[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
龍馬と長崎

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



13.投稿ありがとうございます! 返信  引用 
名前:増田泰之    日付:2006/5/28(日) 7:30
児島様、おはようございます。書き込みありがとうございます。
質問は3つあると思いますので、お答えします。

1)フランシスコザビエルでしたか、1569年永禄12年織田信長、初めてイエズス会士と会見
長崎に先に来ていたのですか?そちらが早かったのですね? 

長崎より京都に崎に来ています。 ザビエルが日本全土の布教許可を得るために。

滞在わずか11日で離京したザビエルの後,京都布教に着手したのは,ガスパル・ビレラです、比叡山を焼き討ちした織田信長の入京によって事態は一転,当時来京していた宣教師たちを厚遇しました。この信長の保護によって,新たに教会(南蛮寺<なんばんじ>)や礼拝堂が建設され,京都でのキリシタン伝道事業は絶頂期を迎えます。

2)1569年(永禄12年)ポルトガル人ガスパル・ヴィレイラが・トードス・オス・サントス教会(現在の春徳寺)を建てたのが最初でしたか。

長崎で、最初に建てた教会です。

日本で最初は1559年(永禄二年)医師アルメイダが豊後府内(大分市)に病院を建てます。
諸説ありますが、私はこれこそが最初の教会ではないかと思います。
最初から、教会だけを建てるには難しく思いますので、病気を治しながら教会としての活動をしたと思われます。
アルメイダはイエズス会宣教師コスメ・デ・トーレス神父に会い、彼はフランシスコ・サビエルの事業を継承して日本で布教を続けました。

3)1549年(天文18年)ポルトガル人宣教師ザビエルが鹿児島に来て、日本にキリスト教を伝え、翌1550年、ザビエルは平戸藩主松浦隆信に招かれ、平戸で布教を行いとありますので、名古屋よりも早く布教していたのですね。いい勉強になりました。

名古屋より早かったようです。

http://www.at-nagasaki.jp/archives/000/07.html?css=area.css



16.Re: レスありがとうございます!
名前:児島    日付:2006/5/28(日) 15:9
1)フランシスコザビエル京都到着は長崎よりも先でしたか、わかりました。それに教会(南蛮寺<なんばんじ>)ってよんでたんですね、バテレン
じゃなかったのですね。さすが長崎の人は詳しいですね。

ここで自己紹介しておきます。
私は仕事で崎陽店主とは気の於ける仲間です、骨董屋でも店主は目利きとして活躍されていて、私もお世話になって助けていただいています。
趣味はたいてい、パソコンくらい、他に植木市場にせりにいったりしています。お宮の祭主もしています。
そんな関係から、神社サイドから日本の神々の歴史についてホームページで取り上げていますので、URLをリンクしておきます。

店主から聞きました、増田さんは長崎で活躍していられる方だと。
これからも、ぜひ、よろしくお願い致します。

http://www9.ocn.ne.jp/~aysk535/index.html

11.6 長崎は、キリシタンの町だったんです 返信  引用 
名前:増田泰之    日付:2006/5/27(土) 7:56
それでは質問です(2)。

当時、教会は長崎に、いくつあったでしょうか?

1569年(永禄12年)ポルトガル人ガスパル・ヴィレイラが・トードス・オス・サントス教会(現在の春徳寺)を建てたのが最初です。

1550年ポルトガル船、平戸に来航
1571年ポルトガル船、長崎入港
1634年出島築造に着手
1636年出島完成
1639年ポルトガル船の来航禁止(第5次鎖国令)

http://www.at-nagasaki.jp/archives/000/07.html?css=area.css



12.Re: 6 長崎は、キリシタンの町だったんです
名前:児島    日付:2006/5/27(土) 18:9
ヨーロッパ人の日本初来。種子島にポルトガル人漂着
フランシスコザビエルでしたか、永禄12年, 織田信長、初めてイエズス会士と会見とありましたが、長崎に先に来ていたのですか?そちらが早かったのですね? 
1569年(永禄12年)ポルトガル人ガスパル・ヴィレイラが・トードス・オス・サントス教会(現在の春徳寺)を建てたのが最初でしたか。

私の先祖もフランシスコ・シャヴィエルと対面してハビアンの名をもらっていました。勿論神道なのですが、途中で止めたそうです。

益田さんによりますと、1549年(天文18年)ポルトガル人宣教師ザビエルが鹿児島に来て、日本にキリスト教を伝え、翌1550年、ザビエルは平戸藩主松浦隆信に招かれ、平戸で布教を行いとありますので、名古屋よりも早く布教していたのですね。いい勉強になりました。


15.ありがとう
名前:店主    日付:2006/5/28(日) 14:36
児島さん久しぶりですね、元気にしてましたか?
そのうち又逢いましょう。増田さんと仲良く問答をして下さい。

14.7 長崎は、キリシタンの町だったんです 返信  引用 
名前:増田泰之    日付:2006/5/28(日) 9:23
それでは答えですです(2)。

14教会はあったんです。1963年(慶長18年)の全盛期の頃です。

@トードス・オン・サントス教会(桜馬場)A山のサンタ・マリア教会(立山町)Bサン・ドミンゴ教会(勝山町)Cサン・フランシスコ教会(桜町)Dサン・アントニオ教会(本大工町)Eサン・チャゴ教会(酒屋町)Fサン・ペテロ教会(今町)Gミゼリ・コルジヤ教会(本博多町)Hサン・アウグスチノ教会(万屋町)I被昇天のサンタマリア(外浦町)Jサンパウロ教会・イエズス会本部(江戸町)Kサン・ジョアン・バウチタス教会(筑後町)Lサン・ミゲル教会(立山町)Mサン・ロレンソ教会(伊勢町)です。

タイムスリップして見てみたいですね!

昨日は、投稿ありがとうございました。気軽に投稿してください!

http://www1.odn.ne.jp/tomas/

10.5 長崎は、キリシタンの町だったんです 返信  引用 
名前:増田泰之    日付:2006/5/26(金) 9:29
春徳寺境内には、現在もキリシタン(切利支丹)井戸が残っています。
みなさんも井戸を見に行かれて下さいと書きましたが、連絡をして見に行かれてくださいね!

電話095-822-1986 夫婦川町11-1
JR長崎駅からのアクセス
市電 / 長崎駅前から螢茶屋行に乗車し、新中川町で下車、徒歩7分。

キリシタン(切利支丹)井戸は春徳寺以外にもJR長崎駅から徒歩5分の本蓮寺があります。
ここは26聖人に1人聖ペトロ・バプチスタつかりのサン・ジェアン・バプチスタ教会とサン・ラザロ病院があった所です。
その頃の井戸が、本道右側の庭園に残っています。

見学にはお寺の許可がいるので、許可を得てから見学してください!
よく吠えるる、犬がいるので気をつけてくださいね!

http://www.at-nagasaki.jp/archives/000/07.html?css=area.css

8.長崎は、キリシタンの町だったんです。 返信  引用 
名前:増田泰之    日付:2006/5/25(木) 8:15
それでは答えです(1−2)。

1597年(慶長2年)にセミナリオ(小神学校)とコレジョ(大神学校)がおかれ、1602年(慶長7年)には修練院もおかれました。

1570年(元亀元年)に長崎はポルトガル貿易港として開港し、長崎の岬に新しい町が開かれ、岬の先端(現在、県庁があるあたり)にフィゲイレド神父が「岬の教会」と呼ばれる小さな教会を建て、長崎の布教の中心となります。こうして国際都市長崎が誕生することになりました。

1588年(天正16年)6月11日、秀吉は長崎を直轄地とし、藤堂佐渡守寺澤志摩守を長崎に遣わし、鍋島飛騨守信生を代官に任命し、志摩守は1592年(文禄元年)に初代長崎奉行に任じられました。

1613年(慶長17年)に出された禁教令により、トードス・オス・サントス教会は閉ざされましたが、建物は1619年(元和5年)まで残っていました。

春徳寺境内には、現在もキリシタン(切利支丹)井戸が残っています。
みなさんも井戸を見に行かれてはいかがですか?

http://www.at-nagasaki.jp/nagazine/hakken0202/index.html

7.長崎は、キリシタンの町だったんです。 返信  引用 
名前:増田泰之    日付:2006/5/24(水) 8:57
それでは答えです(1−1)。

1,500人だったんです。

長崎のキリスト教の歴史について、1549年(天文18年)ポルトガル人宣教師ザビエルが鹿児島に来て、日本にキリスト教を伝え、翌1550年、ザビエルは平戸藩主松浦隆信に招かれ、平戸で布教を行い、約100人の信者ができました。

その頃、長崎は大村純忠の領地で、その家臣長崎甚左衛門純景の居・桜馬場城と城下村がこの一帯にありました。現在の桜町から江戸町まで伸びた長い岬は、長崎と呼ばれていて、少しの農民と漁師が住んでいるだけでした。

1562年(永禄5年)、純忠は横瀬浦(西彼杵郡西海町)をポルトガル貿易港として開きました。有馬藩主義直は口之津を貿易港として開くため、修道士ルイス・デ・アルメイダ(ポルトガル人)を横瀬浦から招き、アルメイダは島原、口之津などで布教を行い、島原半島にキリスト教が広まって行きます。

1567年(永禄10年)修道士アルメイダは長崎に来て翌年まで布教をしました。その後を受け継いで1570年まで長崎にいたガスパル・ヴィレイラによって、1569年にこの地に仏寺を改造して長崎最初の教会・トードス・オス・サントス(諸聖人)教会が設けられました。 今の夫婦川町で現在の春徳寺です。

http://www4.cncm.ne.jp/~makuramoto/01.nenpyo/00.html

6.長崎は、キリシタンの町だったんです。 返信  引用 
名前:増田泰之    日付:2006/5/23(火) 9:15
それでは質問です(1)。

長崎のクリスチャンは何人だったでしょうか?

1570年(元亀元年)長崎が開港するんですが(それ以前にもいろいろとあるんですがこの時代頃から始まった言えるでしょう)

それ以前の1562年唐船が初めて長崎に来航し、ポルトガル船が1565年福田(長崎市)に来航し、海戦が起きます。
1567年アルメイダが長崎に布教する。
1569年トードス・オンサントス教会が建てられたんです。開港する前です。この頃たくさんの教会が建てられます。
その頃は、長崎の人はすべてクリスチャンなんです。

下記のURLは長崎の年表です。

http://www4.cncm.ne.jp/~makuramoto/01.nenpyo/00.html

3.今日から長崎の歴史に関する事を連載します。 返信  引用 
名前:崎陽店主    日付:2009/3/16(月) 10:8
5月14日龍馬音楽祭でパネルディスカッションでゲストパネラーとしてお招きした亀山社中時代に坂本龍馬を支援した小曾根家17代当主小曾根吉郎様からこのホームページを立ち上げられている小川社長様を紹介いただき、名刺交換させていただきました。
その後小川社長様からお電話を頂き、お店で話を伺った所「長崎のおもしろい歴史」〜長崎の龍馬〜毎日連載しているんですが、それを観ていただいて「是非会いたかったんです」とのことで、このホームページに何か書いてくれないかとの事だったので今書いているのは、龍馬に関連する事だったので、鎖国時代唯一開かれていた長崎の歴史全般を書いていこうと思います。

私も勉強しながら頑張っていこうと思いますので皆さんご支援よろしくお願いいたします。



4.ありがとうございます
名前:店主    日付:2006/5/22(月) 18:11
此れから宜しくお願いします。


ページ: 1 2 3 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb