[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トコトコ日記 掲示板
当サイトをご覧になっての感想や、各コンテンツに関するみなさまの情報・話題・エピソードなど、何でもお気軽にお書き込み下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2234.新旧交代 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2017/5/18(木) 10:36
春場所で史上初めて関取で平成生まれの力士の人数が昭和生まれの力士の人数を上回ったことがスポーツ紙のコラムにも出ていました。
そこで調べたところ、「年長世代」の昭和50年代生まれの力士は夏場所では関取に11人。
「昭和50年代生まれ最後の関取」となるのはだれか?
プロ野球の監督も昭和50年代生まれの人(巨人・高橋監督)が出ております。

おそらく稀勢の里が昭和生まれ最後の横綱(彼は昭和生まれ最初の横綱の初代若乃花の孫弟子)か?
奇しくも戦後72年の年に大相撲史上72人目の横綱に昇進。

EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)



2238.Re: 新旧交代
名前:トコトコ    日付:2017/5/18(木) 22:5
えびすこさん

>昭和50年代生まれ最後の関取

多分、嘉風じゃないでしょうかね?
昭和50年代生まれで最後に三役を務めるのも、嘉風かも知れない。

>戦後72年の年に大相撲史上72人目の横綱

これで横綱在位も72場所になったらすごい(←さすがに有り得ない)。
ところで、稀勢の里の次の横綱(第73代)は高安かも知れません。
照ノ富士に先んじて、一気に駆け上がる可能性も・・・・・。
もしそうなったら、2代続けて同じ部屋というのは、あの若貴以来、7代ぶりということになりますね。
p1768147-ipngn200203osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.45.212.147)


2239.Re: 新旧交代
名前:田口茂    日付:2017/5/19(金) 11:0
 稀勢の里は幕内73場所で横綱へ。残念「1」違い。相撲年齢は、とっくに北の湖、貴乃花を超えている。しかもここまで休み「1」。ここにきて「筋続疲労」が出てもおかしくない。「短命横綱」にならなきゃいいですが。今回の怪我でなきにしてもあらず。
 他の横綱はまれにみる「長命横綱」。とくに満身創痍の日馬富士。ここまでやると思いませんでした。先場所の稀勢の里戦は「生涯最高の立ち合い」。
もし 高安が一気にかけあがると前代未聞の「5横綱」に?。ホンマかいな(苦笑い)と思います。はじめてこの高安の四股名を聞いたとき安っぽい感じがしましたが、昇進しても、もうこのままいっちゃうのでしょう。まさか輪島以来の本名横綱?
 本名同士の高安対遠藤。アマチュア相撲の対戦に見えますが、れっきとした「大相撲」の取り組み。
 1年前では高安が「化ける」とは想像つきませんでした。 softbank126010198055.bbtec.net (126.10.198.55)

2224.朝赤龍引退 返信  引用 
名前:えびすこ    日付:2017/5/14(日) 9:36
一昨日、朝赤龍が引退しました。年寄・錦島を襲名。
一時は大関になれると見ていたんですが朝青龍の引退後はあまり活躍出来ませんでした。
その後は自身の後に続く若い力士がなかなか出ない中で孤軍奮闘していました。
朝弁慶や朝乃山が関取になって(朝弁慶はいま幕下)ようやく高砂部屋も復調の兆しが出ています。
なお4月に日本に帰化していますが現在の本名は旧本名とあまり変わりません。
先場所の時点では現役外国出身力士で最年長のはず。

EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)



2225.Re: 朝赤龍引退
名前:田口茂    日付:2017/5/14(日) 13:37
 一番心配してるのは3横綱の処遇。白鵬はともかく日馬富士、鶴竜は日本国籍を申請しているのだろうか。日本の帰化が認められるのに最低1年近くかかる。このままでは引退しても日本に残れない。それまで現役を続けられるのだろうか?1年近くも。これまで朝赤龍が帰化を申請してるとは思いませんでした。それで、ここまで現役を続けたのでしょう。かって琴欧洲も帰化が明らかになったのは引退発表後。申請するときは、いちいちマスコミに言わないのかも知れません。 softbank126010198055.bbtec.net (126.10.198.55)


2227.Re: 朝赤龍引退
名前:えびすこ    日付:2017/5/15(月) 9:49
今日記者会見の予定です。既に昨日から館内警備についています。
千代大海が引退した時は場所中引退でしたが、その1週間後には早くも解説デビューでした。
1週間前まで大銀杏で相撲を取っていた力士が、新米親方としてちょんまげに背広で放送席に座る。
こんなに短期間で解説デビューは後にも先にもないのでは?

琴欧洲は引退直前に帰化が官報で発表されました。
同時に帰化が発表されたのが先ごろ亡くなられた時天空。
時天空は四股名(下の「慶晃」も入れて)をそのまま日本名にしてました。
EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)


2235.Re: 朝赤龍引退
名前:トコトコ    日付:2017/5/18(木) 11:55
何と言っても平成16年春場所、初日から12連勝して終盤まで優勝争いに加わったのは、強く印象に残っています。
同部屋の横綱が全勝だった中、朝赤龍は千秋楽に2敗目を喫しましたが、もし勝って朝青龍が敗れていれば、同部屋決戦でした。

三役未経験ながら13勝2敗を記録。
新三役はそれから2年後の平成18年名古屋場所で、初日、当時大関で綱盗りだった白鵬を破る殊勲の星を挙げながら、3日目から休場してしまいました。

全体としては大人しい印象でしたが、地味に新関脇で勝ち越すなど、上位での実績も残しています。
親方としても、コツコツと頑張る弟子を育ててほしいですね。

それにしても、帰化の申請から認可まで1年も掛かるのだったがら、本当に現3横綱がどのタイミングでどうするつもりなのか、気になりますね。
ある日突然、引退の危機に直面するということも、土俵の上ではありますし。
帰化待ちで長期休場、というのは確かに前代未聞。
休場は横綱の特権ではありますが、貴乃花のような、復活を前提とした長期休場ならともかく、手続き完了待ちというのはねぇ・・・・・。
p1768147-ipngn200203osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.45.212.147)

2195.番付発表 返信  引用 
名前:田口茂    日付:2017/5/1(月) 17:17
 夏場所新番付を見ると不可解なことが起きている。3関脇の序列がそのままなのである。普通三役以上は、星数の多い方から序列を決めるはずです。春場所玉鷲8勝7敗。高安12勝3敗。琴奨菊9勝6敗。ですから夏場所は高安、琴奨菊、玉鷲の順のはず。ところが序列は東玉鷲、西高安、東2枚目琴奨菊のまま。前代未聞。私も子供のときから長い間相撲を見ているがこんなことははじめてだ。毎場所番付を予想するトコトコさんも、さぞかしびっくりだろう。こんなことはきいたことがない。高安は今場所大関昇進がかかっていて、東だろうが西だろうが13勝以上を上げれば文句なしだが、それにしても不可解。
 それと魁聖と妙義龍が、かろうじて幕内に残留。妙義龍は首の皮一枚つながったようだ。6勝9敗で下がり1。西4枚目9勝6敗の小柳(豊山に改名)を幕内に上げるというなら、東4枚目8勝7敗の千代丸も幕内に上げてもよさそうなものだ。現に昨年秋場所千代大龍が西4枚目8勝7敗で幕内に上がっている。いったい審判部は毎場所毎場所何を基準に番付を作成してるのだろう。春場所での稀勢の里の横綱最下位は今もって解せない。さすがに今回はまいったね。番付は可能な限り「公平」が大原則。審判部は自らそれを破っている。
softbank126010198055.bbtec.net (126.10.198.55)



2196.Re: 番付発表
名前:トコトコ    日付:2017/5/1(月) 23:57
田口茂さん

新番付を一目見て、私も自分が見間違えているのかと思いました。
関脇の序列の不可解現象としては、平成26(2014)年名古屋場所の番付で、前場所(夏場所)、東関脇 豪栄道8勝7敗、西関脇 栃煌山10勝5敗だったところ、序列が変わらず、豪栄道が東、栃煌山が西ということがありました。
それ以来の序列乱れです。

前回の時は、暗に豪栄道を大関盗り場所と位置付けたいがために東関脇に座らせた、という推測が聞かれていましたが、その理屈でいくなら、今回はどう考えても高安を東に座らせないといけない筈。
そうでなくても、3関脇でただ一人二桁12勝の大勝ちをした高安を、あろうことか西に据え置きというのは、一体どういう了見なのでしょう?

東横綱(1枚目)の稀勢の里と同部屋の高安を西にすることで、対横綱戦の当たる順番に関して、何かメリットがあるとでも言うのでしょうか?
はたまた玉鷲を東にすることで、終盤、より盛り上がる割りの組み方になるとでも言うのでしょうか?
否、それだったら、こんな不可解な原則崩しをしなくても、取組の順番自体に対して、良い意味での原則崩しをすればそれでいい話です。

当の3関脇本人も内心首を捻っていることでしょう。
横綱・大関が通常通りの序列編成だったのに対して、何故関脇だけ、『丸々見落とし』の如くそのままになったのか?
本当に、歴史に残る珍番付となりました。

十両3〜4枚目の8勝7敗は、毎回微妙なところですよね。
番付は生き物と言われますが、審判部の基準そのものが悪い意味で生き物だ、と感じることがままあります。
p1768147-ipngn200203osakachuo.osaka.ocn.ne.jp (180.45.212.147)


2197.Re: 番付発表
名前:田口茂    日付:2017/5/2(火) 9:31
 以前にもあったのですか。26年名古屋場所。それは気づきませんでした。それ以前?調べる気は起きません。「三役の序列は前場所の勝ち星順」というのはあまりにも当たり前のことなので。
 話は変わりますが、雑誌がもう一つNHKから出版されます。これによって「相撲ジャーナル」は内容を一新。旧「大相撲」のスタッフを向か入れるといいます。かって「大相撲」は協会に対する野党的立ち場で、どしどし批判や建設的意見をいってきましたが、その役目を「相撲ジャーナル」に引き継いでもらいたいです。協会機関誌「相撲」には読み応えのある記事がほとんどありません。しかも薄っぺら。過去どんな力士がいたのか、今の若い人にはわからないと思います。その力士の紹介もない。かっての「大相撲」誌には小坂秀二、小島貞二、三宅充、三谷光二、渡辺光太郎、加藤健といった気骨のあるライターが文章を書いていました。その人たちから相撲史を学んだものです。 softbank126010198055.bbtec.net (126.10.198.55)


2198.Re: 番付発表
名前:えびすこ    日付:2017/5/2(火) 9:28
あっ、そうでしたね。勝ち数の順番で行けば高安が東になりますよね。
これは同部屋だから東正横綱の稀勢の里との対戦がないこともあるのか?
でも稀勢の里の対戦相手は先場所とは数人変わるだけと思うので大差なしか。
小柳の豊山襲名。新入幕即襲名ですね。3代目豊山と呼称されるかな。
「豊山」を名乗った3人が同郷・同校出身。
幕内上位は千代の国が東筆頭で千代翔馬が西2枚目で自己最高位。大栄翔も東3枚目で自己最高位。
上記3人は横綱対戦圏内。今場所は力士の改名で話題が多いです。
EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)


2199.Re: 番付発表
名前:田口茂    日付:2017/5/3(水) 10:26
荒汐部屋の3兄弟が、「毛利3兄弟」にならって揃って改名。

長男 大波から 「若隆元」 東幕下 39枚目
次男 剛士から 「若元春」 西幕下  9枚目
三男 先場所から「若隆景」 西三段目63枚目

なお余談ですが舛ノ山は東序二段81枚目です。もし全休しても序ノ口に残れます。 softbank126010198055.bbtec.net (126.10.198.55)


2216.Re: 番付発表
名前:えびすこ    日付:2017/5/8(月) 17:20
夏場所の番付を見て白鵬が「番付順位第4位(4横綱の最下位)」になっていることに気づきました。
彼の「番付順位第4位以下」はいつ以来か調べたら19年初場所(番付順位第6位)以来。
この時は全休の翌場所で大関陣の最下位でした。
つい最近の3横綱体制の時でさえ「番付順位第3位になるのは久々」でしたね。
番付順位第3位以上を10年も維持できたのは恐らく年6場所制下の力士では初めてでは?
EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)


2230.Re: 番付発表
名前:えびすこ    日付:2017/5/16(火) 9:42
>田口さん

「序列の不可解現象」のところで先ほど投稿しました。
「高安は春場所12勝でも西(関脇)のままは東富士以来約70年ぶり」と言うのはどういったことを指しますか?
過去に関脇で好成績を挙げても同様の事があると思って記載しましたが、よくよく調べたら東富士は大関での事例でした。
確認のため項目を見ると欄の冒頭の所で「大関」とあったので関脇でのことではないと思いました。

「相撲ジャーナル」の件は出版権の問題らしいです。
でも相撲雑誌が1誌増えるのはいいことですね。
EATcf-18p169.ppp15.odn.ne.jp (211.121.49.169)


2231.Re: 番付発表
名前:田口茂    日付:2017/5/17(水) 9:9
まぎらわしい書き方をしてすいません。正確に記すと「三役以上で優勝、もしくは優勝に近い成績をあげながら、東正位になれなかったのは69年ぶり」ということです。大関東富士と関脇高安が該当します。

 ◎東正位より、いい成績をあげながら、西正位に据え置かれた例

         留められた力士            居座った力士
大関 昭和23夏 西張出大関 東富士10勝1敗 優勝  佐賀ノ花 6勝4敗
関脇   56名 東張出関脇 朝 汐11勝4敗     琴 風 10勝5敗
   平成 5名 東張出関脇 貴ノ浪 9勝6敗     武蔵丸  8勝7敗
     26夏 西関脇   栃煌山10勝5敗     豪栄道  8勝7敗
     29春 西関脇   高 安12勝3敗     玉 鷲  8勝7敗

追記
平成9年夏、東横綱貴乃花と西横綱曙が12勝3敗の同率で優勝決定戦。曙が勝って優勝しましたが、翌場所の番付は西横綱のまま。これまで優勝決定戦の勝敗に関わらず、翌場所は番付通りということでしたが、ここで疑問の声が出て、次回からは優勝決定戦で勝った方が東正位に座るということに改められました。このように序列に関して厳格なものがあります。ところが今回あっさり破られたということです。理由不明。「相撲」誌もその件についてふれていない。ですから前頭以下の番付編成も強いて知るべし。前例も考えないでその場その場でパッパパッパきめてしまう。何しろ序の口以上の何百人の番付を作るのだから、やむを得ない所もあるが。今回は推察すると「うっかりミス」でしょう。 softbank126010198055.bbtec.net (126.10.198.55)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb