[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
紅薔薇友ノ会板@ベキカガじゃ…ベキカガが目覚めた
twitter@自殺  twitter@ま  完全自殺マニアamazon 筑波大学松美池の博士号←勝手に支援(゚ ;)/

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
E-mail
内容
タグ有効
 



相田くひを > 最近読んで面白かった本はこれですね、しかも無料ヽ(´ー`)ノ ああ(゜;)/0円期間終わっている…犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(1) これの犬くんを見ていると、うちにいた、野良ペルシャのきなこ(故猫)を思い出す、犬っぽいやつだったにゃー。で、すげぇ幸福。 ( 2020/9/26(土) 16:48 )

相田くひを > 久々に清々しいばかりの自爆即死事故を見た気がする大型トラックにワゴン車が追突 3人死亡 身元確認急ぐ 北海道苫小牧市 交通安全意識向上のために定期的にyoutubeの事故動画ふむふむと鑑賞しているが、こーいう事故は防ぎようがアリすぎて、ドライバーが馬鹿すぎて笑うしかねぇ ( 2020/9/26(土) 16:34 )

尊師@雑談 > 角幡氏だが、面白い物を見逃さないという、人生を楽しむ上で、かなり重要となる資質をお持ちのようだ。しっかりケンタも読んでいるし… ( 2020/9/26(土) 15:18 )

尊師@雑談 > 角幡ブログで知った『世界しあわせ紀行』だが、中々面白いので目下ゆっくり読んでいる。ちなみに、生後間もない愛娘についての感想も傑作だと思う。 ( 2020/9/26(土) 13:53 )

名無しさん  > 一方的な否定(結論)は、不快感を抱きつつも、結論に至るまでの根拠や、論理的な事実が、あまりにも不明確でして...。今でいう「嫌韓」も、似たような感覚があり、逆に考えれば、考えるほど人間の気持ち悪さが勝ってしまうのです。私の祖母も、悪口を言わない人だったと書いた記憶があるのですが、痴呆症が悪化したころ「戦争は、人口が減るからいいのよ」と、唐突というのか、私には処理しきれない発言があったことを思い出しました。おそらく、何の受け売りでもない、最初で最後の祖母自身の言葉だったのか...と....。予測です。話は変わりますが、コロナが流行しはじめた頃、ナナコさんの発言から得た、スタンダードプリコーションを(病的な理由で)記憶しました。医療業界がオリンピックでどうなるかわかりませんが、(笑い飛ばしてくれれば...と願うほどの病的な理由から)死守しようと思っています。 ( 2020/9/26(土) 10:59 )

相田くひを > 相田家、そんなに裕福な家庭じゃなかったよ、ただ、それを社会や政治のせいにしてワルクチいって憂さ晴らしということを乃公んチは誰もしなかったんだな。親から子へ教育される憎悪、ほど恐ろしいもんはないと思う。 ( 2020/9/26(土) 0:40 )

相田くひを > 20歳ころから自称右翼だが、乃公にはどうも左翼さん特有の、社会や体制への憎悪がイヤでしてねぇ、コンビニのコピー機で大量印刷された『アベ政治を許さない』なんか典型的でして…個人的にはあの異常で画一的なビラをかかげる大多数の不気味さが安倍内閣長期政権を逆の意味で支えていたように思えるくらいでして、んで、なんで乃公はそーいうココロになったのかっつーと、うちの母親は基本誰のワルクチも言わない人で、で、尿毒親父も美濃部の野郎がカンナナ通しやがっておかげでウチの前の道が自動車5000台/日通るようになって息子(乃公の兄ね)喘息、美濃部コロス、あとリクルート事件の特番でワールごカップ中継潰れた中曽根コロスの2つ以外、社会を恨むような発言しなかったんだよね。 ( 2020/9/26(土) 0:31 )

ナナコ > 娘が興味を示すので、普段から仕事での経験談を聞かせているけれど、ちと偏った吹き込み方をし過ぎたかなぁ…と思った。夜勤明けで、今日は疲れたー!と言ったら、キラキラした表情で、「ママお疲れ!大変だった?ボハンでもあったの?ミジュシン?エイチビー?ワシ?ナイシンしてガンイじゃなかった?レベルゼロで全力疾走しなかった?赤ちゃん元気だった?」と矢継ぎ早に聞かれた。スペクタクルな部分ばかり伝えてしまって、もうちょっと、地道にがんばってるところとか、ちょっとした関わりが重要だったりとか、そういった細かいけれど大事な部分のあれやこれやを伝えよう…と反省しました。 ( 2020/9/25(金) 22:40 )

名無しさん > 私が8、9歳の頃、母が接客業を終え「仕事が終わったから、喋りたくない」という言葉が印象に残り、対人関係や仕事に対して、割り切るどころか、歪んだ扱い方を覚えてしまった経験がありまして、同性には、何事も同調し、無難な発言、批判・否定してはならない。「そうしなければ、生きていけない」なんて戯言です。そんな中「的を射る(得る)」という言葉で、議論を行っていたサイトをきっかけに、言葉の重要性や、相互理解の重要性を知り、自分の着眼点や、視野の狭さを自覚しましたよ。 ( 2020/9/25(金) 5:38 )

名無しさん > 自閉という言葉を、私はどう受け止めればいいのか、困惑しているのですが、兎にも角にも、くっひーさんの打つ文章は、表現が豊かで、言い回しも上手く、とても読みやすくて、魅力的です。ふむふむ、なるほど、なるほど!と、リズム感のある文に、私は頷きながら読んでいます。リアルタイムではないのですが、某有名(?)だったであろう、テキストサイトの掲示板からネットストーカーをしてよかった!このような書き方では、語弊を招いてしまいますが、もちろん、この掲示板内に書かれた内容は理解しています。私の場合、相田くひをさんを一人の人間として受け入れているので、批評なんぞ全くありません。 ( 2020/9/25(金) 5:36 )

相田くひを > ”生きにくさ”っていうのもZERO年代の重要なコトバですよねぇ多分、乃公もおそらく10代のころは”生きにくさ”っぽい感情があったと思うんですが、というか誰もがそーいう共産党に憧れるような世の矛盾にぶつかると思うんすけど、そこで、社会がオカシイのか、自分がオカシイのかで、乃公は自分がオカシイってまず考えたんすよね、だから歴史だ哲学だ宗教だ、いろいろ読んだ。でも逆に社会がオカシイって考える人もいるんですよ。さらに社会に憎悪を抱く人までいる…東味あ反日武装戦線とかは極端な事例だな。 ( 2020/9/25(金) 0:26 )

相田くひを > 嫌だから絶対に行かない!っていう人はサラリーマンに向いてない気がするんですが、かといってそれが起業独立に向いているとも乃公には思えない、なんだかんだいって仕事って人とのつながりで出来てますから、ましてやトップの社長なら更に…なので、スティーブジョブスの自伝がすげぇ世界的にウケるのも自閉的にわかるんすよ、うちの尿毒親父と、モブサイコの霊幻新隆を足したような感じ。そりゃ、あまねく世の中に生きにくさ?を感じる人間にとっちゃ神話みたいなもんす。 ( 2020/9/25(金) 0:22 )

相田くひを > んで、なんで乃公が自閉傾向ありつつ、適応出来たのか考えますと、会社の人付き合いとか酒席、今も苦手なんですけど、わかりつつもコッソリ参加、そそくさ撤収してんすよね。ついきあいなので。嫌だけど付き合える能力ってのはすげぇ良いと思います。 ( 2020/9/25(金) 0:12 )

相田くひを > なので、もやっと考えつつも、いや、なんでそーまでして旅館なんつー一定の割合でキチガイが来るであろう、乃公がもっとも嫌いな接客商売を始めようとしているんだ(゜;)/ あ、でも中標津の養老牛温泉の湧出機構はおそらく火山の輪状裂罅からだからだから、東西方向、標津川辺の土地を買ってシュランベルジャー法で自前で電気探査をして…などと妄想しつつ、って今地図ぐぐったら、ちょうどその辺りに温泉ホテルが(゜;)/ はさておき、サラリーマンは超楽ちんなんですわ。 ( 2020/9/25(金) 0:7 )

相田くひを > んで、今の会社で4社めなんすけど、途中、リーマンショックで会社が倒産したりして、出稼ぎで盛岡に行って尊師に牛タンおごってもらったり、お陰様でなんとか人並みに生活しておりますが、ずーっとサラリーマンでして独立なんぞ考えたことがございません。うんうん、植木等のいうとおりサラリーマンは良いと思います。ところが、なんかバブル時代、いやもっと前からなんですが起業だ脱サラだベンチャーだ、なんか、そーいう男のロマン的なもんがありましてねぇ、という乃公もまったくなかったわけじゃあございません、20代の頃は北海道に移住して温泉掘って旅館経営とかマジで考えて、看板用のヒノキの木の板を飛騨高山で購入していたくらいですから、今、本棚の板で活躍しておりますけども、で、その独立の気風とやらの源泉はなんだというと、根っこにあるのは自閉傾向からくる、逃げ、なんすよね。自分の場合。 ( 2020/9/25(金) 0:1 )

相田くひを > 乃公っちは大学卒業したのが丁度バブルの最終年度でしてね、半沢直樹曰く俺たちバブル入社組そのものだったんすよ。就活もアホみたいに楽勝でして…、んであの当時、なんかサラリーマンを卑下する妙な風潮がありましてね、『ア・ホーマンス』(狩撫麻礼/たなか亜希夫)で主人公のいう「灰色のサラリーマン」、あるいわドブネズミ色のスーツ、当時は紺色より灰色が標準的でして、乃公も就活時はコナカで灰色スーツでしてね、なんか、月給トリが格下扱いだったのです。でも、相田家は代々ハンコ職人の家系ですからね、尿毒親父はいうのですよ、サラリーマンが一番いい、ボーナスも出て安泰だってね。ニッパチとか本当に月に一人も客が来ないなんてコトもあるので、すんげぇ飢餓感があるんすよ個人商店として、なので、乃公はサラリーマンってのはいいもんだなーって就職した覚えがあります。 ( 2020/9/24(木) 23:52 )

名無しさん > 空気を読まない発言に対し、話題を変えていただきありがとうございます。 ( 2020/9/24(木) 20:29 )

相田くひを > 今まで、バイトも含めて、二度とやりたくないと思った職種は、新砂川のS川急便の深夜仕分けの仕事と、新卒で入った某大きな会社の大阪支店での営業職、2つだけだな…他は全部面白かった。今の仕事もね。 ( 2020/9/24(木) 19:33 )

名無しさん > 職種にもよると思いますが、仕事って常に新しい挑戦というか、発見というか、進化していくような...一概には言えない感覚があります。 ( 2020/9/24(木) 19:23 )

名無しさん > くっひーさんの発言(14時11分)を言い換えると、高学歴ゆえのプライドの高さ、柔軟性や適応性の欠如...という感じでしょうか。私は学生時代、教師と同世代のドス黒い策謀のような...独特の子供社会に抵抗する術もなく、時間の無駄だと感じ、一足先に社会へ出た人間です。所謂、中卒。ですが環境がよかったのか、一番下という立場だからこそ、何の抵抗も無く様々な知識や考え方など吸収でき、何事も率先して行動出来るという主観的な経験があります。まだまだ未熟ですし、コロナを言い訳に、基礎知識を学び、高卒認定を取得しようかと。 ( 2020/9/24(木) 19:13 )

ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb