[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
廊下の隅
管理人の日記及び独り言。ぶつぶつ。茶々を入れても結構ですが、広告は掃除します。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2112.あたいも仮面ライダー描きたくなってきたな…  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/5/3(日) 7:22
《また朝日記(- -)》
おはよー。昨日はついに日比谷公会堂の「ザ・ボイス」のトークショー行って来た。…東京で2時から夕方まで。それで帰りに晩飯食ったりしてたら、千葉に帰り着いた頃は9時である。ぐったり眠い。なのにその後、やまくん「日曜に返さなきゃならないから」とか言ってガメラの「小さき勇者たち」見始めた。(- -;)…後半どーしても起きてられなかった。もういいや。映画の評価を調べたら賛否両論、完全否定の人間もいたし。やまくんは泣いたとか言ってたが。

天気が良く、やま公おーよろこびでコペンの天井開けて走ったから、公会堂の中にいる時以外は日差しがんがん。結構体力消耗した。トークショーの方は…(^^)そらもーバリバリで。出演コメンテーターの方々の苗字だけ書くと、青山・勝谷・宮崎・長谷川・高橋・辛坊・アンカーマンが飯田アナ。これでなんとなく内容が察知できない方々は、詳細を推察なんてしなくていいと思いますー。トークの中で言ってたが、日比谷公会堂って昔から「左」の方々の殿堂だったらしいな。でもこれらのコメンテーターの傾向は(^^)…まあ右とは言わないが、「左の破壊者」の精鋭たちだから。こういう人たちが来る事自体皮肉なのかも。ちなみに日比谷公会堂、来年から使用休止らしい。確かに歴史があり過ぎてボロかった。名前は有名なのにめっちゃ狭い。喫煙所は単なる廊下の一角で仕切りもないから、煙モクモクでスペース分けてる意味がない。解体するのかとも思ったが、ネット見ると耐震工事するとある。あのボロさでは補強でなく、完全解体・建て直しするしか無さそうだけどなあ。都心のど真ん中、公園の真横を瓦礫の山にするのかしら。美観が損なわれるから、オリンピックに間に合わないと困るだろーな。

こういうイベントに行くくらいだから、私の傾向・志向は推して知るべしだと思うが。まあ社会がどーこーではなく、「国が悪い時ゃ国民の責任」というのが私の基本の考えだ。日本じゃ暴力で弾圧される訳でもないんだから、状況を変えたければ一般人が変わるしかないと。…たとえば仮面ライダーの世界(^^)だって、一般人が大量に怪人に殺されるような恐怖社会なのに、まず軍は出て来ない。どころか、身内以外はどこの誰とも正体を知らない「ライダー」なんつー仮面野郎に、国の、もしくは世界の治安を一任しちゃう体たらくだ。これで納得するのは日本人くらいかも知れない。そのせいか、一部のおたくファン以外、アメリカなんかでは仮面ライダー物はウケが悪いようだ。国家の防衛機関と一緒に戦うウルトラマン系の方が納得されるんじゃないのか。良く知らないけど。…逆に言えば、「それまで普通のヘタレに見えていた主人公が、何かの間違いで超人的な力を発揮し、悪の軍団と戦うようになる」という妄想(^^)も、日本だと夢見やすいのかも知れない。なんたって周囲は戦わない人だらけだから。迫撃砲がリアルでバンバン飛んで来るような地域に住んでたら、着ぐるみ着た変な人達が肉弾戦でどつき合うの見たって、力強くて頼りになる…とは感じないよな多分。ふつーの警官が、プロテクターすらろくに配備されず、ふつーの制服やあまつさえ動き辛いコート(- -;)着て、単なるパラ弾のてっぽ持ってグロンギやアンノウンを取り囲み、逆にボコボコに殺戮されていく…あの悲惨な状況が日本の国防の現状そのものなんだ。(- -)せっかくG3-Xとか作って運用したって一体だけだし。なんでだよ大量配備しろよとかよく思った。予算ないのか。(- -)カブトの世界の戦闘の主軸ゼクトなんか正体不明、警察とも軍ともつかず、その実態はネイティブつー宇宙生物。キバの戦闘組織「青空の会」なんか単なる同好会みたいなもんだぞ。最後までメンバー数人しか顔分からなかったぞ。日本の危機管理なんて…(- -)「危ない事は誰かに任せて、一般人は殺され放題でいましょう」これだけなんだ。仮面ライダーシリーズにはそういう部分も現れてるよな。

だから、警察組織が正規に運用する仮面ライダーである「ドライブ」は画期的な内容なんだよ。G3より戦闘力も格段に高いし。(^^)この先、社会をどー描くか楽しみにしている。もーすぐ放映だねわくわく。その後は…トークショーのおかげで他のブースを回れなかった、ニッポン放送のラジオパークにもう一度行って参りやす。

2111.多分興味ない人には説明しても意味不明(- -)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/5/2(土) 7:20
《日記つーか(- -)》
今日出掛けなければならんのに、昨日もー少しだと思い、結局ディケイド全編視聴クリアしてたから…なんも用事が出来とらん。(- -;)うん見ちゃったのよ。つか、平成版だけでなく途中でBlackとRXの世界が出るし、そーいやBlackの後半からあまり見てないなーと思って、シャドウムーン復活あたりから見始めたら…結構緊迫して面白かったんで(- -;)最後まで全話見ちまって。RXは見てる根性ないから3話ほど。アマゾンまで出やがんねん!…つーんで見たがこれは2話くらいで挫折。Xは投げた。で、よーやくディケイド本編に戻る。「最低」と叩かれる、問題のテレビ版最終回見た。完全に「つづく」状態で(主人公を倒せ!とライダー達が取り囲み、ヒロインがディケイドー!と叫んで)とーとつに終わり(- -)。これであとは劇場へ行け、ではそら叩かれるわな。…きたねー商法ではあるが、それを言うならドライブ。テレビ版のブルーレイBOXてのが4巻あってな。その中に、なんと独立した新作ドラマが全4本入ってるらしいのだ。別に見なくてもテレビ視聴に問題はないが、「これを見ないとドライブの全ては分からない」的なCM打ってまして。(- -)…録画してる人の努力を踏みにじり、高いブルーレイ買わせよーという魂胆。しかもつまらんならともかく…ネット配信新作の「4号」が出来が良かったから気にはなるという。確かにテレビと繋がってないから、これならBPOも文句は言えない。商法が更に巧妙化したというか。(- -)

で。…仕方ないから劇場版まで見た。(dビデオ、昭和ライダーから劇場版までライダー物は充実してる。他は駄目だが(- -))…そうすれば世界が崩壊しないと言われ、最強のライダーを決めるため戦って、ライダー達は淘汰されてしまった!でも実はディケイドは記憶を無くした大ショッカーの一員で、やっぱり破壊者だった!でも旅で得た仲間に冷たくされて改心した!大ショッカー相手に少人数で決戦しようとしたら、倒されたはずのライダー達がなぜか全員出て来て、「ライダーは何度でも復活する」とか言って敵倒して終わり!…ってなんやねーん!(^^)何のためこんな話作ったんやー!…その理由は玩具関係の書き込み見たら分かった。ディケイドって過去のライダーに変身できて、その技も使えるのだ。つまりディケイドの玩具で他のライダー関係の商品も遊べるんで、また売れるんだ。(^^)大体、他のライダーの技パチって戦うのは反則だろうと思ってたんだが、むしろこれは販促、つまり「反則による販促」がディケイドのテーマだったのだった。謎はすべて解けた。…ただ、こんなやり方叩かれるだけかと思ったら…意外とディケイド、ライダー好きには愛されてるらしい。評判悪いのは最終回と、クウガの扱いが悪い事。私は555を学園物にしちゃったのがどーしても着いてけないんだが。(- -)あとデザイン。頭にカードがぶっ刺さった縦線て…CDラックかあんた。

ちなみに。ほんとは劇場版、こういう内容ではなかったらしい。BPOに色々言われて本来の脚本は没になったという噂だが…「本来の脚本」てどんなんだったんだろー。(- -)色んなライダーの世界を周るが、キャストが全部別なのはもう書いたけど。なぜかBlackのてつをさんは年を重ねた(- -)本人出演。この人、こないだ3号の映画でもかなり目立つ役所で熱血してた。…頑張り過ぎ。私はさっきオリジナルのBlack見ちゃったとこだから、年月の重みがしみる。(- -;)あと、ブレイドの人やキバの人も、本人がライダー役でなくアドバイザーみたいな形でぽつぽつ出演してる。ディケイドの世界はオリジナルから見たらばったもん、そいつらが一度全員淘汰された。ところが復活してまた全員出て来て、最後に去る時振り返ったのはオリジナルの人だった。つまり…「消えたのはばったもんで、オリジナルの世界は滅んでませんよ」と言いたかったのかしら。元の脚本にはそこらへんが絡んでたのだろーけど、もはや何がしたかったのか分からない。(- -;)…で、私も頑張ったし(?)、ディケイドはもーいいや。既にW見始めてる。劇場版だと他にも色々出てるんだろーが、テレビ本編だけ辻褄が合ってたら、あと全部どーでもいいっちゃーいい。

今日は日比谷に行くのだ。(- -)慌てて準備しなければ。みんなも動画なんて見てないで新緑のお外に出よう。

2110.ファイズギアの玩具今でもえげつなく高い  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/5/1(金) 4:2
《日記》
按摩頑張ったんで、歯の方は小康状態。(- -;)この先は分からない… そんな体調でまだやるのかと思いつつ動画視聴は続く。シンケンジャー編の25話まで見た。ディケイドって、それ以前の9つのライダーの世界を周る話の筈なのに…Wikiで調べたら、9つ以降に戦隊物のシンケンジャーやら、BlackやらRXやらX、アマゾンまで周っていると分かった。シンケンジャーは多分当時、同時期放映だからコラボはしゃーないけどさ。…Xて。アマゾンて。(- -;)なんでよりによってソレ。しかもお笑いでなく糞真面目な顔して。さすがにそれらまで予備知識として全編視聴する根性はない。(T^T)でも全く知らないのもと思い…dビデオにあったから、中途でシンケンジャー5本ほど見た。なんか中盤以降に出て来る追加メンバーがいて分からんかった。(- -;)…Blackは当時見てたし、だいぶ前YouTubeに上がってたのを「懐かしいなー」と少々見た記憶がある。それでも「ゴルゴムの仕業だ!」くらいしか覚えとらん。…取りあえず第1話だけ見直してみた。あとどーしよう。(- -;)最終回付近見とくか。RXはあまり覚えてないし、Xやアマゾンなんて忘却の彼方だ。もう予習は諦めるのが無難かなあ… ディケイド見てた当時の小さいお友達だって分からんかっただろーしなあ。なんか歯より胃が痛くなってきた。確かにディケイドは悪魔だわ。「ライダー検定」でヤマを外して問題出してるかのよーな。(- -)

まあ…平成ライダーのパートは主に無残な原典改ざん(- -)なのだが、響鬼だけは「こういう最終回だったら良かったかも」みたいな要素があった。アスムくんとかがちゃんと鬼を継ぐ話で。電王のパートは、当時人気があってまだ劇場版作られていたので、他のと違って現役感ハンパない。他の平成ライダーは全然違う役者さんがやってるのに、電王だけイマジンの声の出演も、コハナちゃんもナオミさんもオーナーもオリジナルの人。主役も佐藤けんさんがいないだけで、劇場版の人達がちらっと出たし。なんか不公平な感じ。(- -)ディケイドの直前はキバなので、キバのオリジナルの人達やスーツもよく出て来る。私が散々日記で書いた「バイオリンの指が嘘っぱち」という部分がきっちり直され、ちゃんとビブラートしてたのは驚いた。(やっぱ一部から苦情あったのかしら)…どうでもいいが、料理をテーマにしてたカブトより登場する飯がうまそうなのは謎だ。(- -)私も変則でカブト→ディケイド→シンケンジャーと見ちゃった訳で、よく考えたらこの3本、全部主人公が俺様キャラなのな。疲れる訳だぜ。まあシンケンジャーの殿様が俺様なのは仕方ないかも知れんが…

平成ライダー10周年記念というだけで、何が言いたいのか分からんディケイドだが。これ最終回が完結せず、「続きは劇場で」みたいな事やっちゃったので、当時BPOの審査まで受けたらしい。(- -)そんな事チクるのもなーとは思うが。こんだけ確かに仮面ライダーの世界を破壊して回ってるとこ見ると、ほんとはもう製作者が仮面ライダーやめたかったのでは(- -)という気はする。でも、当時それぞれのライダーを好きだった人間が、いくらもう一度見られるとはいえ、新参ライダーが昔のライダーを仕切った上、アイテムとして使い倒すのを見て楽しいと思ったのかどうか。…そういや劇場版ブレイドの脇役やボスキャラがオリジナルで出てたなあ。(- -)活用され過ぎ。キバの狼さん役の人が何故か響鬼版に斬鬼役で出てたのは、ちょっとうれしいと思ってしまった私だった。

そんなこんなで5月だ。やまくんは2日から休みだ。私ももうライダー学を休みたくなってきた。(- -;)全編把握したら変身できるって訳でもないしな…

2109.それでもディケイドに出て来る飯は何故かうまそう  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/30(木) 3:40
《日記どころでは》
突然歯に来やがった。(- -;)激痛。ブリッジしてる部分の上だからひじょーにまずい。…こないだから首と肩がかなり痛んでたのはこれの前兆だったんだな。按摩しながら唸ってたら寝た。ひたすら寝てしまった。やまくん今日は珍しく早く帰って来たのに、メシも作ってやれず私が寝てるもんだから、結局奴も寝てしまった。連日の動画視聴で目に来た反動かなあ。今は少し落ち着いてるが…果たしてこの先飯は食えるのか。

で。そーなる以前にカブトを全編クリアし、遂にディケイドに突入した。感想じっくり書いてる場合じゃないんだが。(- -)一応書ける分だけ。…あまりのテキトー脚本に「なんじゃこりゃー」になってたカブトだが、残り7話になってから突然真面目な展開になってクライマックスに突入した。やればできるんじゃん…(- -)つかギリギリにならんとやる気を出さんのか。ネイティブという「穏健派のワーム」が出て来て、しかしそいつらの陰謀で人類が滅ぶかも…というややこしい事態になり、なんのかんのでそれらしい死闘の末、人類は助かってハッピーエンド。この終盤7本くらいはまあライダーシリーズになってた。でも、そもそもの矛盾はそんなに解消されない。虫さん(ゼクター)に気に入られた人間だけが変身できるのはいいが、虫さんだけでなくベルトやら腕輪やら武器やら、それ以外のアイテムも必要なのに、そのアイテムを組織の管理してない適当な奴が持ってる謎。(- -)主人公テンドーがベルトを渡されたシーンはあったが、なんでこいつに渡したのかははっきりしない。始め「全てのワームを倒す!」と豪語してたのに、妹がワーム(ネイティブ)だと分かると「悪い奴だけ倒す」にブレてるし。それを言うなら…渋谷に隕石が落っこちたら、影響は周辺だけで済む訳ないから、初っ端からテキトーだとは思うが。(- -)ゼクトという組織も一見厳しく、規模も大きく見えるけど、裏切りかけた主役たちを野放しにしたり、思い付きで幹部を入れ替えたり、ガバナンスめたくた。他にも色々「なにそれ」な部分はあるが(キリがないのでもーやめとく(- -))、終盤はカガミくんの熱血で何とか走り抜いた感。でも…「地獄兄弟」のくだりはさすがに頭痛した。(- -;)

ディケイドはクソとかカスとか叩かれた名作(?)で、面白いかどうかより、よく話題に上るので見とかねばと思っていた。平成ライダー10周年、今までのライダーの世界を主人公たちが巡る話。後のパラレル合体作品の元凶。…と言っても、そのまんまオリジナルのライダーシリーズをもう一度やる訳ではなく、設定と着ぐるみ(スーツと言え(- -))は同じだが、色々本家とは違う世界だ。かつての主役とは役者さんも別。周辺事情も別。たとえばクウガの世界には一条さんはいなくて女性警官になってたり、キバの主人公は小学生くらいだったり。…それでも、始めは「少し状況の違うパラレル世界かな」くらいで納得しりてたんだが…ブレイドの人間関係が原点貶めるくらいに酷かった(- -;)り、ついに555が学園物になっちまってる時点まで来て投げそーになってる。…まあ、見とかなければ文句も言えないが。いつまでこんな歯のうずく事態が続くのだろーか。世間はGW突入とか浮かれておるのに。(- -)もうやめた方が身のためかな…

2108.湯豆腐をまずく作る方法なんてないと思う(- -)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/29(水) 1:32
《日記》
やまくん、どうせゴールデンウィークもへったくれもないものと思ってたんだが、突如「2日から6日まで休める事になった♪」とか言い出した。これは意外。実は(つーか随分前に書いたが)、2日はニッポン放送の日比谷公会堂のイベントのチケットをすでに取ってある。だから2日だけは絶対休み確保しろと言ってあったのだが…ニッポン放送ラジオパーク自体は3日もあるから、これで両方行ける事になりそうだ。(^^)公会堂の中だけでは食べたり飲んだり買ったりはできないもんね。ラッキーだなあ。運使い果たして後で災難とか起きねばいいが…(←マイナス思考)

突然夏のよーになってしまい、ついに夏向けの服を出してきた。それでも夏ではない。夜明け前にバイクで走ってるが、その頃はまだ寒いのだ。海辺の上川まであるから朝は霧がひどい。周辺びっちゃりと露が降りて、雨が降ったのと変わらない。その分気化熱だかで余計冷え込むんだろうな。(- -)まあ昼間は走るのにいい気候になってきたが。雑用のかたわら、根性出してカブトの視聴を続けている。何とか42話まで見たぞ。もー少しだ…(T^T)ライダーシリーズでも、ことカブトだけは連続視聴するもんじゃないな。カルピス原液で飲むよーなもんだ…

中盤過ぎたらもう少しストーリー重視になるかと思いきや。ひたすら狂気の如く話がぶっ壊れていく。(- -;)ごくたまに本筋のネタばらしが出て来る程度で、あとは変な世界と戦闘シーン。要するに世界設定とキャラクターだけが強烈に作ってあって、あとは思い付きでさせてみたい事させてるだけだ。リアリティもストーリー展開も何もない。一体この仮面ライダーは何なのか、長い事分からなかった。…が、よく考えたらこういうのって、ギャグ漫画の構成なんだよな。(- -)キャラさえ立ってたら後は何とかなるという。でも、ひよりちゃんの正体とか半端に深刻なテーマもあるから、真面目な顔して演技されてもどこまで真に受けていいのか分からない。…このカブトの後が電王な訳で、そう考えると電王は学んでるというか、ギャグをやりつつも本筋のシリアスは壊さず、うまく並行して話を進めてる。カブトはある意味実験作なのかも知れないが…(- -;)料理対決あたりからもうきっついわー。大体、ギャグとか漫才はボケよりツッコミの質の方が大事なんだよ。なのに出る奴出る奴全員ボケな上、ツッコミがあのカガミくんだけでは…(- -;)質も量も足りな過ぎ。若手の役者さんの中ではさすがに彼が一番演技うまいけどな。ほんと、イケメンかどうかがこれ程どーでもいい物語も無いわ。

あと。どっかの店の皿をそのまま持って来たような「豪華な料理」もふんだんに登場するが、かなりの料理が引っくり返されたり、皿を割られたりするのが気になる。555やアギトの時もよく飯食ってたが、えげつなく皿割ってたよな。たかがショックだったり頭にきたからって、なぜ食器と食べ物を粗末にするか。(- -)全く理解できん。私だったらせっかく作った料理ごと皿割られたりしたら、いかなる理由があろうと殴る。なのになんでこんなに食い物を登場させるのかというと…ロケにかこつけてスタッフが残りを美味しくいただくためじゃーないのか。アギトのG3ユニットの焼肉屋通いの時、すげーそんな気がしたんだけど。

平成ライダーおさらいを始めてから、現行のドライブの感想はほとんど書いてない。でも、今まで見た物と比較すると、色々経験値を積んだせいかドライブはすごくストーリーが安定してる気がするな。大体、他のシリーズの主人公って自営業手伝いとかニートとか半失業とかヒキコとか、ほとんど社会性ないもんね。(^^)そういうのは世界観自体、現実に存在しない社会状況な訳だけど、ドライブの世界は「刑事物」という確立した枠組みを使ってるから、その分世界観についていらん説明しなくて済むし。大体役者さん達の演技が、他のに比べると格段レベル高いし。いい役者がいなければ使えないストーリーや感情表現もドライブなら可能だ。その辺期待してるので頑張って欲しい。(^^)

ま、そんなこんなでもうすぐ5月。ディケイドくらいまで見たら、私ももう視聴は休み休みにして自分のやる事やらねば。(- -;)

2107.イケメンなにそれどこのラーメン  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/28(火) 1:27
《日記》
ネパールが大変な事になっている。(- -)山間部でもあり、インフラも十分でなく、地震災害に対する準備も無さそうな国なので(家屋が鉄心ないし)(なんで地震多発国でレンガ使うかな)、被害状況はきっと報道より深刻なんだろう。とはいえ…どっかで募金するくらいしか出来る事はない。あまりに遠い国で、正直想像力が働かない。…こんな時に仮面ライダー見てたら不謹慎とか言う人間もいるだろうな。でもじゃー、世界のどこかで不幸が起きたら人間全員暗くならねばならんのか。どっかで内乱や暴動が起きてる時、あんたは果たして一度も笑った事はないのか。そんな筈はない。(- -)何故なら地球上に一つも不幸が起きてない時間など、多分いまだかつて存在した事はないから。庶民は所詮、報道された事をされた分だけ騒ぐ事しかできないのだ。日記でまで自分の心情を偽りたくないので、この話はここまでにする。

月末が近付き月曜でもあり、朝仕事の関係やら色々雑用があったのだ。可能な限り片付けた。データテクノロジーにHDDも返送したし。空いた時間、ちょっと腰が引けていたカブトの視聴を頑張った。(頑張る事なのかい(- -))…あまりに登場人物がみんなぶっ飛んでるんで、サクサクと見続けられず時々息切れする。(- -;)昆虫型のゼクターつーのを使って、その昆虫モチーフのライダーに変身するんだが、確かに造形はシリーズ最高かも知れないな。クロックアップという高速戦闘も、他の物体のゆっくり動く画像を被せ、高速感を出しててかなりカッコはよろしい。アクションは面白いんだ。化けもんのワームに浸食された世界で、設定もそれなりに重いんだ。でも…(- -;)その話にしてなぜあのキャラであの脚本。信憑性あるのか疑わしい料理対決とか。例によってWiki見ると、「暗いストーリーを和らげ、少しでも明るくするため」とか書いてある。…あの壊し方は「明るい」とかではないだろー。(- -;)和らげてもないぞ。むしろ別方向に暴走してるだけだぞ。(- -;)今まで見た大抵の平成ライダーは、まとめ見した方が話が分かりやすかったんだが。カブトだけは週1で見た方が良かったかもな。1本見た後、毒気が抜けて本来のストーリーが何だったか気付くまでに時間が掛かる。

…とか言いつつ何とか28話まで見た。まだ半分弱ある。まあ、キャラ中一番、というか唯一、性格が普通の人に近いカガミくんが変身できるようになってからは少し面白くなってきた。それまでは変なライダー品評会みたいで、世界に入って行けなかったから。(- -;)でも後半はどーなるやら分からない。誰かそっくりに擬態したワームが視聴者の信頼を裏切るように、製作者がキャラへの感情移入も引っくり返す気満々のような気がして。平成ライダーはそういう手口よく使うよな。現行のドライブは割と登場人物に良識があるんだが、敵はワームのように人間をコピーする機会生命体「ロイミュード」だし、こっちもいつどこで誰を引っくり返すか予測が付かない気がしてきた。(- -)子供たちに「安直に人を信じるな」という教訓でも与えたいのだろーか。ちなみに…料理が重要な(?)テーマらしくてよく出て来るが、今までほんとに美味しそうに見えた料理がほとんどないぞ。何故だろう。音楽をテーマにしてたキバの時に音楽性を感じなかったのと同様、スタッフにほんとの料理好きがいたかどうか疑わしいと思ったな私は。(- -)ラムステーキみたいのだって肉パサパサに見えたし。スープは湯気一つ立ってないし。なんだろーこの不味そうな直感。

やまくん…ついにドライブの「ベルトさん」買って来ちまった。(- -;)普通のベルトに装着できるので、大人…「大きなお友達」でも付けられるやつ。でも(人格のあるベルトなんですが)一番の魅力の顔が描いてない。(- -)本来は色んな音声が出なきゃいかんのに「キュイーン」の電子音だけ。安いやつだな… だからって「もっと高くて面白いの買え」とは言えんしなあ…(- -;) そういやこないだ立て替えた高速代1200円返せよ… カネないのかやまくん…

2106.作画でライダーの話したら全然ウケませんでした。  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/27(月) 3:56
《書きそびれ日記》
1日中出ずっぱり、なおかつ帰ったら爆睡してしまって(- -;)日記書けなかった。午前は用事、午後は東京で例によって作画グループの集会。忙しい中、ちょっと時間をごまかして(- -)何とかドライブ本放送は見た。…知らない人に言っても理解できないだろうけど、今佳境なんだよー。見逃すわけにいかない局面なのー。つう訳で日曜は動画鑑賞はしてない。カブトは、平成ライダーシリーズには珍しく続きが気にならないドラマだな。(^^)…あー朝だ。詳細はまた後程。

2105.だから大変なんだってば。  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/26(日) 1:24
《日記》
大変なんだ。(- -)世の中も色々起きて大変。ドローン騒ぎの後はネパールで大地震らしい。芝山の事件も近所でないとはいえ、成田に行く時いつも通過してる町でやや地理勘あるから恐い。(- -;)…そして個人的にも。

クラッシュしたHDDの復旧を頼んだデータテクノロジーから、またHDDが送られて来た。前に書いたが、いくつかのPSD画像データが直らなかったのだ。元々PSDは、レイヤーとかカラーモードとか複雑な情報が多いせいか、壊れるとプロでもまず直せない。でもバックアップがあったので、大半はそれを上書きして済ませたが、割と新しい3個の画像だけはバックアップもなく、復元不可能になっていた。ところがこの会社、復旧に自負があって、依頼して直らなかったデータだけその後無料で復旧を試みてくれるのだ。…なんと2月からずっと。再依頼してから毎日のように「復旧を試みてますがまだ変化がありません」というメールが来続け。やがて4月にはメールも来なくなり、「やっぱりムリなのね」とこっちも忘れかけていたとゆーのに、先日「復旧が終わりましたので再びHDDを送ります」という電話が。えっ直ったの!?でも肝心のフォトショがないので、開いて確かめる事はできないという。…その再復旧バージョンが今日送られて来たのだ。全ファイル一括なので確認に手間取ったが、調べたら1個だけ何とかなってた。フォトショでは開かなかったが、何でも開けられるお便利ビューアーを使うとBMPの形で…なんと元通りの画像が得られた。(^^)電話があったのでそれを伝えると、直せなかったデータがあるというので大変恐縮されてしまった。復旧なんてほんとは数十万の仕事、それをロハでやってくれた上、HDDの送料も全部向こう持ち。何の文句もないですよ。元々自作画像なんだから自分で描き直すわい。

仮面ライダー4号の主題歌、かなり好評なカッコいい曲「time」がYouTubeにあったので録音。そして明日はいよいよ仮面ライダードライブの本放送。見てない人には分からない話だから詳しく書かないが…話が大変な展開になるというネタバレ情報が出回っていて、その筋ではそりゃ盛り上がってるのよ。日曜の戦隊物、仮面ライダー、プリキュアの3本立ての放送後は、しばらくツイッターの急上昇ワードがそれ関係で埋め尽くされる。この!この大事な時に!町会議員の選挙で投票に行かねばならず、朝から用事もあり、その後は昼からの作画の集会に東京まで走らねばならないという。(- -;)なんだこの集中。

えー…カブトの動画視聴もやってます。やっと20話まで終了。始めは主人公だけが俺様キャラで、この浮いた奴どーするのと思っていた。やがて他のライダーが登場し始め、おおこれで話が広がるぞと思ったら…そいつら全員主人公以上の俺様だった。(- -;)電王のイマジンと同じだな。更にややこしい奴がどんどん出て来て、モモタロスの過激さが紛れるという。まだ俺様合戦やってるだけで、話が動いてないから評価は控えるが。(- -)やっぱし私はいまいち食い付いて行けない… そういや俺様もボクっ子も一時話題になってたけど、最近聞かないネタだよなあ。ひよりちゃんは結構好きですけどね。

2104.平成ライダーって食ってばっかりだね  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/25(土) 1:45
《日記》
昨日は深夜に寝てしまった。(- -;)まーそれが普通なんだが、ほんとは深夜起きて朝ご飯作らねばならないのだ。疲れが出たかな。今日の日記は簡単に済ませる。

見終わったぞアギト。47話〜51話までは、なんか付け足し感が強かった。まあ最終ボスである「黒の青年」がまだ残ってたから、倒す話は必要だろうけど。本来46話で終わる予定が伸びたのかな。良く分からん。…突然、さそり座の星が移動を始めて十字架型になり、さそり座の人間が狙われる…ってないない。それはいくら何でもない。(- -;)地球から見かけ上並んでるだけの巨大恒星を移動させる、物理的可能性もなきゃ意味もない。まして、なんでさそり座なのか最後まで説明がない。アギトとギルスの前に突然、これまで見た事もない恋人未満みたいな女の子が登場し、その黒の青年の粛清にあってしまう。つまり盛り上げるやられ役。そこまでせんでも。(- -;)まあ、何とか青年を追い払って(神様だから死なない)ハッピーエンドにしてたが、ラストエピソードもう少し何とかならんかったのか。

でもアギトは全体面白かった。安定してて見る事にストレスが少ない。元ネタは009の天使編だとWikiに書いてあった。またチャレンジングだな。(^^)でもそのせいか、一時代前のSF少年漫画みたいなテイストがあって、私のよーな年代には分かりやすい。超能力なんてネタも石ノ森風。昨今の仮面ライダーの冒頭に「原作 石ノ森章太郎」とか出るとウソコケーと思うが、アギトはそこらの違和感はない。ついでに劇場版「ProjectG4」も見た。…じえーたいが、装着者の命を奪うG3より強力なG4システムの設計図を盗み、ついでに超能力者のマナちゃんを誘拐して、G4とリンクする生体兵器にするという…なんか昨今の潜水艦映画で見たような設定。(- -;)アイデアはまあいいが、自衛隊を悪者にしてるのがイヤ。つーか国民の生命・財産を守るのが任務なのに、民間人を拉致してどーこーするなんて有り得ん。制作側は有り得ると思うくらいの認識なんだろーな。(- -)警察や、正体不明の組織には多大な軍事力持たせるくせに軍隊が嫌いとか、軍隊よりマシだと思ってる節がある。軍事力は、制御できない物の方がより危険なんである。(- -)民間に近い方が制御が効くという考え方は甘いぞ。麻薬が絡む国の私兵がどんだけ恐ろしいか。まー…平和な日本人の作る映画ですから。

さっさとWとオーズ見たいのにー。やっぱりディケイド以前は押さえておかないとディケイド見れないので、次はカブト見始めた。本放送、やまくんに付き合って少々見たけど詳細は知らない。…こいつの俺様キャラが面倒で。(- -;)今見直してもやっぱり面倒だ。まだ8話まで。平成ライダーは、今までの経験から20話過ぎないと本質が見えて来ないと分かっている。ここはもう少し我慢だ。20話過ぎてもそのままだったりして…

2103.ネコにあやまる<(_ _)>  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/24(金) 1:49
《日記》
やっと天候回復。しかし…ちょっとドジをした。(- -;)夜、用事があったんでバイクを出そうとしたらキーがない。ウエストバッグにない。それを置いてた毛布の上にも中にもない。周辺にない。掃除機掛けてもない。真っ暗な庭を100均懐中電灯で照らしても見つからない。…仕方なく、スペアキーをどうにか掘り当てて出掛けたが、気が気でないので早めに帰り、再び探した。…やっぱりない。ついに猫がキーホルダーを玩具にして引っ張ってったんではないかと疑った。「こらキー返せ」と詰め寄ったが、持って来てくれる訳がない。(- -;)半分あきらめ、もう一度庭の隅々を懐中電灯で探したら…あった!芝生の上に落ちたんで音がしなかったようだ。それだけの話なんですけどね。猫ごめん。<(_ _;)>冤罪でした。

で、アギトを48話まで視聴完了。Wikiによるとあと3話らしい。つか、話の本筋は46話で終わってる。Wikiにもそう書いてあるし、実際内容もそれ以降は後日談みたいな感じである。(ちょっとWiki頼り過ぎ(- -))まあ最終感想は明日以降書くとしてもだ。…面白い!(^^)いや、これ平成ライダーシリーズの中でも、一番スタンダードによくまとまってるんじゃないの。クオリティも高いままで、あまり高低なく維持されるし。始めは主人公のあまりに能天気な性格と、記憶喪失という設定のせいでキャラの掴み所がなかったんだが。この役者さん、笑顔がとてもいいので(^^)結局話に引き込まれてしまう。終盤まで見たら、随分長かった伏線もちゃんと回収された。なんか、面白い少年漫画の単行本をを読みふける、あの昔懐かしい感覚を思い出した。ただ、一気見したから納得したのであって、これが週一だとちょっと複雑な人間関係とか忘れてしまい、「?」になってたかもな。(- -)

私は本筋とは関係ない、G3のエピソードが気に入っちった。(^^;)G3は主役の「アギトという人間の進化体」とは何の関係もない、単なる警察の強化服なんだけど。何度も弾圧され、解散させられかけ、ヒカワさんは首になりかけ、それでも頑張るこのケナゲさ。(T^T)始めはアンノウンにボコられるだけの役立たずだったシステムも、強化や改良を重ね、ついにはアギト軍団とほぼ同等にまで強くなる。これが日本人類の技術力ってえもんだよな。うんうん。アクションも、クウガのようなリアルさはないが、特撮着ぐるみアクションとしては非常に高レベルで見応えがある。随所に出て来るボケやギャグも、そういう日常を描いた後、終盤にそんな主人公が真剣シリアスになる事で更に緊迫感を盛り上げるという効果を上げている。ある意味ライダーシリーズの優等生かも知れない。…ま、好き嫌いと作品レベルは同じじゃない場合もあるがな。(^^)私はもちろん好きな方。ただ…焼肉食った後G3のメット被ったら、すげー臭いが移るんじゃないかとは思った。(- -)実際の着ぐるみアクターさんたちはそういう目に遭った事あるんだろうか。

微妙に気になったのは、「重要サブキャラが終盤に半失明」とか、「謎の男が実は死んでいた」とか、「どっか歪んだ正義感を持つ仲間」とか、どっかで見たエピソードが色々ある事。無論アギトのせいではない。これ以降の作品が、結構アギトを元ネタにしてたって事だろう。G3ユニットの3人なんか、私の頭の中ではおもむろに555のクリーニング店の3人と被ったな。不器用な主役、口のキツい女の子、いい奴なんだが相手にされない可哀想な凡人…役者が違えば、それだけでテイストは全く別になるものだ。(^^)漫画だと「キャラ同じ」と言われる所だから、実写は色々特典があるよな。

2102.ドローン使って泥棒する奴はドローンボーのドロンジョ様なのか  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/23(木) 1:50
《日記》
晴れの予報だったのに。(- -;)溜まりまくった洗濯物も一斉に干したのに。(- -;)…夕方から雨降りやんの。おーあわてで帰って取り込んだから、ちょっち濡れるくらいでまあ大丈夫だったとはいえ。夜からも用事でバイク出さなきゃならなかったんだ。街灯もないど田舎、田んぼの中の広い農道、しかもこないだ舗装工事して風景変わってる。その上小雨で視界は悪い。てきめんに迷った。最近動画視聴の感想しか書いてないが、別にそれしかしてない訳じゃないからな。(- -)ちなみに昼はまた遠方のケーズまでイヤホン買いに行ってた。…また猫どもに齧られて切れたんだ。(T^T)一昨日くらいには、例年の母の日電報を電話で頼んだし。こーゆー物は一度やるとやめる訳にいかなくなる。(- -;)プレゼントは先々考えて贈りましょう。

そんな時間の間隙を縫ってアギト見ている。26話まで視聴完了。やまくんが「アナザーアギト出た?」と聞いたが、まだそんなん出てない。主人公の記憶が戻ったとこ、ちょうど中盤かな。まあなんつーか…スタンダードに面白い。(^^)でも、基本アンノウンや主人公の謎を巡るミステリーだと思ってたのに、警察の作った仮面ライダーぽい強化服(装甲?)G3の話の分量が結構多くて、でもってそっちの方が面白かったり(^^;)するので、途中何の話だか分からなくなってきた。本筋と関係ない、アンノウンの仕業に見せかけた殺人事件と、その謎解きの話もあって…これアンノウン以外は普通に刑事物だったし。どーなのかねー。まあ、中盤に来てまた本筋に戻りそうだけど。ミステリー要素だけではもたないかも知れないが、せっかくのマナちゃんのサイコメトリー能力もたまにしか使わないし、「被害者が超能力者」という点も検証いーかげんになってるし、張ってから長い間放置してる伏線も多く…回収が終盤では視聴者覚えてないぞ。(^^)果たして後半、設定全部生かしきれるのか。それにしてもG3の「実際ありそうな強化装甲」の設定と、周辺事情は面白いな。制作側が途中でテーマである超能力に飽きて、G3の方描きたくなっちゃったんではあるまいか。

ともかく、クウガでは「お巡りさん被害に遭い過ぎ」と心を痛めたが、アギトでは同じ轍を踏むまいと、警察が本気出して対応策に乗り出してるのが私としては好感持てる。(^^)とはいえ、そーなると内部抗争も出るのが世の習い。大きな力には野望がおまけで付いてくるものだ。クウガの世界の警察はじめ人間全般が、天使のように仲が良くて純粋だったのは、人間の立場が一様に「被害者」だったからなんだなー。(^^)でもそれでは悲惨だし。…この先は確か龍騎、ファイズにブレイド。人間はどんどん争い合って大変な事になる。そうやって人は成長するのだろー。赤ちゃんの時は誰でも天使。(- -)という訳でアギトの後半を楽しみにしている。ヒカワさんの微妙なドジや壊れ方が可愛いです。

2101.雨あがるのー。  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/22(水) 4:3
《日記》
日々寝過して深夜だー。つーか朝だー。(^^)ちょっと朝に用事があって、朝仕事の後で二度寝ができなかった。…しわ寄せは夜までもつれ込む。ま、いいや。書けるとこまで。(- -)天気に関しては、どうにか間隙を縫って全身雨合羽なしでバイクに乗れた。

書きそびれてた1、ブレイドドラマCD。音声だけの仮面ライダー剣の後日談。…(^^)いやもう。ほんとに後日談で、あの戦いの後の4人の身の振り方が分かるというだけの、極めて平和な同窓会的内容だ。ただし主人公のケンザキくんだけは、事情により帰って来ない。(この事情を説明するには、本編のテーマを全部書かねばならん(- -))一人別行動のドラマが展開される。ちょっと戦闘シーンが出た!と思ったら、その部分は夢オチだった。…しかし。多分ファン感涙ものだと思うが、それは恥ずかしい(^^;)「ハジメくんとケンザキくんの愛の物語」だった。実はブレイドは、平成ライダーシーリーズの中でも群を抜いて「腐」要素が強いの。私のようなそっちのど素人でも明白に分かるくらい。まあ男性は戦闘のカッコ良さしか見てなかったと思うが、女子ファンの間では放映当時どんな騒ぎになってたか(^^)ほぼ想像できる。ファンならすぐに分かるような、本編中の名シーンの話題も色々出て来てニヤッとさせられるし、純粋にファンサービスだなという内容。でもまあ、皆さん平和になった世界でそれぞれ暮らしてて良かった。ちなみにブレイドの劇場版はパラレルというやつで、ハジメさんを封印する、という本編と逆の選択肢を選んでたらどうなったかという話だった。別バージョン、本編通りのその後、二つのエンドが出て、これでブレイドも完全に完結したという感じか。

書きそびれてた2、電王ファイナル劇場版。世評では名作との事だったが、なるほど他の劇場版についてるミニドラマもなく、いきなりハードな雰囲気の導入部で始まった。内容も、まあいつものドタバタはあるものの、かなり本気で作った感じ。内容は主人公の孫が新電王として出て来て、みんなで強敵と戦うというもの。主人公良太郎くんとモモタロスの長年の友情と信頼が描かれていて、良太郎くんの未来への道筋も見え、こちらも「電王」のシメとしては最高の出来だろう。なんつってもゲストにカンダサヤカさんが出てて、この人の演技が真面目で立派だった。役者さんの中には、特撮というとナメて演技に手を抜く人もいるから。サヤカさんえらい。(^^)電王は他のバージョンもあるようだが、私はこれが最終回でいいと思うからもう見ない。こないだの「4号」で555が完結し、ブレイドもまとまり、平成ライダー一期と言われる作品群がまとめに入ってる時期なのかなと思う。ちなみにクウガも何故か今、漫画になって連載されている。やまくんが立ち読みしてたのをちょっと覗いただけだが、一条さんが若過ぎな感じはしたかな。

その後アギトを見始めている。14話まで視聴終了。特異なグレードで突出していたクウガに比べ、「安定の平成ライダーシリーズ」という感じでこれはこれで落ち着いて見られるな。謎解きがメインの話なので、最後までじっくり楽しめそう。(^^)後にブレイクする要潤さんの滑舌が聞いてて心配にはなるが…ライダーは1年かけて役者さんが成長する物語でもあるから別にいい。本放送の時は時々チラ見だったから、主人公が記憶喪失で料理ばっかりやってる事しか覚えてなかった。…しっかり見てもそのとーりだったが。(- -;)

2100.雨だよ風だよ恐いよ(T^T)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/21(火) 2:33
《日記》
ついにクウガ全編見終わった。(^^;)こんな事ばっかりやってるから雑用が片付かない。天候は台風前のように不穏だったが、今日はゴミ出しを始め、溜まってる用事を…ま、ちょっとは片した。雨の間を縫ってなんとか濡れずに走れたし。しかし、明日の朝は雨の直撃避けられないだろーな。

で。まずクウガ。全編大体クオリティ高かったが、最後の0号(ダグバですか。どーもグロンギの名前は覚えられん(- -;))との決戦が端折られてるとは思わなかったなー。Wikiによると3万人以上を殺害したとある。…おいおい。そんな恐怖の状況なら戒厳令でも出てるのかと思うが、園児がふつーに保育園にいたり、端折られてるんで人間社会の対応が良く分からん。大体、物語の始めの方はそんなもんかと思ったが、グロンギこと「未確認」がどんどん強力になり被害が増えて行っても、警察がいつまで経ってもふつーに制服か背広着て、せこいピストルだけ持って出動してるのは違和感があった。強力な武器持たせてもらうのは、いつもイチジョーさんと数名くらいじゃん。違和感通り越し、これじゃお巡りさん虐待だ。(- -;)警官の死亡率ハンパなかったろう。なぜ辞職願いの山が出来ん。…いつ「未確認」に殺されるか分からない社会になったのに、一般人が結構最後まで普通に暮らしてるって状況も、現実ならまず無いな。通学路に不審者が出ただけで登下校が大騒ぎになるのが世の中だ。(- -)どっかの新聞は「政府は国民を守らない!人殺し!」とか書き立てるだろーし。「自衛隊を出せ」と書くかどうかは…(^^)難しい所だが、私はこんな事態だったら、主張の手の平返して書くと思う。でも「軍隊は出さない」てのが制作側のコンセプトだったらしいな。

とにかく、凄い作品なのは間違いないが、終盤に来て主人公ゴダイくん周囲の「あまりのゴダイくん押し」にちょっと萎えた。(- -)おだじょーさんだけあって演技もいいし爽やかだし、本人見てる分には別にくどくは感じないんだけどな。こんな、周囲の人間が善人だらけの仮面ライダーは後にも先にもクウガだけだろう。行き過ぎて人生訓ドラマになってる程だ。それが…(^^)この先のライダーは何故あんなドロドロの世界になってしまったのか。反動か。真面目な子ほどグレるとアレ、とゆーやつなのか。謎は深まるばかりでございます。

でもって、また遅くなっちまった。(- -;)他の感想はまた。

2099.気絶寸前なのでまた明日ぁ〜  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/20(月) 0:50
《日記》
ちょっと疲れが出てへたばりかけた。(- -;)ドライブ本放送、クウガは41話まで視聴。あと、ブレイドのドラマCDがやっと届いたので聞いた。休日のやまくんと電王の劇場版の3本目、ファイナルカウントダウンを視聴…と盛り沢山。その上他の野暮用も色々こなしたので、ちょっともーあかん。感想はまた明日。ただ一個だけ書いとくと、ブレイドのCDは主に主役の4人が声の出演してるんだが、ゲストの登場人物である「バイク屋のおやっさん」がいきなり「いいよね。答えは聞いてない」とか言った。驚いてWikiで調べてみたら…やっぱり。電王のリュウタロスの声の人だった。配役も色々遊んでるのね。(^^)そういや電王劇場版2のラストに、ちょろっとブレイドのハジメさんの役の人が特別出演してたから、そのお返しかも知れない。

2098.最近原付乗ってると…気持ちが仮面ライダー(- -;)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/19(日) 2:0
《日記》
クウガ38話まで視聴終了。いよいよ盛り上がってまいりました。(^^)…とはいえ、明日はドライブ本放送だし他にも朝から用事があるし、忙しいのだ。だからまた感想は手短に。…とにかく。戦闘シーンが凄い。私は今まで平成ライダーシリーズはドラマパートを一生懸命見ていて、戦闘シーンは割と受け流していた。(- -)しかしクウガは視聴の感覚が全く違う。しんっけんに戦闘を見てしまう。物語の主軸、あんこの部分は明らかに未確認生命体グロンギとの戦いそのものなのだ。人間ドラマ部分は正直「だから何?」みたいな、この非常時にあまりにも平凡でよくある人間の悩みだったりする。でも、その後の恐怖の殺戮者との戦いを見てると、「ああ、こういう平凡な人たちを守るためにゴダイ君は戦ってるんだな」と妙に納得するのだった。

昨今は特撮の戦闘シーンといえば派手なCGでどっかんどっかん、と相場は決まっている。でも、クウガの頃はそこまでのCG技術がなく、アクションはひたすら生身(プラス多少の吊り)がメインだ。それが逆に鬼気迫るリアリティを生み出している。こんな厄介な、恐ろしい敵をクウガはどうやって倒すのか?…という興味だけで毎回ぐいぐい引っ張られるし、クウガも新しい能力や技を引き出しながら、それなりにちゃんと納得のいくやり方で敵を倒す。危険な高所アクションや、絶対ほんとに痛そうなぶん投げ、口あんぐりになるようなバイクテク満載。…大体、他のシリーズのCGたっぷりの必殺技だと、本当の所どのくらいのダメージ与えてるのかさっぱり分からなかったりするもんな。同じような技なのにある時は敵が爆発し、ある時は全然平気とか。(- -)ソード系の武器で斬ってんのに、斬れなくてどついてるだけとか。(- -)クウガの戦いには、「マジで命の取り合いをしている」ような実感があるんだ。こと着ぐるみのアクションで、これを越えるものは中々出ないんじゃないかな。他作品の戦闘でおおっ!と驚いたのは、ブレイドのタチバナさんの「この距離ならバリアは張れないな」(←有名なシーンなので知ってる人は知っている)と、あと騒ぐイマジンをボコるハナさんくらいか。(^^)

とはいえこれからストーリーも佳境に入り、先に何が起こるか私はまだ知らない。最終感想は見終わってから。(^^)ちなみにドライブの方も、死神と言われた人気キャラのチェイス君が次回、仮面ライダーになって復活するというので、ファンの間では話題が盛り上がっている。あと蛇足。金曜、クウガ見てたらまたドラマの「アルジャーノン」見逃したので、とある動画サイトで後から見直した。(- -)…ほんと大筋以外はどっこも原作と似てない。部分的に原作のエピソード使ってるくらい。一般視聴者のとても食い付きやすい内容にはなってるが、なんだかなー。次こそリアルタイムで見たいけど、動画で上がるんならそっちでも別にいっかーという気はする。

2097.眠いので手短に。(- -)  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/18(土) 4:5
《日記》
また眠くて書けずにこんな時間。クウガ見てます。いやーグロンギ恐いわ。(^^)他のライダーの世界でも無論、怪人が人間を襲って被害者が出てる訳だが、そんな明確に死を表現してない物が大半だ。でもクウガの世界って…そーいうトコもリアルね。グロンギのやってる事は、分かりやすい単なる大量殺戮だ。話し合いも何も通じないあたり、昨今のどっかの自称国家といい勝負。つか、「悪の軍団が人間を襲う」っていうのは、リアルに描けばこーいう事なんだなーと実感できる。やっぱ放映当時クレーム来たんだろうなあ。だから昨今は表現がライトになり、ギャグが増えたのかな。ミラーワールドなんかも、モンスターに食われてる映像がないだけで、結構な犠牲者出てたような気もするけどな。

世間でアシアナが危機一髪だったり、キンキンさんが亡くなったり、色々起きてるのも一応知ってるが…(- -)世情にコメントしても仕方ないからやめておく。時代はどんどん変わる。クウガに出て来るPCもでっかいディスプレイが付いていて、98あたりかなーと思うが、そうなら解析中フリーズしたり色々大変だろう…などといらん事を考える。でも当時はそれが最先端だったから、大変を大変とは思わなかったんだよな。人間の「ふつー」という感覚も知らず知らずのうちに変わっている。自覚できないが、私はどのくらい変わったんだろう。

でもって。クウガ26話まで見てあと後半。シンプルな話なのに結構ずーんと来るので流し見できない。これ以降、555あたりから主人公とライバルの2号ライダーの関係って大体えらく悪化するんだが、クウガのいちじょーさんは別に変身しないから、多分最後まで仲いいんだろう。今の所、主人公が仲間に裏切られるという話は一切ない。こっちは555から復習始めちゃったんで、こんなに人間関係のいい世界が信じられず、いつか身内から敵が出るんじゃないかとつい不安になる。(- -)そのくらい、これ以降の平成ライダーの世界ってすさむんだ。世情も人間も変わるとはいえ、なんでそーなったんだろう。ちなみに現行のドライブは仲間がいいやつでチームワーク良好です。(^^)そこが好きなのもある。

あと…キバの感想の時書きそびれた事。最終回までの流れはちょっと目が点ものだった。死んだ筈のシマさんもおかーさんも「実は生きていた」といって出て来るし、失明した筈のナゴさんは勢いで治ってるし。めでたく結婚式、その上未来の子孫が出て来て、さらなる戦にレッツゴーで終わってしまった。(^^)あれだけドロドロしておいてなんだそのまとめ方。暗いラストにダメ出しでも出たの?…無理やりなハッピーエンドって逆にもやもやするよな。(- -)子供に悲惨な終わりは見せられないとはいえ。クウガのラストはどーなるんだろう。

2096.やっぱり空は青がいい。  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/17(金) 1:36
《日記》
お天気が良くていい1日だったのに、やっぱり雑用と動画視聴で終わってしまうんだな。(- -)でもまだ頑張る。実は平成ライダーシリーズ見始めてから、長い間躊躇してる脚本の「最後の決戦」の部分を書くエネルギーが溜まってきてるので。無論格闘戦と、銃撃主体の戦闘行為は全然違うんだけど、何かというとすぐ変身してドガバキやり始める人たちを見てると「あー男の戦いのリズムってこういうもんだな」という感覚が掴める気がして。とはいえ、ちゃんと自作品に生かせるかどうかは分からない。(^^)

でもってクウガ。15話まで見た。昨日書いたように、平成ライダーもファーストはこんなにリアリティにこだわってたという事が分かって驚いてる。つまり…近年はもうリアリティもへったくれもない。(- -)クウガは、現実に今の日本に怪人が現れたらどうなるかを、ドキュメンタリー風に撮るというコンセプトだったらしい。これは初回の特権という奴で、そう何度も同じ手法は使えないだろう。だから今の平成ライダーに同じ物は求めないが…あの怪人グロンギの「ほんとにこういう形態の生き物なんですヨ」みたいな造作のシンプルさは素晴らしいな。昨今の怪人のデザインは複雑怪奇な前衛彫刻みたいで、強そうという前にただ重そう、動き難そう。特にキバのステンドグラスのランプみたいなもこもこは、スーツアクターの人がただ気の毒になった。(- -;)怪人だって色々理由があって存在してる「ある種の生命体」な訳だから、デザインも生命体としてそれなりの合理性を持って欲しいんだ。でもゴテゴテしてる方が受けるのかな。…あと、地名まではっきり明かせる実在の場所で戦うのもすごくいい。他のシリーズでは何度「あっまたこの河原だ」「この工事現場見た」「あの時の解体現場では」みたいなデジャヴを感じた事だろう。(- -)ヤンキーの喧嘩じゃないんだから、町を襲ってるなら町で戦えよと思う。ロケの都合とか色々あるだろうけど。…この辺だけでも、平成初代のこだわりに戻してくんないもんか。

クウガは、他のライダー見た後だと特に、ストーリーがシンプルで戦いそのものを集中して見られる感じがする。主人公ライダーが色変わりするだけで、この先もぞろぞろ他のライダーが出て来ないなら仲間割れもない。(^^)なんたって警察を始め、人類全部がちゃんと味方だなんて信じられないくらいだ。仮面ライダーといえば、本郷猛の昔から「世間には理解されない、影を背負ったヒーロー」なのに、おだじょーさん演じる主人公の性格もひたすら青空のように爽やかで明るく、そんな事になったのに全然悩んでない。だから世界観に不可思議な透明感がある。この透明感が最大の魅力かも知れない。敵のグロンギは無論恐くて残酷だが、世界征服でも何でもなくこちらも純粋にゲームとして人を襲ってるから、透明過ぎて逆に恐さがストレートに伝わる。だからかなー。放映当子供番組なのに恐いと苦情が来たとか。昨今でも恐いからクウガは嫌いという人がいたり。過激な表現だから恐いって訳じゃないんだよな。(- -)…まあ、まだ序盤だから先はもっと複雑になるのかも知れないが。

印象的な青空や、青空をテーマにしたED曲で、クウガのイメージは青い虚空なんだなと感じる。で、ふと555の最終回を思い出した。あれは…(- -;)実にドロドロした人間関係の苦悩の話だったが、すべての死闘を終え、死期の迫った主人公の巧くんが、仲間たちと川辺の斜面で寝そべって青空を見上げるんだよな。クウガの青空から一旦泥沼に落ち、もがいた末、やっと再び青空の心境に戻った…という意味だったのかなー、などと繋げて考えてみたりして。そんな紆余曲折を経て、今や仮面ライダーも立派な国家公務員になりましたが。(^^)

2095.なんかブレイドのCD入荷が遅れてるらしい  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/15(水) 23:50
《日記》
今日は雨の筈だったのに。晴れやんの。(- -;)予報全然当たらん。なんかそんな気がしたので、朝洗濯しといて正解だった。…そのかし、朝行く筈だった所用をコロッと忘れてしまった。まずいかな。今さら悩んでも遅いが。

一気に駆け抜け、どーにかキバ視聴を終了した。今までに見た平成ライダー全般、始めはしんどいが、さすがに50話一気見するとそれなりに馴染んで面白い。…とはいえキバのメロドラマ展開、さすがに最後の方は疲れて来て「もーいーじゃんみんな好きにすれば(- -)」と投げたくなった。…恋愛物は苦手なんだよ私。てか、主人公の気が弱すぎ。一貫して何かに執着してる奴の方が牽引力があったのに。むしろ始めはただ嫌な奴だったナゴさんのキャラが、どんどん良くなって際立って話を引っ張ってたな。主人公のワタル君が豹変し、敵役のファンガイアの王になったあたりは面白かったんだが、実はそれは芝居で、次回もう最終回。あの暗黒面ワタル君をしばらく引っ張っても良かったんじゃない。ちなみに一番気に入ったキャラはキバット三世くんです。(^^)キバット型の蚊取りマット入れうちにあるし。

で。特撮ファンが多分どーでもいいと思う部分。物語が音楽をテーマにしてて、オトヤ氏等が音楽に関する人生訓みたいのをよく垂れられるのだが、多分製作者に本気でクラシックを知ってる人間はいないなーというのが私の感想だ。(- -)前に書いた「バイオリンの指の動きが嘘」という辺りにもそれは現れてるし、そもそも音楽家は戦闘中に楽器ケースを持ち出したりぶん投げたりは死んでもしない。楽器はどの種類もデリケートで、僅かな歪みが出たらそれでおしまいなんだ。バイオリン曲は本物の人が作って演奏してるようだが、物語のテーマとなる曲に曲名さえ付いてない。(- -)音楽を愛してるならふつーは曲名や由来くらい話す。尊敬する作曲家やバイオリン奏者の話題も出ない。「すごい天才」という設定のオトヤ氏以外、この世に語るべき音楽家はいないとでも言いたげ。…私だって別にクラシック方面は詳しくないけどな。音楽、ましてや歴史が重要なクラシックの世界で、先達を全く尊敬しない音楽家など見た事がないぞ。電王の話で「サクライさん」が天文学者だという設定があったが、星の専門的な話をポロッと喋ったのは一回だけだった。あれと同じ、専門分野に対する考証の浅さを感じる。(- -)そらメインは変身シーンと格闘と玩具だろうけどさあ。心の音楽だとか祈りだとか、芸術っぽい(ぽいだけだ)発言をさせといて、音楽なめんなよと言いたくなるよな。平成ライダーの世界が基本、「○○ドラマのふり」の域を出ないならそれでもいいけど。「どうせ視聴者だって知らんだろう」と思ってるなら甘い。結局、キバに使われた曲で一番魂を感じたのはテーマ曲のロックの方だったりする。(- -)

とはいえ特に苦言を申したい訳でも、文句がある訳でもないからな。それはそれとして楽しんだし。…で、次にクウガ見始めた。ちゃんと初回に「石ノ森章太郎先生に捧ぐ」って出るのね。本放送の時は時々見てたが、あまり記憶がない。でも平成ライダーの元祖だけあって、「すごい作品を作るぞ」という気概に溢れてる。画面が全然違う。格闘が型通りのチャンバラでなく、本気のリアリティがある動き。CG技術がまだいまいちで、その分CG効果に頼ってない。戦いの舞台は実際の町中で、突然「いつもの工事現場や河原」に飛んだりしない。かなり危ないスタントやバイクテクも見られる。とにかく画面作りが実に丁寧。その分真剣に見ちゃうんで疲れるが。これは一気見でなく、こっちも時間かけて丁寧に見ようと思った。

2094.わたしゃー管楽器しか触った事がない  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/15(水) 0:58
《日記》
雨や猫の破壊と闘いながらも。(- -)頑張って平成ライダーシリーズの視聴は続けている。でもちょっと気が遠くなってきたかも… 今見てるキバの次はディケイドだ。このディケイドつーのが、色んな仮面ライダーの世界を旅する話だとゆーのは知ってるんだ。だから次を正しく鑑賞するには、結局ここまでの平成ライダー全部見とかねばならない。(- -;)…しんどい。まあ昭和ライダーだって全部は見てないが、大体想像は付くじゃん。でも平成ライダーは設定が独自過ぎて、ある程度押さえておかないと意味わからん。ましてや昨今全ライダー合体作品だらけだし。だからキバの次はディケイドに行かず、一旦クウガに戻る予定。響鬼は大体見てたからはしょってもいいが…いつになったら完了するやら。(T^T)

でー。今日はキバ38話までと、劇場版の電王×キバ、キバの魔界城を見た。根性いった。(- -)…キバ本編の感想。始めは「過去と現在同時進行」という変わった形式と、それ以上に変わりまくってるワタルくんのおとんのキャラクターに付いて行くのが大変だったが…クサヤや鮒寿司と同じで、慣れるとそれなりに味がある。(- -)でも、よくもまーあんな全身ジンマシンが出そうなキザな台詞ばかりの脚本書いたな。今まで見た他のライダーと同じく、始めの10話くらいは展開が重い。20話くらいでやっと「あ、この話は恋愛メインだ」と気付いた。30話過ぎて、もー全体コテコテのメロドラマだと確信した。親友との三角関係に生き別れの兄弟ってあんた。(^^;)なんか昔の山口百恵のドラマ思い出したぞ。でも、始めは暗くて残酷で真面目で、笑わないキャラである狼さんとナゴさんが、だんだん破綻し、終盤では完全にお笑いキャラにまで壊れてきたのがなんとも。(^^;)糞真面目にズレた事すると余計おかしいの法則。何回か声出して笑ってしまった。…この話って、結構人間が襲われて死んでるんだよな。善良な人も。電王の場合、時間を書き換えようとしたイマジンが倒されると、事件が無かった事になって死んだ被害者も蘇るんだけど、キバではそーゆー事はない。いわば殺人犯がなごんでお笑いやっている訳で、ちょっと引っ掛かる所だ。

あと、バイオリン弾いてる役者さんの指がビブラートの振りをしてない。完全に嘘。(- -)たまに指だけのアップになると振れてるから、そっちは本物のバイオリニストらしい。バイオリンなんて、ただ馬の毛で弦引っ掻いただけでは、どんなプロでもキーキー音しか出ないのよ。指先で作るビブラートが命だ。そこに気付いてしまうと、全演奏シーンが入れ込んで見られなくなる。バイオリンがすごく重要なテーマなのに、ここは手を抜かないで嘘でもそれらしい動きをして欲しかった。

劇場版、「電王×キバ」はWikiによると元々テレビ用に作った作品を、諸事情で劇場版にしたんだとか。なるほどドラマパートが薄いし、やや冗長。話は電王メインで、キバは添え物だった。でも「わーい久々にモモタロスたちに会えた!」とファンは喜んだろうな。ただ、過去と現在の時間差のあるキバの物語と組み合わせたのに、電王のせっかくのタイムトラベルの設定が全然生きてないのが残念。ユウトくんも安っぽく変身しないよーに。(- -)…で。「魔界城の王」の方だが、これが意外と出来が良いんだよ。中ダレもないし、チープさもないし、あの個性が強過ぎる父子の関わりが結構感動。私はゲストのボスキャラの最終形態のモンスターが気に入った。(^^)まあ有りがちと言えば有りがちだけど。

結局平成ライダーって、「ノルマで変身と格闘すればあと何やってもいい」的な構成なのかなー。(- -)昔、○ロ漫画業界でそういうのよくありました。特撮に何かの王道ドラマパターンを応用してるんだとしたら、龍騎がバトルロワイヤル、555が青春物、剣がカードゲーム、電王がタイムパラドクス、現行のドライブは刑事物で、キバがメロドラマか。でも剣(ブレイド)のゲームルールは独特で、他に似た物語は無かったと思うから、今の所オリジナリティの面では私はブレイドを一番評価するかな。(^^)ドラマの出来不出来はまた別だが。…しかし、これだけ出尽くしたら次はもう、医療ドラマくらいしか残ってないのでは。敵を倒しては治しちゃうライダーでは世界征服は防げないか。(- -)

2093.今日も雨明日も雨  
名前:いくたまき(管理人)    日付:2015/4/14(火) 2:49
《日記》
情け容赦ない雨。(- -)んでもその中を原付で走らねばならない。結構寒かったし、何度も出なければならなかったので雨合羽を乾かしてる暇もなかった。しかも明日明後日と雨続き…(- -;)湿気た合羽で冷えたせいか、なんかお腹も下り気味だったし、下半身も冷え性状態だ。これを越えれば春が来るのだろーか。来るのがめんどくなって、その辺で春がバックレてるとゆー事はホントにないのだろーか。

キバ見てる。25話、半分終わった。怪奇路線というか、「怪物くんみたいな話」と聞いてたが…むしろベタベタの恋愛物じゃねーですか。(^^)また寝過して夜中になったので、感想の続きは明日。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb