[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
シェアの広場

いじめ体験・トラウマ体験をシェアしてゆきましょう。あなたの話をきかせてください。

シェア内容への反論は固くお断りします。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



150.ごめんなさい、長くなりました。小学校の時のいじめの一部始終です。 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2018/4/17(火) 18:52
 管理人(しもむら)様、こんにちは。ハオタストです。
悪夢でいじめっ子が出てくることが多くて、辟易します。
夢の中でいじめっ子がニタニタ笑ってたり、意地悪をしてきたりして、
それに対して何もできないんです。
ひたすら相手を憎む、怒り続ける、それは裏返せば歯を食いしばって耐えるということだったんですけど、私は体が弱かったので、集団でいじめられても仕返しに相手を殴るということが出来ませんでした(就学してから、いつも徒競走でビリでした)。最近になってほんの一、二回ですが、夢の中でいじめっ子に抵抗することが出来ました。でも基本的に「やられ役」な夢が続きます。それなのに、小学校の時、いじめが発生していたということだけでなく、学級崩壊状態だったので、学年が上がるとき、担任が変わって、いじめへの対応はこともあろうに「いじめられていた私」の「自己責任」というやり方でした。小6の時の担任(女性)はいじめっ子の入っているクラブの顧問で、いじめっ子と仲良し(理解ある)で、指導力もあると周り(大人)が思っていたから、いじめっ子が優先される指導になってしまったんです。
そして担任は私に「いじめられて、自分の力で解決できなかったら、その時だけ私に相談しなさい」と言い放ったんです。しかも私は「物分りのいい」「いい子」だったので、その言葉を疑うことなく信じてしまったんです。相手が集団でいじめに来ていて、自力解決なんて不可能だったのに。一応、母も教育委員会等に掛け合ってくれたんですが、いじめは卒業まで続いてしまいました。
ごめんなさい、書き過ぎました。
長くなって読みづらいと思います。
また来ます。では。
長文にお付き合いいただきありがとうございました。



151.Re: ごめんなさい、長くなりました。小学校の時のいじめの一部始終です。
名前:じゅんいち    日付:2018/4/20(金) 16:16

ハオタストさま

お便りありがとうございます。

現在もいじめの悪夢を見るんですね、苦しいですね。
夢の中であってもそれは拷問ですよね。

>それに対して何もできないんです

うん。

>いじめへの対応はこともあろうに「いじめられていた私」の「自己責任」というやり方でした

そうだったんですね。

「自己責任」って、死ねと言っているのと同じですよね。
それでもよく生き延びてきましたね。大変な苦しみだったとおもいます。

>私は「物分りのいい」「いい子」だったので、その言葉を疑うことなく信じてしまったんです

素直さがあだとなるなんて本当はおかしいよね。

ハオタストさんの大切な話を聞かせてくれてありがとう。

また話聞かせてくださいね。


つらい悲しいの時にあっても
またやさしい慰めもありますように

しもむらじゅんいち

148.管理人(下村順一)様、こんにちは。初めまして。 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2018/4/16(月) 17:7
 管理人様、こんにちは。初めまして。
いじめサバイバーのハオタストです。37歳、男性、独身です。
小学校高学年から大学中退に至るまでいじめに遭い続けました。
大学進学後、精神を病んで中退後はひきこもり、
精神病の療養生活に入りました。
10年ひきこもり生活は続き、その間、趣味のサークルに所属したりもしたのですが、そこでもいじめに遭い、散々でした。
今、引きこもり当事者への支援を受けて、
徐々に社会参加する段階に入ってます。
いじめのトラウマがかなり強烈で、
未だに小学校の時のいじめっ子の悪夢を見ます。
最近になって、夢の中で言われっぱなしだったのが、
やっと言い返す行動を夢の中で取れました。
でも、まだ夢の中でのいじめは続いています。
トラウマからの回復への道のりが見えません。
そんな感じです。
幼少時にここでは書けない虐待を受けたこともあります。
高校の時はそういうことをしてくる人が居て、
修学旅行後、卒業までいじめられっぱなしでした。
きつい話になってごめんなさい。
それでは失礼します。
ご活躍をお祈りします。



149.Re: 管理人(下村順一)様、こんにちは。初めまして。
名前:じゅんいち    日付:2018/4/16(月) 23:22
ハオタストさま

こんにちは。お便りありがとうございます。

長期間にわたるいじめ体験、そのご苦悩いかばかりかとお察しいたします。

よく生き延びていらっしゃいましたね。

社会参加の段階に入っているとのこと、なかなか難しいですが、

ハオタストさんらしい社会参加のあり方を探っていっていただければと応援しております。

少しずつでもいじめの呪縛から解放されて、人生の楽しみもまた感じられるようになられることおもっております。

またぜひお便りください。

きつい話、ハオタストさんの大切なご自身の話、大歓迎ですのでどうぞシェアしていってください。

ではでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

しもむらじゅんいち

146.ご無沙汰しております。 返信  引用 
名前:ひかり    日付:2017/9/21(木) 22:35
突然すみません。去年書き込みをさせていただいた者です。ひかりです。去年よりは色々吹っ切れて、書き込みをさせていただいてからはいじめられた頃のことを思い出すことも少なくなっていたのですが、最近また思い出すことが増えてきています。
母に軽く相談しても「まぁ、乗り越えるしかないよね」と…。乗り越えるなんて簡単に言うけれど、何をすれば乗り越えたことになるのか私には正直よくわかりません。
気付けばいじめられていた中学の頃から、友達や家族にさえ気を許していない気がします。この前親友2人に「気を許してないよね。壁を感じる」と言われ、かなりショックでした。親友とは小学生の頃から仲が良く、小学生の頃は気を許していたと思うのですが、今は親友に言われた通り、多分許せなくなっています。許したいのですが、気を許して自分を出すことが怖いです。高校2年にもなって情けないかもしれませんが本当に怖いです。努力はしているつもりなのですが…。
高校に入ってから友達は増えましたが、友達のことが大好きな反面、怖いと思ったり、会うのが億劫なことも多いです。友達に申し訳無いです。
それから、高校二年生になり、周りにも「好きな人がいる」とか「彼氏がいる」という人が増えており、私も誰かを好きになったり、恋人がいることには人並みに憧れています。しかし、まず歳の近い男性が怖くて、目を合わせることさえ苦痛です。
もしかしたら私は、一生誰も理解せず、誰にも理解されずにずっと生きていくのかもしれない、と思います。
まとまりの無い文章で申し訳ありません。いつか母の言う「乗り越える」ための方法が見つかり、勇気を出して親友に気を許し、男性とも仲良くできるようになるでしょうか。
聞いてほしいだけなのかもしれませんが、また書き込ませていただきます。



147.Re: ご無沙汰しております。
名前:じゅんいち    日付:2017/9/23(土) 11:46

ひかりさま

ご無沙汰しています。

書き込みありがとうございます。


>母に軽く相談しても「まぁ、乗り越えるしかないよね」と…。乗り越えるなんて簡単に言うけれど、何をすれば乗り越えたことになるのか私には正直よくわかりません。

そうだよね、よくわかないよね。それが分かればね。


>気付けばいじめられていた中学の頃から、友達や家族にさえ気を許していない気がします。

気を許せてないのですね。

うん、でも仕方ないよ。


>この前親友2人に「気を許してないよね。壁を感じる」と言われ、かなりショックでした。

うん。


>許したいのですが、気を許して自分を出すことが怖いです。高校2年にもなって情けないかもしれませんが本当に怖いです。

うん。わかる。そりゃあ、こわいよ。恐怖心は簡単にとれるものじゃないから。

ぼくも自分を出すのがいまだにこわい(45歳( ;∀;))

高校2年じゃ、まだ中学時代のつらい体験を引きづっているのは無理もないよ。

それだけ、ひかりさんにとってそれは傷つく体験だったのだから。

高校2年になっても心が痛むほどの、悲しい体験だったのですね。


>友達のことが大好きな反面、怖いと思ったり、会うのが億劫なことも多いです。友達に申し訳無いです。

うん。


>まず歳の近い男性が怖くて、目を合わせることさえ苦痛です。

そうなんだ、つらいね。


>もしかしたら私は、一生誰も理解せず、誰にも理解されずにずっと生きていくのかもしれない、と思います。

そんな風におもっちゃうと、本当につらいよね。かわいそう。


>いつか母の言う「乗り越える」ための方法が見つかり、勇気を出して親友に気を許し、男性とも仲良くできるようになるでしょうか。

乗り越える方法はきっと見つかるよ。そしてそれはきっとひとつじゃないとおもうの。

ひかりさんにふさわしい乗り越える方法がひかりさんらしい仕方できっと見つかる。ひかりさんは聡明なひとだから。

でもそれには、もうちょっと時間がかかるかもしれない。

あせらないで、しんどいかもしれないけどちょっとずつ歩いて行ってください。

そして自分にやさしくしてあげてくださいね。


ひかりさんの大切な心の話を聞かせてくれてありがとう。

またお便りください。


親愛なるひかりさま

つらい悲しいの時にあってもまた

やさしい慰めもありますように。

しもむらじゅんいち

144.初めまして 返信  引用 
名前:なゆか    日付:2017/1/13(金) 23:45
サイトを拝見させてもらいました。私もいじめに遭っています。十代女子です。すごく共感できるところがありました。
私もいじめられている時は恐怖で言い返す勇気が出ません。でも、何もしなかったら状況って絶対変わらないと思うんです。
こういう時、どうしたらいいですか。私の場合はただのいじめじゃないんです。男女関係のもつれです。なるべく相手や周りを傷つけないで変えることなんて無理なんですかね。。。
元々は私にも原因があるのはわかってました。けど、相手がこんなに怒っていたとは知らずにのんきに過ごしていたのがダメだったのかもしれません。悪口や馬鹿にされることが多くてなぜ私だけを狙うのか、相手は執着心が強そうで怖くて話すこともままならないんです。
ストーカーと化してしまわないうちに相手との関係性を冷静に考えて結論を出したいです。どうしたらいいですか?



145.Re: 初めまして
名前:じゅんいち    日付:2017/1/18(水) 12:16

なゆか様

書き込みありがとうございました。

いじめのただ中にあって、苦しまれているのですね、だいじょうぶ?

大事になる前に、自分で相手との関係性を冷静に考えて
結論を出したいんですね。

でも相手が男性ということで、怖いよね。

自分の非を認めることも時には大事だけど、
いまは自分の安全を優先に考えてくださいね。

人をいじめていい正当な理由なんてないのですから。

いじめてくる相手が傷つくことよりも、自分がいじめられて傷つかないようにすることを優先して考えた方がいいんじゃないでしょうか。

わたしにはそれが冷静に考えることなのではと思います。

もう少し具体的なお話を伺えれば、お役に立てることをお伝えできるかもしれません。

よければこちらでお話してみませんか。
スカイプ無料相談

親愛なるなゆかさま

辛い悲しいの時にあってもまた
やさしい慰めもありますように

しもむらじゅんいち


142.(untitled) 返信  引用 
名前:あろん    日付:2016/10/19(水) 22:22
お久しぶりです。

スマホの漫画で親が権力が強くて無理矢理家庭教師を呼ばれてて女の子が中学生のときにその家庭教師の年上の男の人にパンツのぞかれたりプロレスごっこの名目で胸を触ったりパンツの中に手を入れられたりする描写があって両親のせいで誰にも助けを求めることができず嫌なのに拒否してもどうしようもなくされるがままでそれ以降学校でも男子にスカートめくられても拒否できず惨めで不登校になってしまった女の子がいた。
自分は性別は違うけど親が怖くて拒否できなかったし学校でも強要されたことあるので昔を思い出して心がざわつきました。悔しくて惨めで情けなくて。



143.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2016/10/25(火) 19:33

ご無沙汰してます。書き込みありがとう。


うん。辛いね。

140.(untitled) 返信  引用 
名前:ひかり    日付:2016/5/9(月) 19:37
こんにちは。私は高校1年生の女子です。
中学校1年生のころ、クラスにはいじめられている人が2人いました。1人は特別支援学級に通っていた男子、もう1人は女子の1人でした。2人に対するからかいや嫌がらせは見ていて気持ちのいいものでは到底、ありませんでした。しかも、いじめていたのは男子の「集団」です。男子の集団が1人の女子を、弱い立場の人をいじめるなんておかしいと思いました。だから、私はそのいじめをとめようと、いじめっ子を注意したり、その女の子と友だちになったりしました。1人で止めようだなんて無謀なことをしたのがいけなかったのでしょう。私は3人目のいじめられっ子になってしまいました。私の触ったものや持ち物は汚いものとして扱われ、みんなに冷たくされて、殴られたり、差別されたりしました。最初にいじめられていた女の子と一緒だったので1人ではありませんでしたが、いつも憂鬱でした。
中学校2年になるときのクラス替えで、いじめは自然消滅しました。しかし、いじめられていたころの嫌な思い出を忘れることはできませんでした。高校に入ってからは友だちもいて、とても楽しいのですが、最近になってなぜかよくいじめられていたころのことを思い出してしまいます。理由はわかりませんが…
登校中や廊下で、知らない人が後ろで笑いながら話していたりすると「もしかして私のことを話しているのかも…」なんて自意識過剰にも程があるようなことを考えてしまいます。
読んでくださりありがとうございました。中途半端な終わり方でごめんなさい。誰かに聞いてほしかったけれど今まで誰にも話せませんでした。このサイトを見つけて、ここなら話せるんじゃないかと思い、書かせていただきました。



141.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2016/5/9(月) 23:0

ひかりさま

書き込みありがとうございます。


>クラスにはいじめられている人が2人いました。1人は特別支援学級に通っていた男子、もう1人は女子の1人でした。2人に対するからかいや嫌がらせは見ていて気持ちのいいものでは到底、ありませんでした。

うん。


>いじめていたのは男子の「集団」です。男子の集団が1人の女子を、弱い立場の人をいじめるなんておかしいと思いました

うん。


>だから、私はそのいじめをとめようと、いじめっ子を注意したり、その女の子と友だちになったりしました。

まあ!えらいんだあ!


>1人で止めようだなんて無謀なことをしたのがいけなかったのでしょう。

無謀かもしれないけど、とっても価値のあることをされたのではないでしょうか。

尊敬します。


>私は3人目のいじめられっ子になってしまいました。
>私の触ったものや持ち物は汚いものとして扱われ、みんなに冷たくされて、
>殴られたり、差別されたりしました。

うん。

かわいそう。


>最初にいじめられていた女の子と一緒だったので1人ではありませんでしたが、いつも憂鬱でした

うん。


>中学校2年になるときのクラス替えで、いじめは自然消滅しました。しかし、いじめられていたころの嫌な思い出を忘れることはできませんでした

うん。


>高校に入ってからは友だちもいて、とても楽しいのですが、最近になってなぜかよくいじめられていたころのことを思い出してしまいます。理由はわかりませんが…

うん。


>登校中や廊下で、知らない人が後ろで笑いながら話していたりすると「もしかして私のことを話しているのかも…」なんて自意識過剰にも程があるようなことを考えてしまいます

うん。

わかる。

ぼくも誰かが「頭悪い」と言う言葉を発しているのを聞いただけで青ざめていました。


ひかりさんの大切な心の話を聞かせてくれてありがとう。

またいつでもお便りください。


親愛なるひかりさま

辛い悲しいの時にあってもまた
やさしい慰めもありますように

しもむらじゅんいち

137.(untitled) 返信  引用 
名前:あろん    日付:2016/5/5(木) 20:51
気持ち聞いてくれる所居場所なかったから野球部が無理やり居場所だった
厳しい環境でやめたかった居場所なかったからやめれなかった
弱肉強食みたいな闘ってないといけない苦しかった
やめようとしたら嫌味言われたり微かな居場所さえなくして生きていけなかった
戦わない=居場所無くすだった
アイデンティティがなくなる恐怖
野球部での自分がアイデンティティだった
もうあほだよね
苦しい生き方してた
あほじゃないの?



138.Re: (untitled)
名前:あろん    日付:2016/5/5(木) 21:4
レギュラー争いとかやりたくなかったのに無理やりさせられて嫌味とかやる気ないんか?とか人格批判とか泣きながらやってた
やりたくないのになんでこんな酷いことしてくるの?
争いごとに巻き込まないでよ
あーそうかよそんなこと言われてまでさせられなあかんのか?じゃあやったるわ
お前らが文句言わんように完璧に非の打ち所ないようにやったるわ
嫌だけど完璧にやったるわ
文句言わさんぞ 否定してくるやつは叩き潰すぞ お前らから先にケンカ吹っかけてきたんやからな こっちはしたくないのに無理矢理レギュラー争いとか巻き込まされてしないと人格批判してきて
吹っかけてきたんだからショボイやつおったらそし殺すぞ
こんなに酷いことしておいて
なんなお前ら俺よりしょぼいくせに調子のんなよ
蹴落とすぞ


139.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2016/5/7(土) 5:46

あろんさま

書き込みありがとうございます。


>気持ち聞いてくれる所居場所なかったから野球部が無理やり居場所だった

うん。


>厳しい環境でやめたかった居場所なかったからやめれなかった

うん。


>弱肉強食みたいな闘ってないといけない苦しかった

うん。


>やめようとしたら嫌味言われたり微かな居場所さえなくして生きていけなかった
戦わない=居場所無くすだった

うん。


>アイデンティティがなくなる恐怖
>野球部での自分がアイデンティティだった

うん。


>もうあほだよね
>苦しい生き方してた
>あほじゃないの?

うん。

あろんさんの野球部時代の苦しさが思い浮かびます。
本当に苦しかったですね。


>レギュラー争いとかやりたくなかったのに無理やりさせられて嫌味とかやる気ないんか?とか人格批判とか泣きながらやってた

辛かったね。


>やりたくないのになんでこんな酷いことしてくるの?
>争いごとに巻き込まないでよ

うん。


>あーそうかよそんなこと言われてまでさせられなあかんのか?じゃあやったるわ
>お前らが文句言わんように完璧に非の打ち所ないようにやったるわ
>嫌だけど完璧にやったるわ

うん。

>文句言わさんぞ 否定してくるやつは叩き潰すぞ お前らから先にケンカ吹っかけてきたんやからな こっちはしたくないのに無理矢理レギュラー争いとか巻き込まされてしないと人格批判してきて
吹っかけてきたんだからショボイやつおったらそし殺すぞ
>こんなに酷いことしておいて
>なんなお前ら俺よりしょぼいくせに調子のんなよ
>蹴落とすぞ


うん。

あろんさんの心の痛みが少しでも緩和されるようにおもっています。


親愛なるあろんさま

辛い悲しいの時にあってもまた
やさしい慰めもありますように

しもむらじゅんいち

135.(untitled) 返信  引用 
名前:あろん    日付:2016/4/29(金) 21:18
こんなに苦しいのになんで誰も助けてくれないの?気持ち聞いてくれないの?
家では出来た息子として仮面被って学校ではおどけたり明るいとこから必死に逃げたりして自分を守ってた。その仮面の裏でほんとの気持ちが苦しかった。ずっと親に監視されてて自分の時間なかったし聞いてくれる人いなくてずっと苦しさ抱えてた。
友達といるのもキツかった。でも離れたいって言う気力もなくてなあなあで関わってて友達にも悪いなと思ってた。
今は22歳で高3の時抱えてた気持ち。



136.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2016/4/30(土) 21:1

あろんさま

書き込みありがとうございます。


>家では出来た息子として仮面被って学校ではおどけたり明るいとこから必死に逃げたりして自分を守ってた。

そうだったんですね。


>その仮面の裏でほんとの気持ちが苦しかった。

うん。


>ずっと親に監視されてて自分の時間なかったし聞いてくれる人いなくてずっと苦しさ抱えてた。

うん。


>友達といるのもキツかった。でも離れたいって言う気力もなくてなあなあで関わってて友達にも悪いなと思ってた。

うん。


>今は22歳で高3の時抱えてた気持ち。

あろんさんの高3の時の気持ち、聞かせてくれてありがとう。


また、あろんさんの大切な話、聞かせてくださいね。


親愛なるあろんさま

辛い悲しいの時にあってもまた

やさしい慰めもありますように

しもむらじゅんいち

133.イジメ→うつ病、自傷行為、希死念慮 返信  引用 
名前:あださす    日付:2016/3/12(土) 0:14
幼稚園から高校までずっとイジメられていたアラフォーの男性です。特に小学校高学年は壮絶でした。具体的に何をされたのかは、心の奥には記憶は眠っているのかもしれませんが、具体的には思い出せません。ただ、小学校卒業までの秒数をカウントしてあと何回呼吸すればこの苦しみから逃れられるのかを夢想したり、自分以外誰もいない真っ暗な宇宙で一人漂う夢を見たりといった、イジメの周辺部の記憶だけがはっきりと思い出されます。

高校は中退、バイク便のバイトを数年した後、大検を受けて大学・大学院に行きました。その後は大雑把にいえば、自殺未遂→海外留学(実質は外籠り)→キリスト教洗礼→サラリーマン→結婚/子供→退職/資格試験廃人→またサラリーマン、といった情けない人生を送ってきました。その間、波は何度かあるものの、慢性的にうつ病で通院を繰り返し、自分の頭や顔面を血が出るまで殴ると言った自傷行為を未だに年数回は行ってしまいます。

とはいえ自分は、23歳のときに初めて付き合った彼女(病死してしまいましたが)に、自分の体験を初めて打ち明けることができ、その後も自分の妻やごくごく緊密な人に対してだけは、自分がイジメられていたことは告白できるようになったので、その点では少しは救われているのかもしれません。しかし真面目に自分がいかに辛かったかを他人に語ろうとするとき、そうする自分がある種の自己憐憫の陶酔感に浸っている気持ち悪い人間のように思えてきて、さらなる自己嫌悪に襲われることもあります。その意味ではネット上で文章にして「告白」することは、そうした心理的葛藤をあまり感じずにできるので、ありがたいです。

自分の抱えている生きづらさの原因がイジメのトラウマと強烈な自己否定感(自分が何者かでありたいという傲慢さの裏返しなのでしょうが)にあることは十分自覚しているつもりなのですが、職場で嫌いな人間などがいると、心にうまくカーテンをかけることができず、どんどん苦しくなっていって一人自傷行為を繰り返し自滅するというのがいつものパターンです。

文章が支離滅裂になってしまいましたが、イジメのトラウマに苦しんできた他の方の体験談に触れることは、自分にとって大きな癒しになります。また回復の糸口(もしくは現状の積極的受容?)を求めて時々お邪魔するかもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。



134.Re: イジメ→うつ病、自傷行為、希死念慮
名前:じゅんいち    日付:2016/3/14(月) 7:20

あださす様


書き込みありがとうございます。

大変長い間、いじめといじめ後を体験なさっているのですね。

このサイトが少しでも慰めになればと思います。

またぜひ書き込みにいらしてください。


親愛なるあださすさま

辛い悲しいの時にあってもまた
やさしい慰めもありますように

しもむらじゅんいち


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb