[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
思索の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



147.頭脳明晰な内容に驚き 返信  引用 
名前:内田 陽一郎    日付:2009/4/10(金) 15:40
こちら国語も物理もその他教養的な頭脳のない市井人です。
考えるより行動のおじんです。
ふとした こだわり から妙な物を制作したことああります。
http://s5.kcn-tv.ne.jp/users/tyuukunaikoku/  
某大学に数度尋ね、教授2,3人に原理を聞きましあが不明のまま
で、特申請も足跡のみのままです。
もしよろしければご教授下さい。
某特事務所の担当の某もクツタジューコフスキーの原理等とーー。

146.報告が遅れまして・・・ 返信  引用 
名前:ぴー    日付:2009/3/12(木) 4:22
相変わらず、その後も何度となく加藤さんのお話を読み、皆さまの書き込みを読み、主人への闘病生活への助言・サポートになればと奮闘しております。

勝手な想いで、次回の書き込みは、「好転してから書きたい」と前回思っていました。
今日久しぶりに前回したメールの日付を見て<愕然としました>もうこんなにも日にちがたっていたのだと・・・。

結果的には以前より悪い状態です。以下、簡潔にお伝えします。
・H19秋・膵体部3cm嚢胞
・H20、5月末・5cm腫瘍
・H21、2月初旬・9cm腫瘍/肝転移有 腹水(+)下腹部浮腫有
・昨年5月時期より食欲不振、果物と種子類及びウインダーゼリーやカロリーメイト・栄養士がお勧めするラコールやその他の栄養補助飲料のみでの生活でした。結果それだけでは1日の摂取カロリーに到底及ばず先月10日鎖骨からのIVHの手術をうけ高カロリー点滴にて1日1200カロリー点滴をうけ、少しの食事で主人は頑張ってます。
そして痛みのコントロールはオピオイド(麻薬・モルヒネ)に移行されてしまいました。

何故、移行された、と書きましたのは、加藤さんがお医者さんに対しての対峙したときの気持ちと内容は違うかもしれませんが、自分の感とでも言いましょうか「何か違う」ただ、ただ女の感だけなので強く他の方に言えない伝えられない自分がおります。

何もしないで1年以上生き延びてしまった主人。遠くから見て診断下さっている医師の方々・・・・・この1年、素人のわたくしですが、闘病以上に言霊としての医療用語、ガイドライン医療との家族としての戦い(言葉にするとカッコ良いですが実際は小さな事です)例えば治療方針の担当医との意見の相違。

主人は5月で53歳になります。H19・秋からステージ4a-bと言われてます。

でも今の状況を活字で書くと、読み返したときに私でも「いよいよ・・・」と感じてしまう。でも不思議な事に本人を見たり、匂い・見た目、痩せたりはしましたが、本当に不思議な事に「この人癌じゃないなぁ〜」と(父を癌で亡くしてますのでなんとなく末期の状態ことは見知っている)たしかに色々な亡くなり方はあるとは思います。緩和ケア、たしかに有難い医療。

ですが、話は飛びますが、主人が「加藤さんは痛くなかったの?」と、加藤さんの初期とCT画像では全く同じ状態でしたのにメールに書き込みをした時には主人は痛みが伴っていて、今現在も同じ痛みが継続中です。

ですが、お医者さんは今後はもっと痛みが強くなります。と暗に暗示をかけられているような感がいなめないのです。
なぜなら腫瘍が大きくなれば痛みだってそれ相応なりに倍増気味になるはずなのに、その都度CTで確認した後「やっぱり!!」って。
私からすると痛みの度合いは変わってないのに、今までの消炎鎮痛剤の天井効果での痛への対性が出来てしまっている感なのに!!

遅ればせながら安保先生の本を今年になり拝読いたしました。

そのとーり!!!

自分の感が正しかったこと、加藤さんの行動が正しかったこと。
あと本人の自覚等・・・指針を得た感有なのです。
いまだ本人の自覚は得ずですが、加藤さん・主人の経験はぜひ活字に残せたらと思っております。

これは主人がこの病を克服したら本にしたいと、そして言葉の薬を頂いた加藤さんとも、のこしたいと昨年春から言っております。(主人は出版関係なので)ですが、今だ悪い意味での現状維持。

もし主人が回復及び完治に至ったなら、俗に言う<奇跡>人体の小宇宙・具現なのでしょうね。でもなんかきっとそうなる!させる!

そうゆういま現在です。

ではまた報告メールを致します。年内に必ず。そしてこれを見ている方々に少しの希望をお届けできれば・・・・<人って生きている事がすごい!と言葉ではなく状況・状態・当事者の目のいろ>医者ではなく本人が物語っています。と・・・

144.はじめまして。ま〜と申します。 返信  引用 
名前:ま〜    日付:2009/1/26(月) 23:41
「闘病日記!?」びっくりしました。
希望が持てて患者の家族としてはとても救われました。
まだすべての掲示板をみていないのですが、
聞いていただきたくメールさせていただきます。
母がすい臓がんの診断を受け(2か月ほど前です)
尾部に3センチ、リンパ転移と言われました。
手術不可能で、今週からGEM「2クール目」に入ります。
1回目のときに数値があがって(ドクター曰く、まだ1回しか
してませんからね〜)といわれたのですが、こちらは
それだけでどきどきしてしまい(母の食欲も低下してしまい)
1週間前から、アガリクス、メシマ、コラーゲンドリンク、フコイダン(錠剤)イチョウ葉エキス、滋養強壮剤を母に飲んでもらってます。
そのせいか食欲も出て元気なのですが、
ここまで重ねて飲まれた方(現在もなにか服用されてる方)
どうなんでしょう・・・。逆効果もあると噂にききました。
でも、藁にもすがる思いでいろいろやりたいと思ってるのです。
もっと時間がたてばほかの効果も出るかとおもうのですが・・。
一応、薬剤師(薬局の)さんに相談してかっているものなのですが・・。個人差もあるも思いますが、ちょっと気になってしまって。
変な質問ならごめんなさい。
まだ50代の母をどうにかして少しでも、元気にさせたくて。



145.Re: はじめまして。ま〜と申します。
名前:加藤一郎    日付:2009/3/8(日) 8:43
返信が極度に遅くなって、大変申し訳ありませんでした。
> ここまで重ねて飲まれた方(現在もなにか服用されてる方)
> どうなんでしょう・・・。逆効果もあると噂にききました。
このご質問は不特定多数の方への問い掛けであり、
私は上記の経験(重ねて飲む)者に該当しないので、
回答を控えていましたが、私の体感からコメント致します。

多分、重ねて飲んでも問題はないと思います。
ただ副作用が無い分、それぞれの薬の効果はあまり期待できない気がします。
(これは私の経験則であり、勝手な推測です)

また、抗がん剤を処方されているようですので、その処方との関係があるかもしれません。
この辺はやはり医師に相談した方が科学的な情報が得られると思います。
その上で、最後はご自分で判断する覚悟を持った方が良いと思います。

書き込みから3ヶ月も立ってしまいました。
その後、いかがでしょうか?抗がん剤の効果は出ているでしょうか?
お母様の快復を心から祈念しております。

143.膵臓癌 返信  引用 
名前:明子    日付:2008/12/28(日) 9:9
伯母が膵臓癌と告知され5日、もう治らない病と死亡率の最も高い癌と確信していた時であったので、このサイトを読んで一つの閃光のごとく希望が見えた。ありがとう。

142.今年の4月に母親が膵臓癌と告知されました。 返信  引用 
名前:萩野    日付:2008/11/19(水) 11:26
はじめまして。

膵臓癌のことで、少しでもお役に立てればと思い、書き込み致しました。
私の母親も膵臓癌で手術不可、しかも癌が血管にも入り込み腹膜2ヵ所と肺にも転移していました。、余命1〜2ヶ月と言われたのが、現在7ヶ月目を過ぎようとしています。
しかも、入院当初より明らかに身体状態が良くなっています…
と言うか現在、腫瘍マーカーは正常値、CTでもMRIでも癌がまったく見えなり、食事も普通に食べています。(^^;
皆に当てはまるものでは無いとはおもいますが、参考程度に読んでいただければと思います。
食事療法などの本も読みましたが、母親は膵頭癌で十二指腸を圧迫して、食事がほとんどできなかったので、食事療法は諦めました。
仕方ないので、フコイダンや植物発酵酵素など少量飲ませて、7月中旬までは栄養点滴のみでした。
抗癌剤は5月中旬からジェムザールの点滴を始めましたが、最低量の200ml(通常は1,200mlくらい(^^;))で週1回3週で始めてもらいました。
抗癌剤の量が少ないので、まったく副作用は出ていません。
この治療方法は「間違いだらけの抗ガン剤治療」と言う本を読んで実践しました。
要は、「通常の抗癌剤の量では、副作用が強すぎて治るものも治らない
から少量にして、本来患者の持っている自然治癒力・免疫力も使いましょう」ということです。

医師とのインフォームドコンセントはもちろん必要ですが【西洋医学・東洋医学】どちらも良いトコ取りすれば、今までに無い良い結果が出るかもしれませんね(^^

141.つづき 返信  引用 
名前:ななこ    日付:2008/11/18(火) 1:50
私の父は、加藤さんと真逆のタイプかもしれません。
自分の病気の事を 調べようともせず、セカンドオピニオンもしていません。たばこも 大好きですし、肉料理も大好きです。
癌になって、戦うと 心から変わるタイプと 病気まえとかわらない生活を 変えないタイプと 二通りに分かれるのかもしれません。
何を信じるのか・・どう生きたいのか・・決めるのは、本人です。
父のためにと、必死になっても 父に重荷になる気がして・・
治療も副作用が あまりないのであっているのだと思います。
人生 いつか死がおとずれます。
事故もあれば、突然死もあります。
今 父が生きている事と、そう思える時間を 頂いたのだと感謝しつつ生活しています。
父の病気で色んな事を学ばさせて頂いたような気がします。
加藤さんも どうかお元気でお過ごし下さい。

140.今年、4月 父がすい臓癌と告知されました 返信  引用 
名前:ななこ    日付:2008/11/18(火) 1:16
父が 膵臓癌と、知ったときは目の前が真っ暗になりました。
ネットで膵臓癌の事を知ればしるほど 生存率も低い事を知り ショックを受けました。そんな時、思索の散歩道を読ませて頂き、加藤さんに希望を貰えた気がしました。
自然療法や、食事療法を父に 一生懸命伝えましたが・・
父は「そんなので 治るわけがない」と、父は西洋医学で治療したいようだったので、今は父が決めた事だからと・・そっと しています。
5月の時点では、癌は、W期で癌が門脈にからんでいて、背中側にも癌が広がっている様子なので、手術出来ないといわれました。
そのときに、余命半年と宣告されました。
今 7ヶ月が過ぎようとしていますが、TS1を週一点滴して 仕事をしながら普通の生活を おくれています。
私の父

136.あの〜・・・ 返信  引用 
名前:通りすがりの    日付:2008/11/13(木) 4:38
加藤様、お元気ですか?
気になったので。



137.Re: あの〜・・・
名前:加藤一郎    日付:2008/11/13(木) 22:23
あはははっ(汗)
元気ですよ!
更新が滞っていて、お恥ずかしいです。


138.えへへ。
名前:るーちゃん    日付:2008/11/14(金) 1:58
通りすがりの、改め、るーちゃんです。
これと言って更新することがなければ致し方ないですよね^^。
お元気なのでしたら何より!安心しました♪

トップページのメアドはまだ有効ですか?
見ず知らずの者がお送りしても良いものでしょうか。


139.Re: あの〜・・・
名前:加藤一郎    日付:2008/11/16(日) 9:59
るーちゃんさん、返信が遅くなりました。
メールアドレスは生きています。

‖見ず知らずの者がお送りしても良いものでしょうか。

もちろん、結構ですよ。お気軽にどうぞ。

ネットの世界で見ず知らずの人のメールを一々拒否していたら、
活動が成り立ちませんし、
何よりその人と知人になるチャンスを失いますから、
そのチャンスを得るためにメールアドレスを公開しています。
代償として、大量のスパムメールをゴミ箱に入れるのが
日課になってますが(笑)

134.参考になりました 返信  引用 
名前:深津 義枝    日付:2008/8/5(火) 7:34
膵臓癌からの生還、本当に良かったですね。母が膵頭部の癌を指摘されたとき、このサイトを拝見しました。母は手術をしましたが、肝臓転移が後に判明し抗ガン剤治療も受けましたが、効果が数字また画像に出ず緩和的な治療に至っています。
一方、私も膵臓の影を指摘され、2.8cmの嚢胞とわかりました。食事療法など徹底的に勉強を重ね、納得した方法を試みました。
2ヶ月後には嚢胞は消え、代わりに自己免疫性膵炎と指摘を受けました。まさに、肥大しているとのことです。
貴方の経験にもあるように、それも沈静化すると推論しています。
示唆に富んだ記事を掲載してくださったことに感謝しています。



135.Re: 参考になりました
名前:加藤一郎    日付:2008/8/12(火) 21:23
深津さま
ご記帳ありがとうございます。
お母様の件、さぞやご心痛のことと思います。
私のサイトが、少しでも希望の光を灯せたら幸いです。
自らの勉強で食事療法に挑み、好転に向かわれているご様子、
本当に良かったですね。
きっとお母様の体は浄化されたのだと思います。
根本からの完治を心からお祈りしております。

132.バナーの作者 返信  引用 
名前:MIZ    日付:2008/6/28(土) 8:21
加藤さま、こんにちは。

「音楽ソフトMuse」のページですが。
ベートーベンのバナーの作者名が「木下さん」になってますよー^^;
(浅川さん作)

http://picicon.hp.infoseek.co.jp/



133.Re: バナーの作者
名前:加藤一郎    日付:2008/6/29(日) 1:10
> ベートーベンのバナーの作者名が「木下さん」になってますよー^^;
> (浅川さん作)
うわぁ〜!
浅川さん、木下さん、失礼しました。(汗)
すぐに修正しました。
MIZさん、ご指摘ありがとうございます。

131.私の母が 返信  引用 
名前:のぶ    日付:2008/6/13(金) 7:13
初めまして。

母がつい最近、すい癌に…。私の家計には癌は無縁のものだったのでまさに晴天の霹靂でした。まずは、身内で癌になられた友人から情報を集めまして、その後、ネットで“すい癌”について調べました。友人の話とはかなり異なり、調べれば調べるほど、いやになってきました。
うちの母親が癌…それも相当質の悪いすい癌だと…。

母のことを知ってから何かよい情報をと思い私も川竹さんの本を購入し、参考にさせてもらってます。現在母は入院中で今は食事療法は出来ないのですが希望を持たせ元気付け、悪質な細胞癌を無くすよう努めてます。

ネットを中心にすい癌患者からのよい情報を調べようとしていたところ、ようやく加藤さんのサイトに出くわしました。
すごく、すごく嬉しいですし、大変励みになります。

母は奇跡を起こす!すい癌であろうがまだまだ生きる!そんな気持ちでいっぱいです。

これからもよきアドバイス等ございましたら教えていただきたく思います。 宜しくお願い致します。

129.主人もH19・11に膵癌と告知され 返信  引用 
名前:ぴー    日付:2008/5/26(月) 1:4
初めてこのような掲示板に書き込みを致します。
題名の通り、膵癌(当初ステージ4a)先日4bと診断されました。

当初からこのお話を何度となく読み、励まされております。
きっとこのお話にたどりつけなければ、わたし自信が挫けていたと思います。主人は抗がん剤治療をではなく東洋医療で闘っており、都合の良い(栄養点滴や痛み止)ところは西洋医学で対処しております。

読んでいて1つだけうらやましい(笑)と思ったことは良い先生と出会えていることです。

いえ主人も出会えていなくはないのですが、あまりにも色々な先生に「良性・悪性」2:5と言われ心労で新たな病を作っている状況です。

いつも、文面で書いたのを読み返しながら見ると、主人の状態は悪いのに無理に側にいるものが良く見ようとしているようで、いつもは書き込んでも消してしまうのですが、今日は思い切って送信します。
何故ならば、加藤さんが発信して下さらなければわたしは、今現在の心境にはなってなかったからです。

加藤さん、本当にありがとうございます。

書き込んだからには、経過を含めお伝えしていきたいと思いますが、迷惑ではないでしょうか?

安心も含めお伝えしますが、主人は末期膵癌としては特異性があるそうです(笑)気持ちは末期癌ですが、血液検査ではマーカー一つだけ反応してますが、それ以外の血液は健常人で過ごさせていただいております。

加藤さんが血液&CT画像はきっとみなさまが置き換えて考えられるのですばらしい試みだと思います。

次回は、もしよろしければ詳しく伝えたいと思います。



130.Re: 主人もH19・11に膵癌と告知され
名前:加藤一郎    日付:2008/5/27(火) 22:10
ぴー様

ご主人への告知、さぞやショックであったことでしょう。
そして、その後の闘病へのバックアップは
大変であったろうとお察ししております。
ステージWを宣告されてもなお、
ぴーさんの文面にはその端々に光を感じます。
そんなお二人の頭上に、完治の福音が訪れることをお祈りしております。

>書き込んだからには、経過を含めお伝えしていきたいと思いますが、
>迷惑ではないでしょうか?

まったく迷惑なことは御座いません。
心から歓迎いたします。

「書く」という行為は、少なくとも3つの効能があります。
(1)自分の立ち位置を、客観的かつ論理的に見つめ直せる。
(2)心の中にあるモヤモヤを解き放ち、気持ちが浄化できる。
(3)書き上げたメッセージが他者に伝わり、経験が有効に共有できる。

こんな掲示板でもよろしければ、
どうかお気軽にお使い下さい。

ご主人の快復を心から祈念しております。

ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb