[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
思索の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



90.膵臓癌を告知されを読んで−−それにしても 返信  引用 
名前:匿名    日付:2008/1/17(木) 16:18
済生会中央病院はかなり問題がありますね。



91.Re: 膵臓癌を告知されを読んで−−それにしても
名前:加藤一郎    日付:2008/1/18(金) 22:50
「すべてを病院の医師に委ねる。
 それが、重い病であればあるほど・・・。
 最後は、“先生にお任せします”の一言を放ち、
 自分で思考判断することを放棄してしまう。」
私も今回の経験を得るまでは、そういった態度を取る患者でした。

しかし今回の体験を通じて、
病気とは本来、患者自らが自身の回復力で治癒するものであり、
現代医学や豊富な統計・学術データを持つ医師は、
その支援をしてくれるにすぎないことに気づきました。
そのような視点で医療技術や体制を捉えると、
良くやってくれている医師も多いと思えるのです。

もちろん、「フィブリノゲン」や「血液製剤」など
明らかに医薬/医療体制に非のある場合もありますが・・・。

89.自分の投稿を削除しました 返信  引用 
名前:匿名    日付:2008/1/15(火) 16:7
がんもどきだったのではないかと投稿した者です。
掲示板でのやりとりを通読すると、私の投稿はいかにも無神経でした。

87.びっくりしました 返信  引用 
名前:田中信行    日付:2007/12/7(金) 18:20
貴方の信念に脱帽です。凄いと思いました。自覚症状がなかった事で、頑張れたと思いますが、それにしても、凄いです。
実は、私は10年前に早期胃ガンで、胃の三分の二を切除してしまいました。当時はただ、「ガン」と聞いただけで、もう医者任せにしてしまいました。切ってみたら、病巣は僅か3,4ミリだったとの事。
切った後、10キロもの体重減や体力低下など、何のために切ったのか未だに釈然としません。自覚症状もないまま、いきなり切られてしまったものですから、以後ずっと後悔しています。
先日、4年振りに人間ドックを受けたところ、膵管内乳頭状粘液性腫瘍と判定されました。ガン化するのではないかとヒヤヒヤしていました。昨日、検査結果を訊くために病院に行きました。
幸い、二度のMRI検査で、取り合えず、現在は腫瘍が成長していないので、経過観察だけで良いでしょう、という結論になりました。これだけでも、本当にホッとしました。
ましてや、膵臓ガンを告知された貴方の立場を思うと、身震いする程の決断を下したと私は思っています。
貴方のHPを見て、生かされた事への恩返しを、真剣に考え始めた人が沢山いるのではないかと思います。
私も残された人生を真剣に考えてみたいと思います。
お体にはくれぐれも気をつけて、ご活躍下さい。

http://homepage2.nifty.com/manbou-kensaku/



88.Re: びっくりしました
名前:加藤一郎    日付:2007/12/23(日) 15:36
田中信行さま
ご記帳ありがとうございました。

私の場合、皆さんのお陰で“良き選択”へと導いて頂けたのだと、心から感謝しております。少しでも同じ悩みや不安を抱いて迷われている方々の力に成れればと念じております。

膵臓に腫瘍が見つかったとのこと。
くれぐれもお体ご自愛の程お過ごし下さい。

85.そろそろ8ヶ月を過ぎようとしてます 返信  引用 
名前:石黒達也    日付:2007/11/25(日) 12:34
とても体調は良いです。八重山そばの肉抜きという外食事の頻度が最近上がってきてちょっと気分的にへこたれ気味です。そばそのものに油が入っているし、汁にも豚やかつおのエキスが入っています。でもこれを禁止すると外食が不可能になり、カロリー摂取の危険水位を落とし込んでしまうので、これだけは自分に許しています。
でもこれ以外は、頑張って続けています。実は先日子供と一緒に食事する機会があり肉料理を食べたのですが、途端に体調が崩れました。
1週間くらい思わしくありませんでした。文明開化の日本人が始めて牛肉を食した折、胸がむかむかするという記述がありました。私も加藤さんも文明開化以前の日本人と同じ内臓の状態ですね。
やはり私に合った食事といえば玄米菜食なんです。本当に加藤さんのお陰で、自信をもってこの食事を続けていくことが出来ます。
最近は家内も、玄米の方が白米よりおいしい、白米があまりたくさん食べられないと言うようになってきました。
豆と塩だけの味噌にふっくら炊き上がった玄米を混ぜて、豆腐と根菜類と煮込んでごまとおぼろ昆布をふりかけて食べる料理は絶品です。
ついついおかわりをしてしまいますが、何杯食べても体に負担がないのでとても気分が良いです。デザートはトマトです。おやつはカシューナッツです。カシューナッツはオリーブオイルを使っているものとナッツオイルを使用しているものがあり、ナッツオイルのものを購入してます。
ビタミン、鉄分、蛋白質、すべてをバランスよく摂取できるこの料理、お勧めです。
加藤さんにはとても感謝しております。本当にありがとう御座います。
私の周りの人にも徐々に広めています。毎日の食生活がとても楽しいです。



86.Re: そろそろ8ヶ月を過ぎようとしてます
名前:加藤一郎    日付:2007/12/5(水) 23:3
石黒様

もう8ヶ月が経とうとしているのですね。
‖外食事の頻度が最近上がってきてちょっと気分的にへこたれ気味です。

既に4ヶ月が経過していますので、
そこまでストイックにならなくとも大丈夫だと思います。
って、私が言ってはいけませんね。(笑)

それにしても、石黒さんの快活でポジティブな養生ぶりは、
私も感動します。

‖でもこれ以外は、頑張って続けています。
‖実は先日子供と一緒に食事する機会があり肉料理を食べたのですが、
‖途端に体調が崩れました。

ほぅ、そうですか。
動物性蛋白を毛嫌いするわけではありませんが、
自分の体調に心の耳をそばだてることは重要だと思います。
身体の反応を、繊細に感じ取って養生をすること。
これが最も大切な治癒法のような気がします。

多分人間以外の動物たちは、その能力を失っていないことでしょう。
ペットとして飼われている動物はともかく、
自然界に棲む動物たちには、医師も化学的な薬もありません。
彼らはきっと、自分の体調を感じ取って、
口にするものを本能的に選択していると思います。

人間は、科学的・論理的な思考を手に入れることの代償として、
それらの能力を失っていったのではないかと考えています。
しかし私たち人間にも、祖先が持っていたDNAが必ずや存在しているはず。
誰かに治療して「もらう」のではなく、自らの意志と行動で治療「する」。
その力強さを、石黒さんは検証してくれているように感じてます。

‖最近は家内も、玄米の方が白米よりおいしい、
‖白米があまりたくさん食べられないと言うようになってきました。

今年の春、
奥さまから、掲示板を介して初めてご質問を頂いたことを思い出します。
石黒さんのご様態や食事が心配で、その行間に不安が滲み出ていました。
今はその不安も氷解し、更に石黒さんの健康も得ようとしているのですよね。
本当に良かったです。心から祝福します。

‖私の周りの人にも徐々に広めています。毎日の食生活がとても楽しいです。

私がコメントすると、なんとも堅苦しい内容になってしまいますが、
石黒さんは、極めて自然体で養生してますよね。
とても素晴らしいです。そして感銘を受けています。

体中が浄化されていく快感を、できるだけ多くの人に味わって欲しいですね。
これからも、お元気でお過ごし下さい。

83.6ヶ月が過ぎようとしています 返信  引用 
名前:石黒達也    日付:2007/9/30(日) 22:13
肉、乳製品、魚、果物、油、砂糖、アルコールを排他してから、とうとう6ヶ月が過ぎようとしています。当初72Kgだった体重が現在は58Kg〜59Kg前後をいったりきたり。失礼な発言でしょうが、究極のダイエットとも言えます。
飲み会に行っても、最初に膵臓炎と宣言しています。すると何が食べれるかと聞かれるので、サラダのドレッシング抜きと冷奴、それから枝豆と言います。私の目の前にそれらが羅列されます。お茶を飲みつつそれらを黙々と食べ続ける様相はまさしく修験僧。
江戸時代やもっと遡ること鎌倉時代、私のような人々が闊歩していたでしょう。
食べられる食材が限られているので単調にならないように気をつけています。
まず当然ながら玄米。酢、ごま、純まめ赤味噌、ペッパー、唐辛子、アオサー、のり、もずく、付属スープ抜きところ天、野菜全般。
塩は、与那国の海塩です。おいしいんですよ、これが。
豆乳を使って、おじや、リゾットを作ります。沖縄の自然豆乳は抜群です。
酢は純玄米酢です。まろやかでコクがあります。
純まめ赤味噌は、名古屋ですね。やはり。塩分が意外と少ないんです。
アオサーと言うのは、沖縄の岩藻ですね。これでビタミンB12が賄われると良いんですが。
1回の食事で玄米を茶碗で2〜3杯食べてしまいます。
加藤さんの食事レシピも一度教えて下さい。



84.Re: 6ヶ月が過ぎようとしています
名前:加藤一郎    日付:2007/10/15(月) 21:14

‖お茶を飲みつつそれらを黙々と食べ続ける様相はまさしく修験僧。

なんだかストイックで、格好良いなぁ〜石黒さん。
「肥えた豚より、痩せたソクラテスになりたい」
っていう雰囲気です。そこに美学さえ感じます。

‖食べられる食材が限られているので単調にならないように気をつけています。

もう石黒さんは、私を遥かに越えた高い次元にいらっしゃいます。

‖加藤さんの食事レシピも一度教えて下さい。

とても自慢できるようなものではありません。
玄米に、味噌汁、漬物、野菜炒めが中心です。
「雨にも負けず風にも負けず」っていう印象です(苦笑)

しかも、4年越えが近づいている今、かなり例外頻度が上がってしまった。恥ずかしいです。

石黒さんは、本当に自然食レストランを開業できそうですね。
素敵です。

80.とうとう6ヶ月目に入りました 返信  引用 
名前:石黒達也    日付:2007/9/9(日) 9:59
何だか修行くさい感じがしてきました。それを楽しんでいる自分がいます。
魚介類も果物も油も摂っていません。当然アルコールも。心配なのがビタミンB12の摂取不足です。海藻類で補えるのかな?と思って、のりを食べています。
肝心の、膵臓の鈍痛は完全に消えました。この食事は私に健康の灯明をもたらしてくれました。やはりパワーは出ませんが。
幼い頃から虫刺されに弱かった体質も改善されてきました。
また、以前は背中からしか出なかった汗が全身から出るようになりました。汗疹で弱っていますが。
体重は7月から約1Kgの減少です。お腹が減ってしょうがないので玄米をおやつ代わりに食べています。血中糖度が低いせいでしょうね。
何も言わないで血液検査をしてきました。貧血も腎臓も肝臓疾患も何もない、超健康体と言われました。安心しました。
将来、この食事法のレストランをやってみたいと思うようになりました。
結局、おいしく食事を作らなければ長続きはしないでしょうから、その紹介を兼ねての玄米菜食の提供が出来れば良いのだろうと思っています。
加藤様には本当に感謝しております。ありがとうございます。
1年間で体質が完全に変わるというコメントで、更に気持ちを新たにしました。頑張ります。
今後とも宜しくお願いいたします。

追伸。沖縄のゆし豆腐は、おいしいですよ。



82.Re: とうとう6ヶ月目に入りました
名前:加藤一郎    日付:2007/9/9(日) 11:25
‖何だか修行くさい感じがしてきました。それを楽しんでいる自分がいます。

あはははっ(笑)
石黒さんって、ほんとうに痛快な方ですね。
いつかお会いしてみたいです。

‖何も言わないで血液検査をしてきました。
‖貧血も腎臓も肝臓疾患も何もない、超健康体と言われました。安心しました。

「超健康体」
この文言を目にしたとき、まるで自分のことのように
嬉しさがこみ上げてきました。
本当に良かったですね!
奥さまもさぞかしお喜びだったことでしょう。

‖追伸。沖縄のゆし豆腐は、おいしいですよ。

う〜ん。
羨ましい!

77.生アーモンドについて 返信  引用 
名前:ダルメシアン    日付:2007/9/8(土) 15:1
はじめまして。
私の母がすい臓に腫瘍があると言われて、いろいろとネットですい臓癌のことを調べているうちにこのサイトにたどり着きました。体験記を読ませていただいて、心の中に希望の光が差し込む思いがしました。

さっそくですが、体験記の中に出てくる生アーモンドは、通常の食用のものなのでしょうか。ネットで調べると、ある大規模掲示板にアミグダリンは苦味種に含まれていて、食用になっている甘味種には含まれていないというようなことが書いてありました。これが真実かどうかはわかりませんが、どのような生アーモンドを使用されているのか教えていただけないでしょうか。



78.Re: 生アーモンドについて
名前:加藤一郎    日付:2007/9/8(土) 21:55
ダルメシアンさん、はじめまして。

お母様の腫瘍の件、ご心痛のことと思います。
私が摂取した生アーモンドは、取り立てて特別なものではありません。
以下のサイトから、お菓子作り用のものを購入しました。
「カリフォルニア アーモンドホール 生」です。

http://www.rakuten.co.jp/mamapan/438822/455817/

火を通すとビタミンが損なわれるそうですので、
「生」であることが大切のようです。

ただし現在に至っては、私はこのアーモンドも摂っていません。
結局、世の中には
「癌に悪いもの」は存在するが、
「癌に良いもの」など存在しないことに気付いたのです。

癌の治療は、すなわち自己体質の改善に尽き、
そしてそれは、癌に悪いものを「徹底的に摂らない」ことである
と確信しています。

どうぞ数々の情報に惑わされず、
「何か良いものを新たに摂る」という発想ではなく、
「今まで摂っていた実は悪いもの」を摂らなくする
という視点で病に臨んで下さい。
そうすれば、いかがわしい商法にもひっかかりません。

体中の細胞が、新陳代謝によってすっかり入れ替わるのに
1年とかからないそうです。
そして、新しい体の細胞の材料は、
その1年間で摂った空気と水と食事なのです。

お母様の腫瘍が改善することを、心からお祈りしております。


79.Re: 生アーモンドについて
名前:ダルメシアン    日付:2007/9/9(日) 8:3
さっそくの返信ありがとうございます。普通のアーモンドと聞いて安心しました。私の家系は、ガンが多いので、少しでもリスクを減らそうと思って、玄米を食べています。肉を食べるのはやめたのですが、魚だけはやめられないです。

ありがとうございました。


81.Re: 生アーモンドについて
名前:加藤一郎    日付:2007/9/9(日) 11:21
ご返信、ありがとうございます。

‖私の家系は、ガンが多いので、少しでもリスクを減らそうと思って、
‖玄米を食べています。肉を食べるのはやめたのですが、
‖魚だけはやめられないです。

そうだったのですか。
「癌の宣告を受ける」といった非常に特殊な状況下は別として、
常時、厳格な食事制限をする必要はないと私も思っています。

人の性格に個体差があるように、体質にも様々なパターンがあり、
多分、その人それぞれに適した食事があると考えています。
例えば、もし肉類が本当に悪しき食材であるならば、
西洋人はほとんどが癌患者になるはずです。

きっと、その人にとっての適切な摂取量というのが存在していて、
それを大きく逸脱するとき、人の細胞は狂い始める(癌になる)のだ
と思います。

自分の体から聞こえてくる声(体調)に耳を澄まし、
常に自らの判断で、加療頂ければと思います。
快方に向かわれることを祈念しております。

65.膵臓に良い食事について 返信  引用 
名前:石黒厚子    日付:2007/4/29(日) 16:30
加藤様へ
始めまして、石垣島に住む主婦です。
私の主人は26歳の時に膵臓炎になり、3日間絶食絶飲により自宅療養で治療しました。
その後、仕事によるストレスが強くなる度に、再発してきて、その度に絶食絶飲を繰り返してきました。通常食事は、野菜サラダにエクストラバージンオリーブオイルと玄米酢だけのドレッシングをかけたものを夕食として、その他は、タンパク質中心として、でんぷん質をあまり摂取しないような食生活でした。
現在45歳、身長170cm、体重65Kgです。
今回、加藤一郎さんのHPを拝見させて頂き、食生活の改善を更にはかろうと主人は決意したのですが、玄米菜食と生アーモンドの食事について、もう少し詳しく教えて頂きたく投稿させて頂きました。
玄米ご飯は、茶碗1杯だけ召し上がっていたのでしょうか?
菜食は、どのような野菜が中心だったのでしょうか?
調理法は、油を使用しないと思われますが、主に煮るものでしたでしょうか?
こんぶだけのだしとありましたが、醤油は使用されましたか?
味噌は使用されました?
現在、3日間絶食後も痛みが続くため、野菜(主に、レタス、トマト、パセリ、セロリ、タマネギ)をジュースにし、玄米酢を加えたものだけで毎食事としています。
加藤一郎さんがお忙しい仕事の合間に、皆様に返事を出されていることに甘えて、質問ばかりになって申し訳ないのですが、時間の空いた時で結構ですので教えて頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。



66.Re: 膵臓に良い食事について
名前:加藤一郎    日付:2007/9/9(日) 11:8
石黒厚子さま
返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
ご主人が20年間に渡り断続的に膵臓炎の再発を繰り返していること
さぞやご心痛のことと思います。
食事に関してもいろいろとお悩みのご様子が行間から強く感じられました。
私自身、大変な経験を致しましたが何分素人ですので、
盲信は避けていただくことをお願いしつつご回答しようと思います。

‖玄米ご飯は、茶碗1杯だけ召し上がっていたのでしょうか?

取り立てて1杯に制限した訳ではありませんが、
結果として軽く1杯だけで済ませていました。
今も続けていますが、おかわりした記憶はほとんどありません。
玄米は白米と比べてすぐに満腹感がくるように思えます。

‖菜食は、どのような野菜が中心だったのでしょうか?

通常の野菜です。
大根、トマト、キュウリ、白菜、レタス、蓮根、ジャガイモ、などなど
この野菜が良い!といった特別なものを選んだ訳ではありませんでした。
ただ、大豆は蛋白源として特別でした。
食事に気を使うようになって、大豆の偉大さに気づきました。
日本人は、大豆で実に多彩な味覚を創り上げていますよね。
醤油・味噌・納豆・豆腐・豆乳・枝豆・湯葉、そして節分に蒔く豆そのものも美味しいです。
先人たちが創り上げたこの食文化に強く感謝している日々です。

‖調理法は、油を使用しないと思われますが、主に煮るものでしたでしょうか?

テフロン加工のフライパンならば、
ほとんど油を使用せずに調理できるので、焼き物も食べました。
油に関しては、その後徐々に取るようになりました。
もちろん植物油ですが。

‖こんぶだけのだしとありましたが、醤油は使用されましたか?
‖味噌は使用されました?

上述の通り、大豆を原料とする醤油と味噌は食事療法の初期段階から
摂取していました。

回答としては以上ですが、
‖タンパク質中心として、でんぷん質をあまり摂取しないような食生活でした。

という部分が多少気になりました。
膵臓にとっては、でんぷん質よりもタンパク質の方が負担になるはずだからです。

ご主人のご様態が、少しでも改善していくと良いですね。
ご回復を心からお祈りしております。

75.大変参考になりました 返信  引用 
名前:りえたん    日付:2007/8/28(火) 21:6
はじめまして。
私の父がガンの可能性があると医者から話をされて、落ち込んでいました。まだ検査中で、グレーゾーンなんですが、このホームページを見て希望がもてました。
白に戻ることがあるんですね!グレーの人は黒になるための検査をされてるのかと思ってました。貴重な経験を話してくれてありがとうございました。
また結果を報告できればと思います。



76.Re: 大変参考になりました
名前:加藤    日付:2007/9/1(土) 9:57
りえたんさん、こんにちは。

お父様のガンの疑い、さぞかしショックだったことでしょう。
そして検査結果にご心配のことでしょう。
私のサイトから希望を得ていただき、幸いです。
検査結果が黒に近くても、それでもなお希望がもてるのです。
どうか、これからもご家族一丸となって、明るく前向きに
立ち向かって頂きたいと切にお祈りしております。

もしよろしければ、検査結果などまた書き込んで頂ければ
幸いです。

ページ: |< << 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb