぼ平成生まれの力士に優勝争いが絞られたようですね。
舞の海さん曰く今場所中盤戦までは貴景勝、阿武咲、大栄翔の3人の「ショータイム」。
さて、上記3人に高安を加えた4人のうちで栄冠を手にするのは?
関脇以下の力士が千秋楽結びの一番に出ると琴錦以来24年半ぶり。
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2800.Re: 九州場所終盤戦
名前:えびすこ    日付:2018/11/26(月) 10:0
栃ノ心は今場所は8勝にとどまり年間でも59勝どまり。
昨年の白鵬に続いて60勝に届かない。
60勝に届かなかったため年間最多勝利数では歴代ワースト単独2位。
年間最多勝は2年連続で50勝台・4年連続で60勝台以下に。
次に年間70勝以上を記録できるのは誰か?
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2809.Re: 九州場所終盤戦
名前:トコトコ    日付:2018/11/27(火) 23:3
えびすこさん

栃ノ心は、今年は初優勝に始まり、年半ばで大関に昇進、終わってみれば年間最多勝ですから、大躍進の1年だったとも取れますが、大関に上がってからの成績は至って不本意で、来年も怪我→カド番が繰り返されないか、心配になってきました。
栃ノ心は、着実に安定した成績で、年間2回の優勝も夢じゃないと思ったものですけどね。
当に好事魔多しです。

白鵬は、昨年で年間最多勝が10回になりました。
今後、この記録を更新する力士はなかなか出てこないでしょうね。
かつて86勝4敗を2年連続記録した白鵬も、現在は平均「1勤1休」体制。
70勝以上を出すとすれば、怪我を再度克服した場合の栃ノ心か、そうでなければ大穴を突いて貴景勝?
p2509087-ipngn200808osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.17.216.87)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb