[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
詩|なんでも詩掲示板|詩

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



37.謹賀新年 返信  引用 
名前:管理蛙    日付:2011/1/1(土) 5:35
旧年中は大変お世話になりました

どうか

本年も宜しくお願い申し上げます

36.蛙の一匹忘年会 返信  引用 
名前:管理蛙    日付:2010/12/29(水) 0:8
今年の忘年会は反省会そのものである。
詩についてあれやこれやと考えてはみるが一向に埒があかない。
詩はあちら側からやってくるものであると蛙は思っているので、あちら様がやってこない限り詩は書けないような気がする。あちら様がどちらからやってくるものなのか蛙には見当がつかない。見当がつかないからと言って何もしないと、あちら様は振り向いてもくれない。だから、闇雲に何かを書いてみるしかないと思うからそうしてみるが、何故か虚しさだけが先行して実りが無い。しかし、それを続けない限り、詩を見つけることはできないような気がする。もしかして、偶然、あちら様がやってきてくれはしないだろうかという一縷の望みを胸にして書いていくしかないだろう。もし詩について何かを掴もうとするなら、そうやって考えていくしかないだろう。

34.猫便り。 返信  引用 
名前:3939猫    日付:2010/12/18(土) 23:38
練馬猫改め、3939猫になったがや。
 アルプスの麓で、新しい住処をみつけたところじゃ。
何かわしらの悪口を言いよるばかものがおるようじゃが
一言、言わして。
猫と詩人のあほらしい因果関係や、猫に触発されるような詩的なものはあらへんがや。
それらは人間の勝手な推測や思い込み。はたまた傲慢というもんじゃが。
以前にも書いたはずやがな、
食う、寝る、遊ぶ
これが基本やでえ。
お猫様に向かって好きやとか、嫌いやとかは人間世界の話だがな。
蛙も、ふくろうも、白熊も犬も、鷹やすずめも、皆一生懸命やで。
好きだ嫌い以前に食わなあかんがな。
わしら猫の目線でものを考えてくれんとあかんがな。
わしらは生きるのに精一杯やさかい、人間の勝手な嗜好で四の五の言ったらアカンで。
わしら、安息{ぬくぬくの寝床}と美味しいご飯があればいいんやで。
それだけかって!? 
美形の猫もそりゃあ余禄で遊びたいがや。
そのために生をまっとうしているやさかいに。
生きてる普段着の話やで。
ちなみに、3939猫は、巳の生まれやさかいに田んぼの蛙が大好物なんや。
広島へも又遊びに行きたいがや。



35.何だ??!! Re: 猫便り。
名前:管理蛙    日付:2010/12/20(月) 3:14
やあ、こんばんは。??猫さん。

> 練馬猫改め、3939猫になったがや。

何だ?その3939猫って?何て発音すればいいの?サンキュウサンキュウネコ?ザクザクネコ?何で3939なの?スコティッシュフォールドの血統証の番号??

>  アルプスの麓で、新しい住処をみつけたところじゃ。

寒そうじゃのう。大丈夫なの、寒がりネコさん。

> 好きだ嫌い以前に食わなあかんがな。
> わしら、安息{ぬくぬくの寝床}と美味しいご飯があればいいんやで。
> 美形の猫もそりゃあ余禄で遊びたいがや。

ネット上の詩人は競って高尚にかまえとるが、オフ下の詩人はやっぱ、普段着で生きとんじゃ。ネコと同じじゃ。

> ちなみに、3939猫は、巳の生まれやさかいに田んぼの蛙が大好物なんや。
> 広島へも又遊びに行きたいがや。

こっちの田んぼにもあっちの田んぼにもビルが建ち並んで、最近、蛙の住処は、アンタの額ほどもないんじゃ。肩身がせまい(涙)。待っとるけえ、遊びにきんさい。

33.猫と詩人 返信  引用 
名前:管理蛙    日付:2010/12/12(日) 17:20
拙蛙は猫も嫌いではないが、どちらかというと犬の方が好きである。ところが詩を書いている人達のなかでは、圧倒的に猫派が多いように思える。猫が好きな人とか猫を飼っている人が多いのには驚く。猫は犬に比べて気ままでひとに媚びない。詩人は猫に似ている。気ままで気まぐれで気短なかくせに案外気位が高い。ここネット上では、傍若無人型の詩人も結構多いような気がする。マナーの点では問題があるかもしれないが、それを詩に活かすなら大歓迎である。最近はお手をする猫もいるそうだが、世も末、詩も末である。詩人は野生の猫でなければならない。
冒頭、拙蛙は猫も嫌いではないと言ったが、訂正する。蛙は猫が大嫌いである。猫は蛙でも蜥蜴でも生き物を玩具にして遊ぶ冷徹で残忍な魔物であることを思い出したからである(桑原桑原)。

26.サイトへのリンクをつけていただきありがとうございます 返信  引用 
名前:I・A(井上秋博)    日付:2010/11/23(火) 21:31
詩心ごんどら管理人様
私のサイトを見ていただき、さっそくのリンク掲載といろいろのご配慮をいただき誠にありがとうございます。
私は60歳を過ぎてから詩を書き始めたのですが、詩についての理論や技法などはまったく持ち合わせていません。難しい詩を書くこともできませんし、そんな詩を書く気もありません。できるだけわかりやすい詩を、皆さんに私の心が素直に伝わればよいとの気持ちで書いています。
もしかするとストレートな表現が多いかもしれません。
詩を読んでくれる仲間内からは説教がましいと批判を受けることもあります。しかし、私は自分のあふれる想いを抑えることができないこともあります。そんな感じで率直に読んでいただけると嬉しいです。
私の一番のテーマはいのちです。
こちらに披露した詩は自分のサイトにも同じ詩を公開しますがどうか
ご承知下さい。多くの方に見ていただける機会を与えていただき感謝に堪えません。先日の詩に加えて新しい詩を投稿します。

http://www1.ocn.ne.jp/~mare/



30.すみません。Re: サイトへのリンクをつけていただきありがとうございます
名前:管理蛙    日付:2010/11/25(木) 23:32
外出していたため返事がおくれました。申し訳ありません。

理論や技法などは、詩を書いているうちに自然にというか本能的にできてくるものだと思いますので、必要がなければいちいち気にされなくとも良いと思います。拙蛙などは、書いた後で妙なレトリックを使っていることに気づいて苦笑することもよくあります。蛙はそれでいいのだと思っています。押さえることができないほどのあふれる想いを書くことこそ詩の醍醐味であると蛙は思っています。ご活躍をお祈りします。

31.死に急がないで 返信  引用 
名前:I・A(井上秋博)    日付:2010/11/25(木) 21:19
いま日本では年間の自殺者は毎年3万人を超えています。それが12年間も続いています。みなさんどう思いますか。最近も小中学生の自殺が報じられました。本当に胸が痛みます。自殺したいと思い詰めている人へ生きる力への私からの応援歌・メッセージです。

 死に急がないで
             井上秋博
あなたが生まれた日
あなたのお母様は
どんなに嬉しかったことでしょう
どんなに幸せだったでしょう
あなたを授かったことを
どんなに神様に感謝したことでしょう
あなたのお父様は
どんなに誇らしくおもったでしょう
どんなに勇気づけられたでしょう
あなたの幸せのために
どんなに頑張ろうと決意したことでしょう
こうしてあなたは
ご両親や周囲の人の祝福を受けて
この世に希望といっぱいの幸せを運んできました

子どもを育てるための喜びと
大変さを同時に与えられ
親は子どもためなら
どんな苦労もいとわないほど
我が子を可愛く大切に思っているものです
もしあなたが人の親ならもちろん
心の底から頷けますよね

この世界の中で人間が育ち、生きていくことの
困難さはますます増しているように思いますが
もしもあなたが
それに負けそうになっているなら
死にたいほど思いつめているなら
あなたが生まれた日のことを
あなたの両親がどんなに喜び幸せだったかに
思いを馳せてみて下さい
あなたが昔どんなに愛され幸せだったかを
思いだしてください
私も人の親として、自分自身のこととして
それを思うと胸が熱くなるのです
どんなに辛くても
どうか死に急がないで下さい。
この世にあなたという人間は
あなたといういのちはたったひとつしかありません
それが失われていいはずは決してありません

そして、このことで
もし誰かを見返してやりたいと思っているなら
死んで見せるのではなく
生きて生きて生き抜いて
あなたのいのちを輝かして見せてあげて下さい

http://www1.ocn.ne.jp/~mare/

29.訂正と削除のお願い 返信  引用 
名前:I・A(井上秋博)    日付:2010/11/24(水) 9:1
同じ題名で二編送ってしまいました。
E-mailアドレスの記入間違いに気づいて、合わせて一部文章の内容を訂正しようといじっている間に転送されてしまいました。すみません。時間的に後の方を掲示してください。

http://www1.ocn.ne.jp/~mare/



32.一応後の方を残しました。Re: 訂正と削除のお願い
名前:管理蛙    日付:2010/11/25(木) 21:4
二編送って戴きましたが、二編目は最初のスレッドのレスポンドとして書き込まれていました。この掲示板は原則最初のスレを削除すると、自動的にそのレスも削除される仕組みになっているようですので、蛙が念の為にとっていたバックアップをコピペして、再入力させて貰いました。その為、投稿された時間的なズレができていると思いますので、はじめに投稿された日時を掲載しておきます。
@日付:2010/11/23(火) 21:36
A日付:2010/11/24(水) 8:55

24.勇気 返信  引用 
名前:I・A    日付:2010/11/19(金) 9:32
勇気
             
ほんとうは僕は憶病なんです
人にすごまれるとすぐ引き下がるし
身のまわりに危険を感じると
多分真っ先ににげだすでしょう

けれど、僕の大切な人
妻や子ども、孫などに危害がおよぶとなれば
きっとどんなことをしても
真っ先にその相手に立ち向かっていくとおもいます
だれでも人はみんな
自分の愛する者や、そのいのちに
かかわる事態になれば、
ふだん どんないくじなしでも必ず
自分の命を投げ出すほどの勇気を
発揮することでしょう

勇気なんてそんなにいつでも
発揮できるものではないのかもしれない
わたしはそれで良いのだろうと思っています
勇気とはなんでしょう
目にはみえないけど
それはきっとどんな小さな子どもにも
そなわっている人へのやさしさ
いのちに対する愛の力なのだと思います
あなたにもありますよね
愛する人のためにいざとなったら
きっと何でもできる勇気が

もしあなたが
自分では何もできない
いくじなしだと思っているとしたら
生きていく気力も失いかけているとしたら
あなたのことを何より大切に思っている人を
どんなに悲しませるだろうと思えば
きっと
あなたにも次の一歩を踏み出す勇気が
必ずわいてきますよね



25.ようこそ、おいでくださいました。Re: 勇気
名前:管理蛙    日付:2010/11/20(土) 22:20
I・Aさん、こんにちは。

いのちに対する愛の力。

貴方の聡明さと優しさに勇気付けられました。

また是非ココへおいでくださって、蛙やココを訪れる人たちを励ましてくださいますようお願い申し上げます。

21.AVENUEの宣伝 返信  引用 
名前:カモメ7440    日付:2010/11/6(土) 14:6
いやここではぼく塚元寛一と実名さらして、遊んでいるんだけど、
お客様がすごく少なくて(;一_一)

いちおう、詩誌と名のつくなかで、・・・ネット上では
こんなに真面目にやってるところはないと思うの。
最低、ぼくはこういうのを知るだけでも、
みんなが詩を書くよろこびみたいなのを与えられると信じてる
(だけかもしれないけど・・・。)

コラボが主です。
写真詩も毎日いちおう、出ています。

アイディアも、へっぽこ詩人カモメ7440(=ていうか、ぼく?)が
いろいろ出させていただいております。
より面白く、楽しく、そしてすんげえ詩を目指して日夜奮闘。

・・・そのひとつの、顔文字詩というのも発表され、
ずいぶん、楽しいと信じてる
(・・・だけ、と言わないでお願いだから。)

またコラボは随時募集しているので、
よければみんなに声かけてほしくぼく思ってる。

またAVENUEのロゴをつくってくれるデザイナーさんこと、
増尾泰平さんのイラストも見れたような
(じつは、ちょっと記憶あやふや)・・・気がします(*^。^*)

そしてぼくの弟子のイズちゃんもなかなかよい仕事をします。
この子はたぶん、ぼくより有名になります。

三枚看板と噂(?)の、
フルーツ65さんもここで詩を書いてくれてます。
彼女も本来なら、もっと名をあげてもいい詩人になる素質もってる。

また来年になりそうな気配濃厚だけど、雑誌も出します(*^。^*)

ぼくのポケットマネーで(p_-)ナクモン

ほんとうは十部とか二十部でよかったんだけど、千部とかいう
すえおそろしい話になってて、
支援者いたらいいね、・・・でもお金ださせたらパワーバランスあるね、
やっぱりぼくはぼくの処理できる範囲内の、
売れなくてもいいから、いま見ている限りの詩誌だといいね、
というやつだけど―――大きくなっていけば、

きっと誰かの力をかりなきゃいけない時もあるかも知れない。
たとえば、葛原りょうさんという、ぼくが兄貴と慕っている、
文藝雑誌「ムジカ」とか(p_-)コッチハスグオオキクナルダロウ

だってすごい人いっぱいいるし、人脈ちがうし、
バックアップもすごい。
おそらく来年のもっとも大きな詩の話題のひとつになると思う。
(一応、現段階では、なればいいね、だけど)

・・・こけるかも知れない、それはわからないね(p_-)サケノムモン

あ、いちおう、関西詩人協会にリンクされてる、
きちんとした詩誌なので(というか、
こういう文章を書くために、永井ますみさんに根回しした、
ああ―――ぼく、稀代の陰謀家!)

ともあれ、よい詩を書こうと、
へっぽこ詩人カモメ7550(名前変わってないか?)

・・・ごめんなさいギャグです、
ともかくともかく、がんばりますので、
皆さん、ご協力くださいませ<(_ _)>

なになにひとつで\(^o^)/

ところで、・・・蛙さん、ごめんなさいね、ちょっと大袈裟にやりすぎて、
気に食わないところもあるかも知れませんが、

いちおう、ネタです(*^。^*)

ひらに、ひらに、

http://plaza.rakuten.co.jp/izchan2010/



23.有り難うございます。Re: AVENUEの宣伝
名前:管理蛙    日付:2010/11/7(日) 3:39
こんばんは、カモメ7440さん。

当サイトへのリンクを希望してくださって有り難うございます。
下記↓へリンクしましたので、宜しくお願いいたします。

http://heine.xxxxxxxx.jp/hp.html

「灯台」と両サイトでのご活躍をお祈り致します。頑張ってください。

なお、当掲示板へのまたのお越しをお待ちしています。

20.何故 返信  引用 
名前:守山幹雄    日付:2010/11/5(金) 12:19
おひさしぶりです。「片目の犬」以来ですね。
このサイトは、貴方の詩の個人サイトでもないようですが、
何のために作られたホームページなのですか?
それから、貴方は、いったい誰なのでしょう?



22.お答えします。Re: 何故
名前:管理蛙    日付:2010/11/7(日) 3:29
こんばんは。守山さん、お元気のようで、何よりです。

このHPは詩のリンク集です。蛙個人の詩はほとんど(少しだけどさくさに紛れてリンクしていますけどね)置いていません。もっとも表紙ページの「糞ころがしの唄」は蛙が書いた詩です。基本的に人間は誰もが「詩心」を持っているものだと蛙は考えています。ですから、このサイトが詩に興味を持っている人たちに少しでも役に立って戴ければ幸いだと思っています。

>貴方は、いったい誰なのでしょう?
なんて言われても・・。蛙ですとしか言いようがないじゃないですか。あなたが守山さんであるように・・。

ともかく、今後とも宜しくお願い申し上げます。

18.移転されたのですか。 返信  引用 
名前:伊三    日付:2010/10/5(火) 0:22
お変わりないですか。

以前のサイトは完全になくなってしまったのですか。
それにしても異常な暑さでしたね、ホトホト夏負けしていました。
投稿宜しくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《崖っぷち》

過疎の山道を車で通勤する
出張った岩肌や樹木
勾配と急カーブ
ハンドルを切り損なう不安
年を追って増大する
狸も猿も轢き殺した山道を
あと何年、恐怖とともに
霞む目で越えるか



19.ご無沙汰しております。Re: 移転されたのですか。
名前:管理蛙    日付:2010/10/8(金) 22:30
返事が遅れました。少しの間、出かけておりましたものですから、申し訳ありません。

ホントに暑い夏でしたね。今日、山陰のお婆さんに聞いた話なのですが、「物心ついて八十数年になるが、井戸の水が涸れてしまったのは、初めてのことだ」と言っていました。

本当に色んな意味で《崖っぷち》ですね。伊三さんや私たち以上に、鹿や熊の方が怖がっているかもしれませんけどね(笑)。

詩のサイトの方も《崖っぷち》です。今まで、色んなサイトを作ったり壊したり放置したりで、皆様に大変ご迷惑をかけてきたと思っております。その点は深くお詫びしたいと思っております。

けれども、やはり、詩というものへの関心は以前にもまして強くなってきていると思っておりますので、もう少し、孤独に堪えて、一応納得できる詩というものに関する見解とか、(結論が出なくとも)対処すべき自分の姿勢をはっきりさせることができた段階で、それなりのHPを立ち上げようと思っておりますので、伊三さんには、何卒、宜しくお願い申し上げます。

http://heine.xxxxxxxx.jp/


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb