[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
こじのページのBBS
マリモパンツ、ラブレジェンドの感想など適当に投稿ください。ゲームのネタバレOKとします。
「こじのページ」に戻る場合はこちら。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



12.(untitled)  
名前:アロウ    日付:2017/3/31(金) 19:29
そういう意図があったのですね。最終戦の展開について、少し納得できました。
サオリとさんまの件は修正ありがとうございます。

11.最終戦の苦悩について(完全版が10年以上かかった原因の一つ)  
名前:こじ    日付:2017/3/31(金) 1:44
2周目の最終戦は、当初はインプレストとして新キャラが7人登場する予定でした。完全版の最終戦でさんまの親父が顔グラ付きで登場しましたが、本当はあのおっさんがインプレストの予定でした。ラブレンジャーは、FREEJIA&黒魔剣士アースと同じくらいの位置づけになる予定だったのです。
しかし、その構成だと、どうにも面白くできませんでした。試合を白熱させるテーマが創れなかったのです。マリモパンツの重要な試合にはテーマがあります。序盤は相手の方が優勢で進み、後半にテーマに沿ったシナリオを展開させて、相手と同等以上のプレイをして逆転の活路を開くという構成です。
例えば、くるみ戦のテーマは「エンターテイナーの心構え」です。くるみは自分が悲しい時でも、観客の前では笑顔で振る舞い、観客を楽しませようとします。皆に支えられて立ち直ったまりもに各の違いを見せつけます。後半に、まりもは「楽しませる」だけでなく「みんなで一緒に楽しむ」ことが大事だと気付き、これが逆転の活路になります。さらにくるみも、それを受けて成長を見せることで、試合を白熱させます。
たけし戦も、同じように「暴力プレイで血だらけになっても観客を楽しませようとする姿勢」が逆転の活路になります。
最終戦を創るにあたって、このような試合のテーマが出せず、行き詰まっていました。
そのテーマが出せない原因は「インプレストの技が凄い!」という論理が考えられなかったことにあります。インプレストの技は、「雷を浴びて高速に動く、天才的頭脳で相手の行動を全て見通す、超高性能ロボが皆の技をコピー、呪いで相手を動けなくする、組み立て体操」などを考えていました。ただ、それは今までのソッカーの技の延長線でしかなく「インプレストの技は凄い!」と感じさせる論理がありませんでした。
という感じで行き詰まって悩みに悩んで考えたのが「論理を破綻させた力を持つキャラ」です。ソッカーの技は論理が破綻しないぎりぎりのラインなのですが、それを破綻させたキャラをあえて登場させるというものです。例えば、くるみが体が震える特異体質を利用して静電気を起こしたり、チェケOHが高速でギターを弾くことでプラズマ現象を起こすのは、論理が破綻しないギリギリのラインと思います(キン肉マンで出てくる論理と同じで、作中で起きる現象に一応の理由付けがあるという意味です)。「論理を破綻させた力を持つキャラ」とは、「特に理由もなくビームが出せる」のような、理由もなしに超常現象を起こすキャラのことです。
そこで、論理を破綻させた力を持つ「さんま」を脇役キャラから、インプレストに昇格させました。「愛の力に不可能はない」でなんでもできるキャラです。論理破綻キャラをラスボスに据えることでの賛否両論はある程度予想しました。でも不満が出ないように、今までの延長線上の技を使うキャラをインプレストに据える元の案(無難な案)を選ぶというのは、したくなかったです。この辺りの心情は作中でマリアが私の心を代弁してくれています。
「だって普通の花壇だったら誰だって作れるじゃない。どうせ作るなら『なんじゃこりゃぁぁ』って見る人が驚くような凄いものを作りたかったの」「でもこんなに統一感のない花壇はみんなから変だと言われたりしないか?」「みんなからも色々言われるけどわたしは寄せ鍋みたいで楽しいと思うんだけどなぁ」
という感じで、多少不満が出ても「なんじゃこりゃぁぁぁ」ってなるものが創りたかったのです。論理を破綻させるキャラが混じっても、寄せ鍋みたいで楽しいと思ったのです。

ぶっちゃけた話、マリモパンツというゲームは、ツッコミ所が多い作品です。顔グラやイベント絵の絵柄は統一されていないし、試合中の笛の音は作者の声だし、作者の声は素人くさいし、素でプレイしたら、そういう点で辟易してくると思います。マリモパンツがよく評価される点は、プレイしているうちに、それがなぜか段々気にならなくなってプレイできてしまう点です。そして、マリモパンツを2周目の最終戦までプレイするような人であれば、きっと、マリアやパンツの考えに共感して、多少のへんなことは許容して「くだらないことでも楽しめる」ようになっていて、さんま登場も寄せ鍋みたいで楽しいと感じる人が多いと思ったのです。
そういう経緯で、ラスボスをさんまにしました。どうかご了承ください。

最終戦にさんまを出したことにマイナス評をしている方々も、それ以外は楽しかったと言ってくれたので、その点は良かったです。マイナス評を正直に伝えてくれるのは、ゲームへの愛があるからだと思いますし、作者としては改善点を教えてもらって凄くありがたいです。
ちなみに、メールで感想くれた方々からも、ひろしの必殺技で腹抱えて笑ったとか、最終戦も大好評だったので、自分としてはラスボスをさんまにして後悔はしていないです。

あっ、でも最後の口説き対決で、さんまの口説きでサオリがドキドキするシーンについて、サオリは「さんまが口説きに来たのはパンツを焚き付けるためだと分かっている」ので演技なのですが、それは分かりにくいので、修正しておきます。

9.(untitled)  
名前:am    日付:2017/3/30(木) 12:18
さんまはメチャクチャだけど、勢いと実力で自らの言動に不思議と説得力を持たせるというキャラだったように思います。
サオリがさんまになびくシーンですが、私はそこまで違和感ありませんでした。あそこでサオリが微動だにしないようだと、さんまがただのうるさい変な奴になってしまいますから、それこそ最終戦とは何だったのかということになりかねません(実際うるさい変な奴ですがw)。将来について多くの葛藤を抱えるパンツの心を動かすには、あれくらいメチャクチャで無理やりな説得が必要だったのでしょうね。ただ、私は楽しめましたが、特にラブレジェ未プレイの人にとっては、少しついていきづらい展開に感じるかもしれないとは思いました。

不満とかではなく要望ですが、相手の攻撃を読みやすくする道具が欲しかったですね。スカウターのディフェンス版のような。
ディフェンス技、特に「完璧に見切った」が条件の技は、めったに発動させられない上に大してボールも奪えませんでしたw
なのでせめて発動頻度をあげられたらなと。
チートアイテムの修行の腕輪が弱体化したり、源さんのセーブ技が強くなったり、バランス調整にとても気を遣ってらっしゃるでしょうし、簡単になりすぎないようにとの配慮で既に没にしているのかもしれませんが。

8.(untitled)  
名前:アロウ    日付:2017/3/30(木) 0:10
連投になりますが……
サオリがさんまになびきかけるシーン、やっぱりあれは許せないです。
あのワンシーンでサオリという人物が酷く貶められたように感じました。
これまでの一途描写は何だったのか。さんまの口説き力を持ち上げるために全ての積み重ねが無に帰しました。
サオリにはさんまに口説かれてもノーダメージであってほしかったです。
さんまは人妻でも平気で口説く男ですからね、ラストに出てきたあの子の父親が本当はさんまでも不思議じゃないですよ(下手したら男の子の方の父親も……)
ラブレジェンドはラブレジェンドで好きな作品ですが、やっぱりラブレジェンドとマリモパンツは同じ世界ではあってほしくなかったです。
あらゆる女性を口説き落とすさんまという人物の存在が、この世界から純愛(さんまが自称する方ではなく本来の意味の)を成立させなくしてしまっているように感じます。

話は変わりますが、
「完全版ではナルスィやうんも先生が仲間になり、源さんや手品師兄弟が敵として登場する展開がある」という予告を見た覚えがあるのですが、その展開は没になったのでしょうか。

7.(untitled)  
名前:アロウ    日付:2017/3/29(水) 23:9
マリモパンツ完全版、プレイさせていただきました。
長年待ちつつ半分諦めていた作品が遂に完成ということで喜びも一入です。
準決勝でのマン太の活躍が本当に熱く、とても燃え上がりました。
しかしラブレジェンドのキャラが本筋に大きく関わった点に関しては、自分もマイナス評価とさせていただきます。
てっきりFREEJIA&黒魔剣士アースのキャラと同程度の扱いだとばかり思っていたのが、唐突に出てきて殆ど作品を乗っ取る勢い……
引っ張っていたインプレストがさんまだった点も個人的には非常にガッカリしたポイントでした。
ラブレジェンドのキャラにはあくまで別世界から来たゲストとして脇役に徹し、マリモパンツはマリモパンツだけで完結して欲しかったです。
二週目に期待していたのはハッピーエンドかつトゥルーエンドだったのですが、実際プレイした後の印象は一週目がトゥルーエンド(正史扱い)で、二週目は無理矢理ハッピーエンドにするためラブレジェンドのキャラが介入したifというものになりました。
さんま及び彼を囲う女性達の思想もあくまでギャグが全てを支配する世界でやっていたから面白くかつ成立できるものであり、マリモパンツの世界で大真面目に肯定されてはただ気持ち悪いだけだと感じました。
(演技かもしれないけど)サオリがさんまになびきかけたシーンも見ていて非常に辛かったです。
ラブレジェンド関係には文句ばかり言ってしまいましたが、試合そのものはドリームマッチ感や集大成感もあってとても楽しめました。これが最終戦ではなく特別対抗チームと差し替えるポジション辺りで出てたら(勿論さんまのインプレスト設定も無くして結婚式への介入も無し)きっと絶賛していたと思います。
ラブレジェンドの本筋介入に関してだけは非常に残念でしたが、全体的にはとても良い作品でした。長年待った甲斐があったと思っています。
本当にありがとうございました。

6.ありがとうございました  
名前:am    日付:2017/3/28(火) 22:3
完成おめでとうございます!そして、ありがとうございます!
プレイさせていただく側としても、何年も待っていた甲斐がありました。
まさに作者様の集大成と言える作品で、このサイトの全ての作品をプレイさせていただいた者としては、本当に感無量の内容でした!

最初から裏モードでプレイさせていただいたんですが、ラスボスが尋常じゃないくらい強かったです(笑)2回ほど敗北後の施しをもらってようやく勝てました...無印の裏モードよりも数段難しかったように思います。
ただ、戦略を緻密に立てるわけではない私でも何度かやり直せば勝てたので、もしかしたらちょうどいい難易度なのかもしれません。
全試合敗北なしの縛りプレイが可能なレベルかと言われるとさすがに厳しそうですが(笑)

5.(untitled)  
名前:ふぁん    日付:2017/3/28(火) 4:55
とりま裏モードでクリアしたんだけどさすがにラスボスは強すぎる、初見では対応しきれん。2戦目でどこでどんなイベントが発生するかわかったから対応して勝つことができたけど一発目では無理だな。多分一回目のゴールは必ずイベントで弾かれるくさいけどあまりの相手の強さも相まって「あれこれってイベント発生まで絶対ゴールできない?」と思ってしまったよ。

あと、製作者の気持ち的にあのキャラクターを出したかったのかもしれないけど、ぶっちゃけ俺はラブなんたらは嫌いなので興ざめもいいとこだわ。あのノリはシュールギャグだと思って見るから笑えるのであって、わりとしっかりとしたシリアスが存在するマリモパンツに持ち込まれると萎える。

たしかあの優男の声って製作者だろ? なんていうか「オレツエーしたいのかな」とか思ってしまってさ、ゲンナリするわけよ。

ここまで不満ダラダラ書いてきたけどそれ以外は満点あげたいぐらい作り込んできたなってのを感じさせたね。ほんと最後だけ、むしろ最後があれだったから終わりよければすべてよしの真逆を行く作品だったよ。

良かった点としては悲劇の回避の部分。

やっぱりあのシーンはかなり熱いシーンだから回避するためにどうやって作るのか気になっていたんだけど、上手くやってきたなと思わされた。あそこだけのためにどんだけ労力かけたのか、すごいね。

代役があのキャラだったのは賛否両論ありそうだけどまああいつしかいない感もあるし妥当なのかな。ただどうしても技が生々しいというか汚いので、パンツがやるのと比べると劣ると言わざるをえない。ただ悲劇回避は普通に嬉しいので納得はしている。

あとは全体的にゲームバランスの修正とかテンポの改善とかされてて楽しめました。

色々書いたけど10年ぶりぐらい? にマリモパンツをプレイできて一人のファンとしてとても嬉しかったです。完成させてくれてありがとうございました!

4.(untitled)  
名前:バグ報告    日付:2017/3/28(火) 3:28
2周目の裏モードのスーパードリームズ戦でマン太がキーパーの状態で退場したらその後誰もキーパーになれません。

3.(untitled)  
名前:    日付:2017/3/27(月) 21:57
連作物、または未完成の状態で一度公開されたフリゲで、
特に一度間があいたもの、期待の大きい名作などは、
永遠に完成しないまま失踪、というのが定説だったが・・・
ついに常識をくつがえしてくれたか。長かった TT

他のも後に続いて欲しいですね。アルマゲストとか天月とか
無理ならせめて、シルフェイドみたいにギブアップ宣言して欲しいところ

2.バグ報告。  
名前:不伝    日付:2017/3/27(月) 2:11
マリモパンツ完全版の完成おめでとうございます。
10年越しの完全版。本当にずっと待っていました。
改めて当時を思い出しながら2周目の裏モードをプレイしています。
まりもちゃんの新規絵かわいいです。
チャクラからコスモに名前が変わっていたり、タイムアウトの撤廃で自由にメンバーが変えられるなどのシステム周りの変更もあったので、前とはまた違った新鮮な気持ちでプレイしています。
果たして2周目ではどんな結末を迎えるのか分岐点まで今からワクワクが止まりません。

さて、まだ現在、2章プレイ中ですが、バグを見つけたので、報告させていただきます。
メンバーチェンジ画面でShiftキーを押し、キャラを選択したまま終了を押す→そのあと再び同じキャラをshiftキーで選択するとキャラが消えるバグが起こりました。

ちなみにそのまま試合を始めるとそのキャラがいないまま試合が進行します。
おそらくは1.5時代のキャラ増殖、削除ができた時の名残だと思われます。

取り急ぎ、報告失礼します。
これから第2章の山場の決勝戦に入るので、ゆっくりと楽しませていただきます。
裏モードのたけしに苦戦しそうな予感。
http://www.geocities.jp/fuden0215/

1.テスト  
名前:こじ    日付:2017/3/26(日) 2:45
テスト


ページ: 1 2 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb