[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トコトコ日記 掲示板
当サイトをご覧になっての感想や、各コンテンツに関するみなさまの情報・話題・エピソードなど、何でもお気軽にお書き込み下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2754.九州場所番付予想について 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2018/9/30(日) 17:33
相撲10月号では大成道が「3枠目」として再十両と予想していました。
しかし、3枠目は友風の新十両となりました。
来場所番付予想は千秋楽の時点での編集部予想なので実際とは違う事もあります。
私は矢後の新入幕(入幕なら改名の予定)は微妙と見ていますが、トコトコさんも新入幕と予想してますね。
千秋楽も勝って9勝としていれば新入幕当確でしたが、さて?
それにしても安美錦は惜しい負け越し。九州場所で幕内復帰を決めてほしいです。

EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)



2769.Re: 九州場所番付予想について
名前:えびすこ    日付:2018/10/29(月) 9:27
矢後は今回は新入幕を逃しました。
平成の本場所は九州場所が終わるとあと2場所。
「平成最後の新入幕力士」は誰になるか?
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2770.Re: 九州場所番付予想について
名前:田口茂    日付:2018/10/29(月) 19:59
千代丸かろうじて幕内残留。
錦木、竜電が上位初挑戦。
白鵬の九州場所出場は微妙。
鶴竜も足を痛めたとか。しかも5連敗中。初日は小結貴景勝にあたる公算大。連敗が伸びる可能性があります。
横綱の場所をまたいでの最多連敗記録は貴乃花の8連敗です。うち不戦敗1。 pw126234073135.21.panda-world.ne.jp (126.234.73.135)


2772.Re: 九州場所番付予想について
名前:トコトコ    日付:2018/10/31(水) 11:52
来たる九州場所の番付では、予想とのズレ幅が一番大きかったのが貴ノ岩でした(3枚違い)。
「番付は生き物」だから仕方ないとは言え、北勝富士が前場所9勝6敗から一気に8枚(前頭9→前頭1)上昇したのに対して、10勝5敗と二桁をマークした貴ノ岩が7枚(前頭13→前頭6)上昇なのは、何ともアンバランス感が否めません。
さて、怪我の回復が心配されている白鵬ですが、まだ出場の望みは残していますね。
まあ、せっかくの全勝翌場所だし、出場出来るに越したことは無いですが。
p2509087-ipngn200808osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.17.216.87)


2773.Re: 九州場所番付予想について
名前:えびすこ    日付:2018/11/1(木) 10:10
秋場所は平幕で大勝ちした力士が少ない事もあって勝ち越し分より大きく上がった力士がいますね。
なので北勝富士と貴ノ岩のように「上り幅のねじれ」も起きたんですね。
10勝の錦木が9枚。同じく10勝の竜電が10枚。11勝の嘉風が11枚。
この3人は勝ち数並みの枚数分上げましたね。
8勝の妙義龍が4枚。同じく8勝のが栃煌山が5枚も上げています。
かと思えば平幕11勝でも2枚しか上がらない事も。
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)

2771.加入組が部屋頭 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2018/10/30(火) 9:38
先場所まで貴乃花部屋だった小結貴景勝が千賀ノ浦部屋でも部屋頭になりました。
部屋の合併により加入組が部屋頭になり、かつ結果としてその部屋初めての三役誕生と言うケースは異例では?
最近は部屋の合併が多いのですが荒鷲は「加入組の部屋頭」を2回経験しています。

EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)

2766.年間最多勝争い 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2018/10/21(日) 16:5
九州場所になると年間最多勝争いが注目されます。
実は今年も低レベルでの争いです。
1位・鶴竜と栃ノ心(51勝)、3位・御嶽海(46勝)、4位・高安(44勝)、5位・逸ノ城と魁聖(43勝)。
この上位5位の6力士に絞られた感があるのですが、上記の誰になっても年間最多勝は個人初めて。
ちなみに昨年までの「3年連続最多でも年間60勝台以下」は史上初。
上記のとおり今年も最高でも66勝となったため4年連続60勝台以下も既に確定。
大相撲の平成最後の4年間は実は混戦模様だったと言えます。

EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)



2767.Re: 年間最多勝争い
名前:えびすこ    日付:2018/10/26(金) 22:41
もしも、現時点での今年の勝ち数上位3人以外の4〜5位の3人のうちの誰かが年間最多勝になると仮定。
後者の3人のうちの誰かが九州場所では優勝できないまま最多勝となると「優勝なしでの最多勝」。
逸ノ城以外の2人は負け越しか休場があるので一昨年の稀勢の里より「弱い最多勝」になりそう。
一昨年の稀勢の里は優勝こそないものの6場所全部で勝ち越したので。

ところで先月の北海道旅行は間一髪のタイミングでの訪道・帰阪でしたね。
あれ以降海外でもたびたび地震が起きてます。
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2768.Re: 年間最多勝争い
名前:トコトコ    日付:2018/10/28(日) 12:41
えびすこさん

年間最多勝は、白鵬の連覇が9で止まってから本当にどんぐりの背比べです。
平成3〜4年を思い起こさせますが、あの当時よりも長く「背比べ現象」は続きそう。平成の初期と後期で、仰るとおり最多勝争いの大混戦ですね。
星と出場の安定度で言えば、やはり御嶽海を推したいです。
優勝もしているし。

北海道から帰阪したのは、胆振地震の2日前でした。
私が札幌市電を撮影していた電停がテレビで放映され、真っ暗な様子でした。
そして帰阪当日、「広いな〜」と思いながら突っ立って写真を撮っていた、新千歳空港コンコースの位置も放映され、天井が落下してガラスの破片が散乱していました。
p2509087-ipngn200808osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.17.216.87)

2758.輪島死す 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/10/9(火) 13:13
元横綱輪島が逝去しました。輪島といえば北の湖です。この二人は大相撲史上最高のライバル。長きにわたって優勝争いを演じました。脇役も多彩。代表的な力士が大関貴ノ花。この時代はある意味、大相撲の黄金時代でした。
これで輪島より先になった横綱で存命なのは栃ノ海と北の富士だけです。
ご冥福をお祈りいたします。
pw126179073003.26.panda-world.ne.jp (126.179.73.3)



2760.Re: 輪島死す
名前:えびすこ    日付:2018/10/18(木) 9:43
元横綱で存命の人は65歳以上は北の富士さん、先代春日野親方、先代武蔵川親方、元間垣親方。
北の富士、栃ノ海、三重ノ海、2代目若乃花の4人ですね。
上記4横綱OBの次の年長横綱OBは伊勢ヶ浜親方。
輪島さんも御嶽海と同じく関脇で初優勝をして翌場所は10勝に届かず。その次の場所で好成績を挙げて大関昇進でした。
さて御嶽海の九州場所は?
EATcf-16p158.ppp15.odn.ne.jp (211.121.47.158)


2763.Re: 輪島死す
名前:トコトコ    日付:2018/10/19(金) 23:16
えびすこさん

曙と豪栄道以外に、輪島も大関昇進2場所前は8勝7敗だったのですね。
12勝(優勝)、8勝、13勝で、3場所合計では、今の目安でいう33勝に届いています。
輪島こそは、私がリアルタイムで現役時代を知っている最古の横綱。
昭和50年代前半〜半ば、テレビで時々相撲を見ていた時が輪湖時代でした。

平成25年以降、大鵬・北の湖・千代の富士・輪島と、かの双葉山の優勝回数を更新した4横綱が、相次いで他界しました。
北の富士が、優勝回数二桁をマークして在位も4年半、それなりに長かったのが現在も元気かくしゃくとされているのは、こうなると凄いことですね。
p2509087-ipngn200808osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.17.216.87)

2759.横綱同士の対戦5傑 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2018/10/10(水) 18:58
1、32番北の湖18ー14輪島 (千秋楽の結びの一番20番)

通算輪島23ー21北の湖。同率決戦4回。優勝決定戦2回。史上に残る看板カード。とくに昭和51年と52年は互いに優勝を重ねた。左の相四つで、いつも熱戦。大相撲を展開。

2、27番大鵬18ー9柏戸 (千秋楽結びの一番21番)

通算大鵬21ー16柏戸。優勝決定戦2回。2度の全勝決戦以来、見るべきものなし。大鵬の優勝32回に比べ、柏戸はわずか5回。それも2度は大鵬休場のとき。柏鵬時代は看板倒れ。

3、22番白鵬14ー8日馬富士 (千秋楽結びの一番17番)

幕内通算白鵬36ー21日馬富士。他に十両で白鵬1勝。同率決戦2回。優勝決定戦2回。常勝将軍白鵬に対して唯一抵抗したのが日馬富士。白鵬から21勝は特筆。その白鵬、先輩横綱朝青龍と通算13勝12敗。横綱同士では白鵬の8勝3敗。優勝決定戦では朝青龍の3勝1敗。

4、21番貴乃花13ー8曙 (千秋楽結びの一番19番)

通算貴乃花21ー21曙。同率決戦5回。(史上最高) 優勝決定戦3回。輪島ー北の湖に次いで2横綱対立時代を作り上げました。両者は序ノ口から顔を合わせ、下位対戦貴乃花の3勝2敗。他に優勝決定戦では曙の2勝1敗。全て通算すると25勝25敗のまったくの五分。まさしく希有のライバル。

4、21番北の湖14ー7若乃花 (2代目、千秋楽結びの一番7番)

通算北の湖25ー18若乃花。優勝決定戦2回。若乃花が新横綱になってから16場所連続北の湖と対戦。これは横綱同士の連続対戦最高記録。
pw126179073003.26.panda-world.ne.jp (126.179.73.3)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb