[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トコトコ日記 掲示板
当サイトをご覧になっての感想や、各コンテンツに関するみなさまの情報・話題・エピソードなど、何でもお気軽にお書き込み下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



3121.横綱ピンチ 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2020/1/14(火) 19:10
3日目を終わって横綱大関陣は大不振。合わせて4勝8敗というていたらく。白鵬、鶴竜2敗。貴景勝1敗、豪栄道3敗。
白鵬よもやの2敗。3日目を終わって1勝2敗というのは横綱になって初めて。他に初日から連敗というのが2015年秋にあるが、このときは休場している。
鶴竜は1勝2敗というのは4回目。内2回は休場。
明日4日目の相手は白鵬は北勝富士、鶴竜は妙義龍と難敵。もし、又負けたら?
pw126179083164.26.panda-world.ne.jp (126.179.83.164)



3122.Re: 横綱ピンチ
名前:田口茂    日付:2020/1/15(水) 7:59
同じ日に2横綱が金星を配給したのは、97年以来22年ぶりとあったが意外。
その間、金星配給王の日馬富士、稀勢の里がいたが、彼らが負けたときは他の横綱は勝ったということか。
小結大栄翔も足を痛めた模様。千秋楽まで相撲を取る三役陣は貴景勝、朝乃山、高安だけということも。

鶴竜はまだ日本国籍を取っていないので、引退したくてもできない。まさに八方ふさがり。といっても、もう休場は許されないだろう。来場所は進退?
白鵬はもう取る理由はない。場所前のインタビューで、モチベーションは東京オリンピックまで、といっていた。しかし、東京オリンピックで土俵入りという話はない。 pw126211079234.15.panda-world.ne.jp (126.211.79.234)


3123.Re: 横綱ピンチ
名前:田口茂    日付:2020/1/15(水) 11:21
結局白鵬休場。今日もし負けたら休場とは思っていたが、まさか今日休場届けを出すとは。あっさりしたものだ。
今の時点で、休場理由は明らかではないが、場所前の調子は好調だったはず。
白鵬の2017年からの休場星取り。
○皆勤、✖休場。
2017年1月○、3月✖、5月○、7月○、9月✖、11月○
2018年1月✖、3月✖、5月◯、7月✖、9月○、11月✖
2019年1月✖、3月○、5月✖、7月○、9月✖、11月○
2020年1月✖
9勝10敗と負け越し。これではいくら白鵬でもまずいだろう。
次の場所出るときは、進退をかけてもらいたい。いずれにせよ✖デーは近くなったようだ。

予断だが覇者交代の1番、白鵬ー朝乃山戦は、これまで2番しかない。果たして第3戦目はあるのか。きしくも貴乃花ー朝青龍戦もわずか2番で終わってしまった。 pw126211079234.15.panda-world.ne.jp (126.211.79.234)


3124.Re: 横綱ピンチ
名前:田口茂    日付:2020/1/15(水) 16:50
念のため、2横綱の同日金星配給について調べてみたら、マスコミのいう97年以来22年ぶりというのは「2横綱」時代の話。稀勢の里が在位横綱の時は「3横綱」「4横綱」時代。2017年名古屋、2018年初、2019年初と3回、2横綱同日金星配給を記録している。 pw126211079234.15.panda-world.ne.jp (126.211.79.234)


3125.Re: 横綱ピンチ
名前:トコトコ    日付:2020/1/16(木) 9:24
何か今場所は、番付の重みが本当に感じられない場所となっていますね。
これでまた初優勝力士が出たりしたら・・・・・・(さすがにそれはないか)。

白鵬はまぁ・・・・・・しゃーないにしても、鶴竜はホント、気になりますね。
本来ならさすがにもう引退の状況だと思いますんで。
金星バーゲンも休み休みに(文字通り)。
p2509087-ipngn200808osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.17.216.87)


3129.Re: 横綱ピンチ
名前:えびすこ    日付:2020/1/17(金) 9:1
>田口さん
白鵬の優勝は17年が優勝3回。18年が1回。19年は2回。
18・19年は休場の方が多いですね。
東京場所は4回連続で休場。
直近の東京場所皆勤の一昨年秋は全勝優勝。この時は横綱大関が全員皆勤。
EATcf-14p101.ppp15.odn.ne.jp (211.121.45.101)

3128.中盤戦へ 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2020/1/17(金) 8:40
序盤戦終えて平幕3人だけが全勝でトップ。
3人はこれから総当たりになる可能性があるので誰が抜け出すか?

今日は阪神淡路大震災からちょうど25年。
震災発生日の夜に震源地の近くで生まれた照強。
今日中入りでインタビューがあります。
25歳の誕生日を幕内優勝争いのトップ集団で迎えます。
過去の1月17日の取組は勝率が高いです。

EATcf-14p101.ppp15.odn.ne.jp (211.121.45.101)

3126.2横綱休場 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2020/1/16(木) 10:19
鶴竜も休場でついに横綱不在に。
今年も初場所が初優勝になりそうな展開か?
カド番の豪栄道もいまのところまだ1勝3敗。
昨日で「2人が2日連続金星獲得」になりました。

EATcf-14p101.ppp15.odn.ne.jp (211.121.45.101)



3127.Re: 2横綱休場
名前:田口茂    日付:2020/1/16(木) 12:42
案の定鶴竜休場。14回目。史上2位。

横綱休場ランキング

1、貴乃花16  全休11
2、鶴 竜14  全休4
3、曙  13 全休9
4、大 鵬12  全休5
 柏戸12   全休6
 北の湖12  全休3
 千代の富士12全休6
 白鵬12   全休5

これだけ休んでるのに横審から進退うんぬんの話が出てこないのは不思議。稀勢の里の場合とは別。

平成で1場所だけ各三役1人づつの場所があった。その場所は。

平成4年初。1992年。

東横綱 北勝海全休  西横綱旭富士 4敗後引退
東大関 小錦12勝3敗 西大関 霧島8勝7敗
東関脇 琴錦7勝8敗  西関脇貴闘力7勝8敗
東小結 栃乃和歌8勝7敗 西小結曙13勝2敗

この場所は貴花田が初優勝して盛り上がった場所。三役人は2横綱不在で、残る6人で頑張った。
今場所も2横綱不在。残る6人で休まずに頑張って欲しいものである。 pw126161092173.11.panda-world.ne.jp (126.161.92.173)

3117.いよいよ初場所 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2020/1/10(金) 19:12
新年おめでとうございます。

いよいよ初場所が、始まります。初日、2日目の取り組みが決定しました。
昨年は怪我をする力士が多く、ついに力士会も公傷制度復活を協会に、申し入れたそうです。
初場所は役力士がわずか8人。休場力士が出ないよう願うばかりですが、案の定小結阿炎は場所前の稽古で足を痛めた模様。果たして最後まで勤まるか。
私見では年6場所はいかにも多すぎる。シーズンオフがまるでない。年4場所が妥当。しかし、営利優先、儲け主義の協会はそれを許さないでしょう。

今年の関心は朝乃山が大関になるかどうかの1点です。あとは白鵬がどこまでやるか。次期横綱誕生まで、白鵬、鶴竜がいるかどうか。残り時間は残されていません。
pw126212199008.17.panda-world.ne.jp (126.212.199.8)



3118.Re: いよいよ初場所
名前:田口茂    日付:2020/1/11(土) 7:31
琴勇輝休場により、三役の対戦範囲は東5枚目の明正まで。同部屋の力士がいる力士は西5枚目の炎鵬まで。
大関豪栄道ー炎鵬、小結大栄翔ー炎鵬が実現。もし、三役に休場者が出ると炎鵬は鶴竜、貴景勝と当たる。
今や毎場所のファンの興味は炎鵬の相撲ぶりに移ったようだ。あの体格、このところのテレビの露出度増加。人気は急上昇。 pw126212199008.17.panda-world.ne.jp (126.212.199.8)


3119.Re: いよいよ初場所
名前:えびすこ    日付:2020/1/11(土) 10:44
初場所は初優勝をする力士が多い傾向だと思います。
過去30年(1990〜2019年)では初場所で初優勝と言う力士は11人。
特に直近4年は初優勝者が続いています。
今場所も白鵬が優勝すると34歳での連覇です。
これは千代の富士以来の快挙。

場所後には役員改選があります。
理事は今欠員1ですが、今回も選挙戦になるか?
今のところは伊勢ヶ浜一門で高島親方と伊勢ヶ浜親方が名乗りを上げたようです。
他の一門は候補が確定していません。
EATcf-14p101.ppp15.odn.ne.jp (211.121.45.101)


3120.Re: いよいよ初場所
名前:トコトコ    日付:2020/1/12(日) 12:47
ご挨拶が遅れましたが、2020年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

大相撲初場所ですね。
2010年代後半の4年間では、8人も初優勝力士が出ました。
このパターンだと今年も2人初優勝力士が出る計算にはなってきますけど、果たしてどんな1年になるでしょうか。

貴景勝・御嶽海・朝乃山といった、「近年初優勝力士」による、回数増加争いになりそうな気もしますけど。
一昨年の初場所終了時点では、栃ノ心の2度目の賜杯も、早晩達成確実と思っていましたが、どうやらそれは難しそうですね。

それにしても、大関の入れ替わりが本当に激しくなってきて、陥落→復帰も「普段あること」に成り下がりそうです。
奇しくも10年前の初場所では、久しぶりの「陥落した大関」として土俵に上がった千代大海が、3日間相撲を取って引退しました。

「日替わり定食」よろしく「場所替わり大関」が常態化しないようにしてほしいです。

新関脇朝乃山の活躍が注目ですね。
朝青龍って、もう10年前の横綱になってしまったんですね。
何かピンと来ない・・・・・・。
p2509087-ipngn200808osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.17.216.87)

3115.謹賀新年 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2020/1/1(水) 22:6
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
2020年・令和2年が始まります。
何と言っても本年はオリンピックイヤーです。
開幕式のセレモニーに大相撲力士が登場するか?

今月で朝青龍最後の優勝からちょうど10年になります。

EATcf-14p101.ppp15.odn.ne.jp (211.121.45.101)

ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb