[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
母乳フェチ体験談(妄想も可w)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



595.母乳小説をブログのほうにて販売再開しました♪ 返信  引用 
名前:松谷徳盛    日付:2010/2/5(金) 16:7
試しで

『母乳美術教師 美紀』
『母乳情話』

の2作品を公開しました。

よろしければどうぞ・・・
http://matsuyatokumori.blog25.fc2.com/blog-category-2.html



596.Re: 母乳小説をブログのほうにて販売再開しました♪
名前:通りすがりのオッパイマニア    日付:2010/3/22(月) 5:11
母乳情話、読ませていただきました。。。

興奮冷めやらぬ感じです(´∀`;)
文章がうまくて、光景が眼に浮かびました。
主人公も自分とシンクロしちゃって、こういう状況なら俺もこうするなぁって勝手に同調してましたw

また来訪させていただきますw


597.Re: 母乳小説をブログのほうにて販売再開しました♪
名前:松谷徳盛    日付:2010/3/22(月) 12:50
>通りすがりのオッパイマニアさま

ありがとうございます^^
Kastu先生の作品は初めて女性の乳房を目にする少年の心をそのまま文章にしたためたような勢いがありますので、確かにのめり込めます。

同じく2作目の『プールサイドの母乳妻』に関しては水泳教室で水着の爆乳インストラクターを話にしたらどうかというのがきっかけで描かれました。

ちなみに、その時に小生の体験談も話して盛り込んでもらっていたりしております^^;

593.小学生時代の秘密(続・ママゴトの思い出) 返信  引用 
名前:REIKA    日付:2010/1/15(金) 9:5
これから書くお話は以前書いた“ママゴトの思い出”の後日談です。

あの、恥ずかしい出来事から数日が経ちました。
まだ、学校は夏休み中でしたが通っていた小学校にあるプールが無料で開放される為ほとんどの生徒は毎日プールに入りに学校に来ていました。
例の男の子たちも毎日のようにプールで一緒になりましたが“先日の出来事”が気まずいらしくお互い顔を合わせないようにしていました。

私はあの日以来、とても“自分の胸”を意識するようになっていました。
今まではなんとも思わなかった周りの男の子がみんな「自分の胸を見ている」ような気がしてとても恥ずかしい気持ちになりました。
同時に私は“他の女の子の胸”も気にするようになりました。
更衣室で着替えをしながら周りをチラチラ見ると胸の大きな子や小さい子、大人のような派手なブラジャーをつけている子や子供っぽい地味なシミーズを着ている子など色々と個人差があることに気がつきました。
あの日「乳首が出ていない」と男の子たちに言われてから私は自分の胸がコンプレックスになっていたので他の女の子の乳首がどうなっているのかとても気になりました。
着替えをするフリをしながら友達の胸をチラチラ見ました。
みんな、首から被るタオル地のスカートを使っていたのでじっくりと見ることは出来ませんでしたがブラジャーやシミーズを着るときはタオルが捲れるのでその時を狙って胸元を覗きました。
色白で小柄なAちゃんの乳輪は大きめで薄い肌色、虫刺されのようなピンクの小さな乳頭がポチッという感じでついていました。
日に焼けたスポーツマンタイプのBちゃんは大人のように立派な胸でBカップくらいありました、濃茶色で小指の先程もある大きな乳首がシミーズからツンと透けています。
大きくて色の濃い乳頭が白いシミーズを持ち上げるようにプルプルと揺れる様子が透けて見えてとてもいやらしく思えました。
プールで泳いでいる最中も他の子の胸が気になって仕方ありませんでした。
私の学校の指定水着は競泳タイプだったのでよく見るとほとんどの子が水着越しにわかるくらい乳首がプックリと膨らんでいました。
特にBちゃんのようの大柄で胸が大きい子はクッキリと乳首の大きさがわかるくらい透けていました。
みんな、プールに入る前より入った後のほうが水の冷たさのせいで乳首が大きくなっていたのを憶えています。
私はBちゃんの大きな胸と乳首が羨ましくてたまりませんでした。
ある時、Bちゃんがタオルスカートを忘れたので着替えの一部始終を見る機会がありました。
水に濡れたツヤツヤした大きな胸や大きく尖った乳首が水着の胸元から「プルンッ」と飛び出す瞬間は今でも忘れられません。
そんな周りの女の子の胸を見るたびに私は自分の小さな胸と陥没した乳首が恥ずかしく思えて悲しくなりました。

その頃、私は“Bちゃんの胸”を思い出しながら毎日のようにオナニーをしていました。
乳輪を摘んで出来たふくらみを大きな乳首に見たたてツバをつけたマジックのキャップをグリグリ押し当てました。
いつも最後はベッドの角にアソコを擦りつけてイキました。

そんな日々が続いて夏休みも終わりに近づいたある日、プール帰りの私は“あの日”私の胸に射精したOOO君に声を掛けられたのです。

589.あけましておめでとうございます 返信  引用 
名前:けんた    日付:2010/1/2(土) 13:52
皆さんあけましておめでとうございます
管理人さん、今年もよろしくお願いします
2010年ですね、今年こそ母乳を、思う存分飲みたい・・
まあ理想ですが^^
赤ちゃんみたいに抱かれて授乳されるのは夢です
豊満なママに甘えて。おっぱいチューチューするのがいいんですが
黒くて大きい乳首から溢れる母乳を飲める日を夢みてます

管理人さん今年もご苦労かけますが、体調崩さぬよう、がんばってください



590.Re: あけましておめでとうございます
名前:松谷徳盛    日付:2010/1/2(土) 23:50
>けんたさん

初・書き込みありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします^^

確かに思う存分に飲みたいですよね、母乳…!

最近、眠るときは豊満な谷間に埋まりこむ妄想に
癒されます。

その妄想を執筆にぶつけられたらと思いますw


591.Re: あけましておめでとうございます
名前:ヘンシー塚本    日付:2010/1/3(日) 11:21
今年もよろしくお願いします。

585.まりんだよ〜 返信  引用 
名前:まりん    日付:2009/11/26(木) 16:26
欲求不満だったから母乳風俗で働きはじめたよ〜(^O^)

そしたらゴクゴクおっぱい飲むお客さんがいてね、その人が母乳飲み始めたら髪がすっごい増えたって!

母乳って不思議だよね〜(v_v)



587.Re: まりんだよ〜
名前:ヘンシー塚本    日付:2009/12/1(火) 19:4
まりん、お願いします

581.今日の仰天ニュースで 返信  引用 
名前:gaia    日付:2009/10/28(水) 21:56
今日の仰天ニュースの一番最初に二人の子供に右の乳房の乳がんを教えてもらった女性が登場し、赤ちゃんが左の乳房を吸うときにちらっと乳首が、ほかにも搾乳シーンや、左右の母乳を夫に味見してもらうシーンもありました。

580.母乳 返信  引用 
名前:ヘンシー塚本    日付:2009/10/14(水) 17:34
母乳

579.エッチ 返信  引用 
名前:田中駿途    日付:2009/10/13(火) 20:20
おまんこにおちんちんを入れたい

578.若いホステスから聞いた話 返信  引用 
名前:不思議なこと    日付:2009/10/5(月) 0:16
二十歳位の巨乳ホステスとおっぱい談義した時の話。
メロンを二つ胸に入れているかと思うくらい巨大なバストの持ち主。
彼女は高校生でFカップ巨乳なのにすごく感度がよかったらしい、それは母性本能が若い時から人一倍強いせいかもと言ってた。彼氏と定期的にセックスはしても若い彼はよく感じる乳房の愛撫もそこそこにすぐ挿入され痛いだけで彼女としては挿入よりもっと時間をかけて乳房を可愛がってほしかったけど、恥かしくて言い出せず何時も不満だったらしい。
ある時事情があって親戚で母子家庭の小学校4〜5年生で知恵遅れの男の子を家で預かりその子の世話をしているときの話。
母親から離されたその子は私を慕いいつもそばから離れず勉強を教えたりしていたが、ある時お姉ちゃんのおっぱい大きい、と言いずいぶんおませな子だと思ったがよく事情を聞くと、母親に赤ちゃんが出来て甘えてくる知恵遅れのその子にも母乳を飲ませていたらしいのです。
その子にとって大きな胸イコール母親の乳房、母乳なのです。それで私の大きく突き出した胸を見て母乳がでるものと思い込んで寂しさから胸に抱かれてお乳を吸いたくなったのでしょう。お姉ちゃんのおっぱいは出ないのよと言っても知恵遅れの子には理解出来ない、おっぱい欲しいの一点張り。
私も可哀相に思うのと母性本能がくすぐられお乳を吸わせてみると出ないのがわかり納得してくれるかとブラウスの前を開け片方のお乳を口に含ませてみたのです。すると何とも上手に吸い付き気持ちよさで思わず声が出るとこで、彼氏に吸われたのと違い本当におっぱい飲ませてるって気持ちになったのです。いくら一生懸命お乳を吸ってもおっぱいが出ないのでその子はすぐに諦めると思ったのですが吸うのを止めません、
それどころかいつの間にか器用にブラウスの間から手を入れもう片方のお乳を揉むのです。母親のオッパイを飲むときもこうしたのかと、気持ちよさにされるままにしておいたが馴れてきたせいか今度は自分で揉んでた方のお乳を引き出して吸い始めるのです。ずうずうしいと思ったけどおっぱいが飲みたい一心なのかと可哀相で満足するまでお乳を自由にさせてあげることにしたのです。長い時間キュキュとリズミカルに乳首を吸われすっかり気持ちよくなって、今日はお姉ちゃんのおっぱい出ないけど明日になると出るかもよと嘘を言いやっとお乳を口から離してもらいました。

577.(untitled) 返信  引用 
名前:REIKA    日付:2009/9/30(水) 4:24
松谷様

コメントをいただきありがとうございます。
子供ながら本当に衝撃的な体験でした。
ホントに細かいところまで覚えているので今更ながらビックリしています。

あれから中学生くらいまでOOO君とのお話は続きます。
【母乳フェチ体験談】という趣旨とは違ってきてしまうかもしれませんが御了承ください。
とても恥ずかしい内容ですが楽しんで読んでいただけると嬉しいです。

574.露天風呂 返信  引用 
名前:青井みかん    日付:2009/9/17(木) 19:24
夫の両親と私たち家族でちょっとひなびた温泉旅行に行きました。
5人同室で、たのしかったのですが、私たち夫婦はアレをずっと我慢していたのです。みなが寝静まった後、夫が露天風呂に行こうと言いました。でも混浴と聞いていたので、躊躇していると、先に偵察に行ってだれもいなかったからと迎えに来てくれたので、二人で貸切露天風呂を楽しみました。実は断乳してしばらくたっていたのですが、強く刺激されたり感じてくると母乳が出ていたのです。露天風呂という場所に興奮しお乳首を少し吸われただけでいきそうになるほど感じて、お乳が迸り出て、特に、岸に手をついて後ろからされたときは張って重たいお乳がブルンブルン揺れて噴出したお乳がそこらじゅうに飛び散りました。何度かして、夫は「おふくろたちになんか思われないように先に帰るから、ゆっくりしてこいよ」とかいって上がってしまいました。お乳が張って痛かったので、洗い場で搾り出そうかとも思いましたが、せっかくと思い、オナニーをしました。その時、少し先にあった岩の向こうから、年配のおじさんとおじいさんの間のようなおなかの出た男の人がぬっと現れたのです。誰もいないとばかり思っていたので、きを失うかとおもうくらいびっくりしました。のどがからからになって声も出ませんでした倒れそうでした。ずっと見てたの??いつから???
「気がつかなかった?おっぱじめちゃったかたら出るに出られなくって、、」といやらしい笑いを浮かべながら
「いいものみせてもらったから、もう何にもしないよ。」
「それにしても、いい体してるね、おっぱいおおきいね〜きれいだね〜、こんなきれいなピンク色してるのに、おいしそうなミルク出して、イヒヒ、感じてくると出ちゃうの?え?そうだろ、出してみなよ、ほら」
といいながら近づいてきて、太短い指で乳首に触れました。怖くてじっとしていると片方の乳首を弄りながら他方の乳首に吸い付きました。
こんなに痛いほどお乳が張っているのに先ほどまであんなに出ていたの
にちっとも出てきません。
「あっちのほう、やらないと出ないんじゃない?わしにやられるのいやだろうから、あんた、さっきやってたようにやってごらんよ、おっぱいこんなに張って、吸い出してほしいだろ」
あつかましいことをいうのですが、こいつ母乳すわせてやればそれでおしまいかも、こうなったらしかたないか、とだんだん落ち着いてきて、
「じゃ、ちょっと、放して。」
と言って、両手で乳房を揉み、乳首を刺激しながら、片手を下に下ろして感じるようにすると、見られてると思う恥ずかしさが妙な刺激になって硬く尖った乳首の先からピューっとお乳が噴出したのです。
その後、時々、手で搾り出したりしながら止まるまで、そのおじいさんは仁王立ちになった私に見下ろされながら上を向いて口をあけて飲み続け、私のお乳に触れることはありませんでした。
それは、舅だったのです!!

その後旅行中ずっと、口を利きませんでしたし、その後ン十年、夫の両親とは必要最小限の付き合いしかせず、そして、この春、舅は亡くなりましたとさ。めでたしめでたし。



576.Re: 露天風呂
名前:松谷徳盛    日付:2009/9/21(月) 22:2
青井みかん さま

書き込みありがとうございます。
露天風呂での産後間もない母乳プレー・・・
うらやましすぎでございます。

温泉で血行が良くなった乳房をぶるんぶるんさせながら突き込みたい!!

もし混浴でそんな場面に遭遇したら正気を保っていられなさそうですーー;

573.ママゴトの思い出6 返信  引用 
名前:REIKA    日付:2009/9/15(火) 0:53
OOO君の口に私の乳首は吸われてしまっていました。
片方の乳首を口に含みながら反対側は指でクルクルと回すように触られゾクゾクしました。
さっきまでは意識しなかった「チュウチュウ」と乳首を吸われる音がハッキリと聞こえてとても興奮したのを覚えています。
OOO君の口の中で左右に動く舌の感触や爪先でカリカリと乳輪を擦っているのもわかりました。
少しすると私は急にトイレに行きたくなってきました。
「オシッコが漏れる」と思いましたが今思い返すとそのとき私は“感じて濡れて”いたのかもしれません。
ガマンしているとOOO君の口と指が胸から離れるのがわかりました。
「これでやっと終わったんだ…、トイレにも行ける」と思いホッとしました。

すると今度は指ではない何か温かいものが胸に押し当てられました。
何となく“オチンチン”が当てられているのだろうと想像できて逃げ出したくなりましたが怖くて寝たふりを続けました。
するとOOO君が「OOの乳首とオレのチンコがキスしているよ」と言いながらオチンチンを私の胸に擦りつけ始めました。
擦りつけている間はずっと「OOの乳首、OOの乳首…」と呟いていました。
胸のあたりから「ニチャニチャ」と濡れたような音がするようになりました。
少しすると「ウッ」とOOO君の声がして私の胸の上に射精したのがわかりました。
「ほんとにオッパイが出たみたいだよ」と言いながら両方の乳首に生ぬるいベタベタした精子を塗りつけているのがわかりました。
すごく気持ち悪くて泣きそうになったのを覚えています。
すると「ちゃんと奥にも塗らなきゃ」と言って今度は乳輪を指で開いて指を入れようとしてきました。
指なんか入るような大きさではないのですが割れ目を開いて無理やり指を入れようとグリグリを動かします。
あまりの痛さと気持ち悪さにガマンできなくなった私は「やめてよ!先生に言いつけてやる!」と起き上がって叫びました。
するとOOO君は驚いて「ゴメンナサイ」と何度も言いながら大急ぎで部屋から出て行きました。
他の男の子たちが帰ってくるのが怖かった私は落ちていたブラで胸を拭いて急いで家に帰りました。

帰り道でトイレに行きたかったのを思い出して公園のトイレに入りました。
用を足した後、薄暗い洗面所で胸を洗いました。
何度も弄られた胸は全体が赤くなり、薄い肌色だった乳首も赤っぽくなって乳輪のポツポツがとても目立ちました。
乳輪部分が胸にできた腫れ物のようにプックリと膨らんで大きくなり割れ目が少し開いたような状態になっていたのを覚えています。
割れ目についていた白いカスのようなOOO君の精子が自分の母乳に見えて「ママゴトのお母さん役」をしていたことを思い出しました。
ブラをつけようと思いましたがツバと精子でベチャベチャになっていたのでやめました。
その後、汗とツバと精子の混じった変な匂いが自分の体からすることに悲しくなりトイレの個室の中で泣きました。

次の日からは男の子たちと学校で会っても無視をして過ごしました、向こうも気まずそうにこちらを無視をしていました。
数日後、私の自宅の机の中からあの日につけていたブラジャーを見つけました。
親にも見せられず洗うことも捨てることも出来ないでしまっておいたブラジャーはツバと精子が乾いて出来た黄色っぽいシミがついていて臭い匂いがしました。
それを見ているとあの日のことが思い出されてとても怖い反面なんとも言えない興奮感が湧き上がりました。
かわいらしい水色のフリルやリボンに臭い精子の黄色いシミのついたブラをつけながら私は初めて“オナニー”というものをしました…。


これでこのお話は終わりです。
この後ももう少し彼らとのお話はあるのですが機会を改めたいと思います。

あまりに衝撃的だったからなのか意外なほど細かく覚えている自分に書き込みを始めてから驚きました。
今、考えると完全に性犯罪だと思うのですがこのようなことを私以外でも経験している人は結構いると思います。
自分の記憶が曖昧になる前に何らかの形でこの出来事を残しておきたいと思い書き込みをしました。(忘れたいような気もしますが…)

多分、時間にして2時間くらいの体験だったと思いますが20年経った今も忘れられない衝撃的な“母乳体験”でした。



575.Re: ママゴトの思い出6
名前:松谷徳盛    日付:2009/9/21(月) 21:59
REIKAさま

レスが遅れてすみませんでした。
終始、欲望の赴くまま思いきり吸いつくされたという文章に興奮を禁じえませんでした^^;
少年たちの倒錯的な授乳衝動に駆りたてられ、未成熟な乳房が強制的に開発されていく様が克明に描かれておりました。

まだ後日談があるとのことですが、楽しみにしております・・・!!

572.ママゴトの思い出5 返信  引用 
名前:REIKA    日付:2009/9/13(日) 23:5
少しして私は目を覚ましました。
実際に気を失っていた時間はほんの少しだったようです。
夏の午後の蒸し暑い部屋に唾液の乾いたなんともいえない匂いがこもっていました。
おなかの上には気持ち悪い精液がついていたはずなのにキレイにふき取られていました。
ふと、ブラジャーを取られてしまったことを思い出して回りを探しましたが見つかりません。
部屋の中に一緒にいたOOO君(一番仲の良い同級生の男の子)もいません。
不思議に思いましたが静かにしていると部屋のドアの外から物音がしました。
胸を隠しながらそっとドアの隙間から廊下を覗くとOOO君が私のブラジャーでオチンチンを挟んでオナニーをしていました。
当時の私はオナニーのことをよく知りませんでしたが、クラスの男子が「センズリは男のオナニー」と大声で話しながらオチンチンを擦るマネをしていたので一目でOOO君がオナニーをしているのだとわかりました。
「OOO君が私の下着で興奮している!」と思うとさっきまで怖いくらい恥ずかしい思いをしていたのがウソのようにドキドキしてきました。
「他人のオナニーを見るなんていけない」と思う反面「私の恥ずかしいいところを見られたんだからOOO君のオナニーを見てもおあいこ」という不思議な気持ちになりドアの隙間からそっとOOO君のオナニーを観察しました。
するとOOO君はブラのカップの内側を舐め「あぁ、ここにいつもOOちゃんの乳首があたってるんだね…、おいしい」と呟いたり、「OOちゃんの乳首とオレのチンコがくっついてるよ」と言いながらブラでオチンチンを挟んで擦っていました。
見ていると「私のブラジャーがOOO君に汚されている」と思い少し悲しくなりました。
少し考え「ホンモノの胸には触らなかったかわりに下着でガマンしてくれてるんだ」と思いOOO君のオナニーが終わるまで声をかけないことにしました。
少しするとOOO君の手の動きが早くなり「ウッ」と言うと荒い息をしたまま動かなくなりました。
私は急いで元の寝ていた位置に戻り寝たふりをしました。
少しするとそっとドアの開く気配がしてOOO君が部屋の中に入ってきました。
その間、私は「ブラの中に精液を出しちゃったのかな、拭いて取れるかな」とか「おなかの上にかかってた精液をふき取ってくれたのはやっぱりOOO君かな」など色々なことを考えていました。
OOO君がすぐ横まで来たのがわかりましたが目を覚ますタイミングがつかめずに向こうから起こしてくれるのを待ちました。

するとOOO君が「乱暴にされてかわいそうなOO(この時から呼び捨て)のオッパイ、オレは優しくかわいがってあげるね」と言いながらそっと胸に触ってきました。
ビックリしましたがここで起き上がってOOO君を拒めば彼を傷つけるのではないかと思い少しの間寝たフリを続けることにしました。
「OOのオッパイはホントにかわいい」「乳首のまわりに産毛が生えている」「大きな乳輪のポツポツがいやらしい」「割れ目から乳頭を出してあげる」など小学生とは思えないいやらしいセリフを言いながら指で胸を撫で回しました。
“乳首の産毛”や“大きな乳輪”など聞いたことのないようなエッチな単語を聞くたびに私の全身が緊張していくのがわかりました。

そして、胸元にOOO君の生温かい息を感じた次の瞬間

571.ママゴトの思い出4 返信  引用 
名前:REIKA    日付:2009/9/13(日) 21:35
すると「よし、そっちもオレに触らせろ」と言って5年生の男の子が捲れ上がってたブラジャーを無理やり脱がせました。
上級生がいなくなったのでオッパイを独り占めしようとしたのでしょう。
ホックがうまく外れずに無理やり引っ張ったので肩紐が切れてしまいました。
取られたブラは後ろで見ていた私の一番仲の良い同級生の男の子に渡されました。
手に持ったブラジャーをじっと見られとても恥ずかしかったのを覚えています。
5年生の男の子は私に馬乗りになり両手で両方の乳首を摘みます。
そして両方の乳輪の割れ目に人差し指をうずめるようにして動かしました。
胸が膨らみ始めた頃からあった“オッパイのしこり”のような部分をコリコリと刺激され我慢できないくらい胸が痛くなりました。
私が「やめて!」と言いながら暴れると男の子も抵抗しましたが突然「やめろー」と大声をあげて動かなくなりました。
すると突然おなかの辺りに生ぬるいヌルヌルした感触。
男の子の半ズボンの脇からはオチンチンがはみ出していてヌルヌルした液がそこから垂れていました。
知識でしか知らなかった男の人の“射精”を始めてみた瞬間でした。
一瞬、何があったのかわからない顔をしていた男の子は自分の出した精子を見て「キッタネー!オレもう帰る」と言い急ぎ足で部屋を出て行ってしまいました。
そこにトイレに行っていた同級生の男の子が帰ってきました。
見ていた同級生の男の子に事情を聞くと「ヤバイ、あいつがこのこと誰かにいわないように注意してくる」と言って急いで出て行ってしまいました。

部屋には仲の良い同級生の男の子と私の2人だけになりました。
恥ずかしくて怖くていやらしいことがやっと終わったのだと思い私ははじめて気を失ってしまいました。


ページ: |< << 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb