[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
廊下の隅
管理人の日記及び独り言。ぶつぶつ。茶々を入れても結構ですが、広告は掃除します。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1972.歯の「クララ」はまだクラクラしておる(- -)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/3/3(月) 0:7
《日記》
また久し振り。(- -)オリンピック終了直後、予想外のウクライナでせんそーが起こりそうな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。…そんな激動する時代と全く関係なく、私はあれから歯の件で悶絶していた。(T^T)歪んでるので、紙を詰めて無理やり矯正しようとしたのが祟ったのか、しばらく激痛。大体歯が痛いと首から肩から頭から、どこもかしこも痛くなるもんで。…矯正やめて、それ以来死に物狂いの自己按摩の日々。歯医者行って抜いてまえ!…とも思ったんだけど、元々無理な負荷が掛かっただけで、シソーノーローではなく歯茎は生きている。これ以上抜きたくないしさあ。(T^T)で、どうにか痛みが無くなってきたら、今度は月末の雑用がどっさり。ストレスでまた痛む。按摩。雑用。また痛む…の繰り返し。やっと一段落だ。オリンピックも雑にしか見てなかったけどメダリストの皆さんおめでとう。(- -;)

んな事はほんとにどーでもいいが。オリンピック後、何か起きるだろうとは思ってたが…これは予想外でしたね。あれだけ戦争戦争とわめいているC国K国周辺ではなく、そんな所から火の手が。日本にいると、いわゆる「極東アジア」の情報ばかり見てしまうが、世界はもっと別の次元できな臭かった。西欧やロシアからは、アジアの騒ぎなんて内輪もめにしか見えてないかもな。(- -)なんたって口ばっかり。本気で戦争する国は、やる時は黙って実力行使するんだという事が分かった。ただのコロし合いでなく、ウクライナにはデフォルト危機もあるという。戦闘は止められる場合もあるが経済危機は止められん。この先、どの国がどー動くか、予断を許さない。

…そー思うと、日本も防衛力や集団的自衛権を強化するほどに、巻き込まれる危険性が高くなるよーな気もする。だからってこのご時世、国防をおろそかにはできないし。(- -)難しい所だ。日本って意外と、外国との因縁がC国K国以外ほとんど希薄なんだよな。(CとKも、日本から見ると一方的に絡まれてるだけだし)島国で地理的に孤立してるから、下手を打てば全方位敵になるかも、という不安が常にある。それを防ぐにはどこかの勢力に与しなければならない。どこにも付かないって訳にはいかん。是非、利口な外交戦略で乗り切って欲しい。ちょうど「軍師官兵衛」見てるから、その辺の駆け引きが気に掛かる。

こんな時代に、「全ての人が喜ぶような作品」なんてどー描いたらいいのか分からんもんだな。(- -)自分の思い込みで作るしかないんだろう。…もう少し体調整えたら復活しますのでお許しを。(- -;)

1971.曲を聴いて頂いて恐縮です  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/2/19(水) 18:40
志村先生・
随分とご無沙汰しております。お元気でしたか?
曲を聴いて頂いたのは大変嬉しいです。(^^)有り難うございます。
いかがでしたでしょうか。

芸夢は、今も毎年お盆前後に開催しております。
今年もあると思います。詳細が決まれば、また7月くらいに
生玉荘で告知しますので、良かったらまた覗いてみて下さい。

1970.お久しぶりです  
名前:志村建世    日付:2014/2/18(火) 18:18
本当に久しぶりに「生玉荘」を開いてみました。新曲を2曲と、宇宙のBGMを、しばらく聞いていました。
 最近のブログ更新が読めたので安心しました。歯は痛くても、お元気のようですね。先日、知人が作・演出した「四街道市民劇団」の公演を見に行きました。東金へ「5人展」を見に行ったのを思い出します。今年もあったら、教えてください。
http://pub.ne.jp/shimura/

1969.海から来る風様に守られて  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/2/16(日) 18:52
《日記》
なんか雪大変みたいで。(- -)…人事みたいですいません。実は大雪襲来以来、こっちでは降ったのはほとんど雨だった。一度だけ、夜明け前みぞれの中をスクーターで走らにゃならんかったが、あとはビチャビチャしてただけ。千葉の海沿いなんて大体そんなもんだ。みぞれだと、メットの前のシールド部分に張り付いて(- -)視界不良になるのが恐かったな。掻き落としても取れんし。関東大雪の時は大雨。風まで強くてさすがに命の危険を感じたので、たまたまその日休みだったやまくんを動員して車出してもらった。今、メイン車はアテンザだが、普段乗りはスクラムとゆー軽トラで、こいつは四駆だから大抵の路面はダイジョーブなのだ。ともあれ報道で見る関東の様子に驚いてる。皆さんどうかご無事で。(-人-)

それ以上に…歯がうずいていた。(- -;)またかよ!という事であんまり日記にも書きたくなかったのだが、ここ数日は壮絶な自己按摩の繰り返しで、さしたる話題もないのでしょーがない。(←そこはオリンピックの話題にしろよ…)なんか、奥の歯が一本だけ隙間が空いて孤立してるんだよな。そーなると負担が大きいので倒れてくる。ついにげきつーへ。(- -;)歯医者に、この隙間埋めるような入れ歯作ってと頼んだら「できません」と即決否定された。…で、仕方ないので隙間にキッチンペーパー固めた詰め物をし、無理くり歯を起こした。始めはのた打ち回るハメになったが、必死に按摩してるうちに痛み引いて来た、とゆー訳だ。私はこの歯をクララと名付けた。(- -)今…一応立ってる。このまま治るか、はかなく散るかは分からん。

んな事は、発信しても全く意味のない情報だよな。(- -)オリンピック、始めはまさかのメダル0では?と思ったが、多少は取れて良かったな。ソチは雪景色ではあるけど、猛吹雪みたいのは無いのね。…オリンピックのお祭り騒ぎが終わる頃、世間はもっと味気ない、経済がらみの事件で大騒ぎになるよーな気がするが。(- -)今はまだ楽しんでればいーと思う。うん。今年の春はいつもの春より、すったもんだになるような気がして…

1968.冬季オリンピック・見てるだけで寒い(- -)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/2/10(月) 0:13
《日記》
ボヤボヤしてる間にオリンピック始まるし、東京は大雪になるし、都知事は決まっちゃうし、なんか感動の耳の聞こえない作曲家が偽者だったとか(- -)…世間は色々忙しかったなあ。その間私はしっかり風邪引いた。千葉の海っぺたなので、雪はぜんぜん降りもせず(^^)、その点では助かったのだが…ミゾレの日の夜明け前、朝仕事でビチャビチャの中スクーター走らしたら、さすがに寒かったもんで。雨合羽だけで氷雨を突っ切って走るのは中々根性がいるぞ。ついでに歯もうずくし。(- -)

各種の事件の中で、何に一番引っ掛かったかというと、やっぱり偽作曲家の件。いや、私はこの人の曲も名前も全く知らんかったのだが。色んな人が絶賛してたんだそーだな。(^^)今、立場なくて随分困ってるだろうなあ。私なんざどんなに曲書いてみたって誰も反応してくれないが、少なくとも完全オリジナル(^^)で譜面作ってる訳だから、この著名な偽者よりは上じゃんね!…とか思ったり。で、「こいつと違って私は曲書けるもん♪」と久々に譜面ソフト立ち上げてみたら…まー浮かばない浮かばない。そーです、相当な才能がないと音楽なんてそんな簡単に書けるもんじゃないんです。(- -)完全に枯渇してたらどーしよう、と心配になり、数日白い譜面を睨んでいた。ちょこっとイントロだけ作ったので、やっと落ち着いて日記書いてる。…「ほんとに何も浮かばなくなる恐怖」とゆーのは、何かの作品作ってる人間しか分からんかも知れないな。あのおっさんも、名誉や金のためだけでなく、「自分には作曲なんか出来ない」という恐怖から逃れたかったんじゃないだろうか。多分。

オリンピック開会式は、朝仕事に行く前の僅かな睡眠時間を削って見てた。4輪しか開かなかったのも見た。まあ、壮大なパフォーマンスだったけど…長い!いつまで経っても終わらん。やっと終わっていよいよ聖火…と思ったらおっさんが校長の朝礼の如く長話を始めるし。次は歌まで。もうやめじゃー!…とその時点で寝た。(30分(- -;))まあこれからなので他の感想は省くが、ウィンタースポーツは日本にはきついよな。雪と氷の国々は、日本「ごとき」に負けるなんてプライドが許さないだろうし。でも頑張って頂きたい。あと、都知事選は今日瞬殺で決まってしまった。(^^)これだけ投票に行き辛い天候も無かっただろうから、固定票だけって感じでサプライズなし。ドクター中松さんってもう85なのな。この人も名物だけど、いつまで頑張れるのかなあ…

さあ体調不良プラス「枯渇の恐怖」から脱却し、更に頑張ろう。(- -)…しかし歯がうずく…

1967.感想です。  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/2/2(日) 19:39
通りすがり様・
書き込み有り難うございます。
拝見しました。…うーん、そういえば、なんか懐かしい作風かも。(^^)
1ネタで一直線に救いのないラストに突入するあたり…
こういう不条理は、私の青春()くらいの時代に流行った作風なので、正直今時はもう絶滅してると思ってました。…意外と時代を超えて「若い頃には誰でも経験する鬱や孤独感」なのかな?

自分自身の自戒を込めて言うと、ここまでは何とか来れます。(^^)ただ、これしか描けないといずれ自分で飽きて行き詰ります。年食って来ると、「ぜつぼー」だけでは人生終わってくれない事にも気付きます。だから、この作者の方も「絶望の先」に何かを発見できたら、あと一段化けられるかと。(^^)激しく落ちて飛び上がる程、とんでもない化け方になるかも知れません。頑張って頂きたいものです。

おーむかし、ドロドロな物描いてた私が言うのもなんですが。その節はお目汚し失礼いたしました。<(_ _;)>

1966.(untitled)  
名前:通りすがり    日付:2014/2/2(日) 14:6
「正露まきり」時代のいくたま先生の作風を彷彿とさせる漫画家がいました。

ttp://arusen.ryugu7.jp/gallery001m-2013-0000001.html

男性的なペンネームと画風ですが、女性で、大阪の人だそうです。いくたま先生はどう思われますか。

1965.明日まま(飯)が食えない(- -)…  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/2/1(土) 19:16
《日記》
…いや、ちょっと病欠してた。(- -;)実は3日ほど前、突然謎の吐き気と下りに襲われてな。昼の買い物の時、なんか気持ち悪いと思ってたら、出勤したやまくんから電話が。「3回吐いたから休みにしてもらって帰る」とゆーの。時間からして二人で食った朝飯が原因らしいんだけど、賞味期限切れたものは使ってなかったと思うし、原因が分からない。あえて疑うならスーパーで買った出来合いのお惣菜か、昨夜のモツ煮込みの残りを転用したモツ味噌汁か… なんにしろ私の責任だと思うが。(- -;)私の方は何とか吐かず、軽症で持ちこたえた。(そのせーでまだちょっと引きずってる…)

やまくんだけ病院に行かせた(多分原因同じだし)ら、最初に行った行きつけの病院がヤブでなー。今下ってないなら検査もできない、とヌカして適当な吐き止め薬出しただけ。なんだそりゃ、もっといい病院池!と(むしろ過酷(- -))、翌日遠方の病院に変えて行かせたら、ウィルス性の食中りと言われたそーだ。でも、強力にウィルスやっつける薬、みたいのをくれる訳ではなく、基本ヤブと似たような胃腸薬や解熱剤だけもらってきた。こーゆのは自然治癒力頼みで治すって事らしい。(- -)…とはいえ、二人とも食欲が出ない。食わぬと治らぬと思い、薄いおかゆ、パン、濃いおかゆ、と徐々に量を増やす。昨日の晩飯は鶏肉入りのオムレツ。胃が不調でも卵料理は何とか食えるな。ちなみに肉オムレツは昭和のおかんがよく作ったメニューだ。(^^)あまりにも食えない時は、たまたま買ってたキャラメルでエネルギー補給してた。

…ま、そんなこんなで。(- -)ちなみに、今日はもうやまくんは出勤してるし、以降私も平常運転に戻す。うちがゲロってる間に、世間はSTAP細胞の発見やアングレーム漫画祭の騒ぎで大変だったよーだが…腹に力が入らないんで気持ち乗り損ねた感じ。一番ゲロな時に「明日ママ」もしっかり見たが、オツボネの目、絶対もっとえげつない傷だった映像を差し替えてたよな。この先さらに修正が入りそうで残念だ。(- -)こーゆー肯定意見もネットでは多かったが、無記名で書いてる連中より私はリスクが高いと思うので、あまり言わない事にする。

31日は、噂のC国の闇金バブル破綻を楽しみにしていた(^^)のに、あっちは旧正月でしばらく休みなのね。この先世界経済で混乱が起きそうなんで、実はずっと経済関連の情報をチェックしてたりしたんだが…まあどーなるか誰にも分からん。どの国も影響受けちゃ困るだろうから、また何とか誤魔化すのかなあ。戦争てーのは政治家の性格で起きるんじゃないよ。(^^)経済問題で起きるんだよ。(^^)私と違って胃が調子いい皆さんに、以降の動きをもっと注視してもらいたいもんです。

1964.人の作品見て我が作品直せ。(- -)きょーくん  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/24(金) 20:24
《日記》
いまいち更新意欲の薄い日記である。(^^;)こないだ雪が積もった。とはいえすぐに溶け、昼過ぎには舗装路は乾燥していた。よってもうすっかり「あー終わり終わり」と思ってたら…翌日。朝仕事の時、とある日当りの悪い私道をバイクで曲がったら、なんと。界隈でそこだけオンリー雪面が残り、氷結してたのだ。(- -;)ズルー!とコケる。こんなの絶対予測できない。ほとんどトラップ。紐の緩かったメットと眼鏡が飛んだ。

立ち上がって慌てて探したが、メットはあっても眼鏡がない。何度探してもない。日の出前で真っ暗だから、小型懐中電灯だけでは探し切れない。仕事の途中だし、いつまでもウロウロはできない。こないだ直したトコなのに…(T^T)と泣く泣くそのまま出発。しばらく走ってふと「もしや」と思い、バックパック降ろしてチェックしたら、バックパックの紐に眼鏡のツルが引っ掛かっていた。(- -;)…よく壊れず落とさず回収できたもんだ。まあ打撲でしばらくイダダだったが、特に怪我もなく、眼鏡も無事だったんだから幸運だ。これからは僅かな降雪でも気ぃ付けます。

またしばらく日記書くのを悩んでた理由は。噂の、打ち切り寸前と言われるドラマ「明日ママ」を見ちゃったから。(- -)…いや、第1話見てなかったから、どんなんかと思って番組HP見たんだ。そしたら無料配信してて。端的に言う。面白かったんだこれが。アシダさんの「やさぐれ少女」他、キャラの立った子供たちの演技が凄くて。でも、世間はなんか総攻撃状態(^^)だったから、書くに書けなかったの。確かに、施設長の「謎の男」だけがエグい暴言を吐くけど、他の登場人物はいい人が多い。里親候補は、まあ悪役なんだが、子供の気持ちが分からんだけで悪意は無かったり。やや表現がオーバーなのはドラマに有りがちなパターンで、むしろ「現実はもっとエグいやろ」と思うくらいソフトで類型的。話もよく纏まってる。そんな驚天動地のヒステリー起こすほどのもんかなあ。(- -)

とはいえ、うちには子供もいないし実感ないし、現実にそういう施設に関連した人の気持ちが分かってない!と言われれば、そーかなとも思う。でも、探したら「施設出身者だけど」というスレのまとめなんかがあってな。実体験者の人が書き込みしてるんだが、そんな怒ってるようではなかった。荒唐無稽な部分も、ややリアルな部分もある、という感じか。大体が、あれはどう見ても、社会派でも問題提起でもないエンタメドラマだ。「不幸な境遇の子供たちが、それを跳ね飛ばし、大人顔負けに強く元気に生きていく」という、ある意味カタルシスの設定。半沢的逆転の雰囲気もある。

ただ…日本に赤ちゃんポストと呼ばれる物が沢山あるならともかく(あり過ぎるのもアレだが(- -))、1つしか無い以上、場所を特定した事にはなってしまう。そこの設定だけは直した方が良かったな。でも、ストーリーでなく設定にだけ噛み付いてる非難も多いから、まず見てから書けば?とは思う。大体…「子供への虐待だ!」とか非難してるスレのまとめをスマホで見たりすりすると。守るべきいたいけな美少女が、「うわーっ見たくねー!」と思うようなエロシーンを演じてる漫画の広告がバンバン入ってたりするのよね。(^^)この矛盾。子供は偽善は嫌いだぞ。偽善で悩んで傷付くのは、むしろ大人だろう。

1963.爽やかな話を描きたい。(- -)(←むり)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/19(日) 19:54
《日記》
(こっそり)…日記書こ。書くタイミングを逸してなー。(^^;)実は、例の「おおすみ」の事故、どー考えても釣り船が悪いのに、またマスコミの「じえーたい叩き」が始まったと思い、しばらくムカ来てた。あんな巨大な船、小回り効かないのは当然で、小型船が避けるのが常識だし、そもそも釣り船乗員がライフジャケット付けてなかった時点で論外だと思う。(- -)小型船が流されたに決まってるのに、生存者の証言だけでおおすみが大曲りしたようなCGを作ってみたり…という訳でしばらくテレビ見ず、掲示板やネットニュースを漁っていた。そしたら、GPSの航路が判明したあたりから報道が少なくなった。おおすみがずっと直進し、小型船が追いかけていた事が明白になったせいか。(- -)これだからメディアは見捨てられつつあるんだ。自覚ないようだが。

なかなかスッキリしない事件が多くて、まだ心清らかに作品に集中できない。(- -)(←言い訳するな)社会の出来事にあれこれ言った所で、自分の生活にはあまり関係ないのに、それでも心乱れるもんだな。都知事選だって私ら千葉県民には無関係だ。でも、多分まったく盛り上がってないのに、何かというとホソカ○+原発の話を出して来る報道を見てるとすごい作為を感じてやっぱり白ける。一応、政策としてまともなのはマス○エのようだが、ネット見ると相当評判悪い。何よりこの人、離党して新党作った後、人が抜けてからずっと2人だけでやってたもん。誰にも慕われなかったというか。古巣からあれだけ嫌われるのも…やっぱり性格に問題あるのか。(- -)別に知り合いじゃないから断定はしないが。

あとは…タモ○ミさん。まーイシハラも超右だったから、ある意味後継かも知れんけどさあ。この人、都知事になったら絶対尖○に施設とか灯台作りそうよね。(- -)そしたら某C国が絶対何かしてくるよね。今、じえーたいは「本当に紛争になった時」用の法整備が出来てない状態。まだ来られちゃ困る。F35だって購入予定なだけで来てないのに。釣り船が面白がって接近して勝手にぶつかっても、じえーたいは危険!と叩かれる国内状況で、あまりヒートアップされるとまずいんじゃない。そんな訳で、私は都民でなくてホントに良かった。(- -)誰に投票しても非難される、もしくは後悔しそう。

相変わらず寒い。こないだ雪降った。が、うまく朝仕事の時間帯は外れ、昼過ぎ買い物に行くまでには乾いた。(^^)寒さはこれから本番かなあ。乾いて凍て付いた透明な冬の空でも見て、心を清らかにしておこう。…放送中止しろと騒ぎになってる某ドラマの感想とか、もっとドロドロなネタ書こうかと思ったけどヤメじゃヤメ。冬は美しい。(- -)

1962.うち、ガスファンヒーターにした。(ガス代高い(- -;))  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/15(水) 1:42
《日記》
ちょっと遠出をする用事が3日連続して(- -)、けっこ疲れた。相変わらずの野暮用もあり、中々落ち着けない。…もう15日か。13日は20qくらいの遠方までスクーターで遠征。さぶかった…(T^T)ご町内くらいならダメージ少ないが、流石に冬場に1時間走るとこたえる。やまくんはもはや連休関係ないので、自力で移動するしかない。宝くじでも当れば今さら車の免許取りに行ってもいいんだが。(- -)初夢宝くじ外れたし。

一昨日、噂になってる中華製日本語入力スパイソフト「baidu」がふと気になり、自分のCドラを検索してみた。まさかある訳ないよな〜、記憶はないし、注意して抱き合わせDLのチェックボックスの類は全部外してるし、大体文字入力のタスクバーにも何も出ない…と思ってたら。(- -)あった。えええー!なんで。いつ。…まあ、GOMかRealの更新の時に内緒で(- -)入れやがった、としか考えられない。ただ、baiduの名のあるフォルダは空だったし、肝心の入力ソフトも起動した事ない。無論コンパネの「プログラムの追加と削除」にも表示されない(だから無いと思ってた)ので、実際に稼動して情報を送信した、という事態はなかったと思う。

…とはいえ気持ち悪い。(- -;)なんでこーなったかは不明だが、チェックを外した時、強制DLさせる気満々なのが途中で停止した、のではないかと。早速削除しようとしたが、本体が入ってないので普通にアンインストール出来ない。しゃーないからフォルダを直接削除。レジストリとかに残ってたらやだなあ。(- -;)でも、素人がレジストリをいじるような自殺行為は出来ないし。…ともあれ皆様もゴムやリアルには注意。いっぺん調べた方がいいかも。ちなみに、言語バーの「設定」を見ると、IMEやマイクロのNatural Input、自分で入れたGoogle日本語入力以外に、「日本語」とだけ表示された正体不明の入力サービス名があった。これがそーだったようだ。(- -)それも削除した。ほんと、偽装の塊りでやんの。

報道は都知事選の話一色になってきた。…何なのホソカワ。(- -;)既に目の焦点が合ってないご老体。私は都民じゃないが、東京には何よりオリンピックの成功を目指し、そのプロセスで景気も良くして欲しいと思ってるのに。はんげんぱつー?福島や、大飯原発のある福井とかならまだ分かるが、何で都政でそれを筆頭に持って来る。原発無いくせに。コイズミ父がしゃしゃり出て来て、原発推進と反原発の戦いだ、と勝手に決め込んでるのが見てて非常に不快だった。(- -)いかにも、郵政の時と同じ手口でまたオレが世論を二分出来るぜ!と自惚れてるようで。あいつら政局をいじりたいだけで、絶対国民の事なんか考えてない。とはいえ…他の候補者もアレやらコレだしなあ。(T^T)今からでもいい、オリンピック準備を真剣に考える真っ当な候補出て来て。夢が壊れる。

1961.補足その2。  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/11(土) 17:21
《補足》
よく「A級戦犯の合祀がどうのこうの」でモメている。ここはすごーくデリケートな部分なので、私如きがあれこれ言うべきではないとは思う。ただ、中韓が怒りまくって以来色んな事が語られ、それで初めて知った知識も色々ある。そもそも、罪の重い順にA級、B級と分けているのではない事すらも知らなんだ。(- -)A級ってのは指導者層なのな。GHQがY国を焼き払おうとしたのを時のローマ教皇が止めたとか、他にも色んな話があるが、その辺はWikiにも載ってるので書かない。

で。私個人はこの「戦犯」の立て分けには違和感がある。世間の右っぽい(^^)人々のように、それが赦免されてるかどーか、とかそういう次元の話ではなくて。例えば…大戦時のドイツを率いたのはご存知ヒトラーやナチスであって、それ以外ではないだろう。でも、日本にはそもそも今も昔も「絶対的な独裁者」と言える程権力、指導力を握った人間なんていたか。政権だって大戦中に何度か変わってるのに。…日本が、当時無謀で愚かな軍国拡大主義に走った本当の原因は、そーいう力強いモンではなく、単に「ズルズルと誰も責任を取らない優柔不断」にあったのではないかと私は思ってる。上司が恐くて「戦争止めよう」と言い出せないとか。陸軍海軍が反目し合って連携が取れず、官僚も責任負わされたくないんで放置したとか。権威だけあって無能な将軍を更迭しろ!と命令する勇気が無かったとか。(- -)サイテー。…今の時代に至っても治ってない。私が日本の一番腹立つ部分はむしろこの辺だ。

もしそうなら、あの悲惨な戦争の責任者は誰かと聞かれても、本当は「大体みんな」が正解だったのかも知れない。だからってみんな有罪にする訳にも行かず、一部の人間が戦犯をなすられて事を収めた…という可能性もある。無論、兵士からも憎まれる最低の指導者はいただろうが、最低だったのに裁かれなかった奴もいたかも知れない。つまり、「正しく、罪の重さによって裁かれてるかどうか分からない」から違和感があるのだ。日本特有の「空気を読む」「みんなに合わせる」という風潮では、ナニがダレの責任なのか曖昧模糊となってしまう。(- -)そもそも、カリスマ的な権力者もいないのに「空気で一丸となれてしまう」という日本人の性分自体、世界に説明したって通用するまい。…日本は色々と特殊な国だ。自分が日本人だと良く分からないが。

ちなみに。日本を戦争に追いやった最大の責任者は、私は当時のマスコミだと思う。(^^)アメリカと戦わないなんて言語道断、なんたるフヌケ、国民の皆さんもそう思うでしょ!と煽ったのは当時のA日新聞じゃなかったですかね。戦後は180度態度変えたけど。…でも裁判も受けてないし。これ以上は恐いから書くのよそうっと。

1960.補足その1。  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/11(土) 16:35
《補足》
↓の日記を書いて以来、なんか恐ろしい(^^)反論とか非難が来たらどーしよー、とか心配してるが…まだ来ないね。ところがネットってのは、何年も経ち、本人すっかり忘れた頃に!突然攻撃してくる人がいたりするので油断がならない。やや誤解を招く部分もあったかも知れないので、少し補足を書いておく。

私自身は、Y国神社を否定も肯定もしない。大体神社と言っても、あそこには遺骨も位牌もなんも無いのだ。あるのは名簿だけ。つまり、参拝して祈る人達がいなければ何の意味も無い場所だと思ってる。(- -)逆に言うと、「神社」を成立させるだけの人々が、設立後常に信じて祈ってきた場所とも言える。だから存在を無下に否定はできないのだ。人の心には立ち入れないから。同時に「Y国なんかに奉られたくない」という遺族もいるわけで、そっちの人々の心情も無下にはできないと思う。心の自由ってものは人権だから。ただ国には、国の都合で死なせてしまった人々への謝罪と感謝と追悼の義務だけはある。それは責任として。

日本の「神道」は元々特殊だ。八百万(ほんとにその数かどーかは知らんが(- -))も神様がいる信仰なんて、世界に類例がない。その上明確な「教義」がない。信者は何々をせねばならない、という戒律もない。誰が開祖かも分からない。…世界的な基準でいうと、そーいうのは宗教には分類されない筈だ。だからってただの「日本の慣習」で片付けるのも無理がある。つまり…誰にも何だか良く分からない世界なんだよな。(- -)古事記なんかに登場する古い神格は、根本は自然神だろう。大自然の力に、天候の平穏や豊作を祈るという素朴なもの。だが…ここが日本の変な所だと思うが、正体不明でも「凄そうなもの」はすぐ奉って拝んでしまうのだ。巨石、巨木、滝なんかの自然物。河童や竜なんかの伝説上の異生物。果ては権力者が「神として奉れ」つったら奉られたり(家康さん)、タタリがありそうだから、怨念を封じちゃえ!と言って奉ったり(道真さん)、そして戦没者…もはや「凄そう」だったら何でもアリ。キティちゃんやドラえもんだって奉ろうと思えば奉れる。(- -)なんせ教義が無いから、「こーゆーものは奉ってはいけない」という縛りさえ無いのである。…これをね。(- -)基本一神教で、神のために戦争まで起こしてきた文化圏の人達に理解してもらおーたってね。そりゃムリでしょう、と言うしかない。このまま日本が「こーゆー国なんです」で全てを押し通せるかどうかは、正直分からない。

変な補足書いて、よけーに問題になったらどうしよう…(- -;)

1959.あのYの付く所へ行って来た・後編  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/10(金) 1:26
《日記》
かつて地上は、列強による植民地の奪い合いの時代だった。植民地を持つというのは、主義や思想でも何でもなく、よーするにカネのある国が「後進国で安い労働力や原材料使って儲けましょー」という、残酷な経済政策に過ぎない。(- -)経済戦争に負ければ国が傾く。自分が強国にならなければ、逆に植民地化され、悲惨な目に遭う。食うか食われるか。…その構造自体は、植民地という名前を止め、やや手段をマイルドにしただけで、今でも全然変わってない。それでなくても明治維新まで時代の進歩に立ち遅れ、焦っていた日本。資源に乏しく貧しかった日本。「食われる側」にならないため必死だった事は想像に難くない。

WW1、縄張り争いでぐっちゃぐちゃだったヨーロッパが爆発(- -)し、戦禍は世界に広がった。戦争の技術もとんでもなく進化した。勝った国は儲けたが、当然負けた国は大損こいた。特にドイツ。…やがて世界恐慌やファシズムや共産主義で、世界はまたぐちゃぐちゃに。圧迫されてた後進国だっていつまでも黙ってはいない。そしてドイツがどかんと火を付け、WW2が始まる。…超絶ザツな流れだがこんな感じかな。無論、日本は悲惨に(- -;)敗戦。そして、戦勝国に多大な利権を生んだまま「もう植民地なんて非人道的な支配はやっちゃダメ!」とゆー流れに。…そーだ。列強は、いつまでも不平等な植民地支配なんてもたないと知ってたのだ。反乱も起きて問題出まくり。もーやめたい。でも利権は離したくない。そこへちょうど、悪役に最適なナチスと、たかがアジアの癖に最近調子に乗ってる日本が現れた。よし、こいつらボコって、戦争のツケと責任は全部負っ被せちゃえー!利権は勝った連合国で山分けねー♪ …こーゆーコトだったんじゃない。(- -)敗戦国に発言権はない。一方的に裁かれる。こっちも民間人虐殺されてるのに文句も言えない。

世界大戦中、ちょっと意識が遠のく(- -)程の虐殺なんて各地で沢山起きてるし、実は一番犠牲者数が多いのはロシアだったそうだ。戦勝国なのに。戦禍より飢饉の方が酷かったらしい。最近、某2国がすぐ、日本が虐殺したー!とか叫んでるが、某大虐殺は「絶対物理的に不可能」な事を主張してるし、某女性問題も嘘だったという証拠が米国から出ている。なのに何故日本ばかり叩くのか。国内のメディアまで加担して。…結局、「敗戦国は発言権がない」「負けた奴に加担してると、こっちが悪者にされる」という、大戦直後の認識をいまだに引きずってるのかなと思う。(- -)いじめられたくないからいじめる側に回る。でも、もういい加減、覇権争いの時代は終わると思うのだ。敗戦したからって全ての権利、情報まで封殺される謂れはない。戦争を語る時「もう起こさない」という視点は大事だが、そもそも戦争なんて個人や少数の人間だけで引き起こせるもんじゃない。大きな時代の事情が争いを拡大させるのだ。悪役を責め立てれば平和が来る、という発想自体が子供じみてないか。

Y国がいいかどうか、意見は分かれるかも知れないが、誰もまともに語ろうとも、教えようともしなかった、むしろタブー視されていた「日本視点の戦争」の資料があるというのは貴重な事だと思うのだ。戦勝国集団「国連」が、もはや紛争の調停にも役に立たん(^^)存在になってしまった今、短絡な正義と悪の分別も、もう一度世界が考え直す事になると思う。別に、日本が何もしなくても。

1958.あのYの付く所へ行って来た・前編  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/9(木) 22:46
《日記》
あっという間に9日経った。(- -)もう平常運転。随分日が経ったが…実は去る5日。正月過ぎて以降、やまくんがやっと休みになったので、都内某所に所用で出掛けた。その帰り、「近所だから寄ってみないか」と彼が言い出したので…(^^)最近話題のあの!スポットに行く事になった。Y国神社。正確に言うとその中にあるY就館、つまり軍事博物館だ。本物の零戦が展示してある。やまくん映画を見て以来、頭が「永遠の0」で一杯になってるらしいから。私は…なんせY国は初体験なので、正直好奇心。色々勉強になったが、なんせコレ系の話題は物議を醸しそうなので、日記に書くべきかしばらく悩んでた。でもま、世間もちゅーかんの怒涛の非難に飽きてきた頃かなと思い。一応書いておく。

1階は広いロビーに零戦や加農砲(カノン砲)の展示と、後はレストランや店舗だけだが…2階の展示が凄い。なんせ戊辰戦争以来、WW2までの戦史資料が、詳細な解説付きで遺物と共にミッチリ詰まってるのだ。(- -;)順路入り口に「1時間コース」とか書いてあったが、こんなん真面目に見てたら何時間経っても終わらん。とんでもない情報量だ。割り切ってある程度流し、見たい所だけざっと見たから、そう正確な知識は得られなかったけど。ちょっとだけ所感を。

まず展示が「戦争を美化している!」「日本が勝った事になっている!」…という意見について。別に、史実なので負け戦を勝ち戦とは書いてない。(^^)でも実際日清戦争と日露戦争、WW2の始めは一応勝った訳だから、部分的に「勝利した」と書いてあるのはしょーがないと思う。ただ、例えば日露戦争は実際は辛勝というか、ロシア側が混乱したお陰だったり、日本も疲弊したり、二百三高地で多大な犠牲者を出したとか…そういう負の部分は確かにあまり解説してない。その辺が引っ掛かるのか。ただ、ここはあくまで鎮魂のための博物館であって、反戦を訴えるのが目的じゃないんだよな。犠牲になった人々に対する「あなたはよく頑張りました」というメッセージだから、「こーんなに酷くて無残で!」という暗い(- -)表現にはできないだろう。それを美化と取るか慰霊の一環と取るかは人に依ると思う。

あと。私らの世代は、ともかく第二次大戦は暗い!悲惨!日本の軍国主義が悪い!…みたいな教育しか受けてない。(^^)で、そんな悲惨な戦争に突っ込んでいった本当の背景や理由の解説はほとんど無かった。私なんか日○組の強い大阪だったせいか、教師にバリバリの左がいた。偏見じゃないぞ。音楽の女教師で、「イムジン河」のみならず、何故かロシアのコルホーズの歌まで習わされた。当時は「色々な世界の歌を覚えましょー、という事か?」と無邪気に思ってたが。…それはともかく。展示を時代順に見たお陰で、当時の日本が大国の凄まじい圧迫に晒され、追い詰められていった経緯が(アバウトにだが)分かった。日本も資源の無い小さな国土で、よくガチンコ勝負ばかり掛けたもんだ。(- -)

ちょっと長くなったので続きは後編で。

1957.しょーがつ終わりだぜー  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/4(土) 0:35
《日記》
ちょっとのんびりし過ぎた。(- -)4日から私は朝仕事再開だ。…やまくんはやっと4、5日休みである。しかし、4日は好きに出来るかと思いきや、野暮用で彼だけ潰れるようである。たった2人なのに家族揃わず。(^^)もう、お互い別のリズムで予定を立てるしかないよな。

昨日…というか2日、一人で障子の張替えをした。どーいう訳か一部屋分だけえげつなく破れ、ボロボロになってたのだ。(- -)このままだと心霊スポット認定されてしまいそうな酷さ。湿気と乾燥が交互にきつい部屋だったせいかも知れん。一人だと作業がやり辛いが仕方ない。古い紙を破いて取り、外に運んで濡れ雑巾と爪(- -)で桟にへばり付いてるのを剥がし、その後、既に営業してるホームセンターに走り、長い障子紙の筒を無理くりバックパックに挿して運び… まあ天気が良くて乾燥してたから、その日しかないと思ったんだが、強行作業だった。貼り終えてギリギリ日が落ちる寸前まで乾かし、どーにかそれらしくした。我ながら頑張ったと思う。…とはいえ。障害物の多い部屋の中を運んだんで、既に一箇所ちーさく破いた。(- -;)それに、良く考えたらどーも裏返しに貼ったようなんだ。模様付のを買ったんで、模様面が部屋の中に向く筈だと思って、わざわざ貼りにくい筒を伏せる方向で貼ったんだが、転がして貼るのが正しい方向だよなやっぱり。…また買って来てやり直そうかとやまくんに言ったら「やり直さんでいー!」と言われたんでこれで放置する。(- -;)

その2日の深夜、噂には聞いてたが見た事がなかった「spec」の劇場版をテレビでやってたんで見た。一回くらいは見とこうかと。…変な世界観だったなー。ふつーの行動する奴が一人もいない。あれがストーリーに絡むネタではなく、「単なる登場人物のキャラ」だと理解するのに時間とwikiが必要だった。(- -;)やたら複雑そうに見えたが、結局は石ノ森時代からある定番SF「超能力者同士の戦い」なのね。結構シリアスな話の筈なのに、「トリック」臭いのは何故だ。(^^)もはや常識もへったくれもない話の中で、真面目に「刑事の矜持」みたいの語ってたり、こういうアンバランスさが最近の流行なんだろうな、という感じ。まあ…面白いけど劇場までは行かない。あまり連続で見ると悪酔いしそうだ。

世の中、年末から首相の靖国参拝やら何やらで大騒ぎ。…と言ってもネット層だけなのか、全国的に話題なのかどーかも良く分からん。日本はちゃんと自立し、言ーたい事は言い、なおかつ平和に(- -)発展して欲しいと思うが…さあどうなるか。今年は色々荒れるのかなあ。

1956.しょーがつなんだぜー  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2014/1/1(水) 16:30
《とうとう年越日記》
明けましておめでとう。…いや寒いっすね。年末のうちに日記書きたかったのだが、ギリギリまであーだこーだ雑用が。(- -;)

うちのやまくん、実は「年末年始まったく休暇なし」である。おしょーがつでも何でもない。平日だ。ま、あたいの朝仕事だけは3日まで休みだが…奴がふつーに出勤するもんで、弁当作らされるわ、夜中に帰って来るわ、平日日程なんだからいらんと思うのに、「おせちは作れー」とワガママこくわ、そのおせち製作の最中に雑用電話掛かりまくるわ…(- -;) 今、一人で初詣的なイベントを済ませてきた。やっと一区切りだ。やまくんも会社の倒産や病気があったとはいえ、いい年して3回、4社目の転職。それでも一応ブランド会社(- -)(の単なる下請)に入れたんだし、しんどい仕事らしいがブラックではないし、文句は無いんだけど。こうも世間とリズムの違うシフトだと、確かに家族は振り回されるわな。

感想書きそびれてたんだが、去年末「永遠の0」見てきた。(^^)…端的に感想を言うと、名作だ。映像、脚本とも非常に完成度が高い。CGも実写とうまく噛み合わせてるらしく、CGに見えず、ほんとに空母の甲板で零戦を迎えてる気分になる。まあ原作の細かいエピソードは抜いてあるし、ミリオタの人には突っ込みたい部分もあるだろうけど、難しい空戦のシーンを、素人でも何が起きてるかちゃんと分かるように描いてるのはさすが。ラストシーンをあそこで切ったのもうまい。私は、せっかく映画見て無駄だったと思いたくないので、大抵そんなにけなさないが、本音ではほとんどの作品を「その程度」と思っている。(- -)昔は「映画はシャレードとかスティングとか第三の男とか、あの年代の見とけばあと見なくていー」というくらい極論だった程だ。…でも、「永遠の0」は「心の中の名作リスト」に入れてもいいかな、と思った。(^^)まあ欲を言えば、日本が無残な負け戦になっていった転換点や経緯を、もう少し歴史的な視点で解説して欲しかったかもだが、基本宮部さん個人の物語だし、解説は邪魔かも知れん。

そんなこんなで長くなったけど、今年もよろしく。<(_ _)>もう少し日記頑張れよ私…

1955.むしろ「安堂かぐや姫」にしてたら双方面白かった…とか…  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2013/12/16(月) 3:6
《半端な時間に日記》
書こう書こうと思いつつ。(- -)ちょっと用事で東京まで(電車で)行ったり、今日もまた用事でやや20qほど離れた所へ(こっちはスクーターで)行ったり、ネットの掲示板で色々情報を漁ったり(←これは同乗の余地なし(- -))…なんやバタバタしていた。芸夢の責任者の方から年賀状の製作も頼まれた。(- -;)年末なんである。ボーッとしてる場合じゃないんである。(その割にボー)

ネットでボコボコに叩かれてる安堂ロイド、とうとう最終回までしっかり見た。…ちょっと、恥ずかしいテーマのセリフが長過ぎたなあ。(- -)SFなんだから、ここはネタと特撮アクションで締めて欲しかった。ちなみに、「テーマは口で説明しない!」というのが、作画グループで習った脚本(つーかネーム)の基本である。かつて黎明期、まんがスパルタ塾ってのがあってな。(- -)…いや、地球上のごく一部にしか分からん話だが。まあ、始めタイトル見た時の「ダメじゃん!」という感覚よりはずっと面白かった。が、色々惜しい。サプリちゃん良かった。

書く書くと言って長く書かなかった「かぐや姫の物語」の感想書いとこう。一緒に行ったやまくんは「良かった」と言ってたし、悪い作品とは言えないんだが…(- -)まあ、見なくても人生の損失にはならない、という感じ。私はね。タカハタ氏が動画として何をしたいのかは分かったし、アニメ的でない墨絵調の動画を作るのは大変だったと思うが、制作費含め、これジブリでなければ絶対許されないワガママだぞ。新解釈も何も無しで。純粋にストーリーに入れ込んで見れば、かぐや姫の心情や爺婆の愛情が細やかに描かれてて、それなりに感情移入もするんだが、時間が長い事もあり、ふと「なんで私はこの女の子の人生を熟知せねばならんのか」と疑問が沸いてくる。(- -;)

原作通りのようで原作通りでないのは、「捨丸兄ちゃん」の件だけでなく、物語のコンセプト。原作って、それこそSFだと思うの。かぐや姫が人間でない神秘的な存在だからこそ、求婚振りまくっても許されるし、ロマンがあるのに。性格が現代のふつーの女の子なんだもん。可愛くはあるが「素敵」ではない。だから長時間が辛くなる。後ろの席の子供は寝ていた。私は、その時代の最高の教育を施したのにコケにされる家庭教師(ロッテンマイヤーさん的な役割(^^))や、小間使いの女童の方に感情移入しちまったい。大体、金がない身分は生きるのが大変、金があれば平安の非人間的(- -)価値観に縛られ…これじゃ性格が現代人のかぐや姫には幸せになる可能性が無かったって事じゃーないのか、とも見える。だから見終わった感覚は、爽やかでなくやや落ち込んだ。(- -)観客に「前向きな気持ち」を残せないという点で、まず失敗だと思うのだ。あと…帝がアゴ男で不細工。作者、絶対いい男に描く気なかったな、というのがまるっと分かる。作者に、単に自分の娘の思い出を語られてる感じすらする。(- -)一言で感想言えば「やれやれ」かな。

という訳で誉められなくてすいません。人の作品をけなすのは嫌いなんだよな。そういうお前はどーなんだ!と言われたら困るから。(- -;)えー、原稿もちょっとは頑張ってます…

1954.安倍さん幽霊見たってホントかな  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2013/12/7(土) 21:42
《日記って事にして(^^)》
どうも。大騒ぎしながらも、どうにか重要法案が可決した今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。…いや。別に例の特定秘密法案に捉われてた訳でもないんだが、何故だろう。可決したその時から、心のモヤモヤというか、違和感のような不明な感覚がスーッと消えてな。(^^)迷いの海から脱したような気分なのだ。うん。何故だかは知らない。

大体、政治関係の話をネットで(しかも私は記名(- -))書くと、ロクな事は起こらない。だから書きたく無いんだが…あまりに野党とマスコミがこの世の終わりのよーに騒いでるようなので一言だけ。別に、防衛関係の特定の一部の人以外には、なーんも関係ない法案だからね。今までだって、当たり前だが防衛や安全保障の機密は機密だったのだ。ただ、それをバラした奴に対する罰がユルかったのが、やや厳しくなっただけ。法案ちゃんと読んだらそれ以外じゃない。機密の9割が自衛隊の暗号、あと衛星写真や武器に関することだとさ。別にどんどん機密を増やす訳でもないし。国民の知る権利って…(- -)軍事機密知る権利なんていらんわ。つーか、そんなに軍事機密を知る権利が欲しいのかあの人達は。

大体法案を「特定秘密」なんて胡散臭い名前にしたから誤解されるんだよな。(- -)しょーじき与党はネーミングセンスがないとは思う。この法案が危険と思い込んでる一般人は、雰囲気が恐そう!というイメージだけで物考えてる人も多いのではないかと。ただ、問題になってるのは「何を秘密にするか」を決めるのが官僚だって事だ。どうせ官僚なんて悪い奴ばっかりだ!だから自分の都合で事実を隠すに違いない!…という訳で(官僚信用ないね(^^))、監査機関の件でもめている。それなら、どういう監査をすれば公平な秘密指定になるか、と落ち着いて建設的な話をすればいーのに、怒鳴りあいに掴み合いにデモ。(- -)あげくに、言論の自由が奪われるだの戦争になるだの…どこまで被害妄想なのかと。うんざりなのでこの所またテレビ見るのやめてる。

中国韓国の暴論にも腹が立つけど、中国韓国の事しか考えないのは挑発に取り込まれてるも同然だ。昔は割とまったりしてた某掲示板のオカルト板まで(←見るなよ(^^))、今や政治と中韓絡みの悪口雑言の山だ。ふつーの怪談まで影を潜めた。(- -)…それは、いいように思考操作されてるのと変わらんと思う。だから私は情報は見ても、捉われるのはイヤなのだ。これが主な原因で世の中の空気が澱みまくってたのかも知れんし。でも…ともあれ少し事態は進み始めたようだし。心のPM2.5を通り抜け、爽やかに深呼吸できる場所へ行きたい。きっと時代はまた大きく変わる。

で。よーやっと少し作品描く根性が戻って来た。と思ったらもうすぐ今年も終わりなのだった。(^^;)残りの日々、もーちょい頑張ろう。…また「かぐや姫」の感想ちゃんと書きそびれたなあ。そーこーするうちに次は「永遠の0」なのだ。サザンの曲で絶対泣きそう。(^^)でもほんとは「人類資金」も観たかったりする。

1953.お元気ですか〜 つーか誰かいますか〜  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2013/11/30(土) 16:51
《まだ日記と呼ぶか》
…長い間書き込まないでサボってたら、ついにスパムが入ってしまった。(- -;)(もう消した)お久し振りです。と言っても誰か読むのか。これだけ更新が止まったんだから、ほぼ見捨てられたかも知れんな。

あれから…動画見たり、掲示板やニュースまとめを見たり、ひたすら創作をサボっていた。(- -)ヤル気を失くした、という訳でもないが…なんか、今のまま頑張るぞーと何か描いてアップした所で、また同じ無反応の繰り返しだと思うと。ちょっと自分の心根を見詰め直す必要もあった気がする。それでも挫けず、世間は一切気にせず、ともかく生きてるうちに、多少は価値のある物を何か完成させたければ…余程の覚悟と心の重心が必要だ。(- -)色々と勉強も足りない。どんなに勉強した所で、いざ兵器や戦場を描いたら、昔からのミリオタには絶対馬鹿にされる自信はあるが…引いてたって始まらないし。

とか言ってる間に、なんか中国が防空識別圏で大騒ぎを始めたなー。ほんとに時代は、目に見えない部分からグラッと掘り返されてる感じがする。ひょっとしてマジの撃ち合いになるのか?と、さすがに少々心配して情報をチェックしてたが(テレビは駄目メディア(- -)なので仕方なくネット)、どうもあの対応のまずさから考えて、内部は纏まってない感じ。戦争は日米中その他、どこにとってもデメリットだし、なんとか回避するんだろう。でも防衛関係の話題は今後も賑やかになりそう。

アメリカ製、米軍礼賛ミリタリー番組(^^)をしこたま観た。分かった事は、やっぱりアメリカはとんでもねーオーバーキル国家だという事だ。しかも悪びれず。ある意味無邪気に。凄まじい火力とハイテク。建国の始めから戦争だし、戦争で経済を回してきた。もうあの国以上の軍事力を保持できる勢力なんか存在し得ないのに、それでも日夜進歩し続ける。…中国の一般人が、仮初めにでもアメリカに対抗できると思ってるなら…(- -)ただただお気の毒でしかない。一連の戦争の歴史やら、アメリカを頼るしかない日本の行く末やら、色々考える所があったけど、めっちゃ長くなるだけなので日記には書かない。ともあれ日本人の、戦争と言えば「第二次大戦と零戦と敗戦と原爆」くらいしか思い出せない、という視野の狭さだけは脱却した方がいいと思う。戦争ったって色々ある。意味合いも時代によって全く違う。そして、技術の進化と戦争の進化はいつもほぼ同義だった事も知るべきだろう。よくそれを「皮肉なこと」と呼ぶが、皮肉でもなんでもない。自国が滅ぶ殺される!国がカネ出してくれる!…という極限状況だから、もの凄い勢いで人類はモノを作り出すんだよなあ。(- -)悲しき必然だ。それが人間の業なんだろう。

とはいえ、そんなんばっかし観てヒキコしてる訳ではない。スクーターで走り回り、普通に日常の雑用は頑張っている。もう少し「自分の方向」が見えたら、また創作も頑張れる…と思いたい。(- -)あと、実はジブリのかぐや姫も観に行ったりした。たった一つの生き甲斐が月に帰っちゃった爺さんの今後が可哀想で…(- -)まあ、ちゃんとした感想はまた。


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb