[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
短歌ファクトリー BBS

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



29848.頭でも手で書き悩むのではなく 気分を変える長い散歩路 返信  引用 
名前:コトタマ学    日付:2016/5/13(金) 2:49
あたまでも、てでかきなやむ、のではなく
きぶんをかえる、ながいさんぽじ

〈何が何だかわからない〉状態におち入って頭で考えたり、或いは紙に文字を記してみたりして整理したりしていたが、それでも抜け出せない状態が続いていた。しかし、夕方一時間の散歩は苦には感じずラジオを聴きながら、むしろ何も考えなくていい時間を与えてくれた。と同時に作業もコンスタントに進み、学びや読書のペースも掴み、座禅もそれなりの時間やれるように戻った。歩く行為は非常に大切なのだと、心底感じている。

29847.万歩計 持って一時 八千歩 中性脂肪 下げる為にと 返信  引用 
名前:コトタマ学    日付:2016/5/13(金) 2:34
まんぽけい、もってひととき、はっせんぽ
ちゅうせいしぼう、さげるためにと

健康診断の結果から、精神科でも、内科でも注意を受けたのは中性脂肪の事だった。内科では、三ケ月様子を見てそれでも数値が下がらなかったら薬を出すとの事で、自分の努力で何とか出来る事をとりあえずやって下さいと指示された。その一つが運動で夕方近所の土手を歩く事であった。まぁこの三年で十キロの体重が増えているので、戻すのは無理としても悪化をさけようという思い。

29844.アダルトのビデオ 編集された物をざっくり捨てて逃げる朝の日 返信  引用 
名前:コトタマ学    日付:2016/5/10(火) 22:58
あだるとの、びでおへんしゅう、されたものを
ざつくりすてて、にげるあさのひ

某ホテルにて薬を覚えて、仕事以外の時はどっぷり薬に漬かる日々が続いていたが、ある時仕事にも…夕方出勤にもかかわらず遅れるようになり、職場でゴタゴタした事になって辞める運びとなった。その頃…今もそういう処があるが、何人か手を伸ばせば触れられる女性はいた。そう…仮性包茎だった事も関係しているかも知れないが、一人でどっぷりと覚せい剤に浸かり自慰をしている、その時間が非常に長い…のだが生身の女の子とは布団でただ抱き合ったまま一夜を過ごす…という自分でも訳のわからん事をしていたのであった。仕事を辞めタガがはずれこの時は確か幡ケ谷に引越した(嫌、白金の新聞の住み込み先)。その時ホテルでの仕事を辞め、その朝も当時はビデオだったが自分で編集した山程あるビデオ・テープをゴミ袋に捨てて逃げるように引越した覚えがある。例えば一夜で 12 本のビデオを借りて半日ぐらいで一通り見て、その中から〈これは!〉使えるという部分を録画しておく作業である。そういうのが山程あった。後にアダルト・ビデオの制作会社に勤めたのも、こういった幻想からは逃げられん、それならこっちから立ち向かって行こうという気持ちであったのである。その蛇だか、狐だかは知らんが今も…中学の時から 30 年来の戦いを続けているのであろうか。



29845.Re:
名前:    日付:2016/5/11(水) 0:10
辻以外の名は使わない。独り言を公にしない。ここに限定して投稿しない。
紹介はできないし、必要もない。話すなら他人と、他人に向けて自らを失わず。

29842.好むなら小便 浴びる M 男君じょ、女王様の聖水として 返信  引用 
名前:コトタマ学    日付:2016/5/9(月) 14:15
このむなら、しょうべんあびる、えむおくん
じょじょおうさまの、せいすいとして

SM パブに勤めていた当時、自分は S の方だと思っていたし、今でもやや S 寄りである。勤めるといっても雑用したりする訳で、やっている事は M 的な事である。現に本物の M 男君が時々バイトで来ていて、一緒に働いてもいたから。自分の女性に対する歪んだ情念はそこで働く事に依ってさらに強くなったであろう。しかし今年 41 にして時折〈かっこいいな〜〉と思う女性を見掛け…心に残り考えたりするとイギー・ポップの〈あなたの犬になりたい〉という気持ちも分からないではない。the stooges,i wanna be your dog…小生は腹にネガティヴな感情・複雑なものを抱えながらも、外面(そとづら)を装ってしまう方なので S と M という事は単にそのプレイという意味だけではなく、もっと深く考えさせられる事柄・言葉なのである

29840.目に染むる空の青さへ移さるる遠きの君は真幸く在りな 返信  引用 
名前:    日付:2016/5/8(日) 3:3
めにしむる、そらのあをさへ、うつさるる
とほきのきみは、まさきくありな

非常に時間がかかった歌で、初句の〈染むる〉(他動詞)には少し疑問が残る。始めは普段あまり使わない〈らむ〉を使用して、同じ空の下にいるであろう人…が元気で暮らしているであろうか…そう願うみたいにしたかったが上手くできなくて、最後の〈な〉(ぬ・未然形)であいまいな感じで、思いを馳せている状態だ。



29841.見愛で染む空の青さに移さるる遠きの君は真幸く在りな
名前:    日付:2016/5/8(日) 3:54
みめでしむ、そらのあをさに、うつさるる
とほきのきみは、まさきくありな


29843.Re:
名前:コトタマ学    日付:2016/5/9(月) 14:45
マン・レイ「天文台の時ー恋人たち」…

41 になったが結婚はしておらんし、恋人もいないので時折気に掛かる女性がいて考えたりする。不思議にも離れているから…か幻想は美化されて時々訪れるのであった。少し座禅しながら〈女子出定〉ではないが、目の前に相手がいるものとして、向き合って黙ってみる事を意識的にしてみたりする事もあるが、実際に近づけば大きくて高い壁を感じて、せいぜい精一杯の笑顔で答えるまでなのであった。付き合いのあった数少ない女性だけを考える、偲ぶだけでなく土手で尺八なんて吹いていると、妙に今までの人生で擦れ違ってきた人々や、場所を思い出したりもする。自分は一体ここで何をやっているのだろうな…とふと思ったりもするのであった。

29839.三年と続かなかった茶の習い けれど今では尺八を吹き 返信  引用 
名前:コトタマ学    日付:2016/5/6(金) 23:22
さんねんと、つづかなかった、ちゃのならい
けれどいまでは、しゃくはちをふき

人は社会的な生き物であり、独り暮らしの自分にとっては外に、外で人間関係を築く必要がある、と思い込んでいる。ルーチン・ワークとして大体一日一通程度の封筒・手紙を送る、ただそれだけで満足なのであったが、それがあまり上手く行かなくなって、ある社会としての宗教団体に近づいた。それが日蓮正宗であった。しかし始めその活動に夢中になって喜びを得るも対人…トラブルが発生した。外に向けて積極的に伝道してゆこう、下種・折伏をして人を変え、社会を良いものにする…その団体においては布教活動というのが非常に大切とされている。実際、信徒数も増えていて、またお金も左程掛かる訳でもなく、教理や実際においても問題は、今も感じない。しかし自分自身はそういった一連の活動に加わる事は本気ではないであろう。そんな時 別に〈人との繋がり〉が必要でありと目が向いたのが大本であった。特に芸事、お茶に関心が寄った。それ以前に亀岡の道場修行とかは目に止めていた縁と、日蓮正宗以外で…という思いも働き、当時大本で受けた、聴いた話はある意味入りやすかったので京都へ行き、その後入信し、お茶も習い始めた。しかし一年ぐらいで月謝を支払う事が困難になり、辞意を伝えたら〈いつか収入が増えたら〉その時支払ってくれれば良いという話になり、まぁ月謝をまけてもらう形で続ける事になる。これが自分にとっては大きな負い目になった。二年経つか経たないか、という頃に〈神様〉に対する支払いや、それぞれの祭典に参加する(通例の)支払い等を考えた時大きく、大変に重い負い目、負債を抱える気持ちになり、信仰もお茶も一切辞める決意にはなったのである。そんな折ちょっと尺八を吹いてみたいと思って調べたが、習う積もりはなかった。しかし月一度三千円というのがあって入門した。身の上を話すと、初期費用はかからず、今は月謝のみをお支払いし、お借りした尺八を吹いてまめに練習している。知人にすすめられていた陶芸や禅への憧れがあって興味が傾いたのである。しかし、自分の様にお金に不自由している者にとっては、現実的に考えて無理があり分不相応、かつ禅の心や道に適わないと見たのである。尺八はその楽器自体は高価であるが、プラスチック製の物でも練習をすれば、竹で吹くにも劣らぬ音楽となりうる。熱心に練習をしても心には残るが、形には残らないその意味で道に適っていると思われた。まぁいつまで続くからわからないけれども…。

29838.辛くって泣きたくなるが底 着けば逆に開けてくる道も有る 返信  引用 
名前:コトタマ学    日付:2016/5/6(金) 21:55
つらくって、なきたくなるが、そこつけば
ぎゃくにひらけて、くるみちもある

一応…大本の信徒としての籍だけはあって今月は尺八の稽古と、月末の京都行き…農業体験だけが一応頭にあったのだが、〈神様〉に対する月々の支払いと大祭…か、一度ぐらいは祭典に出ておこうと思っていたのである。その朝何故か早くに目覚めた。前日は死に体であったが、まぁ参拝を東光苑にさせて頂いたのである。自分の宗教に対する、その集まりに対する態度というのは、座禅会に参加する感じのものとして根強く、後で考えたら行く必要はなかったなとは感じたのであった。団体の宗教は人との結び付きというのが前提であるので、小生はある意味孤立した状態をさらしただけだった。終わって体調を崩し、夏服を少し上野で買い物をして帰宅し、すぐに尺八。もう全く吹けない。自分の体調はもろに尺八の音に出てくる。しかし、その後とあるサイトの紹介をweb上でしながら上向いてきた。


ページ: |< << 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb