[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
思索の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



256.MUSEで飛んできた者ですが 返信  引用 
名前:sacsac    日付:2013/3/13(水) 0:33
膵臓癌のページを本日読み始め一気に読了しました。自分を労わること、人を労わることをよく教えてくれる内容でした。ご本人の時に軽い筆致にこちらも想像力を弛緩させることがあったかも知れませんが、「膵臓癌という樹海からの生還」この表現に象徴される、恐怖との戦いを改めて追体験した思いです。管理人のご健康を心よりお祈りいたします。

255.2次関数の解 返信  引用 
名前:Color-Cube    日付:2012/9/16(日) 23:20
私も高校生の時に、「放物線が虚数解を持つなら、それをグラフ化したらどうなるだろうか」と考え、複素数平面の原点に垂直にy軸を立ててグラフ化したことがあります。
複素数平面の実軸とy軸がなす平面が、通常のX-Y平面で、放物線とy=0の直線の交点が、2次関数の解となりますが、放物線の頂点がy=0の直線に交わったり接したりしないと、実数解を持たなくなります。
しかし、i^2=-1のため、虚数軸でy=x^2のグラフを書くと、実数軸の放物線と頂点を共有して、正負が逆で、放物線の平面が直交する共役な放物線が存在し、y=0の平面に交差した場所の虚数解を持つことがわかりました。頂点がy=0の平面に接している場合は、実数の放物線の頂点と虚数の放物線の頂点が重なるため、実数解1つ+虚数解1つ(どちらも同じ値だが)を持つわけです。
しかし、この考えには問題点があります。実数や純虚数の2乗は良いですが、一般的な複素数(実数+虚数)では、yも複素数になるため、グラフが描けません。例えば(1+i)^2=2iになり、yは実数軸でなく虚数軸となり、複素数の2乗は4次元空間でなければ、そのグラフを描けなくなります。
実数=虚数の複素数は、2乗するyの虚数軸に対して2倍化された放物線を描きます。
つまり、解だけを複素数として考える分には良いのですが、関数の変数も複素数と考えると、かなり複雑になります。例えば、y=x^2-iなども考えれば、y軸にも虚数軸が必要となり、3次元でのグラフ化ができないのです。(y軸のiを切り替えての空間表示になる)
複素数平面では乗算は回転になりますから、乗算を繰り返すべき乗は円運動になります。そのたびにy値が増加すれば、確かにy軸に沿ったらせんの動きとなりますね。

254.色立体について 返信  引用 
名前:Color-Cube    日付:2012/9/15(土) 21:52
色立体について同じ考え方を持っている方がいらっしゃることに驚き、その歴史的考察を踏まえて詳細に解説されており、感激いたしました。
その中で「輝度と感度の関係」の件があり、曲線のグラフが出てきており、今回は2次曲線で補正されておりましたが、実は指数関数になっており対数で補正するのが正解です。
生理学において「フェヒナーの法則」というものがあって、人間の心理的知覚量は、物理的な刺激量の対数に比例します。例えば、星の明るさの等級、音の大きさのデシベル、音の高さ(音階)の周波数なども、知覚量に対してすべて物理量は指数関数的に変化します。
立方体の色立体を、白と黒の対角線を垂直に立て、形状を球や円錐、双円錐や双六角錐に変形させることで、R/G/Bに基づく座標を、色相・明度(輝度)・彩度(飽和度)に基づく座標に変換することができます。

253.希望を持つことができました。 返信  引用 
名前:MAKO    日付:2012/7/18(水) 11:59
イロイロ調べてるうちにこちらにたどり着く事ができました。
母が3年前に胃癌で2/3を除去し、1年前に背骨と大動脈の間に不明な空間があるといわれ腫瘍マーカー値も手術前も手術後もかわらず100くらいを前後するのを体質では?と言われ不安になりながらもPET検査、CT、MR、血液検査を定期的に受けては経過観察ということで1年きましたが、
先月その不明な空間が(腫瘍?)大きく倍ちかくなってるということで
急に慌しく癌ではとのことで、TS1服用を勧められました。
PET反応もでず、腫瘍マーカー値もあがらず。腹水も背中痛等もなく医師もめずらしいとの判断です。
腫瘍を採取するにも難しい場所とのことで、TS1を服用し、小さくなれば癌だと診断できるためとのことです。
不安もあり、食事療法と迷ったのですがTS1を服用しながらセカンドオピニオンを2件廻りどうしていいのか途方にくれてるところです。

これから腹腔鏡ORお腹を開いて腫瘍をとり癌なのかをしてから
治療していこうかと思っていますが、
抗がん剤で体力がなくなるのが不安です。

支離滅裂でごめんなさい。

玄米食等まだ疑心暗鬼なところが正直ですが
試してみる価値はあるのだと希望がもてました。

もしもしよろしければ体験もっとききたいのでメールいただければと思います。
よろしくお願い致します。

251.階段のスイッチについて 返信  引用 
名前:Venus' Wink    日付:2012/1/28(土) 22:41
お久しぶりです、このハンドルネームでお目にかかりますのは。
子供の頃、家が 2 階建で、やはり電灯のスイッチはこのタイプでした。
その仕組みについても 2 階建の場合については何かの本で読んで知っていましたが、それが 3 階建以上の場合に単純に拡張できないことに気付いたのは大人になってからでした。

で、私もしばらくその拡張を考えていました。
私は壁の埋込みスイッチを付けるぐらいは自分ですることがあるのですが、ホームセンターにスイッチを買いに行ったとき、3 路スイッチのすぐ隣に 4 路スイッチを見つけてしまい、自力で到達する前に、おそらく加藤さんが匿名のメールで受け取られたであろう解を知ってしまいました。
でも、それなしに自力で到達することはできなかったような気がします。

それだけですと単に残念なだけなので、論理演算によるモデル化を書き留めておきたいと思います。
ご存知かもしれませんが、2 階建の場合の回路構成は、実は IC の XOR/XNOR 論理回路を実現するためにも使われています。
これは、IC のデータシートに書いてありました。
これをヒントに、2 階建の場合は論理式 X1 XNOR X2 で表せるという考えに至ります。

X1 X2 XOR XNOR
0 0 0 1
0 1 1 0
1 0 1 0
1 1 0 1

式の値は上表の XNOR 欄の値で、1 が点灯、0 が消灯とします。
Xi (i = 1, 2)の値は、i 階のスイッチがどちらに倒れているかに対応させます。
この式は n 階建の場合にも容易に拡張できて、X1 XNOR X2 XNOR … XNOR Xn となります。
このモデルですと、対称な表現になっています。

実際の回路に戻ると XNOR 演算は 4 路スイッチに対応することになると思います。
両端の 3 路スイッチは、4 路スイッチに置換えて 1 端子をつながないでおいても機能的には変わりませんから、実は 4 路スイッチを使えば対称な実現になると言えるかと思います。
普通は、両端には安い 3 路スイッチを使うと思いますが。

最も簡単な 2 階建の場合の 4 路スイッチを使わない回路が紹介されるということが、3 階建以上への拡張を難しくしていますね。



252.Re: 階段のスイッチについて
名前:Venus' Wink    日付:2012/1/28(土) 23:5
> これをヒントに、2 階建の場合は論理式 X1 XNOR X2 で表せるという考えに至ります。
> (表略)
> 式の値は上表の XNOR 欄の値で、1 が点灯、0 が消灯とします。

X1 XOR X2 で、値の 0 を点灯に対応させないとダメでした。

250.友人ががん告知を受け 返信  引用 
名前:河合 宏治    日付:2012/1/13(金) 15:32
元気だった友人が去年、がん告知をされ、いささか慌てました。
この春には、一緒に旅行するのを楽しみにしていたので尚更です。
立花 隆さんの”がん 生と死の謎に挑む”をテレビで見ましたが、
がん も、己の身体の一部と思えば恐れることもない。
そんな事を友に話して、見舞い代わりにして帰って来た己に後ろめたいものを。
このホームページで、”膵臓がんを告知されました”を見て
友に、このような闘い方 or 癌との付き合い方もあるのを知らせ
希望だと伝えたところです。

249.紹介 返信  引用 
名前:しまこ    日付:2012/1/6(金) 13:45
 新年おめでとうございます。
以前にメールで多項定理を平面化の件でお世話になりました。
去年暮れの最後に、高校生に、デカウス空間を使って
放物線の虚数解の表現を紹介したら、感動していました。
ありがとうございました。

248.すい臓がんを告知され 返信  引用 
名前:出浦 保子    日付:2011/12/6(火) 23:28
感動しました。人間が人間である限界を感じました。なんとすばらしい思考の方でしょう。長生きしていろいろな道で感じるままに迷える私達に光を与えてください。

247.階段のスイッチ 返信  引用 
名前:hiro    日付:2011/11/13(日) 14:22
久しぶりにここを訪ねてみたら新しいコンテンツが増えていたので覗いてみました。

階段のスイッチですが、名前があります。
一番単純なON/OFFスイッチを片切りスイッチといいます。
以前にそういう部品などを販売している会社に勤めていたので知っていました。あとは・・・ネタバレになってしまうのでそこでやめておきます。
これって中学校の技術の授業でやったのですが、その頃は全然わかりませんでした。(もちろん、加藤さんが解説したものよりずっと易しいものでしたが)
後になってこのような商品を販売する企業に務めるとは思っていませんでしたね。
十数年前の懐かしいひと時を思い出してしまいました〜。(もうそんなに年月が経過してしまったのですね^^;;)

245.はじめまして 返信  引用 
名前:アツコ    日付:2011/9/22(木) 17:8
母がすい臓がんの疑いで来週PET・ダイナミックCT予定です。
その情報収集の際にこちらにたどり着きました。

知り合いにも、ガンはとにかく食事療法が一番大事だと聞き、手記を読み、これだと確信しております。

母にはまだ言っていませんが、私と二人で行おうと思ってます。
掲示板の内容もすべて拝見させていただいたのですがメニューについて教えていただければと思います。

-------------------------------------
・動物性の食品を一切絶つ。
・動物性とは、牛、豚、鳥などにとどまらず、卵や牛乳などの乳製品、
 および魚や貝も入り、これらは全て厳禁となる。
・砂糖や果物などの甘味類も一切ダメ。
・食べて良いのは、穀物、野菜、海草のみ。
・味噌汁のダシも鰹節や煮干は厳禁。ダシに使えるのは海草の昆布のみ。
・以上の様な菜食にすると栄養のバランスを取るのが難しいため、
 白米よりも玄米を勧める。玄米は栄養のバランスが大変良い。
・大豆製品をうまく活用すると良い。味噌、納豆、醤油、豆腐、枝豆など。
・以上の厳格な食事を4ヶ月続ける。
----------------------------------------
穀物・野菜・海藻のみを甘味抜きでどう料理されましたか?
野菜も海藻も基本はすべて醤油であじつけて食べる感じですか?

飲み物はすべてお茶ですか?
緑茶でしょうか?
それとも東洋医学的には麦茶等、緑ではないお茶にしてましたか?

細かく質問して申し訳ないのですが教えていただけると嬉しいです。

他にはびわの葉のお灸をしたり、生姜湿布もする予定です。

よろしくお願いいたします。



246.Re: はじめまして
名前:加藤一郎    日付:2011/9/25(日) 20:0
アツコさん、お母様の病状さぞやご心痛のこととお察しします。
PETやダイナミックCTで良い結果が出るといいですね。

ご質問の件、返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

> 穀物・野菜・海藻のみを甘味抜きでどう料理されましたか?
> 野菜も海藻も基本はすべて醤油であじつけて食べる感じですか?

甘味抜きで料理します。
調味料は、無添加の醤油、味噌、そして自然塩を使います。
出汁は昆布だしを効かせて下さい。
そうすれば、野菜や海藻そのものの甘みを味わえます。

> 飲み物はすべてお茶ですか?
> 緑茶でしょうか?
> それとも東洋医学的には麦茶等、緑ではないお茶にしてましたか?

飲み物に関してはそれ程のこだわりはありませんでした。
当然のことながら、ジュース・炭酸飲料などは厳禁です。
ビタミンたっぷりの緑茶が一番ではないでしょうか?
緑茶は世界でもトップレベルの健康飲料だと思います。

これからも、どうぞお気軽にご質問ください。
体を浄化すればきっと事態は改善します。
どうか明るく前向きに取り組んでくださいね。

239.『階段のスイッチ』の new up おめでとうございます。 返信  引用 
名前:浅川    日付:2011/9/5(月) 6:2
『階段のスイッチ』の new up おめでとうございます。
私も階段スイッチについては面白みを感じ加藤様同様なことを考えたこともありました。
『階段のスイッチ』を読んでまず思ったのはこれは1階から最上階のでの大きな吹き抜けのある階段ホールをイメージしました。
おそらく実際は1階と2階の回路と同様な回路が各階につくような気がします。
それは各階の上り下りに必要なところの明かりがあればよいのでそれ以外の階をつなぐ階段の照明はつけなくてもいいような気がします。
贅沢言えばかくかいの階段に動体センサーで感知しているところの階段照明を点灯するのがいいのかもしれません。

なんか現実的で夢も思考的ロマンもない内容ですみません。

ただ

・少なくとも一つの配線経路で、すべて“1”となっていれば点灯
・すべての配線経路で、少なくとも一つの“0”があれば消灯

を見て論理回路をイメージしました。
この命題は各階のスイッチはなんらかのON/OFFスイッチでAND回路が取れれば階数分+1の配線数でできないかと考えてのですが
通常全てのスイッチはOFFになっていて1つのスイッチを入れても加藤様の配線では照明が点灯しませんそこで階数分+1の配線数で
照明を点灯させるにはOR回路で1つでもスイッチがONであれば照明が点灯する回路を思いつきました。
ただここに問題がはっせいしました。たとえば階段を登るとき下のスイッチをONにして登り上のスイッチでOFFにしなければなりません
...とここまですすめて挫折しました。

http://www.nns.ne.jp/pri/asakawa/asa/fumen_read/



240.Re: 『階段のスイッチ』の new up おめでとうございます。
名前:浅川    日付:2011/9/10(土) 3:22
追伸
大雑把ですが階段スイッチ・システム図を作ってみました。
 

http://www.nns.ne.jp/pri/asakawa/asa/fumen_read/


241.Re: 『階段のスイッチ』の new up おめでとうございます。
名前:浅川    日付:2011/9/13(火) 0:35
上記システム図での処理説明では同一階のスイッチでon/offできないため
スイッチ(S1〜S3)からの入力があるたびにon/offを切り替えないとだめでしたね(^_^;)

http://www.nns.ne.jp/pri/asakawa/msg/


242.Re: 『階段のスイッチ』の new up おめでとうございます。
名前:加藤一郎    日付:2011/9/17(土) 10:54
浅川さん、階段のスイッチに対する考察および新たな方式のご提示、
ありがとうございます。

実は昨日、更にシンプルな(というか電気技術者としては常識の)方式を
ある方からメールでご紹介いただきました。
本文に追記しておきましたので、ご興味があればご覧ください。


244.Re: 『階段のスイッチ』の new up おめでとうございます。
名前:浅川    日付:2011/9/18(日) 5:33
たとえ正解があっても、あえて伏せてみるといろいろな想像力や発想が
出てくるのかもしれません。

実際に使われている回路やスイッチ以外にいろいろと考え、
またその考えいる間が楽しかったです。
もっと複雑な論理回路を駆使してみても面白かったか
もしれませんね。

でもこれでは電気の資格は取れそうにないかも...(笑)

238.感動しました。 返信  引用 
名前:礫叢    日付:2011/9/2(金) 20:28
「膵臓癌を告知され」の記事は感動しました。最初、英国在住の友達が検診でポリープを指摘されたと、メールで言っていたので、調べていたらたどり着いたのですが、そのまま最後まで読んでしまいました。
私も妻の出産に際して第2子と第3子を相次いで腎臓の発育不全で失いました。最初1/40000の確率と言われ、連続発症は1/160000と言われましたが、実は、因子を持つ男女が結婚した場合、1/4の確率になっていた訳です。つまり、因子を持つ確率が1/100でその男女が結婚する確率は1/10000になる訳です。その夫婦にその症例が発生する確率が1/4で掛け算で1/40000ですね。一人目の症例で1/10000が確定しているわけですから、二人目も3人目もそれぞれ1/4でしたと後で言われました。
大病院の医師も数学者ではないので確率については素人でした。妻は4回妊娠して2人が無事育ったので、子の生存率は1/2です。100人も生めばおそらく25%に近づくのでしょうが、確率は数字のマジックで毎回五分五分というのが実感ですよね。
標本の提供を断ったり、と4回の出産で病院の事情をだいぶ学びました。
その後、母が胃癌になり、老人の終末医療について兄弟で軋轢があったり、自分の狭心症について、カテーテル検査を断ったりと、いろいろ学んで来ましたが、自分で学び医療方針を判断することの尊さを知ると同時に、いかに医療について誤解があり、また、医師に尋難いかを思い知らされます。医師も真剣になってくれているのに、患者と分かり合えないのが残念に思います。
医師がどういう発想で、どういう決断をするかと言うことは知るのと知らないのとでは天国と地獄の差がありますね。

http://blogs.yahoo.co.jp/far_east_landmark/MYBLOG/profile.html



243.Re: 感動しました。
名前:加藤一郎    日付:2011/9/17(土) 11:5
礫叢さま

ご記帳、ありがとうございます。
ご子息出産の際の逡巡の思い、さぞやご夫婦でお悩みだった事だろうとお察しいたします。

> 自分で学び医療方針を判断することの尊さを知ると同時に、
> いかに医療について誤解があり、また、医師に尋難いかを思い知らされます。
> 医師も真剣になってくれているのに、患者と分かり合えないのが残念に思います。
本当にそうですね。
このギャップは、医学が膨大な知識やデータで築かれた世界であり、
科学的アプローチをしているものの臨床的には統計学による診断を
せざるを得ないという点にあるのかもしれません。
まさに、「診断」というよりも「決断」に近いものがある・・・。
そして、我々患者はその判断材料があまりにも専門的で難解、
かつ膨大なため、その決断を医師に委ねがちです。
本当は、他のいかなる決断よりも大切な「自分の事」であるのに。
実に皮肉な事ですね。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb