[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
海音寺潮五郎掲示板
(偉大な歴史作家・海音寺潮五郎に関する掲示板です。書籍紹介や読書感想等、海音寺潮五郎に関する話題や海音寺文学を愛する人々のための交流掲示板です。)
(海音寺文学の書評から関連イベント情報まで、どうぞ気軽にお書き込み下さいね!)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



39.小説『鷲の歌』いいですね! 返信  引用 
名前:きりたんぽ    日付:2006/11/23(木) 22:8
こんばんは。tsubuさんは『鷲の歌』をお好きなんですね。本棚から引っ張り出して読みだしてみるとハマッテしまって、仕事が忙しいのに・・・。
私も「文庫コレクション大衆文学館」を博多駅構内の本屋で買い求めたのですが、昔読んだ本を手に取ると、この頃とみに記憶力が衰えているのに、不思議とこの本はどの本屋で買ったとか覚えていて、あのころはあんな生活をしていたなと懐かしくなりますね。
ところで、海音寺氏の小説は史実から題材を求められることから悲劇といっていい小説が多いですね。
お読みになっていない方もおられるので内容を詳しく書くべきではないのでしょうが『鷲の歌』も含め、歴史の流れの中で志を遂げることが出来ず、結果として敗者の立場となり、勝者の歴史の中に埋もれてしまった、そんな人物達に正当な評価の光を充てようとされる海音寺氏の立場からすれば、一見結末が悲劇的に見えるのは必然かもしれませね。「平将門」「藤原純友」「西郷隆盛」・・・。
悲劇といえば、私などように皮相な見方では功成り名を遂げたと見える「豊臣秀吉」についても、海音寺潮五郎氏は『新太閤記』で晩年の秀吉について、大英雄であっただけに、これ以上書くには忍びないとしてサラッと終わられています。人生の半ばを超えた身としては何が幸福で何が不幸なのか、何が悲劇なのか考えさせられますね。
さて、結末が悲劇的とは言いましたが、私の好きな長編小説は「藤原純友」を題材とした『海と風と虹と』ですね。本当に何故絶版になっているのか不思議なくらい面白いと思います。もちろん『平将門』も素晴らしいですね。それら長編と同時代を扱った『王朝』もとても素敵な短編集です。お勧めです。



41.Re: 小説『鷲の歌』いいですね!
名前:きりたんぽ    日付:2006/11/25(土) 19:42
みなさんこんにちは。小説『鷲の歌』で書き忘れておりましたので追記します。文庫コレクションの巻末には作家田中芳樹氏の『「耳(のみ)」の一字』と題するエッセイが載っています。田中氏は二十八騎となった項羽軍が圧倒
的な劉邦軍に最後の戦いを挑み、わずか2騎だけ失った表現「亡両騎耳」について、「耳」の一字から海音寺潮五郎氏が司馬遷の項羽に対する高い評価を読み取られていると書かれています。(恥かしながら私自身は『中国英傑伝』を読んだ時にそこまで気付きはしませんでしたが・・・)
司馬遷だけでなく、当時の人物の心を読み取るとかといったことは(皆と言いませんが)歴史学者と呼ばれる史学のみ専攻される方達よりは文学者の世界ですね。勿論海音寺氏のような正統で該博な歴史知識に裏付けられていてこそできることですが。
例えば、『武将列伝』の「楠木正成伝」は短い作品ではありますが、歴史学者の書かれた本も含め何冊か読んだ南北朝関係の本の中で、「濁りきった世を規制するために朱子学の行者たらん」として勝敗の見えた戦いに臨んだという、海音寺氏の解釈以上に納得できるものはありませんでした。そういえば海音寺氏も歴史上の人物にはとてもやさしい目で見られるのですが、実証的にしか歴史を見ることのできない現代の歴史学者には随筆などで小気味よく結構きびしい批判を書かれていますね。
ところで本家の掲示板でtsubuさんがぼやかれて?いた、「敬天愛人」典拠論は多分私がWebで見かけたものと同じものだと思うのですが果たしてそうであれば、私など素人から見てもその方の論はずいぶんピントの外れたものだと感じました。西郷の到達した「敬天愛人」の思想は、「南洲翁遺訓」を虚心に読めばおのずと理解できると思うのですが・・・。話がそれましたがこれも同様で、歴史をどういう立場でみるか、歴史から何を得るか、何を学び取るかの考え方の違いと言えるのでしょう。
さて、前にも同じようなことを書きましたが、海音寺文学の面白さ、即ち歴史上の人物の真の姿にまで迫る凄さは、海音寺氏が真に人間という生き物を深く理解、それも頭ではなく心をもってして理解されていることに尽きると思います。そういった海音寺氏の姿勢は多くの随筆にもよく表されています。『史談と史論』をはじめ多くの随筆があります。もしまだお読みになられていない方があれば、是非ともこれら随筆もお読みになることをお勧めします。『鷲の歌』と関係ない話になっていまいましたね。すみません、tsubuさんと同じく海音寺氏の作品の話になると止まらなくて・・・。


43.Re: 小説『鷲の歌』いいですね!
名前:tsubu    日付:2006/11/28(火) 23:18
きりたんぽさん、こんにちは!

私も本棚に並ぶ書籍をどこの本屋で買ったのかはその本の内容よりよく覚えていたりすることが多いです(笑)。
特に海音寺さんの作品に関しては、どれも思い入れが深いので、これはどこで買った本とか、どこの古本屋で見つけたものとか、鮮明に覚えていたりします。
特に海音寺さんの本を古本屋の本棚で見つけた時は格別嬉しいものでした(^^)

さて、話は変わりまして、確かに海音寺さんの作品には悲劇的な結末や人物を扱ったものが多いような気がします。
しかしながら、読み終わった際の後味の悪さというのは一切感じませんよね。何かしらの心地良い余韻が残るのは、海音寺文学の一つの特徴であるかもしれません。
『平将門』しかり『海と風と虹と』しかりですね。
きりたんぽさんのおっしゃる通り、ほんとなぜ『海と風と虹と』がずっと絶版なのかが理解に苦しみます……。
是非、文春文庫で復刊してもらいたいものですね。

次に、歴史論と言いますか、歴史上の人物論についてですが、海音寺さんの『武将列伝』や『悪人列伝』の中でも顕著に現れていますが、きりたんぽさんのおっしゃる通り、歴史を実証的にしか見ることの出来ない歴史学者やそれら歴史論に対して、海音寺さんは批判をされていることが多いですね。
何事も史料第一主義を採る歴史学者には、歴史の本質が見えていないことが多いことを海音寺さんは色んな作品の中で指摘されていらっしゃいます。
海音寺さんの言葉をお借りするならば、史料的に見れば歴史とはブランク(空白)だらけの代物であるので、それら全てを史料だけで解釈出来るものではないと私も感じてなりません。
その歴史のブランクを埋めるものは人間の想像力であったり、推測・分析であったりするわけですが、それらは綿密な歴史検証に基づいた上で、自らの持っている知識、経験などの能力をフルに生かしたものでなければならないということは、海音寺さんが常におっしゃられていたことだったと思います。
海音寺さんの言葉に「その昔、歴史は文学であった」というものがあったと思いますが、海音寺さんが司馬遷の「史記列伝」を非常に買っていらっしゃったのは、そういった歴史の中の文学性を司馬遷が上手く表現し、そしてなおかつ歴史の本質に鋭く迫っていたからだと思います。

最後は余談になりますが(笑)、西郷の「敬天愛人」に関してですが、私が「吉之助の部屋」に書いた話と、きりたんぽさんがご覧になられたWeb上の文章は同一だと思います(笑)。
こちらにも少しぼやかせて頂きますが(笑)、西郷の「敬天愛人」の言葉の典拠は、中村敬宇の言葉の引用であることは、その歴史学者の方に指摘されるまでもなく、西郷を少しでも深く研究された方であれば、どなたでも知っているような基本事項だと思います。
このことにつきましては、『新西郷南洲伝』を執筆された哲舟さんがそのブログの中で詳しくお書きになられているのでここでは触れませんが、「敬天愛人」と書かれた書幅には「南洲書」と書かれていることから、これは西郷が他の人の言葉を書き写したことは間違いありません。
つまり「私(南洲)が書写した」という意味で、「南洲書」と書幅に書いているわけです。
歴史というものは着眼点の相違によって、その結論がまったく別のものになってしまうこともよくありがちですね。
そのため、私は常に「歴史は多角的に見なければならない」と心がけておりますが、ある一種の固定概念が原因で本質を見失うこともありますから、私も常に自戒の言葉としています。

何だか最後はまたもボヤきましたが(笑)、ほんと海音寺文学の話をし出すと止まらなくなるのは私もきりたんぽさんも同じようですね(^^)
これからも海音寺文学を大いに語り、大いに楽しんでまいりましょう!

37.小説『鷲の歌』 返信  引用 
名前:tsubu    日付:2006/11/21(火) 12:52
先日、「私の好きな海音寺文学について皆様の感想等をお聞かせ下さい」と書き込みましたので、私も好きな海音寺文学を書き込みたいと思います(^^)
と、言いましても、実は好きな作品が多すぎて、どれを挙げるか非常に迷ってしまうのですが(笑)、まずは小説から一冊ご紹介したいと思います。
それは『鷲の歌』という小説です。

『鷲の歌』は、昭和43年5月20日から翌44年4月19日にかけて朝日新聞に連載された歴史小説です。
私がこの小説を初めて読んだのは、今から10年くらい前の事でしょうか、講談社が発行している「文庫コレクション大衆文学館」というシリーズで刊行された時のことです。
大阪難波のある書店で購入し、その日から読み始めたのですが、非常に面白く、一気に読み終えたことを覚えています。

この『鷲の歌』の舞台は、幕末期の琉球王国、つまり現在の沖縄県です。
琉球という国は、いわゆる薩摩藩と中国の清王朝との二重支配、つまり表向きは清の支配を受けている形でありながら、実際は薩摩藩の支配を受けていたことはよく知られていることです。
『鷲の歌』は、その琉球王国を描いたものですが、幕末期に起こったいわゆる「琉球疑獄事件」と言われる「牧志・恩河事件」というものを題材にした小説です。
ネタバレになりますので、詳しい内容を書くのは控えますが、沖縄にもこういった幕末史があったのを是非知って頂く上でもオススメの小説です。
残念ながら、現在文庫は絶版となっていますが、ご興味のある皆様は、是非古書店や図書館等で読んでみて下さいね。

35.小説『孫子』のこと 返信  引用 
名前:tsubu    日付:2006/11/21(火) 12:25
(書き込みがかなり下に下がりましたので、改めてレスをいたします)

信楽さん、はじめましてこんにちは!

「海音寺潮五郎掲示板」への書き込みを頂きまして、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

さて、信楽さんは最初に『孫子』をお読みになられたのですね。
海音寺さんの小説、特に史伝文学における特徴の一つとして、色んなエピソードに関してはその出典を明らかにしていることと、それに対する私見として著者の見解を述べられていることが挙げられます。
海音寺さんの人物評価は、いわゆる中国の故事にある許劭の「月旦」ではないですが、読んでいても納得する部分が多く、非常に面白く読めます。
是即ち海音寺さんの素晴らしい卓見の力以外の何物でもないのですが、それらは全て海音寺さんの溢れ出んばかりの知識と緻密な検証に裏付けられたものであるため、読者は感心・感動し、そして作品の中に引き込まれていくのでしょうね。

少し話がそれましたが、『孫子』のこと。
文芸評論家の磯貝勝太郎さんが、海音寺さんの『鷲の歌』(講談社・文庫コレクション大衆文学館)の巻末「人と作品 海音寺潮五郎」の中で書かれている言葉から引用すると、小説『孫子』は、孫武と孫臏の性格を、作者独自の観点から設定して書かれたもので、自らに勝つことを教える人生の達人の物語である、そして人に惜しまれながら風塵の世から引退してしまう晩年の孫武と孫臏の心境が、その後人気絶頂の時期にマスコミから引退してしまう海音寺さんの心境であると推察される、ということです。

現在、『孫子』は講談社文庫で刊行されていますので、未だお読みになられていない皆様、是非ご一読をオススメいたします(^^)



38.Re: 小説『孫子』のこと
名前:モモタ    日付:2006/11/21(火) 21:54
『孫子』は掛け値なしに面白いですよね。重版も続いていて海音寺潮五郎さんの作品として一番ながく売れ続けているのではないでしょうか。

私はこの作品を友人にお奨めして貸したのですが、それっきり未だに帰ってきません。もう一度買おうかな。。。
http://momota1192.at.webry.info/


42.Re: 小説『孫子』のこと
名前:tsubu    日付:2006/11/28(火) 12:15
モモタさん、こんにちは!

海音寺さんは長編史伝『西郷隆盛』の完成後、中国史についての作品を執筆したいという気持ちでいられたそうですね。
中国史に造詣の深い海音寺さんならではのタッチで物語が進む『孫子』は、海音寺さんの代表作とも言うべき作品であると私も思います(^^)

29.良眼坊さんのお墓 返信  引用 
名前:masa    日付:2006/11/20(月) 15:34
神奈川在住の者です。大口出身で、お墓の前を通って小学校に通ってました。よく遊んでいた西原神社の前の道を、大口東小学校・コトブキエン老人ホーム方面にまがると、交差点があります。そこに墓地がございます。おおきな杉の木がありますので・・。ご参考になれば。



30.Re: 良眼坊さんのお墓
名前:福太郎    日付:2006/11/20(月) 17:20
masaさんこんにちは。
強力な助っ人ありがとうございました。
今度、大口方面に行く時に、見てみたいと思います。


31.Re: 良眼坊さんのお墓
名前:tsubu    日付:2006/11/20(月) 17:38
masaさん、はじめましてこんにちは!

この度は本当に貴重な情報を書き込んで頂きまして、ほんとうにありがとうございました!
やはり西原神社の近くだったんですね。
以前見つけた際も西原神社に行った後だったような記憶がありまして、あと、交差点だったのも覚えていたのですが、場所がまったく分からずにいました。
masaさんの情報を頂きましたので、いずれ近い内に足を運んでみたいと思います。
ほんとうにありがとうございました!
また、今後ともどうぞよろしくお願いします。


33.Re: 良眼坊さんのお墓
名前:masa    日付:2006/11/21(火) 8:35
郷土の偉人にスポットをあてていただき、大変ありがとうございます。
大口の子供たちは、小さい頃から良眼坊さんの偉業を聞かされていると思います。上京して24年経ち、帰省の折曽木の滝から宮之城まで車で止まり、止まりしながら川を見ました。よくこのような所を工事したなと改めて感心しました。「二本の銀杏」に出てきたシーンで、調所家老に工事の説明をしているのはこの辺かな、と勝手に想像しながら・・。


36.Re: 良眼坊さんのお墓
名前:tsubu    日付:2006/11/21(火) 12:31
masaさん、こんにちは!

こちらこそ貴重な情報をお寄せ頂きまして、ほんとうにありがとうございました。
大口には私も一年に二回ほど足を運んでいますが、その空の青さ、山々の緑、川の瑞々しさ、どれをとっても素晴らしい土地ですね。
大口を歩いているだけで、海音寺さんの『二本の銀杏』の中に吸い込まれていくような気さえします。
堀之内良眼坊の偉業については、地元でも綿々と語り継がれているのですね。
歴史とは人から人へ、後世の人へと繋いでいくものだと思いますから、ほんとうに素晴らしいことだと思います。
それでは、今後ともどうぞよろしくお願いします。

27.こんにちは。 返信  引用 
名前:Kaz    日付:2006/11/16(木) 11:6
tsubuさん、皆さん、こんにちは。
先日「蒙古来たる」で書き込みさせて頂いたKazです。tsubuさんから早速のコメントを頂いて、嬉しく存じ、光栄の至りです。海音寺さんが日本人を励ますために書かれた作品だったと、tsubuさんの「蒙古来たる」に対する論評を納得して拝読しました。私も、当作品を読みながら、自分が日本人として生まれたことは素晴らしい事なのではないかとうっすらと感じていました。日本人の美意識や日本語の深さなどを、海音寺文学を通して学ばせて頂いてます。
現在は「中国妖艶伝」を読んでいます。陳の国にいた夏姫(かき)という美女にまつわる物語です。嬋娟窈窕(せんけんようちょう)という美しい女性を描写する為の日本語を初めて知りました。他にも知らない言葉が散見されますので、出来るだけ電子辞書で意味を確認しながら読み進んでいます。海音寺氏の語彙力の大きさに感嘆させられます。

また、読了したらご報告します。お元気で。



28.Re: こんにちは。
名前:tsubu    日付:2006/11/17(金) 13:0
kazさん、こんにちは!

再度の書き込みを頂きまして、ありがとうございます。
『蒙古来たる』で海音寺文学の良さを理解して頂き、私自身もとっても嬉しいです(^^)
今は絶版になっている作品が多いため、一般書店ではなかなか手に入れにくくなっていますが、図書館や古本屋等ではたくさんあると思いますので、これからも海音寺作品のご愛読よろしくお願いします。
また、海音寺さんの中国モノといましては、『孫子』(講談社文庫)や『中国英傑伝(上下)』(文春文庫)などもありますので、そちらもまた機会がありましたら併せて読んでみて下さいね。

26.かごしま近代文学館 返信  引用 
名前:tsubu    日付:2006/11/14(火) 17:29
皆さん、こんにちは(^^)

先週の土曜日に鹿児島に行く機会があったのですが、その際に久しぶりに「かごしま近代文学館」を見学してきました。
ご存知のない方もいらっしゃるかもしれませんので、少し説明させて頂きますが、この「かごしま近代文学館」には海音寺さんの自筆原稿などの遺品や資料が展示されています。
また、海音寺さんの那須の別荘の書斎を再現しているコーナーもありまして、海音寺ファン必見の展示内容です(^^)

これら展示品の中でも、特に私自身がいつも手にとって見たいと思うくらい、見ているだけで感動するのが、海音寺さんの絶筆となった『西郷隆盛』の執筆用に作られた、西郷隆盛の手紙を口語訳した海音寺さん自筆のノートです。
『西郷隆盛』(朝日新聞社刊)をお読みになられた方はお分かりになると思うのですが、この本の中で書かれた人物の手紙(書簡)や建白書といった類の文書類は、全て口語訳したものが掲載されています。つまり、海音寺さんが自分の手で全て丁寧に口語訳されたものを作品の中に書いておられるのです。
これは昔の候文や漢文等に馴染みのない読者が、そういった昔の文書を読み解くのが難解であろうと考えられた海音寺さんの配慮です。

昔の手紙を口語訳するだけでも、どれだけ手間と時間のかかる作業なのかは想像がつかないくらい大変なものだと思うのですが、海音寺さんはその手間を惜しむことなく、丁寧に口語訳されたのです。
後年は西郷伝の完成に全力を尽くし、時間がいくらあっても足りないくらい、その完成を急がれていた海音寺さんの状態を考えますと、ほんと感動で胸が一杯になります。

少し前置きが長くなりましたが、その海音寺さんが創作用に作られた自筆の西郷文書口語訳ノートが、現在「かごしま近代文学館」に展示されています。
是非鹿児島に行かれる機会のある海音寺ファンの皆さんに見て頂きたい逸品ですね。

(かごしま近代文学館・メルヘン館)

http://www.kinmeru.or.jp/

22.『悪人列伝』が再版(復刊)されます! 返信  引用 
名前:tsubu    日付:2006/11/13(月) 18:1
皆さん、こんにちは(^^)

海音寺さんの作品は、昨今軒並み絶版が続いておりますが、現在、海音寺さんの作品を唯一刊行していると言っても過言ではない、文春文庫から名作『悪人列伝』が再版(復刊)されることになりました!
『悪人列伝』は、海音寺さんの代表作とも言える『武将列伝』と対になるような史伝文学ですから、ものすごくオススメの一冊です。
蘇我入鹿、弓削道鏡、藤原薬子、伴大納言、平将門、藤原純友といった、世に言われる「悪人」を題材にし、海音寺さんお得意の史伝文学に仕上げています。

但し、この「悪人」という言葉は歴史上そう言われている人物を題材にしているのであって、海音寺さんが「悪人である」と断定しているものではないことを勘違いしないで下さいね。
『悪人列伝』を読めば、海音寺さんがどのような評価を下されているかは必ず分かるはずです。

今回は「古代篇」というサブタイトルがついていますから、いずれは「戦国篇」のような形で刊行が続くと思われます。(旧の『悪人列伝』は文庫で全四巻でした)

文春文庫は、海音寺さんの作品を定期的に復刊しているので有り難いのですが、出来れば下の書き込みに書いたような『列藩騒動録』や『海と風と虹と』のように、絶版になって久しいものを刊行してくれるとものすごく嬉しいな…と思う今日この頃です。

『悪人列伝』は私も既に持っていますが、また新刊で買って読んでみようかな(^^)

↓文春文庫『悪人列伝』紹介ページ

http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/7/13/54/4167135485.shtml


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb