[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
シェアの広場

いじめ体験・トラウマ体験をシェアしてゆきましょう。あなたの話をきかせてください。

シェア内容への反論は固くお断りします。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



21.トラウマ 返信  引用 
名前:    日付:2012/5/1(火) 4:59
僕は昔から、家族、従兄弟、学校の人間によって辛い目にあわされてきました。保育園児の時は、父親にパチンコを理由に迎えを忘れられ、夜の園内に一人だけ取り残されたり、五十音が上手く覚えられない僕にうんざりした母親の顔を今でも覚えてます。
小学生の時は兄と年上の従兄弟二人に毎日泣かされたり、親にも見て見ぬ振りをされ、僕は必要無い人間なんだと思い、死のうと思って自分を何度も殴りました。兄弟には高価な物を無条件で買い、僕一人皿洗いなど手伝いを要求されました。
中学生の時は、兄が二つ年上な為に入学当初から三年生の不良連中に目を付けられて、一年を通して何故か兄の名前で呼ばれ続け(自分という人間が存在してないようでこれが一番辛かった)、すれ違うたびにからかわれるせいで、俯いて歩くようになり、視線恐怖症になりました。耐えきれず死のうと思って包丁を喉元に突き付けたりもしました。今でもピアスや髪を染めてる人とは会話もできません。対人恐怖や人間不信、PTSDによる鬱で辛いです。診察してもらうお金も無いのでこれといった打開策も見当たりません。本当はもっと沢山辛い事が有ったのですが長いのでこれくらいにします。長文失礼しました。



22.Re: トラウマ
名前:じゅんいち    日付:2012/5/2(水) 14:12

書き込みありがとうございました。

辛い人生をずっと送ってこられたのですね、かわいそう。

心中お察しいたします。

「もっと沢山の辛い事」

よかったら、またここに書き込んでください。

長いのは全然構いませんから。


この場以外でも、菊さんのおもいを聞いてくれるであろうサービスは、

チャイルドライン(0120-99-777 高校生迄)、JUSTホットライン(03-6436-0509)、いのちの電話、24時間いじめ相談ダイヤル(0570-0-78310)、
精神保健福祉センター(電話相談、面談相談)(各県に設置されています)などがあります。

これらは無料ですので、利用してみたらどうでしょうか。


いまもきっと辛い思いでいらっしゃるとおもいます。

辛い中にあっても少しでもまたやさしい慰めもあるようにとおもっています。


親愛なる菊 さま

じゅんいち

19.おばさんいじめ 返信  引用 
名前:二宮淑子    日付:2012/1/29(日) 15:55
いじめは隠れているから誰にもわからないです。今依存している人があって、その人からの脱却が必要です。そのことを実行に移すために依存を検索していました。難しいのは、私は一人暮らし、今の世の中で聞く絆という言葉。依存しない、人は絆を必要としている。わからないです。今私がメールを出して、もし何か答えをいただいたらもうそこにも依存が生まれるんじゃないかな。私は人から偉そうといわれて傷つき生きています。でも自分にはわかりません。メール出して迷惑かけてたらす居ません。



20.Re: おばさんいじめ
名前:しもむらじゅんいち    日付:2012/1/29(日) 23:26

書き込みありがとうございます。

苦しい胸の内、聞かせていただいてありがとうございます。

また二宮さまのお話聞かせてください。

お待ちしています。


苦しい中でもまたやさしい慰めもありますように。

11.さくらさんのシェアF(2011.1.23) 返信  引用 
名前:さくら    日付:2011/9/3(土) 1:47
那須の方へスキーに行って来ました。
ちょうど、タイミング的にも気が紛れて煮詰まらずに分散されました。
ついつい、深く考え込んでしまいハマってしまうことがたまにありますから気をつけないといけませんね。
体調は、とてもいいです。いじめトラウマが過去の出来事の一つとなって、
そんな事もありましたと言える日が来るまでゆっくり歩いていこうと思います。

被害者意識に捉われず負かされず生きていけるよう、自分に対して願っています。
何かありましたらまた、連絡させて下さい。

色々ありがとうございました。
たぶん、もぅ大丈夫です。一人で立って行けそうです(o^∀^o)。



17.Re: さくらさんのシェアF(2011.1.23)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/3(土) 1:56

トラウマサバイブには時間がかかります。いやそれはもうそのひとの人生と言ってもいいかもしれません。
そんな自分の人生をやさしく愛することができますように。

10.さくらさんのシェアE( 2011.1.21) 返信  引用 
名前:さくら    日付:2011/9/3(土) 1:46
下村様

脳が活性化しているのでもぅ少し私の展開をさせて頂きます。

私はいじめに合いました。いじめられた事を私は悪い事だと長く捉えていました。
ですがいじめられっこ = 悪ではないと今、始めて理解しました。けど、いじめっこは、悪だぁ〜!!(笑)。

いじめられた事は事実です。事実であって善悪ではないのです。
つまり、善悪の問題、話しでは、ないのです。
ですが、私はいじめられた事を悪い事だと捉えました。
それは、私が後から付けた解釈です。
事実を自分が歪ませたのです。

いじめられた = 私には生きている価値がない。
と決めたのはいじめっこでなくこの私だったんじゃないかと思うのです。
いじめられたという主観的事実に私は主観的解釈をして増幅し続けた結果、
存在しない幽霊を作り上げていったようにも感じます。被害妄想的なもの。
主観的解釈の増幅は、自分を苦しませます。
自分が自分を追い込んでしまうのです。存在しないはずの幽霊、つまり思考が自分を責めたてるのです。
思考が事実を歪ませて状態を長引かせたんだなと思います。
そして私は、幽霊の正体を暴いてリセットしてあげればいいのです。
始めから存在していないのですから消せばいいのです。

と思いました。
私的には納得、ガッテンしました。
これで安心して眠れそうです。

長々と失礼しました。
このような場を提供して下さり感謝しております。
ありがとうございました。



16.Re: さくらさんのシェアE( 2011.1.21)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/3(土) 1:56

明晰判明な自己理解、ゆっくりお休みください。

9.さくらさんのシェアD(2011.1.20) 返信  引用 
名前:さくら    日付:2011/9/3(土) 1:45
下村様

こんばんは。さくらです。
今日から少しづつ私の身に何があったかをぽつりぽつりと話しをさせて頂きたいと思います。
しばし、長い話しになり、また脱線したりや記憶の曖昧さがあると思いますが大体の流れを話させて下さい。

私が初めていじめに合ったのは小学5年の夏頃からだったと思います。
当時、仲の良い三人組のグループに所属していました。
(クラスには、女子の仲良しグループが数組ありました。)
仲良し3人グループの内の1人が都外へ引っ越してしまいました(今でも彼女とは親友です)。
二人になった私達は、他のグループに入れてもらいました。そのグループ(7名ぐらい)内で小学校卒業までの
一年半に渡る長いひどいいじめに合いました。

叩かれたり、殴られたり、髪を切られたり、荷物持ちをさせられたり、ボール遊びの的にされたり、
ゴミを食べろと強要されたり色々ありました。全く散々な日々でした。言葉の暴力もありました。
毎日、いじめられるのではないかとビクビクしながら生きていました。
女の子は、優しくて可愛くて純粋ばかりではないのです。毎日傷だらけでした。
人生に絶望していました。

いじめる人に対してやめてくれと、はっきりと大きな声でNOと言えれば良かったのですが当時の
私はなぜか我慢強く忍耐強く同時に非常に気が弱くていじめを受け入れてしまいました。
ここでグループを抜けたら誰も相手にしてくれない、クラスで独りぼっちになってしまう。
そんなのは嫌だ。当時の私は独りぼっちになる方が辛くて怖い事だと感じていたようです。
つまり、自らいじめられる選択をしてしまったのです。
たとえ、いじめられようとも誰かと繋がって居たかったんだと思います。
そして、どうしても群れていたかった。そんな気持ちがありました。
先生や両親にもいじめの件はひた隠しにしていました。

いじめ以前は、友人に囲まれ漠然と自由にのびのびと健やかに自分流にやりたいように適当に
生きていました。いじめに合って私は現実の厳しさ、生きることの大変さ、人間の恐ろしい面を
しみじみ知ったのでした。
世の中や人生や価値観が全てが変わった感じがしました。
無邪気な幼心は、私の中で音をたてて崩れ去っていきました。自分をボロぞうきんのように感じました。
これが私の人生における第一インパクトでした。
何とか、休みもせず耐え抜いて小学校を卒業しました。

今日は、ここまで。
ありがとうございました。

追伸
自己開示は、自分が長く思っていたよりも、怖い、触れたくないものと感じておりましたが、
わりと淡々と伝えられ、拍子抜け感がありました。自分なりに過去が整理されていて、受け入れる事が
出来たのでしょう。
人に隠し通してきただけに自分の中でより大きな存在として捉えていたのかもしれませんね。
とっても大した事でしたが今はそんなに大した事ではないと感じました。
今日は、かなり前進しました。
過去のいじめなんか全然怖くないです、開き直りですかね(笑)。
生きていれば何とかなるさっと思います。
生きていれば恥や罪や間違いや癒し、成長、色々ありますね。それが生きているの証ですね。
そう、思いました。



15.Re: さくらさんのシェアD(2011.1.20)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/3(土) 1:55
貴重なおはなし、聞かせてくれてありがとう。
自己開示は、ゆっくりぽつぽつやっていってくださいね。
いじめトラウマは、上がったり下がったりですから。

8.さくらさんのシェアC(2011.1.17) 返信  引用 
名前:さくら    日付:2011/9/3(土) 1:44
下村様

こんばんはっ、今日は、風が冷たかったですね、あっちこっちで雪が降っているからでしょうか?
最近、学生の頃の友人達と久々に会いました。すごく楽しい一時を過ごしました。
皆、それぞれの人生を満喫していて何にでも興味を持ち、恋をしたり、スキルアップしたり、社交的で、
自信に満ちて輝いていました。

それに比べると私ときたら自宅と会社の往復ばかりで興味の幅が狭いし暗いし内に籠もってばかりで
閉鎖的な毎日。人嫌い。人より知識が少なくて非社交的人間です。別に劣等感に苛まされているわけじゃ
ありませんが。

言い訳になってしまいますがに外の世界に目を向ける心の余裕もパワーもなかったのだと思います。
非常に疲れやすくてエネルギーが枯渇してしまい一刻も早く横になりたかったし自分自身への独り対話
に時間がかかりましたから。後悔しているというより仕方なかった、そういう時期だったのだと思うわけで。

年の離れた友人が「人生で起こる全ての事柄に無駄な事は何一つないんだよ、全ては、意味のある大切な事」って言ってくれて勇気づけてくれました。

私は、基本的に人は人、自分は自分と割り切って考えるタイプなんですが今年は、柔軟な頭になって皆のステキを取り入れていきたいです。
色々な事に興味を抱き、外の世界に飛び出そうを目標にしたいと思います。
外の世界は、楽しい事や刺激的な事が沢山あります。内に籠もってばかりでは、やはり勿体ないと思いはじめました。色々な人と出会い、触れて、吸収したいです。もぅ、独りは、充分です。充分、味わいました。
ずっとこのままは、寂しすぎます。

人の顔色など気にせず、堂々と自分らしくして生きていきたいです。
そう、心から思えました。また、進歩しました。
身体中にエネルギーが満ちてきた気がします。
かなり、喜ばしい事態です。

今日は、ここまで。
また、近況報告します。
ここのところ、自己表現の場として活用させて頂きホントにありがとうございます。助かります。



18.Re: さくらさんのシェアC(2011.1.17)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/3(土) 1:54

(^−^)(^−^)(^−^)

7.さくらさんのシェアB(2011.01.16) 返信  引用 
名前:さくら    日付:2011/9/2(金) 8:52
下村様

返信ありがとうございました。
素敵なシェアとおっしゃって頂き、非常に嬉しく感じています。

普段、あまりしない閉ざされた心の問題を伝えられて少し開かれたように感じています。
自分にとってまだ深い心の傷だけにあまり人に触れられたくない気持ちが強くてつい防衛してしまいます。
「おかしいんじゃないの」って言われたら、より傷口がひどくなってそれこそ言わなきゃよかったと後悔してしまうくらいまだまだ弱いし怖いのです。「おかしい」を跳ねとばす強さと自信がまだ足りないですね。

けど、外に出来る傷と同じで包帯で傷口をぐるぐる巻きにしていても傷は、いつまでも治りません。
膿んでしまいます。空気に触れさせるのが一番治りが早いらしいそうです。
心の傷も深い金庫にしまっていては、膿んでしまいます。
自分自身をまるごと受け入れて消化して外に出してあげるのがいいのだろうと思います。
自分を責めたてる声の存在を明らかにしていかないと。

いじめっ子の存在は、遥か昔の事です。
ですが、今も私の中で存在し続ける事がまさにトラウマなんだと思います。
人生の大切な選択にもちょかいを出してきてダメ出しをします。
この場でメールを打ちながら存在がより明らかになってきたように感じます。
外面的な自分と内面的な自分がまだ一つになっていないんだなと思います。
連携プレイ出来ず分裂しているのだと思います。
まだ、自分の何かを受け入れていないんだなと思います。一つになりたいですね。
そうなればより生きやすくなりますから。

心の闇を外に出すこと。
それは、ひどく痛みを伴う怖い事でもあります。
自分一人で考えて頭の中でぐるぐる回っているよりも誰かに向かって話しをした方がいいのですが人前ではまだ嫌です。きっと、上手く話せないでしょう。

この場を借りて、気持ちを循環させて頂きます。
人に隠している事柄は、煮詰まってしまっていて成長がそこで止まってしまいます。
私は、やはり成長したいです。
自分の思いや気持ちや考えにいちいち白黒をつけたまま生きていくのは辛いです。

長々と葛藤している自分の話しになってしまいました。けど、気持ちは、非常にポジティブで軽くなりました。
自分自身を見つめ直す事は、いいですね。ちょっと主観しすぎていますが。
主観的を新たに客観的に見つめられるようになれば自己発見、これこそ真の成長に繋がります。何処に自分が引っ掛かっているのか自分が理解していかないと誰も代わりにやってくれません。深い洞察力なくして本当の癒しは、ないと思います。

今日は、ここまで。
ありがとうございました。また、メールさせてください。



14.Re: さくらさんのシェアB(2011.01.16)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/3(土) 1:50

これぞ自己洞察だあ!

6.さくらさんのシェアA(2011.01.15) 返信  引用 
名前:さくら    日付:2011/9/2(金) 8:51
下村様

また、再び、想った事をメールさせて頂きます。

いじめ後の今、一番感じるのは、アイデンティティーの確立が非常に難しいなと感じています。
こてんこてんに自尊心を潰された自分をまた新たに取り戻す事がいかに難しいか、なった者しかわからない苦悩だと思います。

思考と感情が水と油のように反発してしまい分裂して上手く連携出来ない状態が続いています。
自然と沸き上がる感情に対して思考が批判、判定を下して良し悪しをつけます。
そうすると自然に沸き上がる感情に対してダメ出ししてしまい、自分をさらに追い込んでしまいます。
自分は、自分のままでいいのだという肯定感が揺るぎます。
自分は、何をしてもダメなヤツなんだと虚無感に陥ります。
習慣で無意識に移行されてしまう手順になっているので疑問なく信じてしまいます。
思考が自分に善悪批判攻撃してきます。それがホントに辛いのです。
無意識に行われる状態を意識し客観的に見られるようになれば修正出来るのですがなんせ簡単にはいきません。
意識に上がらないから無意識なんです。けどその無意識に悩まされるわけで。だから、困難なんです。

抑圧も今の自分にはその事柄があまりにも大きく恐怖で耐えられないから心の奥深い金庫に封印してしまうのだと思います。
当座はそれでいいのだけど無かった事には決してならないのでいつの日か金庫からそれが溢れ出て意識へと登って人生を生きづらいものにしてしまう。
もしくは、手放すチャンスがきたのかもしれませんね。
今の自分は、金庫の中身を怖いとは思わなくなったけど生きづらさは、簡単になくなりません。
けど、かなりいいセンまできたのでもう少し自分の心を探っていきたいです。

自分を取り戻すプロセスは、苦しいけどやりがいがあります。それが私の人生かなと思います。
いじめそのものよりもいじめ後の現在の自分の話になってしまってすみません。
自分を説明するのも難しくて言わんとしていることが伝わればいいのだけど。

基本的にこういう内面的な話が大好きなんですがなかなか人に理解されないのではないかと思って普段は、しません。勇気もありませんしおかしな人と思われるのもショックだから。
今回は、私なりに自己開示しました。これからどんな状況でも自己開示していける人になりたいです。
ちょっとづつだけどアイデンティティー確立を目指していきたいです。下村さんに伝えられて一歩前進しました。
何か、掴めました。

今日は、ここまで。
ありがとうございました。



13.Re: さくらさんのシェアA(2011.01.15)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/3(土) 1:49

びしびし伝わってきました。素敵なシェアありがとう。

5.さくらさんのシェア@(2011.01.14) 返信  引用 
名前:さくら    日付:2011/9/2(金) 8:49
下村様

はじめまして。

下村さんの経験談には、とても心を打たれました。
勇気ある自己開示に感銘し文章構成も分かりやすく気持ちが表れていて素晴らしかったです。
そして、深く共感しました。

私もいじめトラウマで長く苦しんだ一人です。若かりし頃、私もこてんこてんにやられました(笑)。
苦悩、自責の念、自尊心の低下、自己無価値感、罪悪感、絶望感、失望感、無感情、無感覚、人間不信、分裂、葛藤、欝症状、躁鬱、気力低下、虚無感、羞恥心、対人恐怖、道化、依存性、引きこもり、偽り等長く味わってきました。

ここまで生きて来られてホントにラッキーでした。
今も生きづらさを感じる事がありますが自分で息の根を止める程には至りません。
一人苦しくて七転八倒は数知れず理由もわからずよくもがいていました。
自分を許す事が出来なかったし、自分が憎かった。いじめた人は、もちろんだが自分にさえ腹が立ちました。
下村さんの経験談を見てヒントを頂いてすごく良かったです、ありがとうございました。

まだまだ歪みはありますが少しずつ受け入れていきたいです。
同じ傷を持っている下村さんに私は勇気を頂きました。
独りじゃないと励まされました。
私の場合、トラウマが新たなトラウマを呼び込み益々悪化してしまいました。
人間絶ちをして本を読んだり瞑想して自分の心を取り戻すため日々奮闘しました。遅々とした成長でしたが。
何でこんなに苦しまなくてはならないんだ、苦しむ為に生まれたのかとやけを起こしたりもしました。
けど、まだやけを起こせるだけ元気だった、そのうち無感覚な状態になり人間の抜け殻に成り果てました。
何も感じない。ホント、怖いですねっ。私も私の経験を生かしていきたいです。今は、無理だけどいつか。
まだ、私には自分の言葉を持っていません。
下村さんのように本音を正直に素直に誇りを持って語れるようになりたいです。
人生捨てたもんじゃないと言ってみたいです。

幸せには、まだまだ遠いけど私は早く私になりたいです。私はまだ私になっていないから。
そう思って、生きています。ある時消えた私を取り戻す事が私の人生でもあるんです。
私は私を探している最中です。
長々と非常にまとまりのない文章になってしまいましたがこんなところです。

下村さん、ありがとうございました。また、ホームを見させて頂きます。
では、また、おやすみなさい。



12.Re: さくらさんのシェア@(2011.01.14)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/3(土) 1:48

さくらさんのおもいがいっぱい伝わってくるシェアでした。すばらしい。

3.同じ(ような)「いじめ」のどん底にいるときに、webを読んで(2010.12.11) 返信  引用 
名前:ようりょう    日付:2011/9/2(金) 1:4
下村様

お世話になってます。

同じ(ような)「いじめ」のどん底にいるときに、webを読んで、すごく励まされました。

私はいじめられて、今自分におきている状況を、客観的に見れなくなり、
一体何が起こっているのか、分からなくなりました。
自分自身を殺されていたのですね。

私の場合は、勤めている社主に毎日いじめられて、心をズタズタにされ、
つまり下村様の言う、精神的レイプをされていました。

まず、彼は私の席の椅子の後ろにあるゴミ箱に、自分のゴミを投げ捨ててきました。
身に触れるか触れないかの、私が座っているすぐ後ろでです。毎日投げ捨ててきました。
まるで犬が自分の縄張りに小便をかけるように。
私ははじめ、それが何を意味しているのかわかりませんでした。
ただ、そのうち恐怖にうち震えるようになりました。
つまり、それは「お前はゴミ箱周辺にいるべき人間だ」という、彼のメッセージだったのです。
良いことをしても、悪いことをしても、毎日、私の無意識にすり込むように彼は
ゴミを投げ捨ててきました。
私はただ、恐怖に打ち震え、だんだんと気持が悪くなっていきました。
「何も感じなくなれば何も思わないで済む」とひたすら念じ、その場をやり過ごしました。
仕事も手につかなくなり、評価が落ちていきました。彼は
「こいつはこんなことされても、反抗も何も出来ないゴミだ」
と思ったに違いないのです。そのようにして、
彼は私のことを貶め、侮辱し、クズ扱いしたのです。

それが、私の地獄に落とされた瞬間だったのです。

仕事が間違っていると、私の目の前で怒鳴りました。また、私の無知をさらしました。
プライドを粉々に打ち砕くのが目的だったのかもしれません。
そのうち私はノイローゼに陥り、うつ病のように意識レベルが低下する自分を発見しました。

彼は社主なので、同僚は見てみぬフリです。社員が数名の小規模の会社でした。
同僚は助けるのではなく、毎日仕事中に寝ていました。しかし要領よく仕事をこなし、
信頼を得ていきました。

私は現在その会社をやめました。
ひとつ役にたったのは、プライドを粉々にさせられたおかげで、
「仕事を選ばずどんな仕事にも一生懸命になれる」
ということです。現在も過去のことをいかに捉えるか、思案中です。もしかしたら、
感謝しているのかもしれません。
現在、そんな自分を肯定し、愛しています。



4.Re: 同じ(ような)「いじめ」のどん底にいるときに、webを読んで(2010.12.11)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/2(金) 8:46

力強いシェアありがとうございました。
あの人の言葉を思い出しました、
「もっともよい復讐の方法は自分まで同じような行為をしないことだ。」(マルクス・アウレーリウス)
そんな勇気と叡智がわたし達にも授けられますように。


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb