[ 携帯用URL ]
治療の窓 

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



135.(untitled)  
名前:りんご    日付:2012/12/28(金) 10:8
質問させていただきます。
病的共同運動などの後遺症を残す方はほんの数%だと聞いておりますが、こちらの掲示板を見ていると麻痺になった方には誰でもその可能性がありうるとかんじたのですが、どうなのでしょう?

私は二ヶ月前にベル麻痺を発症し、二週間を過ぎたあたりから回復の兆しが見られ、一ヶ月くらいで大体よくなったのですが、私もその可能性があるのでしょうか?

どうかご回答よろしくお願いします。

134.(untitled)  
名前:りんご    日付:2012/12/28(金) 9:59
質問させていただきます。

病的共同運動などの後遺症を残す方はほんの数%だと聞いておりますが、こちらの掲示板を見ていると麻痺になった方には誰でもその可能性がありうるとかんじたのですが、どうなのでしょう?

133.年末  
名前:こんた    日付:2012/12/26(水) 7:59
あれよという間に、今年もあと数日となりました。
みなさん良いお年をお迎えになって下さいませ。
私も半年ぶりのお休みで、身体を充分休めようと思います。

132.12月になりましたね。  
名前:こんた    日付:2012/12/3(月) 16:2
師走を迎えてみなさんいかがお過ごしでしょうか?
診療室を移転して早3ヶ月が経過しておりますが、キャパシティーが大きくなったので、皆さんのご期待に添える時間割が取れて非常に良かったと思っております。
交通の便も良くなり、駅から歩いて1分は非常に楽ですと好評です。駐車場も5台分も止められて余裕もできましたのでホントに助かってます。
風邪も流行っている今日この頃ですが、皆さんもお身体に気をつけて下さいませ。
季節のご挨拶まで。

131.早いもので…。  
名前:こんた    日付:2012/11/17(土) 8:32
紅葉の季節真っ盛りとなりました。
寒いという言葉が聞かれる様にもなってますね。
流行性の感染症に注意をしながら、毎日をお過ごし下さいませ。

130.11月になりました。  
名前:こんた    日付:2012/11/2(金) 8:8
カレンダーもあと、ふた月となりました。
皆さんも風邪などひかない様にお気をつけ下さいませ。

129.10/19富士山が白くなりました。  
名前:こんた    日付:2012/10/19(金) 8:12
今朝は富士山の半分が雪で真っ白くなってます!
里でも朝の気温が12度と低いですね。
秋深まる気配もしてきました。

128.秋の匂い  
名前:こんた    日付:2012/10/12(金) 8:4
みなさんこんにちは。
段々と秋らしくなって来た今日この頃いかがおすごしでしょうか。
何やら風邪をひいたという話もちらほら聞かれて、季節の変り目であることを実感します。
10月も半ば近くなり、涼しいという表現より肌寒いという表現が適当になりました。休日は、お身体のケアなどができる様にしたいですね。

127.保曽井さんへ  
名前:こんた    日付:2012/10/8(月) 7:57
了解いたしました。
ご連絡お待ち申し上げております。

126.(untitled)  
名前:保曽井 和巳    日付:2012/10/7(日) 18:19
 こんにちは 13歳の娘の顔面麻痺で良治療を探しています。
9月17日朝起きると 向かって左の顔が動かなくなっておりました。

一度、診察して頂きたいのですが、いかがでしょうか?

125.季節のご挨拶  
名前:こんた    日付:2012/9/21(金) 11:18
田んぼの稲刈りが始りそうな今日この頃の小田原市、開成町地区です。
朝夕はとても涼しくなりました。しかし、まだ蝉も鳴いているので気分は夏のままなのですが、田んぼの稲穂はかなり頭を垂れていて、この週末にはすっかり無くなってしまいそうです。
 行楽シーズンになり、ロマンスカーも大人の旅行客が多い様です。山里から富士山や箱根の山を見上げては少しづつ季節の変化を見てゆきたいなと思う今日この頃です。
 みなさまもお身体を大切に、健康に気をつけて毎日をお過ごしくださいませ。

124.りゅうさんへ  
名前:こんた    日付:2012/9/6(木) 8:21
奥様の1日も早い回復を願っています。

123.ありがとうございました。  
名前:りゅう    日付:2012/9/5(水) 14:11
返信が遅れて申し訳ありません。

早速のご回答ありがとうございます。
9/5現在、聴力、喉ともに回復が弱く、耳鼻科の先生には回復は難しいかもと言われています。
聴力については、本人がよくなっている気がするといっており、漢方と鍼治療に望みをかけてこれからも治療を続けていくつもりです。

122.9月ですね。  
名前:こんた    日付:2012/9/3(月) 9:30
なんだかんだいってもう9月ですね。子供たちは学校が始まりましたね。運動会の練習?文化祭の練習?など忙しいですかね。
まだまだ熱中症に充分注意をしながら学校生活に慣れるといいですね。

121.神経再教育  
名前:こんた    日付:2012/8/26(日) 10:13
軽度であれば落着かせる事は可能です。まず、様々な強調するものを排除しながら、治療をして経過観察しながら神経の再教育ができるかどうかを診て行くのです。根気のいるものですので、簡単なものではありませんし、功を奏するかは状態によって違って来ます。

120.病的共同運動  
名前:みるく    日付:2012/8/26(日) 9:57
21日に質問いたしました、みるくです。よろしくお願いします。
病的共同運動はもう治せないと聞いて大変ショックを受けています。せめて出始めの頃のわずかな動きに治まってほしいのですが、何か手立てはありますか?症状が軽快した方はいらっしゃいますか?

119.りゅうさんへ2  
名前:こんた    日付:2012/8/25(土) 8:27
昨日は途中ですいませんでした。診察終了後も用事があってパソコンから離れていましたので、今朝診察前に書き込んでいます。
まず、病院で血清検査をして、単純ヘルペスウィルス及び水痘ウィルスの活性を調べてあると思いますので、その上で原因ウィルスを断定できていると思います。移植手術における免疫抑制剤に関しては医師から説明されていると思いますが、今回の状況で単純ヘルペスや水痘ウィルスの問題でしたら、末梢性に神経が損傷を受けたと思われ、顔面神経に関しては回復の兆候が出てくる頃ではあると考えます。喉の問題は反回神経麻痺であると思われ、それに関してもお時間はかかると思われます。反回神経は迷走神経の分枝で、今回意識障害を起こしたのはこの迷走神経を刺激されたために起こったのかどうか医師に尋ねたいところです。
いずれにせよ現在では鍼治療もできるまでに回復して歩ける状態ですので、まだまだこれからだと思います。神経の損傷の修復にはその状況からして3ケ月以上はかかる可能性はあるので、今の先生と相談しながら充分信頼l関係を築いて行く事が大切だと思います。
腎移植だとBKウィルスのチエックなどが大変ですね。どうぞ奥様をお大事にして下さいませ。

118.りゅうさんへ  
名前:こんた    日付:2012/8/24(金) 18:49
お返事致します。
まず、神経内科の先生の7番から10番までの神経がやられているとの事ですが、恐らくその意味は脳神経の番手を意味すると思われます。(7番顔面神経、8番内耳神経、9番舌咽神経、10番迷走神経)
しかし、問題は中枢部からの問題ではなく、いずれもそれら脳神経が末梢に出てきた問題だと考えるべき所見ですので、その点は分けて考える事が必要な様です。
まず、麻痺を起こしているのが顔面神経、それに迷走神経の分枝である反回神経の麻痺を起こしていると思われる所見です。
この続きは明日追って書き込みしますが、今日はまだ診察途中の為にここまででお許しくださいませ。

117.妻のヘルペス後遺症の相談です。  
名前:りゅう    日付:2012/8/24(金) 17:34
昨年5月10日に妻が腎臓移植し、免疫抑制剤を飲みながら順調に術後経過していました。ところが本年5月初め、左耳の激痛とのどの痛みおよび口内炎がひどくなり、近くの耳鼻咽喉科に掛りましたところ、たいしたことはないとの診断でした。しかし、痛みが引かないため、2日後に再度来院したところ、たいしたことがないのに大げさだと言われ、翌日大きな病院に行ったところ、ヘルペスの疑いが高いと言われ、移植経過観察をしている病院に入院しました。発見が遅れたため、意識障害までお越し、1か月後に退院しましたが、左目は完全に閉じることが出来ず、左耳は耳鳴りと難聴、耳奥の痛みに悩まされ、喉は左側が動かず声はかすれ、飲み込みにくく喉に異物があるような感覚にとらわれ、物を吐くような席に悩まされています。
今現在、週一度の鍼治療と神経内科の先生による漢方治療を受けています。よくわかりませんが神経内科の先生によると、7番から10番までの神経をやられているとおっしゃられていました。このままの治療で、改善してゆくのか心配しています。いかがでしょうか?

116.みるくさんへ  
名前:こんた    日付:2012/8/22(水) 8:31
お返事いたします。不全麻痺とはいえ病的共同運動を引き起こす問題は隠されていただけの事です。つまり、ここ数年でその強調を認識する様になっただけの事で、もともと軽度の状況で存在していたのです。私がどんなケースでも顔の運動を勧めないのはこうしたケースは私の臨床ケースではかなり多く、不全麻痺で自然治癒して数年経過してから違和感が出る人も多く診ているので、決してめずらしいケースではありません。


ページ: |< << 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb