[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
アマチュアシアターのしゃべり場

アマチュアシアターのしゃべり場へようこそ!!

月二回は記事を更新してゆきたいと思いますのでどうぞちょくちょくのぞいてやってください。
記事に関するコメントやアマチュアシアターの活動に関するご質問など大歓迎です!!

みんなのしゃべり場!!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



170.先日はありがとうございました(^−^) 返信  引用 
名前:ケータ    日付:2010/6/9(水) 0:49
みなさま

こんばんは、6/6(土)に稽古見学させて頂いたケータです。

先日は6時間も見学させていただき、
さらには読み合わせという貴重な体験までさせていただき、
本当にありがとうございました。

みなさん個性的で魅力溢れる方達だったので、
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

俄然、演劇への興味が湧いてしまったので、
これから参加出来るところを探していこうと思っています。

せっかく知り合えたのに、
このまま疎遠になるのは惜しいので
ひとつ案内をさせていただきます。

6/26(土)ですが、
先日バーベキューで友人となったマジシャンが、
「立食パーティー&マジックショー」を開催します。
新宿で4,000円です。

もちろん私も参加しますが、
みなさまもきっと楽しんで頂けると思いますので、
ぜひぜひご検討下さいませ♪

詳細はけいちゃんへ連絡してありますので、
ご興味のある方はけいちゃんに聞いてみてください。

今後も何らかの形で繋がって行けたら嬉しいと思います。

ではでは(^o^)/~~~



171.Re: 先日はありがとうございました(^−^)
名前:けいちゃん    日付:2010/6/10(木) 1:24
ケータ さま

わざわざご丁寧に書き込みありがとうございます。
稽古のあとにわたしは食事付き合えなくてごめんなさい。

ご案内の件、ありがとうございます。
メンバーに告知してみますので、また改めてご連絡したいです。
今回のことがご縁でお付き合いができればうれしいです。

演劇は、めんどくさいし、大変だけど、なんとも言えず楽しいです。
ケータさんにいい演劇体験の場が見つかることをおもっております。

ではでは。

166.オススメ本 返信  引用 
名前:とーこ    日付:2010/5/31(月) 20:2
演劇の私塾に通っていたころ、講師の一人の方がオススメしてくれた本を紹介してみます。

『発声と身体のレッスン』 鴻上尚史

最近、その私塾の同期の子と話した時久々にこの本の話題が出て、久々に見てみたらやっぱり良い本でした(笑)

まず始めに「正しい発声とは何ですか?」と著者が投げかけてきます。

ATのメンバーでこの質問への答えを考えた人は、こっそり私に教えて下さい♪
いや、こっそりでなくてもいいけど^^



168.Re: オススメ本
名前:けいちゃん    日付:2010/6/2(水) 1:14
うん、その本は一度書店で手に取ったことがある。
でも勉強嫌いのぼくは、その本を買って帰ることはなかったのである。
よかったら、今度稽古場にもってきて、貸して。
勉強するのだあ。


169.Re: オススメ本
名前:しろれさ    日付:2010/6/4(金) 3:52
けいちゃんw

でも、とーこ確かに読みたいかも。
もしよかったら、貸してくださいましm(__)m

163.今日は 返信  引用 
名前:とーこ    日付:2010/5/23(日) 11:14
しろれさが企画してくれた女子会がありまーす。
楽しみです。

男祭りはやらないのかな?(笑)



164.Re: 今日は
名前:けいちゃん    日付:2010/5/24(月) 23:52
男祭り = 自虐祭り => 当面の予定はないと思われます。


165.Re: 今日は
名前:しろれさ    日付:2010/5/26(水) 19:26
お疲れさまです。
楽しかったね。既に次回の日にちも決まっているので
楽しみましょう!

所で次回ですが、うちでやろうかなあとか考えていたりするのですが
どうでしょうか?

場所的に遠いので悩むところです(;。。)

横浜方面でやるのもありかなーと思うのですが
みんなはどの辺がよいとおもいますか?


167.Re: 今日は
名前:とーこ    日付:2010/5/31(月) 20:4
横浜かー!!
いいね^^みんなで色んなところに行きたいね♪

160.演技力というものは? 返信  引用 
名前:しろれさ    日付:2010/4/29(木) 6:27
この間、エデンの東をみました。
ジェームスディーンの演技力がすごいと聞いていて、やはり観てみると彼の魅力がたっぷりの映画でした。
彼の、一挙手一投足から目がはなせない。
目つきや、ちょっとした首をかしげるしぐさ。
そういったものが、すべて、魅力的で、あの映画をみたら皆彼のことを好きになるんじゃないかと思うくらい素敵で。
でも、そういうのが、演技力なのでしょうか?

実は、私もう一人とても好きな人がいます。
それは、ローマの休日のオードリーヘップバーン。
素敵です。
彼女も映画の中でとてもチャーミングでかわいくて魅力的でした。

けれども、彼女はある番組で演技力が無いといわれていました。

これを聞いて、若輩者の私には、いったいどういう人が演技力があるのかそして、ないのか、分からなくなりました。

演技力ってなんなんだろうって、今、疑問に思ってしまいました。
みんなは、どうおもいますか?

意見をきけたら、うれしいです。



161.Re: 演技力というものは?
名前:かば    日付:2010/4/30(金) 17:53
レス失礼致します。
演技力のあるなしって、ある程度の演技が出来る役者さんへの評価ならば(例えば科白が棒読みであるとか、動きがぎこちなさ過ぎる等役者として致命的である場合を除けば)、見る人の主観によるのだと私は思います。

自分がどういう演技をしたいか、それに近しい演技をする役者さんならば、自然とその演技に憧れるだろうし、世間でどんなに実力派だと言われてる役者さんでも、自分の理想とする演技とかけ離れていれば、その評価に首を傾げてしまう事もある訳で…

私は監督や演出家の求める演技を提供出来る役者は、皆素晴らしい役者だと思いますし、それが役者の仕事だとも思います。
ただそれが演技力云々に繋がるかどうかは受け取る人次第で、だからこそ大多数の人が演技力があると認める役者が、演出家と衝突して降板なんて事もよくある話で。

私なんかが口にするのもおこがましい話なんですが、役者さんにとって、自分のしたい演技と、求められる演技とをどう折り合いを付けるかは生涯の課題なんだと思います。
ただ、自分のしたい演技をして、演出家や監督含め周囲に有無を言わさずその演技を認めさせる、自分の演技に魅了させる事が出来る役者さんを、演技力のある方と言うのではないでしょうか…なーんて


162.Re: 演技力というものは?
名前:しろれさ    日付:2010/4/30(金) 20:43
かばちゃん。お返事ありがとうございます。

主観ですか。

確かに芸術のせかいは主観でしか判断できないところが多いですよね。

人によって感じ方や見方が違うのは当然で、けれどもだれしもが
納得し魅了される。。。

これって、あらためて考えると、とんでもない事です!
はたしてそんなことが可能なのか。。。でも既にできてしまっている人がいるのかもしれないし。。。むむむ。

157.ちょっとだけ演技論 返信  引用 
名前:けいちゃん    日付:2010/3/29(月) 23:36
けいちゃんです。
アマチュアシアターをはじめて、丸4年くらいたちました。その間、メンバーが少なくて活動休止状態の時もありましたが、
最近はメンバーも増え、公演も2回ほどやりました。
それでわたしは、ATでは主に演出ポジションでやっているのですが、最近演技について少し分かってきたことがあるのでそれをちょっと書いてみたいと思います。むろん、まだわかり途中、勉強の途上ですので、あくまでもそのようなものとして読んでください。

役者の養成所にいたころ、師匠からよく「反応」(リアクション)という言葉を聞かされました。
ATの稽古の中でも養成所でやっていたものを取り入れて、「ドア」とか「ちょっとした事件」「感情表現」みたいなことをやっています。どれも、ある刺激に対する「反応のエチュード」です。
ドアを開けたら、何かがそこにあった、そのあったものに対する反応を見せる「ドア」、
(例えば、ドアを開けたら、死んだはずのおばあさんがご飯を食べていた、それに対する反応)
2人1組で、一方が状況と人間関係を設定して刺激を提供し、もう一方がその刺激に対して反応して見せる、そしてその反応に対して今度は、刺激の提供者が反応してゆくという「ちょっとした事件」、
(例えば、会社の上司役の一方が、部下役の相手にリストラの勧告をしてみるという刺激とその反応)
それから、感情表現。感情はなにかに対する感情なのであって、感情表現とは感情的反応のことなのです。
(例えば、母親が亡くなったと連絡が入り、それに対して(反応して)泣き崩れる)
台本を読みます、セリフという演技は、相手のセリフに対する反応として成立するもの、相手役から投げかけられた言葉(ニュアンス)に対する反応、たとえ独白であっても台本に設定された役のおかれた状況に対して、独白(独りぜりふ)という演技をしているのであって、やはり何かに反応した結果をセリフとして発しているのです。
立ち稽古、今度はセリフと同時に相手の態度や行為に対して、その役として全身で反応し、その反応を台本で決められたセリフとやはり態度で相手役に対して投げかける。

ああ、演技って、すべては反応なんだなあと、最近すごく腑に落ち、反応の重要性を、改めて、というか、ようやく分かってきたような気がします。

わたしは勉強が足りなくて、申し訳ないですが、体験的にやってきて以上のようなことが少し身に染みてわかってきたので、これからもレギュラーの稽古や本番の稽古で、反応を丁寧に表現してゆくよう心がけてゆきたいです。

以上です。



158.Re: ちょっとだけ演技論
名前:しろれさ    日付:2010/4/5(月) 19:34
けいちゃんの意見をよんでみて。。。

反応って本当に人によって違っていて面白いですよね。
同じ人でも、その時の気分や状況によって変わってくる。

演技では、その人の周りを理解しどう感じるかって事が
大事なのかなー漠然と想ったりしました。

みんなは、どう想いますか?


159.Re: ちょっとだけ演技論
名前:とーこ    日付:2010/4/17(土) 19:42
私はあんまり演技論とか考えないけど「反応」って人によって違うから、
みんなの「反応」を見て色んな感じ方の引き出しを増やしたいと思ってます〜。

155.非力をおもう 返信  引用 
名前:けいちゃん    日付:2010/3/1(月) 21:33
きょうは、ちょっとけいちゃんの最近の心境について書きます。


非力をおもう


おお、すごいタイトルだ!きっとこれは魂の叫びにちがいない。


けいすけは最近自分の非力をおもいしらされています。

なんと力のない非力な存在なのかと。

自分を律することができない。自分を御することができない。

そんなことはわかったことだとおもっていたが、まだまだとてもわかりきっておらず、再びいまそれをおもいしっているし、

改めて、そんな自分の人生をそれでも生きてゆかねばならないのだとかみしめている。

しかし非力というのは、頼りないし、かっこ悪い。

ぼくはそんな自分を受け入れたと、相当程度受け入れたとおもっていたけど、

やっぱり、まだどっかで、心の奥底では、力のある、たよりになる、自立したかっこいいけいちゃんを夢見ていたようです。

そんな簡単に自分を(自分の欲を)を捨て切れるわけないのに。

ああやっぱりまだだめだったかと、おもっている。

そんな非力な自分とぼちぼち付き合いながら、それでもなんとか生きてゆこうとおもう、それしかない、とおもう、

そんなこのごろです。


おお、けいちゃんの魂の叫びだ!

最近メンバーになったしろれさの日記に影響されて、ソウルフルな内容にしてみました。

ロックだぜ。。。。(^_^;)



156.Re: 非力をおもう
名前:けいちゃん    日付:2010/3/1(月) 21:40
ATの活動のほうですが、
メンバーの入れ替わりなどもありましたが、
それでもいま7人で、ぼちぼちレギュラーの稽古やっています。
ATではなるべく即興をやるようにしているのですが、
わたしは、昔から苦手で、それに輪をかけていまは苦手意識の中で
やっています。
演出者みたいな立場で、わかったようなこと言っているのに、
自分は全然動けない、ほんと情けないです。
本読み稽古は、テキストとして、「夏の夜の夢」をやっています。
なるべく、4月までには、立ってひとつのシーンを作ってゆきたいです。
などなど。

151.寒い日が続いております。 返信  引用 
名前:けいちゃん    日付:2010/1/17(日) 20:50
さて、書かなきゃいけない、書かなきゃいけないと思って、机に向かっていますが、
何も思いつかないけいちゃんです。

寒い日が続いていますが、みなさんは大丈夫ですか?
ATはこの間の10日日曜日に2010年初稽古でしたが、あいにく体調を崩して
お休みしたメンバーが二人もいました。
わたしの職場でも、ずっとマスクしている人います。
健康なのが一番ですね、いまわたしは体調はいいので感謝です。

さて、この間、メンバーがいい、いいというジブリのアニメ「火垂るの墓」をレンタル
して見ました。率直に面白かったです。アニメもあなどれないなと思ったし、戦争の
ありようを伝えてゆくにはいい作品だと思いました。

ぼくは、アニメとかほとんど見てなくて、最近メンバーに言われて、ちょっと見ていま
すが、やっぱりひとがいいというものは、いいんだなあと思っているところです。

芝居やる人の中には、二種類いて、芝居見るのもやるのも好きな人、それから、
芝居やるのだけ好きな人がいます。ぼくは芝居やるのだけ好きな人だったわけで、
昔養成所にいたころは、師匠によく「勉強しない」と呆れられました。
映画は洋画も邦画もアニメもみないし、舞台は見にゆかないし、やっぱりそれでは、
演劇の勉強するものとしてはダメなようです。稽古は好きなんだけどね(でもそれも
ここだけの話あんまりやっていない)。
でもATをはじめるようになって、師匠には、勉強するのはお前の責任だ、とも言われ、
メンバーにも、けいちゃんは見なきゃだめ、とも言われ、
それで最近は、少しは、ツタヤとか言って、評判のいいものは見るように(少しだけ)
しています。

ひとの言うことも少しは聞いて、ひとに影響受けながら、少しは進歩してゆきたい
けいちゃんでした。

進歩しているかもわからない、進歩の先に何があるかもわからない、でも、

「やるしかないんだ」、

と師匠も言っておりました。

ぼちぼちやってゆきたいとおもいます。

ではでは。



153.なるほど
名前:いち観客    日付:2010/2/21(日) 18:14
こんにちは、昨年末にひょいと「寿歌」を見に行ったものです。
役者さんの演技は、片手間に役者をやってる人としてはけっこう及第点だと思いましたが、もっと演出の工夫で彼らを見せてあげられたんじゃないかなあ……と思ってました。

で、

>映画は洋画も邦画もアニメもみないし、舞台は見にゆかないし、

という下りを読んで、ああそういうことかと思いました。演出さんが観客に「見せる」テクニックを磨いてないんだなあと。
やっぱりいろんなものを見て自分の中に取り込んで演出テクニックの引き出しを増やしていかないといけないんじゃないでしょうか。
見て面白ければお客さんは次回も来ようと思うでしょうが、つまらなければもう来ないと思います。

今回、役者さんはけっこう技術的にがんばっているのが見えました。拙いなりに伝わってくるものがあった、というか。最初に「及第点」と書いたのは、上手とかそういうことじゃなくて、なにかしらこちらに「伝わってきた」ということでした。
でも、演出に「見てくれ!楽しんでくれ!やろうとしていることが伝わってくれ!」という情熱があったのかには、あったのかもしれませんが、こちらに伝わってきませんでした。

公演の記録を読んでいて、主催者兼演出さんがとにかく役者さんを舞台に上げることに懸命になっていたことは伝わりました。でも、そこで停まってしまっているようにも、舞台を見た側からは思えます。せっかく舞台に上がった役者さんがさらに光るために、つまり観客が見て面白いと思えるために、の演出側の伝える力が出ていなかったと思います。惜しかったです。

舞台は伝わってなんぼだと思います。演出さんもテクニックを磨いて下さい。いろんなものを見て、感じて。時には経験して。

また次回公演、成長を楽しみにしています。(でも、公演後、役者さんのうち二人はもうやめちゃってるんですね。次回成長した演技を見たかったのに、残念)


154.ありがとうございました。
名前:けいちゃん    日付:2010/2/23(火) 21:42
いち観客 さま

昨年10月公演のご来場、またATのサイトに寄っていただき、書き込みまでしていただきまして、本当にありがとうございます。
前回の公演の感想及びわたしのボヤキに対するレスありがとうございました。
わたしのボヤキに対するレスはお恥ずかしいところを指摘されてしまいましたが、ごもっともなことで、おっしゃられたことは同時にリーダーとしての責任でもあることですので、書き込みを励みに、すこーしずつでも勉強していって、ぜひ次に生かしてゆきたいとおもいます。
次回の公演は、来年夏ごろになってしまいそうですが、ぜひまたいらしてください!サイトのほうでも公演情報アップしますし、AT宛に「いち観客」でメールを送っていただければ、こちらのほうから公演のご案内もさせていただきます。

貴重なご意見・ご指摘本当にありがとうございました。
感謝感謝です。


ページ: |< << 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb