[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
声の広場

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



457.市職員の給与引き下げに反対 返信  引用 
名前:山川知一郎    日付:2013/5/28(火) 22:19
 5月議会で、市職員の給与を7月から来年3月まで3.1%引き下げる条例が賛成多数で可決された。

 国が、東日本の復興財源に充てるため、国家公務員の給与を7月から来年3月までカットするので、これによって職員の給与が国家公務員の給与より高くなる自治体は、国家公務員と同じか低くするよう、自治体に求めてきたのに応えたものである。
 
 しかし、これには多くの問題があり、とても賛成できない。
 
 第1は、国が東日本の復興のために、と言うが、東日本の復興予算は、これまで東日本とは関係ない税務署の修繕費に使われるなど、デタラメであり、公務員の給与カットは納得できない。
 
 第2は、地方自治体職員の給与を決めるのは自治体の権限であり、国が給与引き下げを求めるのは、自治権の侵害であるが、国は、給与引き下げだけでなく、職員数削減率などに応じて、「地域元気づくり事業費」(「地域元気づくり」とはよく言うね)を交付するとして、財政面から、自治体に給与引き下げ、職員数削減を迫っている。
 全国市長会など、地方6団体も国のこのようなやり方に強く反対している。
 あわら市は、今回の措置により、職員給与が3千万円減となるだけでなく、職員削減率が県内トップクラスであるとして、国からの交付税削減より、「地域元気づくり事業費」が4百万円上回り、財政的には、計3千4百万円のプラスとなるとのことであるが、職員を犠牲にするやり方は、断じて容認できない。

 第3は、10数年に及ぶ不況から脱出して日本経済を再生するには、株価上昇だけでなく、働くものの賃金引上げこそ必要として、安倍首相自ら財界に対して賃金引上げを要請しているにもかかわらず、公務員の給与を引き下げることは、景気回復に逆行するものである。
 公務員給与は、ここ数年にわたって毎年引き下げられており、今年から3年間で、退職金も500万円減額される。
 公務員給与の引き下げは、民間給与の引き下げ圧力となるとともに、消費購買力を低下させ、不況を加速するものとなる。

 第4は、国家公務員の給与引き下げによって、あわら市職員の給与が国家公務員より3.1%高くなるというのは正しくない。
 国家公務員との比較には、国家公務員に支給されている手当などは含まれていないし、年齢、勤続年数など同一条件での比較でもない。
 誤った理由で、給与引き下げを正当化することは許されない。

456.ハプニング 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2013/5/26(日) 22:34
 普段は気が弱く、野良猫の一喝に逃げ帰ってくるチビ(愛猫)だがときおりとんでもないことを仕出かす。物陰に隠れて庭にくる鳥を狙う。たいがいは逃げられるのだが下手な鉄砲も数撃ちゃ当るで、たまに銜えて(くわえて)くる。その後始末が大変で取り上げようとするが、銜えたまま逃げ回る。廊下に追い詰め頭を押さえつけ取り上げる。

 絶命していれば庭に埋めるが、大概は生きている。窓から放すと飛んでゆく。

 今日、家内が血相を変えて「父さん大変、大変、来て」と言う。「蛇銜(くわ)えてきた、どうにかして」

 以前もそういうことがあった。その時はご丁寧に戦利品を私らに見せびらかすつもりであろうか、居間で横になっている私の目の前に持ってきたのである。

 そのときはこっぴどく叱りつけ、死んでいる蛇を川に流した。それ以来、獲物は隠すようになった。今日は廊下の奥で蛇をいたぶっていたところを家内が見つけたのである。幸いお客さんの目に留まることはなかったが・・・。蛇はまだ生きていた。彼女の獲物を取り上げ庭に放し、猫を部屋に閉じ込めた。どこかに逃げてくれればと思う。

 今、私の机の横で何事もなかったように毛づくろいをしているが、何を仕出かすことか、油断ができない猫である。

 

455.なぜ言ったのだろう 返信  引用 
名前:リンゴ    日付:2013/5/18(土) 10:22
 橋下市長の発想や行動には今まで敬意を持っていましたが、今回なぜあのような発言をしたのか、残念に思います。私たちが居酒屋で飲みながら話すようなことをマスコミの前で言ったのだから仕様がありません。報道関係者がそのように仕向けたようなことも聞きますが、猪瀬知事にしてもその様だときいています。としたらマスコミ関係者のネタ探しの浅ましさが見えてきます。新聞テレビ、週刊誌など報道機関はいわゆるごろ新聞と大差ありません。報道の自由の基に社会を悪くしているのも事実だと思います。いずれにしてもこの問題を早々謝罪し次に向かってほしいと願っています。

454.品性は政治家の最も大切な資質。 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2013/5/16(木) 0:13
 公人が、しかも指導的立場にある人間が、マスコミ、国民に向かって、何よりも屈辱を与えた人たち、近隣諸国、沖縄県民の心情を考慮することなく、
「売春」「風俗」の言葉を発するとは・・・。どのような理屈をつけようと決して許されない発言である。

 覆水盆に返らず の諺がある。これからも彼の発言が引き合いに出され、
「日本は過去の侵略行為を反省していない」と近隣諸国に責められるだろう。政治家、とくに指導的立場にある政治家は相手に対する配慮と、自らの品性を意識して発言すべきだ。それが国家の品格を保ち、国益に適うことになる。

 彼にはそれがない。記者会見での弁明も支離滅裂である。これからも国益を損なう言葉を発し続けるであろう。彼が政党代表者とは・・・一刻も早く政治の世界から身を退くべきである。

 彼の一連の発言の延長線上に憲法改正があるとしたら、振り回される国民はたまったものではない。せめてもの救いは与党でも、一部の議員を除き、彼の発言を否定的にとらえていることだ。

 無理なこととはいえ、政治家には見識と品性を求めたい。それが国政議員であろうと、地方議員であろうとも。

453.ピースアート展事件 返信  引用 
名前:山川知一郎    日付:2013/5/4(土) 22:2
いちげんさんの言われる通り、とんでもないことです。

現行憲法の一部を書いて展示することがどうして思想的、政治的なのでしょうか。

これは、管理を委託されている業者だけでなく、委託している管理組合と管理組合を構成している福井市、福井県が国民主権、平和主義、人権擁護を掲げている現憲法を敵視し、改憲を志向する特定の思想的、政治的立場に立っていることを示すものであり、公共施設の管理者としては許されません。

誤りを認め謝罪するまで抗議の声を上げましょう。

452.ちょっと 返信  引用 
名前:いちげんさん    日付:2013/5/2(木) 10:2
これはひどいのでは。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/42163.html
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/42163.html

451.芦原温泉と杉田鶉山。 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2013/4/29(月) 22:4
 NO223、前半は高浜虚子著「虹」での記述。このとき虚子は「べにや旅館」に宿泊しております。後半は杉田鶉山自伝よりの記述。「室吉」の主人・小田利吉(彼は初代芦原温泉旅館組合長と記憶していますが)は鶉山が最も頼りとする支援者の一人で、利吉への信頼を示す書簡も残っております。

 伊藤博文、杉田鶉山は「室吉」に宿泊したと思われます。

 鶉山は北陸線支線・金津三国線敷設に尽力し、芦原温泉隆盛の功績を称えられていますが、それだけではありません。

 芦原温泉の偉大なスポークスマンだったのです。彼と同道して、あるいは彼の紹介によって明治後期〜大正時代の有力政治家が芦原温泉を訪れています。後に著名財界人、文化人も訪れるようになるのですが、その魁(さきがけ)となったのが鶉山と言っても過言ではありません。

 その功績に感謝して旅館組合が鶉山に寄贈したのが「杉田別荘」。これはセントピア芦原の横手にあります。瀟洒な洋館で、今なら薔薇が咲いているでしょうか。見学されることをお勧めします。

450.芦原温泉の宿 返信  引用 
名前:関山 真民    日付:2013/4/28(日) 14:8
伊藤博文と鶉山が芦原温泉で泊まられた宿は室吉旅館でしょうか?

223.知られざる杉田鶉山 12  鶉山と芦原温泉 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2011/2/26(土) 23:1
「はじめ金津で三国線と乗換へた時に、伯翠と愛子とが迎へに来てゐるを人中に見出した。時雨日和であったので、其辺りが薄暗く、藁頭巾といふものをかぶつた人が多い中に、其等の人々にもまれてゐる二人の姿を見出した時は淋しかった。

 私等がこゝに来る迄、二人の健康が気にかゝつてゐたのであるが、此の時雨日和に三国から此所迄私等を迎へに来てゐるのを先づ心強く覚えたのであった」 

 高浜虚子の小説「虹」で登場する三国線である。

 昭和18年(1943)11月17日、高浜虚子は次女の立子を伴い、森田愛子の見舞いに三国を訪れた。愛子も連れの伊藤伯翠も胸を病んでいた。それにもかかわらず二人は時雨の中、金津駅まで虚子を迎えに来たのである。

 北陸線から三国線に乗換えて芦原温泉、三国へ行くのが常だった。明治42年(1909)、北陸線支線として三国鉄道が完成したとき、芦原、三国では人々が提灯で町家、通りを飾り、開通を喜んだのである。

 三国線の開通により芦原温泉には関西から多くの浴客(よっきゃく)が訪れ関西の奥座敷といわれるようになったのである。

 明治32年(1899)3月、北陸線が富山まで開通。10月、伊藤博文は北陸鉄道視察の旅行をする。鶉山も同行。芦原温泉に伊藤博文が訪れた記録があるから、その時であろう。

 このとき鶉山は伊藤博文に立憲政友会の設立を勧めた。その内容が鶉山回顧録にある。政党政治が大転換を迎える前年である。非常に興味深い。以下は伊藤博文と杉田鶉山の会話である。

『将来の政治を動かすには、どうしても政党でなければだめです。伊藤さん、あなたも一つ、新政党を起こしたらどうです』(鶉山)
 
『政党を作る考へは自分に無いではありません。然し今日では大隈が進歩党をやっており、板垣が自由党をやっているので、自分が出る余地は無いやうに思ふ』(博文)

『イヤ、余地が無いことはありません。あなたが政党をやる気があるのならば、板垣さんに代わって自由党を率いられたらどうか』(鶉山)

『自由党には板垣がいるではないか』(博文)
『実は其の板垣さんが、あなたが出られるならば、自由党の後を委せやうと、言っておられるのです』(鶉山)

『ナニ!板垣が、我輩ならば譲るといっておるのか、それは耳寄りな話だ。板垣が、果たして其の気ならば、我輩も起たぬではない』(博文)

『板垣さんが、平生言っておられる言葉に、自分は何処までも創業家である。そして何処までも理想で押して行く傾向があるので、到底、多数の党員を率ゐて行くことは出来ない。そんなことは不得手である。

 伊藤は自分とは違って守成的政治家で、且つ実際的であるから、政党の将来は伊藤のほうが寧ろ適任である、いふ風に、板垣さんはいっておられるのです。あなたが代わって自由党を率ゐられるといふことになれば、喜んで一任さるゝに相違ありません』(鶉山)

 守成・・・創業者が残した基礎を発展させること。大久保、西郷ら革命家が創業者とすれば、伊藤はそれを発展させた守成家という意味。

 鶉山によれば茲に(ここに)始めて、伊藤が自由党を率いて新政党を作ろうという決心をしたという。ちなみに板垣と伊藤は犬猿の仲とされてきた。

 もちろん伊藤は政党結成の準備を進めていたのだが、鶉山の情報から旧自由党が傘下に入ることを確信したのである。

 伊藤博文は鶉山に案内されて芦原温泉で遊んだ。上機嫌であったという。そうであろう。



449.Re: 知られざる杉田鶉山 12  鶉山と芦原温泉 宿は室吉ですか?
名前:関山 真民    日付:2013/4/28(日) 14:5
> を病んでいた。それにもかかわらず二人は時雨の中、金津駅まで虚子を迎えに来たのである。
>
>  北陸線から三国線に乗換えて芦原温泉、三国へ行くのが常だった。明治42年(1909)、北陸線支線として三国鉄道が完成したとき、芦原、三国では人々が提灯で町家、通りを飾り、開通を喜んだのである。
>
>  三国線の開通により芦原温泉には関西から多くの浴客(よっきゃく)が訪れ関西の奥座敷といわれるようになったのである。
>
>  明治32年(1899)3月、北陸線が富山まで開通。10月、伊藤博文は北陸鉄道視察の旅行をする。鶉山も同行。芦原温泉に伊藤博文が訪れた記録があるから、その時であろう。
>
>  このとき鶉山は伊藤博文に立憲政友会の設立を勧めた。その内容が鶉山回顧録にある。政党政治が大転換を迎える前年である。非常に興味深い。以下は伊藤博文と杉田鶉山の会話である。
>
> 『将来の政治を動かすには、どうしても政党でなければだめです。伊藤さん、あなたも一つ、新政党を起こしたらどうです』(鶉山)
>  
> 『政党を作る考へは自分に無いではありません。然し今日では大隈が進歩党をやっており、板垣が自由党をやっているので、自分が出る余地は無いやうに思ふ』(博文)
>
> 『イヤ、余地が無いことはありません。あなたが政党をやる気があるのならば、板垣さんに代わって自由党を率いられたらどうか』(鶉山)
>
> 『自由党には板垣がいるではないか』(博文)
> 『実は其の板垣さんが、あなたが出られるならば、自由党の後を委せやうと、言っておられるのです』(鶉山)
>
> 『ナニ!板垣が、我輩ならば譲るといっておるのか、それは耳寄りな話だ。板垣が、果たして其の気ならば、我輩も起たぬではない』(博文)
>
> 『板垣さんが、平生言っておられる言葉に、自分は何処までも創業家である。そして何処までも理想で押して行く傾向があるので、到底、多数の党員を率ゐて行くことは出来ない。そんなことは不得手である。
>
>  伊藤は自分とは違って守成的政治家で、且つ実際的であるから、政党の将来は伊藤のほうが寧ろ適任である、いふ風に、板垣さんはいっておられるのです。あなたが代わって自由党を率ゐられるといふことになれば、喜んで一任さるゝに相違ありません』(鶉山)
>
>  守成・・・創業者が残した基礎を発展させること。大久保、西郷ら革命家が創業者とすれば、伊藤はそれを発展させた守成家という意味。
>
>  鶉山によれば茲に(ここに)始めて、伊藤が自由党を率いて新政党を作ろうという決心をしたという。ちなみに板垣と伊藤は犬猿の仲とされてきた。
>
>  もちろん伊藤は政党結成の準備を進めていたのだが、鶉山の情報から旧自由党が傘下に入ることを確信したのである。
>
>  伊藤博文は鶉山に案内されて芦原温泉で遊んだ。上機嫌であったという。そうであろう。

447.散骨葬 返信  引用 
名前:楽々亭 小話    日付:2013/4/19(金) 22:3
 散骨葬が増えているそうで、

「墓地も墓もいらない。子供たちも墓参りする必要がない。俺たちも散骨葬にするか」

「それもいいわね。でも海は厭よ」
「どうして」
「だって私、金槌だから」

「そうか、山も厭だな」
「どうして」
「俺、高所恐怖症だから」

446.議員やめても 返信  引用 
名前:お願いします。    日付:2013/4/16(火) 10:18
 日記の発信は続けていただきたいですね。毎日白く読んでいます

445.お誕生日 おめでとう! 返信  引用 
名前:祝! お誕生日!    日付:2013/1/30(水) 9:55

 お誕生日 お・め・で・と・う・!

 うんと長生きしてね!

 飲みすぎ は 駄目だよ!

 薬も毒になるからね!?

 来年のお誕生日も祝いたいからね!!

430.原発事故。誰もが被爆者となる可能性がある。  2 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2012/12/4(火) 23:21
 体内に取り込まれたヨウ素は血液に吸収され甲状腺に集まり蓄積されます。蓄積されたヨウ素は甲状腺で合成され甲状腺ホルモンとなります。甲状腺ホルモンは甲状腺から分泌され全身の細胞に作用して代謝率を高めます。

 人体は適正量の甲状腺ホルモンが必要で、過剰な場合はパセード病の原因となり、欠乏すると筋力低下、月経過多、脱毛などの症状が現れ、疲労感、倦怠感、記憶力の低下が日常化し、精神不安定に陥ります。

 自然界に存在するヨウ素の原子核は陽子が53個、中性子が74個で構成されています(質量数127)。一方、核分裂反応で生じたヨウ素131は陽子が53個で自然界のヨウ素と同じですが、中性子は78個です。

注) 陽子の数が同じで質量数の異なる(中性子の数が異なる)元素の関係を同位体(アイソトープ)といいます。同位体元素の化学的性質は同質です。

 この過剰な中性子がヨウ素131を不安定にさせます。ヨウ素131は安定した元素に向かおうとします。その作用として中性子の崩壊が始まります。このとき、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線を放出します。放射線です。

注) 原子力用語ではβ崩壊、γ崩壊といい、これらを含めて不安定な核種(放射能性核種)が安定した核種へ変化するのに伴って中性子が崩壊することを放射性崩壊といいます。

 人体はヨウ素を必要とし、容易に吸収します。それが安全なヨウ素127であろうと危険な放射能性核種であるヨウ素131であろうと区別をつけません。

 体内に吸収されたヨウ素131は甲状腺に蓄積され、ベータ線を放射し、甲状腺にダメージを与えます。その結果、甲状腺癌を発症します。ヨウ素131による内部被曝です。

 原発立地自治体で大量のヨウ素剤(ヨウ素127)が準備されているのは事故発生時、ヨウ素127を多量に服用して甲状腺で蓄積されるヨウ素を飽和状態にして、ヨウ素131の侵入を防ぐことにあります。

 余談になりますがヨウ素131は放射性崩壊の後、キセノン131(原子番号54。陽子数54 中性子数77。質量数131安定同位体)に変化します。

(ヨウ素131は陽子が53個。キセノン131は陽子が54個。放射性崩壊の後、陽子数が一個増える、そのプロセスを説明する資料を私はもちあわせておりません)

 次回はセシウム137の内部被曝について説明します。
          

431.原発事故。誰もが被爆者となる可能性がある。 3 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2012/12/4(火) 23:16
 セシウム137による内部被曝の説明の前に同位体(アイソトープ)について触れます。

 物質が固有の性質を有する最少の単位が分子。水ならH2Oが分子。その分子は二つの水素原子(元素)と一つの酸素原子が結合してできたものです。

 原子は陽子、中性子、電子の3粒子から成り立っています。陽子はプラスの電荷を持っており、中性子は電荷をもっておりません。この二つで原子核をつくり、その周囲をマイナスの電荷を持つ電子が回っている。それが原子の姿です。

 この原子が元素の最小単位になります。どの元素になるかは原子のもつ陽子の数で決まり、陽子の数はその元素の原子番号となります。

 陽子が一つなら水素原子となり、原子番号は1です。二つならヘリウム原子で原子番号は2です。陽子を六つもてば炭素、原子番号は6。八つもてば酸素で原子番号は8。ヨウ素は陽子を53もち、原子番号は53。セシウムは陽子を55持ち、原子番号は55です。

 陽子の数が同じ、中性子の数が異なる原子が存在します。
(原子の質量数=陽子数プラス中性子数)当然質量数は異なります。しかし化学的性質は陽子の数で決まりますので、中性子の数が異なっても同質です。

 つまり、ヨウ素127(中性子74個)もヨウ素131(中性子78個)も化学的性質は同質。セシウム133(中性子78個)もセシウム137(中性子82個)も同様です。

 この関係を同位体といいます。ヨウ素127、セシウム133は自然界にごくありふれた存在ですし、質量数が変わることもありません。このような同位体を安定同位体といいます。

 一方、ヨウ素131、セシウム137は核分裂反応によって生じた、きわめて不安定な同位体です。不安定から安定へ、この過程で中性子崩壊が起こり、β線、γ線などの放射線を放出します。安定同位体に対して放射性同位体(放射性物質)といいます。

 放射性物質か否かの違いはありますが、前述のように科学的性質は同じです。

 ヨウ素の場合、人間を含めて動植物にとって必須元素です。127であろうと131であろうと栄養素として吸収します。その結果、ヨウ素131による内部被曝を起こします。

 セシウム137はこのケースと異なります。自然界に存在するセシウム133は人体にとって不要な元素で、わずかですが毒性もあります。しかし、セシウム133を人間が健康に悪影響を及ぼすほど摂取することはありません。

 人間は動植物を食することにより多様な元素から構成される栄養素を摂取します。人間の糧となる家畜は植物より栄養素を摂取します。魚介類も元をたどれば水中、海中に生息する植物プランクトンから栄養素を摂取します。

 植物は土中、大気中より、有機質(酸素、炭素、水素、窒素)及び、無機質(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、鉄、ヨウ素など)を吸収し、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンの有機化合物と無機化合物(ミネラルなど)を合成し、蓄積します。

 セシウムも吸収されますが、土中、大気中に存在するセシウム133(安定同位体)はごくわずかですから、人間が植物、あるいは家畜、魚介類を通してセシウムを摂取したとしても健康を害することはありません。

 ところが原発事故によって大気、河川、海に大量にセシウム137(放射性同位体)が放出されたとしたら事情は異なります。

 しかもセシウム137は133に比べて植物に吸収しやすいという性質があります。

 大気中、土壌、水中海中はセシウム137によって汚染され、植物、植物プランクトンは放射性セシウムを吸収し蓄積します。もちろんセシウムは水溶性ですから飲料水にも含まれています。

 飲料水、野菜、家畜、魚介からセシウム137は人体に入り込みます。もちろん呼吸によっても入り込みます。

 セシウムはカリウムトと化学的性質が似通っており、体内での蓄積のメカニズムはほぼ同じです。カリウムは脳、および神経などの情報伝達に重要な役割を担う必須元素で、細胞に広く分布しています。

 いったん体内に入ったセシウム137はカリウムトと同じように細胞に取り込まれ、ベータ(β)線を放射して細胞を破壊し、変質させます。

 

436.原発事故。誰もが被爆者となる可能性がある。  8 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2012/12/4(火) 23:3
…最近になって、福島第一原発の使用済核燃料の状況に関してより多くの情報が得られるようになりました。私の理解するところでは、使用済燃料プール(4号機)にある1535本の核燃料集合体の内304本の燃料集合体は未照射の新しいものということ。従って4号機プールには1231本の照射された燃料集合体があり、それはおおよそ3700万キュリーの長命の放射能を含んでいることになります。

注) 1Ci(キュリー)は370億㏃(ベクレル) 3700万キュリーは1369000兆(136.9京)ベクレル

 4号機のプールは地上約30メートルの高さに設置され、構造上のダメージを受けており、生息環境に露出されております。もし、地震、その他の出来事によってプールの水が排出された場合には、チェルノブイリ事故の時に放出されたセシウム137の総量のおよそ10倍の量の放出を伴う壊滅的な放射能火災が起きる可能性があります。

 他の3基の原子炉と同様に、これらを安全に取り出すことのできる基盤施設は破壊されてしまいました。使用済原子炉燃料というものは、通常の積荷のように単純にクレーン外に吊り上げることはできません。酷烈な放射能流出、火災、起こりうる爆発を防ぐためには、厳重にシールドされた構造物の中において常に水中においたままドライキャスクの中へと移し換えなければなりません。

注) シールド・・・放射線を遮断する防壁。 ドライキャスク・・・高レベル放射性廃棄物を保管する方法、保管庫。

 このように損傷を受けている福島第一原発のプールから使用済燃料を取り出すというような作業は、いまだかって行われたことはなく、時間のかかる大改築の試みが必要となりますが、それは未知の水域で海図を作成するようなものとなるでしょう。福島第一原発の現場では極めて大きな被害があったにも拘らず、少量の使用済燃料を収容しているドライキャスクは無傷だったようです。

 米国エネルギー省のデーターによると、合計11,138本の使用済燃料集合体は、ほぼすべてが福島第一原発敷地内のプールに格納されているとみられています。それらはおよそ3億3600万キュリー(1243.2京㏃)の長命の放射能を含んでいます。そのうち約1億3400万キュリー(495.8京㏃)はセシウム137で、それは米国放射線防護審議会(NCRP)が見積もったチェルノブイリ事故で放出されたセシウム137の総量の約85倍に相当します。

 福島第一原発にある使用済燃料全体には、大気中核実験、チェルノブイリ、世界中の再処理工場によって放出されたセシウム137の、全総量の半分近くが含まれているのです。

 一般の人々が、福島第一原発のような何十年も運転している原子炉は、地球上における最大濃度の放射能を生成しているのだということを、理解することは重要な事です・・・

 元米国エネルギー長官であり、使用済核燃料に関する第一人者、現在は国家安全保障と環境の上級アドバイザーであるロバート・アルバレス氏が村田光平氏(元スイス大使)に送った書簡です。

(2012年3月22日 参議院予算委員会公聴会で村田光平氏は福島第一原発事故で上記趣旨の意見を陳述しております)

 これから日本という国家は福島原発、とくに4号機の脅威にさらされながら、人類がかって経験したことのない事故原発の処理(それはチェルノブイリ原発処理をはるかに上回る)に戦い続け、莫大な費用を投じなければならないのです。

 4号機燃料プールが崩壊し、(地震災害だけではなくテロ攻撃の可能性も考慮する必要があります)、放射性物質が大気中に飛散したなら、首都圏を含めて東日本は壊滅的な被害を被り、日本は汚染列島になります。

 日本のみならず、大気汚染、海洋汚染により被害は地球全体に及び、そのことが世界の原子力関係者を含む有識者が福島第一原発4号機を注視する理由です。

437.原発事故。誰もが被爆者となる可能性がある。  9 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2012/12/4(火) 23:1
 自然界にはもともとウランなどの放射性核種(元素)が存在し(天然の放射性核種)、放射線を放出しています。過去の核実験で放出された放射性物質、原子炉から漏れだした放射性物質も存在します。

 人類は多かれ少なかれ被曝しています(自然被曝)。この他にも放射線療法などの医療行為による被曝もあります(医療被曝)。

 自然界から日常摂取する食品の中にもごく微量ですが放射性物質があります。カリウム40は自然界に存在する放射性核種です。カリウムは動植物にとって必須元素ですが、そのなかにカリウム40が0.012%含まれています。

 このようなリスクは私たちの周囲にあります。ですが、人工的につくりだされた(核分裂反応による)放射性核種はこれら自然界に存在するものに比較して桁違いの凄まじいほどの破壊力を持っています。両者を比較します。( )は半減期。

 放射性核種の1グラムあたりの放射能の強さです。
 天然の放射性核種では
 ウラン238    1万2000ベクレル   (45億6000万年)
 カリウム40   28万ベクレル     (12億5000万年)
 ラジウム226  370億ベクレル     (1600年)

 核分裂反応によってつくりだされた放射性核種では
 セシウム137   3兆2000万ベクレル   ( 30年)
 ヨウ素131   4600兆ベクレル     ( 8日)
 キセノン133  6900兆ベクレル     (5.3日)
 クリプトン88 290京ベクレル      (2.8時間) 

 人類は核の扉を開くことによって自然界には存在しないモンスター同位体を出現させたのです。まさにパンドラの箱を開けてしまったのです。

 セシウム137は30年ごとに、ヨウ素131は8日ごとに放射能は半減していきます。いったいどのくらいの時間で、ウラン238のレベル(1万2000ベクレル)まで低下するのでしょうか。

 セシウム137は30年で1兆5000億1000万ベクレル、60年で7500億500万ベクレル、90年で3750億250万ベクレル、120年で1875億125万ベクレル、150年で937億5062.5万ベクレル、・・・・。 半減期を28回くりかえして、つまり30年×28回 840年後、ウラン238のレベル(1万2000ベクレル)以下の1万1118ベクレルになるのです。

 ヨウ素131はどうでしょうか。ヨウ素131の4600兆ベクレルはウラン238の1万2000ベクレルのおおよそ3830億倍です。ヨウ素131のベクレルが3830億分の1になるには何十回の半減期を繰りかえすのでしょうか?

 最初の10回で1024分の1になります。20回で1024×1024=1048576分の1 30回で1048576×1024=107374128分の1 31回で214483648分の1・・・ 。38回で約2747億9368万分の1 39回で約5495億8736万分の1 40回では10734128×1024=1兆991億7471万分の1

 ヨウ素131の半減期は8日。39×8 312日でウラン238のを下回る7736ベクレルに達します。これでも内部被曝は起こります。

 傾向として半減期の短い放射性核種は短期間(それでもヨウ素131は1年近く)での破壊力が凄まじく、長いものは大気、海中、地中に浸透し1000年単位で広範囲に(地球規模)自然環境をを汚染し、生物体に悪影響を与え続けます。

 核分裂によって生ずるセシウム137は天然ウランの250万倍、ヨウ素131は3830億倍のベクレル(放射線量)を持つことを理解する必要があります。

438.原発事故。誰もが被爆者となる可能性がある。10 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2012/12/4(火) 22:59
 10月24日、原子力規制委員会が「原発事故被害予測シュミレーションマップ」を公表しました。これまで事故原発から半径30キロ圏内を緊急防護措置地域とされてきましたが、その地域を超える範囲(私の記憶では100キロ)まで放射能物質の拡散が予想される・・・となっています。

 その後、修正され、いつのまにかうやむやとなってしまいました。当然といえば当然の話で、放射性物質の拡散は一律に半径30キロ、50キロ、あるいは100キロと決められるものではないのです。

 風向きによって、風上であれば30キロ圏内でも拡散地域は少なく、風下であれば平地なら100キロ圏内どころか200キロ圏外にも拡散は及びます。山地があればその麓には大量に降下し、盆地には滞留します。降雪と同じと考えればよいのです。地形は織り込めますが、風向き、風速は絶えず変わり、降雨(降雪)も予測できません。原発事故のハザードマップ(被害範囲の地図化)作成は不可能に近いのです。狭い日本列島、被害は全域に及ぶと考えればよいのです。

 たとえ100キロ圏内住民の避難が必要であるとしても、圏内の全ての人が避難し、生活できる場所が、この日本のどこにあるのでしょうか。

 チェルノブイリ原発事故を例にとります。

 1986年4月26日、旧ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原発4号機の炉心、原子炉格納容器で水素爆発が発生。放射能物質が放出され、その量は広島・長崎原爆で放出された放射性物質の200倍で、これらは国境を越えてヨーロッパ諸国にも放射能汚染をひきおこしました。

 事故から26年の現在もチェルノブイリの北東区域(風下にあたる)では350キロ離れた所でも高濃度の放射能に汚染された地域が点在し、農業・酪農が禁止されています。

 日本に置き換えれば、福島第一原発から東京まで約230q、東海第二発電所から東京まで115q、浜岡原子力発電所から189q。関西圏では大飯原発から関西の貯水源琵琶湖まで40q、京都60q、大阪まで131q、名古屋なら158qです。福井は80q(あわら市は約100q)

 敦賀・美浜・大飯原発で重大事故が発生し、放射性物質の拡散によっては関西圏、中京圏、北陸圏の経済は壊滅、多くの農地が耕作不能となる可能性があるのです。

439.原発事故。誰もが被爆者になる可能性がある。  11 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2012/12/4(火) 22:57
 チェルノブイリの現状です。

 チェルノブイリでは高濃度の放射性物質による汚染のため、原発から半径30キロ以内は居住禁止区域となり、住民11万6千人が移住させられ、次に半径350キロ圏内の高濃度汚染区域の23万人の住民が移住しました。それでも現在、ロシア、ウクライナ、ベラルーシにまたがる汚染地域(ほぼ日本の面積3分の1に相当する)に500万人の住民が暮らしています。

 チェルノブイリ原発事故の犠牲者は、原子炉の消火活動に投入された消防員、作業員、軍人のうち7000人が死亡(1995年国連の報告書による)。1996年、日米仏学者の調査によれば、放射線被曝が原因と見られる癌、白血病などの疾病により6000人が死亡しております。

 最近ではナロージチ地区(チェルノブイリから80キロ)の状況が報告されています。この地域では大部分の農業用地がセシウム137によって汚染され、放射線量の値は148〜740万ベクレル(1u当り)が検出されました。

 当然ながら、農産物、酪農品、山野に自生する果物、茸類はセシウム137(もちろんヨウ素131もですが)によって汚染されており、摂取した住民は内部被曝をおこしました。

 ちなみにWBC(ホールボディカウンター)による内部被曝評価によりますと、20ベクレルで「要注意レベル」 70ベクレルで「危険レベル」とされております。

注) WBC・・・内部被曝線量を調べるために、人間の体内に摂取され、沈着した放射性物質の放射線量を体外から測定する装置。

 ナロージチは自然豊かな地方です。山野に自生する果物、山菜、茸類を採集することは住民の楽しみです。果物(主として野イチゴ)はジュース、ジャムに加工され、茸料理はナロージチの人たちの大好物です。

 この自然の恵みが、皮肉なことにもっとも汚染されていたのです。茸類、野生の果物、ジュース、ジャム類が群を抜き、ついで加工用牛乳、乳製品、肉及び肉製品とつづきます。

 セリウム137、ヨウ素131、ストロンチウム90など、放射性核種に汚染された(正確には組織の一部となっている)食品を摂取つづけた住民は甲状腺ガン、肝ガン、腎ガン、骨ガン、白血病、心臓疾患などの発症率が異常なペースで高まったのです。

 チェルノブイリ原発事故による健康被害の調査を続けてきたステパノーヴァ博士が11年12月11日 福島市で講演しました。そのなかで博士は「子供たちの健康観察が必要」と強調されました。

 次回でステパノーヴァ博士の講演要旨。ナロージチ地区医師の証言、ベラルーシで子供たちの治療をおこなった日本人医師・菅谷昭氏の「チェルノブイリ診療記」、「日本の子供たちへの警鐘」を紹介します。

440.原発事故。誰もが内部被爆者となる可能性がある。 12 返信  引用 
名前:とんぼ    日付:2012/12/4(火) 22:54
 ステパノーヴァ博士の講演要旨。
1 健康状態が最も悪いのは、甲状腺に高い被曝線量を持つ未成年者であることが確認された。
2 年齢が低いほど慢性疾患が確認された。同時に複数の病気にかかりやすく、治療しても治りにくく、再発率が高い。
3 胎内被曝(胎児被曝)をした子供には、健康異常、身体発達異常、体細胞染色体異常が高い頻度でみられる。染色体異常と胎内被曝線量には相関関係があることが明らかになった、
4 被曝した両親からチェルノブイリ事故後に生まれた子供には遺伝子に影響を受ける可能性があるとデータから推測できる。

 そのうえで博士は、福島第一原発事故の健康への影響として、
「日本の子供たちの健康への影響は、チェルノブイリの子供たちに観察されるものと同じ可能性があり、継続的な観察が必要」と述べました。

 ナロージチ地区病院、診療所の医療スタッフは1987年10月に次のように述べています。

1 地区全体の子供を再三診察しました。80%の子供が甲状線肥大になっています。それまでは10〜15%でした。
2 最近1週間かけてすべての子供の分析をしました。500人中、180例に血液の異常が見られました。

 子供の健康は事故直後から急速に、しかも時間の経過とともに悪化しています。ウクライナ政府による2011年の報告書です。「子供の健康状態の変化」(30キロ圏内避難プラス圏外汚染地域在住)

 1986年4月26日 チェルノブイリ原子力発電所4号炉で事故発生。

       健康な子供の割合     慢性疾患を持つ子供の割合
1987年       28%              9%
1990年       24%             21%
1993年       21%             31%
1996年       19%             50%
1999年       14%             65%
2002年        9%             74%
2008年        8%             78%

 菅谷昭(すげのや あきら)氏は1996年からベラルーシ共和国の首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターで、さらにゴメリ州立がんセンターで医療支援活動に5年半従事され、著書「チェルノブイリ診療記」(新潮社)で医療現場の実情を語っております。

 チェルノブイリでの医療活動の経験から福島第一原発の事故で国民が直視しなければならないこと、特に内部被曝の恐ろしさについて次のように警告しています。


ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb