[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
海音寺潮五郎掲示板
(偉大な歴史作家・海音寺潮五郎に関する掲示板です。書籍紹介や読書感想等、海音寺潮五郎に関する話題や海音寺文学を愛する人々のための交流掲示板です。)
(海音寺文学の書評から関連イベント情報まで、どうぞ気軽にお書き込み下さいね!)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



133.ご無沙汰しています 返信  引用 
名前:tsubu    日付:2008/1/28(月) 17:51
皆さん、こんにちは!
と、言いながら、なかなか書き込む時間がなく、ちゃんと掲示板を運営出来ていないことにつきまして、まずはお詫び申し上げます。本当にすいません。
そして、これまで書き込んで頂きました皆様、レスが出来ませんで本当に申し訳ございませんでした。

年末から年始にかけまして、海音寺潮五郎さん関係で色々な動きがありました。
まずは、『西郷隆盛』の復刊、そしてモモタさんに書き込んで頂きました『天と地と』のドラマ化。また、講談社文庫からは司馬遼太郎さんとの対談集『日本歴史を点検する』も新装されましたし、NHK大河ドラマ『篤姫』が放映されている影響からだと思いますが、文春文庫から『寺田屋騒動』も復刊されました。

文春文庫の『寺田屋騒動』は、月刊『歴史と旅』(秋田書店)で昭和50年4月号から昭和51年10月号まで連載された海音寺さんの史伝を一つの本にまとめたものです。
実は、私が海音寺文学で一番最初に読んだ作品が、この『寺田屋騒動』なのです。
今でも覚えていますが、初めて『寺田屋騒動』を読んだ時は、ほんと面白いのと、知らないことがたくさん書かれていたので、目からウロコがボロボロと落ちてくるほど(笑)、夢中で一気に読みきりました。
これがきっかけとなって、私は海音寺さんの史伝文学にどっぷりとはまってしまったんですよね。
ですから、私にとっては非常に思い出深い作品であります。

話がそれましたが、少し元に戻しまして、モモタさんに書き込んで頂いたドラマ『天と地と』は、皆さんご覧になられましたでしょうか?
私もテレビで拝見しましたが、モモタさんが感想をお書きになられた通り、やはり『天と地と』を描ききるには少し時間が足りないような気がしました。
慌しくストーリーを進めていかなければならないため、『天と地と』の中で描かれている謙信の苦悩が、ややもすれば単純な理由で描かれるなど、やはり放映時間が短すぎたと言わざるを得ません。

ただ、今回は『天と地と』をドラマ化して下さっただけでもテレビ局関係者の皆様には感謝ですし、やはりテレビである以上、放映時間も限られていますから、致し方のなかったことではなかったかとも思っております。
ともあれ、海音寺作品に焦点が当たるのは喜ばしいことです(^^)
しかし、出来得ればいつの日か、海音寺さんの作品を再び大河で取り上げてもらいたいものですね。
今まで海音寺さんの原作で大河ドラマになったのは、『天と地と』(原作は同名)と『風と雲と虹と』(原作は『平将門』、『海と風と虹と』)の二つです。
海音寺さんの作品と今まで大河ドラマになっていない(取り上げられていない)人物を鑑みて、総合的に考えると、『加藤清正』なんかはいつか大河になりそうな気がしています。
ただ、海音寺さんは清正のことをそこまで惚れ込んで書いていないのが気になりますけどね(^^;

http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/

132.海音寺先生の書籍を探しています。 返信  引用 
名前:青山敬太    日付:2008/1/23(水) 7:45
「日本」の第三部、「風に鳴る樹」を探しています。



134.Re: 海音寺先生の書籍を探しています。
名前:tsubu    日付:2008/1/28(月) 17:51
青山敬太さん、はじめましてこんにちは。

海音寺さんの『風に鳴る樹』をお探しのようですが、私もネットの古書検索などをいくつか試して探してみましたが、該当がありませんでした。
ただ、古書店ではよく見かけるものですので、下記URL等を使用されて、定期的に検索されていれば、いつか見つかるのではないかと思います。

↓日本の古本屋
http://www.kosho.or.jp/servlet/top

http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/

129.『天と地と』ドラマ化 返信  引用 
名前:モモタ    日付:2007/11/28(水) 20:35
こんばんは。
以前、この掲示板にも書き込みましたが、『天と地と』がドラマ化され、年明けにテレビ朝日系列で放送されるそうです。
新聞その他、各所で情報が出始めていますので、ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

前に聞いた話では今年末に放送予定ということだったのですが、「新春ドラマ」ということになったのですね。原作を良く知るファンとしては不安も大きいですが、これを機に海音寺潮五郎さんのことを広く知ってもらえれば、これほど嬉しいことはありません。

どんなドラマになるか楽しみですね。
http://momota1192.at.webry.info/



130.Re: 『天と地と』ドラマ化
名前:モモタ    日付:2007/12/28(金) 21:20
みなさん、こんばんは。
既にご存じのことと思いますが、テレビ朝日系列で放映が決まった海音寺潮五郎さん原作の「天と地と」ですが、ドラマの公式サイトが開設されています。
中身に少し???な部分もありますが、一応URLを載せておきます。

 http://www.tv-asahi.co.jp/tentochito/

海音寺潮五郎記念館に、このドラマの台本が送付されてきたそうで、様子をうかがったのですが、案の定というべきか、原作とはだいぶ違う内容になっているそうです。
もともと2時間ドラマに収めることに無理があるのですが、原作ファンとしてはあまりショックに思わないように、大らかな気持ちで受け止めたいと思います。


131.Re: 『天と地と』ドラマ化
名前:モモタ    日付:2008/1/7(月) 14:38
モモタです。みなさん、こんにちは。

ドラマ「天と地と」について、話題をふった手前もありますので、義務としてまとめさせていただきます。みなさん、テレビ朝日系列で放送された今回のドラマ、どのようにご覧になりましたでしょうか?

原作は膨大な分量がありますので、どれかを残し、どれかは削らなければならないわけですが、ここは非常にセンスを問われるところだと思います。原作に忠実であろうとするなら、どれだけ原作者の意図を理解しているかも重要です。
例えば、謙信(ここでは全て謙信で通させていただきます)が突如失踪して隠居を言い出すところなど、今回のドラマではあまりにも唐突で、単に恋の悩みが原因のようにも受け取られ兼ねない描き方だったと思います。細かく描くには時間が掛かりすぎるとふんだからでしょうか。

海音寺潮五郎さんは「謙信と信玄の一騎打ちはあった」とする派ですので、当然この場面が描かれるわけですが、なぜ謙信が敵の本陣に突っ込むといった無謀な挙に出たのか、今回のドラマでは全く分からなかったのではないでしょうか?
そもそも、各登場人物ともに合戦シーンでは一騎がけの武者と変わらぬ戦い方なので、危機感がなさ過ぎると思いますが。。。

ご存じの通り、謙信と信玄の一騎打ちがあったとされるのは第4回川中島の戦いですが、過去3度も戦ってはっきりした決着がついていないため、今度こそはと謙信は意気込んで戦場にやってきたというのが海音寺潮五郎さんの解釈です。だからこそ敵地ともいうべき妻女山に布陣しました。
そして「キツツキの戦法」を見破って戦いに突入したわけですが、妻女山に向かった武田軍の別働隊が到着するまでに決着を受けなければ、別働隊に背側を突かれ上杉軍は破れてしまうという焦りが謙信にはあった。その焦りの中、何とか局面を打開しようとして謙信は信玄の本陣に突っ込み、一騎打ちするにいたったというのが海音寺潮五郎さんが説明する一騎打ちの状況です。謙信はこうった行動に出るのに十分過ぎるほど気性の激しい武将だったとも海音寺さんは言っています。

というわけですので、今回のドラマのように悠々として時間を掛けて謙信と信玄の二人が戦うなんてことはなかったはずなのですよね。
まぁともかく、最後の場面は別にして、全体的には合格点の出来映えのドラマだったと思います。

122.海音寺潮五郎没後30年記念講演会 返信  引用 
名前:tsubu    日付:2007/11/12(月) 17:33
皆さん、こんにちは!

少しご報告が遅れましたが、先日平成19年10月27日(土)にかごしま県民交流センターで開かれました「海音寺潮五郎没後30年記念講演会」に出席してまいりました。
これは昨日(11月11日)まで開催されていました海音寺潮五郎没後30年記念企画展「海音寺潮五郎と鹿児島」に関連する行事の一つです。

講演会ですが、第1部と第2部に分かれておりまして、第1部は海音寺さんの母校である加治木高校の生徒による「二本の銀杏」の朗読、そして海音寺さんにゆかりのある方や研究者の方々によるフォーラム「海音寺文学と鹿児島の歴史」で構成され、第2部は先頃薩摩藩英国留学生のことを執筆した『薩摩スチューデント、西へ』を出版された林望(はやし・のぞむ)先生による記念講演でした。
当日の会場には、たくさんの方がお越しになられ、鹿児島でも海音寺文学を愛する人々がまだたくさんおられることに私自身も感動いたしましたが、会場には東京から海音寺さんの次女であられる明子(あきらこ)さんもお越しになられておりましたよ(^^)

さて、具体的な講演会の内容についてですが、まず、加治木高校の生徒による「二本の銀杏」の朗読から講演会がスタートしました。やはり薩摩弁がいたるどころで登場する海音寺さんの小説は、鹿児島の方に読んで頂くのがリアリティがあって良いですね。心地良い薩摩弁の響きに、物語の中に誘われるような感覚を覚え、そして小説の一場面を色濃く思い浮かべた次第です。
次に、フォーラム「海音寺文学と鹿児島の歴史」ですが、鹿児島大学の原口泉教授をコーディネーターに、文芸評論家の磯貝勝太郎さん、朝日新聞社鹿屋支局長の安楽秀忠さん、鹿児島純心女子大学教授の古閑章さん、尚古集成館副館長の松尾千歳さんをパネラーにしまして、海音寺作品の作品についてや思い出話、そして鹿児島の歴史話まで、幅広い話が聴けて、大変興味深かったです。
特に、磯貝勝太郎さんは、文春文庫刊行の海音寺作品の解説を手がけられている方ですから、非常に興味深い話も聴くことが出来ました。
最後に、林望先生、巷ではリンボウ先生の愛称として有名な方ですが、薩摩藩英国留学生についての話を大変面白くお話しなさっていました。
やはり講演に慣れておられる先生の話は面白いですね。ちゃんと我々聴衆の人達の目を見ながら話されている姿が印象的でした。(聴衆の目を見ながら話すことは当たり前の話ですが、以前原稿棒読みの講演を聴いたので、余計にそう感じた次第です)

今年行なわれました企画展や今回の講演会のように、海音寺さんの業績をいつまでも後世に引き継いでいくための行事というものは、ほんと必要不可欠ですね。皆さんもお気づきの通り、海音寺作品は年々本屋の棚から姿を消していっている現状ですから、こういった形で色んな催し物を開催していくことは有意義だと思われてなりません。
特に、鹿児島は海音寺潮五郎という偉大な作家を生んだ土地柄ですから、もっともっとたくさんの人達に海音寺作品に触れて頂けたらと思います。まず、鹿児島から海音寺さんを顕彰していく動きを起こしていくことが大切であると思いますし、また、それが大きなうねりとなって、全国的に広がっていく契機になっていくのではないかと思います。
鹿児島県立図書館のみならず、全国の公立図書館には、海音寺作品が収蔵されているところが多くあると思いますので、ご興味を持たれた皆様は、是非一度海音寺作品を手にとって読んで頂ければと思っております。
素晴らしい海音寺文学の世界を未来に伝えていきたいものですね(^^)

http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/



126.Re: 海音寺潮五郎没後30年記念講演会
名前:モモタ    日付:2007/11/13(火) 22:38
tsubuさん、みなさん、こんばんは。

「海音寺潮五郎没後30年記念講演会」に出席されたのですね。丁寧な情報提供ありがとうございます。私ももう少し自由がきく生活であれば鹿児島へ飛んでいくのにと残念でなりません。

ところで、これは以前tsubuさんが書かれていた海音寺潮五郎没後30年記念企画展「海音寺潮五郎と鹿児島」に関する話題だと思いますが、この企画展に展示された海音寺潮五郎さんの遺品がかごしま近代文学館に寄贈されることになったそうです。南日本新聞のWEB版に載っていました。

 情報はこちら(リンク切れでなければいいですが)
 http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=7596

常設展示にでもなればいつでも目にすることが出来ますので、ファンとしては嬉しいニュースですね。一方で、海音寺潮五郎記念館の視点で捉えると、膨大な遺品の管理に困っていることも推測されます。
海音寺潮五郎記念館は見学希望者が増えているものの、受け入れ体制が整っておらず、対応に苦慮しているとも伺っていますので、何かうまい解決方法がないかと我が事のように心配している次第です。
http://momota1192.at.webry.info/

118.長編史伝「西郷隆盛」の復刊 返信  引用 
名前:哲舟    日付:2007/11/12(月) 10:33
こんにちは。
少し前にモモタさんの書き込みで話題になっていましたが、海音寺氏の『西郷隆盛』がようやく復刊されましたね。NHK大河ドラマ『篤姫』効果なのかもしれませんが、何にしても西郷隆盛の史伝の不朽の名作が復刊されるのは、喜ばしいことであります。私も落ち着いたらじっくり読んでみたいと思っております。

 以前のこの掲示板の書き込みに、次のような朝日新聞社からの宣伝が書き込まれていましたので、ここに貼り付けておきます。

「初めまして。お邪魔させていただきます。
私、朝日新聞社書籍編集部の長田と申します。
出版社の宣伝PRですが、よろしいでしょうか?

海音寺潮五郎先生の大長編史伝『西郷隆盛』【新装版】(全9巻)が
11月7日より、弊社にて発売されます。
ttp://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68309379

海音寺先生の絶筆となった作品で、
かつて弊社より単行本・全9巻、
文庫版・全14巻で刊行しておりましたが、
ここ20年ほどは品切れ状態となっておりました。
海音寺先生の没後30年の節目の年でもあり、
事実上入手不可であった日本史伝文学の傑作を
読者の皆さまに是非ともお届けいたしたく、
単行本の【新装版】という体裁で刊行の運びとなりました。

11月7日には第1〜2巻、
その後、毎月2巻ずつ刊行予定で、
2008年3月に最終巻の第9巻を発売予定です。
何とぞよろしくお願い申し上げます。 」



121.Re: 長編史伝「西郷隆盛」の復刊
名前:tsubu    日付:2007/11/12(月) 17:32
哲舟さん、こんにちは!

ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?
下巻の方ですが、もう校了された頃でございましょうか?
上巻につきましては、既に購入させて頂き、流し読みで要点は読ませてさせて頂いたのですが、実は先日本格的に読み始めたばかりです。(本当にすいません)
下巻の方も期待しておりますので、どうぞ頑張って下さいね。

さて、朝日新聞社の『西郷隆盛』の復刊ですが、誠に喜ばしい限りです。
おそらく哲舟さんのお書きになられた通り、来年のNHK大河ドラマ『篤姫』の効果なんでしょうね。
篤姫様々ですが、どうも大河ドラマの中で、西郷はかなり悪人として描かれそうですね(^^;
篤姫の兄である島津忠敬が、父・忠剛を窮地に陥れることになる西郷に対し、激しい恨みを抱く展開になるそうですが、一体どんな話にするのでしょうか??
ただ、幕末の薩摩藩にスポットが当たるのは嬉しいですね。

http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/


124.Re: 長編史伝「西郷隆盛」の復刊
名前:Sayaka    日付:2007/11/13(火) 17:27
 哲舟さん、はじめまして。
11月 7日復刊のおしらせありがとうございます。
さっそく書店に注文いたしました。
全巻揃うのが楽しみです。


125.Re: 長編史伝「西郷隆盛」の復刊
名前:モモタ    日付:2007/11/13(火) 22:13
みなさん、こんばんは。

私の手元にもようやく海音寺潮五郎さんの大長編史伝『西郷隆盛』が届き、読み始めたところです。私は海音寺潮五郎さんの作品はほぼ全て読み尽くして、最後に残ったのがこの『西郷隆盛』なのですが、読み始めて海音寺潮五郎さんの作品の集大成であることがひしひしと伝わってきて感無量です。

今回は単行本で全9巻ということですから、tsubuさんが危惧されていた「あとがき」も省略などなく大丈夫なのではないでしょうか。私は旧版を持っていないので確認できないのですが。
ともかく、海音寺潮五郎さんが生涯をかけて取り組んだこの『西郷隆盛』が復刊して本当によかったと思います。
http://momota1192.at.webry.info/


127.Re: 長編史伝「西郷隆盛」の復刊
名前:哲舟    日付:2007/11/14(水) 10:58
 tsubuさん、皆さん、こんにちは。
 sayakaさんははじめましてですね。

 海音寺氏の『西郷隆盛』は、復刊の時期から見て、西南戦争及び没後130周年というよりは、『篤姫』効果の方が大きく見受けられ、現在の西郷さんに対する関心がどのようなものか、あるいはどの程度のものかを象徴しているように感じますが、それでもこれを機会に関心が高まるとよいですね。
 
 私のほうは、九月に出版する予定が、執筆が遅れに遅れて、未だに終わっておりません。やはり、明治の十年を、8ヶ月ほどで調べて、納得いくことを書くには無理があったようです。でも追い込んでやったので、なんとか来週中くらいには本文を書き終えることができそうです。
 結局、前書の規格で、900頁を越えてしまったので、かなり編集する必要がありますが、かなり自分で納得のいく西郷像を描けたのではと、手前味噌ながら思っています。
 一般の史家が批判的に見がちな西南戦争の最後の最後まで西郷隆盛という人物には裏切られることがなかったというのが、終わりを前にしての正直な感想です。
 海音寺氏の西郷観・維新観とはやや異なりますが、西郷隆盛を顕彰する気持ちで書いているところは変わりありません。 
 拙い文章ですが、近々世に問えると思いますので、楽しみにしていて下さい。
 くれぐれも海音寺氏のような素晴らしい文章力や文学性・芸術性は期待しないで下さいね。(エッ、誰もしてないって?)

 ではまた。


128.Re: 長編史伝「西郷隆盛」の復刊
名前:花姥 (Sayaka=改名します。)    日付:2007/11/15(木) 12:7
 哲舟さん、こんにちは。
哲舟さんの西郷像、楽しみにしています。
出版の節は教えてください。お待ちしています。

http://blog.livedoor.jp/hanauba/

117.海音寺潮五郎記念館主催の講演会が今年も開催されます 返信  引用 
名前:モモタ    日付:2007/11/11(日) 17:5
今年は女流作家の北原亞以子さんが「幕末の人たち」と題して講演されるそうです。海音寺潮五郎さんと直接の関係があるわけではないですが、ご興味をお持ちの方は申し込まれてはいかがでしょうか。
詳しくは、海音寺潮五郎記念館の方が書かれている以下のブログに掲載されています。
(申し込みは往復葉書かFAXで。先着150名ということなので、ご注意を。)

 http://blog.goo.ne.jp/sahmayamama/d/20071108



120.Re: 海音寺潮五郎記念館主催の講演会が今年も開催されます
名前:tsubu    日付:2007/11/12(月) 17:31
モモタさん、こんにちは!

貴重な情報を書き込んで頂いてありがとうございます!
今年は北原亞以子さんが講演なされるのですね。
私も東京近辺に住んでいましたら聴きに行きたいところです(^^)

http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/


123.Re: 海音寺潮五郎記念館主催の講演会が今年も開催されます
名前:Sayaka    日付:2007/11/13(火) 17:23
 モモタさん、ありがとうございます。
さっそく申し込みました。
今から楽しみです。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb